人気ブログランキング |

C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ

タグ:立ち飲み ( 105 ) タグの人気記事


2019年 07月 10日

石橋の居酒屋「石橋スタンド ゐの一」

先日のお話。
日曜日の夕方、石橋の銭湯「平和温泉」でひとっ風呂浴びた後、かわいた喉を潤すためにサクッと立ち飲み、石橋「石橋スタンド ゐの一」へ立ち寄ることに。

時間によっては混み合っているんだけど、この時は数名だけだったので静かな時間が流れる。

角ハイ(370円)を。
明るい時間に、外を行き交う人を眺めながら一杯引っ掛けるこの美味さ。
e0173645_06571072.jpg
あら、牡蠣があるじゃん。
殻つきカキ(2ヶ470円)を。焼き牡蠣なんだけど、なかなか大きな粒で旨みジュワーっ、激うま。
e0173645_06571439.jpg
バリエーション豊富なメニューではあるんだけど、今回は、魚介でいっときたいので・・・アジのタタキもらおうかな。
e0173645_06571837.jpg
アジが脂ノリノリでしっとりウマウマなんだけど、かいわれがちょっと入ることで後味さっぱり。日本酒がほしくなるアイテムだな・・・

何を食べても安くて美味しいカジュアルな立ち飲みなんだけど、扱っている魚介が良くて有難いわー
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:石橋スタンド ゐの一
場所:池田市石橋2-1-10
時間:14:00~24:30(L.O.24:00) 月休
電話:072-761-6551

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2019-07-10 07:44 |  L 阪急石橋 立ち飲み | Comments(0)
2019年 06月 09日

十三の居酒屋「はながさ」

阪急十三駅西口から、しょんべん横丁を抜けた先。
ひときわ大きくて華やかな看板が目に飛び込んでくる。
沖縄料理のお店「はながさ」だ。雑誌などで十三グルメが紹介される時には、雑誌の表紙になるくらい筆頭に挙がるお店だよね。
少し前だけど、久々にやってきた。
e0173645_07133738.jpg
ドリンクだけど、泡盛の充実ぶりをはじめオリオンビールなど沖縄ムード満載な他、チューハイや焼酎もあるよん。
フードメニューは、肴レベルの居酒屋メニューに留まらず、沖縄料理のお店ということで、そばやご飯系から、ブルーシールのアイスまでしっかりラインナップされている。

ジーマーミ豆腐(380円)。
おなじみ、ジーマーミ豆腐。つるっと滑らかな質感がいいよね~、豆腐とはあるけど、粘りのある弾力がいいわけ。ピーナッツの甘味がふんわりくるから、スイーツみたいですな。
e0173645_07134676.jpg
焼物から、ポーク玉子とじ(450円)。
これは缶詰のスパムだよね。ソーセージミートとかランチョンミートと呼ばれるものなんだけど、もう我々からすると「スパム」という商品名そのもので認識してるよね。ただ、沖縄の人は、これを「ポーク」というんだって。

スパムの美味さは知っているから、見ただけで安心するよね~。玉子との相性いいに決まってるし。塩味と肉の旨みがたまらんわ。
e0173645_07135435.jpg
ジューシーチャーハン(500円)。
これがなかなか美味い。ジューシーは瑞々しいという意味ではなくて、沖縄料理のひとつ、炊き込みご飯のことだ。ジューシーそのものは何度も食べているんだけど、それを炒めてチャーハンにしたものって初めてかも。
ジューシーチャーハンはたまごに覆われてやってきた。
e0173645_07140293.jpg
そもそも、ジューシーチャーハンが、ダシもしっかり効いて美味いわけ。ここに、玉子なんだけど、これまたレアな感じなのがたまらん。ふわっとまろやかなところがグー、これオススメ。

ちゃんぷるもいっとこ。
ソーメンチャンプルー(450円)。あ、いい塩味加減が絶妙、美味しいな。ソーメンもいい弾力していらっしゃる。
e0173645_07141358.jpg
ちゃんぷるカテゴリからもう一つ。
人参しりしり(450円)。「しりしり」は沖縄の方言で千切りのこと。人参とハムの千切りを、玉子と絡めて炒めたもの。これも沖縄料理の鉄板メニューで美味しいんだよね~
e0173645_07142359.jpg
沖縄や奄美大島といえば、もずくも名産だよね。
もずく天ぷら(480円)。
もずくは酢の物でいただくことが多いんだけど、天ぷらなど揚げ物も美味しいんだよね~。
ふわサクで、ミネラル・ビタミンもたっぷりだ。
e0173645_07143072.jpg
大きな間口だし、明るい店内とスタッフの人も明るいので、とっても入りやすいお店。おひとり様でもみんなでワイワイでも、オールオッケーだよん。
気になる人はぜひ~

2007年5月の十三の立ち呑み「はながさ」のブログはこちら

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:はながさ
場所:大阪市淀川区十三本町1-2-13
時間:16:30~24:00(L.O.23:30)月休
電話:06-6886-0006

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2019-06-09 11:26 | 阪急十三 居酒屋 | Comments(0)
2019年 06月 06日

梅田の居酒屋「直福」 oishii

ホワイティうめだ、曽根崎警察前から阪急梅田駅方面へ向かうノースモール。
ぼけーっと歩いていたら、「大御所酒房」の手前に立ち飲みができてるな。

「直福」だ。

「あれ?「直福」って、泉の広場近くになかったっけ?」と思う人もあるかもね。
ご存知のとおり、先日、5月6日からイーストモールが泉の広場含め、半分ほどがリニューアル工事で完全に閉鎖された。これを受けて、そのエリアに店舗を構えているところは仮住まいであっても、一旦は移転しないとダメなわけで。
「直福」もその例にもれず、イーストからノースに移ってきた。ただ、もうイーストには戻らないようだけどね。常連と思わしき人達もこちらへ流れてきているようだ。
e0173645_07254314.jpg
まだ新しいのもあるけど、女性1人でも入りやすそうな明るい雰囲気だね~
調理場と壁に沿ってぐるっとカウンターに、店内中央には立ち飲み用テーブル。
e0173645_07260475.jpg
ハイボールは・・・ブラックニッカ、250円か安いな。
じゃあ、ビックハイボール(700ml:480円)にしたろ。
e0173645_07263128.jpg
板わさやトマトスライス等スピードメニュー的な一品メニューを中心に、天ぷらやフライもの、鉄板焼きやその他おすすめ・・・となかなかの充実ぶり。しかも、一品の価格が400円以上だと高いと感じるほど、300円前後が主軸になっている。

ここっとお造りもあるな・・・真いか造り(350円)をいただこうかしら。
ねっとりむちむちでウメー
e0173645_07264864.jpg
塩茹で落花生(300円)。
塩茹ですると、栗のようなホクホク食感になるのと、いい甘味が前に出てくるから美味しいよね。ついつい、つまんじゃう。
e0173645_07265768.jpg
やっぱり頼んじゃお。
厚切りハムカツ(260円)を発注。
気持ち的にはもう少し厚みちょーだいってところだけど、それよりもカリッカリの衣と、ハムそのものも美味しくてグー~
e0173645_07270613.jpg
ロケーションといい、お財布にも優しいのがありがたいね。朝呑みもできそうだ。
サクッと飲みにええわー
気になる人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:直福
場所:大阪市北区小松原町梅田地下街4-2 ホワイティ梅田 ノースモール
時間:11:00~22:30
電話:06-6316-0866

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2019-06-06 07:41 | 居酒屋めぐり(関西) | Comments(0)
2019年 05月 12日

中津の居酒屋「立呑 ジャグラー」 oishii

地下鉄中津駅の北側出口を出て100mもないくらいかしら。
ビルとビルの間の、細い路地の中にあるお店にやってきた。
「立呑ジャグラー」だ。なんかサインが日本酒「立山」な感じなんですけど(笑)
e0173645_07235652.jpg
中に入ると、左手に調理場とカウンター、右手に立飲み用テーブルが並ぶ。入口には、地酒が並ぶ冷蔵庫がある。まだ比較的新しいお店のようで、雰囲気や空間的にも、一人でも入りやすい感じだ。ぶら下がる照明も、レトロでいろんなデザインのものでお洒落〜

ビールだけど、生ビール(中400円)はアサヒ、瓶ビールには赤星(中500円)もあるね。
まずは、ポテサラ(250円)からいただくかな。おっ、芋なホクホクよりも、非常に滑らかでクリーミー~。マヨとたまごーって感じ。これ、美味しいなぁ。にんにくフライもいいアクセントになってるわ。
e0173645_07240530.jpg
お造りは・・・
造り5種盛合わせ(650円)を。あら、冷えた蓋付和食器で出てきたぞ。こういうのワクワクしますな~
生まぐろに中トロ、赤貝、鯛、カンパチだ。おいおい、どれもウメーな。
e0173645_07241841.jpg
e0173645_07242012.jpg
ハイボールはブラックニッカ(400円)。
e0173645_07243362.jpg
数の子みそ漬(350円)を発注。
こうした、ちょっとした珍味があるのが嬉しいなですなぁ。家では、せいぜい醤油かけて食べるくらいなんだけど・・・わ、漬け込んでてもプリップリやな。しっかり味もついてるしウメー
e0173645_07244590.jpg
これは、日本酒に切り替えやな。
広島は呉のお酒、三宅本店の「千の福」大吟醸無濾過原酒(550円)。「千福」ブランドを出す酒蔵なんだけど、純米吟醸、大吟醸あたりに「千福」に「の」が入るのがあるのね。うすにごりの原酒ながら、フルーティな香りでとっても飲みやすいお酒ですな。
e0173645_07245288.jpg

本日のおすすめから、サーモン香草揚(400円)を。
あ、からっと香ばしく揚がったこの衣がまずのところ美味い。あっさり目のタルタルにしっかり付けて頬張る。肉厚のサーモンがホクホクだ。
e0173645_07245014.jpg
メニューの中に、「懐かしの」というカテゴリーがあって、カポネやコマネチが。
C級呑兵衛は1回しか足を運べなかったんだけど、中津の角打ちの名店「大西酒店」を知っている人であれば、そこにあったメニューだそうな。
そう、「立呑 ジャグラー」は、惜しまれつつ閉店した「大西酒店」の立飲み難民の救世主なんだよね~

コマネチ(コンビーフにマヨネーズ、ねぎを散らしてレンジでチン)がたまたま品切れだったので、オイルサーディン(350円)にしよ。
角打ちがごとく、缶詰から出してホイという感じなのかと思ったら・・・
e0173645_07245670.jpg
オイルサーディンを覆うように、大根の薄切りとトマトががっつりのった一品。ここにさっぱり味付けとして、ポン酢がかかっている。お洒落なビジュアルながら、昔ながらの居酒屋な味わいもあるのがいいですな。
ここに七味をかけて、と。ポン酢の酸味がいい仕事してますなー

いい感じのお店なので、おひとり様、立飲み女子会、友人とわいわい・・・どんなシチュエーションでも利用できると思うよ。
特に、日本酒好きな人にはいいかも。気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:立呑 ジャグラー
場所:大阪市北区中津1-13-17 メロディハイム中津3番館 103
時間:15:00~24:00 不定休
電話:06-6371-3533

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2019-05-12 10:04 | 居酒屋めぐり(関西) | Comments(0)
2019年 05月 03日

十三の居酒屋「くれは 中島酒店」 oishii

十三も新しいお店が色々出来て、昔の雰囲気とはまた異なる形で賑やかになってきたよね。ま、それはそれで楽しむとして、原点回帰、昔から変わらないお店はやっぱり魅力。
阪急十三駅東口から2、3分のところ、久しぶりに中島酒店(立呑の店くれは)の暖簾をくぐる。
e0173645_10042623.jpg
そうそう、前は適当感満載で店に入ったらまだ開店前で、それでも有難いことに飲ませてもらえて、開店時間に店を出たという訳の分からないことをしたなぁ(笑)
その時のブログはこちら

相変わらずの繁盛ぶりだ。
渋い角打ちなんだけど、店内は大きくL字になったカウンターと、テレビ付近に壁沿いに立ち飲みテーブルがあるなかなかの大箱。テレビ近くは、調理するところが目の前なのと、野球等があると人が集まるので人気スペースだ。
初めてだと、陣取って「じゃあとりあえずビールで」というにも、それがいくらするのか確認するのにしばらく時間がかかるほど、豊富でかつ不規則に貼られたメニュー。酒飲みにはたまらんワクワク感ですな。
e0173645_06175011.jpg
さて、生ビール(390円)をもらって・・・ちなみに、生中と大瓶は同じ値段だよ。
まぐろ食べるかな・・・まぐろは200円なんだけど、倍盛り(380円)を。
小皿にぶつ切りで出てくる。ひんやりとむにむに食感、安定の酒の肴ですな。
e0173645_10043730.jpg
角打ちだと、肴は簡単なものというのが定番だけど、ここは調理系もあれば珍味的なものも充実しているんだよね。
例えば、鯖なれずし(400円)・・・ルイベな感じはいいんだけど、なれずしをこれまた分厚くカットしてるなぁ(笑)一口でいこうもんなら身震いするぞ。
e0173645_10044969.jpg
これは酒にしないとあかん。
黒部の皇国晴酒造「幻の瀧」純米吟醸(1合400円)を。あら、爽やかスッキリな味わいで、お米の甘味というか旨みがある飲みやすいお酒ですなー
日本酒は、180ml(1合)か90mlが選べる。定番メニューにある地酒は180mlで400円、90mlで250円。その他にも短冊メニューで、色んな日本酒がでているぞ。
e0173645_10051899.jpg
かつをタタキ(350円)。厚めにカットしてあり満足度高し。
定番だけでなくカウンター中程にホワイトボードがかかっていて、その日のおすすめがいくつか書かれているのでこれも要チェックですな。
e0173645_10051419.jpg
サクッと済ませたいところが、ついつい居座ってしまう(立ってるけどね笑)。
居心地のいい角打ち、気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:中島酒店(立呑の店 くれは)
場所:大阪市淀川区十三東3-28-4
時間:17:00~21:30(L.O.21:15)不定休
電話:06-6304-6096

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2019-05-03 07:22 | 阪急十三 居酒屋 | Comments(0)
2019年 04月 02日

石橋の居酒屋「やまざき屋」

2019年4月1日、阪急石橋にある立ち飲み「やまざき屋」がリニューアルオープンした。これまでの紺暖簾がなく、引き戸をからからと開けて中に入る。ぱっと見、大きな変化はないんだけど、「魚専門」から「天ぷら立呑み」としてのスタートだ。
e0173645_07174802.jpg
とりあえずは、ハイボールをもらおうかな。
角ハイボール(380円)を。
e0173645_07175195.jpg
「天ぷらの店になった」という話をしたそばから、ホワイトボードの造りに目がいく・・・いくつかのラインナップがあって悩んじゃったところ、お店のお兄さんが「とりあえず、盛りっといっときましょか。」

おー、おかえりなさい・・・思わず、そう心の中で叫んでしまったぞ。そう、「やまざき屋」の原点、魚が戻ってきたんだよね。
でっかい青森産ホタテ貝柱、ノルウェー産サーモン、宇和島のタイ、大分産ハマチに大分産のシマアジ。これまた、分厚く男前な切り身、やっぱりこうじゃなくっちゃ。期待通り、どれも新鮮でウメー。
e0173645_07175432.jpg
「やまざき屋」は途中から、暖簾はそのままにオーナーが変わり営業していたんだよね。仕入れの魚をはじめ色んなものが変わっていたんだけど、今回、最初の頃に戻った。当初と違うとすれば、新鮮な魚介を楽しんでもらいたいのは今まで通りながら、お客さんのニーズが当初より揚物らしく、であればということで今回、思い切って、天ぷらに舵を切ったというお話。

肝心の天ぷら食べんと…串かつと同じように、単品での料金設定で120円、180円、230円の3パターン。魚介をはじめ、その日の仕入れで内容は変わるかもしれないけど、野菜に・・・お餅なんてのもありますな。新鮮な魚介を楽しんでもらいたい…ということで、天ぷらながら、素材は基本お造りでもいただけるレベルなんだよね〜

ということで、
ここは魚介をチョイスし、げそ(180円)・エビ(180円)・ホタテ貝柱(180円)を。
e0173645_07181092.jpg
面白いのは、天つゆはセルフサービス。
ポットから天つゆを注いで、生姜や大根おろしも好みで入れることができる。讃岐うどんの店に来たみたいだね。
e0173645_07175953.jpg
ネタがそこそこのボリュームで、エビや下足も食べ応え十分だ。
もー、ホタテ貝柱なんて、さっきのお造りでも肉厚なのを食べたけど、天ぷらにすることで、ホタテの風味旨味が炸裂。ウメー

紅ショウガ(120円)もいっとこ。
なんか知らんけど、紅生姜って欲しくなるんだよね〜
あー、酒が進む。
e0173645_07180237.jpg
C級呑兵衛は飲んでないんだけど、プチ情報。
生ビール(500円)は、プレミアムモルツの香るエールなんだけど、それだけじゃないんだよね。これ、たっぷり500mlだっせ。がっつり飲もうぜ。
e0173645_07180576.jpg
天ぷらがメインで、お造りはその日の仕入れを3~4種程度なスタイルになる感じだけど、こりゃまた「やまざき屋」が面白くなりそうですな。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:天ぷら立呑み やまざき屋
場所:池田市石橋1-1-5
時間:17:00~23:00(L.O.22:00、ドリンクは~22:30)日休

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き


by nonbe-cclass | 2019-04-02 23:01 |  L 阪急石橋 立ち飲み | Comments(0)
2019年 03月 31日

梅田の居酒屋「スタンド タイガーリリー」

大阪梅田、曽根崎お初天神通り商店街。
「NEW SUNTORY5」「焼肉河童」が入る曽根崎センタービル、地下へ降りる急な階段を下りる。
e0173645_19111938.jpg
すると、大正ロマンな構えが・・・落ち着いた色合いの木目とステンドグラス。
e0173645_19111538.jpg
ここ、立ち飲みなんだよね。

「スタンドタイガーリリー」だ。
さっき、階段を降りるときに看板が目に飛び込んでき店名ロゴ。雰囲気からしてロックなバーかしらと思うけど、そんな感じじゃなくて、結構広い空間でお洒落なので、女性のおひとり様、友達同士も来ることができる・・・いや、実際に来てたよ。
e0173645_19115913.jpg
店内は、調理スペースをぐるっと囲むようにカウンター。周囲の壁の部分にも立ち飲みテーブルが設けられている。

さて、ドリンクは・・・
赤星があるので、まずはそれをお願いする。
サッポロラガー(大瓶550円)。
e0173645_19124272.jpg
あ・・・
じっくり観察する前だったから気付かなかった。
ドリンクメニューをみると、いくつかのドリンクに虎マークがついているんだけど、これ、「どぶづけスタイル!!」ということで、この目の前の氷水に浸かった瓶をセルフで取ればいいのかぁ。あ、なるほど、手元に栓抜きもあるわ。
e0173645_19125541.jpg
色んなジャンルの肴があるけど、魚介系ではなく肉系かな。ホルモンなどの鉄板料理や鶏料理などなど。
まずは、生もんから鶏白肝の造り(390円)から。
お!美味し。鶏肝ってあっさりのはずなんだけど、このコクがいいね~。しかも、味付けのごま油と塩の塩梅が絶妙だ。ん?あれ?あ・・・肝造りとはあるけど、ハツも入ってるな。この焼きはなんだろう、肉質しっかりで美味いな。
e0173645_19131474.jpg
タイガー煮込み(490円)を。
ささっとでるもんのカテゴリに書いてあるから、モツ煮込みが出てくるのかなと思ったら、グッツグツの国産の牛バラ肉のデミ・トマト・ミソ煮込みがやってきた。牛バラ肉と大根がじっくり煮込まれていてホロホロと崩れるほど。このソースというのか出汁というのか、が、濃厚ながら酸味とのバランスも良くて、めちゃくちゃ美味しいな。
e0173645_19133491.jpg
日本酒もいいラインナップ。
奈良、大倉本家から「大倉」山廃特別純米 無濾過原酒(490円)。
お~、非常に穏やかな口当たり。日本酒度+12度の超辛口仕上げなんだけど、辛さよりも後味含めて、キレッキレな爽やかさが潔い。
e0173645_19134824.jpg
タイガー煮込みが出てきた時、「後でスープにもできますので」。
なるほど、残ったお出汁でオニオングラタンスープに出来るというわけか。凝ってるね~
じゃあ、オニオングラタンスープ(190円)にしてもらお。
あ、スープというから、カップにでも入ってくるのかと思ったら、バケットが入ってチーズを散らした違う一品になって出てきた。
e0173645_19140129.jpg
本来は、一番最初に注文するのかもしれないけど、このタイミングで。
色んなメニューがあるんだけど、ちょこっとずつ盛り合わせにしたATEMORI(690円)を。これは、おひとり様限定のメニューだ。
e0173645_19141333.jpg
手前から、チーズ柿ピーせんべい、ブロッコリーと海老のお浸し、ローストポーク、ガリしそトマト、マンゴーバター。色んなジャンルがあって楽しいね。ひと手間かけた一品はどれもグ~。どんなドリンクにも合いそうだね。

冒頭の赤星もそうだけど、ドリンクラインナップが結構良いんだよね~
地酒をはじめ、箕面ビールや志賀高原ビールなどのクラフトビールもあれば、酎ハイもキンミヤと強炭酸との組み合わせ、ハイボールは電気ブランや紹興酒の組み合わせというのもあるぞ。

気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:スタンド タイガーリリー
場所:大阪市北区曾根崎2-10-15 曾根崎センタービル B1F
時間:15:00~23:45(L.O.23:00)

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2019-03-31 11:14 | 居酒屋めぐり(関西) | Comments(0)
2019年 02月 21日

天神橋筋六丁目の居酒屋「やしの実食堂」 oishii

前から行ってみたいなぁと思っていたんだけど、
先日、ひょんなことから暖簾をくぐることになりラッキー。
天神橋筋六丁目駅から少し東に歩いたところにある立ち飲み、「やしの実食堂」だ。
e0173645_10124698.jpg
所々にハワイやカリフォルニアをイメージさせる小物でデコレートされた、明るい雰囲気の店内。L字カウンターに、テーブルカウンターが2つ。

色んなジャンルの一品がある中で、魚介、特に本鮪が魅力。
まずは、本鮪中とろ(680円)から。脂ノリノリで、まろやかな質感と味わいが魅力ですなぁ。美味い。
e0173645_10125405.jpg
本鮪がウリとなると、造り盛り合わせなんてものがあるんだけど・・・そんなくくり方があるのね。頭の部位盛り合わせ(1000円)。確かに、頭部だけでも色んな部位があるかぁ。

「!」

いやいや、目玉はいらないんですけど・・・目ヂカラがすごいな(笑)
ほほ肉、眼肉、あご肉、のう天の4種だ。
同じ鮪なのに、部位によって全然食感や味わいが違うんだよなぁ。中でも眼肉、そもそも眼肉そのものを扱っているところも少ない上に、これ、造りだっせ。臭みがあるのかと思いきや、全くないどころか、柔らかい牛肉刺身を食べているようだ。
あご肉もいい弾力で旨みが凝縮されている感じ、いい酒の肴だわー
e0173645_10125709.jpg
ちょっと、スモークな味が欲しかったのでサバくんせい(280円)を。
あーうまい、スモークの香ばしさがたまらんわね。
e0173645_10131458.jpg
大分は中野酒造から「裏ちえびじん」純米吟醸生(580円)。
「ちえびじん」の番外編ですな。甘さと吟醸香がしっかりめのタイプなんだけど、切れ味がいいな。
e0173645_07460826.jpg
お造り、燻製ときて・・・本鮪カツ(300円)。
まずのところ、衣がざっくざく食感で旨し。刺身ももちろんいいけど、このホクホク感も贅沢だよね~
e0173645_10132783.jpg
山形の秀鳳酒造から「珠韻」(580円)。
精米歩合も酒度も非公開らしいけど、あら・・・まろやかな甘みながら非常にクリアな味わい。飲みやすく、とっても上品で華やか。
e0173645_10135612.jpg
アンチョビポテサラ(380円)。
しっとり、じゃがいもの味がしっかり出て美味し。
e0173645_10140572.jpg
鶏のくんせい3種盛(480円)。
さっきの鯖もそうだけど、オリジナル燻製が結構ハマる味わいなんだよね。しかも、部位チョイスがセセリ・ナンコツにハラミって、酒飲み大好きアイテムばっかりやないか(笑)
e0173645_10141378.jpg
アジフライ(280円)は、クリスピーな衣が軽快でサクサク。
白身がフカフカほっこりでグー
e0173645_10142185.jpg
こちらは限定モデル、今宮戎神社御祈祷酒「春鹿」立春朝搾り(600円)。
奈良、今西清兵衛商店「春鹿」なんだけど、「立春の早朝に搾る」生原酒で、今宮戎神社でお祓いもされるもの。
楽しくめでたい日に、こんなめでたい酒が飲めるという、何という幸せな日なのでしょう。すっきり爽やかでうまい。
e0173645_10143178.jpg
実は、今宮戎神社御祈祷酒でもう一つ、京都ハクレイ酒造の「酒呑童子」も。下の写真の右端、さっきの「春鹿」と同じラベルだけど、これが「酒呑童子」。
e0173645_10145412.jpg
「おら、悟空だ」。
どうみても、某アニメを思い出させるラベルだよな・・・
京丹後、白杉酒造「SATORU NO SAKE KIMOTO」純米生酛原酒。こだわりの限定酒で、遊び心もありながらしっかりどっしりのお酒が楽しめる。
e0173645_10150726.jpg
立ち飲みなのに、閉店時間近くまで絶好調な千鳥足。おかげで、最終電車逃したやないか・・・でもね、楽しいお酒はこうでないと。美味しい酒肴が会話に華を添えてくれたね。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:やしの実食堂
場所:大阪市北区天神橋6-3-26
時間:17:00~24:00 水休
電話:06-6353-5115

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2019-02-21 07:52 | 居酒屋めぐり(関西) | Comments(0)
2019年 02月 18日

十三の居酒屋「隠岐の島水産」

昼飯タイムも大きく過ぎちゃって・・・
出かけついでに途中下車し、軽く何か食べるとするか・・・
久々に阪急十三駅西口、しょんべん横丁。
昼飯を軽く→十三に来ちゃった→酒や酒や~

ちょっと、お造り食べたいなと思って、この通りにある「隠岐の島水産」にやってきた。前に通りを歩いた時に、「へー刺身の立ち呑みかー」と気になっていたんだよね。
e0173645_18492106.jpg
「隠岐」「刺身」という2つのワードだけで、すでにテンションあがるわー。隠岐の島って、美味いもんばっかりなイメージがあるからなぁ。
いざ蓋を開けたら東京本社のチャラい外食産業みたいなことってよくある話なんだけど、ここは違うよん。業者向けの水産物産地仲卸をする「隠岐の島水産」が展開するお店なんだけど、隠岐の島をどう活性化させるかということを考えている。いま、ここでこうしたお店を展開していることも正解かどうかも分からないけど、色んな活動をしていくことで、地元の継続的な活性に繋がることを願っているんだね。

お店に入ると、まずは自動販売機。
ぱっと見、あ、ビールや酒はこの券売機で買うんだ・・・と思うところなんだけど、ドリンク以外に、フードもこの券売機で購入するシステムだ。
e0173645_18492325.jpg
缶ビールや日本酒ワンカップはそのまま出てくるんだけど、フードのボタンを押すと、ワンカップがごろんと出てくる。なるほど、瓶の中にメニューの書いた紙が入っているのか。

隠岐の島の活性につながるかどうか分からないけど、
ここはビールにせず、日本酒ワンカップから隠岐酒造「佳撰 隠岐誉」(350円)をチョイス。レトロな雰囲気を醸し出す花模様デザインがキュートだ。
非常にバランスのいいお酒で、ワンカップでかっつり飲んでも、いやな感じが全くない。おいちー
e0173645_18492661.jpg
隠岐の島も含めて、山陰地域の漁港から直送される魚介が楽しめるのか・・・
まずは、刺身盛り合わせ(500円)。
店の奥の厨房では、魚をさばくところをそのまま見ることが出来るんだけど、「朝釣ってきた魚をそのままさばいている」感じ満載。皿は屋台の如く、発泡スチロール製で、ここに切り身がわさっとのる。
お店というより、漁師のおやっさんにもてなしてもらっているみたいだ。小皿なんてない。ここに直接しょうゆをかけるぶっかけタイプだ。

たこ、わかめ、鯛にスズキとボリューミーな4種盛りだ。
おいおい、どれも地味で美味い。あえて4種と書いたけど、わかめもいい主張をしてくる。特に、スズキのもっちりムニムニ感がたまらん。
e0173645_18492931.jpg
これで帰るのは惜しいな・・・
もう一度、自動販売機に行って・・・焼き物盛り合わせ(500円)を。
やってきたのは、さざえ、はたはたと・・・この目の大きいのはのどぐろだ。サザエは身がしっかり食べごたえ十分、のどぐろも小ぶりながらウメー
e0173645_18493181.jpg
お造りも焼き物もその日の水揚げ内容で変わるし、日本海側が時化だとお休みだったりするけど、それが逆に期待させるよね~

お手頃に隠岐・山陰の美味いもんをサクッと味わえるいいお店。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:隠岐の島水産 十三西口駅前市場店
場所:大阪市淀川区十三本町1-2-4
時間:12:00~23:00
電話:090-3999-0060

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2019-02-18 23:42 | 阪急十三 居酒屋 | Comments(0)
2019年 02月 13日

北新地の居酒屋「大衆酒場カミヤ」 oishii

サクッと飲みに、JR北新地駅を出て、すぐ前にある大阪駅前第2ビルにやってきた。B1Fにある昭和レトロのゲーム機を並べる「ZERO」のおとなり。
「大衆酒場カミヤ」だ。
e0173645_07095260.jpg
週末だから椅子があるのか、普段は立ち飲みスタイルのお店のようですな。
まずは、生中(350円)をもらってと。
e0173645_10191697.jpg
メニューをみると、魚介・・・特にまぐろオシなのと、へー篠山からのジビエ料理なんてのもありますな。色んな一品が充実してるぞ。

ウニとイクラのこぼれ寿司(ハーフ1300円)。
細巻き8巻の上に、いくらとうにをもっさりのせたひと品。
いくらだけでなく、うにも結構なボリュームでのせてくれてるよん。
e0173645_10192799.jpg
小腹サポートになったところで・・・魚介食べると、やっぱり日本酒がほしくなるな。
よさげな地酒が色々あるなぁ・・・へー、サーバーから注ぐ樽生の日本酒ってのもあるのか、じゃそれにしてみよー

茅ヶ崎の熊澤酒造「天青」の生樽(700円)。
しゅわっと微炭酸の後に、上品な甘味がやってくる。
e0173645_10193409.jpg
まぐろは・・・中トロや赤身などもいいんだけど、ちょっと違うのにしようかな。
マグロのアゴ刺し(580円)。
e0173645_10193095.jpg
あっさりさっぱりのまぐろなんだけど、顎だけに、繊維質な部分もふくめなかなか肉質しっかり弾力で牛肉みたい。酒の肴にピッタリだな。

大阪駅前ビルだから平日は仕事帰りにサクッと寄れるし、週末も営業しているのがいいね。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:大衆酒場カミヤ
場所:大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル B1F
時間:【月〜土】16:00~23:20(LO.23:00)
   【日】14:00~21:00(LO.20:30)
電話:06-6341-8855

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2019-02-13 07:30 | 居酒屋めぐり(関西) | Comments(0)