C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ

タグ:居酒屋 ( 1048 ) タグの人気記事


2018年 06月 11日

十三の居酒屋「大乃助」

阪急十三。
国道176号線の西側、十三サカエマチ商店街。夜になると、ザ・十三な繁華街だ。
その商店街を国道側から入って、すぐ左手。

居酒屋「大乃助」にやってきた。軒先には仕入れた魚介が入ったトロ箱が並んでいるぞ。以前は、国道176号線の十三交差点のところにあったお店だよね。

e0173645_17352996.jpg
e0173645_17354514.jpg
ドリンクは・・・お、ここはキリン系ですな。ビールもいいけど、ハイボールにしようかなー。オーシャンラッキーハイボール(380円)を。キリンのブレンディドウイスキー「オーシャンラッキーゴールド」のハイボールね。

お造りは、盛り合わせにしようかな。
お造里2人前(980円)を。
水色の長皿に色鮮やかな盛り合わせ。
かつお、ひらめ、金目鯛、かんぱち、甘えび、たい、きびなごだ。かつおは造りと、表面を炙ったたたきの2種。

e0173645_17360323.jpg
e0173645_17360877.jpg
甘えびがもちっと質感と甘さが際立ってますなぁ。うまい。
後は、たいとひらめも噛むほどに旨みが広がる・・・まさに、口の中がたいとひらめの舞踊りですよ。

子持ち昆布(500円)。
「おいおい、抹茶なんて頼んでないよ」と思わせる茶器のような器で出てきたぞ。
薄切りにカットされているんだけど、このにしんの卵のぷちぷち感がたまらんわね。結構たっぷり目に入っているのも嬉しいわー

e0173645_17362186.jpg
白はまぐり(3コ600円)は、酒むしかバターがチョイスできるんだけど、やっぱり酒むしが食べたいなー

お・・・
白はまぐりが、相変わらずでっかいことにテンションが上がるんだけど、酒蒸しというよりはもはや、なかなかな量の貝汁だ。
白はまぐりがぷりぷりで美味いのは間違いないけど、この出汁もたまらんなぁ。しょうがもちょっと効いてるし。
出汁を肴に、酒を飲んでるっていう状況ですな。

e0173645_17363099.jpg
e0173645_17363388.jpg
貝を食べたくなった人や、魚介をたっぷり堪能したい人にオススメ。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:大乃助
場所:大阪市淀川区十三本町1-7-32
時間:11:00~14:00 17:00~翌3:00(L.O.26:30)
電話:06-6838-7107

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-06-11 07:21 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 10日

庄内の居酒屋「またたび堂」

阪急庄内駅の東側、
駅と豊南市場の間の路地には、飲食店がずらーっとならんでいるんだけど、この中の立ち飲み屋さんに立ち寄ることに。

「またたび堂」だ。

e0173645_07240675.jpg
まだ新しい感じの店内で、ウッドカウンターが落ち着く~
カウンターからは向かいの居酒屋もよくみえるし、隣の「肉の森田屋」が人気の夕方タイムセールをすることでできる行列が、店の前まで出来てお互い目があったり(笑)

e0173645_07235631.jpg
瓶ビールにしようかなぁ。
瓶ビールは、キリン、サッポロ、アサヒにオリオンまであるよん(450円)。さらに、サッポロは黒ラベルとラガーがあるので、そりゃ、ラガー(赤星)をチョイス。

e0173645_07234591.jpg
お店は、キャッシュ・オン・デリバリー。
最初、小銭に両替する機械が店の奥にあることを知らないから、そのままお札出しちゃったよ。
一品は、150円~500円、600円くらいまでの価格帯で、焼もんや揚もん、煮物にごはんもんまでなかなか充実のラインナップ。

焼もんや揚もんと同じレイヤーで、またたびの燻製というのがあるので・・たくあん(300円)もらおうかな。
いぶりがっこほどポリポリ感はないけど、スモークがよく聞いて香ばしい風味がやっぱりいいね~

e0173645_07243969.jpg
しばらくすると、お店の人が「よかったらどうぞ」と出してくれたのが、さわらの白子の燻製だ。
んー、メニューにはなさそうだけど・・・仕込み途中のやつだったりするのかしら。ということは、その日によって燻製されるものもかわるのかもしれないね。
おいおいおい、これめちゃくちゃ美味いな。チーズがお呼びでないくらい、白子がとろ~っ。スモーク加減といい、これはええ肴になるわ。

e0173645_07244226.jpg
濃厚な珍味をいただいた後は、さっぱりとみょうが三杯酢(300円)を。
わー、小皿にたっぷり盛られて出てきた。うれしー。
みょうがときゅうりのシャキシャキな歯ごたえよろしく、酢の酸味もほどほどでウメー

e0173645_07244597.jpg

少しの時間だったけど、ゆっくりとした時間が過ごせたなー
居心地のいい立ち飲み、気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:またたび堂
場所:豊中市庄内東町1-9-18
時間:16:00~23:00
電話:090-3948-0090

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-06-10 16:19 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 05日

石橋の居酒屋「立呑 倉」

仕事帰りに時々この路地を通るんだけど、いつも結構お客さんが入っているんだよね~
いつ以来かしら・・・お店開いた直後だし、ちょこっとだけ立ち寄ってみるかなぁ~
阪急石橋駅横の路地にある「立呑 倉」だ。

e0173645_19044743.jpg
「倉」という文字が、印鑑などでよく使われる篆書なのが好き。
引き戸は2つあるけど、入るのは濃紺のプレミアムモルツ暖簾がかかっている方からね。
中に入ると、L字カウンターの立ち飲みで、どうだろう、8人も入れば満員御礼な感じかしら。

角ハイボール(300円)をもらおうかな。

e0173645_19045516.jpg
メニューはボードに書かれていたり、手元にいくつかおすすめが書かれたプレートがあったりするんだけど、カウンターには惣菜の大皿がいくつか並んでいる。あとは、焼きものや、おでんもありますなぁ。

肴は見た感じ・・・350円くらいまでかな。
単に良心的な価格というだけでなく、料理一つ一つが美味い。
さんまの煮付け(300円)にするか。肉厚のさんまで、味がよく染みて美味い。粒山椒もいいアクセントだ。

e0173645_19045224.jpg
ししとうとじゃこの炒め煮(300円)を。
たっぷりのししとうとじゃこ。柔らかくていい苦味のししとうに、噛むほどに味わいあるじゃことの相性がいいねー。削り節の香ばしい香りもたまらん、酒が進むわ。

e0173645_19045925.jpg

そんなにメニューが豊富というわけではないんだけど、立ち飲みながら、1つ1つの肴が手作りでお安いというのは何とも魅力。
難い存在ですな。

気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:立呑 倉
場所:池田市石橋1-2-18
時間:17:00~22:00 日祝休

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-06-05 07:22 |  L 阪急石橋 立ち飲み | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 03日

石橋の居酒屋「沖縄 居小屋」

おー、ノーマークやったぁ。沖縄料理のお店ができてる~
阪急石橋駅西側、バス停阪急石橋の裏手あたり。
居酒屋「ふくろう」などがある用水路沿いで、もともと居酒屋「壺」があったところ。「壺」が比較的最近、外観の看板を変えてたから、てっきり営業しているものと思い込んでいた。

黄色い看板に赤文字の明るいサイン、
沖縄料理の「沖縄 居小屋(おきなわ いこや)」だ。

e0173645_08331686.jpg
新しいお店だからきれいのはもちろんなんだけど、元気で明るい感じがいいね。
L字カウンターが10席に、掘りごたつ式の4人掛けテーブル席が3つ。

生ビールをもらおうかな・・・
ここはやはり、オリオンドラフト(生中450円)かな。

e0173645_08350809.jpg
付きだしが出てきた。自家製じーまみ豆腐のあげだしか・・・
「!」
お~、美味い。あったかくて少しあんかけな感じ。
粘りのあるねっとりやわらかい質感のじーまみ豆腐がそもそも美味しいんだけど、これを揚げ出し豆腐に使っちゃうんだぁ。揚げた衣がこれまたサクふわで相性いいわー

e0173645_08351487.jpg
あると頼んでしまう、恒例の島らっきょ塩漬け(450円)。

e0173645_08351776.jpg
そうそう、話を後回しにしちゃったけど、
付きだしが出てくるよりも先に、猪口がやってきた。何が入っているの?・・・うっちん茶?
沖縄のお茶だそうで、うこんのお茶なんだって。これ飲んで健康に気を遣う一方、ガンガンに酒が飲めそうな気がする(笑)

e0173645_08355397.jpg
島らっきょは頼んだものの、後何にしよう・・・
おすすめをきたところ、やっぱり角煮ですねーということだったので、じっくり煮込んだとろとろラフテー(680円)を。
お、美味い。肉質しっかりしながら、柔らかく煮込んであるのでホロホロ崩れる。しっかり味付けしてあるから飽きるかなぁと思ったけど、後味が意外とさっぱりでグー

e0173645_08362046.jpg
ラフテーもぐもぐしてたら、泡盛ほしくなっちゃったな。
あんまり、他で飲めなさそうなのにしよー
石垣島の請福酒造「直火請福」(350円)を。昔からの蒸留方法で、釜に直接火をあてて蒸留しているものだ。
風味がとてもよく、メロンのような甘い香りの後に、柔らかな口当たりが飲みやすい。

e0173645_08363815.jpg
炒めもんも食べとこう。
もずくとマーミナーちゃんぷるー(490円)。県産もずくともやしの炒めものね。
もずくって普段酢の物でしか食べないから、こういうの興味津々。
しゃきしゃきのもやしが気持ちいいですなぁ。もずくは、春雨のような感覚で食べちゃうけど、炒めても、こりっとした食感は少し残ってるのね。
シンプルに塩炒めな感じなんだけど、削し節もいい仕事してて、あっさりながらも味わいのあるひと品だ。

e0173645_08372865.jpg
シメにあおさ汁(280円)。
あおさ美味しいよね~、県産のあおさと、硬めの島豆腐が入っている。とろっとした感じで、塩の塩梅がたまらんわね。
おー、磯の香りがいいですなーおいしー

e0173645_08382577.jpg
会計を済ませて外に出ると、店員さんが見送りと同時に「これ自家製のポン酢なんですが、よかったらどうぞ」とポン酢を手渡される。
シークワサーのポン酢なんだって。そういや、今回、ポン酢アイテムを注文してないから、こりゃ楽しみだな。

e0173645_08383883.jpg

メニューが豊富で、良心的な価格設定もうれしいね。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:沖縄 居小屋
場所:池田市石橋1-9-7 六甲石橋プラザ101
時間:16:00~24:00(L.O.23:00)土日祝は15:00~ 不定休
電話:072-761-2270

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-06-03 10:02 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 02日

天王寺の居酒屋「恵美寿屋」

あら、久々に来てみると、より和食居酒屋寄りになってるな・・・

天王寺、ルシアスビルの地下フロアにある「恵美寿屋」だ。
以前は、店内の様子が分からないくらい洋画のチラシがびっしりと貼ってあったのに、それがきれいになくなり、墨字の短冊メニューが少し貼られている程度になってる~

e0173645_07432467.jpg
ホント、いつ来ても満員御礼の人気店だな。
お、ラッキー、今なら入れそうだ。
生ビール(中390円)もハイボール(300円)も安いねー

安いのはドリンクだけじゃないよん。
注文前に、たくさんの小鉢を乗せたトレイがやってきて「どうですか~」
1つ250円で要はつきだしなんだけど、必ず取らないといけないということもないところが良心的だね。でも、タコ酢とっちゃった(笑)

まずは、この日のおすすめ、かつおタタキ(380円)から。脂ノリノリでしっとり、ウメー
めちゃ充実したメニューでバリエーションも豊富なんだけど、魚介が中心なお店だ。

e0173645_07433516.jpg
最近、カリカリしてるから、ちょっとカルシウムも摂っとかなあかんな。
丸干し(めざし)(200円)を。
これまた、なかなか大きいところを3尾、顔揃えてやってきましたぜ。肉厚だから、かぶりついたら口の中いっぱいだわ。しばらく、大人の苦味を心地よく感じながら、もぐもぐタイムだ。

e0173645_07434072.jpg
極上!って書いてあるから、ちょっとつまんでみようかな。
ウニ造り(580円)。
しっかり形くずれしないことをいいことに、うにオンうにで、盛り盛りっと。
ほどよい甘みと、濃厚な口溶けがたまりませんなぁ。

e0173645_07434456.jpg
焼酎もらおうかな。
「宝山」の綾紫をロックで。

e0173645_07434719.jpg
焼酎に切り替えたところで、さらに造りいくか。
活ハマチ造り(300円)だ。クセなくあっさりなところに、身が締まってゴリゴリですわ。こりゃ食べごたえあるわ。

e0173645_07435005.jpg
旬の鱧ではございますが、
身食べんと、骨せんべい(100円)もらおう~
これ、カリッカリにからっと揚がっていて、いい塩梅の塩加減もあり、めちゃウマ。いい肴やわ。

e0173645_07435473.jpg
ハムカツ(300円)。あったら頼んでまうやろー
こちらのハムカツのハムは、オーソドックスに薄いロースハムなんだけど、この衣、油切れがよくクリスピーな食感でいい感じ。

e0173645_07435860.jpg

やっぱり、人気あるのがわかるよね。満足満足。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:恵美寿屋
場所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-1 ルシアスB1F
時間:11:00~23:00(L.O.22:30)(日祝は~22:30(L.O.21:30))
電話:06-4396-1133

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-06-02 10:11 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 31日

天王寺の居酒屋「花野商店」

前から行ってみたいと思っていたんだよねー
天王寺駅から谷町筋を北上し、アーケード商店街から路地を少し入ったところ。
通りの雰囲気に馴染んだ、酒の看板と渋い建物。
「花野商店」だ。

e0173645_07383411.jpg
中に入ると、酒造会社各社の年季の入った渋い木看板が堂々と掲げられている。特に音楽やラジオが流れているわけでもなく、静かな時間が流れる。
壁面には、販売されている酒類が並び、一方では、立ち飲み用のカウンターに、酒やつまみがところ狭しと並ぶ。

そう、生粋の角打ちだ。
e0173645_07384329.jpg
e0173645_07385481.jpg
お、生ビールもあるのか。
じゃあ、駆けつけの1杯目ということで生ビール(390円)。生ビールもチェーン店並み価格で嬉しいですな。
メインカウンターは先客で埋まっていたので、テーブルスタイルの方でちびちびと。
e0173645_07384801.jpg
「静かな時間が流れる」とは言ってるけど、先客がいるわけで。
それは店のご主人も含めて会話が弾んでるもんだから、そこは賑やかいんだけど、会話が途切れた時の、あの瞬間的に訪れる静かな感じがたまらんのよね。

角打ちの酒のつまみといえば、乾き物か缶詰ってのが定番なんだけど、ここも缶詰が充実してますなぁ~
e0173645_07385142.jpg
ビールで喉を潤したあと、
純米酒があるんだけど、「天水」というのが気になるんだよな。
四天王寺の一般公開されていない「本坊の井戸」に湧き出ずる水が原料の日本酒。天王寺界隈の酒屋数軒でしか販売できない限定モデルだ。

それにしようかなぁと思ったところで、
先客から「こっちの方が美味いと思う」というアドバイスで、「真田丸」純米(400円)を。これも、天王寺エリアでの限定販売で、大阪府小売酒販組合天王寺支部が奈良市の豊澤酒造に委託して造られたものだ。
コップグラスにナミナミ入ってきたぞ~、常温でいただいて、ついーっと。さらりとあたりが柔らかいですなぁ。

今回は、ここに来るまでに何軒も回っているから、食べるものは最小限に・・・
いかり豆~
e0173645_07400571.jpg
あ・・・グラス、ちゃんと見てなかったわ。
ある程度飲み切ったところで気づいたけど、大阪府小売酒販組合のグラスだったわ。
e0173645_07400882.jpg
いや~雰囲気も居心地もいい角打ちだったなぁ。
また、立ち寄ることにしよう。
気になる人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:花野商店
場所:大阪市天王寺区堀越町12-6
時間:9:00~20:00(土は~19:00) 日祝休
電話:06-6771-7006

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-05-31 23:19 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 30日

十三の焼肉「珍牛」

阪急十三、駅西側にあるご存知しょんべん横丁。
駅の方から歩いて、そろそろ横丁が終わりそうなところの左手。
焼肉の「珍牛」にやってきた。

e0173645_07121873.jpg
2014年に起こった火災後のしょんべん横丁は、一通り新旧含めたお店が営業し、賑やかな感じにはなっているんだけど、一人焼肉、立ち食い焼肉、カンテキ焼肉なお店がいくつも出来ているんだよな。こんな狭いエリアに同じジャンルのお店がいくつも出来て、食い合いしないのかな・・・逆にそれくらいのニーズがあるのかもね。

「珍牛」は、火災前から営業しているお店。
しょんべん横丁と、すぐ横にある国道176号線高架・側道に挟まれた立地なので、有効活用的なこじんまりしたスペースだ。厨房を囲むようにカウンターがある。
ここは、立ち食いではなく、椅子に座って食べるんだけど、入口扉との間が狭いので、座る場所によっては、扉を開けっ放しで少し身体を外に出さないとかなり窮屈だ(笑)

生ビール(生中450円)をもらって、と。
お肉とともに、豆もやし(300円)とキムチ三種盛り(480円)を。どちらも料金のわりに、結構なボリュームで出てくるのが嬉しいよね~

e0173645_07161341.jpg
e0173645_07164500.jpg
お肉は・・・
おっさん2人で行ったんだけど、一気に頼むとすぐカウンターに置けなくなっちゃいそうだし、ちょっとずつ頼みましょか、ってな感じで。
セットものを1つ頼むか・・・「とりあえず、お一人様セットを1つ」。
お一人様セットは、ロース・バラ・タン・ミノ・豚・ホルモン各種の盛り合わせ(1700円)だ。

「!」

e0173645_07171555.jpg
いやいや、全然お一人様分のボリュームじゃないですけど(笑)
ホント、おひとり様セットを人数をみて2人分盛ったのかと思ったぜ。ウインナーやかぼちゃまで入ってるー

ガスコンロで焼くことになるんだけど、ここのお肉、和牛なんだよね。
写真を見てもらってもわかると思うけど、厚めなカットなところにサシの入り方がたまらんわね。
実際、柔らかくて肉肉した食感を堪能できる。うまい。

追加発注でハラミ(900円)。
これはサガリな感じかしら。脂身が少ないため、あっさりいただける。

e0173645_07172843.jpg
さっきのセットとかぶるけど、ホルモン盛(900円)も。
ココロ、丸腸、牛マメかな。お腸さんも全然臭みがなく、むしろ、脂の甘さが際立ってる。
そういや、焼鳥でハツはよく食べるけど、牛焼肉でココロってあまり食べたことがないなぁ。コリコリ食感がいい酒の肴になるわ。
e0173645_07174376.jpg
「これサービスの椎茸です」、
店員さんが、大きな椎茸をポンと網の上におく。傘を網面に置いたんだけど、よく見ると塩がかかってるな。
「ひっくり返さずにそのまま待ってくださいー」・・・汗をかいてきたら(俺じゃない、椎茸が)食べごろだ。クーうめー。瑞々しくて味が濃いわー

e0173645_07175596.jpg
いい意味で十三らしいお店だったな。
リーズナブルにたっぷりありつけて、しかも、美味しいんだから文句ないわね。
気になる人はぜひー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:珍牛
場所:大阪市淀川区十三本町1-4-15
時間:17:00~24:00
電話:06-6305-6060

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-05-30 22:56 | 食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 28日

新世界の居酒屋「酒処みふね」

昼前か・・・さすがにこの時間は営業してるやろ。お、やってるやってる~
新世界、ジャンジャン横丁からふと路地に入ったところ。

立ち飲みの「酒処みふね」だ。
年季の入った構えに・・・「みふね」だけに、三隻の帆船が描かれた黄色い暖簾がキュートだ。

e0173645_11210599.jpg
ぬおーっ!
さすが老舗、年季の入り方がちゃうな。ワクワクするわ。
赤いテーブルのL字カウンターも、色あせ具合が渋いぜ。

e0173645_11211067.jpg
ここ、ぱっと見では分かりにくいんだけど、これで角打ちなんだよね。
冒頭の写真で外観を確認してもらうといいんだけど、隣りは「植野酒店」で、雨よけのプラスチック製テントは「酒処みふね」とひとつになってるでしょ。完全に店を壁で区切っているから、角打ちかどうかってなとこなんだけど、自立式看板にもあるように、こういうスタイルはしているが、完全に「酒屋の立呑」なわけ。酒屋と立ち飲みの店の名前が違うのって珍しいよね。

奥のテレビでは毎日放送の「せやねん」が流れていて、2人の先客はテレビを眺めながら自分の時間を楽しんでいる。
カウンターの中では、若いお姉さんが段取りよく動いている・・・と思ったら、小さなおかあちゃんが2人、奥から出てきた。

瓶ビール(大瓶430円)をもらって・・・
カウンターの2箇所にはケースがあって、ちょこっとした一品がいくつか入っている。ケースが冷蔵になっていないのか分からないけど、でっかい氷を皿にのせて、ケースの中に入れて涼をとっているのが、何ともアナログで微笑ましい。

あとね、よく煮込まれているおでんが目に入ったから、ここはおでんをもらおうかな。だいこんに厚揚げ、あ、うめやきもあるね。いずれも110円だ。
大根でかい・・・

e0173645_11210807.jpg
甘めのダシがよくしゅんどるわー、うまい。

「かまぼこちょーだい」という声が聞こえて、お姉さんがケースから板わさを取り出して客に渡すのを見たんだけど・・・

「!」

そっちのかまぼこでなしに、その手前で、おかあちゃんがおでんに入れているかまぼこが気になってしまった。
「おでんのかまぼこをください」

スーパーでよく売られている板付きのかまぼこあるでしょ。ここでは、焼きかまぼこなんだけど、1つをすぱっと斜めに半分に切ったものが、おでん種になっている。串に刺さってはいるけど、まあまあのボリュームだよね。

e0173645_11211352.jpg
おかあちゃんは、見た目より全然元気で、常連客いじりが楽しそうだ。気強くいじっているようにみえて、実は身体のことを気遣っていたりする。そういうのが人気なんだろうな~。酒を飲みにくるだけでなく、ここに来ておかあちゃんと話をして、元気をもらって帰っているのかもしれないね。

気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:酒処みふね
場所:大阪市浪速区恵美須東3-2-14
時間:10:00~20:30 火・水休

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-05-28 07:19 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 27日

難波の居酒屋「豚足のかどや」

お昼前に、難波。
大阪メトロ地下鉄御堂筋線なんば駅から一度地上に上がって、四つ橋線なんば駅に向かう途中にあるお店。
超有名店だよね、「豚足のかどや」だ。

e0173645_08543687.jpg
入口の扉部分は完全に開放されていて、中の様子がよく分かる。
奥に長い店内は、厨房を中心に据えて、入って右側がカウンター席、左側が4人がけのテーブル席になっている。庶民的な赤いテーブル、赤い丸椅子がたまらんわね。
中を覗くと、「いらっしゃい!何人さん?」と威勢のいい声がかかる。背中を押されたかのように、奥のカウンター席へ進む。
まだ昼前だし、ラーメンとか昼飯アイテムを扱うお店でもないんだけど、次から次へと客が入ってきて、活気にあふれている。

ビール(瓶ビール650円)をもらって、と。
小皿に甘辛いタレが入り、わさーっと青ネギ。小さなフォークは、ネギ食いようかしら。さらに、追いネギができるように、ネギだけを別皿に入れたものも出てきたぞ。ネギ好きにはこの時点でテンションあがるわ。

e0173645_08545435.jpg
何はともあれ、まずは豚足(600円)か。
入口付近に大きな鍋があって、ここに豚足満載。じーっくり煮込まれている。
注文すると、間髪入れずやってくる。
思っている以上に柔らかく煮込まれていて、骨から肉がスルスルと解ける。プルンプルンのゼラチン質も思う存分堪能できるぞ。クセや臭みがまったくないんだよね~脂でこてこてしそうなところは、ほら、この満載な青ネギがいい仕事をしてくれるんだよね。タレをつけて青ネギとともに。

e0173645_08550384.jpg
豚足のかどやではあるけど、豚足以外にも牛や鶏も扱っている。
じゃあ、ハラミ(550円)とココロ(550円)をもらおうかな。これらは串焼きで、1皿3本だ。
焼き過ぎとかじゃなくて肉質は少し硬めなんだけど、これがまたいい。ひと串がなかなかなボリュームなことになっていて、口に運ぶと、肉肉しい食感と旨みが広がるんだよね。
ココロ串は先の部分に、サービスアイテムとして丸腸のような脂身が。これがまったくクセなく、変な脂っぽさもなくグー。厚みのあるココロは、独特の弾力がたまらんわね。

e0173645_08551946.jpg

サクッと飲みでちょこっと食べた感じなんだけど、味、ボリューム感ともに満足満足。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:豚足のかどや
場所:大阪市浪速区難波中1-4-15 南松竹マンション1F
時間:11:00頃~22:00頃 火休
電話:06-6631-7956

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-05-27 11:03 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 17日

塚本の居酒屋「河村酒店」

JR塚本駅と阪神姫島駅のちょうど中間あたりかしら、立派な構えの野里住吉神社がある。JR塚本駅からは少し歩くんだけど、商店街を抜けて住宅街を歩き、路地を入ったところ。
で、石鳥居のところにくると・・・
あれ?駅からちょっと離れているのに、ここからまた反対方向に向かってアーケードの商店街があるじゃん。商店街を抜けると国道2号線にでて、その少し向こうには・・・あ、阪神姫島駅があるのか。

そのアーケードは、野里本町商店街
日曜日だというのに、いや、それとも日曜日だからなのか、ほぼシャッターな商店街がなんとも寂しい限りだ。
そんな中で、ぽつんと営業している酒屋を発見。これまた、表にかかる木製看板が渋い・・・「河村酒店」だ。

写真でもお分かりのように、
軒先・店内に酒が販売されている右横に、松竹梅の小さな暖簾。そう、これ角打ちだ。

e0173645_07333853.jpg
中に入ると、カウンターがあり6~7人ほどのキャパかしら。
カウンターには駄菓子屋の如く、乾き物が入ったプラスチック容器。

カウンターの中には、椅子に座ってテレビをみるおやっさん。
カウンターの中に冷蔵庫があって、冷えたアルコールに、ちょこっとつまみ的なものがあるかないかな感じだ。
e0173645_07334243.jpg
プラスチック容器の横に・・・
らっきょうと馬力が小分けになって置かれている。
じゃあ、瓶ビール中瓶に、らっきょうをもらおうかな~
e0173645_07334505.jpg
e0173645_07334777.jpg
客は他に2人。
テレビで相撲をやっていたので、全員の視線はテレビだったんだけど、C級呑兵衛は、奥にいる客の手元が気になっていた。
「・・・その、缶詰はどこにあるの?」

カウンターや冷蔵庫を見回す限り、缶詰がまったく見当たらない。そもそも、メニューも何もないから、自力で肴を探し出す術を見出さなければならないのだが。

あ!そっちか。
酒を販売しているほうに、缶詰も少し扱っていたのか。
すみません・・・お客さんの後ろを通らしていただいて、缶詰コーナーへ。ワンカップ酒の棚の下に、缶詰や落花生、みりん干しなどが並んでいる。
缶詰はどれも・・・230円かな。

e0173645_07335420.jpg
店のおやっさんに、これにしますね~っと見せながら、元のポジションに戻る。
キョクヨー「いわし味付生姜煮」をゲットだぜ。
骨まで食べられる柔らか煮。甘ったるくなりがちなところを生姜で締めてますな。

e0173645_07335702.jpg
静かな時間が流れる。
賑やかな店もいいけど、こうして、昼間に穏やかな空間でいられるのは嬉しいわね。しめて700円。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:河村酒店
場所:大阪市西淀川区野里1-7-19

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-05-17 23:26 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)