C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ

タグ:グルメ ( 1426 ) タグの人気記事


2018年 12月 09日

南森町のカレー「アジアンキッチン オオツカレー」

先日、南森町に出かけたんだけど、ランチにカレーを食べたいなぁと思い、お店を探したところ、ここにたどり着いた。
南森町交差点から梅田に向かって国道1号線を少し歩いたところ。
「アジアンキッチン オオツカレー」だ。
e0173645_07155592.jpg
疲れた体を癒す薬膳スパイスカレー、か。
そら食べな、疲れた体だから癒してもらおー(笑)
カウンター席に座ったんだけど、カウンターで6席、2人掛けテーブルが2というキャパ。

メニューを眺めながら・・・んー、やっぱり、この人気No.1の2種あいがけカレー(1000円)にしようかな。カレーは、A:ポークキーマの薬膳スパイスカレー、B:肉といろいろ野菜のグリーンカレー、C:今週のカレーの中から2種をチョイスできる。
この日の今週のカレーはポークビンダルー。
じゃあ、BとCのあいがけにしてみるか。
e0173645_07160628.jpg
「薬膳」というワードが、どうしても味に癖があるように捉えがちなんだけど、このお店では「医食同源」、つまり、バランスよく美味しいもんを食べて、みんな健康になろうというイメージだ。こ難しいことを考えるよりも、美味しいカレーが出てきて、それが身体にいいとなれば言うことないでしょ。

ポークビンダルーは、インド西海岸ゴアの料理で、バルサミコ酢で少し酸味を効かせた豚トマトカレーだ。お、なるほど、もっとミートな感じかと思ったら、見た目以上に酸味とトマトの爽やかさがきいてるね~、そのあとに来るヒリリも含めて美味い!
e0173645_07162400.jpg
もうひとつの肉といろいろ野菜のグリーンカレーは、シチューのような色合いをしているけど、ちゃんぽんなどを思わせる豚骨スープのような味わい。面白いなぁ~
e0173645_07162856.jpg
カレーには固めのライスが嬉しいんだけど、こちらのお店ではデフォルト玄米で、この日は岡山産アケボノ玄米(白米チョイスもできるよ)。しっかり噛み締めて・・・ウメー、カレーとも相性もばっちり。

カレーに添えられている副菜も毎日変わるようで、
この日は、岐阜産もやしと茨城産ほうれん草のオイスターソース炒め、インド産ひよこ豆の味噌スパイス炒め、茨城産キャベツと香川産水菜のナムルサラダ、北海道産玉葱のピクルス。できるだけ国産なこだわりの食材、そして、一つ一つ丁寧に作られているんだよね。一つ一つ味わいところなんだけど、ここは、カレー・ライスたちとまぜまぜしながら食べるのがどうにも美味いわけ。

あー、美味しかった。
「オオツカレー」だから、大津さんという人ががやっているのかと思ったら、大塚さんで、まさかの「カ」かぶりだった(笑)
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:アジアンキッチン オオツカレー
場所:大阪市北区西天満3-13-18 西天満クリスタルビル 1F
時間:11:00~22:00(20:30以降は売り切れ次第終了)日休
電話:06-6312-3222

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き


by nonbe-cclass | 2018-12-09 09:44 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 28日

天神橋筋六丁目のうどん「天六うどん」

おー、まじかー!
身体が冷えているのと肩のコリがひどくて、「なにわの湯」でも行ってゆっくり浸かろうかと思い、天神橋筋六丁目まで来たというのに、まさかのリニューアルに伴い休業かよ。

バキバキに心が折れて、しょんぼり駅に戻っていく途中、オラオラ看板が目に飛び込んできた。
「下品なくらいにダシが濃い!ダシで勝負!」
e0173645_07332768.jpg

立ち食いのうどん・そばのお店「天六うどん」だ。
ビジュアル的に警戒色な看板に、なかなか飲食で使わないワードを放り込んでるなぁ。「下品なくらい」もそうだけど、反対の面には「飽きがくるほど」だって。

ま、それよりもなによりも「きつね」のことを「けつね」といい、それをこれだけ前に出しているお店って、なかなか見ないよね。
e0173645_07332252.jpg
メニューは、かけうどん・そば(220円)から始まり、麺類や丼物の単品のほか、定食やセットも色々揃っている。注文はキャッシュオンスタイルで、商品が出てきた時点で支払いを済ませる。

けつね定食(460円)にしよー
e0173645_07333111.jpg
なるほど、確かにダシ濃いわ。
濃いというのは、おダシがしっかりしているという意味で、関東のダシのようにしょっぱい、塩味が強いということじゃあない。もちろん昆布もきいて、鰹の風味がぐっと主張してくる。
麺は、おなじみ茹で麺で柔らかいやつね。

おいおい、あげがごついな。
表面の半分を覆う大きさももちろんあるんだけど、厚さも他の店の倍はある。箸で持ち上げると、炊き込んだ甘い出汁がしっかり染み込んで、ずっしり重い・・・
かぶりつくと、しっかり甘めな味付けですな。確かにこれだけ大きいと、飽きが来るかも知れない(笑)

五目とり飯は、茶碗に盛り盛りっと。
鶏、ごぼう、人参・・・五目かどうか分からないけど、この炊き込みご飯も味付けがしっかりしていて美味しいな。
このセットで460円とはかなりお得感があるな。
e0173645_07333592.jpg

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:天六うどん
場所:大阪市北区天神橋7-2-13
時間:5:30~24:00 (祝は~23:00)
電話:06-6353-3686

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-11-28 07:51 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 25日

難波の洋食「ニューライト」

最寄駅は地下鉄なんば駅、
阪神高速1号線と道頓堀川が交差するあたりかしら。
ここのカレーを一度食べてみたいな~、と思ってやってきた。

「ニューライト」だ。
e0173645_07485673.jpg
「あーここだ、ここ。」
てくてく歩いて、店を見つけたまでは良かったんだけど、
いざ、店の前まで来ると、「おっーと、これは営業してるのか?」
・・・中の様子が全く見えないくらいに、ポスターやチラシで埋め尽くされている。

あ、でも、営業中のプレートが出てるな。
e0173645_07490430.jpg
外観だけ見ると、中はライブハウスにでもなってんじゃないかと思いながら、中に入ってみる。すると、一気に懐かしさ漂う昭和の洋食屋さんなんだなぁ。カウンター席が6、 4人掛けテーブルが3つ。
それでも、外観に負けず、店内の壁は全て著名人の色紙で埋め尽くされており、どんなけ有名店やねんという感じ。

入口付近のカウンター席に腰をかけて。
メニューがとても豊富。ハンバーグ、オムライス、スパゲッティなどの洋食がメインにありながら、親子丼や中華丼等の丼物、ラーメン、チャンポン、八宝菜など中華料理など何でもござれの定食屋さんだ。

そういう中、ここで食べたかったのがセイロンライス(500円)だ。
この店に来る人の多くが、これを注文するそうな。カレーライスはカレーライスであって、メニューとしては別物だ。

セイロンライスを注文しようとしたところ、店のお母さんから「プラス150円でカツのせもできますよ」とのことだったので、もれなくカツのせで。実をいうと、このカツのせまでが、セイロンライスを注文する人のデフォルトみたいなことになっているようだ。
e0173645_07490123.jpg
器といい料理のフォルムといい、洋食屋さんのカレーという感じがたまらんわね。生卵は、セイロンライスにはもれなく落とされる。

セイロンということで、カレーでもいわゆるシャバシャバ系ではあるんだけど、面白いのはカレーそのものはエスニックじゃなくて日本のカレーなんだよね。ルーは、デミグラスソースやラーメン用の鶏・豚骨スープを合わせたものだそう。甘味やコクがありながらも、なかなかスパイシーで美味い。
カツは駄菓子のような薄さなんだけど、衣が軽くてふわっとした食感が特徴的。妙に、このセイロンライスに合うじゃないかー

懐かしい気分になる美味しいカレーだったな。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ニューライト
場所:大阪市中央区西心斎橋2-16-13 宝泉ビル 1F
時間:11:00~21:00(L.O.20:30)祝日は~20:00(L.O.19:30) 不定休
電話:06-6211-0720

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-11-25 09:55 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 24日

なんばの居酒屋「初かすみ酒房」

「なんなんタウン」だと思っていたけど、もう10年程前には「NANBAなんなん」に名称が変わっていたのか・・・知らなんだ。
大阪ミナミ、南海難波駅に沿うように広がる地下街「NANBAなんなん」、この中にある「初かすみ酒房」にちょこっと立ち寄り。
江戸元禄創業の蔵元、奈良の久保本家酒造直営のお店だ。
e0173645_19365312.jpg
20人弱が座れるU字カウンターなんだけど、元気な店員さんと、楽しく飲んでいる客で活気があるねー
蔵元直営ではあるけど、ドリンクはビール、ハイボールや焼酎など一通り用意されている。ま、せっかくなので、ここでは蔵元のお酒を頂こうかな。
「初霞」純米吟醸(120ml 420円)。
e0173645_19365753.jpg
まろやかな口当たりで、山田錦を磨き50%にしたことで、上品であっさりとした味わい。とっても飲みやすくてうまい。

メニューだけど、
定番ものは、カウンターのところに貼り付けてあるんだけど、手頃な価格の肴がずらっと並んでいる。
これとは別に、初霞の名物や、旬のおすすめなどが用意されている。
e0173645_19370011.jpg
じゃあ、旬のおすすめから、造り三種盛り(680円)を発注。
まぐろ、あぶらめ、はまちを紅葉とともに。
e0173645_19371372.jpg
本物の紅葉があるのに、わざわざ、あしらいの大根まで紅葉しとりますよ。
造り美味いなー。
はまちの大振りカットは、脂のノリもほどほどに食べごたえ十分、あぶらめは歯ごたえよろしく、噛むほどに甘味が出てくる~
e0173645_19371657.jpg
もう一つ、秋茗荷甘酢漬け(300円)もいただこうかしら。
いい甘みで漬かってますなぁ。
茗荷食べ過ぎるとアホになるなんて話あるけど、実際はその逆で、生姜と同じように血行を良くしたり、血圧下げたりする効果があったり、食欲増進、消化を助けるなど色んな効果効能があるんだよね~
e0173645_19371991.jpg
お店のお姉さんに、「茗荷食べ過ぎてアホにならんようにせなな」と振られて、「いや大丈夫、これ以上アホならへんわ」てな感じで、やりとりなんかもしまして。

懐に優しいし、気軽に立ち寄れる雰囲気もばっちり。そりゃ人気店だよね。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:酒蔵BAR 初かすみ酒房
場所:大阪市中央区難波5 NAMBAなんなん11
時間:9:15~22:00
電話:06-6644-0303

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-11-24 10:16 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 23日

梅田の焼そば「焼そば専門 水卜」

この間、仕事で中之島に出たんだけど、
その帰り、サクッと夕食を食べて帰ることに。
大阪駅前ビルの地下なら何でもあるかとやってきたんだけど、前から気になっていた店の暖簾をくぐることにした。

「焼そば専門 水卜(みうら)」だ。
歩行通路とは暖簾だけで仕切られていて、オープンな感じ。
e0173645_07390689.jpg
壁面が鏡になっているので広い感じにみえるけど、コの字カウンターで10席もないこじんまりした空間なのね・・・
ご存知、ラーメンの「サバ6製麺所」と同じ会社が運営するお店なんだけど、「焼そば専門」というのが気になったのと、ソースや塩の焼そばの他に、麻婆焼そばというのがあって、これを食べてみたかったんだよね。

麻婆焼そばは、マイルドとパンチがチョイスできる。ここはパンチでいっとかんとな。あとは、ボリュームとして、並(750円)か大(850円)で選べる。今回は並でいただこうかな。

自家製麺を一つずつ茹で上げたものを炒めて作るので、少々お時間を。
しばらくして・・・きたきた。おいおい、美味そうやな。
あ、香りだけで、ちょいとむせそうな気配、これは麻辣がかなり期待できるな。
e0173645_07391149.jpg
カウンターには、からしマヨネーズや天かすをはじめ、色んな調味料がおいてあるので、チョイスした焼そばに合わせて楽しもう。
e0173645_07391545.jpg
さて、麻婆焼そばだけど、このままだと麻婆豆腐しか見えないので、ちょっと、混ぜてみようかな。ぷりっとした麺がお目見えだ。
e0173645_07391852.jpg
麻辣が効いとりますな。
麺をすすった時に、奥行きがある旨みある味わいなので、激辛という印象ではないんだけど、すすり方間違うと咳き込む系の鼻腔を刺激する辛味。山椒のしびれの方が、結構攻めて来るかもね。
気持ち太めの麺は、結構もちもちした感じで美味し。ぷりんとした弾力なので、あまり麻婆と絡まないのかと思ったら、しっかり絡むんですなぁ。なかなかの麻辣なんだんけど、麺はしっかりすすらなきゃいけないぞ。

この日、実は昼飯に京橋で陳麻婆豆腐の定食を食べてたんだよね。
それでも、全然別もんだわ。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:焼きそば専門 水ト 大阪駅前第2ビル店
場所:大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル B2F
時間:11:00~15:00、17:00~22:00 日休
電話:06-6347-5410

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-11-23 11:43 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 14日

梅田の居酒屋「居酒屋 大ざわ」

ホント、大阪梅田「ホワイティうめだ」って、朝から・昼から飲める店があるから助かるわね。
先日の話。野暮用で大阪梅田に出て、休憩がてら、「大ざわ」に立ち寄ることにした。相変わらずの人気店で、賑やかいことになっている。魚介と旬のものが楽しめるのがいいんだよね。

ここにくると、本マグロが良かったりするんだけど、今回は、おすすめのカツオ叩き(650円)をもらおうかな。さっぱりなんだけど、もちっとした食感があり、カツオそのものの味が濃い感じがする~
e0173645_10490974.jpg
紅ショウガ天ぷら(380円)をもらおうかな。
串かつではマストアイテムの紅しょうがなだけど、天ぷらで食べるの久々な気がする。隣にお父さんが一人飲んでいたんだけど、紅ショウガ天ぷらを注文した時に、「紅ショウガ天ぷら好きやけど、一人やから注文したら多いねん」とこぼしたので、一つおすそ分けしたら、逆にビールご馳走になっちゃった。ホント、申し訳ないわー
ふわっとした衣にひりりな紅しょうが、やっぱりうまいよね。
e0173645_10491452.jpg
貝王としては、貝も食べとこうかな。
ムール貝バター焼き(500円)は、占地を入れて。そういや、しめじを漢字で書いているメニューってあまり見かけないよな(笑)
あ、焼きとはあるけど、濃厚そうなスープに浸って出てきたぞ。あー、ウメー。
ムール貝の風味がよく出てるし、このバターのコクが絶妙やな。
e0173645_10491689.jpg
ホント、今回はちょこっと立ち寄りということで。
ショッピングなどで、梅田に出た際はぜひ~

2016年の「居酒屋 大わざ」を書いたブログはこちら。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:居酒屋 大ざわ
場所:大阪市北区角田町 うめだ地下街2-3
時間:9:30~22:30(L.O.21:50)ホワイティうめだ休館日休
電話:06-6312-3244

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-11-14 07:49 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 12日

石橋の居酒屋「かさ家」 oishii

先月のこと。
確か、「石橋バル」やっている時だったかな・・・外でご飯食べることになったんだけど、バルで騒がしいことになっている店は避けたかったので、こういう時の石橋「かさ家」は有難い。
・・・ま、バルに参加していないとはいっても、そもそも人気店なんだよね。店内に入ると、あ・・・満員御礼じゃないか。「少し待ってもらったら」ということで、席が空くのかな~と思っていたら、2階へと案内された。

喉渇いた~、角ハイボール(400円)をもらって、と。
つき出しは、さんまの煮付け。
e0173645_19333901.jpg
寿司含めて魚介メニューが充実しているから、まずはお造りいっとかないとなぁ。
盛合わせはおまかせで、1~2人前で1580円から、3~4人前で3200円から。
写真は3人前で盛り合わせ(3000円)てもらったもので、本マグロ、生ダコ、ブリ、ヒラメ(エンガワもね)、トロサーモン、甘エビの7種。
ヒラメの質感と、脂ののったブリが特に美味し。
e0173645_19411081.jpg
アルミホイルに包まれて出てきた、鯛と玉ねぎのホイル焼(600円)。
玉ねぎと一緒に、しめじも入ってますな。鯛の身がいい塩梅でホクホクだ。玉ねぎの甘味がよく出てるわー
e0173645_22073321.jpg
小海老の唐揚げ(580円)。
ついつい、口の中にポイッと放り込んでしまうスナック菓子のような、軽快なサクッと衣と、エビの香ばしいのがたまらんわね。小海老そのものも濃厚な甘味がある。
e0173645_22105644.jpg
黒糖焼酎「れんと」(430円)を発注。
e0173645_22112935.jpg
するめいかの漁師焼(620円)。
いか王なのに、久々にするめいかを食べる気がする。最近、スーパーでもいかを販売しているのを見かけることがないんだよなぁ。
わたも一緒に炊き込んでいただくので、コクがあって美味し。白ネギもいいアクセントだわ。
e0173645_22113705.jpg
鳥料理もいっとくか。
せせりのポン酢(520円)。香ばしく焼き上げてあるのと、せせりそのものの食感が適度な弾力でグー。ポン酢なしの、そのままで十分美味い。
e0173645_22114316.jpg
チーズとミートが濃厚な、秋なすのミートグラタン(620円)。
しっかりとした味は欲しいんだけど、ベースが茄子というところが、がっつりどっしりとまで来なくていいんだよね。
e0173645_22114697.jpg
もう、十三店がオープンしている(肉と魚の鉄板酒場「かさ家」)ところは、実際にこの目でも確認済。
石橋発十三への出店っていくつかのお店であるよね~、どれもぜひ繁盛して欲しいですな。
e0173645_22142665.jpg
あー食べた食べた。
今度は、十三のお店にも行ってみないとなー
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:かさ家
場所:池田市石橋2-2-3
時間:17:00~23:30(L.O.23:00) 日祝は~22:30(L.O.22:00)月休
電話:072-762-8664

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-11-12 22:52 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 10日

十三の居酒屋「家庭料理 うさぎ」

そうかぁ、満15年になるのかー・・・
ここのところ何かと慌ただしい仕事の日々、そんな職場に1通の葉書が届いた。
十三の「家庭料理 うさぎ」からだ。
へ~周年記念で催しをするのか。いいねーと思いながらも、あまりじっくり読む時間もなく、すぐに仕事へ戻っていた。
で、昨日金曜日、「そうだ。うさぎ行ってみるか」と仕事を早いこと切り上げて十三へ向かう・・・移動しながら葉書を見返すと、「あ・・・催し木曜日までやないか。」、まぁいいや、イベント後の落ち着いたところで返っていいかも。

所々では来ているんだけど、ブログを辿ってみると随分と前に取り上げたままだな・・・じゃあ、今回は改めて紹介しようかな。

イベント後とは思えない、相変わらずの繁盛ぶり。
末席におじゃまさせてもらいます~

「付きだしは?」と聞かれ、「くださいー」
その日の一品料理から、3種チョイスで小鉢に入れてもらう。今回は、ピーマン肉詰、きんぴらごぼうに、イワシ梅煮だ。一品料理がどれも美味しくて、この付きだしだけでもだいぶと飲めるよ。
酒の肴は、日よって内容が変わると思うけど、単品だと400円くらいから1500円くらいまでかな。刺身や魚料理、このお店自慢の家庭料理やおすすめの一品料理が並ぶ。
e0173645_08083582.jpg
そして、このお店は地酒専門店、
こだわりの美味しいお酒が色々と楽しめるんだよね。

喉渇いちゃって最初だけ生ビールにしたんだけど、すぐ地酒に切り替え。
さっぱりしたお酒から始めるのもいいけど・・・この日の気分は、お米の旨みが欲しいなぁと思い、ご主人にお願いしてみる。

見たことないラベルが出てきましたなぁ。
「え?これ「紀土」?」
海南の平和酒造「紀土」29BY 純米酒 あがらの生原酒(700円)。
あがらシリーズは、自社田の山田錦を使っている地元感満載のお酒。その生原酒特別バージョンなんてあったんだぁ。
e0173645_08085584.jpg
「!」
これ、生原酒!?
口に含むと辛味がさっとやってくるんだけど、口当たりがとってもまろやかで米の香り旨みがしっかり残る美味い酒。生原酒だと、もっとクセがあったりするのかなと思ったけど全然。こりゃ美味い。

あ、お造りきたきた。
本日のおすすめ刺身から、盛り合わせ(1500円~)を。
e0173645_08091906.jpg
写真上から時計回りに、
生天身マグロ、シマアジ、ブリ(腹)、フグに鯛の5種。
相変わらず、フグのコリコリ感はたまりませんなぁ。マグロの天身はとっても滑らか、ブリ腹身はもー脂がノリノリだ。満足度の高い盛り合わせだわー

お次の酒は、
久美浜の木下酒造から「玉川」自然仕込 純米(山廃)ビンテージ(700円)。
ラベルにも「2012BY」とあるけど、自然仕込の純米酒を3年以上熟成させた古酒。グラスに注がれると、澄み切った黄金色がきれい。
e0173645_08093136.jpg
「!」
酒飲むたびにびっくりしてたら心臓持たないけど、おいおいこの古酒、どんなけクリアやねん(笑)、古酒というと独特の味わいになるので、とっつきにくい感があったりするんだけど、これは違うわ。どこまで飲み進めても爽やか。燗にしてもくずれないんだって。

燗酒にこだわったラインナップもあり、
いま飲んだ「玉川」ビンテージと飲み比べな感じで、長龍酒造「ふた穂」純米吟醸生もとを燗で。雄町を使った2009年醸造の古酒で、お店では燗専用として出している。
e0173645_08093936.jpg
おー、これも古酒に思えんなー。「玉川」に比べ、少しひりりが主張してくる違いはあれど、このクリアな味わいがたまりませんなぁ。
「少しひりりが」とは書いたけど、実は、熱燗からぬる燗くらいになってくると、その辛味が一気に引いて、角のない柔らかい口当たりに変化する。

「ふた穂」に合う肴として、河内鴨(1500円)を。
ツムラの鴨で、ロース・ササミ・ズリ・肝の盛り合わせになっている。特に、肝のあっさりながらの滑らかさと、ロースの質感と噛むほどに滋味広がる味わいがたまらんわね。
e0173645_10113513.jpg
e0173645_08094808.jpg
あー、久々に来たけど、やっぱりいいお店。
酒と料理が美味しいのはもちろんなんだけど、ここに来るたびに、なんか「ただいまー」と心の中で言ってる気がする。お客さん同士も和気藹々で、ほっこりした時間が過ごせるのがいいな。

2014年当時の「家庭料理うさぎ」のブログはこちら
2011年当時の「家庭料理うさぎ」のブログはこちら

気になる人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:家庭料理 うさぎ
場所:大阪市淀川区十三東3-27-22
営業:18:00~22:30 土日祝休
電話:06-6309-0321

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-11-10 10:32 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 08日

梅田のうどん「うどん屋 きすけ」 oishii

何度か店の前を通ってるけど、いっつも行列が出来ているよなぁ。
それが先日、昼間の中途半端な時間に通ったところ、ちょっと待てば入れそうな雰囲気じゃないか。いま、昼食をとってきたところだとはいえ、これは入らないわけにはいかない。

阪急梅田と地下鉄中崎町の間くらいになるかな、MBS毎日放送から新御堂筋をくぐってその先右手。
讃岐うどんの名店、「うどん屋きすけ」だ。
e0173645_07552856.jpg
e0173645_07553175.jpg
茹でる時間もあるんだろうね、並んでいる間に注文を聞かれる。
ぶっかけがメインのようだな・・・なんといっても食後の食事になるから、色んなものがモリモリ入っているのは困るな(笑)
極めてシンプルに、生じょうゆうどん(680円)にしよう。あと、トッピングとして鯛ちくわの天ぷら(うどん注文の場合160円)をつけようかな。

テーブル席に腰をかけてしばし・・・
あ、きたきた。
e0173645_07553490.jpg
わ、うどんに対して鯛ちくわの天ぷら大きいなぁ。
衣が軽く、カリッサクッ。甘さがあって、ちくわの弾力ももちろんなんだけど、風味がいいなー
e0173645_07553901.jpg
そして、おうどん。
嬉しいことに、これ見た目よりなかなかのボリュームなんだよね~
おっ、粉な風味がグッとくる。噛みしめると、もちもちもち・・・ベタっとしているわけではなくて、いい塩梅のこしと弾力が絶妙。そこに来て、表面はツルツルっと喉ごしがいいもんだから、ついつい、夢中ですすってしまう。
e0173645_07554293.jpg
ペロッと食べちゃった。大盛りでも良かったな(そりゃ食べ過ぎか)。
いつ来ても行列はできているんだろうけど、また来よう。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:うどん屋 きすけ
場所:大阪市北区鶴野町4-1 コープ野村梅田A棟1F
時間:12:00~21:00(L.O.20:30)火・毎月最後の月休
電話:06-6375-5656

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-11-08 07:43 | 食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 02日

十三の居酒屋「ゆきや」 oishii

久しぶりに来たなぁ。
阪急十三、国道176号線十三交差点から少し北の路地に入ったところ。
「ゆきや」だ。

以前はよく行ってたけど、少し足が遠のいていたな。
というのも、昔と違っていまは営業時間がえらい短いんだよな。仕事帰りだとちょっと慌ただしい感じになっちゃうんだよね。
今回は19時半にやってきた。
確か、店のおかあさんが宮古島出身だったかと思うんだけど、沖縄料理を中心に豊富なメニューで眺めているだけでもワクワクする。
e0173645_22283893.jpg
この店はやはり、酒の充実ぶりを語らないわけにはいかない。日本酒も焼酎もあるんだけど、冷蔵庫や棚に貼られた短冊メニューは圧巻。ないものがないんじゃないかってくらい(笑)
いま扱っているかどうか分からないけど、それこそ昔は、ヤクのミルク焼酎等海外ものや奇抜系も含め色々飲んだぞ。その時のブログはこちら
e0173645_22285349.jpg
もともと、それほど時間もなかったし、お店もこういうスタイルにしているのか分からないけど、とりあえずのおまかせということで、いくつか料理を出してもらうことに。山くらげ、牛すじ煮込み、小芋ちゃんの煮っころがしに、山菜の和物。注文したいものの前に、付きだし的な感じで出てくるんだけど、結構ボリュームあるんだよね(写真は4人前)。
お野菜たっぷりで、身体に良さそうなものばかりだ。しかも、どれも美味いときた。
e0173645_22294957.jpg


e0173645_22295896.jpg


e0173645_22300028.jpg


e0173645_22294263.jpg

飲んだことがない酒を飲むのも一興、でも今回は、こういう充実ぶりだからこその、久しぶりに飲みたい酒を飲むことにしよう。

まずは、麦焼酎「釈云麦」(550円)を。
飲みたいなぁと思っても、なかなかないんだよね~
相変わらず、ラベルの梵字がなかなかいかついぜ。黒麹も使って、麦の香ばしさが際立つ一杯。
e0173645_22302720.jpg
このお好み焼きのようなものは、焼き納豆(550円)だ。
納豆を生地にしてお好み焼きにしたようなもので、ネギと卵を合わせて焼き上げてある。これがふわっふわで美味し。納豆の風味はあるものの、ベタベタした感じは全くないぞ。
e0173645_22304294.jpg
あー、このメニューまだあった~
モズクとひじきのかきあげ(650円)。もずくを使うところも沖縄料理っぽいよね。このかき揚げ、そもそもサクサクなところに、たっぷりの大根おろしとだしに浸していただく。くーっ、ウメー
e0173645_22305026.jpg
種子島酒造の「久耀」(550円)。
お芋さんの焼酎で、甕仕込みの原酒(古酒)に新酒をブレンドした酒なんだけど、これ、結構いもいもな風味がたまらないんだよね~
e0173645_22305995.jpg
鮭ハラス塩焼(400円)をつまみながらの・・・
e0173645_22310683.jpg
吉永酒造、その名は「甑州(そしゅう)」(600円)。
「甑」って、鹿児島にある島、甑島(こしきじま)のことで、そんなに生産量が多くないのか、あまり見かけないんだよね。でも、このバキッと決まった文字に惹かれるんだよね~
こちらも芋焼酎で、黄金千貫を原料にした甕仕込みのお酒。やっぱり、この口の中に広がる甘み、香りが素晴らしい~
e0173645_22311496.jpg
飲み出すと食べ出だしてしまうんだよね・・・
ここにきて、羽曳野限定モモハムのカルパッチョ(700円)。大きくスライスされたモモハムが、あっさり柔らかくてグー
e0173645_22312203.jpg
はい、1時間でラストオーダーきましたよ。
短い時間だったけど、内容濃くたっぷり飲み食いしたぞー

気になる人は是非!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ゆきや
場所:大阪市淀川区十三本町2-1-10
時間:18:00~21:00(L.O.20:30)日祝休
電話:06-6301-4953

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き


by nonbe-cclass | 2018-11-02 07:48 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)