人気ブログランキング |

C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ
2020年 01月 09日

庄内の居酒屋「立ち呑み処 筍」

阪急庄内駅西側を線路に沿って、北に少し歩いたところ。色んなお店が軒を連ね、そろそろお店が途切れるかなというところ。
電車の車窓からも見える立ち飲みのお店、「立ち呑み処 筍」だ。気さくでキュートな女将さんが切り盛りをしている。
庄内の居酒屋「立ち呑み処 筍」_e0173645_07310441.jpg
2020年は1月6日から年始営業スタートということで、その次の日に訪れたんだけど、最初にふるまい酒を出していただきまして。
庄内の居酒屋「立ち呑み処 筍」_e0173645_07312201.jpg
肴は、お造り、おでんや珍味など概ね500円前後で色々と。特に、手作り料理が美味しいんだよね~。
出出し何にしようか井之頭五郎なみに悩みそうであれば、まずはおつかれセット(700円)がおすすめ。ワンドリンクに、日替わり一品と冷奴or温奴のセットだ。この日の一品は、手作りこんにゃくのマーボー風、もしくは、スルメイカと無農薬ねぎの肝バター醤油炒めのチョイス。イカ王としては後者を選ばざるを得ない。
庄内の居酒屋「立ち呑み処 筍」_e0173645_07313066.jpg
あ、これ正解。
そもそも肝和えの段階で、イカも「全部使ってもらって有難うございますーっ」と言わんばかりに、コクある味わいを全力で醸し出してくれる。これにさらにバターを加えることで、濃厚でコク倍増な一品に。イカは柔らかいし、調味料加減が絶妙で美味し。

豆腐は冷奴でもらおうかな。しっかり目の豆腐も食べ応えがあっていい。
庄内の居酒屋「立ち呑み処 筍」_e0173645_07313484.jpg
この後、予定があるからゆっくりする時間が全然ないんだけど、ナマコ(450円)は発注するぞ。
庄内の居酒屋「立ち呑み処 筍」_e0173645_07315288.jpg
年末に正月用の肴を買いに豊南市場に行っていながら、まさかの買い忘れ…豊南市場直営部分が閉店したことが完全に頭から飛んでいたので、プチ衝撃で頭がそっちいっちゃってたのね・・・なので、久しぶりのナマコなんだよね。
く〜、こりこりでウメー。

しょっちゅう訪れているわけではないんだけれど、毎回、お店のアットホームさに驚かされる。お客さんもいい人ばかりだし、とっても居心地がいいんだよね~
気になる人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:立ち呑み処 筍
場所:豊中市庄内西町1-1-7
時間:17:30~23:00(L.O.21:30)日、第3木休
電話:06-6336-7772

【C級呑兵衛SNS】facebookinstagamtwitter

# by nonbe-cclass | 2020-01-09 22:45 | 庄内 居酒屋 | Comments(0)
2020年 01月 08日

庄内のライブバー「庄内Blues&Live Bar LOOSE」

こりゃお詫び行脚だな…

阪急庄内駅西側の道を駅から北に歩き、ジャンカラを左に折れて少し。周囲が暗い中に明かりが灯る。
ライブバー「庄内Blues&Live Bar LOOSE」にやってきた。渋い扉を開けて階段を下りると、そうそう、この雰囲気がやっぱりいいんだよなぁ。
庄内のライブバー「庄内Blues&Live Bar LOOSE」_e0173645_07492433.jpg
実は数年前、ここに来たことがあるんだよね。その時は、石橋での食事会に誘われスナックでハシゴまでした後に、「庄内でライブやっているから今からなら間に合うので行きませんか?」と。で、行くわね。ライブそっちのけでどんちゃん騒ぎなもんだから、多方面から注意されるという始末。もーべろんべろん・・・

その時とても楽しかったのもあるし、このお店の雰囲気がとても良かったので、再訪を誓ったものの・・・なかなか行けずで。
今回、お店は閉めちゃったけど、石橋「らんぷ亭」のマスターがライブに出演するという情報を得たので、こりゃチャンス!とやってきたわけ。
庄内のライブバー「庄内Blues&Live Bar LOOSE」_e0173645_07492653.jpg

カウンターと、丸テーブルが4つほどあり、どうだろう…20人くらいが座ると結構いっぱいな感じかしら。オーダーは、キャッシュオンシステムだ。ドリンクは600円から。まずは生ビールをいただこうかしら。

この日は「AKIYAN KANREKI LIVE」。あきやんフレンズとして3匹のおっさん and moreな出演によるライブが満員御礼な中で、ゆるゆると始まっていく。

庄内のライブバー「庄内Blues&Live Bar LOOSE」_e0173645_07492800.jpg
ブルースではなく、高田みずえ『そんな男に騙されて』で始まったぞ。2人の女性ヴォーカルが交代で、美空ひばり『真っ赤な太陽』に続き、MISIA『キスして抱きしめて』や欧陽菲菲の『ラヴ・イズ・オーヴァー』などなど。
メインのあきやんのキャラクターもあるからなのか、終始和やかな雰囲気とお客さんも温かい。

ハイボールは角で。
アテにチャーム(100円~)を・・・あ、さきいかにしよー
庄内のライブバー「庄内Blues&Live Bar LOOSE」_e0173645_07493265.jpg
最後までいることは出来なかったんだけど、お店のマスターにもお詫び方々、簡単に挨拶だけさせてもらってお店を出ることに。

ライブがない時も、バーとして営業はしているよ。また、来なきゃ。
気になる人はぜひぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:庄内Blues&Live Bar LOOSE
場所:豊中市庄内西町2-7-31 B1
時間:20:00〜26:00
電話:06-6331-3641

【C級呑兵衛SNS】facebookinstagamtwitter


# by nonbe-cclass | 2020-01-08 21:41 | 庄内 居酒屋 | Comments(0)
2020年 01月 08日

清荒神のカレー「荒神カレー」

阪急清荒神駅前でのお話。
清荒神清澄寺への参拝にはちょいちょい来るんだけど、食事という点では、参道の食堂でうどんをすするか、参拝後におでんを肴に一杯飲みかくらいなもんで、それ以外のものにあまり気が回っていなかったな。

駅北口を出て、参道の入口・・・少し踏切寄りあたり。
「荒神カレー」
清荒神のカレー「荒神カレー」_e0173645_22221675.jpg
んー、この構え。
喫茶店のような雰囲気を醸し出しているが、「喫茶店でカレーライスもある」というスタンスではなさそうだな。やはり、カレーのお店のようだ。店先のプレートに書かれた荒神カレーが「1皿」という表現に妙に惹かれて入ってみることにした。

中に入ると、2人掛けのテーブルが2つ、カウンター的なテーブルと簡易椅子で2名、後は奥に、壁に向かった1名テーブル。先客が2名いて、C級呑兵衛は一番奥の、壁に向かった1名テーブルに案内される。
店先のプレートに書かれていた数量限定というのが気になっていたので、席に着きながら「カレーまだありますか?」と尋ねたところ、「はい、大丈夫です。カレーは1種類になりますがよろしいですか?」。
ほぉー、カレー専門店で、かつ、数量限定の荒神カレー1種だけのお店ではないのかー。

荒神カレー(1皿700円)。
清荒神のカレー「荒神カレー」_e0173645_22222201.jpg
お正月ということで、割り箸袋が折り鶴仕立てに・・・
小鉢も黒豆となますでございます。
清荒神のカレー「荒神カレー」_e0173645_22224268.jpg
清荒神のカレー「荒神カレー」_e0173645_22225087.jpg
ん?このちっちゃい重箱はなんだ?
清荒神のカレー「荒神カレー」_e0173645_22225870.jpg
あ、らっきょうと福神漬けか。何だか嬉しい演出。
清荒神のカレー「荒神カレー」_e0173645_22230122.jpg
米は玄米で、少しニンニクチップがのっている。
カレーはライスとは別器に入っているので、どっちをどっちにもってきてもいいみたいなので、好きなように食べよう。
このカレー、具が何も入っていない・・・が、かなりもったりした粘度なので、野菜などを結構煮込んでいるのではないかと。甘みがほどよく、後からひりりがやってくるので、スパイスにもこだわりがありそうだ。
これ、見た目シンプルだけど美味いなー

聞いたところ、お店は土日のみの営業なんだって。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:荒神カレー
場所:宝塚市清荒神1-12-23
時間:11:30~売切次第終了 土日のみ営業
電話:0797-86-5596

【C級呑兵衛SNS】facebookinstagamtwitter


# by nonbe-cclass | 2020-01-08 07:17 | 食べ歩き(その他) | Comments(0)