人気ブログランキング |

C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2019年 12月 30日

蛍池の牡蠣とシーフード料理「Oyster house Kai」

そうそう、夜に来たことなかったんだよなぁ。
阪急蛍池にある牡蠣とシーフード料理「Oyster house Kai」に久しぶりにやってきた。ランチで美味しいのは分かっていたんだけど、夜はなかなか来る機会がなかったんだよね。駅前を国道176号線にでて、交番前交差点を渡ったところにある。

蛍池の牡蠣とシーフード料理「Oyster house Kai」_e0173645_23242439.jpg
強炭酸ジムビールハイボール(420円)をもらいまして。
お通し(300円)には、枝豆ガーリック。

蛍池の牡蠣とシーフード料理「Oyster house Kai」_e0173645_23244831.jpg
さて、牡蠣は食べるんだけど・・・まずは前菜な感じで食べるか。
限定10個とある生牡蠣&イクラ(1個580円)を。これイクラの味が結構濃いので、最初牡蠣の味消してるやんと思ったんだけど、牡蠣の味がしっかりしているので、後半はやっぱり牡蠣の口に。あっさりした牡蠣だと成立しないかもなぁ、このバランスすげー。牡蠣は室津産だ。

蛍池の牡蠣とシーフード料理「Oyster house Kai」_e0173645_23245799.jpg
天使の海老とブロッコリーのアヒージョ(980円)。
大ぶりな天使の海老が3尾入って、ぐっつぐつに煮立ったアヒージョパンが出てきた。いい塩梅でガーリックがきいて美味し。天使の海老もぷりっとウマウマだ。アヒージョにはバケットも付いてくる。バケットは1枚単位(60円)で追加できるのも嬉しい。

蛍池の牡蠣とシーフード料理「Oyster house Kai」_e0173645_23250446.jpg
さて、これ食べとこうかな。
オマール海老&シーフードバケツ(S:2580円)を。
2人前後だとSサイズで。ハーフオマール海老、大ハマグリ、ホタテ、赤海老、宮島ムール貝、牡蠣、玉ねぎ、とうもろこしが入っている。

蛍池の牡蠣とシーフード料理「Oyster house Kai」_e0173645_23251332.jpg
バケツの魚介をいただくにあたり、トングやオイスターナイフ、2種類のディップとレモンが用意されている。これらが木製のプレートに乗ってやってくるので、食べるときは、このプレートに魚介を広げる。ディップは、サルサソースな感じのものと、オーロラソースのような少し酸味のあるものと。
魚介なパーティバーレルなので、ここはワシワシ豪快にいただこう。
蛍池の牡蠣とシーフード料理「Oyster house Kai」_e0173645_23251572.jpg
白ワインを。
レ・サンク・ヴァレー白(グラス450円)を。ぴりっと辛味のある爽やかな白。

蛍池の牡蠣とシーフード料理「Oyster house Kai」_e0173645_23253636.jpg
さ、やはり生牡蠣は食べとかなあかんな。ま、冒頭に前菜で食べてるけどね。
その日の美味い牡蠣ということで、「本日の生牡蠣メニュー」なるものが用意されている。今回は、岩手県赤崎産、広島県安芸津産、兵庫県室津産の3種の真牡蠣。
この生牡蠣3種盛り合わせ(1320円)をいただこう。

蛍池の牡蠣とシーフード料理「Oyster house Kai」_e0173645_23254358.jpg

食べる順番として、安芸津産、赤崎産、そして室津産としたんだけど、結果的に正解だったかも。丸牡蠣な安芸津産は、透明感のある身で一番あっさりしている。これ・・・なんぼでも食べれるやつやわ。そして赤崎産、三陸沖で生牡蠣の聖地ですな。身が大きく味がしっかりしてるわー、うまい。最後の室津産、毎年色んなお店で結構お世話になる牡蠣だけど・・・おー、この中では一番味が濃くクリーミーさもあるね。


魚介堪能ー、美味しい生牡蠣も食べれたので満足満足。

気になる人は是非~


2017年11月のブログはこちら


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:Oyster house Kai
場所:豊中市蛍池東町1-6-8 リバーサイドビル1F
時間:11:30〜15:00(L.O14:30)、17:00〜23:00(L.O22:30) 水休
電話:06-6858-8677

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2019-12-30 14:21 | 蛍池 居酒屋 | Comments(0)
2019年 12月 28日

京橋の居酒屋「う頂天」

大阪は京橋のお話。
京阪京橋駅を高架沿いに西へてくてく。高架下も京阪電鉄系の商業施設が入っているんだけど、その中のKぶらっとにある「う頂天」。
鰻料理が楽しめるお店…なんだけど、この暖簾・・・暖簾くぐるまでにすでに何でもありそうな雰囲気満載(笑)
「昼から飲めるって素敵やん」、ごもっとも。
京橋の居酒屋「う頂天」_e0173645_07270230.jpg
鰻とはいえ、割烹でもなく小料理屋でもない。みんなでわいわいやる感じの開放的で明るい居酒屋空間だ。

まずはビールを。
サントリー・ザ・プレミアム・モルツ香るエール樽生(490円)だ。ジョッキに書かれた蘊蓄がいちいちうるさい(笑)
京橋の居酒屋「う頂天」_e0173645_07271934.jpg
箸や小皿の準備にかかる段で、「箸にクジがついているので好きなの引いてください」…ほー、あ、大吉!・・・え?超大吉でないとダメなの?大吉も3枚集めれば指定のドリンクに変えられるのか。出出しからの、みんなでワイワイアイテムだな。
京橋の居酒屋「う頂天」_e0173645_07272675.jpg
つきだしのホルモン煮込み。
あら、柔らかいし味付けがほどよく美味しいな。
京橋の居酒屋「う頂天」_e0173645_07283159.jpg
ちょっと、すぐつまめるもので高菜枝豆(200円)。
ありゃ、これピリ辛も手伝っていい酒の肴になるわー
京橋の居酒屋「う頂天」_e0173645_07283802.jpg
鰻の店やーって言ってるのに・・・ま、鰻は食べるんだけど、先に蹴飛ばしを。桜刺し(500円)、もっちりとした食感がかなり馬し、いや美味し。
京橋の居酒屋「う頂天」_e0173645_07284432.jpg
そして、秘技 鰻の蒲の穂焼き(390円)を。
蒲の穂焼きって、鰻の食べ方として一番古いんじゃないかしら。単純に鰻をまるまる串に刺して焼くスタイルは古代からあるからね。筒切り鰻串ということで、この店としては骨を抜いた状態で提供される。
京橋の居酒屋「う頂天」_e0173645_07285160.jpg
塩か魚醤かを選べるんだけど、まずは塩で。外はカリッ、中の身が肉厚だからふっかふか。これはずっともぐもぐしときたいアイテムだな。うまい。魚醤の方は、出てきた時の香りがなかなかのものだが、相性は魚同士なのでもちろん良くて、塩よりもコクというか味に奥行きが出る。

刺身5種盛り(780円)。
この日はボタン海老、金目鯛、まぐろ、平アジ、ひらめ。1人前の造り盛りとしては、嬉しいラインナップだ。
京橋の居酒屋「う頂天」_e0173645_09035476.jpg
鰻バター(330円)。
最初に鰻串がやってきて、ちょっとそのまま待ってて下さい…ん、なんだ筒みたいなのを持ってきたぞ。あ、心太みたいに、にゅーっとバターが出てきた。チーズみたいな演出だな。
お!美味い。バターのオイリーさとコクが鰻に合いますなぁ。
京橋の居酒屋「う頂天」_e0173645_07290627.jpg
箸休めに牛タンポテサラ(400円)。
ハムではなく牛タンがコロコロ入ったサラダがマウンテンなことになっている。
京橋の居酒屋「う頂天」_e0173645_07291258.jpg
鰻のためのハイボール(490円)って何や?
ちょっと甘い感じですなぁ・・・アップルバーボンのハイボールか。それにしても、ジョッキの蘊蓄がいちいちうるさい(笑)
京橋の居酒屋「う頂天」_e0173645_07291747.jpg
柔らかすぎる茹で牛タン(590円)は、その通り、牛タンがほろほろとほぐれる煮込み料理。焼肉と違って、こうするとあっさりいただけるもんなんですなぁ。
京橋の居酒屋「う頂天」_e0173645_07292633.jpg
それにしても、この樽仕掛けなサーバーはなんじゃらほい・・・え?「みむろ杉」なの?じゃあじゃあ、それを。生サーバーから搾りたて地酒、奈良今西酒造「みむろ杉」(890円)を。あたりがやわらかく、ふわっと旨みが口の中に広がる。後味もさっぱりでとっても飲みやすいお酒だ。
これきっかけで、「仙禽」モダン無垢、「九頭龍」純米、「超王禄」純米、「一歩己」純米原酒、「田酒」特別純米、「七本槍」純米玉栄と日本酒炸裂。日本酒はさっきのサーバーは除いて半合390円、1合690円だ。
京橋の居酒屋「う頂天」_e0173645_07293381.jpg
鶏から揚げ(440円)・・・これまた、ごついので出てくるなぁ。この衣、油キレキレでザックザクの軽快食感が楽しめる。鶏身もジューシー~
京橋の居酒屋「う頂天」_e0173645_07294089.jpg
うな肝チーズどて煮(490円)。
見た目タンシチューのようで洋もの感が漂うけど、しっかり赤味噌のこってり濃厚な味わい。
京橋の居酒屋「う頂天」_e0173645_07294868.jpg
あ、牡蠣もあるじゃん。
カキ玉和ヒージョ(649円)。激熱の牡蠣をお見舞いされるけど、やっぱりウメーな。
京橋の居酒屋「う頂天」_e0173645_07300639.jpg
食べた食べた。
鰻以外にもバリエーション豊富なメニューがあるのがいいね。
みんなでわいわいどうぞ。土日は昼飲みどころか朝飲みもできるぞ。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:う頂天
場所:大阪市都島区東野田町1-5-1
時間:10:30~14:30、17:00~23:00(L.O.23:00)
   土は10:30~23:30(L.O.23:00)
   日祝は10:30~23:00(L.O.22:30)
電話:06-4397-3993

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!


by nonbe-cclass | 2019-12-28 10:41 | 京橋 居酒屋 | Comments(0)
2019年 12月 25日

梅田の居酒屋「ビアスタンドモルト」

ここ最近ものが見えづらいので、そろそろ老眼かーと思い、ちょっと測定がてらメガネを買いに、仕事帰り阪急三番街へやって来た。ま、結果的に老眼じゃなく、単純に視力が落ちて、度が合っていなかったというオチだったんだけど、メガネが仕上がるまでの間、20分程度の待ち時間があるので、大急ぎでサクッと飲めるところを探す。

住所としては阪急三番街南館なんだけど、場所は紀伊國屋書店の横、道路をはさんだ向こう側にある地蔵横丁。ここにある「ビアスタンドモルト」にやってきた。
梅田の居酒屋「ビアスタンドモルト」_e0173645_07142692.jpg
クラフトビールをメインに、ワインやサワー、日本酒などが楽しめるお洒落な立飲みのお店なんだけど、つまみも何やら面白そうだ。
梅田の居酒屋「ビアスタンドモルト」_e0173645_07143131.jpg
梅田の居酒屋「ビアスタンドモルト」_e0173645_07143631.jpg
ドリンクは・・・大阪初!ランドルフィルターでつくるレモンサワー(420円)というのをいただこうかな。ウォッカベースのサワーに、レモンを漬け込んだモルトオリジナルのサワーだ(おかわりの追いサワーは300円)。
梅田の居酒屋「ビアスタンドモルト」_e0173645_07144045.jpg
ランドルフィルターというのは、風味付け・・・もともとビールにホップの風味をつけるためのフィルターだそうで、これにレモンを入れて(漬け込んで)サワーにレモンの風味をつけるんだね。あら、さっぱりして美味しい。

結構メニューが豊富なんだけど、いかんせん時間がない…とにかく、モルトに来たならというNo.1メニューをいただくか。モナカポテサラってなんだろう…ローストビーフ(500円)、いわしのオイルサーディン(400円)、ワサビ風味(280円)があるので、いわしのオイルサーディンのポテサラを発注だ。

あ、そういうことか。
梅田の居酒屋「ビアスタンドモルト」_e0173645_07144493.jpg
なるほど、ポテトサラダを最中種(みんなが皮っていってるやつ)で挟んでいるわけか。ポテトサラダの上にトマトソースがけ、そして、いわしのオイルサーディン。

お箸を手にしたものの、これはどう食べるのが正解なんだ?
最初、サラダをちょこっと、いわしをちょこっとつまんで食べたけど…あかんあかん。こんな食べ方してたら、最後最中種だけ残って、口の中の水分全部持っていかれるわ。
ということで、ハンバーガーみたいにぺしゃっとして、そのまま手で持ってかぶりつくことに。オイルサーディンの塩気とトマトソースのあっさりがいい塩梅でコラボしていて美味。

もう一つ、ネギだらけのアンチョビバター(380円)。ネギだらけというワードに完全に引っ張られた感じ(笑)
梅田の居酒屋「ビアスタンドモルト」_e0173645_07144788.jpg
おー、これは濃厚。アンチョビがいいアクセントになっているんだけど、バターのコクがすんごいわ。白葱、青葱に玉葱がワシワシいただけるひと品。おいちー

あ、メガネの受け取り時間になってるー!
急いでお会計して、店を飛び出る。
酒肴美味かったなぁ、今度はクラフトビールも飲んでみないとな。
気になる人はぜひ〜

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ビアスタンドモルト
場所:大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街 南館 1F
時間:12:00~15:00 (L.O.14:00)、17:00~24:30 (L.O.24:00)
   土日祝は12:00~24:30 (L.O.24:00)
電話:06-6374-3067

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!


by nonbe-cclass | 2019-12-25 23:48 | 大阪梅田・東梅田・北新地 居酒屋 | Comments(0)
2019年 12月 23日

石橋阪大前の居酒屋「神の」

移転後、全然行けてなかったからようやくだわ。石橋阪大前、駅西口の商店街を南に進み、スーパー「食品館アプロ」を越えた先の道を右に折れたところ。
「神の」だ。
石橋阪大前の居酒屋「神の」_e0173645_07081845.jpg
終了時間が少し早まったところはあれど、ランチタイム含め以前と変わらず。ただ、一汁三菜食堂というショルダーがつき、より和食をしっかりいただく感が前に出た感じ(確か、移転前は一汁一菜をうたっていた)。

中に入るとカウンター7席に、奥にお座敷があるんですな。ちょうど出るお客さんがいたから入れ替わりで入れたけど、相変わらずの人気ぶりだ。

生ビール(中500円)に、お造りは造り盛り合わせを発注するか。鮪、蛸ぶつ、はまち、平目(エンガワも)、鯛、帆立貝柱の6種。
中でも鯛と平目、舞踊り感がバンバンに出てて、ぷりぷりもっちもちだ。
石橋阪大前の居酒屋「神の」_e0173645_07083093.jpg
天ぷら盛り合せ(800円)。
衣のサックサクが心地いいところに、アイテム数が多いのと、食材も大振りなので食べ応えがあるんだよね。白身、茄子、椎茸、海老、ししとう、かぼちゃ、さつま芋。海老はぷりぷりだし、白身がふかふかでこれまた美味し。
石橋阪大前の居酒屋「神の」_e0173645_07084144.jpg
ローストビーフ(800円)。
牛肉たたきのようなサイズカットで。お肉を包み込む勢いでお野菜もたっぷりと盛り付けられている。
おー、お肉のしなやかな弾力がたまりませんなぁ。脂の少ない赤身だからさっぱりいただける。
石橋阪大前の居酒屋「神の」_e0173645_07084880.jpg
焼き物もいただくか…銀だら塩焼(980円)を。ふっくらしながら、瑞々しいわねー。こりゃ日本酒が欲しくなるな。写真は撮り損ねたけど、この後、今西清兵衛商店「春鹿」純米(1合600円)をつぃー。
石橋阪大前の居酒屋「神の」_e0173645_07085310.jpg
鯖寿司(900円)は、注文を受けてから作るので少々お時間を。いい塩梅で〆た鯖は肉厚でしっとり。酢をきかせた酢飯との相性がいいわ。
石橋阪大前の居酒屋「神の」_e0173645_07090297.jpg
あー食べた食べた。
ランチでもまた訪れたいな。
気になる人はぜひ。


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:神の
場所:池田市石橋1-16-18
時間:12:00~14:00、17:30~22:00 日休
電話:072-761-6601

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!


by nonbe-cclass | 2019-12-23 21:36 | 石橋阪大前 居酒屋 | Comments(0)
2019年 12月 22日

東梅田の居酒屋「スタンド酒場 ずいき」

ちょっと出かけてて、大阪メトロ谷町線で東梅田まで戻ってきたんだけど、家路に着くまでに、ちょっと喉を潤す程度に一杯ひっかけていくか。
東梅田駅から曽根崎お初天神通り商店街を跨いで、亀すし・縄寿司のところから新御堂筋を渡る。パチンコ店のすぐ裏手の道に入り、少し薄暗く怪しいザ・兎我野エリアを歩く。

すると、ぽつんと「酒」と書かれた白提灯が灯るのが目に入る。
東梅田の居酒屋「スタンド酒場 ずいき」_e0173645_22013391.jpg
やってきたのは、「スタンド酒場 ずいき」だ。
ちょっと入ってみるか。
東梅田の居酒屋「スタンド酒場 ずいき」_e0173645_22013537.jpg
明るい店内のスタンド、
一文字カウンターがどうだろう10人くらいかしら、と、奥に4~5人囲めそうなテーブルがある。調理するところも全部見えるバリアフリーなカウンターなので、広く感じる。若い女性が1人切り盛りしている。
東梅田の居酒屋「スタンド酒場 ずいき」_e0173645_22015196.jpg
ハイボール(380円)をもらってと。
今回はサクッと飲みなので日本酒を飲んでいないんだけど、日本酒(各400円)についてはセルフになっている。お店の一番奥に冷蔵庫があって、自分で好きなものを入れて元の立ち位置に戻るシステムだ。
東梅田の居酒屋「スタンド酒場 ずいき」_e0173645_22020325.jpg
品数がめちゃ多いという感じではないんだけど、一つ一つがどれも美味しそうな感じだな・・・あ、これにしよ。本日のおばんざい三種盛り(500円)を。
本日のおばんざいというのが黒板に書かれていて、この日は5種のうちから好きなものを3種チョイスする。
東梅田の居酒屋「スタンド酒場 ずいき」_e0173645_22021630.jpg
枝豆のペペロン炒め。
枝豆も炒ると香ばしくなるから美味しいよねー、ペペロンなのでニンニクの風味や鷹の爪もきいているんだけど、このブラックペッパーのひりりが酒を進ませるー
東梅田の居酒屋「スタンド酒場 ずいき」_e0173645_22022763.jpg
鶏と大根とこんにゃく甘辛煮込み(380円)。
甘味が少し勝った甘辛さが美味しいなぁ。大根がよーしゅんでる。鶏もめちゃ柔らかく煮込まれてる。
東梅田の居酒屋「スタンド酒場 ずいき」_e0173645_22025069.jpg
そして、ホイコーロー。
炒め物というよりは、こちらも煮込みな感じになっているんだんけど、これも味付けがよくて、ご飯欲しくなるな・・・味噌が濃厚で、とてもコクのある味わいが美味い。あ、あとからひりりが追いかけてくるな。
東梅田の居酒屋「スタンド酒場 ずいき」_e0173645_22025394.jpg
三種盛りの後にもうひと品だけ。
かに味噌バター(450円)を発注。なるほど、バケットにつけていただくのか。
どれどれ・・・あ、これ好き。
東梅田の居酒屋「スタンド酒場 ずいき」_e0173645_22025625.jpg
普段パンを食べるとき、マーガリンでもバターでも結構たっぷり付ける方で、レーズンバターとかも好きなんだよね。そういう人にはたまらんよ。
これ面白いなぁ・・・かに味噌はしっかり味わえるんだけど、確かに濃厚なバターなわけよ。これはまるわー

さ、そろそろ帰らないと。
サクッと飲みにいいお店、気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:スタンド酒場 ずいき
場所:大阪市北区兎我野町13-6
時間:17:00~24:00(金土は~25:00、日は~22:00)火祝休
電話:050-5328-3235

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!


by nonbe-cclass | 2019-12-22 11:11 | 大阪梅田・東梅田・北新地 居酒屋 | Comments(0)
2019年 12月 19日

岡町のおでん「しあわせ おでん処 正心亭」

気温が下がり、熱燗が飲みたくなる寒さになってきたよねー
熱燗にはおでんかな・・・ちょっと途中下車して、あの店に行ってみるか。
阪急岡町駅東側、アーケードの岡町商店街を通り、老舗「土手嘉」のある四辻を右手に曲がり、そのまま桜塚商店街を抜け商店街が終わるところ。

「しあわせ おでん処 正心亭」だ。
岡町のおでん「しあわせ おでん処 正心亭」_e0173645_21390147.jpg
シンプルな和装の店内は、L字カウンターで10席。
早速、熱燗をもらいましょうか。
ちろりに入って出てくる。日本酒は、栃木宇都宮酒造「四季桜」(小500円)だ。口当たりが柔らかいながらキレの良い飲みやすいお酒。
岡町のおでん「しあわせ おでん処 正心亭」_e0173645_21504489.jpg
おでんを・・・とりあえず、まず葉物が食べたくて。
期間限定の菊菜(300円)を。香りよろしく、このしゃきしゃき感が欲しかったんだよなぁ。美味し。
岡町のおでん「しあわせ おでん処 正心亭」_e0173645_21510530.jpg
しゃきしゃき感をもひとつ。
前にも食べたんだけど、ねぎ袋(380円)。青ネギがお揚げさんの中にぎゅうぎゅうに入っているんだよね。
岡町のおでん「しあわせ おでん処 正心亭」_e0173645_21521225.jpg
厚アゲ(250円)。
店主秘伝の下炊きで美味しく・・・これ、他のお店の厚揚げと全然違って、めちゃくちゃ柔らかくてふわふわ。そして、いいボリューム感。
岡町のおでん「しあわせ おでん処 正心亭」_e0173645_21523843.jpg
お芋さん(320円)は、季節によって内容がかわるんだけど、この日はじゃがいもか海老芋ということで、ここは海老芋を発注。
絶妙な炊き具合、そして、この粘りとクリーミーさがたまらんわね。ウメー
岡町のおでん「しあわせ おでん処 正心亭」_e0173645_21525381.jpg
たまご(100円)。
なんでしょう、この吸い込まれるような色づきとツヤ(笑)
岡町のおでん「しあわせ おでん処 正心亭」_e0173645_21530100.jpg
つぶ貝。このコリムニ食感がたまりませんなぁ。比較的肉質しっかりの身なんだけど、しっかりダシがしゅんでいる。
岡町のおでん「しあわせ おでん処 正心亭」_e0173645_21530888.jpg
がんも。
中身の半分が大和芋ということもあって、箸で食べるのはちょっと無理かもしれないと思うくらい、ふわっふわ。たまらんわね。
岡町のおでん「しあわせ おでん処 正心亭」_e0173645_21531675.jpg
それにしても、このダシがめちゃくちゃ美味しいんだよなぁ。だしの色が濃いのは、醤油の色ではなく、がっつり炊き込むことによって出る色なんだよね。カツオにメジカ・鯖を加えたオリジナルブレンドのダシは、見た目と異なり、全くくどくなく、まろやかでいい塩梅の味わいなんだわ。

食材だけでなく、できるだけ手作りにこだわっているのも、食べる人の健康を考えて。旬なものを旬な時期にいただけるのも身体に良いので、これからの季節、身体を温めにこの店に参りましょう。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:しあわせおでん処 正心亭
場所:豊中市中桜塚1-8-4
時間:17:00~23:00(L.O.22:30) 火休(たまに不定休あり)
電話:06-7508-2591

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!


by nonbe-cclass | 2019-12-19 19:54 | 岡町 居酒屋 | Comments(0)
2019年 12月 17日

中津の居酒屋「立呑 中津3-17-5」

阪急中津駅。
中央公園の横を北へ歩くとT字路にあたるんだけど、それを左手に折れたところ。なんともキュートな徳利と猪口のネオンサインが暗闇に光る。パッと見た感じ、お店の名前が見当たらないと思うので、来るときはこのネオンサインを目指そう。
中津の居酒屋「立呑 中津3-17-5」_e0173645_07284323.jpg
「立呑 中津3-17-5」
え?住所なんだけど、だってこれがお店の名前なんだもの。
いま公園の横を歩いてきたけど、そこに「日本酒食堂SO-KEN」があるのね。その2号店だ。
中津の居酒屋「立呑 中津3-17-5」_e0173645_07284713.jpg
中に入ると、お洒落な空間が広がりますなぁ。入口すぐにぐるっと8人ほどが囲めるテーブル、壁沿いには細い立ち飲みテーブル、調理場前には6、7名ほど並べるカウンターがある。明るくて、1人で来ても気兼ねなく楽しめそうだ。
中津の居酒屋「立呑 中津3-17-5」_e0173645_07293474.jpg
ドリンクは400円前後の価格帯なんだけど…ふむふむ、セルフドリンクというシステムがあるのか。
最初は生ビール(400円)にしてみよう。サッポロ黒ラベルなんだけど、早速セルフドリンクだ。店奥に冷蔵庫があるので、そこから冷えたジョッキを取り出し、サーバーから自分でビールを注ぐ。ジョッキを置いて、ボタンをひとつ押すだけだから誰でも出来るぞ。
中津の居酒屋「立呑 中津3-17-5」_e0173645_07294887.jpg
フードメニューの方は、普通に都度注文だ。どうだろう、概ね500円までの品が並ぶんだけど、魅力的なのが色々あるぞー。お造りも1切れずつ注文できるとはすごいな。

まずは、ローストビーフ(480円)。
こちらはお洒落にカシスマスタード、もしくは、お塩で。おー、肉食ってるー。この質感がたまりませんな。ずっともぐもぐしたいわ。カシスマスタードも、仄かなベリーの酸味と甘みを感じつつも、奇抜なことなくとってもお肉と合うわね。
中津の居酒屋「立呑 中津3-17-5」_e0173645_07295838.jpg
迷った時のおまかせ4種盛り(1人前680円)をもらおうかな。
菜の花とやなぎ松茸のお浸し、ぶりはらみ、つぶ貝のワサビ醤油漬け、アメ色玉ねぎとアンチョビの酒肴タルト。どれも、ひと手間ふた手間かかった一品ばかり。
中津の居酒屋「立呑 中津3-17-5」_e0173645_07300796.jpg
やなぎ松茸のしゃくしゃく食感もいいし、何ともこのお浸しそのものの味付けがグー。葉物食べたかったから嬉しいわぁ。おー、アメ色玉ねぎ・・・夢に出てきそうなくらい濃厚な玉ねぎな味わい。つぶ貝もコリコリでウメー、ぶりはらみは柔らかくて脂ののりが最高ですな。

さて、美味い肴なので、ここは日本酒に切り替えていこう。
お、日本酒もセルフドリンクなのね。
中津の居酒屋「立呑 中津3-17-5」_e0173645_07302546.jpg
冷蔵庫にグラスが冷やしてある。グラス小(60ml300円)、グラス大(90ml400円)。1合チロリ(180ml800円)もあるのか、燗酒も自分でできるのね~
グラスを取ったら、飲みたいお酒を出して自分で注ぐ。表面張力一杯上手く入れよう。
中津の居酒屋「立呑 中津3-17-5」_e0173645_07303692.jpg
中津の居酒屋「立呑 中津3-17-5」_e0173645_07305329.jpg
福島は宮泉酒造「宮泉」純米火入れをいただこうかな。
華やかな香りと軽い甘みで飲みやすく、最後キレがいいお酒。
中津の居酒屋「立呑 中津3-17-5」_e0173645_07311668.jpg
お酒を飲んだら、回転寿司が如くテーブルにある枡にグラスを重ねていくという流れ。
中津の居酒屋「立呑 中津3-17-5」_e0173645_07312333.jpg
続けても福島から、仁井田本家「にいだしぜんしゅ」純米しぼりたて生酒を。自然栽培米100%を使ったお酒で・・・うおっ、なかなか力強いのがぐわっときますなぁ。甘味と渋みを感じさせつつ、ここに酸がキュイーン。
中津の居酒屋「立呑 中津3-17-5」_e0173645_07313573.jpg
ここに、ヤリイカとクレソンの塩昆布和え(380円)。くー、うめーなチクショー。
イカ柔らかし、クレソンがいい仕事してるわー
中津の居酒屋「立呑 中津3-17-5」_e0173645_07314304.jpg
牡蠣と京芋のみぞれ煮(450円)。
とろみのあるあんかけだしがほっこりする。牡蠣のうまさはもちろん、京芋の滑らかでつるんとした食感が何ともグー
中津の居酒屋「立呑 中津3-17-5」_e0173645_07314692.jpg
熊本の通潤酒造「雲雀」純米吟醸。
あまり見かけたことがないお酒ですなぁ。こちらもなかなか力強い味わいで、でも後味がすっきりするタイプだな。
中津の居酒屋「立呑 中津3-17-5」_e0173645_07315858.jpg
飲むとまた食べたくなるわね。
マテ貝と蕪の酒蒸し(450円)。マテ貝のこの弾力がまた、酒を進ませるんだよなぁ。蕪もあっさり柔らかいわ。
中津の居酒屋「立呑 中津3-17-5」_e0173645_07320691.jpg
白レバーパテ(480円)。
ペースト状で濃厚な感じではあるんだけど、味そのものは意外とあっさりでクセもないので、ついつい手が伸びちゃう。
中津の居酒屋「立呑 中津3-17-5」_e0173645_07320815.jpg
いやー、あれもこれも食べたくなるし、それを肴にまた飲んじゃうもんだから。こりゃ、また行ってみたくなるお店ですな。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:立呑 中津3-17-5
場所:大阪市中津3-17-5
時間:16:00~23:00 火休

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!


by nonbe-cclass | 2019-12-17 20:59 | 中津 居酒屋 | Comments(0)
2019年 12月 16日

岡町の居酒屋「立呑み まえざわ」

阪急岡町、原田神社や桜塚公園を過ぎて国道176号線を簡易裁判所近くに出る。国道を曽根側に折れ、少し歩いたところ。
「立呑み まえざわ」にやってきた。
岡町の居酒屋「立呑み まえざわ」_e0173645_07260295.jpg
もし座るとすれば6、7名ほどのキャパになるL字カンターと、壁際には立ち飲み用の小さいテーブルがいくつか。あ、店の奥には菰樽をテーブルにしたちょこっと座れるキュートなスペースもあるのね。
岡町の居酒屋「立呑み まえざわ」_e0173645_07262728.jpg
岡町の居酒屋「立呑み まえざわ」_e0173645_07262911.jpg
生ビールをもらおうかな…生はサッポロ黒ラベル(350円)だ。ドリンクはクラフトビールにハイボール、焼酎・日本酒・ワインなど、一通りのものが揃っている。
岡町の居酒屋「立呑み まえざわ」_e0173645_07263827.jpg
30種は超える酒肴が書かれた「本日のお品書き」、バリエーションの豊富さもさることながら、こだわりの食材や、あまり他店ではみかけないものも色々あって早々にテンション上がる。

まずは、
まえざわのポテサラ(250円)。卵の味が濃いですなぁ、おいちー
岡町の居酒屋「立呑み まえざわ」_e0173645_07264691.jpg
そして、朝締め ぶり造り(450円)を。
脂はしっかりのっているんだけど、後味がとてもあっさりして食べやすい。
岡町の居酒屋「立呑み まえざわ」_e0173645_07265107.jpg
炭香る合鴨ロースト(500円)…わ、これも美味しいな。香ばしい味わいもいいし、この肉肉しい噛みごたえと肉の旨味が素晴らしいわね。
岡町の居酒屋「立呑み まえざわ」_e0173645_07265964.jpg
和洋入り乱れた酒肴なので、ハイボールにも揺れたが、ここは日本酒いっとこうかな。メニューには日本酒としか書いてないけど、冷蔵庫に入った地酒を教えてもらう。海南の名手酒造店「黒牛」純米しぼりたて 生酒原酒(600円)にするか。
原酒なんだけど、非常にあたりがやわらかくて、ほんのりと甘みを感じながら、さらっと飲みやすい。酒肴の味を邪魔しない美味い酒。
岡町の居酒屋「立呑み まえざわ」_e0173645_07271582.jpg
青森産揚げニンニク(350円)。
大粒でほっくほく。青森産のニンニクは臭くならないのが有難いよなぁ(とか思い込んでて、他のお客様に多大なご迷惑をおかけしてたらすんません)。
岡町の居酒屋「立呑み まえざわ」_e0173645_07272366.jpg
名物!!淡路島鳥肝の低温調理生レバー風(350円)。おー!もはや、クリームチーズ…それほどに滑らかで、しっとり濃厚。
岡町の居酒屋「立呑み まえざわ」_e0173645_07282640.jpg
魚に戻ろうかな。
今度は、千葉銚子の極上シメサバ(420円)を。出てきた時点で鮮度が分かるよね。いいリズムを聴いて育ってきたのか、こちらも脂ノリノリだ。サバ造りな鮮度感を楽しみながら、しっとり質感で旨味を存分に楽しめるひと品だ。
岡町の居酒屋「立呑み まえざわ」_e0173645_07284072.jpg
いやー、満足満足。
こだわりの食材、かつ、酒飲み好みの酒肴が飽きない素敵な立ち飲み。
気になる人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:立呑み まえざわ
場所:豊中市中桜塚2-31-13
時間:17:00~23:00(土日は16:00~)月休
電話:06-6842-9200

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!


by nonbe-cclass | 2019-12-16 23:27 | 岡町 居酒屋 | Comments(0)
2019年 12月 09日

姫路の蕎麦「えきそば」

JR姫路駅。
新快速からホームに降り立ったはずなのに、そのホームの真ん中にどかーんとなぜかキハ58。姫路の駅そばでおなじみのまねき食品「えきそば」だ。今年の夏に、70周年記念事業としてこのデザインにリニューアルしたそうな。

C級呑兵衛としては個人的に、全国各地鉄道の旅に出れば、駅そばを食べるというのは欠かせないイベントの1つだ。この姫路の駅そばは、駅そばとしてはひときわ有名なので、いずれ来ることになるんだろうなぁとはうっすら思っていた。
姫路の蕎麦「えきそば」_e0173645_07312671.jpg
ひときわ有名というのは、姫路の駅そばは黄そばで知られているんだよね~
黄そばはざっくり簡単に言っちゃうと、うどんのおダシなのに麺は中華麺という一品。吹田の「野口製麺所」長田「大衆食堂加ど屋」など、駅と全然違うところでは食べてるんだけどねー
姫路の蕎麦「えきそば」_e0173645_07312301.jpg
とりあえず、中に入ってみるか。
店の外に券売機があるので・・・天ぷらえきそば(380円)にしよー
店内に入りチケットを渡しその場で待っていると、そこは駅そば、すぐに提供される。
姫路の蕎麦「えきそば」_e0173645_07313074.jpg
黄そばとは言うものの、見た感じ白っぽい麺なんだね。ゆで麺なので柔らかいんだけど、丸麺で喉越しがいいので、ズルズルいける。小海老がはいった衣メインの天ぷらは、天かす的な役割でダシに浸かって、ふにゃふにゃ食感がうまいんだよね。ダシは和風だしであることは間違いないんだけど、普段食べるうどんの出汁の味とは違い、ちょっと甘味があるな。

姫路のご当地グルメが、駅構内で手軽に味わえるのは有難いよなあ。
「まねき」は姫路駅以外にも、姫路市内、加古川市内にも店舗を構えている。それに梅田、阪神百貨店のスナックパークにえきそばメシとして「えきそば」入ってるよね。惣菜フロアでも出店してるし。

ちなみに、駅そばの話ばかり書いたけど、この「えきそば」を展開するまねき食品、日本で初めて幕の内駅弁を販売した会社なんだよね。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:えきそば 在来線上り売店
場所:姫路市駅前町188-1 JR姫路駅
時間:6:00~23:00

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!


by nonbe-cclass | 2019-12-09 20:04 | 食べ歩き(蕎麦) | Comments(0)
2019年 12月 08日

朝潮橋の居酒屋「富士屋酒店」

地下鉄中央線、朝潮橋。
車で移動をすると渋滞情報あたりでよく耳にする名前なんだけど、実際、このあたりをぷらっとするのは初めてかもなぁ。
朝潮橋というのは、見ての通り橋の名前ではあるんだけど、現在はその橋はもうないんだよね。地名にも残らなくて、唯一、駅名としてだけ残っているんだよね。
中央線に沿って西へ少し歩くと阪神高速のJCTに合うんだけど、これより先は築港、埋立地になる。築港には天保山マーケットプレイスや海遊館があるけど、朝潮橋周辺はマンションなどが多くあるにせよ、懐かしい雰囲気が色濃く残るエリアだ。
朝潮橋の居酒屋「富士屋酒店」_e0173645_11180647.jpg
さて、その阪神高速JCTまでの道(みなと通)すがら、八幡屋交差点の手前あたりかしら、気になる店を発見。
自動販売機のガードが固い「富士屋酒店」だ。
朝潮橋の居酒屋「富士屋酒店」_e0173645_09461898.jpg
この光景を見たら、最初に目が行くのは50円の文字なわけ。ま、実際そうだったんだけど、そのアテンションがあったからこそ気づいたんだよね、その横の目立たない暖簾に。中にカウンターが見えてるぞ、こりゃ角打ちだ。
朝潮橋の居酒屋「富士屋酒店」_e0173645_10033822.jpg
中に入ると先客が1人、所々でカメラを出しているから、地元の常連客ではなさそうだな。
角の丸いL字カウンターで15人立てば満員御礼なキャパ。壁は土壁、天井は木板・・・年季の入ったいい雰囲気ですなぁ。場所柄、一見が来るよう感じではないので、メニューらしきものは皆無だ。こりゃ困ったぞ。
朝潮橋の居酒屋「富士屋酒店」_e0173645_10035177.jpg
ま、でも、目の前にはおでんがあるようだし、乾き物・缶詰、冷蔵庫の中にも少し何かありそうだから、なんとかなるか。
とりあえず、瓶ビールをもらうか。大中小の瓶があって、キリンかアサヒのチョイスにあるので、キリンの中瓶を。

おっと、先行攻撃を食らってしまう。
何かアテをもらおうと思った矢先、店のご主人が、ぱかっとおでんの蓋を取り中を見せる。おでんちゃうんか・・・湯だめでほとんど何も入っておらず、豆腐、つくね、練り物が気持ち程度浸かっていた。
んー、練り物気分じゃないし、こりゃ豆腐しか選択の余地がないな・・・湯豆腐ということでお願いする。豆腐を小皿に取り出してから、レンジでチンする光景に驚いたが、ま、温かいところをいただく。
朝潮橋の居酒屋「富士屋酒店」_e0173645_12535386.jpg
そうかぁ、おでんじゃなかったのかぁ。じゃあ…後は、あの冷蔵庫の中にあるもの勝負だな。チーズとウインナー以外には・・・小鉢の野菜サラダだけか。こりゃ、缶詰に逃げるかなと思ったところで、塩辛があるとのことだったので、迷わずそれを発注。あぶねー、聞いてみるもんだな。
朝潮橋の居酒屋「富士屋酒店」_e0173645_10040181.jpg
じゃあ、酒ももらうか。
店内は暖房が効いていないので、ちょっと小寒いところ燗にしてもらうか。
あ、久々に組合のコップだ。ナミナミ入れてもらって、と。酒の銘柄は分からないけど、うっすらと黄色がかった色の酒で辛口だ。
朝潮橋の居酒屋「富士屋酒店」_e0173645_10040845.jpg
後から1人常連ぽい人が来たんだけど、寒い寒いと言いながら入ってきて、店内では両手をさすりながら酒を待ち、ぐびっと1杯引っ掛けたところでさっと帰っていく。格好いいねぇ。
ホント、酒で少し身体が温まってきたな。そろそろ店を出るか。
ビール、酒、アテ2品でちょうど1000円。
気になる人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:富士屋酒店
場所:大阪市港区八幡屋1-9-18
時間:10:00~18:00 日休
電話:06-6571-0414

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2019-12-08 13:31 | 居酒屋めぐり(関西) | Comments(0)