C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2018年 05月 31日

天王寺の居酒屋「花野商店」

前から行ってみたいと思っていたんだよねー
天王寺駅から谷町筋を北上し、アーケード商店街から路地を少し入ったところ。
通りの雰囲気に馴染んだ、酒の看板と渋い建物。
「花野商店」だ。

e0173645_07383411.jpg
中に入ると、酒造会社各社の年季の入った渋い木看板が堂々と掲げられている。特に音楽やラジオが流れているわけでもなく、静かな時間が流れる。
壁面には、販売されている酒類が並び、一方では、立ち飲み用のカウンターに、酒やつまみがところ狭しと並ぶ。

そう、生粋の角打ちだ。
e0173645_07384329.jpg
e0173645_07385481.jpg
お、生ビールもあるのか。
じゃあ、駆けつけの1杯目ということで生ビール(390円)。生ビールもチェーン店並み価格で嬉しいですな。
メインカウンターは先客で埋まっていたので、テーブルスタイルの方でちびちびと。
e0173645_07384801.jpg
「静かな時間が流れる」とは言ってるけど、先客がいるわけで。
それは店のご主人も含めて会話が弾んでるもんだから、そこは賑やかいんだけど、会話が途切れた時の、あの瞬間的に訪れる静かな感じがたまらんのよね。

角打ちの酒のつまみといえば、乾き物か缶詰ってのが定番なんだけど、ここも缶詰が充実してますなぁ~
e0173645_07385142.jpg
ビールで喉を潤したあと、
純米酒があるんだけど、「天水」というのが気になるんだよな。
四天王寺の一般公開されていない「本坊の井戸」に湧き出ずる水が原料の日本酒。天王寺界隈の酒屋数軒でしか販売できない限定モデルだ。

それにしようかなぁと思ったところで、
先客から「こっちの方が美味いと思う」というアドバイスで、「真田丸」純米(400円)を。これも、天王寺エリアでの限定販売で、大阪府小売酒販組合天王寺支部が奈良市の豊澤酒造に委託して造られたものだ。
コップグラスにナミナミ入ってきたぞ~、常温でいただいて、ついーっと。さらりとあたりが柔らかいですなぁ。

今回は、ここに来るまでに何軒も回っているから、食べるものは最小限に・・・
いかり豆~
e0173645_07400571.jpg
あ・・・グラス、ちゃんと見てなかったわ。
ある程度飲み切ったところで気づいたけど、大阪府小売酒販組合のグラスだったわ。
e0173645_07400882.jpg
いや~雰囲気も居心地もいい角打ちだったなぁ。
また、立ち寄ることにしよう。
気になる人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:花野商店
場所:大阪市天王寺区堀越町12-6
時間:9:00~20:00(土は~19:00) 日祝休
電話:06-6771-7006

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-05-31 23:19 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 30日

十三の焼肉「珍牛」

阪急十三、駅西側にあるご存知しょんべん横丁。
駅の方から歩いて、そろそろ横丁が終わりそうなところの左手。
焼肉の「珍牛」にやってきた。

e0173645_07121873.jpg
2014年に起こった火災後のしょんべん横丁は、一通り新旧含めたお店が営業し、賑やかな感じにはなっているんだけど、一人焼肉、立ち食い焼肉、カンテキ焼肉なお店がいくつも出来ているんだよな。こんな狭いエリアに同じジャンルのお店がいくつも出来て、食い合いしないのかな・・・逆にそれくらいのニーズがあるのかもね。

「珍牛」は、火災前から営業しているお店。
しょんべん横丁と、すぐ横にある国道176号線高架・側道に挟まれた立地なので、有効活用的なこじんまりしたスペースだ。厨房を囲むようにカウンターがある。
ここは、立ち食いではなく、椅子に座って食べるんだけど、入口扉との間が狭いので、座る場所によっては、扉を開けっ放しで少し身体を外に出さないとかなり窮屈だ(笑)

生ビール(生中450円)をもらって、と。
お肉とともに、豆もやし(300円)とキムチ三種盛り(480円)を。どちらも料金のわりに、結構なボリュームで出てくるのが嬉しいよね~

e0173645_07161341.jpg
e0173645_07164500.jpg
お肉は・・・
おっさん2人で行ったんだけど、一気に頼むとすぐカウンターに置けなくなっちゃいそうだし、ちょっとずつ頼みましょか、ってな感じで。
セットものを1つ頼むか・・・「とりあえず、お一人様セットを1つ」。
お一人様セットは、ロース・バラ・タン・ミノ・豚・ホルモン各種の盛り合わせ(1700円)だ。

「!」

e0173645_07171555.jpg
いやいや、全然お一人様分のボリュームじゃないですけど(笑)
ホント、おひとり様セットを人数をみて2人分盛ったのかと思ったぜ。ウインナーやかぼちゃまで入ってるー

ガスコンロで焼くことになるんだけど、ここのお肉、和牛なんだよね。
写真を見てもらってもわかると思うけど、厚めなカットなところにサシの入り方がたまらんわね。
実際、柔らかくて肉肉した食感を堪能できる。うまい。

追加発注でハラミ(900円)。
これはサガリな感じかしら。脂身が少ないため、あっさりいただける。

e0173645_07172843.jpg
さっきのセットとかぶるけど、ホルモン盛(900円)も。
ココロ、丸腸、牛マメかな。お腸さんも全然臭みがなく、むしろ、脂の甘さが際立ってる。
そういや、焼鳥でハツはよく食べるけど、牛焼肉でココロってあまり食べたことがないなぁ。コリコリ食感がいい酒の肴になるわ。
e0173645_07174376.jpg
「これサービスの椎茸です」、
店員さんが、大きな椎茸をポンと網の上におく。傘を網面に置いたんだけど、よく見ると塩がかかってるな。
「ひっくり返さずにそのまま待ってくださいー」・・・汗をかいてきたら(俺じゃない、椎茸が)食べごろだ。クーうめー。瑞々しくて味が濃いわー

e0173645_07175596.jpg
いい意味で十三らしいお店だったな。
リーズナブルにたっぷりありつけて、しかも、美味しいんだから文句ないわね。
気になる人はぜひー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:珍牛
場所:大阪市淀川区十三本町1-4-15
時間:17:00~24:00
電話:06-6305-6060

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-05-30 22:56 | 食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 28日

新世界の居酒屋「酒処みふね」

昼前か・・・さすがにこの時間は営業してるやろ。お、やってるやってる~
新世界、ジャンジャン横丁からふと路地に入ったところ。

立ち飲みの「酒処みふね」だ。
年季の入った構えに・・・「みふね」だけに、三隻の帆船が描かれた黄色い暖簾がキュートだ。

e0173645_11210599.jpg
ぬおーっ!
さすが老舗、年季の入り方がちゃうな。ワクワクするわ。
赤いテーブルのL字カウンターも、色あせ具合が渋いぜ。

e0173645_11211067.jpg
ここ、ぱっと見では分かりにくいんだけど、これで角打ちなんだよね。
冒頭の写真で外観を確認してもらうといいんだけど、隣りは「植野酒店」で、雨よけのプラスチック製テントは「酒処みふね」とひとつになってるでしょ。完全に店を壁で区切っているから、角打ちかどうかってなとこなんだけど、自立式看板にもあるように、こういうスタイルはしているが、完全に「酒屋の立呑」なわけ。酒屋と立ち飲みの店の名前が違うのって珍しいよね。

奥のテレビでは毎日放送の「せやねん」が流れていて、2人の先客はテレビを眺めながら自分の時間を楽しんでいる。
カウンターの中では、若いお姉さんが段取りよく動いている・・・と思ったら、小さなおかあちゃんが2人、奥から出てきた。

瓶ビール(大瓶430円)をもらって・・・
カウンターの2箇所にはケースがあって、ちょこっとした一品がいくつか入っている。ケースが冷蔵になっていないのか分からないけど、でっかい氷を皿にのせて、ケースの中に入れて涼をとっているのが、何ともアナログで微笑ましい。

あとね、よく煮込まれているおでんが目に入ったから、ここはおでんをもらおうかな。だいこんに厚揚げ、あ、うめやきもあるね。いずれも110円だ。
大根でかい・・・

e0173645_11210807.jpg
甘めのダシがよくしゅんどるわー、うまい。

「かまぼこちょーだい」という声が聞こえて、お姉さんがケースから板わさを取り出して客に渡すのを見たんだけど・・・

「!」

そっちのかまぼこでなしに、その手前で、おかあちゃんがおでんに入れているかまぼこが気になってしまった。
「おでんのかまぼこをください」

スーパーでよく売られている板付きのかまぼこあるでしょ。ここでは、焼きかまぼこなんだけど、1つをすぱっと斜めに半分に切ったものが、おでん種になっている。串に刺さってはいるけど、まあまあのボリュームだよね。

e0173645_11211352.jpg
おかあちゃんは、見た目より全然元気で、常連客いじりが楽しそうだ。気強くいじっているようにみえて、実は身体のことを気遣っていたりする。そういうのが人気なんだろうな~。酒を飲みにくるだけでなく、ここに来ておかあちゃんと話をして、元気をもらって帰っているのかもしれないね。

気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:酒処みふね
場所:大阪市浪速区恵美須東3-2-14
時間:10:00~20:30 火・水休

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-05-28 07:19 |  L 新世界 居酒屋 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 27日

難波の居酒屋「豚足のかどや」

お昼前に、難波。
大阪メトロ地下鉄御堂筋線なんば駅から一度地上に上がって、四つ橋線なんば駅に向かう途中にあるお店。
超有名店だよね、「豚足のかどや」だ。

e0173645_08543687.jpg
入口の扉部分は完全に開放されていて、中の様子がよく分かる。
奥に長い店内は、厨房を中心に据えて、入って右側がカウンター席、左側が4人がけのテーブル席になっている。庶民的な赤いテーブル、赤い丸椅子がたまらんわね。
中を覗くと、「いらっしゃい!何人さん?」と威勢のいい声がかかる。背中を押されたかのように、奥のカウンター席へ進む。
まだ昼前だし、ラーメンとか昼飯アイテムを扱うお店でもないんだけど、次から次へと客が入ってきて、活気にあふれている。

ビール(瓶ビール650円)をもらって、と。
小皿に甘辛いタレが入り、わさーっと青ネギ。小さなフォークは、ネギ食いようかしら。さらに、追いネギができるように、ネギだけを別皿に入れたものも出てきたぞ。ネギ好きにはこの時点でテンションあがるわ。

e0173645_08545435.jpg
何はともあれ、まずは豚足(600円)か。
入口付近に大きな鍋があって、ここに豚足満載。じーっくり煮込まれている。
注文すると、間髪入れずやってくる。
思っている以上に柔らかく煮込まれていて、骨から肉がスルスルと解ける。プルンプルンのゼラチン質も思う存分堪能できるぞ。クセや臭みがまったくないんだよね~脂でこてこてしそうなところは、ほら、この満載な青ネギがいい仕事をしてくれるんだよね。タレをつけて青ネギとともに。

e0173645_08550384.jpg
豚足のかどやではあるけど、豚足以外にも牛や鶏も扱っている。
じゃあ、ハラミ(550円)とココロ(550円)をもらおうかな。これらは串焼きで、1皿3本だ。
焼き過ぎとかじゃなくて肉質は少し硬めなんだけど、これがまたいい。ひと串がなかなかなボリュームなことになっていて、口に運ぶと、肉肉しい食感と旨みが広がるんだよね。
ココロ串は先の部分に、サービスアイテムとして丸腸のような脂身が。これがまったくクセなく、変な脂っぽさもなくグー。厚みのあるココロは、独特の弾力がたまらんわね。

e0173645_08551946.jpg

サクッと飲みでちょこっと食べた感じなんだけど、味、ボリューム感ともに満足満足。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:豚足のかどや
場所:大阪市浪速区難波中1-4-15 南松竹マンション1F
時間:11:00頃~22:00頃 火休
電話:06-6631-7956

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-05-27 11:03 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 23日

池田のラーメン「中華そば ハチ」

移転してから行くの初めてなんだよな。
阪急池田駅前の、国道176号線池田駅東口交差点を五月山に向かって歩いて左手。
「中華そば ハチ」だ。

ちょくちょくメディアに取り上げられるお店だけど、
以前は、国道176号線沿い・・・ユニクロのそばにあったんだけど、去年だったかな、いまの場所に移った。
移転前の「中華そば ハチ」について書いたブログはこちら

以前と違って、かなりコンパクトになってるね。
この外から見えるカウンター5席がすべてなんだけど、これがまた屋台な感じで、無性にラーメンが食べたくなる空気感を醸し出している。開店当初からある「中華そば」の白のれんは現役続投だ。

e0173645_17033838.jpg

中華そば(並:650円)を発注。
ご飯ものが少しあるけど、中華そばかチャーシューメンで勝負しているお店だ。
いわゆる、高井田系で、麺を茹で上げるのに7分ほどの時間がかかりますよ、と案内が出ている。
いいですよー待ちますよー

きたきた。

e0173645_07211922.jpg

極めてシンプルなはずなんだけど、見た目がごついわね。この太いメンマと、ざく切りの青ねぎが男前。このお店を切り盛りしているのは女性なんだけどね(笑)

醤油色の濃いスープは、鶏がらと昆布ベースの醤油。
あ・・・前に食べた時と味が違うな。以前は、「甘い」がかなり前に出たまろかな味わいだったはずなんだけど、今回は、比較的この色味に近しく、醤油がきいている気がする。それでいて、やはり、ハチな甘味は健在なところがオリジナルだね~
美味しー

太目の丸麺は、固めのストレート。プリンプリンな弾力と、ツルンとした喉ごしがたまらんわね。この麺をワシワシ食べる感じ、好きだわー
甘めの味付けメンマをブリブリいわしながらもぐもぐ。チャーシューは意外と塩味がきいているんだけど、肉肉した感じで食べごたえがあるよん。

e0173645_07212429.jpg

ラジカセから流れる音楽・・・ん?静かな感じで洋楽かなと思って聞いてたら、バカボンやないか。うる星やつらもだし・・・クレモンティーヌのアニソンかしら。
あかん、そろそろ閉店時間になるから急いで食べよ。

あー満足満足。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:中華そば ハチ
場所:池田市菅原町8-14
時間:11:30~14:30、19:00~21:00(日は11:30~14:30) 月休

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-05-23 21:57 | 阪急池田 麺類 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 19日

放出の銭湯「諏訪浴場」

中古車センターのCMか、難読駅名でおなじみの放出(はなてん)。
乗り換えで放出駅のホームに降りたことはあるけど、駅の外は初めてだなぁ・・・
駅の南側に出ると、駅舎も立派だし、駅を囲むようにマンションや商業施設が林立している。
駅のすぐ南側には第二寝屋川があり、そこを跨いだ南側には、新しい感じの駅前の雰囲気とは異なり、生活感あふれる住宅街が広がる。南へ下る府道159号線を歩き、諏訪神社をすぎたあたりで西へ折れる。

駅から歩いて10分くらいかしら、ここに銭湯「諏訪浴場」がある。
三角屋根に煙突が暗闇に見えるんだけど、その手前の入口部分が凸型になっているのね。入口を照らす明かりも手伝って、なんともいい感じ~

e0173645_08475236.jpg
ゆの暖簾をくぐると、ぐぐぐっと時間が遡る。番台スタイルによる、男女別の入口。木枠にアルミの引き戸、引き戸の上にはガラス窓があって、渋い格子の木天井がみえる。
e0173645_08475523.jpg
大阪府の銭湯だけど、
大阪府公衆浴場組合加盟の銭湯は一律、大人440円。
ところが、諏訪浴場は370円という設定

実はこの日、仕事帰りで、まったく用意なしで行ったわけ。
ありがたいことに、諏訪浴場には「手ぶらセット」なるものが用意されている。
シャンプーリンス・ボディソープの貸出をしているんだけど、いくつか種類があって好きなものをチョイスし、浴場にもっていくカゴに入れるシステム。
ボディタオル・タオルなどの貸タオルがこれまた無料ときたから、これでまったくの手ぶら対応が可能になるわけだけど、この「手ぶらセット」・・・なんと70円。
つまり、まったくの手ぶらで来て初めて440円になるという、何とも素晴らしいシステム。

おいおい、脱衣所もいい雰囲気だなぁ。
重厚でもはや美術品な番台をはじめ、白タイル張り、浴場への入口はモザイクタイルのアーチスタイル。格子天井にはシーリングファン。

テンションあげあげで浴場へ。
おー、やはりまず目に飛び込んでくるのは、奥の壁面に描かれるモザイクタイルによる宮島だ。桟橋から厳島神社に向かう途中の景色で、手前の灯篭や奥の山々の位置関係からして、比較的リアルに表現されているなと。
そして、タイル絵の足元にはリアルに岩場が組まれている。

カランは8つ、シャワーは壁固定タイプ。緑のコの字椅子もあるよん。
水色と白タイルで市松模様になった壁をはじめ、床面のタイルも楽しい。わざわざ排水部分のところだけデザイン違ったり。
浴槽はシンプル、男女湯仕切り壁にひっついた感じで大きく1つ。間仕切りがされて1つは深め、1つは浅めになっている。

ホント、行った時がたまたま金曜日でよかったぜ。
諏訪浴場では毎週金曜日が「あひる風呂」になっているようで、浅い方の浴槽にたっぷりあひるが・・・面白いのが、あひるの大きさが色々あって、ちょっと大きめのやつにテンションがあがる(笑)

気のせいだとは思うんだけど、深い方より浅い方のお湯が結構熱く感じて、
「これだと、あひると戯れたい子供達には熱くないのかな?」と思う一方、「その分おっさんが戯れられるということか。それはチャンス。」と思ってしまった自分が情けない。
結構空いていたので、静かな時間をゆったり過ごせたんだけど、心の中は宮島を見るのとあひる対応に追われ続けた。

お風呂上がり。
え?ドライヤーも無料なのか、すごいな。
あひるもいるけど(笑)

へー、レトロ瓶のひやしあめか・・・いいな。
じゃ、この広島の桜南食品、ひやしあめワンカップを(160円)。
おー生姜がええ仕事してますなぁ。甘ったるくなく身体によさそうだ。

e0173645_08475708.jpg
ずっと前から行きたいなぁと思っていた銭湯。
それは、老舗の渋い雰囲気が楽しめそうという理由だったんだけど、その感激があって、さらにそれを上回る気遣いだったり、お楽しみが色々散りばめられていることに感動。ここ・・・ただの銭湯やありまへん。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:諏訪浴場
場所:大阪市城東区諏訪3-9-8
時間:16:00~23:00 日休
電話:06-6962-3431

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅

by nonbe-cclass | 2018-05-19 13:13 | 銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 17日

塚本の居酒屋「河村酒店」

JR塚本駅と阪神姫島駅のちょうど中間あたりかしら、立派な構えの野里住吉神社がある。JR塚本駅からは少し歩くんだけど、商店街を抜けて住宅街を歩き、路地を入ったところ。
で、石鳥居のところにくると・・・
あれ?駅からちょっと離れているのに、ここからまた反対方向に向かってアーケードの商店街があるじゃん。商店街を抜けると国道2号線にでて、その少し向こうには・・・あ、阪神姫島駅があるのか。

そのアーケードは、野里本町商店街
日曜日だというのに、いや、それとも日曜日だからなのか、ほぼシャッターな商店街がなんとも寂しい限りだ。
そんな中で、ぽつんと営業している酒屋を発見。これまた、表にかかる木製看板が渋い・・・「河村酒店」だ。

写真でもお分かりのように、
軒先・店内に酒が販売されている右横に、松竹梅の小さな暖簾。そう、これ角打ちだ。

e0173645_07333853.jpg
中に入ると、カウンターがあり6~7人ほどのキャパかしら。
カウンターには駄菓子屋の如く、乾き物が入ったプラスチック容器。

カウンターの中には、椅子に座ってテレビをみるおやっさん。
カウンターの中に冷蔵庫があって、冷えたアルコールに、ちょこっとつまみ的なものがあるかないかな感じだ。
e0173645_07334243.jpg
プラスチック容器の横に・・・
らっきょうと馬力が小分けになって置かれている。
じゃあ、瓶ビール中瓶に、らっきょうをもらおうかな~
e0173645_07334505.jpg
e0173645_07334777.jpg
客は他に2人。
テレビで相撲をやっていたので、全員の視線はテレビだったんだけど、C級呑兵衛は、奥にいる客の手元が気になっていた。
「・・・その、缶詰はどこにあるの?」

カウンターや冷蔵庫を見回す限り、缶詰がまったく見当たらない。そもそも、メニューも何もないから、自力で肴を探し出す術を見出さなければならないのだが。

あ!そっちか。
酒を販売しているほうに、缶詰も少し扱っていたのか。
すみません・・・お客さんの後ろを通らしていただいて、缶詰コーナーへ。ワンカップ酒の棚の下に、缶詰や落花生、みりん干しなどが並んでいる。
缶詰はどれも・・・230円かな。

e0173645_07335420.jpg
店のおやっさんに、これにしますね~っと見せながら、元のポジションに戻る。
キョクヨー「いわし味付生姜煮」をゲットだぜ。
骨まで食べられる柔らか煮。甘ったるくなりがちなところを生姜で締めてますな。

e0173645_07335702.jpg
静かな時間が流れる。
賑やかな店もいいけど、こうして、昼間に穏やかな空間でいられるのは嬉しいわね。しめて700円。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:河村酒店
場所:大阪市西淀川区野里1-7-19

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-05-17 23:26 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 16日

恵美須町の「そば処 まる栄」

地下鉄堺筋線恵美須町駅の西側すぐそば。
日本橋電気街から少しそれるだけで、静かになるもんだ。
やってきたのは、お蕎麦屋さん。

「そば処 まる栄」だ。
e0173645_07214682.jpg
外観からも分かるように、
街なかの老舗お蕎麦屋さんという感じでしょ。こういうのが入りやすくていいんだよねー
あ・・・入ってすぐ4人掛けのテーブル席が1つあるんだけど、10席ほどのカウンターメインのお店だったのか。

14時を回っていて、昼飯というより、そろそろおやつになろうかというタイミングなのに、次から次へと客がやってくる。お店の人との会話からしても、常連客も結構くるようで、地元に愛されるお店なんだね。

地元の人に人気なお店なのに加え・・・
わざわざここにやってきたのは、ここの丼ものが目当てだ。
カツカレー丼(1100円)を発注。

しばらくすると、「お待たせ」とカウンターに丼がおかれた。
お、なかなかどっしり・・・
e0173645_07215073.jpg
e0173645_07215358.jpg
卵黄の大きさで、丼のサイズはだいたい分かるかしら。
丼のサイズ感もさることながら、カツがでかいんですけど・・・手を広げたくらいの大きさはあるな。ご飯は丼に丸々ではなく、カツの下に敷く感じで半分装ってある(それでも、たいがいあると思うけど)。

牛肉に、玉ねぎと青ネギがふんだんに入ったカレーは、玉ねぎの甘みに加え、ダシがよくきいて美味い。そんなに粘度が高いわけでもなく、辛すぎることもないので比較的さらっと食べやすい。濃厚な卵黄を崩せば、さらにまろやかさが増す。

カツがこれまた、揚げたてアツアツをお見舞いされる。サクサクッとクリスピーな食感と、お肉も柔らかくて、こりゃー食べごたえあるわ。

あー食った食った。お腹パンパン。
美味しかったなー
気になる人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:そば処 まる栄
場所:大阪市浪速区日本橋5-21-18
時間:11:00~20:00(L.O.19:45)、日祝は~19:00(L.O.18:45)
   水休(第3水木 休)
電話:06-6634-3606

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-05-16 23:44 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 15日

石橋の居酒屋「みやぎ屋」

久々に、ちょっと立ち寄ってみようかな。
阪急石橋駅の西側、商店街から路地に入った奥にある「みやぎ屋」
沖縄料理を中心にした居酒屋だ。

e0173645_07391481.jpg

店内は、カジュアルな感じに加え、こじんまりとした空間だから、ちょっとした秘密基地にでも来た感じが楽しい。店の奥に進むと4人掛けテーブル席が4つに、カウンターが7席。入口入ってすぐ左手にカウンターがあるんだけど、以前はここも立ち飲みスペースになっていたんだけど、今でもそうなのかなぁ。

e0173645_07393060.jpg
ハイボール(360円)を発注。
つきだしは南蛮漬け。
e0173645_07394424.jpg
おすすめのホルモン(300円)をもらおうかな。
そういや、ここでホルモンらしいホルモンを食べるのは初めてかも。
もともと、沖縄料理・寿司・ホルモンをウリにスタートしているお店なんだけど、完全に沖縄料理のお店だと思ってるな・・・

かっつり味付がしてあり、甘辛いところに加え、見た目では分かりにくいが意外と唐辛子のひりりがやってくる。ホルモンが細かくカットしてるから、味が濃くてもこってな感じにならないのがいいな。「お好みでどうぞー」と、おろしにんにくと合わせると、これはこれでにんにくの辛味が加わって美味い。
あれ?なんか鼻に抜ける香りが・・・これ、八角が入っているのか、面白いな。
e0173645_07395583.jpg
おあげ沖縄みそ焼き(300円)。
お・・・うまい。熱々に焼き上げたおあげさん、フワサク食感が気持ちいい。つけ味噌は、味噌らしい甘辛さに、ネギのシャキシャキが合うねー
e0173645_07400511.jpg
やっぱり、スクガラスは食べときたいな。
ここに来たら高確率で注文する、スクガラス豆腐(550円)。
島豆腐の上にスクガラスがのっている、おなじみの沖縄料理。スクはアイゴの稚魚で、カラスは塩辛のこと。
魚の塩辛なので、塩漬けの独特のにおいはあるものの、魚そのものに臭みはない。
調味料にもするくらいなので、塩辛としてはなかなかインパクトがあるが、しっかり固めの島豆腐と合わせて食べると、これがまた美味しいんだよね。
e0173645_07401400.jpg

あー、スクガラス豆腐食べると、泡盛飲みたくなるな。
「久米仙」30度(500円)にするか。ふわっと柔らかい甘味があるんだけど、結構すっきりいただけるお酒なんだよね~

e0173645_07402691.jpg
あー美味しかった。
気軽に立ち寄れる雰囲気もいいので、気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:みやぎ屋
場所:池田市石橋1-12-22
時間:15:00~24:30(L.O.24:00)、土日祝は11:30~ 火休
電話:072-760-4129

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-05-15 21:51 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 13日

天王寺の居酒屋「割烹・田舎料理わらじや」

東京から大切な客人を迎えるにあたり、
新世界、西成エリアを散策・・・しかも立ち飲みという暴挙に出てしまった。立ち飲みに至っては、散歩途中なのか犬を連れたおっさんが入ってきて、足元で犬がうろちょろする始末・・・
これはいかん、少し落ち着いた場所で一席設けないと、アクシデントで終わってしまう。

ということで、少しゆっくりできるお店に向かうとするか。
近鉄大阪阿倍野橋駅の南、駅前の喧騒を抜けきったところにあるお店。
「割烹・田舎料理わらじや」だ。

e0173645_15032614.jpg

老舗で、かつ、田舎料理を想起させる風情がにじみ出たいい構え。
店内も民芸調で、我々を温かく迎えてくれる。見えている部分だけで、10席弱のカウンター席に、テーブル席が3つほどだ。結構広い感じなんだけど、女将さんと調理をする板前さんの2人でやっているのかぁ。

e0173645_08540717.jpg

お酒は色々あるんだけど、最初は久々の佐多宗二商店「不ニ才 酷」を。
お芋さんは黄金千貫、芋の甘みにまろやかな口当たり。やっぱり美味しいな。
敷紙ならぬ、和なランチョンマットには、書家による大きな「優」という文字。心穏やかにまいりましょう(笑)

e0173645_15071254.jpg

さて、料理なんだけど…
カウンター後ろの棚上に短冊が並ぶ他、その日のオススメはホワイトボードにびっしり書かれている。割烹・田舎料理ということで、お造りをはじめとする酒肴に加え、ジビエな感じのものや、地域の特産品などもありますなぁ。
このぎゅーぎゅーに書き込まれているホワイトボードにテンション上がる一方、何にしようか悩んでしまう・・・

e0173645_09004047.jpg
悩んでいる間に、付きだしが出てきた。
あらま、四角い小皿に、ちょこちょこっと一品が盛り合わせてある。魚介メインかしら、南蛮漬け、ブリ焼き、つくねにうにくらげ。真ん中にはきんぴらと湯葉。
一つ一つ手間暇かかってるよね~、これだけで何杯か飲めるね(笑)
e0173645_15072124.jpg
お造りは四種盛り(1000円)を。
マグロ、平目、ヤリイカ、つぶ貝、ほたるいかに鱧。4種類のはずが、軽くオーバーして6種になってる。ぷりぷりの富山産のほたるいかもいいし、梅を必要としない鱧湯引きもいいですなぁ。
e0173645_15072906.jpg
シャケハラス(500円)。
何も飾らない、シンプルすぎて隙のないハラス、これがまたいい。なんか分かんないけど、この柄の器との相性が抜群だわ(笑)塩鮭だから塩分はそこそこあるにせよ、酒飲み好みの塩加減に加えて、ほろほろ崩れるハラミの身からは旨みがぐっと広がる。
e0173645_15073984.jpg
「よかったらどうぞ。」
出てきたのは、カゴに入ったお菓子。次に出てくる料理までの間があるからなのか、単純におもてなしなのかは分からないけど、こういうアイテムをきっかけに女将と少し話が出来たりするんだよね。しかも、ついつい、ポリポリやっちゃうわけよ(笑)
e0173645_15075849.jpg
西酒造から「宝山蒸撰綾紫」。
これもうまいんだよね~、久々にありつけるな。紫芋「綾紫」の香りと甘さが素晴らしい~
e0173645_15082141.jpg
油目天(800円)。
アブラメ、一般的にはアイナメと呼ぶほうが知られているのかな。煮付けのイメージがあるけど、こちらでは天ぷらでいただけるんですな。上にのっているお野菜はこごみだ。
皮目と一緒にふわっと揚がっているわー、淡白な白身なんだけど美味し。
e0173645_15083214.jpg
へしこ(580円)。
若狭・丹後地方の名産品ですな。鯖を塩漬けにした後にぬか漬けにするという、昔からある保存食ですな。塩辛いので一度にパクつくものじゃない。少しかじっては酒をチビッ。単に塩辛いだけでなく、しっとり香ばしいのがウマウマ。
e0173645_15084222.jpg
へしこなんて食べだしたら、日本酒も欲しくなるな・・・で、吉田酒造店「手取川」純米吟醸を。相変わらず安定感のある味わいですなぁ。美味い。
e0173645_15085008.jpg
一番最初に発注していなかった生ビール。
焼酎と日本酒を飲んできたから、ちょっと喉も乾いていたし、シメに飲むか(笑)
実は、このお店は珍しく、生ビールがハートランドなのよね。ハートランドを扱うところもそれほど多いわけでもないのに、生ビールで攻めますか。

ク~うめー
e0173645_15090240.jpg
あー美味しかった。
お店の雰囲気も良かったし、女将も気さくでゆっくりとした時間が過ごせたな。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:割烹・田舎料理わらじや
場所:大阪市阿倍野区松崎町2-3-19
時間:17:00~23:00 日祝休
電話:06-6624-4688

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛 facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」 ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き


by nonbe-cclass | 2018-05-13 23:57 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)