人気ブログランキング |

C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:天満・天神橋筋 居酒屋( 17 )


2020年 01月 10日

扇町の居酒屋「イザカヤ 吾福食堂」

大阪メトロ扇町駅の東側、天神橋筋商店街四番街の中にある居酒屋「イザカヤ 吾福食堂」にやってきた。通りから少し奥に入ったところにある。以前に訪れたことあるんだけど、ブログで書くのは初めてだね。天満で人気の居酒屋さんだ。
扇町の居酒屋「イザカヤ 吾福食堂」_e0173645_07071271.jpg
時間によっては待ちの行列ができるけど、めちゃタイミングがよく、テーブル席ですぐに入れた。

生ビールは、プレミアムモルツ(大420円)からいきますか。このお店、テーブル席がメインだけど、立飲みスペースもあるぞ。
扇町の居酒屋「イザカヤ 吾福食堂」_e0173645_07074129.jpg
扇町の居酒屋「イザカヤ 吾福食堂」_e0173645_07090978.jpg
最初にいくつか注文をしたんだけど、その後、スタッフが来て「少しお時間頂くので、スピードメニューはいかがですか?」。
このお店、良心的なことにつきだしがない。あ、メニューにあるスピードメニューのところを見ると、「つきだしがないので、一品頼んで頂けるとすごーく助かります!」と書いてある(笑)
じゃあじゃあということで、吾福のキューリ漬(200円)と枝豆(200円)を。キューリ漬は醤油漬けで、さほどピリ辛な感じゃなく、ついぽりぽりいける一品。枝豆も、料金のわりにボリュームあるし。
扇町の居酒屋「イザカヤ 吾福食堂」_e0173645_07074853.jpg
扇町の居酒屋「イザカヤ 吾福食堂」_e0173645_07075624.jpg
旬なお野菜も気になるし、お肉も外せないなぁ。まずは、牛タタキおろしポン酢(450円)を発注。肉が隠れるほどの大根おろしと青ねぎがもっさりのったひと皿。タタキって薄切りが一般的だけど、ここのはなかなかな分厚さ。しかも、肉のしっとり滑らか質感に、アニマルな肉肉しさがたまらない。
扇町の居酒屋「イザカヤ 吾福食堂」_e0173645_07172080.jpg
肉豆腐(300円)。
結構な割合でお肉入っているんだけど、味に奥行きがありながらも案外とあっさりとした味わい。たっぷりとかかった山椒がいいアクセントになっている。
扇町の居酒屋「イザカヤ 吾福食堂」_e0173645_07080392.jpg
焼き野菜から、たまねぎ(250円)を。
これ、ごつい玉ねぎを外皮ごと丸々焼き上げたもので、岩塩でいただく。シンプルだけど、瑞々しくて甘味が強くめちゃウマ。
扇町の居酒屋「イザカヤ 吾福食堂」_e0173645_07081139.jpg
温かいぽてとさらだ(300円)。
確かにホカホカなポテサラだ…ん?あ、中にコロッケが入っているのか…卵の味も濃厚で、かなり美味し。
扇町の居酒屋「イザカヤ 吾福食堂」_e0173645_07081985.jpg
焼き野菜からもう一つ、生しいたけ(290円)を。ニャハハ、このビジュアルに萌えるわ(笑)、石づきもカットせずそのまま焼いてあるのね。
石づきだけ除いてすだちと岩塩で…ぬおー、肉厚でウメーな。幼い頃は、どちらかと言えば避け気味だった椎茸なのに、今や外せないアイテムなんだよなぁ。
扇町の居酒屋「イザカヤ 吾福食堂」_e0173645_07082504.jpg
ジムビームハイボール(230円)に変えまして。
扇町の居酒屋「イザカヤ 吾福食堂」_e0173645_07083329.jpg
生センマイチョジャンソース(350円)。
チョジャンは唐辛子酢味噌だれなんだけど、甘さ優先の後半に少しひりりが残る感じ。生センマイと相性が良くて、歯応えとこの味についつい箸が伸びる。
扇町の居酒屋「イザカヤ 吾福食堂」_e0173645_07083991.jpg
とうもろこしの天ぷら(250円)。
形状的に、芯の部分も一緒に揚げているのかしらと思ったんだけど、芯はなくコーン満載の天ぷらだった。とうもろこし甘いね〜。
扇町の居酒屋「イザカヤ 吾福食堂」_e0173645_07084608.jpg
だしまきは、プレーンでなく、ねぎ紅しょうが(330円)をチョイス。パッと見分からないけど、刻みの紅しょうが率がすごい。もはや、紅しょうがの玉子包みくらいな勢いだ。これがまたふわふわで、紅しょうがの塩気とねぎのシャキシャキ食感がたまらん。
扇町の居酒屋「イザカヤ 吾福食堂」_e0173645_07085782.jpg
とにかく、ドリンク含めて激安で、かつ、めっさ美味いとなれば、そりゃ人気店になるよね。気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:イザカヤ 吾福食堂
場所:大阪市北区天神橋4-6-19 サンプラザ井上ビル1F
時間:16:00~24:00(土日は15:00~)火休
電話:06-6358-8822

【C級呑兵衛SNS】facebookinstagamtwitter


by nonbe-cclass | 2020-01-10 19:49 | 天満・天神橋筋 居酒屋 | Comments(0)
2019年 11月 24日

天満の居酒屋「匠海山ととにぃ」

JR天満駅を北へ向かってぷらぷら歩いていたら、ふと、魚介メニューが書かれたホワイトボードが目に入った…へー、色々とメニュー豊富なんだぁ。店は2階に上がったところ。
「匠海山ととにぃ」だ。
天満の居酒屋「匠海山ととにぃ」_e0173645_21375862.jpg
まだ新しいお店のようで、入ってすぐにカウンター8席、奥に進むとテーブル席があり20人はいけるキャパだ。お店のご主人が、とても物腰が柔らかく気さくな人なので、アットホームな空間に自然となっちゃってる。

つきだしに数の子。酒飲みをいきなり4速まで加速させやがるぜぃ。
天満の居酒屋「匠海山ととにぃ」_e0173645_21501347.jpg
お造りは単品もあるんだけど、1貫ずつ色々食べたいので、盛り合わせ(780円)を。写真は3人前なんだけど、鰆、カンパチ、戻り鰹、帆立貝柱、鯛、あおりいか、はまち…と、7種もあって超お得。しかも、新鮮で美味し。戻り鰹のもちっと質感、お味濃厚な貝柱がたまらんわね。
天満の居酒屋「匠海山ととにぃ」_e0173645_11230308.jpg
そして、タラ白子をポン酢(880円)で。
小鍋のようにお野菜と一緒に。プリンプリンで濃厚な味わい、白子って美味しいよね~。これからより美味しくなる旬な食材ですな。
天満の居酒屋「匠海山ととにぃ」_e0173645_11233755.jpg
魚介も美味しいけど、お野菜もね。
ちいたけ・大黒しめじを天ぷらで(各580円)。マリオのゲームに出てきそうな大黒しめじはよく知っているけど、ちいたけって初めて聞いたな。食感よろしく小さいのに味が濃いなぁ。説明では「小さい椎茸ですー」と言うことだったんだけど、それは間違いないんだけど、これ、徳島のブランド椎茸だったんだね。ミシュランのお店でも使われる食材なんだそうな。
天満の居酒屋「匠海山ととにぃ」_e0173645_11234014.jpg
このふあふあ感がたまらんわね、出汁巻き玉子(680円)。
めちゃくちゃええダシがきいているので、口の中のテンションが上がってるわ。
天満の居酒屋「匠海山ととにぃ」_e0173645_11240096.jpg
今回、わーっと人数で行ったこともあって、これらのお料理の間に日本酒をガンガンにいってるわけ。松竹梅「豪快」意外にも、いい地酒がいくつかあって紹介したかったんだけど、写真撮るの完全に忘れてるわ。有田焼の猪口も格好良かったんだよねー
あと実は、御坊市のご当地グルメ、せち焼きがあるのもチェックしていたのに食べれなかったー

また改めて行かんとあかんわ。
こだわりの美味い魚介、旬なもんが食べたい人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:匠海山 ととにぃ
場所:大阪市北区天神橋筋5-8-26 イニングビル 2F
時間:16:00~23:00(L.O.22:30)月休
   ランチ(水~日)11:30~14:00(L.O.13:30)
   ランチ・昼飲み(日祝)11:30~16:00(L.O.16:00)
電話:06-6355-5100

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!


by nonbe-cclass | 2019-11-24 14:51 | 天満・天神橋筋 居酒屋 | Comments(0)
2019年 11月 17日

天満の居酒屋「大安」

飲み会の集合時間まで後15分か・・・ちょっとだけ0次会しよー
JR天満駅を出て、商店街に出るまでの短いごちゃごちゃっとした通りの中。間口の狭いお店、立呑み「大安」に入ってみるか。
天満の居酒屋「大安」_e0173645_09300723.jpg
美味そうな食材がならぶ冷蔵ケースに沿ってL字のカウンターと、反対側の壁に沿って立ち飲み用テーブルがいくつか。

ハイボール(300円)と・・・そうそう、お店の外に出てたスタンドボードに書いてあったな、牡蠣もらお牡蠣。
坂越かきポン酢(480円)。今年も、坂越の牡蠣には沢山お世話になるかしら(笑)
くー、やっぱり美味い。
天満の居酒屋「大安」_e0173645_09300965.jpg
もうひと品、きずしもらおうかな。
五島列島さばきずし(480円)を。坂越の牡蠣もいいし、五島列島もんも何でも美味いし、食材にこだわってるなぁ。お、出てきた瞬間に「はい!美味しいやつ」と分かる鮮度と〆具合。
天満の居酒屋「大安」_e0173645_09301125.jpg
酢〆浅めに、ほぼお造りだよね。脂ノリノリでしっとりウメー

やばいやばい、もう駅に皆が集合しつつあるので急いで出ないと。
ホント満足度の高い、JR天満駅前のいい立ち飲み屋さんだわー
また来ないと。
気になる人は是非ー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:大安
場所:大阪市北区天神橋4-11-2
時間:16:00~23:00 日祝休
電話:06-6351-4155

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!


by nonbe-cclass | 2019-11-17 08:09 | 天満・天神橋筋 居酒屋 | Comments(0)
2019年 09月 21日

天満の串焼き・鉄板焼「一富士」 oishii

JR天満駅を、天神橋筋商店街に出たところすぐ。
今回は知人とのお食事会ということで、お店のチョイスをお任せしていたのだけれど、これがとっても美味しいお店だったので紹介するね。

駅から商店街に出たら、大きな赤い提灯を探そう。すぐ見つかると思うけど(笑)
串焼き・鉄板焼のお店「一富士」だ。昭和23年創業の老舗で、南森町や福島にも店舗を構えている。
天満の串焼き・鉄板焼「一富士」_e0173645_07203687.jpg
2階建てなんだけど、1階カウンターが6席、2階に4人掛けテーブルが3つというこじんまりとしたキャパが尚いい。

串は単品(1串100円~)でもいいんだけど、ご主人のおすすめを頂きたいところ。今回は、おまかせコースを。季節の串を中心に、ストップというまで順に串が出てくるコースだ。

はい、ひと串目でテンション上がるー
貝柱ベーコン。帆立貝柱の間に、ししとうとベーコンが挟んである。
ホタテが旨みぎゅーなところに、ベーコンの香ばしい風味と味わいとがいい相性だ。
天満の串焼き・鉄板焼「一富士」_e0173645_07204685.jpg
えのき巻き。
海苔とベーコンで巻いているのね。わ、えのきがしゃきしゃきでウメー
天満の串焼き・鉄板焼「一富士」_e0173645_07205512.jpg
ん?この餃子みたいなのはなんだ?
かに巻だって~。贅沢にかに身を餃子の皮で包んでいるんですな。
天満の串焼き・鉄板焼「一富士」_e0173645_07210884.jpg
コンニャクは、子持ちコンニャクを焼き上げてあるのか。つぶつぶ食感がいい酒の肴になるわ。もう一つは、シュウマイ。肉の旨みがきいた餡がうまいなぁ、酸味をおさえたタルタルとの相性もバッチリ。
天満の串焼き・鉄板焼「一富士」_e0173645_07211830.jpg
んーなんだなんだー
ホイルで包んだ串が出てきたぞ。あっつ・・・カサカサワサワサしながら、ホイルを開いてみると、何やらフィンガーチョコレートみたいなのが出てきたぞ。
へー、これ枝豆なんだって。ちょっとつぶつぶ食感も残しつつも、こした枝豆を蒸し焼きにしているんだね。ニャハハ、ほんと枝豆の風味がすごくするわ。
天満の串焼き・鉄板焼「一富士」_e0173645_07212525.jpg
わー、久しぶりの谷中生姜。
蒲田にいたとき、旬になるといろんな居酒屋で見かけるアイテムだったんだよね。ネームイングのとおり、谷根千の谷中が発祥だから、関西ではあまりみかけないのかしらと思っていた。
この長い葉生姜、見た目のインパクトもいいんだけど、お味もとても爽やかで美味いわけ。これは鳥ミンチかしら(違ってたらごめんちゃい)と合わせるとこで、つくねのような味わいとサクサクッと食感が楽しめる。旨し。
天満の串焼き・鉄板焼「一富士」_e0173645_07213264.jpg
アスパラとれんこん。
アスパラにベーコンを巻いて・・・わかっていても美味いコンビネーションだよね~。れんこんもしゃきしゃきがたまらんわ。
天満の串焼き・鉄板焼「一富士」_e0173645_07213856.jpg
しいたけミンチ。
国産和牛のミンチをぎゅぎゅっと詰めて・・・随所に登場する自家製タルタルソースもアクセント。しいたけとミンチそれぞれのジューシーな旨みがうまく絡み合うなぁ。
天満の串焼き・鉄板焼「一富士」_e0173645_07214643.jpg
食べ物に気をとられてドリンクのことを全然かいてないや・・・
おいしい日本酒ということで、地酒が10種ほどあるのね。高知は亀泉酒造「亀泉」(850円)などを飲んだんだけど・・・ちょっと変わり種が。
島根、加茂福酒造「加茂福」があったんだけど、同じ酒造会社が出す日本一縁起の悪い名前のお酒」とする「死神」(750円)があるじゃん。ネーミングがネガティブなだけでなく、辛口ブームにあえて逆光し甘口の芳醇な味わいに仕上げたお酒。
古酒のような見た目に、お・・・なかなかオシの強い酒やな。
天満の串焼き・鉄板焼「一富士」_e0173645_07215195.jpg
シメには焼きめし(700円)。
これ、炒め具合がたまらんなぁ。パラパラに仕上がってる焼きめしは、紅生姜や青ネギの風味がきいてほっこりする。シメなのに、これなんぼでもいけるな・・・
天満の串焼き・鉄板焼「一富士」_e0173645_07215497.jpg
話が盛り上がり、ついつい閉店時間まですみません。
いやー満足満足。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:一富士 天四店
場所:大阪市北区天神橋4-4-11
時間:17:00~22:00(L.O.21:30) 日・不定休
電話:06-6351-9641

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!


by nonbe-cclass | 2019-09-21 15:08 | 天満・天神橋筋 居酒屋 | Comments(0)
2019年 02月 21日

天神橋筋六丁目の居酒屋「やしの実食堂」 oishii

前から行ってみたいなぁと思っていたんだけど、
先日、ひょんなことから暖簾をくぐることになりラッキー。
天神橋筋六丁目駅から少し東に歩いたところにある立ち飲み、「やしの実食堂」だ。
天神橋筋六丁目の居酒屋「やしの実食堂」_e0173645_10124698.jpg
所々にハワイやカリフォルニアをイメージさせる小物でデコレートされた、明るい雰囲気の店内。L字カウンターに、テーブルカウンターが2つ。

色んなジャンルの一品がある中で、魚介、特に本鮪が魅力。
まずは、本鮪中とろ(680円)から。脂ノリノリで、まろやかな質感と味わいが魅力ですなぁ。美味い。
天神橋筋六丁目の居酒屋「やしの実食堂」_e0173645_10125405.jpg
本鮪がウリとなると、造り盛り合わせなんてものがあるんだけど・・・そんなくくり方があるのね。頭の部位盛り合わせ(1000円)。確かに、頭部だけでも色んな部位があるかぁ。

「!」

いやいや、目玉はいらないんですけど・・・目ヂカラがすごいな(笑)
ほほ肉、眼肉、あご肉、のう天の4種だ。
同じ鮪なのに、部位によって全然食感や味わいが違うんだよなぁ。中でも眼肉、そもそも眼肉そのものを扱っているところも少ない上に、これ、造りだっせ。臭みがあるのかと思いきや、全くないどころか、柔らかい牛肉刺身を食べているようだ。
あご肉もいい弾力で旨みが凝縮されている感じ、いい酒の肴だわー
天神橋筋六丁目の居酒屋「やしの実食堂」_e0173645_10125709.jpg
ちょっと、スモークな味が欲しかったのでサバくんせい(280円)を。
あーうまい、スモークの香ばしさがたまらんわね。
天神橋筋六丁目の居酒屋「やしの実食堂」_e0173645_10131458.jpg
大分は中野酒造から「裏ちえびじん」純米吟醸生(580円)。
「ちえびじん」の番外編ですな。甘さと吟醸香がしっかりめのタイプなんだけど、切れ味がいいな。
天神橋筋六丁目の居酒屋「やしの実食堂」_e0173645_07460826.jpg
お造り、燻製ときて・・・本鮪カツ(300円)。
まずのところ、衣がざっくざく食感で旨し。刺身ももちろんいいけど、このホクホク感も贅沢だよね~
天神橋筋六丁目の居酒屋「やしの実食堂」_e0173645_10132783.jpg
山形の秀鳳酒造から「珠韻」(580円)。
精米歩合も酒度も非公開らしいけど、あら・・・まろやかな甘みながら非常にクリアな味わい。飲みやすく、とっても上品で華やか。
天神橋筋六丁目の居酒屋「やしの実食堂」_e0173645_10135612.jpg
アンチョビポテサラ(380円)。
しっとり、じゃがいもの味がしっかり出て美味し。
天神橋筋六丁目の居酒屋「やしの実食堂」_e0173645_10140572.jpg
鶏のくんせい3種盛(480円)。
さっきの鯖もそうだけど、オリジナル燻製が結構ハマる味わいなんだよね。しかも、部位チョイスがセセリ・ナンコツにハラミって、酒飲み大好きアイテムばっかりやないか(笑)
天神橋筋六丁目の居酒屋「やしの実食堂」_e0173645_10141378.jpg
アジフライ(280円)は、クリスピーな衣が軽快でサクサク。
白身がフカフカほっこりでグー
天神橋筋六丁目の居酒屋「やしの実食堂」_e0173645_10142185.jpg
こちらは限定モデル、今宮戎神社御祈祷酒「春鹿」立春朝搾り(600円)。
奈良、今西清兵衛商店「春鹿」なんだけど、「立春の早朝に搾る」生原酒で、今宮戎神社でお祓いもされるもの。
楽しくめでたい日に、こんなめでたい酒が飲めるという、何という幸せな日なのでしょう。すっきり爽やかでうまい。
天神橋筋六丁目の居酒屋「やしの実食堂」_e0173645_10143178.jpg
実は、今宮戎神社御祈祷酒でもう一つ、京都ハクレイ酒造の「酒呑童子」も。下の写真の右端、さっきの「春鹿」と同じラベルだけど、これが「酒呑童子」。
天神橋筋六丁目の居酒屋「やしの実食堂」_e0173645_10145412.jpg
「おら、悟空だ」。
どうみても、某アニメを思い出させるラベルだよな・・・
京丹後、白杉酒造「SATORU NO SAKE KIMOTO」純米生酛原酒。こだわりの限定酒で、遊び心もありながらしっかりどっしりのお酒が楽しめる。
天神橋筋六丁目の居酒屋「やしの実食堂」_e0173645_10150726.jpg
立ち飲みなのに、閉店時間近くまで絶好調な千鳥足。おかげで、最終電車逃したやないか・・・でもね、楽しいお酒はこうでないと。美味しい酒肴が会話に華を添えてくれたね。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:やしの実食堂
場所:大阪市北区天神橋6-3-26
時間:17:00~24:00 水休
電話:06-6353-5115

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2019-02-21 07:52 | 天満・天神橋筋 居酒屋 | Comments(0)
2018年 12月 14日

天満の居酒屋「カニとサカナの場 Casava(カサバ)」 oishii

居酒屋と言っちゃうと申し訳ないな・・・
だって魚屋さんだもんな。

JR天満の北側、いわゆる裏天満エリアなんだけど、ここにお洒落なカニの看板がかかるお店が・・・「カニとサカナの場 Casava(カサバ)」だ。このエリアならではのビニシーが迎えてくれる。
天満の居酒屋「カニとサカナの場 Casava(カサバ)」_e0173645_07262684.jpg
店の前には、兵庫県香美町<(有)北由商店>を掲げた、両手にカニお兄さんの立て看板。兵庫県北部の地名が出てくると、何かもうそれだけで美味しいものにありつけそうな予感。

「立ち飲みOK!」「お持ち帰りOK!」とあったので、ちょっと中に入ってみるか。
おー、水槽に入ったタグ付き活カニをはじめ、ボイルかにや干物など海産物がケースにぎっしり。確かに魚屋さんだよねー
天満の居酒屋「カニとサカナの場 Casava(カサバ)」_e0173645_07271306.jpg
天満の居酒屋「カニとサカナの場 Casava(カサバ)」_e0173645_07270904.jpg
天満の居酒屋「カニとサカナの場 Casava(カサバ)」_e0173645_07270305.jpg
実際に、香住漁港直送の魚屋として利用するお客さんも結構やってくる。

お店の中頃にあるケースを覗くと、ちょい飲みできるような小鉢や惣菜、そして、日本酒も香住にこだわり「香住鶴」が並んでいる。
天満の居酒屋「カニとサカナの場 Casava(カサバ)」_e0173645_07275448.jpg
ケースに入っているカニや干物などを調理してもらうことも出来るし、この小鉢を肴に飲むことも出来るわけか。
じゃあ、小鉢もらうかな。よりどり3つで380円だ。カラフルに並ぶところから、ポテサラ、鯖へしこ、いかとわけぎのぬたをチョイス。
ドリンクは、香住鶴(純米もあるよ)以外に、生ビール(500円)やグラスワイン(500円)などもあり、今回はチューハイ(380円)を発注。

店内には、カウンターと立ち飲み用テーブルが少しある。
酒やうまい肴を楽しみながら、「次何食べようかなかぁ」と絶えず、目はケースにある海産物を向いてる感じ(笑)
天満の居酒屋「カニとサカナの場 Casava(カサバ)」_e0173645_07275892.jpg
惣菜も一つ一つ丁寧に作られているよん。へー、こういった惣菜も持ち帰りできるのかぁ。へしこ美味し~、いかもめちゃ柔らかいな。

んー、カニがこれだけあると、やっぱりちょっと食べてみたいなぁ・・・

入口にあった、価格的にお手頃な紅ガニ(ボイル)をお願いするか(2000円)。
お、なかなかボリューミーな感じだな。身がしっかり入って、しかもふっくら瑞々しくて甘いわ。ウメー
天満の居酒屋「カニとサカナの場 Casava(カサバ)」_e0173645_07280268.jpg
香住のうまいもんを手軽に楽しめるのがいいね。
気になる人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:カニとサカナの場 Casava(カサバ)
場所:大阪市北区天神橋5-2-9
時間:11:00~22:00 火休
電話:06-6135-1165


【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き



by nonbe-cclass | 2018-12-14 07:55 | 天満・天神橋筋 居酒屋 | Comments(0)
2018年 10月 07日

天神橋筋六丁目の居酒屋「うまい魚と炭火焼 泰三屋」

天神橋筋六丁目駅のすぐそば、天神橋筋商店街から少し東側へ路地を入ったところ。
白い提灯が目印の、「うまい魚と炭火焼 泰三屋」だ。
天神橋筋六丁目の居酒屋「うまい魚と炭火焼 泰三屋」_e0173645_22582448.jpg
中に入ると、明るい雰囲気のカウンター席が10席強奥へと続き、その先にはテーブル席があるみたいね。カウンター席に座って・・・
店の外にもメニューが掲げられていたんだけど、日本酒が前に出ている感じだったので、こりゃ肴が楽しめそうだ。実際にメニューを見てみると、魚介ものと日本酒がメインで、炭火焼は、焼鳥と魚介の炙りもんがならぶ。

新サンマの造り(580円)からもらおうかな。
尾頭付きで、伝わるかなぁ・・・そりゃもう脂ノリノリ。
天神橋筋六丁目の居酒屋「うまい魚と炭火焼 泰三屋」_e0173645_22583623.jpg
炭火焼は、鶏でいってみるか。魚介で攻めたい人は、エイヒレや輪島産のもみいかなどもあるぞ。

せせり(1本150円)と自家製つくね(1本150円)。
鶏は朝〆の国産若鶏で、これを備長炭で焼き上げる。ここのせせりはねぎまスタイル、おっ・・・旨みがぎゅっと閉じ込められて、頬張るとじゅわ~と口の中に広がる。鶏も柔らかくてウメー。つくねもふかふかでおいちー
天神橋筋六丁目の居酒屋「うまい魚と炭火焼 泰三屋」_e0173645_22584609.jpg
店に入った時から気になってたんだけど、やっぱり頼も。
岩手の喜久盛酒造「タクシードライバー」純米原酒。ネーミングもさることながら、ラベルのインパクトもすごいな(笑)
天神橋筋六丁目の居酒屋「うまい魚と炭火焼 泰三屋」_e0173645_22585357.jpg
しっかりどっしりながら、飲み飽きしない美味しいお酒。
映画好きの蔵元と映画関連デザイナーにより命名されたそうな。まずは色んな人に注目してもらう、そして、美味さを知ってもらう・・・震災復興の中、厳しい条件の中で生まれた話題のお酒だ。

お店の名物、漁師盛(980円)。
ウニとイクラのお寿司。握りじゃなくて、これ、かっぱ巻きの上に、ウニとイクラをベローンとお贅沢にのっけちゃってるのね。
天神橋筋六丁目の居酒屋「うまい魚と炭火焼 泰三屋」_e0173645_22590037.jpg
しっかりしたお酒には、しっかりした味の肴も・・・
能登輪島から直送の、ふぐの卵巣ぬか漬け(480円)を。
塩気がきついから、ちょびちょび食べないと。くー、日本酒とあうね~
天神橋筋六丁目の居酒屋「うまい魚と炭火焼 泰三屋」_e0173645_22590814.jpg
新潟、麒麟山酒造「麒麟山」超辛口(580円)。
口当たりがまろやかなんだけど、案外とあっさりキレのあるお酒。
天神橋筋六丁目の居酒屋「うまい魚と炭火焼 泰三屋」_e0173645_08574411.jpg
あ~日本酒飲み出すと、肴も注文がと止まらなくなるじゃあないか。
能登もんがどれも気になって仕方がない・・・もみいかももらっちゃお。
こりゃ酒好きには必須アイテムだよね。いわゆる丸干で肝もそのままだから、いか身の旨みはもちろん、肝の苦味ととろみがもーたまらんわね。
天神橋筋六丁目の居酒屋「うまい魚と炭火焼 泰三屋」_e0173645_22592180.jpg
銀杏(580円)。
大きくていいサイズの銀杏だわー、栗のような質感とホクホク感がグー
天神橋筋六丁目の居酒屋「うまい魚と炭火焼 泰三屋」_e0173645_08591857.jpg
あー美味しかったし、よー飲んだ~(ブログには飲んだ酒全部書いてないからね)
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:うまい魚と炭火焼 泰三屋
場所:大阪市北区天神橋6-5-34
時間:17:00~23:30(L.O.23:00)
電話:06-6353-3150

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-10-07 09:37 | 天満・天神橋筋 居酒屋 | Comments(0)
2018年 09月 26日

天満の居酒屋「天満酒蔵」

天神橋筋商店街5丁目、アーケード商店街の中にある居酒屋、「天満酒蔵」
ザ・大衆居酒屋な感じで入りやすそうだ。昼間っから飲んだくれている人達で賑わっていることも確認できたので、その中に混ぜてもらおうっと。
天満の居酒屋「天満酒蔵」_e0173645_07384183.jpg
奥へとずらーっと続くカウンター席と2人掛けテーブル・・・大箱の構えで、老舗の貫禄が十分伝わってくる。
メニューも豊富でお安いときてるから、そりゃ人気あるよね。

まずは、お造り盛り合わせ(1000円)から。
まぐろ、紋甲烏賊、はまちにいたや貝。ボリュームある盛り合わせだから、とりあえず最初に注文して、食べている間に豊富なメニューをじっくり観察しよう。
天満の居酒屋「天満酒蔵」_e0173645_07390302.jpg
フードも安いけど、ドリンクも安くていいなぁ。
焼酎(270円)をちびちびやってるんだけど、ちなみに、ビールなら大瓶400円、生なら350円だ。
天満の居酒屋「天満酒蔵」_e0173645_07385107.jpg
少し、塩気のあるものをいただこうかな。
鯛塩焼き(250円)を。
これだけ品書きがあっても、出てくるのにそれほど時間がかかってないんだよな。
お、肉厚だし、ええ塩梅で塩がきいてウメー
天満の居酒屋「天満酒蔵」_e0173645_07385450.jpg
湯豆腐(200円)を注文すると、うどん鉢に入って出てくるのか。
シンプルに、絹ごしにとろろ昆布と青ねぎをちらして。
あっさりめのおダシながら結構入っているので、ダシだけで酒飲めるな。
天満の居酒屋「天満酒蔵」_e0173645_07385756.jpg
焼鳥(300円)。
ここの焼鳥は、鉄板で焼くタイプのやつだ。石橋の立ち飲み「ふじさわ」を思い出すぜ。白ねぎでなく、玉ねぎを挟んでいる。これが、いいアクセントになって美味い。
天満の居酒屋「天満酒蔵」_e0173645_07390008.jpg
一人でも、みんなでワイワイでも使えるお店ですな。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:天満酒蔵
場所:大阪市北区天神橋5-7-28
時間:11:00~23:00(L.O.22:30)週1回不定休
電話:06-6353-3792

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-09-26 07:48 | 天満・天神橋筋 居酒屋 | Comments(0)
2018年 09月 19日

天神橋筋六丁目の居酒屋「北浦酒店」

天神橋筋六丁目の交差点から西に向いて歩き、最初の信号を北にあがったところ。
あ、ちょっと奥まったところに建物があったのか、行き過ぎちゃった。
やってきたのは、「北浦酒店」だ。
天神橋筋六丁目の居酒屋「北浦酒店」_e0173645_17322379.jpg
からからと引き戸を開けると、お~お客さんで賑わってるなぁ。
店内右手の棚や奥の冷蔵庫には色んな酒が販売されているんだけど、店の左手にはカウンター席、中央部分にはテーブル席が並ぶ。先客は、テレビで流れている競馬や野球の話で盛り上がっている。
やー、お見事な角打ち。

店のおかあさんが「ここで」と、空いていた席へ案内してくれる。一旦、座ったものの、すぐに席を立って奥の冷蔵庫を目指す。他の客を見ると、店に入ってきて席につかず冷蔵庫にまっしぐらなんだよね。

ドリンクは自分で取って、と。あ、一緒に小鉢も並んでいるなぁ。
天神橋筋六丁目の居酒屋「北浦酒店」_e0173645_17324511.jpg
赤星(大瓶450円)と枝豆で始めましょう。
瓶はアサヒ、キリンにサッポロがスタンバッている。
あ、枝豆は茶豆ですな。香ばしくてうまい。
天神橋筋六丁目の居酒屋「北浦酒店」_e0173645_17325389.jpg
冷蔵庫にあるもの以外にも、乾き物から一品メニュー、何ならもうそれは食事メニューじゃないかと思うようなものまでがあるんですなぁ。

白菜ぬか漬けをもらおうかな。
おいおい、これは小鉢とちゃうんかい!・・・ものすごいボリュームやな(笑)
古漬けで、酸っぱいのがこれまたいいわー
天神橋筋六丁目の居酒屋「北浦酒店」_e0173645_17330601.jpg
あかん、白菜だけでどんなけ飲まなあかんか(笑)
樽熟成焼酎ハイボール(レモン:350円)を。
天神橋筋六丁目の居酒屋「北浦酒店」_e0173645_17332229.jpg
さて、せっかくここに来たんだし、これは注文しとかなあかんかな。
ビフカツ

角打ちでビフカツある店なんて聞いたことないわ。
はい、どーん。
天神橋筋六丁目の居酒屋「北浦酒店」_e0173645_17333631.jpg
この赤身たまらんわね。
かりっと香ばしい衣に包まれているんだけど、このほぼ生肉のようなレア感。これがね、まためっさ柔らかい。肉好きにはたまらん、素晴らしいクオリティ。

フードメニューには値段が書いていないんだけど、
どうだろう、いまこのブログにあげたドリンク・フード全体で3000円くらいかと。

気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:北浦酒店
場所:大阪市北区本庄東1-12-18
時間:10:00~22:00(日祝は~18:00)不定休
電話:06-6371-1876

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-09-19 21:35 | 天満・天神橋筋 居酒屋 | Comments(0)
2018年 08月 27日

天満の居酒屋「ワイン革命 八百屋魚屋」

土曜日のお昼間。
大阪は天満界隈。天神橋筋三丁目商店街の中にあるお店。
「ワイン革命 八百屋魚屋」
天満の居酒屋「ワイン革命 八百屋魚屋」_e0173645_09425361.jpg
どこが入口だ?あ、これか。「ワイン革命」というワードながら・・・なんか、洋風な感じはなく、街なかの角打ちみたいだな。ワイン革命に留まらず、「八百屋魚屋」というのも気になりますな。

中に入ると、あ・・・外観と異なり、カジュアルでスペインバルな雰囲気なのね。

とりあえず、ドリンクを・・・生ビールを注文しようとすると、スタッフが「どうです?お酒3杯は飲まれます?であれば、1時間フリードリンクがお得ですけど」
飲み放題システムがあるのか。
生ビール、ウイスキー、焼酎などに12種類のワインが1時間飲み放題で1000円だ。どう考えても3杯で済むわけがないので、迷わずフリードリンクを発注だ。

それにしても、メニューがめちゃあるな。スペインバルとさっき書いたけど、500円くらいまでのタパスが色々あるわけ。悩むわー
とりあえず、シェフのきまぐれタパス盛り合わせ3種(980円)あたりから始めるか・・・
ワインは、ブエノスディアス シャルドネ・ソーヴィニオン。爽やかな辛口~
天満の居酒屋「ワイン革命 八百屋魚屋」_e0173645_09434298.jpg
盛り合わせは、カポターナ、ガーリックトーストにアンチョビマヨポテトだ。
茄子やパプリカなど野菜ゴロゴロのカポターナ、お・・・トマトソースうめーな。
野菜たっぷり摂れるわ。
天満の居酒屋「ワイン革命 八百屋魚屋」_e0173645_09433485.jpg
夏のおすすめメニューということで、
夏のカルパッチョ フランボワーズソルベとフルーツで(1180円)。
舌を噛みそうなおしゃれメニューを、C級呑兵衛が頼んでいいのかしら・・・

それにしても、まさに店名に合った一品だな…たっぷりのマグロ・はまち・サーモンに、キウイやマンゴーなどのフルーツ、そして、シャーベットのようなベリーのソルベ。
それはそれはもう、楽園のような華やかさ。映えですよ、映え。
ひゃっこいねー、フルーツの甘みや酸味が面白い。普段、あまりフルーツ食べないから有難いわ。一方で、魚も大ぶりなカット、食べごたえ充分なんだよね。
改めて言うよ、朝食じゃないよ。酒飲みおっさんの酒飲みアイテムだよん。
天満の居酒屋「ワイン革命 八百屋魚屋」_e0173645_09441151.jpg
甘エビのスパイシー唐揚(390円)。
いいボリューム感に、軽快なサクッと感。旨みスパイスという感じで、辛いという感じではないぞ。
天満の居酒屋「ワイン革命 八百屋魚屋」_e0173645_09441563.jpg
砂肝のコンフィ(390円)、なかなかな肉厚砂肝をムニムニ。
天満の居酒屋「ワイン革命 八百屋魚屋」_e0173645_09441709.jpg
赤ワインは、マホ テンプラニーニョ。
重すぎず、ほどよい渋みが飲みやすい。ここで、パルマ産生ハム(380円)を発注。ほどよい塩分と、脂のしっとり質感と甘味がワインによく合う。
天満の居酒屋「ワイン革命 八百屋魚屋」_e0173645_09442116.jpg
天満の居酒屋「ワイン革命 八百屋魚屋」_e0173645_09442484.jpg
魚介も野菜もフルーツも、がっつりありつけるラインナップが嬉しいね。
昼間から飲み放題も利用できるとは、なんて有難いお店なんだ。
天神橋筋商店街へ、是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ワイン革命 八百屋・魚屋
場所:大阪市北区天神橋3-5-13
時間:11:30~23:00(土日・祝前日は~24:00)
電話:06-4981-7941

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き


by nonbe-cclass | 2018-08-27 22:38 | 天満・天神橋筋 居酒屋 | Comments(0)