人気ブログランキング |

C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:阪急池田 カレー・インド料理( 4 )


2020年 06月 08日

池田のカレー「燻製カレー 池田本店」

阪急池田駅前のロータリーから、国道176号線池田駅東口交差点を五月山へ向かう桜通りへ。
1つ信号を過ぎるとすぐ、風になびく「燻製カレー」と描かれた日除け暖簾が目に入る。以前から来ようと思っていたお店。
「燻製カレー池田本店」だ。
池田のカレー「燻製カレー 池田本店」_e0173645_08280928.jpg
もともと「中華そば ハチ」があったところで、5人ほどで満員御礼のカウンターだけのお店。このご時世の対策もあり、今は椅子を間引いて4席で営業をしている。
池田のカレー「燻製カレー 池田本店」_e0173645_08282708.jpg
「!」
写真には収めていないけど、カウンターにいい感じの燻製豚ブロックがドン・ドン・ドンと並んでいる・・・

どうするかな・・・
初来店だから定番の自家燻製豚のカレー(800円)もいいし、人気の自家燻製豚とチーズのカレー(800円)も魅力。
お、数量限定メニューもあるのか。これにしようかな・・・ということで、
燻製豚と燻製カシューナッツといぶりがっこクリームチーズのカレー(1000円)。

わおー、美味そうなカレーがやってきましたぜ。
池田のカレー「燻製カレー 池田本店」_e0173645_08285469.jpg
しずく型のキュートな器に、色々ゴロゴロ入って立体的な盛りつけになってますな。
メインの燻製豚は、一口サイズで厚みのあるカット。2日間かけて熟成させた豚バラを、桜チップと泥炭でじっくり燻したものだそうな。口の中に放り込むと、厚みのある豚からジュワッと旨味。いい甘味が広がりますなぁ。燻製の香ばしくて豊かな風味も美味い!
池田のカレー「燻製カレー 池田本店」_e0173645_08292156.jpg
いぶりがっこはもちろん、カシューナッツも燻製ね。
ライスの上にポテトサラダ、めちゃしっとり滑らかなんだけど、ここにもカリカリ燻製ナッツが紛れてる。
池田のカレー「燻製カレー 池田本店」_e0173645_08293633.jpg
カレールーは、水分をある程度飛ばした粘度高めのルー。飴色玉ねぎの甘味、爽やかなカルダモンの香りをきかせたオリジナル・・・甘味も香りもうまく織り交ざっているんだけど、比較的辛味に仕上げてあるんだよね。そのスパイスな辛さが、豚の甘味と絶妙にマッチしている。クリームチーズもいぶりがっこも、全然奇抜な感じならずに、うまく全体に馴染む妙。

いや~美味しかったなぁ。
気になる人はぜひ!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:燻製カレー 池田本店
場所:池田市菅原町8-14
時間:11:30~15:00、17:00~21:00 不定休
※緊急事態宣言等の影響で営業日・営業時間の変更あり


by nonbe-cclass | 2020-06-08 08:32 | 阪急池田 カレー・インド料理 | Comments(0)
2019年 09月 18日

池田のカレー「プロペラ」

阪急池田駅前の国道176号線池田駅東口交差点を北上し、桜通りをてくてく。職業安定所を過ぎ、箕面池田線をさらに五月山へ向かうと、右手にノボリが見えてくる。

「プロペラ」だ。
まだ新しい構えだね、本格カレーの文字が食欲をそそるぜ。
池田のカレー「プロペラ」_e0173645_06151988.jpg
池田のカレー「プロペラ」_e0173645_06153217.jpg
カウンター、テーブル席合わせて20席ほど。日曜日の、もうそろそろ13時になろうかというタイミングで白い暖簾をくぐったんだけど、満員御礼。

メニューを見ると、カレーのお店ということで、カレーライスでいくかカレーうどんでいくかという難易度の高いチョイスが(笑)
カレーライスはプレーン(680円)以外に、炙りチーズカレー(780円)、カツカレー(930円)に薬膳カレー(880円)。
同様にカレーうどんもプレーン(780円)、炙りチーズうどん(880円)、カツカレーうどん(1030円)、薬膳カレーうどん(980円)に加えて、白いカレーうどん(1000円)というラインナップ。

今回は、食べるメニューを決めて入ったので、迷わずこれを。
白いカレーうどん。うどん大盛(100円)にしよー。
池田のカレー「プロペラ」_e0173645_06152318.jpg
ニャハハ、こりゃ見た目スイーツ(笑)
カレーだというのに、上面を完全に覆う形で真っ白。
ペロッ…あ、甘。生クリームみたいにねっとりしてなくて、フワフワした食感からしてメレンゲではないかと思うんだけど、それにしてもまあまあな量で入っているわけで、これでカレーが楽しめるのだろうか。

鉢の中程から箸をあげてみると、良かった(笑)、カレーうどんの登場だ。
池田のカレー「プロペラ」_e0173645_06152625.jpg
あ、このカレー、スパイスきいて思ったよりもピリ辛感があるんだね。すでに美味いところ、この麺とメレンゲを全体的にしっかり混ぜる。

メレンゲの程よい甘さが全然嫌味なく、良いまろやかさを演出。全体的に甘くなっちゃうんじゃないかと思いきや、おいおい、後からヒリヒリが主張してくるぞ。抜群のバランスを考えて辿り着いた味なんだろうな。おいしー

もちもちした麺を一通り食べた後、鉢を一旦引き上げてもらい、ご飯(150円)と炙りチーズ(100円)を合わせてリゾット風に。麺大盛りで食べた後なんだけどね、これも食べとかないと。
池田のカレー「プロペラ」_e0173645_06152967.jpg
追い飯感がないクオリティ。
ここでも、さっきの甘さによるまろやかさが非常にいい活躍をしてて、チーズと相まってコクのある味わいが、ついつい食べ進んじゃうんだよねー

もともと、「居酒屋なかむら家」という居酒屋だったのを、店名含め今のスタイルに変えたようなんだけど、実はメニューを見ると、居酒屋メニューが充実しているんだよね。ランチタイム向け一品なんてのも。「居酒屋なかむら家」閉店というよりは、一層パワーアップして絶賛営業中というところですな(表の暖簾にも「なかむら家」って書いてあるけどね(笑))。

夜もぜひ立ち寄ってみたいお店だわ。
気になる人はぜひ〜

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:プロペラ
場所:池田市城山町3-21
時間:
月~木・日11:30~14:00 、17:30~22:00
金土11:30~14:00、17:30~23:00 不定休
電話:072-753-8755

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!


by nonbe-cclass | 2019-09-18 19:34 | 阪急池田 カレー・インド料理 | Comments(0)
2016年 10月 20日

池田の「カレー屋SPICE工房」

池田をぷらぷら~っとしていた時のこと。
そろそろ、昼時ではないかというタイミングで、「カレー屋スパイス工房」の前にいた。
「あぁ、そういえばここのカレー、美味しいって誰か言ってたな。」
移動販売からスタートし、伊丹で店舗開業をした「カレー屋スパイス工房」が、池田駅前に出店している。

池田市役所のある交差点のところ、
店の外からも席のキャパが分かるほどの小さな構えだが、
確かに、何やら美味しそうな空気を醸し出している。

池田の「カレー屋SPICE工房」_e0173645_07382908.jpg

店の外にあるメニュー写真を見ると、スパイス工房とはあるものの、カレーの見た目は日本タイプなんですな。なるほど、どれも美味そうですな・・・

「ん?」

メニューの中に、カレーでないものが・・・
ローストビーフ丼(690円)だって。池田駅前店限定なのかぁ。食べてみようかな。

カウンターに腰をかけて。
カレーのお供に福神漬けと、これは・・・らっきょうじゃなく玉ねぎですな。あ、寿司屋のガリのような味付けになっているのか。注文したのはカレーじゃないけど、ポリポリといただこう。

池田の「カレー屋SPICE工房」_e0173645_07383252.jpg

きたきた。
値段がお手頃なので、正直ボリュームにあまり期待していなかったんだけど、大盛りにしなくても、食べごたえがある量だったりする。
たっぷりのローストビーフスライスの上に温玉がのっている。
がっついてみると、おータレが主張しすぎることなく、主役はあくまでローストビーフってな感じで、肉肉した味わいをしっかり楽しめる。

池田の「カレー屋SPICE工房」_e0173645_07383677.jpg

気軽に立ち寄れるし、良心的なお値段も魅力。
大盛り(200円追加)も食べてみたいし、今度はカレーもいってみるか。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:カレー屋SPICE工房 池田駅前店
場所:池田市菅原町2-15
時間:11:00~18:30 木休
電話:072-753-5575

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-10-20 07:44 | 阪急池田 カレー・インド料理 | Comments(0)
2011年 01月 29日

池田のネパール料理「Kathmandu」

うちの近所、まあ大阪北摂の中で美味いエスニック料理とくれば「Kathmandu(カトマンドゥ)」でしょうな。カトマンドゥという店名からも分かるように、ネパール料理の店ですな(カトマンズはネパールの首都)。京橋、蛍池、池田に店舗があって、前者2店舗は何度か訪れているんだけど、先日、初めて池田店に行ってきた。

で、ランチで行くと、セットメニューが4つあるんだけけど、考えどころ。

A.タルカリセット(900円)
B.タメルセット(1100円)
C.ダルバート(1100円)
D.スペシャルセット(1300円)

ネパール料理の店なんだけど、ネパール料理を食べようと思うんだったら、アラカルトが充実する夜なんだよね、ホントは。
ランチにはみなナンがつく。ナンがある時点で北インド料理なんだよね。ネパールはナン文化じゃないから(ネパールにインド料理の店がたくさんあるというややこしい話は別にして)。
ま、ただ後でも書くけど、ここのナンは美味くてこれはこれで食べたいから、これを横に置いてそれ以外のものがどうかですな。

Aのタルカリとは、「おかず」というネパール語なんだけど、このセットではカレーのチョイスはできるけど、日本でいう「おかず」的な一品はないので、結果的には北インド料理だわね。
Bのタメル、これはネパールの地名。カレー以外に、マライティカやフィッシュティカが加わる。Aよりタルカリな気がするけど、こちらもインド料理だね。
先にD、タンドリーチキン食べたかったから本当はこれ頼もうと思ってたんだけど、営業時間カツカツだったので、これは注文できなかった。タンドリーチキン、フィッシュティカにネパリタルカリなどがセットになっている。ネパリタルカリがネパール料理になるかな。

そんなこんなで、C級呑兵衛が注文したのはC(自分に重ねているつもりはなくて・・・)のダルバート。
要は定食なんだけど、日本人の「ご飯、味噌汁、一品、漬物」みたいな感じで、ネパールの一般的な食事スタイルだそうな。豆スープ、ご飯、おかず、漬物4つ揃ってダルバートなんだって。
この店のダルバートは、チキンチリ、アチャール、ダルスープ、ハーフナンにサラダ、スープ、ライス、ドリンクがつく。チキンチリ、アチャール(漬物)、ダルスープ(豆カリー)はネパール料理ですな。
ナンはハーフになっているんだけど、C以外は30円プラスでフルサイズにできるぞ。Cはフルにできないので、タルカリセットを頼んだJr.のナンをフルにして、取り替えてもらう戦法を考えた。

料理の前に先にスープがやってくる。
これがね、胡椒かな・・・スパイスがめちゃきいたうまうまスープ。
池田のネパール料理「Kathmandu」_e0173645_9411312.jpg

そして、プレートがやってきた。
おいおい、ハーフナンでしょー
なのに、すでにプレートはみ出てますけど・・・
池田のネパール料理「Kathmandu」_e0173645_9411919.jpg

で、Jr.のタルカリセットが来たので、ナンを交換してもらったんだけど、

「・・・。」

で、でかすぎる。
テーブルいっぱいの大きさになっとるやないか。
でもね、ここのナンはやっぱり美味しくて、もちもち感も絶妙だし、ほんのりした甘みがいいのよね~
池田のネパール料理「Kathmandu」_e0173645_9412468.jpg

カレーはチキンにしたんだけど、さほど辛くなくてマイルド。
あと、このチキンチリ。見た目は辛そうだけど、味付けはそこまで辛くないぞ。ご飯とあう一品って感じ。美味い。アチャールは、日本の漬物というイメージよりはスパイスの和え物のような感じ。これ、ジャガイモですな。
池田のネパール料理「Kathmandu」_e0173645_9413126.jpg

ん~やっぱり、「Kathmandu」は美味いですなあ。
店内も満員御礼だったぞー

最後に誤解のないように書いとくけど、「ネパール料理の店なのにインド料理がでる」というスタイルは、それがいいとか悪いじゃなくて、日本ではそれが主流なんだよね。たぶん、ネパール料理って?という知名度もあるだろうしね。
だから、「ネパール料理を食べに行った」つもりが、実は「インド料理でした」とならないように、この店に来たなら、色んなネパール料理(モモ等のチベット料理も)を楽しんで~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ネパールキッチン Kathmandu(カトマンドゥ) 池田店
場所:池田市室町1-3 井関ビル1F
時間:11:00~14:30、17:00~23:00
電話:072-751-0033
池田のネパール料理「Kathmandu」_e0173645_9414626.jpg


by nonbe-cclass | 2011-01-29 11:49 | 阪急池田 カレー・インド料理 | Comments(0)