人気ブログランキング |

C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:難波・なんば 居酒屋( 22 )


2019年 09月 27日

難波の居酒屋「櫛羅」

大阪は、ウラなんば。
前にふらふらっと居酒屋「スタンドあじと」に行ったけど、同じ路地沿いにあるお店「櫛羅(くじら)」。軒先の提灯に「酒蔵」と書いてあるけど、奈良御所市にある千代酒造の直営店なんだよね。
難波の居酒屋「櫛羅」_e0173645_07092954.jpg
お店は立ち飲みで、外にも立ち飲みテーブルがある。ある程度の人数でわーわーきゃーきゃーいいながら行ったので、もれなく外で(笑)
千代酒造でよく知られている日本酒は、何といっても「篠峯」だ。お店の名前にもなっている「櫛羅」も銘柄の一つで、このお店では、千代酒造直送のお酒が楽しめるというわけですな。

お通しが人数分、トントンと置かれる。
並べるだけで、なんだかお洒落ですな(笑)ひとつひとつ手間隙かけたお惣菜で、ホントどれも美味しいんだよね~
難波の居酒屋「櫛羅」_e0173645_07073446.jpg
お店の人から「お酒どんな感じがいいですか?」と聞かれたので、秋もんがいい、さっぱりキレがいい、甘いのがいい等、好き勝手にイメージを伝えると、3本ピックアップして出してくれた。
難波の居酒屋「櫛羅」_e0173645_07073282.jpg
秋ものを並べていただいた感じ。
左から、
「篠峯」ろくまる 山田錦 無濾過原酒 晩秋旨酒
「篠峯」山田錦 純米 秋晴
「篠峯」雄町 純米吟醸 秋色生原酒
難波の居酒屋「櫛羅」_e0173645_07072856.jpg
ろくまる…ウラなんばで、ウラ篠峯シリーズの登場だ。夏に-5℃で熟成した酒で、シュワっと微発泡、しっかり甘味をもちながら・・・でも後味はさわやかなんだよねー。秋晴もフレッシュな感じ(笑)これも爽やかなんだけど、より旨みがぐっと広がる美味い酒。秋色生原酒は、かなりの辛口でキレもめちゃあるのに、甘味が結構たつお酒だな。
C級呑兵衛だから表現が乏しくて、どれも同じような書きっぷりになってるけど、飲み比べてみると本当に違いがあって面白いし美味しいんだから。

おでんでもつまみながらどうよ。
今度は「櫛羅」も飲まな・・・ちなみに「櫛羅」は地名ね。
気になる人はぜひ〜

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:櫛羅
場所:大阪市中央区難波千日前14-18 千日地蔵尊通り横丁
時間:16:00~24:00

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!●にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)


by nonbe-cclass | 2019-09-27 20:04 | 難波・なんば 居酒屋 | Comments(0)
2019年 09月 16日

なんばの天ぷら「天ぷら 大吉」

少し前にテレビで観たんだけど、堺にある店舗、すごい行列出来てたんだよなぁ。
何でも深夜から営業を始める天ぷらのお店だとか。
堺で深夜営業だと行きづらいけど、なんばにも店があるとは知らなかった。

「天ぷらの大吉」だ。
堺のお店は魚市場内にあり、もともと中で働く人向けに深夜営業をしていたものを一般にも開放したのが始まりなんだけど、なんば店はランチでも仕事帰りでも大丈夫。しかも、なんば駅チカで「なんばこめじるし」にあるんだよね。
今回、わいわいやる定例飲み会でチョイスされ、ラッキー。
カウンター席がメインで、その周り、及び、店の外にテーブル席がある。
なんばの天ぷら「天ぷら 大吉」_e0173645_23304802.jpg
堺で知られた店というのは、深夜しか営業しないからではなくて、やっぱり市場内のそれこそ口の肥えた人達の空腹を満たしている店なので、味が確かということなんだよね。

天ぷら一筋に加えて、魚市場のお店ってのがまた良くて、このお店も新鮮な魚介が楽しめるんだよね。新鮮、そして、旬なものを扱うので、定番のメニューに加えて、「本日のおすすめ」も要チェックだ。

造りから、中トロマグロ。
このビジュアルからして、もう美味いよね。実際に、滑らかでとろけっちゃう。
なんばの天ぷら「天ぷら 大吉」_e0173645_23305549.jpg
もう一つ、カンパチ。
おー、いい歯ごたえしてるわ。脂はしっかりのっているんだけど、後味あっさりで旨し。
なんばの天ぷら「天ぷら 大吉」_e0173645_23310258.jpg
天ぷらの注文は、席にある伝票に自分で書き込み渡すシステムになっている。
天ぷらの定番メニューは、野菜類は120円、魚介類は160円・220円・310円の3種。本日のおすすめの場合には、野菜も120円以外の料金も登場するが、120円・160円・220円・310円のいずれかに当てはめられている。

海老(160円)、下足(160円)、穴子(160円)、レンコン(120円)、とうもろこし(160円)・・・
なんばの天ぷら「天ぷら 大吉」_e0173645_23311252.jpg
なるほど、そもそもこの衣がうまいわ。ザクッとした歯ざわりに軽快なサクサク食感、なによりも全然油っぽくないから、いくらでも食べられる感じだわ。
おいおい、海老はぷりぷり食べごたえあるし、穴子がこれまた肉厚、ふっかふかでウメー。
とうもろこしは芯も一緒に揚げてあるから、一気に頬張らないようにね。

秋の味覚もありまして、はなびらたけ・やなぎまつたけ・やまなめのきのこ類三種盛(500円)を。もー、やまなめのぷりっと食感がたまりませんなぁ。はなびらたけはきくらげと同様、海藻を食べているような感じですな。やなぎまつたけは松茸とは全然違うんだけど、何だろう、しめじみたいな食感だわ。
なんばの天ぷら「天ぷら 大吉」_e0173645_23320518.jpg
あら、造りカテゴリに牛肉のタタキがあるんですな。
他の人が頼んだんだけど、牛肉のタタキ大好きなんだよね~、しっかり肉質で肉肉した味わいがいいねー
なんばの天ぷら「天ぷら 大吉」_e0173645_23321379.jpg
さて、締めにはあさりの味噌汁(400円)を。
お椀にがっさりとあさりが入って出てくる。
なんばの天ぷら「天ぷら 大吉」_e0173645_23323036.jpg
勝手に締めアイテムにしてるけど、あー味噌汁が美味い。
あさりだけど、これだけわっさーと入っていたら、がら入れが欲しいところなんだけど、この貝殻、そのまま足元に捨てていいんだよね。だから、最初店に入った時、足元が貝殻だらけでバリバリいわしながら席まで歩いたぞ。

いやー食べた食べた。満足満足。
気になる人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:天ぷら 大吉 なんば店
場所:大阪市浪速区難波中2-10-25 なんばCITY なんばこめじるし1F
時間:11:30~14:30、17:00~22:30(L.O.22:00)
   土日祝は11:00~22:30(L.O.22:00) 月休
電話:06-6644-2958

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!


by nonbe-cclass | 2019-09-16 16:40 | 難波・なんば 居酒屋 | Comments(0)
2019年 02月 11日

難波の居酒屋「アンケラソ」

前から行こうと思って、ようやく。
大阪は、ウラなんば。
なんば駅から東へてくてく歩くと、「なんばグランド花月」があるんだけど、今回はその北側あたり。そもそも「ウラなんば」っていう裏道的なニュアンスのようなワードが出ているのに、ここに加えてガチ路地裏へ。

難波の居酒屋「アンケラソ」_e0173645_09294704.jpg
しかも、通りに面した店じゃなくて、ビルに入って細い階段をあがっていく・・・。

難波の居酒屋「アンケラソ」_e0173645_09295076.jpg

トントンと階段を上がってみると、結構良さげなお店が並んでいるんだね~。
その中でも、今回やってきたのは「アンケラソ」

難波の居酒屋「アンケラソ」_e0173645_09345821.jpg

こちら、立ち飲みスタイルでホルモンがいただけるお店。
もともと人気のあるお店なところに、ここ最近、テレビの人気番組でも取り上げられたんだよねえ。とにかく、開店前から並ぶ状態。そうなるだろうなぁと読んでいたので、少し早めに行って、一巡目でお店に入ることに。
開店と同時に、わらわらーっと1巡目の客が店内になだれ込む。

ハイボール(380円)をもらってと。

難波の居酒屋「アンケラソ」_e0173645_09392681.jpg

カウンターのみで、20人まで入ると満員御礼。
そんな中でも、ホルモンの段取りをするのはご主人一人なので、「まあ、こんな感じなんで、ぼちぼちいかせてもいらいます~」という掛け声を合図に、調理が始まっていく。

「最初に、センマイいるとこありますー?」

おっ、個別に注文聞いてもらうのはなかなか大変そうだなぁと思っていたので、先にご主人の方からまとめて聞きまっせ的な段取りナイス。もちろん、ハイ!と大きく手をあげる。

まずは、生センマイ(450円)から。

難波の居酒屋「アンケラソ」_e0173645_09395168.jpg
新鮮で瑞々しいし、いい歯ごたえがたまらんわね。

次に出てきたのが、心臓(350円)だ。
ホルモンは、みなこの小皿で出てくるんだな・・・心臓は、バター醤油で味付けして焼き上げてある。

難波の居酒屋「アンケラソ」_e0173645_09443859.jpg

お!
しゃくしゃくした食感と、しなやかな肉質がたまらんな。バター醤油とはいいながらも、こってりではなく、お肉の旨みが楽しめる味付けになっているのがいいわー


次に出てきたのが、大てっちゃん(350円)。

難波の居酒屋「アンケラソ」_e0173645_09450347.jpg
ヤンニョムジャンをちょいとつけて、と。
ほんのり甘みがあるタレ焼きなんだけど、てっちゃんならではのグミグミっとした食感と、脂部分のぷりっぷりがウメー。

そして、コメカミ(400円)は、塩わさびで。

難波の居酒屋「アンケラソ」_e0173645_09454430.jpg
おいおい、こいつは特に美味いぞー!
歯ごたえしっかりめで、噛むほどに旨みがじゅわっと出てくるアニマルな肉肉しさが楽しめるから、肉好きには、これおすすめだわ。

この細長いカットは、ネクタイ(350円)。

難波の居酒屋「アンケラソ」_e0173645_09482265.jpg
ネクタイは、ランプにひっついた薄い赤身肉なんだけど、こちらは塩こしょうで味付け。
ほー、柔らかい肉質ではあるんだけど、お肉の味そのものがしっかりなのと、単に柔らかいだけじゃなく、どこからともなくやってくる、繊維な歯ごたえが楽しい。

バイパス(350円)は、心臓の根元部分で、こちらは塩ゆずこしょうでいただく。

難波の居酒屋「アンケラソ」_e0173645_09504537.jpg
へー、こういう食感なんだぁ。これまた個性のある味わいだな。
鶏で言うと、砂ずりのめちゃ柔らかい版みたいな食感だ。こりこりとした食感がありつつも、やっぱり心臓のぷりっとした部分もあるんだよね。あ、後から甘味が追いかけてくる~

シメに、西尾の焼きそば(650円)。
満員御礼だし、焼きそばは時間がかかるって書いてあるから、今回は食べる予定にしていなかったんけど、ここでまた・・・「えーっと、今から焼そば焼きますけど、いる人いますー?」
じゃあ、「ハイ!」と、すぐにまた挙手。

難波の居酒屋「アンケラソ」_e0173645_09511656.jpg
目玉焼きとキムチに、青ねぎ、天かすを焼きそばが見えなくなるほど上からたっぷり。あとね、煮込みホルモンや豚ミンチも入っているんだけど、とにかく、これらをスリランカカレーな感じで、一気に混ぜ合わせる。

ぷりっと弾力があって、もちもちな太麺がそもそも美味い。
そこに、まろやかながら、スパイスさも甘さも備えたまさに酒飲み好みのソース。
いい意味で、天かすや青ねぎがいい仕事をするもんだから、駄菓子感覚でペロッといっちゃう。これは確かに美味い。

非常に満足度の高い立ち飲みホルモン、気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:アンケラソ
住所:大阪市中央区千日前2-3-24 久富千日プラザ 2F
営業時間:17:30~24:30(L.O.23:30)
定休日:火(祝の場合は営業)

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き



by nonbe-cclass | 2019-02-11 09:58 | 難波・なんば 居酒屋 | Comments(0)
2019年 01月 27日

難波の居酒屋「スタンドあじと」

大阪はウラなんば。
南海なんば駅の東側、お店がぎゅうぎゅうに連なる狭い路地を通って・・・。
やってきたのは、「スタンドあじと」
「DINNINGあじと」の姉妹店「BISTROあじと」と同じ建家の1階にあるんだけど、カジュアルな立ち飲みのお店だ。
難波の居酒屋「スタンドあじと」_e0173645_09381768.jpg
え?イメージ違う?
そりゃ、お造りや日本酒ばっかりでもなく、たまにはこんなお洒落な感じのとこも行かせてよ。
店内はU字を描くカウンターと、スタンドテーブルが少し。アイリッシュな雰囲気も感じる落ち着いた空間がいいですな。
生ビール(390円)もらおうかな・・・生はハートランドだ。
難波の居酒屋「スタンドあじと」_e0173645_09375640.jpg
お店の雰囲気通り、洋食な一品が色々あるんだけど、どれも魅力的ですなぁ。こりゃ悩むわ・・・なので、特製スタンドの盛りもり(680円)をいただこうかしら。前菜メニューが色々あるんだけど、それを5~6種もりもりっと。

あら、いい感じ。
1人飲みにも、いいサイズ感と充実ぶりだよね。
難波の居酒屋「スタンドあじと」_e0173645_09380125.jpg
チリコンカン、ハム、ポテトサラダ、自家製オイルサーディン、お野菜にキッシュ風な玉子焼などなど。あら、ポテトサラダのしっとり感と、これ・・・さんまかしら、オイルサーディンめちゃくちゃ美味いな。

ビールもいいけど、こりゃワインにしようかなー。
アルゼンチンのミッシェルトリノ(480円)を。酸味も渋みもそれほど主張していないバランスのとれた味わいだからから飲みやすいねー
難波の居酒屋「スタンドあじと」_e0173645_09380584.jpg
赤ワイン頼んだし、生ハムもらおうかな。
18ヶ月熟成パルマ産生ハム(480円)は切り落としで。
あら、滑らかしっとりで、ハムの味が濃い~
このお値段でたっぷり食べられるのが嬉しいなぁ。
難波の居酒屋「スタンドあじと」_e0173645_09380947.jpg
この後にまだ行かないといけないところがあるので、そろそろ・・・
あ、でも、このあじと名物は食べておきたいな。
鉄板deナポリタン(580円)。
難波の居酒屋「スタンドあじと」_e0173645_09381366.jpg
あ、このパスタ、焼いて、そしてちょっと蒸したりみたいなこともしてたと思うんだけど、結構固ゆでになっているんだな。ケチャップソースが案外甘めな仕上がりで濃厚なんだけど、飽きが来ないウマウマナポリタンだ。

手間暇かかった美味い料理が、リーズナブルに楽しめるなんてたまりませんな。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:スタンドあじと
場所:大阪市中央区難波千日前15-4 1F
時間:16:00~23:30(L.O.23:00)不定休

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2019-01-27 21:02 | 難波・なんば 居酒屋 | Comments(0)
2019年 01月 03日

難波の居酒屋「兵吾」

なんば駅から東へ続くアーケード商店街「なんば南海通」をてくてく歩いていくと、右手に大きな白提灯。
立ち飲みの「兵吾」だ。
難波の居酒屋「兵吾」_e0173645_10120033.jpg
外からも中の様子はわかるんだけど、カウンターのみで10人迄は入れないくらいのこじんまりとしたお店。
カウンターに冷蔵ケース、中に食材などが並んでいるんだけど、美味い肴がいただけそうな、すでに魅力のオーラが出てる(笑)
難波の居酒屋「兵吾」_e0173645_10120997.jpg
日本酒にするか・・・注文前に、おすすめのお酒の説明を受けたので、岐阜は蒲酒造場「白真弓」特別純米 無濾過生(600円)を。お、しっかりどっしりなんだけど、オラオラくる感じでもなく飲みやすいな。
この店では、奈良は油長酒造「風の森」が一押しで秋津穂(700円)があったり、やわらぎ水も「風の森」の仕込み水だったりする。
難波の居酒屋「兵吾」_e0173645_10120515.jpg
岐阜のお酒に、・・・あ、酒の肴に焼きみそ(400円)がありますな。相性が良さそうなので発注。くるみの歯ごたえと、椎茸の風味、旨みのある肉が絶妙なバランスなんだよね。味噌そのものは、甘味よりは味噌らしい塩味の方が主張するタイプで、こりゃ酒が進まないわけがない。
難波の居酒屋「兵吾」_e0173645_10121246.jpg
たいの子(400円)。
この鯛の子そのものも粒粒が繊細だし、味付けも優しくて美味いー
難波の居酒屋「兵吾」_e0173645_10121590.jpg
鯖きずし(400円)は、注文してから作ってもらうことに。
たいの子をつまんでいる間、酢に漬ける時間を少しとって・・・お、きたきた。
この色味で分かると思うけど、お造り感も楽しめるほどの鮮度で、めちゃくちゃ美味し。酢〆も柔らかくて、ホントいい塩梅だ。
難波の居酒屋「兵吾」_e0173645_10121823.jpg
人気のお店だということがよく分かる、美味い肴が堪能できましたな。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:兵吾
場所:大阪市中央区難波千日前3-1
時間:14:00~22:00(L.O.21:30)不定休
電話:070-5509-4500

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2019-01-03 12:56 | 難波・なんば 居酒屋 | Comments(0)
2018年 12月 20日

難波の居酒屋「魚屋ひでぞう 立ち呑み店」

ぷらーっと難波にやってきた。
家路に着く前に少しだけ、チョイ呑みしたいな。裏なんばに行けば、立ち飲み色々あるかな・・・
で、やってきたのが、「魚屋ひでぞう 立ち呑み店」。
難波の居酒屋「魚屋ひでぞう 立ち呑み店」_e0173645_07342093.jpg
難波の居酒屋「魚屋ひでぞう 立ち呑み店」_e0173645_07342532.jpg
立ち飲みにしては大きなお店、開放的ではあるんだけど落ち着いた雰囲気だな。
まずは、生ビール(中:350円)をもらうか。生はカールスバーグで、瓶だとサッポロ・アサヒ・キリンがチョイスできる。もちろん、サッポロは赤星もスタンバっているぞ。
難波の居酒屋「魚屋ひでぞう 立ち呑み店」_e0173645_07344243.jpg
良心的な価格と豊富なメニューに感動するんだけど、なかでも魚介メニューが多いのが嬉しい。それもそのはずで、そもそも魚の卸をやっている会社がお店をやってるんだよね。

まずは、刺身盛合せ(650円)は五種。
五円玉のようなユニークな器にのって出てきたぞ。本マグロ赤身、モンゴウイカ、香川産活〆平目、三重産活〆カンパチ、淡路産の真ダコ。
真ダコの歯ごたえ、平目の甘さが際立つなぁ、うまい。
難波の居酒屋「魚屋ひでぞう 立ち呑み店」_e0173645_07345341.jpg
こりゃ、日本酒だな。
富山の富美菊酒造「羽根屋」純米吟醸 煌火(400円)を。
あ、飲みやすいな。香りと旨みのバランスがいいのかしら。お魚と合うわー
難波の居酒屋「魚屋ひでぞう 立ち呑み店」_e0173645_08225196.jpg
あ、牡蠣ありますなぁ。
フライだと坂越産、生だと仙鳳趾産という「どっちも食べたいじゃないか」というラインナップに泣ける。
仙鳳趾産のカキポンズ(550円)を。
おいおい、めちゃくちゃクリーミーやな。ウメー
難波の居酒屋「魚屋ひでぞう 立ち呑み店」_e0173645_07350286.jpg
そして、ほぐしセコガニ(650円)。
セコガニって美味しいよね~
小さいカニなのに、丁寧にほぐして食べやすくして提供される。蟹身も外子もパンパンで、濃厚な内子もたっぷりいただける。
難波の居酒屋「魚屋ひでぞう 立ち呑み店」_e0173645_07351290.jpg
広島、亀齢酒造「亀齢」辛口純米(350円)。
しっかり辛口の酒なんだけど、辛さにえぐみもなくお米の旨みを楽しめるお酒。
難波の居酒屋「魚屋ひでぞう 立ち呑み店」_e0173645_08250399.jpg
あかん、飲み出すと食べだすパターンになってしまう。

ゲソと小松菜の酒盗炒め(450円)。
あ、これも酒の肴に抜群やな。
酒盗の塩味がコクもあって、いかの食感と絶妙な相性。
難波の居酒屋「魚屋ひでぞう 立ち呑み店」_e0173645_07352041.jpg
あー美味かった。
リーズナブルで美味いとくれば、そりゃ人気店になるよね。
気になる人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:魚屋ひでぞう 立ち呑み店
場所:大阪市中央区難波千日前9-1
時間:17:00~24:00(L.O.) 水休

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-12-20 08:57 | 難波・なんば 居酒屋 | Comments(0)
2018年 11月 24日

なんばの居酒屋「初かすみ酒房」

「なんなんタウン」だと思っていたけど、もう10年程前には「NANBAなんなん」に名称が変わっていたのか・・・知らなんだ。
大阪ミナミ、南海難波駅に沿うように広がる地下街「NANBAなんなん」、この中にある「初かすみ酒房」にちょこっと立ち寄り。
江戸元禄創業の蔵元、奈良の久保本家酒造直営のお店だ。
なんばの居酒屋「初かすみ酒房」_e0173645_19365312.jpg
20人弱が座れるU字カウンターなんだけど、元気な店員さんと、楽しく飲んでいる客で活気があるねー
蔵元直営ではあるけど、ドリンクはビール、ハイボールや焼酎など一通り用意されている。ま、せっかくなので、ここでは蔵元のお酒を頂こうかな。
「初霞」純米吟醸(120ml 420円)。
なんばの居酒屋「初かすみ酒房」_e0173645_19365753.jpg
まろやかな口当たりで、山田錦を磨き50%にしたことで、上品であっさりとした味わい。とっても飲みやすくてうまい。

メニューだけど、
定番ものは、カウンターのところに貼り付けてあるんだけど、手頃な価格の肴がずらっと並んでいる。
これとは別に、初霞の名物や、旬のおすすめなどが用意されている。
なんばの居酒屋「初かすみ酒房」_e0173645_19370011.jpg
じゃあ、旬のおすすめから、造り三種盛り(680円)を発注。
まぐろ、あぶらめ、はまちを紅葉とともに。
なんばの居酒屋「初かすみ酒房」_e0173645_19371372.jpg
本物の紅葉があるのに、わざわざ、あしらいの大根まで紅葉しとりますよ。
造り美味いなー。
はまちの大振りカットは、脂のノリもほどほどに食べごたえ十分、あぶらめは歯ごたえよろしく、噛むほどに甘味が出てくる~
なんばの居酒屋「初かすみ酒房」_e0173645_19371657.jpg
もう一つ、秋茗荷甘酢漬け(300円)もいただこうかしら。
いい甘みで漬かってますなぁ。
茗荷食べ過ぎるとアホになるなんて話あるけど、実際はその逆で、生姜と同じように血行を良くしたり、血圧下げたりする効果があったり、食欲増進、消化を助けるなど色んな効果効能があるんだよね~
なんばの居酒屋「初かすみ酒房」_e0173645_19371991.jpg
お店のお姉さんに、「茗荷食べ過ぎてアホにならんようにせなな」と振られて、「いや大丈夫、これ以上アホならへんわ」てな感じで、やりとりなんかもしまして。

懐に優しいし、気軽に立ち寄れる雰囲気もばっちり。そりゃ人気店だよね。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:酒蔵BAR 初かすみ酒房
場所:大阪市中央区難波5 NAMBAなんなん11
時間:9:15~22:00
電話:06-6644-0303

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-11-24 10:16 | 難波・なんば 居酒屋 | Comments(0)
2018年 05月 27日

難波の居酒屋「豚足のかどや」

お昼前に、難波。
大阪メトロ地下鉄御堂筋線なんば駅から一度地上に上がって、四つ橋線なんば駅に向かう途中にあるお店。
超有名店だよね、「豚足のかどや」だ。

難波の居酒屋「豚足のかどや」_e0173645_08543687.jpg
入口の扉部分は完全に開放されていて、中の様子がよく分かる。
奥に長い店内は、厨房を中心に据えて、入って右側がカウンター席、左側が4人がけのテーブル席になっている。庶民的な赤いテーブル、赤い丸椅子がたまらんわね。
中を覗くと、「いらっしゃい!何人さん?」と威勢のいい声がかかる。背中を押されたかのように、奥のカウンター席へ進む。
まだ昼前だし、ラーメンとか昼飯アイテムを扱うお店でもないんだけど、次から次へと客が入ってきて、活気にあふれている。

ビール(瓶ビール650円)をもらって、と。
小皿に甘辛いタレが入り、わさーっと青ネギ。小さなフォークは、ネギ食いようかしら。さらに、追いネギができるように、ネギだけを別皿に入れたものも出てきたぞ。ネギ好きにはこの時点でテンションあがるわ。

難波の居酒屋「豚足のかどや」_e0173645_08545435.jpg
何はともあれ、まずは豚足(600円)か。
入口付近に大きな鍋があって、ここに豚足満載。じーっくり煮込まれている。
注文すると、間髪入れずやってくる。
思っている以上に柔らかく煮込まれていて、骨から肉がスルスルと解ける。プルンプルンのゼラチン質も思う存分堪能できるぞ。クセや臭みがまったくないんだよね~脂でこてこてしそうなところは、ほら、この満載な青ネギがいい仕事をしてくれるんだよね。タレをつけて青ネギとともに。

難波の居酒屋「豚足のかどや」_e0173645_08550384.jpg
豚足のかどやではあるけど、豚足以外にも牛や鶏も扱っている。
じゃあ、ハラミ(550円)とココロ(550円)をもらおうかな。これらは串焼きで、1皿3本だ。
焼き過ぎとかじゃなくて肉質は少し硬めなんだけど、これがまたいい。ひと串がなかなかなボリュームなことになっていて、口に運ぶと、肉肉しい食感と旨みが広がるんだよね。
ココロ串は先の部分に、サービスアイテムとして丸腸のような脂身が。これがまったくクセなく、変な脂っぽさもなくグー。厚みのあるココロは、独特の弾力がたまらんわね。

難波の居酒屋「豚足のかどや」_e0173645_08551946.jpg

サクッと飲みでちょこっと食べた感じなんだけど、味、ボリューム感ともに満足満足。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:豚足のかどや
場所:大阪市浪速区難波中1-4-15 南松竹マンション1F
時間:11:00頃~22:00頃 火休
電話:06-6631-7956

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-05-27 11:03 | 難波・なんば 居酒屋 | Comments(0)
2016年 05月 20日

難波の居酒屋「山三」

仕事帰りに難波を経由することもなかなかないな・・・
あ、そうだ、難波といえば・・・ちょこっと久々に顔を出してみるか。

難波の「山三」だ。

難波の居酒屋「山三」_e0173645_07295266.jpg

日本酒が飲める店として、関西では超有名な名店中の名店だ。
時間が良かったのかな、入口近くにラッキーにも席が空いているぞ。
おし、入ろう。

難波の居酒屋「山三」_e0173645_07295653.jpg

さくっと軽めに飲むだけだから、今日のオススメに従っていただくことにするかな~

ん?
小さい紙切れと鉛筆を手渡される。
肴は、この紙に書いて渡すシステムに変わったのね。


出出しの酒にはしっかり目なんだけど、「梵」 純米大吟醸無濾過生原酒(900円)を。
しっかりで甘めながら、後味爽やか〜ウメー

難波の居酒屋「山三」_e0173645_07295478.jpg

ここに、石川産の黒メバル(900円)の造りを。
大振りに切ってあるから、滑らかな舌触りで甘さを堪能できるだけでなく、いいもちもち感でモグモグモード全開だ。

難波の居酒屋「山三」_e0173645_07295910.jpg

そして、「篠峯」純米大吟醸中取り生雄町50(900円)を。
とても透明感があるんだけど、日本酒飲んでるわ〜と改めて実感させられる、
しっかり安定感のある酒だ。美味いね~

難波の居酒屋「山三」_e0173645_07300182.jpg

きずし(600円)。
甘酢の優しい甘みがいいですなぁ。鯖の身のグラデーションとてかりが最高。

難波の居酒屋「山三」_e0173645_22484332.jpg

ほー関東煮(かんとだき)があるんだ。
こんにゃく(150円)、大根(150円)に、新物たけのこ(150円)をいただくかな。
あ・・・たけのこウメー。
ごつい切り方してるから、ゴリゴリしゃくしゃく感を存分に堪能できる。

難波の居酒屋「山三」_e0173645_07300242.jpg

名物の自家製スモークメニューも食べたかったが、次回の楽しみに取っておくとするか。
気になる人は是非ー

以前「山三」に行ったときのブログもどうぞ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:酒楽座 山三
場所:大阪市中央区難波4-2-9
時間:18:30~23:00 日月祝休
電話:06-6643-6623

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2016-05-20 07:16 | 難波・なんば 居酒屋 | Comments(0)
2014年 06月 04日

難波の居酒屋「豊丸」

先日、吉本新喜劇、すっちーの新座長就任記念イベントがNGKであったので行って来たんだけど、その帰りのお話。
もう夕食タイムではあるんだけど、夕食前に軽くいっぱいひっかけたいところ。それを助長するかのように、商店街に「豊丸」の看板が。しかも、店先の水槽には、牡蠣が炸裂しとるやないか・・・

難波の居酒屋「豊丸」_e0173645_07470228.jpg
難波の居酒屋「豊丸」_e0173645_07470449.jpg

しゃーないな、入るか。
「豊丸」といえば、大阪市に本社をおく居酒屋で、以前、高槻店には行ったことがある。ショルダーに「屋台」とあるように、がっつりした店構えというよりは、立ち飲みのちょっと進化版くらいの椅子・テーブルだったりするので、気軽に入ることが出来る。

店のウリとして、やはりカキがあるんだけど・・・
カキ食べ放題(2時間1980円)がすんごい魅力だったんだけど、これ、同席している人全員が注文しなきゃならない。ま、食べ放題飲み放題って、そういうのあるけど、Jr.はそこまで食べないし、全員が注文するとなると我々ファミリーは無理だな。

しゃーない、本日の生ガキ(時価)を。時価ってあるけど、その日の仕入れによって若干変動するみたいで、べらぼーな値段がつくって話じゃない。
なかなか大振りのカキですな。

難波の居酒屋「豊丸」_e0173645_07470830.jpg

刺身は、鮮魚三種盛り(980円)を。
でっぷり厚めのカットで、シマアジ・平目・スズキ。刺身は特別なものを除くと、単品500円前後でかなりのバリエーションがあるぞ。

難波の居酒屋「豊丸」_e0173645_07470660.jpg

漁師のなめろう(490円)ももらっとこうかな。もちもちした食感がグー

難波の居酒屋「豊丸」_e0173645_07471023.jpg

カキの食べ放題は諦めたが、カキのがんがん焼(8個1500円)を。
ガスコンロに鍋・・・カキの蒸焼きですな。あ・・・ジューシーだし、潮の香りがしてウメー

難波の居酒屋「豊丸」_e0173645_07471388.jpg

何だかんだ食べてしまったな・・・さ、店出ますか。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:難波 豊丸
場所:大阪市中央区難波3-2-14
時間:17:00~24:00(土日祝は12:00~)
電話:06-6636-7260

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2014-06-04 08:05 | 難波・なんば 居酒屋 | Comments(0)