C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:阪急十三 居酒屋( 83 )


2018年 11月 10日

十三の居酒屋「家庭料理 うさぎ」

そうかぁ、満15年になるのかー・・・
ここのところ何かと慌ただしい仕事の日々、そんな職場に1通の葉書が届いた。
十三の「家庭料理 うさぎ」からだ。
へ~周年記念で催しをするのか。いいねーと思いながらも、あまりじっくり読む時間もなく、すぐに仕事へ戻っていた。
で、昨日金曜日、「そうだ。うさぎ行ってみるか」と仕事を早いこと切り上げて十三へ向かう・・・移動しながら葉書を見返すと、「あ・・・催し木曜日までやないか。」、まぁいいや、イベント後の落ち着いたところで返っていいかも。

所々では来ているんだけど、ブログを辿ってみると随分と前に取り上げたままだな・・・じゃあ、今回は改めて紹介しようかな。

イベント後とは思えない、相変わらずの繁盛ぶり。
末席におじゃまさせてもらいます~

「付きだしは?」と聞かれ、「くださいー」
その日の一品料理から、3種チョイスで小鉢に入れてもらう。今回は、ピーマン肉詰、きんぴらごぼうに、イワシ梅煮だ。一品料理がどれも美味しくて、この付きだしだけでもだいぶと飲めるよ。
酒の肴は、日よって内容が変わると思うけど、単品だと400円くらいから1500円くらいまでかな。刺身や魚料理、このお店自慢の家庭料理やおすすめの一品料理が並ぶ。
e0173645_08083582.jpg
そして、このお店は地酒専門店、
こだわりの美味しいお酒が色々と楽しめるんだよね。

喉渇いちゃって最初だけ生ビールにしたんだけど、すぐ地酒に切り替え。
さっぱりしたお酒から始めるのもいいけど・・・この日の気分は、お米の旨みが欲しいなぁと思い、ご主人にお願いしてみる。

見たことないラベルが出てきましたなぁ。
「え?これ「紀土」?」
海南の平和酒造「紀土」29BY 純米酒 あがらの生原酒(700円)。
あがらシリーズは、自社田の山田錦を使っている地元感満載のお酒。その生原酒特別バージョンなんてあったんだぁ。
e0173645_08085584.jpg
「!」
これ、生原酒!?
口に含むと辛味がさっとやってくるんだけど、口当たりがとってもまろやかで米の香り旨みがしっかり残る美味い酒。生原酒だと、もっとクセがあったりするのかなと思ったけど全然。こりゃ美味い。

あ、お造りきたきた。
本日のおすすめ刺身から、盛り合わせ(1500円~)を。
e0173645_08091906.jpg
写真上から時計回りに、
生天身マグロ、シマアジ、ブリ(腹)、フグに鯛の5種。
相変わらず、フグのコリコリ感はたまりませんなぁ。マグロの天身はとっても滑らか、ブリ腹身はもー脂がノリノリだ。満足度の高い盛り合わせだわー

お次の酒は、
久美浜の木下酒造から「玉川」自然仕込 純米(山廃)ビンテージ(700円)。
ラベルにも「2012BY」とあるけど、自然仕込の純米酒を3年以上熟成させた古酒。グラスに注がれると、澄み切った黄金色がきれい。
e0173645_08093136.jpg
「!」
酒飲むたびにびっくりしてたら心臓持たないけど、おいおいこの古酒、どんなけクリアやねん(笑)、古酒というと独特の味わいになるので、とっつきにくい感があったりするんだけど、これは違うわ。どこまで飲み進めても爽やか。燗にしてもくずれないんだって。

燗酒にこだわったラインナップもあり、
いま飲んだ「玉川」ビンテージと飲み比べな感じで、長龍酒造「ふた穂」純米吟醸生もとを燗で。雄町を使った2009年醸造の古酒で、お店では燗専用として出している。
e0173645_08093936.jpg
おー、これも古酒に思えんなー。「玉川」に比べ、少しひりりが主張してくる違いはあれど、このクリアな味わいがたまりませんなぁ。
「少しひりりが」とは書いたけど、実は、熱燗からぬる燗くらいになってくると、その辛味が一気に引いて、角のない柔らかい口当たりに変化する。

「ふた穂」に合う肴として、河内鴨(1500円)を。
ツムラの鴨で、ロース・ササミ・ズリ・肝の盛り合わせになっている。特に、肝のあっさりながらの滑らかさと、ロースの質感と噛むほどに滋味広がる味わいがたまらんわね。
e0173645_10113513.jpg
e0173645_08094808.jpg
あー、久々に来たけど、やっぱりいいお店。
酒と料理が美味しいのはもちろんなんだけど、ここに来るたびに、なんか「ただいまー」と心の中で言ってる気がする。お客さん同士も和気藹々で、ほっこりした時間が過ごせるのがいいな。

2014年当時の「家庭料理うさぎ」のブログはこちら
2011年当時の「家庭料理うさぎ」のブログはこちら

気になる人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:家庭料理 うさぎ
場所:大阪市淀川区十三東3-27-22
営業:18:00~22:30 土日祝休
電話:06-6309-0321

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-11-10 10:32 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 02日

十三の居酒屋「ゆきや」 oishii

久しぶりに来たなぁ。
阪急十三、国道176号線十三交差点から少し北の路地に入ったところ。
「ゆきや」だ。

以前はよく行ってたけど、少し足が遠のいていたな。
というのも、昔と違っていまは営業時間がえらい短いんだよな。仕事帰りだとちょっと慌ただしい感じになっちゃうんだよね。
今回は19時半にやってきた。
確か、店のおかあさんが宮古島出身だったかと思うんだけど、沖縄料理を中心に豊富なメニューで眺めているだけでもワクワクする。
e0173645_22283893.jpg
この店はやはり、酒の充実ぶりを語らないわけにはいかない。日本酒も焼酎もあるんだけど、冷蔵庫や棚に貼られた短冊メニューは圧巻。ないものがないんじゃないかってくらい(笑)
いま扱っているかどうか分からないけど、それこそ昔は、ヤクのミルク焼酎等海外ものや奇抜系も含め色々飲んだぞ。その時のブログはこちら
e0173645_22285349.jpg
もともと、それほど時間もなかったし、お店もこういうスタイルにしているのか分からないけど、とりあえずのおまかせということで、いくつか料理を出してもらうことに。山くらげ、牛すじ煮込み、小芋ちゃんの煮っころがしに、山菜の和物。注文したいものの前に、付きだし的な感じで出てくるんだけど、結構ボリュームあるんだよね(写真は4人前)。
お野菜たっぷりで、身体に良さそうなものばかりだ。しかも、どれも美味いときた。
e0173645_22294957.jpg


e0173645_22295896.jpg


e0173645_22300028.jpg


e0173645_22294263.jpg

飲んだことがない酒を飲むのも一興、でも今回は、こういう充実ぶりだからこその、久しぶりに飲みたい酒を飲むことにしよう。

まずは、麦焼酎「釈云麦」(550円)を。
飲みたいなぁと思っても、なかなかないんだよね~
相変わらず、ラベルの梵字がなかなかいかついぜ。黒麹も使って、麦の香ばしさが際立つ一杯。
e0173645_22302720.jpg
このお好み焼きのようなものは、焼き納豆(550円)だ。
納豆を生地にしてお好み焼きにしたようなもので、ネギと卵を合わせて焼き上げてある。これがふわっふわで美味し。納豆の風味はあるものの、ベタベタした感じは全くないぞ。
e0173645_22304294.jpg
あー、このメニューまだあった~
モズクとひじきのかきあげ(650円)。もずくを使うところも沖縄料理っぽいよね。このかき揚げ、そもそもサクサクなところに、たっぷりの大根おろしとだしに浸していただく。くーっ、ウメー
e0173645_22305026.jpg
種子島酒造の「久耀」(550円)。
お芋さんの焼酎で、甕仕込みの原酒(古酒)に新酒をブレンドした酒なんだけど、これ、結構いもいもな風味がたまらないんだよね~
e0173645_22305995.jpg
鮭ハラス塩焼(400円)をつまみながらの・・・
e0173645_22310683.jpg
吉永酒造、その名は「甑州(そしゅう)」(600円)。
「甑」って、鹿児島にある島、甑島(こしきじま)のことで、そんなに生産量が多くないのか、あまり見かけないんだよね。でも、このバキッと決まった文字に惹かれるんだよね~
こちらも芋焼酎で、黄金千貫を原料にした甕仕込みのお酒。やっぱり、この口の中に広がる甘み、香りが素晴らしい~
e0173645_22311496.jpg
飲み出すと食べ出だしてしまうんだよね・・・
ここにきて、羽曳野限定モモハムのカルパッチョ(700円)。大きくスライスされたモモハムが、あっさり柔らかくてグー
e0173645_22312203.jpg
はい、1時間でラストオーダーきましたよ。
短い時間だったけど、内容濃くたっぷり飲み食いしたぞー

気になる人は是非!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ゆきや
場所:大阪市淀川区十三本町2-1-10
時間:18:00~21:00(L.O.20:30)日祝休
電話:06-6301-4953

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き


by nonbe-cclass | 2018-11-02 07:48 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 29日

十三の寿司「丸三寿司」

久々に暖簾をくぐってみるか。
阪急十三、十三サカエマチ商店街にある「丸三寿司」
先日の土曜日、営業時間を考えずに土曜日にぷらーっと来たんだけど、16時には営業は始まっていたぞ。
e0173645_07340327.jpg
なんかね、夜ちょっと遅めにきて、客がいない静かな時間を楽しみたいと思わせる懐かしい空間だ(いかん、深夜食堂な妄想が。。。)。
e0173645_22443713.jpg
瓶ビールはキリンかアサヒをチョイス。
白身・・・ひらめ(500円)から握ってもらおうかな。2貫1皿が基本で、この店はシャリもそこそこボリュームあるのに、それを上回るネタが嬉しいところ。ひらめの場合は2貫のうち1貫はえんがわね。
切り身が大きくて、少しもぐもぐもぐ・・・あー、噛むほどに甘味が広がる~
e0173645_07340760.jpg
ここは、以前訪れた時に、鰻が、めちゃ美味かった記憶がある。
過去のブログはこちら( 2009年の十三の寿司「丸三寿司」)。ぜひ賞味いただきたいところだが、今回はあえて他のものを食べてみるか。

やきあなご(250円)。
鰻よりあっさりいただけるんだけど、やはり、大ぶりカットで素材堪能な食べごたえは十分にあるぞ。
e0173645_07341034.jpg
うん、えび(250円)も美味し。
ぷりっと茹で上がっている、この質感分かっていただけるかしら。
e0173645_07341327.jpg
いか(250円)。
えびもいかも、寿司ネタの中ではお値打ちな方だと思うんだけど、この2つは好きで、どこ行っても絶対に外せないわ。
いかは紋甲烏賊だけど、この場合の大ぶりで肉厚なカットはなかなか。そのまま喉に放り込んでつっかえると事件になるけど、そこはまた、いかがええ塩梅で柔らかいんだよなぁ。もー、紋甲を存分に堪能できるわ。
e0173645_07341576.jpg
ちょっと立ち寄ったレベルなので、お寿司はこれくらいにして、あっさりしたものをいま少し。
ふぐかわ(300円)を。
e0173645_07351788.jpg
あ、これええな。
ふぐ皮も少し厚めなのと長く切っているので、コリコリ感はもちろんのこと、もちもちな質感も楽しめる。もみじおろしにポン酢で充分さっぱりなんだけど、ここに結構レモンがかかっていて爽やか~
七味は最初からかかっていてピリ辛ではあるんだけど、この辛さ七味だけじゃないな。あ、この大根おろし・・・辛味大根の辛味かな。まぁ、いずれにしよいいアクセントになってるわ。

いやー、満足満足。
気になる人はぜひ!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:丸三寿司
場所:大阪市淀川区十三本町1-9-1
電話:06-6308-1941

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き


by nonbe-cclass | 2018-08-29 23:42 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 11日

十三の居酒屋「大乃助」

阪急十三。
国道176号線の西側、十三サカエマチ商店街。夜になると、ザ・十三な繁華街だ。
その商店街を国道側から入って、すぐ左手。

居酒屋「大乃助」にやってきた。軒先には仕入れた魚介が入ったトロ箱が並んでいるぞ。以前は、国道176号線の十三交差点のところにあったお店だよね。

e0173645_17352996.jpg
e0173645_17354514.jpg
ドリンクは・・・お、ここはキリン系ですな。ビールもいいけど、ハイボールにしようかなー。オーシャンラッキーハイボール(380円)を。キリンのブレンディドウイスキー「オーシャンラッキーゴールド」のハイボールね。

お造りは、盛り合わせにしようかな。
お造里2人前(980円)を。
水色の長皿に色鮮やかな盛り合わせ。
かつお、ひらめ、金目鯛、かんぱち、甘えび、たい、きびなごだ。かつおは造りと、表面を炙ったたたきの2種。

e0173645_17360323.jpg
e0173645_17360877.jpg
甘えびがもちっと質感と甘さが際立ってますなぁ。うまい。
後は、たいとひらめも噛むほどに旨みが広がる・・・まさに、口の中がたいとひらめの舞踊りですよ。

子持ち昆布(500円)。
「おいおい、抹茶なんて頼んでないよ」と思わせる茶器のような器で出てきたぞ。
薄切りにカットされているんだけど、このにしんの卵のぷちぷち感がたまらんわね。結構たっぷり目に入っているのも嬉しいわー

e0173645_17362186.jpg
白はまぐり(3コ600円)は、酒むしかバターがチョイスできるんだけど、やっぱり酒むしが食べたいなー

お・・・
白はまぐりが、相変わらずでっかいことにテンションが上がるんだけど、酒蒸しというよりはもはや、なかなかな量の貝汁だ。
白はまぐりがぷりぷりで美味いのは間違いないけど、この出汁もたまらんなぁ。しょうがもちょっと効いてるし。
出汁を肴に、酒を飲んでるっていう状況ですな。

e0173645_17363099.jpg
e0173645_17363388.jpg
貝を食べたくなった人や、魚介をたっぷり堪能したい人にオススメ。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:大乃助
場所:大阪市淀川区十三本町1-7-32
時間:11:00~14:00 17:00~翌3:00(L.O.26:30)
電話:06-6838-7107

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-06-11 07:21 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 15日

十三の居酒屋「海鮮屋台おかめ」

週末の十三に少しだけ立ち寄って、軽く飲んで帰ることに。
阪急十三駅周辺をぷらぷらしてみるが、あまりピンとくる店に当たらないなぁ・・・魚介が食べたいんだよなぁ。
悩んだけど、国道176号線高架下「海鮮屋台おかめ」にしようかな。入ったことないし。
隣には、人気のラーメン「くそオヤジ最後のひとふり」があって、「海鮮屋台おかめ」の前にまで行列ができている。「海鮮屋台おかめ」の入口部分が開放的なことになっているので、双方目が合っちゃっても仕方がない。

e0173645_21365205.jpg

屋台というショルダーにもあるように、
店内は広いんだけど、どこか懐かしさとごちゃっと感があって、酒を飲んで楽しめる空間になっている。仲間と来ている客が多いなぁ・・・あ、C級呑兵衛のようなおひとり様がいないじゃん。でも、もう探し疲れたし、カウンター席もあるのでそこに座ってと。

1杯目は、角ハイボール(350円)を発注。
メニューは、刺身・貝メニューをはじめ魚介メニューが主にはなっているが、天ぷらや揚げ物、肉・鶏ものその他一品ものが充実している。

まずは、島らっきょ もろみ(380円)。
お向かいの店が、沖縄料理立ち飲み「はながさ」なところ、わざわざこのアイテムをもってくるか(笑)、ま、他に沖縄料理がなくて良かったけど。
久々の島らっきょ、やっぱり美味いな。

e0173645_21365899.jpg

そして、刺身は・・・おまかせ5種盛(980円)にするかな。
ラインナップは、ひらめ、かつお、サーモン、あじにカンパチですな。切り身も厚めでボリューミーですな。特に、あじ、カンパチあたりの青物が、脂がのってしっとり美味し。

e0173645_21370223.jpg

刺身だし、ハイボールから焼酎に変えるか。
鹿児島は長島研醸「さつま 島美人」(350円)をロックで。

e0173645_21370558.jpg

刺身で十分満足したんだけど、もう一つだけ。
天かすネギぶっかけ豆富(280円)を。
冷奴にはなると思うんだけど、豆腐が見えなくなるくらいに天かすと青ネギをもっさり。

e0173645_21371071.jpg

ニャハハ、おもろいなこれ。
ひんやりした豆富がずっしり重たい。ここに、温かい天かすと天つゆがかかる。冷たいのと温かいの、柔らかいものとサクサクしたものをまぜまぜしていただく。なんか、台湾あたりの屋台フードを食べている感じだな。

気が付けば、後からポツポツおひとり様来店があって、カウンター席も満員御礼になっていたぞ。
気になる人は是非ー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:海鮮屋台 おかめ
場所:大阪市淀川区十三本町1-3-6
時間:17:00~24:00 日休
電話:06-6301-8009

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2018-04-15 10:51 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 19日

十三の居酒屋「ヘルシー立ち呑みガリバー 」

阪急十三駅西口、
国道176号線を跨いだところから始まる十三フレンドリー商店街を抜け、そのまま西へと続く十三本町商店街、十三元今里商店街を進む。アーケードが途切れたところで右に入ると住宅街になるんだけど、ここに立ち呑みのお店がある。

e0173645_09324570.jpg

以前から気になっていたんだけど・・・今回は営業をしているタイミングを狙ってやってきた。宮垣タバコ店を兼ねる「ヘルシー立ち呑みガリバー」だ。

e0173645_09383211.jpg

見ての通り、気になるポイントは「ヘルシー」。酒を飲むのにヘルシーとはこれいかに。外観は昭和な雰囲気なんだけど、店内は、まだお店を始めてそれほど年月が経っていないのか、綺麗で明るい雰囲気だ。

新しい感じの木製カウンターは、客側に折れる逆L字。なるほど、たばこ販売の窓口にも対応するためか。
あとは、入口すぐのところに立ち飲み用テーブルが1つ。

とりあえず、ビールをもらおうかな。
瓶ビール(中390円)はキリンラガー。招かれすぎちゃうかなと思うくらい黒い招き猫にずっと見られながら、ぐびっと。

e0173645_09531038.jpg

壁に短冊メニューと、今日のおすすめがボードが2つ。
全体的にお安いですな。ドリンクは一番高くて390円、フードも簡易的なものがほとんどとはいえ、50円~350円の価格帯だ。
じゃあ、本日のおすすめからカツオたたき(300円)を。
あら、なかなかいいボリューム感で出てきましたな。青ネギとカイワレがたっぷりまぶしてある。スーパーでこのボリュームの切り身買ってもこれくらいの値段するぜ。

e0173645_09531574.jpg

酒はハイボール(280円)にかえて、と。

e0173645_09531861.jpg

50円のメニューって・・・あ、梅干ね。みたところ、カウンターには幾ばくかの缶詰があったりナッツ類があったりと、ちょっと角打ち的な感じもするね。ま、ここは酒じゃなくタバコを販売してるけど・・・飲んでいる間にも、ちょいちょいタバコ買いに来る人がいるんだよね。

冷奴(100円)もらおうかな。
こちらは小さな平皿にちょこっとある感じ。花鰹、青ネギに生姜を添えてある。茶碗蒸しがごとくスプーンでいただくんだけど、お!この豆腐、しっとり滑らかぁ~

e0173645_09532332.jpg

このお店で作っているものも欲しいな。
ゴーヤと玉ねぎの和物(200円)を。ツナマヨで和えているんだけど、ゴーヤの苦味が爽やかで、マヨネーズでこってりしすぎないのがいいね。いい酒の肴だ。

e0173645_09532752.jpg

ご主人、おねえさん2人の計3人体制だったけど、和やかで気さくな感じだったよ。仮に常連客が多くても、これなら入れるかな。

ちな~みに、この店で一番衝撃だったのが、「ヘルシー」に特別に意味がなかったということ。理由を聞いてみたところ、「何となくで・・・ほんと、すみません」と返ってきた。
まぁ、酒を呑む側からすると、ヘルシーと逆行するからどうしたもんかと思っていたが、特に食事に気をつけるシステムもなく助かったぜ(笑)
気兼ねなく自分のペースで呑むことができるからストレスフリー、そう、それが一番ヘルシーなんだと思うよ。

気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ヘルシー立ち呑みガリバー
場所:大阪市淀川区十三元今里2-19-17
時間:16:00~21:00 土日祝休
電話:06-6301-1873

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-08-19 22:22 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 05日

十三の居酒屋「富五郎」

阪急十三駅西口に降りて、右手に行けばしょんべん横丁なんだけど、
今回は左手に行くか。十三駅前西商店街ですな。
昔は、キャラクターとして「鉄腕波平」(身体は鉄腕アトムで顔だけ磯野波平)イラストが迎えてくれたが、今は、フォルムだけ残して見事に上書きされている。

e0173645_11160505.jpg

1つ気になるとすれば、その上書きには「WEST13」とあるんだけど、このWESTは分かるとして、13ってひょっとして十三ってことじゃないよな(笑)
・・・とブツブツ言いながら、
今回は、「富五郎」の暖簾をくぐることにしよう。この西商店街で、もっとも存在感のある老舗居酒屋だ。白い暖簾には「十三名代 創業昭和7年」の文字。

e0173645_11574282.jpg
e0173645_11572234.jpg

ちょいちょい十三に来ているのに、今まで入った事ないんだよなぁ(恐らく)。
奥へとずっと続く大きな店内。厨房に沿う形でカウンター席があって、奥にテーブル席。カウンターは20席ほどで、テーブル席は4人掛けが4つ・・・あ、よく見えないけど、右奥にもまだ部屋があるんだな。

ハイボール(410円)にするかな。

「ん?」

カウンターに、「品物と代金の引き換えになっております。アルミ皿に、お金を入れて下さい。」と書かれている。ここ、キャッシュオンデリバリーなのか。そんな感じの居酒屋さんに見えなかったから、ちょっと驚き。

e0173645_11575031.jpg

お造りが700円まででいくつかあるんだけど、
今回は、あえて本日のカルパッチョ(850円)でもいってみるか。その日の仕入れで内容は変わるのね。
あ・・・カルパッチョだからオリーブオイルかと思いきや、シーザードレッシングできたか。魚は・・・ヒラマサかぶりかな。なかなかいいボリューム感で切り身が盛り付けられている。

e0173645_11575856.jpg

揚げ物を1つ・・・レトロメニューって書かれてるな(笑)
ハムカツ(410円)をお願いしよう。
ハムカツってシンプルな食べ物なんだけど、結構、店によって個性があるんだよね。この店では、スライスハムの2枚重ね。半円で4切れだから丸いハム2枚分だね。衣が、結構しっかりザクザク目で、食べごたえ十分だ。

e0173645_11580676.jpg

揚げ物食べたから、焼き物も1ついっとくか。
えのきポンズ(450円)を。
調理場に小ぶりな鉄板があって、いか焼き作るみたいに上から押さえつける鉄板が付いている。わっさーと、えのきを鉄板に置いて、ぎゅわっと上から押さえつけて焼き上げる。
青葱を散らして、オリジナルポン酢がかかって出てきた。
えのきのしゃきしゃき歯ごたえと酸味の強すぎないポン酢、ええ酒の肴だわ。

e0173645_11581405.jpg

気さく気ままに飲めるいいお店。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:居酒屋 富五郎
場所:大阪市淀川区十三本町1-1-13
時間:17:00~23:00(L.O.22:30) 日休
電話:06-6305-0356

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-02-05 14:02 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 29日

十三の居酒屋「大衆酒場 玉一」

十三、しょんべん横丁が再開して久しいけど、
火災が特にひどかったエリアは、以前にはなかったお店が随分と入っているんだよね。他で数店舗運営しているお店が進出してきたものもあるし。

そんな中、新しいのにこってり大衆居酒屋感を出すお店が…
「大衆酒場 玉一」だ。

e0173645_08081652.jpg

カウンターが8席、テーブル席は4人掛けが2つ。2階もあるようですな。

寒いし、熱燗をもらうか。
日本酒(1合260円)は、何の意味なく勝手に気持ちが大きくなってしまう銘柄、和歌山の株式会社世界一統の「世界一統」
このロゴ文字だけど、前島 密が筆にしたものがベースになっていることは意外と知られていない。

e0173645_08083402.jpg

とりあえず、あったかいものを…湯豆腐(280円)ちょーだい。
見た目、醤油黒さが特徴的だが、みりんがきいているのか甘めに仕上がっている。豆腐は、水分をギュッと絞ったかのようなしっかりもの。

e0173645_08084566.jpg

そして、きずし(300円)をもらおうかな。
おー銀色が眩しいぜ。
浸かっている時間がどの程度か分からないけど、見た目ほどパサパサしないし酸味もきつくなかったな。

e0173645_08092072.jpg

大衆酒場ということで、250円~、主軸が300円~400円台の一品ものが50種以上あって、何があって何がないか分からないくらい充実している。これと別に、おでんと串かつも、各10種以上あるんだよね。

この居酒屋のウリがどれか分からなかったけど、この串かつ食べてみようかな。
あ…待てよ、「串かつは一人前2本より」となってるな。一人で来てるから、同じくしを2本ずつ食べるのもなぁ…
しゃーない、不本意ながら串カツ盛り合わせ(5本)を頼むか。

5本の盛り合わせは、玉ねぎ・えび・串カツ・しいたけ・豚カツだ。
二度漬けお断りソースにつけて食べるんだけど、ここのソースはスパイスがきいているので、あまりどっぷり行き過ぎると少し辛いかもしれないので、様子をみながらええ塩梅を。
しっかりザクッと衣が香ばしいですな。

e0173645_08093604.jpg

今回食べなかったけど、定番メニュー以外にも本日のおすすめがあって、お造りもあるので、気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:大衆酒場 玉一
場所:大阪市淀川区十三本町1-2-5
電話:06-6301-0236

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-01-29 09:25 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 22日

十三の焼鳥「鳥串屋ななしの」

阪急十三駅の東側、
商店街の合間にある、いくつかの細い路地。
ん?あんな大きな提灯、前からあったかな…焼鳥のお店か。何かよさ気だな、入ってみるか。
鳥串専門店「鳥串屋ななしの」だ。

e0173645_07384857.jpg

L字カウンターが数席と、奥にもちょこっとテーブル席があるみたいなんだけど、こじんまりとした空間が妙に心地いい。
さて、焼鳥串なんだけど、あ…分かりやすい、いずれも1本130円で統一されている。でもって、1皿2本がデフォルトになっている(260円になるわね)。
壁のポスターをみると、栃木県産のブランド「香鶏」

ハイボール(400円)を。
「最初に、付きだしにねぎまをお出ししますので…」

そうなんですねー
と、少し待っていると…

「!」

ちっちゃ(笑)
焼鳥のフィギュアみたい。これ、鴨のほほ肉のねぎまだ。かえって、仕込みに時間がかかりそうだね。

e0173645_07385380.jpg

まずお願いしたのは、はらみ。
「付きだしみたいに小さかったらどうしよー」とか思ったけど、それは大丈夫(笑)
おーしっかり質感で、噛みしめるといい弾力が楽しめる。脂もノリノリだ。
タレはしっかりした味だが、後に引かないのでさっぱりいただける。

e0173645_07390981.jpg

そして、せせり。
こちらは塩焼きで、炭焼きの香ばしさも引き立っている。お~これは柔らかいや。ふわっとしたグミグミ感がたまらんな。

e0173645_07391774.jpg

鴨油(かもあぶら)
これはホルモンで、モモとモモの間の脂身なんだって。基本的には出荷前に廃棄される部分で出回らない部位なんだそうな。それが、ものがいいとウマウマなんだって。
焼肉でいうマルチョウみたいなプニプニアイテム。噛むほどに甘味とコクがあって…あ、これうまい。

e0173645_07392812.jpg

こんぼう…馴染みのないメニューがちらほらあるなぁ。え?あ、手羽元なのね。じゃあ、それもいただこうかな。

「!」

食べやすいように捌いているからなんだけど、
あの細い串にたいしての肉のボリューム感がすごい(笑)、出だしの付きだし串も見てるしね(笑)
炭火の上で、ジリジリと焼かれている段階でもう美味そう。これ、肉を食らっているという噛み応え、ボリューム感が嬉しいなぁ。
噛むほどに旨味がジュワッ、しっかり滋味豊かな味わいが楽しめる。

e0173645_07393182.jpg

ふらっと入って正解だったなぁ。満足満足。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:鳥串屋 ななしの
場所:大阪市淀川区十三東3-28-18
時間:17:00~24:00 不定休
電話:06-6309-8765

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2017-01-22 11:40 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 19日

十三の居酒屋「博多青魚さばさば」 oishii

前から気になっていたんだけど、
阪急十三駅西口を出てしょんべん横丁を抜け、阪急神戸線の踏切を渡った国道176号線高架下。
「博多青魚さばさば」にやってきた。

e0173645_07284488.jpg

店名から単純に鯖料理が楽しめる、と思っていたんだけど、博多とあるから九州料理のお店なんですな。
外からも中の様子が垣間見えたけど、店内は団体客もあって賑やかなことになっていたが、カウンター席であればということで案内をしてもらう。明るい店内、お店の人も気さくで、おひとり様でも居心地がいい。

定番メニューが手元にあるんだけど、それ以外に、今日のおすすめがホワイトボードにずらっと書かれている。九州もんを強調している部分はあるけど、それにこだわらず色んなメニューがあるんですなぁ。

生ビール(380円)がお越しになったのはいいが、何を食べるかなぁ。
色々食べたいし、でも九州もんは食べたいし・・・
あ、これいいな。福岡セット(1980円)にしよー

まず出てきたのは、博多の小鉢
その日によって内容が変わるみたいね。今回は、辛子明太子。口に放り込むと、ほんのり甘味から始まるんだけど、徐々に唐辛子のひりり感が広がる。

e0173645_07330906.jpg

そして、長浜市場からのおすすめ一品は、馬刺し
お店の人の話を聞くと、博多の人からすると、馬刺しといえば熊本でも山田なんだそうな。
こちら、熊本は山田の馬刺しで、上身を出してもらう。
馬肉ならではのあっさりさ、そして、この柔らかくも肉肉しい食感がいいなぁ。甘味のある醤油をかけて。

e0173645_07332230.jpg

続いて、胡麻鯖ハーフサイズ。
これ、昨年夏に、ボンバって福岡・佐賀1泊2日「おきよ食堂」で食べた、福岡の郷土料理、胡麻鯖ですな。「おきよ食堂」では鯖がなくて、鰤だったけどね。そうそう、先ほど書いた長浜市場、まさにここで食べたわけ。

その時にも書いたけど、
生の真鯖を醤油ベースのタレ・胡麻と和えたものを言い、ゴマ鯖という鯖の種類のお造りということじゃないぞ。
甘めの醤油で味付け、脂がのって非常に滑らかな質感、それでありながら、後味さっぱり。ウメー

e0173645_07333945.jpg

あかん、ビールあらへん。
鹿児島酒造の黒麹貯蔵酒「倉津」を。非常にナチュラルに喉を過ぎる爽やかさ。でも、黄金千貫の香り、コクがしっかりで美味い。

e0173645_07334893.jpg

いわし明太子。これも福岡・博多の名産だね。
お・・・これは、いきなりヒリヒリと辛いのがお見舞いされるぞ。
いわしが意外と肉厚でボリューミー、これ、白飯がほしくなるな。

e0173645_07341879.jpg

セット最後は牡蠣よ、牡蠣。
順番にセット料理を出してもらう中で、お店の方がタイミングをみてくれていて、焼くのは2、3分なので、いい時に言って下さいとのこと。
糸島産の牡蠣を炭火焼で。
牡蠣は小ぶりなんだけど、焼きすぎることなく絶妙な火の通し具合。とっても潮の香りが高くてウマウマ。

e0173645_07342742.jpg

もう1杯いただこうかな。
鹿児島は相良酒造、復刻版「兵六」。無濾過貯蔵・熟成させたもので、いい意味での芋臭さがいい感じだ。

e0173645_07344140.jpg

単品も色々食べたかったけど、このセットでいい感じになっちゃった。
また、来よ~
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:博多青魚 さばさば
場所:大阪市淀川区十三本町3-3-2
時間:11:30~売切次第、17:00~23:30 不定休
電話:06-7182-0391

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-11-19 10:19 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)