人気ブログランキング |

C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:食べ歩き(その他)( 395 )


2019年 05月 10日

淀の寿司「魚楽(ととらく)」

駅前に京都競馬場が広がってますなぁ~

京阪電車、淀駅にやってきた。競馬場だけでなく大きな公園もあるので、家族連れも多く賑やかだ。
今回は、その競馬場と反対側、バスロータリーのある駅南西側に出る。そこから広い道路を、数分北へ歩いたところ、道路沿いにあるお店にやってきた。

壁に、丼の写真がずらっと貼ってあるのが目印。

「魚楽(ととらく)」だ。

e0173645_08453308.jpg
お店の中に入ると、そのまま壁に沿った一文字カウンターになっていて、全部で7席かな。店の外に負けじと、壁には丼の写真がずらっと貼られている。店のキャパからして、おひとり様はもちろん友達同士なお客さんが中心かな。

丼とは書いたけど、店名からも分かるように、魚介の丼が楽しめるんだよね。30種を超える丼は、季節物も色々あるんだろうけど、ぱっと見た感じ、550円~2030円(税別)の価格帯で、概ね1000円以内とリーズナブル。
e0173645_08454084.jpg
じゃあ、山かけマグロ2色丼(650円)にしてみようかな。あ、シャリ大盛り(50円)で!
丼というか、寿司桶で出てきたぞ。
たっぷりのシャリの上には、ネギトロと赤身すき身がもっさり表面張力的な感じで盛り付けられている。
e0173645_08454420.jpg
マグロのしっとり滑らかな舌触りがたまらんわね。山芋のいい粘りと滋味な味わいとの相性がばっちりだ。「寿司」「シャリ」という表現を使ってるけど、実は、シャリがうまい。そう、ご飯は寿司飯になっていて、柔らかくていい塩梅の酢加減がグー
シャリ大盛りにしたけど、そうしなくてもそこそこボリュームのある量だな。これで、このお値段は確かにお値打ち。

このお店、そのお値打ちなところが人気でもあるんだけど、
もう一つ人気なのが「かえネタ」。
海沿いの産直市場のようなところに出かけると、色んなバリエーションの海鮮丼が楽しめるお店ってあるけど、あれって、「わー色々ありすぎて悩むわー」ってなるんだよね。まさに、そのお悩みを解決してくれるようなシステムだ。
e0173645_08454609.jpg
最初に丼を注文して、シャリを残しておけば、他の丼のネタを追加注文できるわけ。店内にもその説明が書かれているんだけど、例えば海鮮丼(550円)を注文してねぎとろ丼(550円)のかえネタをお願いすると、ねぎとろ丼はシャリ分を除いた料金(200円引き)となるので、550円+350円=900円で二度美味しいわけだ。ラーメンの替玉はよくある話だけど、海鮮丼のかえネタはなかなか斬新。

実は最初にシャリを大盛りにしたのも、1杯目もある程度シャリと一緒に食べたかったからなんだよね~。1杯目でも結構満足感あるな。マグロを食べきったところで・・・じゃあ、「かえネタ」で豪勢にカニ・甘エビ・赤エビ丼(940円)にしようかな。200円引きだから740円の追加だね。

わ、一面に盛ってきましたなぁ。
e0173645_08454898.jpg
赤エビがもっちりでウメー。甘エビももちろん美味いんだけど、それに劣らず甘味が強いですなぁ。カニほぐしも食べても食べても減らへん(笑)

がっつり海鮮丼を頬張りたい人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:魚楽(ととらく)
場所:京都市伏見区淀本町173-82
時間:11:00~15:00(L.O.14:40)、17:00~21:00(L.O.20:40)水休
電話:075-632-6303

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2019-05-10 07:27 | 食べ歩き(その他) | Comments(0)
2019年 04月 06日

三宮のうどん「あんかけ亭 光」 oishii

酒を飲んだ後のシメのお話。
深夜営業するお店が多いからラーメンになるケースが多いけど、うどんのお店がもう少しあってもいいのではないかと、いっつも思っている。
今回は、神戸ではおなじみのお店だそうなんだけど、シメにうどんをいただくことに。神戸三宮駅の北側、生田神社に寄り添うようにあるお店、「あんかけ亭 光」だ。
e0173645_07381657.jpg
夜20時からの営業となると、それこそ周辺にたくさん商売人がいるか、飲んだシメ向けのお店になるな(笑)
軒先にはビニールカーテンを設け、外でもうどんをすすれる座席も設けられている・・・というか、23時近い時間だというのに、満員御礼で中に入れないじゃないか。ということで、この外のテーブル席でいただくことに。
e0173645_07381383.jpg
おうどんだけど、きつねうどん(700円)やぶっかけうどん(800円)があるにはるけど、やはり、店名にもあるように、あんかけメニューが充実している。他のうどん店だと、あんかけうどんそのものがあるかないかくらいなのに、きざみあんかけあんかけ、梅わかめあんかけ、八宝あんかけ・・・あんかけだけで6種類もある。

その中でもダントツの人気を誇るのが、名物カレーあんかけ(1000円)。
そもそも、ここに来たのも「うまいカレーうどんの店」があると聞いたからだ。カレーうどんもあんかけなのね、じゃ、それを。
e0173645_07381194.jpg
麺処ならではの、ダシのきいたカレーが出てくるんだろうとは想像に難くなかったけど、思った以上にカレーライスな粘度と具材の存在感。牛肉やじゃがいものカレー派閥と、葱やきざみ揚げのうどん派閥がまったく違和感なく混在している。
e0173645_07380780.jpg
じゃがいもがホクホクでウメー
うどん食べに来て、こんなにゴロゴロなじゃがいもにありつけると思わなかったな。麺は平打ちで、つやつやでもちもち。カレーがずっしりと絡んでくるところを一気にすする。スパイスきいた甘辛さが食欲そそるね~
飲んだあとでも全然別腹でいけるし、黙々と食べてしまった。

いやー美味しかった~
気になる人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:あんかけ亭 光
場所:神戸市中央区下山手通1-5-3 ひがしもん異人館1F
時間:20:00~翌3:00 日祝休
電話:078-391-8139

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2019-04-06 09:25 | 食べ歩き(その他) | Comments(0)
2019年 02月 03日

心斎橋のうどん「加寿屋 法善寺」

先日、仕事での移動中。
心斎橋を経由するタイミングで14時過ぎ。このまま次の仕事に入ってしまうと、恒例の昼飯抜きになってしまうので、ちょっと、ささっと食べることが出来るうどんでも・・・

やってきたのは、心斎橋駅すぐのところにある「加寿屋 法善寺」
e0173645_07143053.jpg
関西のみならず東京へも進出しているかすうどんのお店。
なんか、暖簾がえらいことになっているけど、藤井寺を本店とする「加寿屋」そのものも開業してから25年と経っていなくて、比較的新しいんだよね。
e0173645_07144199.jpg
かすうどんそのものを食べようと思ってきたわけではないんだけど、中に入ってみるか・・・カウンターのみのお店で、10席ちょっとかな。

お・・・
ねぎ好きにはたまらんメニューがあるじゃんか。
「レディースに大人気」っていうショルダーがあると注文しづらいけど(笑)、ねぎ大盛り月見うどん(800円)にしよー。ねぎ好きで、しかも月見うどんも好きなので、最高の組み合わせじゃないか。
わーい、本当に青ねぎたっぷりだ。これ、もし追加トッピングでねぎ大盛り(100円)にしたら、もはや、うどんでなく、ねぎ食いになるな・・・
e0173645_07150361.jpg
うどんが見えないくらいに青ねぎが盛られているんだけど、かすうどんのお店なので、どのうどんにも油かすはもれなく入っている・・・あ、あったあった。
カリカリに揚がった油かすが香ばしい。
ちなーみに、油かすって何やねんという人に・・・牛ホルモンを時間をかけてカリカリに揚げたものだ。
e0173645_07151888.jpg
だしは昆布や鰹などがきいた、関西ならではの醤油ベース。
油かすがそんなにガンガンに入っている感じでもないので、ここから出る旨みとかコクがどの程度あるのかは分からないけど、おちつく味わいで美味しいー

おにぎり(100円)をつけようかなぁ、どうしようかなぁと思っていたら、ランチタイムのサービスなのかしら、「おにぎりつきますけど・・・」、お!ラッキー。
e0173645_07152897.jpg
ねぎ好きの人は・・・
あ、いや、かすうどんが食べたいなーと思った人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:加寿屋 法善寺
場所:大阪市中央区難波1-5-20
時間:11:00~26:00(金土祝前日は ~翌3:00)
電話:06-6211-1291

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2019-02-03 07:45 | 食べ歩き(その他) | Comments(0)
2019年 01月 09日

丸太町のうどん「やっこ」 oishii

年末に、
「来年は猪年かぁ。いのししいのしし・・・護王神社が猪に縁があるのか。そうだ、京都に行こう。」・・・色んなところに使えるかしらと、猪にまつわる写真を撮りにだけ京都にやってきた。

京都は丸太町。
地下鉄丸太町駅は、御所のある京都御苑の南西に位置し、護王神社へは駅から北へ歩けば御所の向かいにあったりする。

・・・が、その前に、腹が・・・減った・・・。
駅の南側へ少し歩いてやって来たのが、お蕎麦屋さんの「やっこ」
いやぁ、雰囲気ありますなぁ~
e0173645_07373333.jpg
老舗の風格の中に、昭和な看板。
これ、中になんか仕掛けあるのかな・・・
e0173645_07373958.jpg
間口は小さいが、中に入ると結構広いんだね~
カウンター席が6つに、2人掛けテーブルが1つに4人掛けテーブルがいくつか。
腰をかける椅子の部分が、畳敷きになっているのがいい感じ。
e0173645_07374908.jpg
さて、こういう感じのお店なので、おうどん、おそば、丼物にカレーライスなど、定食屋として利用できるメニューが揃っている。

「ん?」

こんなに老舗のザ・お蕎麦屋さんという感じなのに、なんか違和感のあるワードが目に入る。

キーシマ
店先の定食紹介にはキーシマの文字があったんだけど、店内の定番メニューの中にはないな・・・
キーとは中華麺、シマは蕎麦を指す隠語らしいので、キーシマとは黄そば(おだしは和風で麺は中華麺)のことか。お店の人同士が使う隠語が入ったメニューって、まかないとかそういうものかもしれないね。
ま、キーシマでもいいんだけど、なんかもう一つアクセントがほしいな。

あ、キーカレー(カレーキーシマ630円)にしてみようかな。
しばらくすると・・・きたきた。
e0173645_07374274.jpg
麺がみえないシンプルなビジュアル。
おダシそのものは粘度が少しあるものの、カレーそのものはダシがよくきいていることもあり、案外とあっさりとしている。ただ、スパイシーなひりりが余韻に残るぞ。

極細なのに、非常に麺がもちもちしている。伸びと弾力もしっかりしているなぁ。
お揚げさんは、少々甘めに炊いてある。
e0173645_07374554.jpg
あ~温まった。
名前だけみると何か分からなかったけど、食べてみるとこんなに美味しかったのね~
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:やっこ
場所:京都市中京区夷川通室町東入ル冷泉町76
時間:11:30~20:00(土は~15:00)日祝休
電話:075-231-1522

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2019-01-09 07:13 | 食べ歩き(その他) | Comments(0)
2019年 01月 05日

梅田のうどん「きしめん あまの」 oishii

冬に入ると牡蠣のシーズンになってくるんだけど、ここ最近はまだがっつりとはいただいてないんだよなぁ。また、瀬戸内に食べに行かなあかんわ・・・
牡蠣の食べ方も色々あるけど、寒い時期に入ると、やっぱりここに来ちゃうな。
ホワイティうめだにある「きしめん あまの」
ホワイティうめだの中にあるけど、創業60年近い老舗だ。
e0173645_07330172.jpg
きしめんのお店なんだけど、
「本日 牡蠣入荷致しました。」の札が出れば、「あ~、この季節がやってきたかぁ」となる。
e0173645_07330789.jpg
カウンターとテーブル席があり、カウンター席に案内されると手際よくうどんが作られるのがよく見えるぞ。
ここでの発注は、やはり、かき入り味噌煮込うどん(1480円)。
紙エプロンが出てきてしばし・・・お、きたきた。
ぐっつぐつの鍋だからやけどしないようにー
e0173645_07331186.jpg
前にも書いたけど、きしめんといえば愛知。ここの味噌煮込うどんは、愛知の八丁味噌で平打の太いうどんを煮込んでいる。イメージすっごいこってりした感じを想像するかもしれないけど、味噌は比較的あっさりめ。香ばしい味噌の香りはもちろんなんだけど、塩味や酸味がきいてるから飽きが来ないんだよね。よりコクが欲しいなら生卵をくずすといいよん。
麺は、これだけ煮込んでてもくずれないしっかり弾力で、少し固めな感じで仕上げている。このもちもちもぐもぐな麺が味噌に合うわー

もちろん、牡蠣もたっぷり入っている。写真は、目に付いた牡蠣をさっと表面に出しただけで、まだ中にごろごろしてるよん。牡蠣と味噌はもちろん合うんだけど、しっかり味噌の中でも、牡蠣の旨みが存分に楽しめる。ウメー
e0173645_07331592.jpg
さむーい日に煮込みうどん、いいですなぁ。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:きしめん あまの
場所:大阪市北区角田町2-5 ホワイティうめだノースモール1
時間:11:00~22:30(L.O.22:00)
   日祝は9:00~22:00(L.O.21:30)不定休
電話:06-6312-3470

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2019-01-05 08:36 | 食べ歩き(その他) | Comments(0)
2018年 12月 10日

心斎橋のうどん「芦池更科」

心斎橋は南船場。
商店街から西へ入ると、飲食店がポツポツあるものの、どちらかというと色んな会社がひしめき合う雑居ビルが林立するエリア。
そんな中に、そこだけ時間が止まっているんではなかろうか・・・と、思わせるお店がある。

「芦池更科」だ。
なんか、構えが池波正太郎的な。1950(昭和25)年創業の老舗だ。
e0173645_10081988.jpg
e0173645_10074937.jpg
中に入ったら、これまた渋い。
年季入りまくりの店内、入ってすぐと、奥の壁に沿ってカウンターがあり各3席ずつ。店の中央には、1テーブル4人座れる長机を縦に連結し、それが2列ある構成。
3重連のSL写真もすげー

壁にかかる短冊メニューの感じがなんとも泣けるが、奥に鎮座するレジスタがもーなんとも博物館級。
それにしても、更科なのでそばメインかと思えば、うどんの方が前に出ている気がするな。うどんやそば以外には、丼ものもあるぞ。
e0173645_10075472.jpg
e0173645_19362231.jpg
何にしようかなぁ・・・悩むだけ悩んで、天婦羅うどん(780円)を発注。
しばらくすると、お待たせしました、と、器がコトッと置かれる。
ほかのうどん店より一回り小ぶりで底が深いうどん鉢、この手にとったホールド感が、どうにも、あの時代劇で出てくる屋台で食べたいサイズ感なんだよね。
ここに、なみなみダシが入っている。
e0173645_10081610.jpg
天ぷらは海老と海苔。
おうどんはゆで麺なので柔らかいんだけど、ダシが濃い目で落ち着く~、ウメー
e0173645_10082171.jpg
オフィス街だから、老若男女問わず、仕事の合間に日常的な感じで次から次へとやってくる。会社の近くに、こんな渋い店があったら通うよなぁ。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:芦池更科
場所:大阪市中央区南船場3-3-22
時間:8:00~20:00 日月休
電話:06-6251-1763

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-12-10 07:44 | 食べ歩き(その他) | Comments(0)
2018年 12月 09日

南森町のカレー「アジアンキッチン オオツカレー」

先日、南森町に出かけたんだけど、ランチにカレーを食べたいなぁと思い、お店を探したところ、ここにたどり着いた。
南森町交差点から梅田に向かって国道1号線を少し歩いたところ。
「アジアンキッチン オオツカレー」だ。
e0173645_07155592.jpg
疲れた体を癒す薬膳スパイスカレー、か。
そら食べな、疲れた体だから癒してもらおー(笑)
カウンター席に座ったんだけど、カウンターで6席、2人掛けテーブルが2というキャパ。

メニューを眺めながら・・・んー、やっぱり、この人気No.1の2種あいがけカレー(1000円)にしようかな。カレーは、A:ポークキーマの薬膳スパイスカレー、B:肉といろいろ野菜のグリーンカレー、C:今週のカレーの中から2種をチョイスできる。
この日の今週のカレーはポークビンダルー。
じゃあ、BとCのあいがけにしてみるか。
e0173645_07160628.jpg
「薬膳」というワードが、どうしても味に癖があるように捉えがちなんだけど、このお店では「医食同源」、つまり、バランスよく美味しいもんを食べて、みんな健康になろうというイメージだ。こ難しいことを考えるよりも、美味しいカレーが出てきて、それが身体にいいとなれば言うことないでしょ。

ポークビンダルーは、インド西海岸ゴアの料理で、バルサミコ酢で少し酸味を効かせた豚トマトカレーだ。お、なるほど、もっとミートな感じかと思ったら、見た目以上に酸味とトマトの爽やかさがきいてるね~、そのあとに来るヒリリも含めて美味い!
e0173645_07162400.jpg
もうひとつの肉といろいろ野菜のグリーンカレーは、シチューのような色合いをしているけど、ちゃんぽんなどを思わせる豚骨スープのような味わい。面白いなぁ~
e0173645_07162856.jpg
カレーには固めのライスが嬉しいんだけど、こちらのお店ではデフォルト玄米で、この日は岡山産アケボノ玄米(白米チョイスもできるよ)。しっかり噛み締めて・・・ウメー、カレーとも相性もばっちり。

カレーに添えられている副菜も毎日変わるようで、
この日は、岐阜産もやしと茨城産ほうれん草のオイスターソース炒め、インド産ひよこ豆の味噌スパイス炒め、茨城産キャベツと香川産水菜のナムルサラダ、北海道産玉葱のピクルス。できるだけ国産なこだわりの食材、そして、一つ一つ丁寧に作られているんだよね。一つ一つ味わいところなんだけど、ここは、カレー・ライスたちとまぜまぜしながら食べるのがどうにも美味いわけ。

あー、美味しかった。
「オオツカレー」だから、大津さんという人ががやっているのかと思ったら、大塚さんで、まさかの「カ」かぶりだった(笑)
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:アジアンキッチン オオツカレー
場所:大阪市北区西天満3-13-18 西天満クリスタルビル 1F
時間:11:00~22:00(20:30以降は売り切れ次第終了)日休
電話:06-6312-3222

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き


by nonbe-cclass | 2018-12-09 09:44 | 食べ歩き(その他) | Comments(0)
2018年 11月 28日

天神橋筋六丁目のうどん「天六うどん」

おー、まじかー!
身体が冷えているのと肩のコリがひどくて、「なにわの湯」でも行ってゆっくり浸かろうかと思い、天神橋筋六丁目まで来たというのに、まさかのリニューアルに伴い休業かよ。

バキバキに心が折れて、しょんぼり駅に戻っていく途中、オラオラ看板が目に飛び込んできた。
「下品なくらいにダシが濃い!ダシで勝負!」
e0173645_07332768.jpg

立ち食いのうどん・そばのお店「天六うどん」だ。
ビジュアル的に警戒色な看板に、なかなか飲食で使わないワードを放り込んでるなぁ。「下品なくらい」もそうだけど、反対の面には「飽きがくるほど」だって。

ま、それよりもなによりも「きつね」のことを「けつね」といい、それをこれだけ前に出しているお店って、なかなか見ないよね。
e0173645_07332252.jpg
メニューは、かけうどん・そば(220円)から始まり、麺類や丼物の単品のほか、定食やセットも色々揃っている。注文はキャッシュオンスタイルで、商品が出てきた時点で支払いを済ませる。

けつね定食(460円)にしよー
e0173645_07333111.jpg
なるほど、確かにダシ濃いわ。
濃いというのは、おダシがしっかりしているという意味で、関東のダシのようにしょっぱい、塩味が強いということじゃあない。もちろん昆布もきいて、鰹の風味がぐっと主張してくる。
麺は、おなじみ茹で麺で柔らかいやつね。

おいおい、あげがごついな。
表面の半分を覆う大きさももちろんあるんだけど、厚さも他の店の倍はある。箸で持ち上げると、炊き込んだ甘い出汁がしっかり染み込んで、ずっしり重い・・・
かぶりつくと、しっかり甘めな味付けですな。確かにこれだけ大きいと、飽きが来るかも知れない(笑)

五目とり飯は、茶碗に盛り盛りっと。
鶏、ごぼう、人参・・・五目かどうか分からないけど、この炊き込みご飯も味付けがしっかりしていて美味しいな。
このセットで460円とはかなりお得感があるな。
e0173645_07333592.jpg

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:天六うどん
場所:大阪市北区天神橋7-2-13
時間:5:30~24:00 (祝は~23:00)
電話:06-6353-3686

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-11-28 07:51 | 食べ歩き(その他) | Comments(0)
2018年 11月 25日

難波の洋食「ニューライト」

最寄駅は地下鉄なんば駅、
阪神高速1号線と道頓堀川が交差するあたりかしら。
ここのカレーを一度食べてみたいな~、と思ってやってきた。

「ニューライト」だ。
e0173645_07485673.jpg
「あーここだ、ここ。」
てくてく歩いて、店を見つけたまでは良かったんだけど、
いざ、店の前まで来ると、「おっーと、これは営業してるのか?」
・・・中の様子が全く見えないくらいに、ポスターやチラシで埋め尽くされている。

あ、でも、営業中のプレートが出てるな。
e0173645_07490430.jpg
外観だけ見ると、中はライブハウスにでもなってんじゃないかと思いながら、中に入ってみる。すると、一気に懐かしさ漂う昭和の洋食屋さんなんだなぁ。カウンター席が6、 4人掛けテーブルが3つ。
それでも、外観に負けず、店内の壁は全て著名人の色紙で埋め尽くされており、どんなけ有名店やねんという感じ。

入口付近のカウンター席に腰をかけて。
メニューがとても豊富。ハンバーグ、オムライス、スパゲッティなどの洋食がメインにありながら、親子丼や中華丼等の丼物、ラーメン、チャンポン、八宝菜など中華料理など何でもござれの定食屋さんだ。

そういう中、ここで食べたかったのがセイロンライス(500円)だ。
この店に来る人の多くが、これを注文するそうな。カレーライスはカレーライスであって、メニューとしては別物だ。

セイロンライスを注文しようとしたところ、店のお母さんから「プラス150円でカツのせもできますよ」とのことだったので、もれなくカツのせで。実をいうと、このカツのせまでが、セイロンライスを注文する人のデフォルトみたいなことになっているようだ。
e0173645_07490123.jpg
器といい料理のフォルムといい、洋食屋さんのカレーという感じがたまらんわね。生卵は、セイロンライスにはもれなく落とされる。

セイロンということで、カレーでもいわゆるシャバシャバ系ではあるんだけど、面白いのはカレーそのものはエスニックじゃなくて日本のカレーなんだよね。ルーは、デミグラスソースやラーメン用の鶏・豚骨スープを合わせたものだそう。甘味やコクがありながらも、なかなかスパイシーで美味い。
カツは駄菓子のような薄さなんだけど、衣が軽くてふわっとした食感が特徴的。妙に、このセイロンライスに合うじゃないかー

懐かしい気分になる美味しいカレーだったな。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ニューライト
場所:大阪市中央区西心斎橋2-16-13 宝泉ビル 1F
時間:11:00~21:00(L.O.20:30)祝日は~20:00(L.O.19:30) 不定休
電話:06-6211-0720

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-11-25 09:55 | 食べ歩き(その他) | Comments(0)
2018年 11月 23日

梅田の焼そば「焼そば専門 水卜」

この間、仕事で中之島に出たんだけど、
その帰り、サクッと夕食を食べて帰ることに。
大阪駅前ビルの地下なら何でもあるかとやってきたんだけど、前から気になっていた店の暖簾をくぐることにした。

「焼そば専門 水卜(みうら)」だ。
歩行通路とは暖簾だけで仕切られていて、オープンな感じ。
e0173645_07390689.jpg
壁面が鏡になっているので広い感じにみえるけど、コの字カウンターで10席もないこじんまりした空間なのね・・・
ご存知、ラーメンの「サバ6製麺所」と同じ会社が運営するお店なんだけど、「焼そば専門」というのが気になったのと、ソースや塩の焼そばの他に、麻婆焼そばというのがあって、これを食べてみたかったんだよね。

麻婆焼そばは、マイルドとパンチがチョイスできる。ここはパンチでいっとかんとな。あとは、ボリュームとして、並(750円)か大(850円)で選べる。今回は並でいただこうかな。

自家製麺を一つずつ茹で上げたものを炒めて作るので、少々お時間を。
しばらくして・・・きたきた。おいおい、美味そうやな。
あ、香りだけで、ちょいとむせそうな気配、これは麻辣がかなり期待できるな。
e0173645_07391149.jpg
カウンターには、からしマヨネーズや天かすをはじめ、色んな調味料がおいてあるので、チョイスした焼そばに合わせて楽しもう。
e0173645_07391545.jpg
さて、麻婆焼そばだけど、このままだと麻婆豆腐しか見えないので、ちょっと、混ぜてみようかな。ぷりっとした麺がお目見えだ。
e0173645_07391852.jpg
麻辣が効いとりますな。
麺をすすった時に、奥行きがある旨みある味わいなので、激辛という印象ではないんだけど、すすり方間違うと咳き込む系の鼻腔を刺激する辛味。山椒のしびれの方が、結構攻めて来るかもね。
気持ち太めの麺は、結構もちもちした感じで美味し。ぷりんとした弾力なので、あまり麻婆と絡まないのかと思ったら、しっかり絡むんですなぁ。なかなかの麻辣なんだんけど、麺はしっかりすすらなきゃいけないぞ。

この日、実は昼飯に京橋で陳麻婆豆腐の定食を食べてたんだよね。
それでも、全然別もんだわ。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:焼きそば専門 水ト 大阪駅前第2ビル店
場所:大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル B2F
時間:11:00~15:00、17:00~22:00 日休
電話:06-6347-5410

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-11-23 11:43 | 食べ歩き(その他) | Comments(0)