人気ブログランキング |

C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ

2020年 01月 14日 ( 1 )


2020年 01月 14日

十三の居酒屋「スタンド煮ガ味」

阪急十三は東三仲町通商店街。この通りにある立飲み「スタンド煮ガ味」に行ってきたよん。調理場をぐるっと囲むような感じでカウンターがあり、訪れたときはひと通り人で埋まった感じだったんだけど、少しスペースを作ってもらえたので、入ることができた。
十三の居酒屋「スタンド煮ガ味」_e0173645_07181768.jpg
まずは、生ビール(400円)で喉を潤して。生はサッポロ黒ラベルだ。
十三の居酒屋「スタンド煮ガ味」_e0173645_07191116.jpg
メニューを見ると、お造りをはじめとする魚介ものから色んなお惣菜…全体的には和食な酒肴がならぶ感じかしら。どれもひと手間かかっている感じですなぁ、酒飲みの気持ちを揺さぶってきますぜ。
お造りから、寒ブリお造り(450円)を。コリコリっとはりのある食感で、脂はのっているのに、とてもあっさりした味わいで旨し。
十三の居酒屋「スタンド煮ガ味」_e0173645_07192202.jpg
自家製ポテサラ(290円)。しっとり柔らかめなポテトサラダに散りばめられているのは、有馬山椒。塩胡椒加減とはまた異なって、山椒の爽やかさがいいアクセントになっているのもグー。
十三の居酒屋「スタンド煮ガ味」_e0173645_07193668.jpg
赤なまこ酢(390円)…今シーズン、なまこ全然食べれてないからなぁ、ある時に食べとかんと。いいボリュームで有難いわ。酢の塩梅よろしく、なまこの食感がたまりませんなぁ。
十三の居酒屋「スタンド煮ガ味」_e0173645_07194364.jpg
酒肴をみていると、どうにも日本酒が良さそうだ。地酒もいくつか取り揃えられていて、いずれもハーフ(100cc)390円・一合670円だ。

山形は長沼合名会社「小桜」純米辛口を。
「最初は口からいってください」と前置きし、店主がグラスへ酒を注ぎ始める。グラスには受け皿もない状態で、表面張力限界で見事に入れる、もっきりぶりが素晴らしい。
爽やかな辛口で飲みやすい、あー、これ飲んじゃうやつだな…
十三の居酒屋「スタンド煮ガ味」_e0173645_07195253.jpg
ニラのおひたしユッケ風(250円)。
炒めてもおひたしにしてもシャキシャキが気持ちいいニラ。皿の中央をあける形でニラを盛りつけ、中央に卵黄を落としている。これ、いつまででも食べれるわ。
十三の居酒屋「スタンド煮ガ味」_e0173645_07201327.jpg
鶏レバーとれんこんのソース煮(270円)。
しっかり煮込んでるねー、鶏レバーは全く臭みなく、チーズのように滑らかで濃厚な舌触り。蓮根はもっと柔らかいのかなと思ったら、蓮根ならではのいい歯触りはキープされている。
十三の居酒屋「スタンド煮ガ味」_e0173645_07202009.jpg
真鯛かぶと塩焼(330円)は良心的なお値段ながら、結構しっかり身がついていて、塩の塩梅も絶妙だわ。
十三の居酒屋「スタンド煮ガ味」_e0173645_07202826.jpg
山形は米鶴酒造から「米鶴 かっぱ」特別純米生酒うすにごり。エッジきいたシャープな辛味と、お米の旨味がいい感じ。どのタイミングで飲んでもいい味わい。
十三の居酒屋「スタンド煮ガ味」_e0173645_07203670.jpg
小松菜の煮びたし(180円)。
こういう葉物がおっちゃんには嬉しいのよ。程よくダシがきいておいちー
十三の居酒屋「スタンド煮ガ味」_e0173645_07205113.jpg
イワシ丸干しのあみ焼(2尾280円)。これはもう、頭から丸ごとかぶりつく。くーウメ〜、見た目には伝わりにくいけど、肉厚なイワシはふっくら焼き上がってるんだよね。
十三の居酒屋「スタンド煮ガ味」_e0173645_07205989.jpg
とても良心的な価格で、どれも美味しかったなぁ。あと、お店を切り盛りするお兄さんの手際の良さにも脱帽。いやぁ、心地よい時間をすごせたね。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:スタンド煮ガ味
場所:大阪市淀川区十三東3-26-5
時間:18:00~24:00(土は17:00~)水木休
電話:070-4100-2649

【C級呑兵衛SNS】facebookinstagamtwitter


by nonbe-cclass | 2020-01-14 20:24 | 十三 居酒屋 | Comments(0)