C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ

2018年 09月 17日 ( 1 )


2018年 09月 17日

石橋の油そば専門店「神戸製麺」

facebookで開店前からオープンするよーとは書いたけど、
実際に9月10日にオープンもしたことだし、一度行っておこうかな。

阪急石橋、
阪大下交差点そばにある油そば専門店「神戸製麺」だ。
e0173645_13353642.jpg
三宮と六甲道に店舗を構える神戸発の油そば専門店で、3店舗目への展開が、この石橋ということかしら。
入口に食券券売機があり、店内右手がカウンター(9席)、左手がテーブル席(2人掛席×5)になっている。テーブルは白、椅子は赤というコントラスト。

えーと、ベースになるタレがしょうゆか、自家製鶏ダレになるのかな。
ボリュームやトッピングなどいろいろ書いてあるけど、メニューそのものはシンプルだと思うよ。
今回は、ローストビーフ油そばと追い飯のランチセット(890円)にしてみるかな。
麺湯掻きに少々お時間を・・・あ、きたきた。
e0173645_13355572.jpg
油そばの食べ方が、壁に掛かっているんだけど、
1番目として、「まず写真を撮ってSNSに上げる」となっているのが何ともいただけない(笑)
本来、油そばは、先に一気に混ぜないとタレが麺に絡まなくなり、もっとも悲しい結果になる。それなのに、この店が余裕を見せているのはそのタレの量で、写真で分かるかしら・・・底面にスープのように、ちょっと多め。だから、麺に絡ませるというよりは、スープになじませる感じなのね。

ベローンとローストビーフが3枚。メンマ、かいわれ、白ネギのトッピング。
e0173645_14402274.jpg
こういう時、ローストビーフはどうするんだろうと思うけど、
まずは、天地返しで、底からぐわっと持ち上げて全体を混ぜていく。

麺は太目の平打ち縮れ麺。ごわごわっとしたところをすすってみると、表面はつるっとしていながら、なかなかの剛麺で、もちもちもちと粉な感じを楽しみつつ、噛み締めながら食べる。
ローストビーフ油そばも醤油ベースではあるんだけど、魚粉が入っているのかな、魚介の風味が加わっている。
ローストビーフもメンマも、柔らかくて食べ応えがあるからいいわー。味付けも濃くなくて食べやすい。

テーブルには、充実した調味料の数々。味に飽きたり、色んな味を楽しみたい人はどうぞ。ローストビーフ油そばには、すりにんにくがおすすめとあったので、少しだけ投入。あと、C級呑兵衛的にはちょいと酢を入れたり、辛味にラー油入れたり・・・最後に追い飯があるから、あんまり奇抜な味付けにしないように注意しよう。
e0173645_14440416.jpg
e0173645_14440992.jpg
麺を一通り食べ終えると、器の底面には醤油ダレが残っているので、ここに追い飯だ。ご飯を放り込み、焼き海苔と青ねぎを散らしたところに卵を入れる。
そして、まぜまぜ。
ビフォー
e0173645_14441339.jpg
アフター
e0173645_14441659.jpg
タレがそこそこあるので、おじやみたいになるのね。箸でつまんで食べるのが難しいくらいなので、かき込む感じで。「追い飯は飲み物だ」とも書いてあるし(笑)
もっとタレの味が主張して濃いのかなと思ったら、そうでもないんだ。
そのままでもいいし、ごま油やラー油を少し落として、アクセントをつけてもなおよろし。

気になる人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:神戸製麺 阪大下店
場所:池田市石橋2-15-24
時間:11:30~14:30、16:30~23:00 不定休
電話:072-747-6677

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-09-17 15:23 | 阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(0)