C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ

2018年 04月 02日 ( 1 )


2018年 04月 02日

川西能勢口の居酒屋「はやぶさ」

阪急川西能勢口駅の南側。
前に、たまたま見つけた居酒屋「まつかぜ」をブログに書いたけど、今回はその時に、「もともと行こうと思っていた」お店にやってきた。

駅東寄りの南側、高架下の道から少し路地を入ったところ。店先に出ている看板が目印だ。

立ち飲み「はやぶさ」だ。
シンプルな構えながら、長年営業している貫禄が伝わってくる。

e0173645_10204853.jpg

e0173645_01020887.jpg

カラカラと引き戸を開けて中に入る。
右手に調理場、それを囲むようにコの字のカウンター。そうねえ、15人も入ったら満員御礼かしら。
昭和の雰囲気たっぷりで、板張りの壁にはメニューだったり野球選手のサインだったり。お客さんとお店の人とのやりとりを見ていると、常連さんが多いようなんだけど、C級呑兵衛のような一見が入っても、空気が変わることもなく。早速、居心地が良くなってしまったな(笑)

ドリンクは生ビール(390円)、ハイボール(310円)、焼酎(240~470円)、日本酒(220円)、純米酒(350円)などなど良心的な価格帯と豊富なバリエーションが嬉しい。
瓶ビール(大490円)を発注して・・・銘柄はアサヒ。

肴は、どうだろう・・・イメージとしては角打ちメニューで、凝った料理とかはなくて、その日の仕入れによって一品が少し、あとは乾き物や缶詰だ。あ、でも、おでんもあるな。

あ、造りがあった・・・あじ造り(500円)を。
半身が平皿にのってやってきた。あっさりしているんだけど、脂ノリノリでしっとり。いい酒の肴になるわ。

e0173645_01021802.jpg

目の前の色濃い出汁に浸かっているおでんが何ともうまそうだな・・・
おでんは100円~170円ね。
じゃあ、その・・・とうふ(120円)からもらおうかな。焼き豆腐、半丁くらいかしら、おでん皿の真ん中にでーん。写真では分かりにくいけど、よく煮込まれていて味が染み込んでいる。豆腐だからあっさりといけるんだけど、出汁自体は結構しっかりめの味付だな。

e0173645_01022847.jpg

はたはた一夜干(180円)。
あー日本酒欲しなるな。何もつけないでも、旨みのある白身がたまらんな。

e0173645_01024127.jpg

おでんをもう少し食べようかな。
たまごと・・・ん?うめやきって何だ?
聞くと伊達巻みたいな感じですね~とのことだったので、食べてみようかな。

たまご(100円)と、うめやき(170円)。

e0173645_01025009.jpg

たまご、ダシの香ばしいのがよくしゅんでて、燻玉みたいで美味しいな。

あとやっぱり、このうめやきが気になりますな。
伊達巻かぁと思いながら食べると、あ、なるほど確かに。魚のすり身と卵をあわせて、ふわふわに焼き上げたものだ。
ありゃ、ちょいと甘味もあってウメー
調べると、関西の関東煮といえばこれ的な書き方をしてるんだけど、これまでおでん食べてきて初めて知ったわ。関西の人みんな知ってるの?
ま、美味しいことが分かったから、次に出会ったらまた食べるとしよう~

気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:立呑 はやぶさ
場所:川西市小花1-5-14
時間:13:00~21:00 不定休

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2018-04-02 07:24 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)