人気ブログランキング |

C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ
2019年 12月 01日

大正の居酒屋「立呑処 大川」

JR大正駅を北口に降りて、「えーっと」と周囲を見回すと、横断歩道の向こう側にどかーんと目に飛び込んでくるお店。いや、もうあれは俺を呼んでるよね。
「立呑処 大川」だ。
e0173645_09452324.jpg
入口の引き戸からして老舗の貫禄あるよね~
面白いのは、こういう感じのお店なのに、大正で数店舗展開している酒や生鮮食品を扱う「スーパーオオカワ」と同じ株式会社大川が展開しているんだよね。業務用にお酒の卸も行っている会社なので、角打ち的な感じもするよね。

中に入るとこれまたいい空間、これぞ居酒屋という感じだな。調理場を囲むU字を描くカウンター、気さくな店員さんとお客さんとの掛け合いも賑やかだ。
あまりじっくりいる時間もないので、瓶はやめてチューハイにするか。
チューハイライム(330円)、久々にビビッドなのがきたぜ(笑)
e0173645_09453175.jpg
うるめわかほし(200円)を発注。
つまむ感じで食べるつもりで、小魚を勝手に想像してたんだけど、あ・・・ししゃもより大きいうるめが出てきた。頭からかぶりつくか・・・このうるめの味わいがいいんだよね~。こりゃ、最初から日本酒にしておくべきだったな。
e0173645_09454542.jpg
焼鳥(2本220円)に、ずり(2本220円)。
どちらも塩焼きにして・・・焼鳥は、葱を挟まず鶏身のみ。鶏身から出る脂でコクのある味わい。
e0173645_09454999.jpg
e0173645_09462010.jpg
酒、酒・・・「貴一本」(1合280円)を。
冷をお願いすると、透明の徳利に入って出てきた。口当たりの柔らかい飲みやすい酒だ。
e0173645_09463766.jpg
鯖きずし(400円)。
肉厚で脂が乗った鯖、ほどよい酸味で日本酒との相性ばっちり。
e0173645_09460312.jpg
カキフライ(250円)、ザクザク衣で3個とはお安い。
牡蠣好き&小腹サポートにはもってこいですな。
e0173645_09461084.jpg
やっぱり、こういう感じのお店好きだなぁ。
お洒落なお店ももちろんいいんだけど、こうした昭和のコテコテ大衆酒場が妙に落ち着いて仕方がないんだよな。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:立呑処 大川
場所:大阪市大正区三軒家西1-2-9
時間:17:00~22:00 日祝休
電話:06-6551-3131

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!


by nonbe-cclass | 2019-12-01 18:21 | 居酒屋めぐり(関西) | Comments(0)


<< 大正の居酒屋「立ち呑みの さのや」      十三の居酒屋「四季旬菜 むら田」 >>