C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 07日

天神橋筋六丁目の居酒屋「うまい魚と炭火焼 泰三屋」

天神橋筋六丁目駅のすぐそば、天神橋筋商店街から少し東側へ路地を入ったところ。
白い提灯が目印の、「うまい魚と炭火焼 泰三屋」だ。
e0173645_22582448.jpg
中に入ると、明るい雰囲気のカウンター席が10席強奥へと続き、その先にはテーブル席があるみたいね。カウンター席に座って・・・
店の外にもメニューが掲げられていたんだけど、日本酒が前に出ている感じだったので、こりゃ肴が楽しめそうだ。実際にメニューを見てみると、魚介ものと日本酒がメインで、炭火焼は、焼鳥と魚介の炙りもんがならぶ。

新サンマの造り(580円)からもらおうかな。
尾頭付きで、伝わるかなぁ・・・そりゃもう脂ノリノリ。
e0173645_22583623.jpg
炭火焼は、鶏でいってみるか。魚介で攻めたい人は、エイヒレや輪島産のもみいかなどもあるぞ。

せせり(1本150円)と自家製つくね(1本150円)。
鶏は朝〆の国産若鶏で、これを備長炭で焼き上げる。ここのせせりはねぎまスタイル、おっ・・・旨みがぎゅっと閉じ込められて、頬張るとじゅわ~と口の中に広がる。鶏も柔らかくてウメー。つくねもふかふかでおいちー
e0173645_22584609.jpg
店に入った時から気になってたんだけど、やっぱり頼も。
岩手の喜久盛酒造「タクシードライバー」純米原酒。ネーミングもさることながら、ラベルのインパクトもすごいな(笑)
e0173645_22585357.jpg
しっかりどっしりながら、飲み飽きしない美味しいお酒。
映画好きの蔵元と映画関連デザイナーにより命名されたそうな。まずは色んな人に注目してもらう、そして、美味さを知ってもらう・・・震災復興の中、厳しい条件の中で生まれた話題のお酒だ。

お店の名物、漁師盛(980円)。
ウニとイクラのお寿司。握りじゃなくて、これ、かっぱ巻きの上に、ウニとイクラをベローンとお贅沢にのっけちゃってるのね。
e0173645_22590037.jpg
しっかりしたお酒には、しっかりした味の肴も・・・
能登輪島から直送の、ふぐの卵巣ぬか漬け(480円)を。
塩気がきついから、ちょびちょび食べないと。くー、日本酒とあうね~
e0173645_22590814.jpg
新潟、麒麟山酒造「麒麟山」超辛口(580円)。
口当たりがまろやかなんだけど、案外とあっさりキレのあるお酒。
e0173645_08574411.jpg
あ~日本酒飲み出すと、肴も注文がと止まらなくなるじゃあないか。
能登もんがどれも気になって仕方がない・・・もみいかももらっちゃお。
こりゃ酒好きには必須アイテムだよね。いわゆる丸干で肝もそのままだから、いか身の旨みはもちろん、肝の苦味ととろみがもーたまらんわね。
e0173645_22592180.jpg
銀杏(580円)。
大きくていいサイズの銀杏だわー、栗のような質感とホクホク感がグー
e0173645_08591857.jpg
あー美味しかったし、よー飲んだ~(ブログには飲んだ酒全部書いてないからね)
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:うまい魚と炭火焼 泰三屋
場所:大阪市北区天神橋6-5-34
時間:17:00~23:30(L.O.23:00)
電話:06-6353-3150

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-10-07 09:37 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cnonbe.exblog.jp/tb/27584685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 石橋の中華料理「神喜」      福島の居酒屋「弘大Z」 >>