C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 28日

雲雀丘花屋敷のうどん「千吉」

じゃあ、定食にしようかな・・・

はい、どーん。
讃岐うどんの鶏天ぶっかけに、かやくごはん、香物とポテトサラダ。あと、一品もつきまして。
こちらの定食、650円でございます。
e0173645_21365721.jpg
阪急雲雀丘花屋敷駅を降りて、西に歩いてすぐ。
やってきたのは、讃岐うどんのお店「千吉」だ。
e0173645_21345171.jpg
4人掛けテーブル席が3つに、2人掛けテーブル席が2つ。
讃岐うどんのお店なんだけど、他とちょっと違うんだよね。
メニューをみると・・・ぶっかけはあるももの、きつねうどん、月見うどんや天ぷらうどん等、讃岐系でないおうどんのお店のメニューラインナップなんだよね。

その驚きの次に来るのが、お値段。
うどん単品は、一部イレギュラーなものはあるけど、基本380円か500円のいずれか。単品で380円となると、立ち食いうどん並みですな。

今回はひやぶっかけチョイスで、ぶっかけうどん(500円)を。天麩羅を1点選べる(えび天・半熟玉子天、天ぷら、牛のせ、とり天、ササミ天の中から1点)ので、とり天を。
天麩羅が1点選べるって話だから、うどんの上にちょこんとのってくるのかと思えば、丼にはつやつやの麺だけが入っていて、天ぷらは別の皿にのってやってきた。おいおい、とり天、結構いいボリュームなんですけど。
e0173645_21370205.jpg
e0173645_21370341.jpg
おいおい、麺めちゃ美味いな。
なんといっても、この瑞々しさとつるんとした喉越し。なのに、麺そのものはなかなか剛面で、コナな質感も楽しめる。
とり天も揚げたてのアツアツ、鶏身もやわらか~

お待たせしました、とテーブルに定食がやってきたところで、「もう一品小鉢ありますので、あちらから1つ選んでください」。店の入口近くに冷蔵ケースがあり、小鉢が並ぶ。へ~色々あるけど、ナスの揚げびたしを手に取る。
e0173645_21370624.jpg
冒頭にも書いたけど、定食にするとご飯・小鉢・ポテトサラダが付く。
単品500円のうどんを定食にすると650円、単品380円のうどんの定食ならナント500円ですわ、ワンコイン。大食いにも有難くて、大盛(1.5倍)がプラス30円、W大盛(2倍)でプラス50円だっせ。
逆に、5歳くらいまでの子供達のためのミニかけうどん(250円)なんてのもあるよん。

いやー満足度高し。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:千吉
場所:宝塚市雲雀丘2-1-5
時間:10:30~14:30 水休
電話:072-757-9860

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-08-28 23:40 | 食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cnonbe.exblog.jp/tb/27522654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 十三の寿司「丸三寿司」      天満の居酒屋「ワイン革命 八百... >>