C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 25日

天満の居酒屋「酒の奥田」

えー・・・まじか。まだ10時なのに。
朝呑みしたろうと思って、天満の「天満ひろや」に来たけど、早くも暖簾が仕舞われているじゃないか。ま、朝11時までの営業だから、もっと早く来るべきだったんだろうけど。しゃーない、Bプランで行くか。

天満で朝呑みといえば、いくつかのお店が思い浮かぶんだけど、
今回は、「酒の奥田」におじゃましてみるか。
e0173645_22541764.jpg
立ち飲みなんだけど、店内はなかなか広くて中央部に調理場、それを囲むように大きなコの字カウンター。時間によっては、さらに立ち飲みスペースを確保できるような空間もある。カウンターだけで30人くらいはいけると思うんだけど、平日の10時だというのに、満員御礼とはどういうことかね(笑)

ビール大瓶(380円)をもらいまして。
周囲の壁には、短冊メニューが途切れることなくずらーっと貼られている。見た感じ、焼き物はないのかな。それでも、お造りに始まり、煮物、揚げ物、酢の物、乾き物などバリエーションは豊富だ。

剣いかの造り(400円)を。
あ、柔らかくて瑞々しいや。
e0173645_22542192.jpg
酢のもん食べようかな・・・小あじ南蛮づけ(250円)。
e0173645_22542490.jpg
小鉢に入った小あじ。
なんか懐かしいなぁ・・・いやね、幼い頃、釣りにいって小あじ爆釣で家で南蛮漬けしたらこんな感じだったよなぁ、と思って。揚げた後、それほど時間が経過していないのがいいのかな、酢にひたひたになりすぎず、肉厚の小アジをわしわしと食べられる感じがいいわー

煮物もいただこうかしら。
アラごぼう(250円)。煮汁がしっかり染み込んで美味い。
良心的な酒の肴だなぁ・・・こちらも小鉢ではあるんだけど、アラがアラにあらず、身がしっかりついていて、ちびちび酒をやるにはもってこい。
ごぼうも柔らかく炊き込んでありながら、いい歯ごたえキープだ。
e0173645_22542774.jpg
良心的な価格なのに、料理の一つ一つが手間暇かかっているわー
だから、人気店なんだよね。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:酒の奥田
場所:大阪市北区天神橋4-12-22
時間:10:00~13:00、15:00~21:00 日祝休
電話:06-6351-9514

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-08-25 09:28 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cnonbe.exblog.jp/tb/27516780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 天満の居酒屋「ワイン革命 八百...      神戸元町の餃子「上海餃子」 >>