C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 17日

塚本の居酒屋「河村酒店」

JR塚本駅と阪神姫島駅のちょうど中間あたりかしら、立派な構えの野里住吉神社がある。JR塚本駅からは少し歩くんだけど、商店街を抜けて住宅街を歩き、路地を入ったところ。
で、石鳥居のところにくると・・・
あれ?駅からちょっと離れているのに、ここからまた反対方向に向かってアーケードの商店街があるじゃん。商店街を抜けると国道2号線にでて、その少し向こうには・・・あ、阪神姫島駅があるのか。

そのアーケードは、野里本町商店街
日曜日だというのに、いや、それとも日曜日だからなのか、ほぼシャッターな商店街がなんとも寂しい限りだ。
そんな中で、ぽつんと営業している酒屋を発見。これまた、表にかかる木製看板が渋い・・・「河村酒店」だ。

写真でもお分かりのように、
軒先・店内に酒が販売されている右横に、松竹梅の小さな暖簾。そう、これ角打ちだ。

e0173645_07333853.jpg
中に入ると、カウンターがあり6~7人ほどのキャパかしら。
カウンターには駄菓子屋の如く、乾き物が入ったプラスチック容器。

カウンターの中には、椅子に座ってテレビをみるおやっさん。
カウンターの中に冷蔵庫があって、冷えたアルコールに、ちょこっとつまみ的なものがあるかないかな感じだ。
e0173645_07334243.jpg
プラスチック容器の横に・・・
らっきょうと馬力が小分けになって置かれている。
じゃあ、瓶ビール中瓶に、らっきょうをもらおうかな~
e0173645_07334505.jpg
e0173645_07334777.jpg
客は他に2人。
テレビで相撲をやっていたので、全員の視線はテレビだったんだけど、C級呑兵衛は、奥にいる客の手元が気になっていた。
「・・・その、缶詰はどこにあるの?」

カウンターや冷蔵庫を見回す限り、缶詰がまったく見当たらない。そもそも、メニューも何もないから、自力で肴を探し出す術を見出さなければならないのだが。

あ!そっちか。
酒を販売しているほうに、缶詰も少し扱っていたのか。
すみません・・・お客さんの後ろを通らしていただいて、缶詰コーナーへ。ワンカップ酒の棚の下に、缶詰や落花生、みりん干しなどが並んでいる。
缶詰はどれも・・・230円かな。

e0173645_07335420.jpg
店のおやっさんに、これにしますね~っと見せながら、元のポジションに戻る。
キョクヨー「いわし味付生姜煮」をゲットだぜ。
骨まで食べられる柔らか煮。甘ったるくなりがちなところを生姜で締めてますな。

e0173645_07335702.jpg
静かな時間が流れる。
賑やかな店もいいけど、こうして、昼間に穏やかな空間でいられるのは嬉しいわね。しめて700円。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:河村酒店
場所:大阪市西淀川区野里1-7-19

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き

by nonbe-cclass | 2018-05-17 23:26 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cnonbe.exblog.jp/tb/27280495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 放出の銭湯「諏訪浴場」      恵美須町の「そば処 まる栄」 >>