C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 14日

池田の穴織宮伊居太神社

各地、4月に入ってからの桜まつりが多かったと思うんだけど、
今年の桜は、例年に比べてちょっと早かったよねー

一応、地元の桜くらい観ておくか・・・と、4月1日に池田五月山公園を訪れる。
アウトドア日和だったから、子供たちも公園で走り回っているし、宴会でも盛り上がってますな。

e0173645_11220363.jpg

桜はほどほどに観て、
せっかくここまで来たから、伊居太(いけだ)神社
もちろん何度と来てはいるんだけど、相変わらず急な石段には慣れない(笑)
階段を登りきったところに石鳥居があるので、普通に道を歩いていると、ここに神社があることに気づかず通り過ぎちゃうかもね。
逆に、五月山公園と隣接しているので、「ここから上がっても行けるんじゃない?」と思って撃沈する人もあるかと。

e0173645_11284253.jpg

鳥居横の石柱には「延喜式内伊居太神社」。
日本史や法制史でお馴染みの『延喜式』。延長5(927)年に完成した、律令施行細則をまとめた法令集だ。この中に『延喜式神名帳』というのがあって、毎年祈年祭に、神祇官から班弊・・・要はお供え物が配られる神社が掲載されている。ある種お国に認められている、もしくは、政治色が強い神社なんだろうけど、そこに「伊居太神社」の名があるというわけ。

平安時代にすでに名が出てくるわけだから、そりゃ歴史ある神社でしょ・・・ってなるところまではいいんだけど・・・

あー・・・池田に長年住んでて、伊居太神社が池田だけじゃなく、尼崎にもあるのを知らなんだ。論社、つまり双方が「うちがその神社ですわ」と主張して、いずれも確固たる証跡がないがゆえに現在に至るってパターン。式社ならそれなりのウリがあっても良さそうなもんだが、観光協会などの説明にも式社に触れていないのはそういうことか。

e0173645_11491550.jpg
e0173645_13304207.jpg

鳥居から山門に向かう道、アーケードのようにおおう緑が気持ちがいい。国道もそれほど離れていない場所ではあるけど、何だか空気に緊張感があるな。

どっしり構えた山門、
門の両サイドには仁王さんではなく、珍しく護衛官の役割をする随身があるので、随身門ですな。

e0173645_11494982.jpg

冒頭に『延喜式』の話を持ち出して、中途半端なことを書いてしまったけど、それを横に置いたとしても、池田でもっとも古い神社であることは間違いない。も~、境内の雰囲気は格別だ。
境内の真ん中には、舞台のある舞殿がある。

e0173645_11501271.jpg
e0173645_11501605.jpg

奥の本殿がまた素晴らしい。
伊居太神社の正式名称は、穴織宮伊居太神社。七夕でおなじみの織姫さん、穴織媛(あやはとりひめ)を祀っているんですな。
千鳥破風寄棟の三社造りになっていて「穴織大明神」の他に、「応神天皇」「仁徳天皇」が祭神になっている。一度、織田信長の手により焼失、その後、豊臣秀頼によって1604年に再建される。なかなか珍しい様式だし、威厳のある構え・・・池田にもこういった貴重な建造物があるんですな。

e0173645_11504201.jpg

さ、またあの階段を下っていくか。
気になる人は是非。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2018-04-14 19:45 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cnonbe.exblog.jp/tb/27198319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 十三の居酒屋「海鮮屋台おかめ」      池田の居酒屋「池田屋 本店」 >>