C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 15日

天満の中華料理「双龍居」 oishii

先日の話。
天満市場をぷらぷらした後、ランチに向かったのは中華料理「双龍居」
中国の五つ星ホテルでシェフの実績をもっていることもあって、メディアにもよく取り上げられるお店ですな。
超久々に来たわ。

e0173645_07051457.jpg

開店直後くらいに行ったので、まだ客入りはまばらだったが、店を出るときには満員御礼で熱気ムンムンだったぞ。

さて、メインの煮込みにいく前に饅頭いっとくかな。
ひすい餃子(500円)。
翡翠とは言っても淡~い色合いで、包み方含めてプリティですな。蒸し餃子なんだけど、餡はイカを使っているんだよね。練り物・・・団子のようになっているので、口に放り込むと、ぷりんぷりんとした弾力が心地いい。

e0173645_07052043.jpg

そして、定番のスープ入り小龍包(500円)。
少し厚めの皮はもちっとした食感で、中にはたっぷりの肉汁が入っているんだけど、しっかり味付けされコクのある餡も美味し。
冒頭に、中国の五つ星ホテルでシェフ・・・って書いたけど、点心師もいるので、こういった点心もバラエティ豊富なメニューで、色々頼みたくなっちゃう。

e0173645_07052458.jpg

そして、「水煮牛肉」と書かれた牛肉の四川風煮込み(玉子麺付き 1100円)をお願いする。
しばし待っていると・・・これだこれ、もう器から溢れてますよね~
溢れ出るソースで様子が分かりにくいよね。どういうことになっているかというと、唐辛子、牛肉とキャベツが、これでもかとがっつり入ってますねん。スプーンがあるんだけど、牛肉もキャベツもカットがなかなか大ぶり、箸でないと取りにくいくらいのボリュームだ。

e0173645_07052865.jpg

あー、やっぱりちょっと辛いな。ま、でも、辛いだけじゃなくで味わい深いからいけるける。
ん?いや、食べ進んでいくと辛さが堆積するのか、時間の経過とともに口の中がえらいことになってくる。

ある程度食べたところで、玉子麺がやってきて、この器の中にそのまま投入される。気持ち細めの中華麺だ。

e0173645_07053108.jpg

麺はいい具合の歯ごたえなんだけど・・・あかん、麺をすするという行為があかん、辛い。でも、美味しいから食べたい!複雑な心境の中で食べることに。
ちなみに、C級呑兵衛は比較的辛いのは強い方なんだけど、これについては寒い冬に食べても、頭皮に小汗をかくレベルの辛さだよん。
辛いというのもあるけど、ボリュームもそれなりにあるので、色々食べようと思うなら複数人で行くのがオススメ。

気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:双龍居
場所:大阪市北区池田町10-11 辰巳ビル1F
時間:11:30~14:00、17:00~24:00(日は~23:00)第1・第3月休
電話:06-6358-8808

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2018-02-15 07:16 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cnonbe.exblog.jp/tb/27066988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 心斎橋のうどん「うどんや 匠」      紀三井寺のラーメン「丸三」 >>