C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 28日

曽根の居酒屋「小鳥遊」

野暮用で30分程度時間調整をしなきゃ・・・
阪急曽根周辺をウロウロ。あ、そうだ、あの道沿いに焼鳥のお店があったな。そこ行ってみるか・・・
と、やってきたのは「小鳥遊」だ。
阪急曽根駅から国道176号線曽根交差点を目指す途中にある。赤い看板と提灯が目印だ。

e0173645_07194510.jpg

店内はカウンター、テーブル席ともにあるんだけど、小鳥というワードにふさわしく、山小屋な雰囲気が妙に落ち着く。
前を通るたびに、「小鳥遊」とありながらローマ字表記が「TAKANASHI」というのが気になっていたんだけど、珍しいよね〜実際に人名としてあって、鷹がいないから小鳥が安心して遊べる、つまりは「鷹なし」というお話。

ハイボール(400円)をもらおうかな。

e0173645_07194825.jpg

「生もん」があるので、生きも(500円)を発注。なかなかエッジのきいた張りのある新鮮なきもですなぁ。
うん、あっさりながらも滋味でコクや甘みが冴えてる。ウメー

e0173645_07200066.jpg

さて、串は2本で1皿(2本以上は本数可)システムで、タレ・塩で注文ができる。200円~360円の価格帯だ。
今回は、時間があまりないので焼き鳥盛り合わせ(5本550円)をお願い。
カウンター席に腰をかけると、目の前が炭火の焼き場だったので、丁寧な作業を眺めながら喉を潤す。

盛り合わせ5本のうち、先行してタレ焼きのねぎま、きも、つくねが出てきた。
タレはしっかりついてるし、それなりに濃いはずなんだけど、あくまで主役は鶏ですよーと言わんばかりに自然体。後味もさっぱり。

e0173645_07203814.jpg

塩から、かわとずり。
お!皮のカリッとサクサクがたまらんな。
ずりも塩加減がええ。

e0173645_07204496.jpg

焼酎のもうかな・・・久々に黒木本店「たちばな」無濾過(500円)を。

e0173645_07204849.jpg

もう少し食べちゃおうかな~
はつ(300円)を。これもまた、いい照りででてきたなぁ。ふわっとやわらかい絶妙な焼き加減でウマウマ。

e0173645_07205310.jpg

表面をカリッと焼き上げた手羽先(360円)は、鶏身が瑞々しくてふかふか、それでいて筋肉質な弾力が楽しめる。うまし。

e0173645_07205693.jpg

短い時間だったけど、美味しい焼鳥を堪能できて満足満足。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:小鳥遊
場所:豊中市南桜塚1-21-18
時間:17:00~24:00 木休
電話:06-6850-0071

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
○旅行・お出かけ部門に応募します
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




第2回プラチナブロガーコンテスト




by nonbe-cclass | 2017-12-28 07:43 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cnonbe.exblog.jp/tb/26345139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 庄内の焼肉「かっぱ梶岡」      生野本通商店街・生野本通中央商... >>