人気ブログランキング |

C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 02日

中山のインドネシア料理「チャナンサリ」

アジア料理をよく食べると言っても、韓国料理とインド料理に偏っているので、少しいつもと違うところでランチをすることにした。
阪急中山駅を南に下ったところにあるインドネシア料理「チャナンサリ」だ。食事だけでなく、雑貨や食材も扱っている。
店内にはガムランが流れ、静かな時間が流れる。

注文したのは、ナシチャンプルセット(1470円)だ。ご飯(ナシ)と5種類のおかずがのったプレートランチだ。
甘くてあっさりしたチキンのココナッツミルクカレーをはじめ、テンペゴレン(インドネシア納豆のフライ)、アヤムゴレン(インドネシアのから揚げ)などのアラカルトがナシの周りに少しずつ盛られている。

現地の食材や調味料を使っているそうだが、辛くなく癖もなく美味しくいただける。
bari2.jpgカレーとコロッケなどがセットになった「ガルーダセット」(620円)など子供向けのメニューなどもちゃんと用意されている。

あと変わったところでは、コピバリ
とびっこのつぶつぶのような粉末コーヒーが底へ沈んでから飲む、沈殿式のコーヒーなのだ。バリの伝統的なコーヒーだそうだ。
苦くなく癖もないので、是非試してみて。

もう少しがっつりいきたいところが物足りない気がしたが、美味かった。
この後、ガムランに脳がヤラれ、川西能勢口HMVのワールドミュージックコーナーをウロウロしていた。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:バリ島雑貨&カフェ チャナンサリ
場所:宝塚市中山寺1-6-6 中山寺三和ビル2F
電話:0797-81-8812
営業:10:30~20:00、土日祝10:30~21:00 火休

by nonbe-cclass | 2006-07-02 22:45 | 食べ歩き(エスニック) | Comments(0)


<< 福島のシックな居酒屋「SaKuRa」      石橋の韓国家庭料理「貞子」 >>