人気ブログランキング |

C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

cnonbe.exblog.jp
ブログトップ
2020年 01月 18日

今池の居酒屋「山本酒店」

西成エリアは、動物園前二番街商店街。
以前から入らなあかんとは思いながらも、外から中の様子を見るたび、結構お客さんがはいってる感じだったんだよね。
立ち止まったのは、立ち飲みの「山本酒店」
今池の居酒屋「山本酒店」_e0173645_18302434.jpg
お、今回は先客が1人だけだ…早速、入ってみるか。この場所にあってこの暖簾なので、不安な気持ちたっぷりだが、そう暖簾に負けてはいけないのです。
今池の居酒屋「山本酒店」_e0173645_18302781.jpg
中に入ると、昔から営業している懐かしい感じはあるものの、暖簾とは結びつかないカウンターの綺麗さと、整然と並べられた食材達。
チューハイ(350円)をもらいまして。
今池の居酒屋「山本酒店」_e0173645_18303804.jpg
気になるポイントが2つ。
立飲みの肴というより飯系アイテムがメインである点がひとつ。メニューがかかっているので見ると、ラーメンや焼そばなどの麺類や、とんてきに生姜焼きや野菜炒めなど白米に合いそうなおかずメニューがならぶ。豚汁に・・・おいおい味噌汁3種類もあるし。
ま、C級呑兵衛的には、いずれも酒のアテにはなるのでいいんだけど、逆に、定食的に食べようとする人がいた場合、白米がメニューにないんだけど、そこは大丈夫なのかな。
あ、ラーメンは、おそらくこの目の前にあるサッポロ一番やな(笑)
今池の居酒屋「山本酒店」_e0173645_18304601.jpg
もう一つの気になるポイントが、直売所と書かれた酒店である点。どう見ても、酒を販売してる感じはないし、店内で販売されている酒をチョイスして飲食をしているわけでもないんだよね。仮に、他の場所で酒屋をやっているという想定ができたとしたら、酒屋直営店の飲食店ではあっても、角打ちではない気がするなぁ・・・
ま、そんな定義的な話はどうでもいいとして(笑)

目の前にある小さな冷蔵庫ケースに一つ小皿惣菜があったので、それをお願いする。あ、野菜の和物かと思ったら、ままかりの酢漬け with 野菜じゃないか。酢のもの食べたかったからラッキー。
今池の居酒屋「山本酒店」_e0173645_18305733.jpg
お店はおかあちゃんが一人切り盛りしていて、一見でも関係なくよーしゃべる人懐っこいおかあちゃんだ。何気なく流れているテレビのニュースバラエティ番組をみては、色んなネタでトークを始める。

酒(360円)をもらうか。
少し身体を温めようかな・・・燗でいただく。受け皿がパンダじゃん(笑)
今池の居酒屋「山本酒店」_e0173645_18331138.jpg
あつつ・・・コップ酒を飲みながら焼き物が欲しくなって、ゲソ塩焼きを頼もうとしたんだけど切れちゃってて、おかあちゃんから逆提案でキムチ炒めを勧められたので、それをいただくことに。
豚キムチいため(350円)。
今池の居酒屋「山本酒店」_e0173645_18332036.jpg
お値段のわりにいいボリューム感で、豚肉も惜しみなくたっぷりだわ。あ、辛!・・・キムチがなかなか辛いぞ。酸味もきいてるし後味ひりりで美味し。

いい雰囲気のお店だったな~
朝飲みできるし、また西成に来た時は立寄るとするか。
気になる人はぜひー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:山本酒店
場所:大阪市西成区山王2-13-16
時間:10:00~14:00、17:00~20:00 火休

【C級呑兵衛SNS】facebookinstagamtwitter


# by nonbe-cclass | 2020-01-18 23:08 | 西成 居酒屋 | Comments(0)
2020年 01月 17日

柏原の食堂「三佳食堂」

JR柏原駅を西側に出て、新柏原温泉に向かう。
いま「おおさか湯らり 大阪銭湯スタンプラリー2019」が開催されているので、これきっかけでぼちぼちと色んな銭湯に行っては、ええお湯を楽しんでいる。
駅から小さな川を跨いで、柏原市立柏原小学校の南側。細い路地がいくつもある住宅街の中に、突如現れる新柏原温泉。

「おっ」
新柏原温泉は前にも来たことがあるんだけど、その時は車だったから気づかなかったなぁ…銭湯の東側、路地を挟んですぐ。食堂があるじゃないか、「三佳食堂」だ。
柏原の食堂「三佳食堂」_e0173645_07184908.jpg
なかなかの渋さ、いい面構えをしていらっしゃる。先にひとっ風呂浴びてから、小腹サポートに入ってみることにするか。
おー、激渋。年季の入った短冊メニューに、お座布団敷いた赤い椅子がたまらんわね。
柏原の食堂「三佳食堂」_e0173645_07185990.jpg
柏原の食堂「三佳食堂」_e0173645_07190163.jpg
お食事処ということで、カレーや丼もの、麺類メニューが並ぶんだけど、お好み焼もあるのか。短冊メニュー以外に、定食の一品でも酒の肴にもなりそうなハムエッグや肉炒め等、あと入口すぐのところにお惣菜がいくつか並んでいる。酒もあり、瓶ビール(大550円、中500円、小400円)や日本酒、缶チューハイなど。
柏原の食堂「三佳食堂」_e0173645_07191743.jpg
チューハイ(350円)は缶のまま、タカラ缶チューハイが出てくる。
肉炒めに揺れたが、中華そば食べるから酒の肴は惣菜コーナーから、ほうれん草と卵焼きをチョイス。卵焼きは温めて出してくれる。
柏原の食堂「三佳食堂」_e0173645_07192037.jpg
あ〜シンプルなんだけど、おひたし美味しいわぁ。いいシャキシャキ感だし。海苔を挟んだ卵焼きも、しっとりでふかっと食感。

そろそろ頼もうかな…良きタイミングで、中華そば(480円)を発注。
柏原の食堂「三佳食堂」_e0173645_07192889.jpg
懐かしい素朴な中華そばが出てくるのかなと思ったら、あら、ちゃんぽんのように、いか、もやし、豚肉、人参、かまぼこ、ねぎ…お安いのに色々盛り沢山じゃないですかぁ。
ストレートの丸麺に、野菜な甘味があるスープなんだけど、ここに胡椒がきいてグー。

風呂上がりの一杯にいいお店。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:三佳食堂
場所:柏原市大正1-3-25
時間:10:30~18:00 日祝休
電話:072-972-0401

【C級呑兵衛SNS】facebookinstagamtwitter


# by nonbe-cclass | 2020-01-17 20:13 | 食べ歩き(その他) | Comments(0)
2020年 01月 16日

中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた

もともと、まちあるきが好きなんだけど、その感覚から始めた西国三十三ヶ所巡りも、何とか今年は全部巡ってしまいたいよなぁ。
後ね、随分前から気になっているところも、いい加減行っとかんとなぁ…今年は正月休みが少し長かったので、この気になっているスポットに早速行ってみることにした。

中山寺奥之院だ。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07101420.jpg
中山寺にはそりゃもう何度も来ているけど、奥之院となると、そこから山道を1時間ほど歩かないといけないんだよね。だから、どの程度の山道かも分からないし、服装は普段どおりでいいのかしら、途中で天気が変わりそうな日は避けるとか、暑い日は最悪だな…色々考えだすと、なかなか一歩が踏み出せないでいたわけ。

ぷらぷらとまちあるきをする感じで、いつも通りの服装。本堂含め境内を散策するように見せかけて、境内奥へと進む。

午前9時17分、ここから歩いていくんだな。約2kmか…距離だけだと大したことないんだけど、後は路面状況とアップダウンだな。
ここでお茶だけ購入して、いざ。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07101770.jpg
…というか、え?いきなりプチ渋滞なんですけど。こんなに奥之院向かう人いるんだ、参拝もさることながら、ハイキングを楽しむ人が多いんだね〜
「壱丁」を起点に、この後一丁ごとに、このような石柱を通過していく。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07103791.jpg
んー、この人達のペースで進んでたら、やたら時間がかかりそうなので、抜かせるところ抜かして…ようやく静寂な山歩きに。
三丁をすぎた山中で、昔ここに誰か住んでいた痕跡がある門構え跡。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07110148.jpg
四丁あたりにあると、ちょっと冒険心くすぐる道になり…
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07145380.jpg
石柱があるところには、お地蔵さんや観音さん。人によっては、そこで都度手を合わせる人もいる。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07111601.jpg
9時41分、夫婦岩に到着。何がどういうスポットなのか全然分からないんだけど、山中にして少し開けた場所なので、みんなの休憩ポイントになっているようだ。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07111948.jpg
時期が時期なので寒いんだけど…それでも額と背中に汗をかく状態。日頃の運動不足がこういう形で攻めてくるのか。

9時53分、「従是南東放生地」という場所に。これより南東が放生地・・・境界石なんだけど、なんでしょうなぁ。放生(ほうじょう)だから、捕らえた生き物をここに放つという意味なのかな。仏教用語だけど神事的な意味合いなのかしら。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07164665.jpg
十七丁に来ると、「聖徳太子御修行場」とあるじゃないか。
「え?こんなところに聖徳太子来る?」ってなるけど、考えたら中山寺って、聖徳太子が開いたんだよね。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07180329.jpg
さらに少し進むと、宇多天皇御自彫天神像のある磐座が・・・
なんか、有名人御用達のすごいエリアなんですけど。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07342444.jpg
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07193221.jpg
ちょうど10時、奥之院に到着~。45分程か。いやーいい運動。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07342798.jpg
拝殿でお参りをすると・・・ん?小さな香炉の中に小石が。
これ、「お願い石」というものだそうで、好きな石を選び、僧侶に梵字を書いてもらい願い事を祈願するんだって。家に持ち帰り、願いが叶ったら返すんだね。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07343160.jpg
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07343343.jpg
拝殿横には大悲水。
大きな岩ですなぁ・・・古くから、諸疫を祓う清水として信仰を集めたと伝えられているのね。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07352701.jpg
御朱印もちゃんともらいまして。奉拝~っと、伸ばし具合がいい感じ。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07312672.jpg
少し休憩した後、今来た道を戻らず、そのまま別の下り道へ。
あ、ごつい岩だらけで、ちょっといきなりワイルドだな。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07222782.jpg
すぐに整備された道に出て、そのまま坂を下っていく。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07231871.jpg
10時38分、やすらぎ広場に到着。
これだけ山の中なのに、こここだけ急にすんごい広い場所・・・あ、ここが、米谷高原なのか。宝塚の山に高原なんてあるのかよ・・・と、ここもずっと気になっているポイントだったんだよな。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07234216.jpg
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07234520.jpg
また道に戻って下り始める。道が整備されているので歩きやすいのはいいんだけど、なんか意味深な看板が。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07243352.jpg
あ、このあたり、陸上自衛隊千僧駐屯地の演習場なのね。いたるところに「立ち入りを禁ずる。」看板が建っているんだけど、どこからが立入禁止区域なのかがよく分からないぞ。というか、いまも敷地内を歩いてきた気がするんだけど・・・
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07264128.jpg
ま、とりあえず道をそのまま下ると、清荒神へ向かう山道の案内が出てくる。お、この山道を入っていくのか・・・
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07253353.jpg
なんかこの景色、ジャッキー・チェンのカンフー映画で、戦うシーンで出てきそうだな・・・
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07264358.jpg
しょーもないことを考えていると、おいおいおい・・・道が、もー草木で埋もれてしまいそうな勢いですけど。案内板があるから、かろうじて歩くところは間違っていないことは分かるわね。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07271384.jpg
獣道を抜けると、下界の景色が素晴らしい。大阪湾も見えるね~
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07272766.jpg
景色に油断をしていると、今度は補助ロープがある岩場の下りか。
1回、足の着地のバランス崩してズルっといったぞ。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07280480.jpg
11時・・・え?うそ。そんなことあるん?・・・「この先行けません」。
道間違った?全然そんな感じじゃなかったぞ。ここから左右どちらも道があるようで、でもその先には行けなさそうだし。
明るいからいいけど、山中で道に迷うってちょっとビビるぜ。「この先行けません」の看板があるということは、ここに出る人が多いということだと思うんだけど、であればここじゃなくて、より必要とされる看板を適切な場所に設置すべきではないかと、心の中でブツブツ。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07311821.jpg
少し来た道を戻ることで、軌道修正ができて良かった(泣)
あ、ゴール見えてきたかな。最後の最後のところで、まあまあの斜度の下り坂に枯葉の絨毯。これは悪いけど、完全に足滑らして1回こけたぞ。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07283939.jpg
そして、11時12分。
見たことある光景だ~
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07312133.jpg
11時19分、清荒神清澄寺に到着。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07312300.jpg
拝殿から本殿に向かい参拝をした後、ここでも御朱印を。
御朱印は3種・・・ご本尊、守護神、七福神か。C級呑兵衛は、ご本尊と守護神の2つでお願いをする。ご本尊は「大日如来」、守護神は「清荒神王」だ。
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07312939.jpg
中山寺から奥之院を経由し清荒神へ歩いてみた_e0173645_07313169.jpg
一人わーわー言いながら、中山寺から奥之院を経由して、清荒神に出るコースで2時間ちょっとか。中山寺から奥之院コースだけど、奥之院で登拝ごとにスタンプを押して一定数貯まると記念品がもらえるようだ。それで、何度も登拝している人が・・・すごいな、ここを何度も登り降りする人がいるのか。

実際に歩いてみて・・・普段の服装でも問題はない気がする。ただ、汚れる可能性はあるのと、動きやすい服装はベターよりベストだ。靴は、底が薄いと岩ゴツゴツエリアが少し痛かったので、底厚めのシューズがおすすめ。
自販機とトイレは山中に全くないので、その点はご注意を。

気になる人はぜひ~

【C級呑兵衛SNS】facebookinstagamtwitter

# by nonbe-cclass | 2020-01-16 23:55 | 旅・街散策・遊びスポット | Comments(0)