タグ:魚介 ( 68 ) タグの人気記事

 

京橋の居酒屋「山葵」 oishii

以前から行きたいなぁと思っていながら、なかなか段取りつかなくて・・・
今回、ようやく立ち寄ることができた。
京橋にある立ち飲み「山葵」だ。目立ったネオン看板があるわけでもないが、いい佇まいが酒飲みを誘っちゃってる。

e0173645_11241892.jpg

この空間の取り方がそう思わせるのか、飲み屋というよりはお酒を販売してる店みたい。中に入ると、立ち飲み用の丸テーブルがいくつかと、店の奥に横一のカウンターがある。カウンターへどうぞと案内され、腰をかける。6席は座れるカウンターだ。

まあ、この時点でテンション上がるわね。だって、カウンターには、20種類は超ええる惣菜がずっら並んでるわけ。しかも、どれもうまそ~。一品は300円~かな。

e0173645_11243207.jpg
e0173645_11243902.jpg

目の前の惣菜たちに加え、頭上の黒板には、びっしり今日のオススメあたりが書かれている。なるほど、魚介も楽しめそうじゃないか。いいぞ。

e0173645_11260246.jpg

早速、赤星なサッポロラガー(500円)をもらおう。
何にしようかなぁ、悩んじゃうなぁ。あ・・・あかん、また見てもた。頼も。
生カキ(600円)。
へー珍しい、広島産の生牡蠣か。広島産だと蒸しか焼きが多いからね。結構大きな粒で、なかなかの食べ応えだ。こりゃ価値あるな。ウメー

e0173645_11245603.jpg

んーこれも目に入ってしまったからお願いするか。
タモリ。このタモリだけは入れてもらって、おまかせ3種(1200円)を注文。
お、なかなか立派な造り盛りが出てきたぞ。

e0173645_11250735.jpg

タモリ、天然ぶり、マナガツオ
この、皮を松笠焼きにしているのがタモリ。セトダイ、地域によってはコショウダイとか呼ばれたりする。ま、見た感じもそうなんだけど、肉質しっなかりな鯛のような味わい。

e0173645_11252240.jpg

ブリは牛肉のようなアニマルなビジュアルですな。脂がいい感じにのっているんだけど、非常にあっさりして嫌味が全くない。
マナガツオは、見た目淡白ながら、実はこの中では一番甘みがある。

色んな惣菜の中から何を食べようかなぁ。
お惣菜ちょこっと盛り(400円)というのが嬉しい、好きなものを3点選んでちょこっとずつ盛ってくれる。
お~これまたええ感じで盛ってくれはるね~

e0173645_11253746.jpg

選んだのは、ポテトサラダ、イワシの梅煮、筍と鯛の子煮
ポテサラは、しっとり質感、マヨネーズより芋の風味が勝つひと品。イワシは柔らかく煮込んであって、梅のふんわり程度の酸味がいい仕事をしている。
筍の歯ごたえもいいし、鯛の子のつぶつぶウメー

来てる客みんなが、嬉しそうに惣菜やメニューを眺めるわけだわ。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:山葵
場所:大阪市城東区蒲生1-8-10
時間:11:30~13:30(月~金)、17:00~23:00 日祝休
電話:06-6933-1935

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-12-23 15:59 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

尼崎の居酒屋「スタンディング酒場 SAWA」

なかなかこっち方面は来ないなぁ・・・JR尼崎駅の北側は、大型商業施設もあって来ることはあるんだけど、南側はこんな雰囲気になっているのか・・・思ったよりも、静かな感じなのね。
駅南側のロータリーに出ると、西側に数軒居酒屋が見える。その中にある1軒、
「スタンディング酒場 SAWA」にやってきた。

e0173645_17203853.jpg

「一番搾り」のフラッグがなければ、間違いなく通り過ぎてたぞ・・・
その場所には「珈琲館ボン」

実はここ、午前から昼間の時間は「珈琲館ボン」として営業、そして、夕方17時から、「スタンディング酒場SAWA」として営業しているのだ(「珈琲館ボン」は今は少しお休みをしている模様)。

昼夜でお店が変わるスタイルはちょこちょこ見かけるけど、この店いいなぁと思ったのは、外観に劣らず、店内の雰囲気がウッド調で懐かしさも醸し出されているわけ。椅子・テーブルを全部とっぱらって、ちょっとした立ち飲み用の丸テーブルを立てただけで、アイリッシュパブですな。く~渋い。

いや~それにしても、ギャップが面白いな。

レコード、壁にかかるポストカードなどがいちいちお洒落で、パブな雰囲気によく溶け込んでいるんだけど、カウンターには焼酎や梅酒の一升瓶がずらっとならぶ。

e0173645_17233320.jpg
e0173645_17233538.jpg

それに、カウンターの中の棚には、こだわりの日本酒の張り紙もあるんだよね。

そして、何よりもギャップに追い打ちをかけるのが、酒好きにドンピシャな肴メニューだ。それを堪能しないわけにはいかない。

e0173645_17240213.jpg

じゃあ、生ビール(350円)をもらって、お造り盛り合わせ(500円)を。
お造り盛り合わせは、3種盛(300円)もあるんだけど、今回トーンと5種盛いっちゃお。5種盛で500円とは泣ける。造りは、するめいか、あじ、たこぶつ、まぐろ・・・ん、この炙りは戻りかつおかしら。脂がのって、しっとり美味しいわー
満足な盛り合わせですなぁ~

e0173645_17242183.jpg

こりゃ、日本酒いっとかなあかんな。
張り紙に書かれている、福島は榮川酒造の純米酒「榮川(えいせん)」(450円)を。

e0173645_17243466.jpg

地元にこだわり、会津産の米を使用している。グラスに注ぐと、うっすら黄色がかっている。酸がしっかり目ながら、嫌味が全くなく後も引かないな。全体的にはふわっと米の香りもして、柔らかい口当たりで美味い。

こういうのあると頼んじゃうんだよな・・・生湯葉の刺身(300円)。
生湯葉は、ひんやり冷やしてあって、この上にこんもりたっぷり目にとびっこをトッピング。生湯葉は、ホント何もかけずにこのまま食べても、大豆の味が濃くてグー。
とびっこのちょっとした塩味との相性も抜群だ。

e0173645_17250860.jpg

あかん、酒が足りん・・・
もう1杯いこ。

「仙禽」でおなじみ栃木のせんきんから、「霧降(きりふり)」 特別純米無濾過生原酒(450円)。

e0173645_17252512.jpg

精米歩合が60%であることは公開されているんだけど、余計な前知識にとらわれる事なく、この仕上がった日本酒を味わってほしいという考え方から、原料米や酒度が非公開になっている。
生原酒ならではの甘味やどっしり感はあるんだけど、最初に優しい甘味が来て、後を追うようにいい酸がくるのね。これも、後味よろしく、さわやかな口当たりで締まるお酒だ。

あれ、今度は肴がなくなったな・・・じゃ、もう一品だけ。
最後は、徳島産の煎りぎんなん(250円)を。

しばらく待っていると、「お待たせしました~めっちゃくちゃ熱いので・・・」のあとに、「頑張って食べてください」ときたので、しっかり頑張って食べます!
銀杏好きやわぁ。銀杏って、他の居酒屋でも出すところは結構あるけど、ブランド系の粒の大きいのが出てくると、実は、密かにテンションが上がっている。

e0173645_17254844.jpg

とても、居心地がよく安くて美味しいもんが楽しめるいいお店でしたな。

その日その日に、何があるかは行ってからのお楽しみ!
気になる人は是非~


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:スタンディング酒場 SAWA
場所:兵庫県尼崎市長洲西通1-2-23
時間:17:00~23:00 日祝休
電話:06-6489-3890

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2015-12-05 18:06 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

蛍池の居酒屋「一文銭」

一文銭・・・あの銭形平次の投げ銭でおなじみの寛永通宝のことですな。
投げ銭の対象になるくらいの貨幣だから、「まあ少々投げ道具に使ってもええか」的な価値というところで、一般大衆に広く流通した貨幣という扱いになっている。

店に「一文銭」という名をつけているところは、先の背景から大衆居酒屋・大衆割烹だったりすることが多い。
蛍池にもあるよね。今回は、そこに行ってみるか。

蛍池の居酒屋「一文銭」だ。
店は、国道176号線沿いにある。
主だったメニューが入口に掲げられているので価格帯は確認できるんだけど、外から中の様子が分からないから、雰囲気が掴めないな、小さい店なのかしら・・・

e0173645_22185574.jpg

ブツブツ言いながら中に入ってみると、おっ、広いやんかいさ。
カウンター席が12席に、写真には写ってないけど、カウンター席後ろには座敷席がある。

e0173645_22211892.jpg

店に入ったときは、カウンターも座敷も結構賑わった感じで、近所の常連さんが多いのかなという印象だった。
カウンターが結構いっぱいだったので、入口そばの座敷席へ。

とりあえず生ビール(中500円)もらおうか。
付きだしには・・・これは鯛だな。皮部分を炙って松笠仕立てにしてある。これをポン酢でいただく。

e0173645_22195241.jpg

造りは単品も色々あるんだけど、造り盛合せ(1000円)を。
5種盛りでいい感じですな。まぐろに、サーモン、カンパチ、ヒラメ、イカ。ベーシックなラインナップだとは思ったけど、わ~ヒラメが噛むほどに甘味が出て美味い!味が濃いわー。サーモンも、ふあっと柔らかい質感で舌触りグー

e0173645_22202730.jpg

タラ白子(700円)をポン酢で。
この店では、湯がきで出される。湯気立つホカホカ状態で頬張ると、とろけっちゃうね。

e0173645_22203516.jpg

焼き物から、カマ塩焼(450円)を。
カマ塩焼きに出来る魚をいくつか挙げてもらったとは思うんだけど・・・シマアジだったかな、にしてもらった。大きなカマではなかったけど、いい肴になるな。

e0173645_22204225.jpg

焼き物いったし、揚げ物を頼んでみるか。
ホワイトボードに書かれたメニューの端っこに・・・本日のサービス品か。こういうのそそられるよね。お、海老天ぷらか。いいね~
海老天ぷらは通常だと700円だが、この日は500円だ。
海老が2尾くらい揚がって出てくるのかなぁ、と思ったら、海老も含めた盛り合わせじゃないか。こりゃ、お得だ。
ふかっサクッの衣がカラリと揚がって美味いですな。海老もなかなかの大ぶりだ。

e0173645_22205004.jpg

角ハイボール(400円)をぐびぐびっといきながら、ホーレン草ベーコン(450円)をつまむ。
ほうれん草の茎部分が、シャキシャキしてウメー
バターで炒めているんだけど、ベタベタしてなくて、素材の持ち味がうまく引き出されている感じ。ベーコンも結構いいボリュームで入ってるね。

e0173645_22205888.jpg
e0173645_22210559.jpg

メニューがなかなか豊富で、魚介だけでなく鶏料理や、ミンチカツ・カキフライなどのがっつり揚げ物系、茶碗蒸しや焼きなす等の和食系一品料理など色々。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:一文銭
場所:豊中市蛍池東町2-5-1
時間:17:00〜25:00 水休
電話:06-6844-0570

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-12-03 23:36 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「食彩酒菜 おか田」

まだオープンして2年は経ってないと思うけど・・・今回やってきたのは、阪急石橋の「食彩酒菜 おか田」だ。駅西側、焼肉「たんたん」、焼鳥「仁平」などがある水路沿いにある。もともと、「なすの花」があったところだね。
屋久島で料理民宿「望海苑おかだ」を20年以上も切り盛りしていた夫婦が、石橋でお店を始めたというのが驚きですな。

e0173645_07175752.jpg

「なすの花」からの居抜きなので、入って右手に10人くらいまでのL字カウンター席と、奥に4人掛けの座敷席が2つはそのままに。
お店に入ると、結構お客さんで賑わっているんだけど、比較的年齢層が高めだな。

付きだしには・・・これはえんどう豆かしら、の煮浸しと、数の子。

e0173645_07182665.jpg

なるほど、客層が年齢層高めとは書いたけど、メニューが和食中心で、椀もの、炊合せが強い感じなんだね。色々食べてみたいものがあるな。

まずは、お刺身盛合せ(1500円)を。
盛られてきたのは、ぶり、鯛、アオリイカ、マグロ、サーモン。特に、ぶりは大きめのカットで、脂がのっているもののベタベタしないあっさりさ。美味い。サーモンも、ふわっととろけるような柔らかさでウマウマ。

e0173645_07194979.jpg

「きずし」を注文すると、この店では、特製アジのきずし(500円)が出てくる。この日はたまたま鯖きずしもあったんだけど、この店の定番メニューはアジだ。
酢の漬け込み時間が短く、さっぱり仕上げ。昆布〆のような質感と味わいだ。美味い。

e0173645_07200079.jpg

この店の名物ということで、特製あわ蒸し(600円)を。
粟を柔らかく蒸してあるんだけど、この中に実は鰻が入っているんですな。これをあんかけ仕立てにしている。
もっちもちした粟の食感を楽しみながら、鰻との相性もばっちり。ウメー

e0173645_07201426.jpg

ちょっと日本酒飲もうかな・・・秋田銘醸の「爛漫」純米(550円)。あきたこまちを使っていて、あっさり甘めの飲み口なので飽きが来ない。1合飲みきりサイズの瓶で出てくる。

e0173645_07202837.jpg

屋久島にちなんだものもあるな。
とびうおのさつま揚げ(550円)をオーダー。屋久島から材料を直送しているそうで、揚げたてが出てくる。
結構厚めで、すり身のボリューム感がすごい。揚げて、表面は軽くサクッとしているんだけど、すり身はフカフカで魚の味が濃い。食べ応えのある一品だ。

e0173645_07203717.jpg

海老と野菜のかき揚げ(650円)。
ふんだんに野菜を使ったかき揚げ。ソフトな衣なんだけど、全然油っぽくなくてサクサクッといける。

e0173645_07204751.jpg

さらに、賀茂鶴酒造「賀茂鶴」(550円)を追加でお願いして、さっきお願いしていた甘鯛塩焼きが焼きあがってきた。ホロホロと簡単にほぐれる白身は、ええ塩加減に加え、甘味もあって日本酒が進む。

e0173645_07205789.jpg
e0173645_07210568.jpg
落ち着いた雰囲気で、ゆっくり和食を楽しみたい方は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:食菜酒菜 おか田
場所:池田市石橋1-3-17
時間:17:00~23:00 月休
電話:072-763-4611

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-11-27 07:57 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

京橋の居酒屋「魚介」

さて、京橋の立ち飲みストリートで一杯。
「七津屋」「岡室酒店」を過ぎた先に、大きな魚のバルーンがぶら下がる「魚介」。「ぎょかい」と読んでしまいそうだけど、「うおすけ」ね。

e0173645_08422314.jpg

コの字カウンターの立ち飲みなんだけど、魚のバルーンもそう、まぐろがウリなんですな。
とりあえず、入ってみるか。

まぐろどころの騒ぎじゃないな・・・魚介メニューが炸裂してるじゃないか。この写真のメニューもほんの一部だ。しかも、なかなかお安いじゃないか。本日の10円メニューって・・・

e0173645_09160776.jpg

とりあえず、チューハイのライム(299円)をもらって・・・
さっきから、目の前では、冷蔵庫から出してきたマグロのでっかいブロックが行ったり来たり・・・なるほど、まぐろのいろんな部位が楽しめそうだね。

盛り合わせもらおうかな。マグロ三種盛り(599円)を。
おっと、なかなかごつい切り身で出てきたぞ~これは・・・赤身、中トロにずり(腹身)だ。ボリューム感に圧倒される(笑)

e0173645_08422680.jpg

中トロ、これ見た目赤身みたいなんだけど、きめ細かいしっとりした口溶けがグー~
ずりは腹身ということだけど、マグロというよりは牛肉の生肉のような質感だ。口に放り込むと、うお!やわらか~
脂がのったコーティング感とコクもたまらんわね。これなかなか美味いな。

あと、もう一品。やっぱり、牡蠣やな。
生牡蠣ポン酢(399円)を。なかなか、ええ感じの粒をごろごろっと有難う。

e0173645_08422478.jpg

サクッと飲みにいいですな。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:魚介 京橋店
場所:大阪市都島区東野田3-2-15
時間:9:00~27:00(日は~23:00)
電話:06-6882-2236

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-11-23 09:59 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「やまざき屋」

先日、ぐるなび「メシコレ」で石橋「やまざき屋」を紹介したところなんだけど、メシコレの文章も使いながら、こっちのブログでも書いておこうかな。

「メシコレ」からは、生牡蠣についてのお題をもらったんだけど、わー微妙に難しいなって(笑)
というのも、大きい粒で濃厚なベストシーズンって、気持ちもう少し後ろだったりするでしょ。記事見て、行ったけど粒小さいよね~とかなると、お店にも申し訳ないし。
あと、C級呑兵衛の場合、生牡蠣を居酒屋だけで食べているわけではなく、それこそ、魚介販売している魚屋の店先で立ち食い、関西各地の牡蠣の本場で爆食いとかあるから、どれがいいのかなぁって。

でも、地元で、しょっちゅう生牡蠣食べてるといえば、こりゃ、石橋「やまざき屋」しかないか(笑)

今月頭の方に行ったんだけど、やっぱり、牡蠣があれば牡蠣だわね。
生ガキポン酢は、坂越の牡蠣(550円)。
やっぱり、まだ少し粒が小さいんだけど、そこはさすが坂越産、パフォーマンスを最大に発揮して味が濃くて美味い。

e0173645_15130316.jpg

話を聞くと、「やまざき屋」はもともと、三陸ものをメインに扱っていたそうで、今でももちろん扱ってはいるんだけど、震災・津波の影響で安定した仕入れが難しくなった時期もあって、他の地域の牡蠣も仕入れるようになったそうな。仙鳳趾産や、相生・坂越産などがそうだ。
大将が色々食べてみて、宮城でなければ日生・坂越産が美味いということで、毎年、この時期になると楽しめるようになっている。

大将の話を聞いてなるほど・・・と思ったのは、「やまざき屋」では、春先くらいを除いては、何だかんだ言って、年中牡蠣が食べられるんだよね。夏の舞鶴産のごつい岩牡蠣も食べてるし。今年は夏以降、三陸ものをメインに扱ってきて、いまの時期は日生・坂越産がメインになってくるんだって。

そして、タラ白子ポン酢(500円)は北海道産だ。
例年と比較して、少し早いタイミングからいい塩梅になっているそうな。
この生白子がまた美味い。クリーミーさは程々に、瑞々しさが気持ちいい。日本酒必携アイテムだ。

e0173645_15130512.jpg

今年も、また冬の牡蠣のシーズンがやってきたか・・・
ガンガンに牡蠣を食らう時期到来だぜ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:やまざき屋
場所:池田市石橋1-1-5
時間:15:00~22:00 日祝休(土は~21:30)
    基本、不定休
電話:090-4030-0861

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-11-22 16:00 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

京橋の居酒屋「まるしん(丸進)」

この間、京橋の老舗立ち飲みということで「岡室酒店」を紹介したけど、同じ通りにある、この店も紹介しとこうかな。立ち飲み「まるしん(丸進)」だ。
見るからに、どっしりこの場所に根付いた面構え、貫禄47年目の老舗だ。

e0173645_10525926.jpg

入口扉に並行してカウンターが横長くあるのね。ちょっと、端っこにおじゃまして、と。目の前には、この店の大将がいて、威勢良く「いらっしゃい!」

とりあえず、瓶ビール(大:440円)もらおうかなぁ。
ホワイトボードに、今日のおすすめがぎっしり書かれているんだけど、何にしようかな。考えている間に、大将が「うち初めて?」と聞いてきた。会社が京橋なんですーなんて話をしている間に、「ま、とりあえず、これでも食べて」
付きだしかしら、いわしと下足の天ぷらをちょこっと。

e0173645_10525104.jpg

やっぱり、お造りかなぁ。
造り盛合せ(500円)を。分厚く男前にカットしたきずし、まぐろ、ひらめ。3種盛りで500円とはお得ですなぁ。食べごたえ十分な一品だ。

e0173645_10525329.jpg

「ワタ食べれる?これ、よかったら食べて。」
たこの造りと、スルメイカのワタを蒸したものだ。サービスで出してくれてるのかなあ、超有難いラインナップなんですけど。おいおいワタがウメー、このコクがたまらん。

e0173645_10525540.jpg

出してもらってばかりじゃ申し訳ないので、
大将に、「あと、今日この店で食べておくべきものありますか?」と聞いてみたら、間髪入れず、「煮こごりかな。」

じゃあ、それをということで、穴子煮こごり(480円)を。
5~6cmほどのキュービック上のものが出てきた。
わっ!こんなにふんだんに穴子を使っているのか。というか、これ全部穴子か・・・
ひ~んやりして、甘く仕上げたところに、生姜がいいアクセントになっている。それにしても、穴子がめちゃくちゃやわらかくて美味い!

e0173645_10525784.jpg

軽く1杯のつもりが、ついつい。
大将の人柄、店の雰囲気がそうさせるのかな。いわしと下足天ぷらや、蛸・イカワタはいずれもサービスだった。嬉しいね~
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:まるしん(丸進)
場所:大阪市都島区東野田町3-2-19
時間:11:00~21:00(日祝は~19:00)水休
電話:06-6351-2154

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-11-14 18:58 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

池田の居酒屋「赤天狗」

完全に、池田「呉服湯」の広告がフックだ。
「呉服湯」のことをブログに書いた時にも触れたけど、銭湯によっては、洗い場の鏡横などに広告があったりする。大概は、差し替えられることもなく、開業当初のままかしら・・・と思う年季の入った広告なのよね。
「呉服湯」には、「万惣」「魚清」「赤天狗」の広告があったんだけど、「万惣」は今でも行ってるし、「魚清」はいま長期休業に入ってしまったけど、日本料理の店として知っている。
ところが、「赤天狗」だけがどこにある店なのかが分からなかった。今でもやってるのかしら・・・もし、営業していたらそれこそ老舗であり、行かないわけにはいかない。

街ぶら好きなのに恥ずかしい、阪急池田駅のすぐそばじゃないか。
「赤天狗」だ。

e0173645_08074620.jpg

赤提灯に、渋い霞みの紺暖簾。へ~鉄板居酒屋なのか。
店内は、左手に調理場があり、それを囲むようにある10席強のL字カウンター、右手には4人掛けの座敷席が3つ。鉄板そのものは、客席側にはない。

e0173645_08075297.jpg

まずは、生ビールをもらおうかな。
付きだしには、ぶりの照り焼き。あら、甘めのタレがしっかり染み込んで、うまいなぁ。

e0173645_08464222.jpg

定番ものは、座敷側の壁に短冊メニューがずらっと並んでいる。これ以外に、店先、及び、店内に「本日のおすすめ品」が黒板やホワイトボードに書き込まれている。
じゃあ、酢ガキ(600円)もらおうかな。
ポン酢なんだけど、ここの店は、カニ食べる時につける甘みのあるカニ酢(土佐酢)だ。牡蠣は、時期的に少し小ぶりながらも美味い。

e0173645_08463360.jpg

そして、ひらめ造り(700円)。
甘味が少し控えめだが、このもちっと弾力のある食感が、やっぱりひらめらしくて美味い。

e0173645_09041184.jpg

これは、レンコンのフライ(350円)なんだけど、油がしっかりきれて、粗めの衣をザクッといい音を立てながら頬張れるのが美味い。レンコンもしゃくしゃくっと歯ごたえがいい。

e0173645_09041492.jpg

さて、ビールから日本酒に替えるか・・・
「秋鹿」秋出し 五千本限定酒(700円)。コップに並々で出てきた。「秋鹿」らしい酸を感じながらも、まろやかな口当たりでウメー

e0173645_09041553.jpg

鉄板居酒屋なのに、鉄板ものを食べてないじゃないか。炒め物頼むべきだったな。シメみたいな感じになったけど、お好み焼きは食べとこ。いかねぎ(850)を注文。生地が水分多めな柔らかい感じなので、ひょっとすると、好き嫌いがあるかもしれないけど、いかもたっぷり入って酒のコナモン肴にグー

e0173645_09041711.jpg

ふらっと一人で立ち寄りたくなる安定感のある居酒屋だったなぁ。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:赤天狗
場所:池田市菅原町7-1
時間:17:00~24:00 水休
電話:072-753-8355

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-11-11 07:57 | 阪急池田駅周辺の店 | Trackback | Comments(0)  

京橋の居酒屋「岡室酒店」

京橋に勤務してしばらく経つけど、なかなか仕事帰りに飲もうかとならんなぁ。
そんな中、この間週末に出勤することがあって、その帰りの時間に少し、駅前周辺に立ち寄ることにした。

ま、ご存知、京橋は居酒屋の宝庫でございまして、C級呑兵衛も幾度とお世話になっているエリアだ。ただ、正直なところ、なかなか有名どころに行くことが出来てないのもあるので、今回はちょっと王道を。

「岡室酒店」だ。

e0173645_09364886.jpg

もー、外に人が溢れ出そうな勢いで、店内にパンパンに人が入っている。厨房を囲むようにカウンター、どうだろう20人くらいのキャパかしら。
酒屋の立ち飲みになるので、いわゆる角打ちではあるんだけど、酒屋の一角で・・・みたいな感じはもはやなく、超賑やかでパワフルな立ち飲みだ。

レモンチューハイ(300円)に・・・お造り盛合せ(500円)をもらおうかな。
造り盛り合わせで500円とはお安いですな。しかも、内容も充実してますな。この時は、たこわさ、鯛、鮪、鯵、蛸にきずしだ。

e0173645_09365113.jpg

何か、盛り合わせが結構お得なんだよな・・・
おでん盛合せ(300円)なんて、もらっちゃおうかな。目の前で煮込まれているおでん達から、装ってもらうんだけど・・・おっと、5点盛りだっせ。こんにゃく、厚揚げ、玉子、大根、ねぎまだ。色目は薄めだけど、ダシがしっかり聞いて、よくしゅんでるわー。

e0173645_09365390.jpg

おでんで、お腹具合がほどよくなったので、サクッと引き上げようかと思っていたんだけど、湯がきたてのカニが目の前でさばかれているじゃないか。
そんなんメニューにあらへんけど・・・すると、店の主人が常連客に「カニどうやカニ、わたりがにやけど美味いで。」

そのやり取りみて、食べたくなったので注文を・・・ワタリガニ(400円)。
わーい、かにみそまでついてるー
身がふっくらして食べごたえあるなぁ。甘味もしっかりあってグー

e0173645_09365536.jpg

いやぁ、満足満足。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:岡室酒店
場所:大阪市都島区東野田町2-9-11
時間:15:00~23:00(土は14:00~19:00) 日祝休
電話:06-6351-5241

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-11-07 10:44 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(2)  

新世界の居酒屋「酒の穴」

先日、朝から天王寺で仕事だったので、それ終わり、新世界で一杯引っ掛けて帰ることにした。まぁ、串カツでも良いんだけど、魚介食べたいし・・・居酒屋にするか。

新世界で居酒屋・・・そうやそうや、すっかりご無沙汰している「酒の穴」に行ってみるか。観光スポットのど真ん中にありながらも、観光客が来る気配のない地元密着感満載の老舗居酒屋だ。

e0173645_09193675.jpg

新世界が、次々と串カツの大箱店が出来て、どんどん雰囲気が変わる中、
周りの雰囲気なんてどこ吹く風、何一つ変わらずコッテリ感で迎えてくれるのが嬉しい。U字のカウンター席に腰を掛ける。

e0173645_09403139.jpg

じゃあ、瓶ビール(大瓶450円)を。キリンかアサヒが選べるので、キリンを。
とりあえず、刺身食べるかなぁ~まぐろもらおうか。

生まぐろ
(300円)。
敷き妻があるのに、なぜかお弁当御用達のプラスティックバランも敷いてあるのね。ねっとり質感とあっさりした味わいが、呑みの出出しにいいわけ。

e0173645_09472975.jpg

この「酒の穴」、酒飲みには有名な居酒屋なんだけど、名物がなんでだか八宝菜なんだよね。「なんでだか」と思いつつも注文する自分がいるんだよね。

八宝菜(200円)。
「美味い」の前に、「懐かしい」と思わせる一品で、学校の給食を思い出させる味わいだ。そんなに量がないとはいえ、200円という破格値だ。
破格値と言っても、安かろう悪かろうじゃないところが酒飲みおっさんには有難い。このスープというかダシが、鶏がらベースの和風な感じで、とてもしっかりした味わいで酒の肴にグー。胡椒はお好みで。この小さな限られた空間の中に、豚肉、人参、椎茸、筍、玉葱、じゃがいも、竹輪、蒲鉾がどっさり入っている。酒飲みおっさんはな、こういうもので、食事のバランスを摂っとんのやで。

e0173645_10235855.jpg

あ、牡蠣あるな。
生かき(300円)は、浅めの小皿になみなみおろしポン酢に浸って出てきた。「生かき」って書いていても、ほんと、店によって色んなパターンで出てくるもんですな。なかなかいい粒が3つ、ウメー

e0173645_10242955.jpg

あー昼酒ええわー
満足満足。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:酒の穴
場所:大阪市浪速区恵美須東2-4-21
時間:10:00~21:00 木休
電話:06-6631-1845

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-10-25 11:06 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)