タグ:魚介 ( 76 ) タグの人気記事

 

曽根の居酒屋「亀は萬年」

行こう行こうと思って、ようやくやってきた。
前に一度、行けるかなぁと思って飛び込みで行ったら、満員御礼で入れなかったんだよね。

阪急曽根、駅から数分のところにある「亀は萬年」だ。
今回は前回みたいなことがないように事前に連絡を入れたんだけど、予約はすでに埋まっており、これ以上受け付けられないとのこと。なので、もし席が空けば取っておくので、それでもよければ・・・ということで、結局、直接行って現地確認。
今回は、カウンター席がうまく空いて、入れることになった。

e0173645_22450394.jpg

カウンター席が10席弱と、4人掛けテーブルが3つなんだけど、本当にお客さんでいっぱいだな・・・

さてさて、
席にあるメニューは、年季の入った木板に「本日の献立」の紙が貼り付けられているんだけど、これが、また小さい字でびっしり書かれてある。しかも、一つ一つが気になって、メニューを眺めているだけで美味そうじゃないか~

最初だけ生ビール(480円)で喉を潤そうかな。
ぶりきずし(480円)から。最近、鯖以外の魚できずしを頂くケースがちょいちょいあるな。お、酢の感じがあまりすることなく、しっとり鰤の旨みを楽しめるなぁ。美味い。

e0173645_22453016.jpg

次の一品は、特上伝助穴子ゆびき(500円)。
さすが伝助、身がごついなぁ。ふかっとした食感で、噛むほどに甘味が出てきてグー

e0173645_22453322.jpg

さ、さ、日本酒に切り替えないと。
酒は広島の地酒、美和桜酒造の「美和桜」純米吟醸(550円)。お米の香りよろしく、水の如く爽やかな口当たりで美味い。

e0173645_22460878.jpg

盛り合わせが出てきた。
それにしても、これだけあちこちから注文が出ているわりには、あまり待たされることなく出てくるんだよな。すごいな。
あと、器も一つ一つ個性があって綺麗。
お造りは・・・生ウニ、まぐろ、天然ぶり、活やりいかに、くじらさえずりだ。
おいおい、この生ウニが濃厚でめちゃくちゃ甘くて美味いやないか!
さえずりのシャクシャクした独特の食感も面白いなぁ。

赤なまこ
(450円)も、いい塩梅の酢加減とコリコリ食感がたまらんわね。

e0173645_22455825.jpg
e0173645_22454886.jpg

揚げ物もいっとかないとな。
駿河桜エビ寄揚(480円)を。あら、この天ぷらが、めちゃ軽くて、サクサクッとした食感がグー。桜エビが野菜と一緒に揚がっているんだけど、おちゃめな点点の目を所々で見かける。

e0173645_22462200.jpg

長野は木曽福島、七笑酒造の「七笑」純米(500円)を。
特急「しなの」で長野に向かう時に、よく車窓から「七笑」の看板見てたんだよなぁ。いただきます。
お、すっきりした味わいなんだけど、ひりっと辛口で、とてもメリハリのある酒ですな。
いいぞー

e0173645_22593002.jpg

牡蠣はなくなっちゃったか・・・無念。
いい銀杏(380円)でもつまんで、何食べるか考えよう。あら、この銀杏ホクホクでウマ。

e0173645_22463831.jpg

鴨ねぎ豆腐(480円)いただこうかな。
肉豆腐みたいな煮込み料理が出てくるのかと思いきや、ちょっとしたスープだ。刻み海苔と山椒がアクセント。鴨の柔らかさもいいし、豆腐とねぎもたっぷりで温まる~

e0173645_22464731.jpg

いやぁ、どれをいただいても美味しかったなぁ。しかも、お値段がとっても良心的。そりゃ、人気なお店なわけだわ。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:亀は萬年
場所:豊中市曽根西町3-7-1
時間:17:00~23:00 月・第3火(もしくは第4火)休
電話:06-6843-7290

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-01-28 00:30 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

十三の居酒屋「ふかどんふぐどん 西店」

正月早々のお話。
激走初詣巡りや新世界散策をする中でも、「こちらも初詣しとかないと」ということで、1月2日の夕方、阪急十三に出没していた。
さすがに正月ということもあって、お店開いているのかなぁ・・・

そんな時でも、びしっと営業・・・あ、いや、詣でられるお店を発見。
酒飲みの味方、十三の王道「ふかどんふぐどん」だ。しょんべん横丁の火災で移転し、国道176号線沿いで西店として営業している。大衆酒場「ふかどん」と、てっちり「ふぐどん」という二重屋号なのね。

e0173645_17310207.jpg

中に入ると、右手に厨房とそれを囲むL字カウンター。カウンター席は奥に向かって12,3人は座れるかな。テーブルは、4人席が7~8以上あり、結構広い店内だったりする。

壁には、ガンガンにメニューが掲げられているんだけど、正月ということもあり、限られたものしか注文出来なかったんだけど、ちょい飲みには十分だ。
角ハイボール(330円)をもらいまして・・・

まずは、おまかせ造り盛り(780円)を。
ひらめ、きずし、サーモン、カンパチ、たこの5種盛りだ。正月で市場は休みだと思うんだけど、こうして、正月早々、居酒屋で造りが食べられるとは有難い。ひらめが、もちもちして美味いや。

e0173645_17310430.jpg

日本酒(280円)は、燗でもらおうかな。月桂冠の辛口ね。

e0173645_17310643.jpg

この日、C級呑兵衛のような一人おっさん飲みって少なくって、店内は家族やおかあさまグループで賑わっていた。みな、てっちりを囲んでるんだよね。そうだ、ここは「ふぐどん」なんだ。

一人で鍋もしんどいし・・・せめて、てっさくらいはいっときましょうか。

てっさ
(880円)。
この料金で有難いボリュームですな。
ほんといつも思うけど、ふぐって、こんなに薄造りなのに、このグミグミとした筋肉質な食感と、噛むほどに出てくる甘味がたまらんわね。

e0173645_17310883.jpg

これで、シメても良かったんだけど、
妙に、力みそ(380円)というのが気になったので、注文してみる。
というか、最初にこの手元のメニューを見たときに、みそがカタカナになっているから、「カミソって何だ?しかも、このショルダーのチカラって何だよ?」と思ったわけ。よくよく見たら、力にチカラとふりがな振ってたのかよ(笑)
で、読めましたまでは良かったんだけど、「で?結局それ何?」という二重クエスチョンが注文というスイッチを入れてしまった・・・

e0173645_10285581.jpg

ほー焼き味噌ですか。うまそうですな。
甘味とコクが日本酒にぴったりで、いい肴になるな。

e0173645_17311012.jpg

力みそ食べだしたら、また酒足りなくなっちゃうな。
いかんいかん、サクッと飲みで今日は失礼しよう。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ふかどんふぐどん 西店
場所:大阪市淀川区十三本町2-1-20
時間:10:00~23:15(金土は~23:30)無休
電話:06-6309-5529

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-01-24 10:59 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

庄内の居酒屋「ごがつなのか」

facebookつながりの方から、「このお店はいいですよ~」という情報をもらって、やってきたお店。阪急庄内駅西口側にある庄内西口商店街、細い路地に美味そうな飲食店が並ぶ、通称、庄内チロリン村
路地を中程に進むと、ポツンと静かで落ち着いた空間が。杉玉に白い暖簾・・・おっと、敷居が高そうな割烹料理店かしら。

実はここが、来たかった「ごがつなのか」
入口左手に、店の看板というか・・・表札があるから間違いないね。

e0173645_07164245.jpg

明るい店内は、9人くらいのカウンターと4人席テーブルが1つ。静かな空間に、どっしりと一枚板のL字カウンター、店の雰囲気をピリッと引き締める。

やっぱり、日本酒が飲みたいな。
あれ・・・肴のメニューはあるんだけど、ドリンクのメニューが見当たらないな。まぁ、いいか。お造りの盛り合わせをお願いすると共に、「お酒下さい」とシンプルにお願いする。

すると、素敵な焼き物でお酒が出てきたぞ~

e0173645_07165514.jpg

広島は藤井酒造「日の出オリジナル 龍勢・表現力!≧酒×(時+環境+人)」生酛純米吟醸 無濾過 中取り火入。へ~初めて見るパッケージだな。数学苦手だけど(笑)人と同じように育て方を追求してできたお酒。「あの人ホンマええ人やなぁ」の酒版ですな(笑)
ふくよかな口当たりでほっこりさせながら、しっかりどしっとした感じ。美味い。

e0173645_07171388.jpg

「とりあえず造里盛りいっといて下さい」(1200円)がきたきた。
わ~嬉しいラインナップだなぁ。この稲穂は、日本酒にこだわっているからかしら。自家栽培する酒造元からいただいたものとか・・・
長崎ヨコワ、天然鰤、ふぐてっさ、ナガス鯨、平目昆布〆。

e0173645_07184603.jpg

単に切り身を並べただけじゃないんだよね。ナガス鯨は、薬味を包んでいて、これをそのまま挟みながらいただく。お~柔らかい、他でも鯨を食べることはあるけど、こんなにしっとりとした舌触りでいただけるとは嬉しいなぁ。
フグは、もともと味付けされているのでそのまま。少し厚めなてっさなので、フグらしい筋肉質的な食感がもーたまらんわね。うまい!

あ、牡蠣あるわ。こりゃ、いっとこ。
広島のええ牡蠣、カキ酢(680円)。ホント今年は、広島産の生牡蠣によく出会うなぁ。おーっ!潮の香りが濃厚~、しかも、この大ぶりがたまらんわね。

e0173645_07190583.jpg

お酒・・・燗が欲しくなったな。
ご主人に「お酒を燗で下さい」とお願いすると、大阪は交野の酒「片野桜」から、山廃純米無濾過生原酒が。「片野桜」って濃醇なイメージがあるけど、やはり、どっしりとしてるな。これ、熱燗にしても、どっしりしっかり感が崩れてないんだよな。牡蠣との相性もばっちりで、いや~ウメー

e0173645_07192090.jpg
e0173645_07192350.jpg

あと、もうちょっとだけ何かほしいな・・・長芋酒盗いため(480円)にしようかな。
おーこれも美味いですなぁ。長芋と酒盗だから味のイメージは湧きやすいんだけど、炒め物なのに長芋がめちゃシャキシャキ。なんだろう、酒盗の塩味もエッジがとれてまろやかで、自然と箸が伸びるわ。

e0173645_07194066.jpg

人見知りなC級呑兵衛だから(ほら、そこ嘘つくなとか言わない)、終始静かにしていたんだけど、一見でも、ご主人にはさりげなく気を遣ってもらっていたなぁ。ほんとにお酒好きな人、美味しいのん食べに来たお客さんが集まり、お店と一体感が出来てて、とっても居心地の良い空間だったなぁ。
また、行こー

気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ごがつなのか
場所:豊中市庄内西町2-23-41
時間:17:00~24:00 日休
電話:06-6335-5735

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-01-21 07:52 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

梅田の居酒屋「立ち飲み じんべえ」 oishii

ふらふら~ふらふら~
ちょっと一杯ひっかけようとやってきた、東梅田。
曽根崎の賑やかな通りに出て、その中にある立ち飲みへ。
「立ち飲み じんべえ」だ。前から行きたいなぁと思ってたんだよね。昨年の8月にオープンしたところなので、まだ新しさが際立っている。

e0173645_07333401.jpg

中に入ると、厨房を囲むようにコの字カウンターがあるのと、壁面に沿って立ち飲み用テーブルがいくつか。どうだろう、30人くらいのキャパかしら。
それにしても、お客さんで賑わってるなぁ。おひとり様なので、カウンターに案内され、左右のお客さんにちょっとスペース作ってもらって・・・おじゃましますー
いつも利用するような大衆酒場という感じとは違って、バーな雰囲気もあり、割烹のような空気感もあり、大衆酒場のようなカジュアルさも備えたとても居心地のいい空間ですな~

おしゃれな雰囲気も漂っているので、ワインでも飲まなあかんかな・・・とか思って、メニューをみると、わーこれは魅力。

e0173645_07333710.jpg

お・・・おもいっきり、和ですな。
しかも、旬の魚介やこだわり食材の数々・・・ん?しかも安っ!
肴が安いのもあるけど、ドリンクがオール380円ときた。有難いですなぁ。

とりあえず、生ビールを注文して造りは食べたいんだけど、その前に・・・その目の前のやつがどうにも美味そうだ。
特製鯖の棒寿司(2貫380円)。
おいおいおい、めちゃくちゃ美味いな。ふわっと温かいし、何ともこの鯖の厚みいいねー鯖のしっとり感と柔らかさに小躍りしていると、魚の旨みがオラオラと口の中で暴れまわる。脂がのってコクもあるね~ずっと、モグモグモグしときたい味だ。
シメのメニューにあるんだけど、肴としても全然アリな逸品だ。

e0173645_07334192.jpg

そして、お造りいくか。今日の仕入れは・・・
え?そうなんだ・・・お造りは、東部中央卸売市場の自社魚屋より直送なんだって。そもそも魚屋さんてことなのか。

盛り合わせは限定20食、今回は時間的になかったので単品でお願いする。
どれにしようかなぁ。全国各地から集まった8種類の鮮魚に、一夜干しなどで数種類・・・お、これにしよ。

京丹後から伊根ぶり(580円)。
伊根町の伊根ですな。ええ雰囲気の町並みも魅力のエリアだよね~
お~、これはまた見事な色合い。見た目から美味しい。脂がしっとりでコクがあるんだけど、嫌味やクセがなく、あっさりした後味。美味いですなぁ。
甘い醤油との相性が最強だな。

e0173645_07334391.jpg

こりゃ日本酒いこ。
さっき、ドリンクオール380円とかいたけど、日本酒ももちろん380円だ。しかも、「手取川」「開運」「篠峯」など10種類のこだわり地酒というのが嬉しい。
新酒を・・・福岡は高橋商店「繁枡」しぼりたて純米生々。まろやかで甘めですな。

e0173645_07335736.jpg

造り、もう一ついっとくか。
三重産のサワラ炙り(380円)。シャクシャクっと噛みごたえが気持ちいいサワラ。淡白な味のはずなんだけど、この炙りの香ばしさと、やっぱりいい感じにのった脂によるコクで、舌が喜ぶ仕上がりになっている。

e0173645_07334681.jpg

いや~来て良かった。
梅田での立ち飲みはまた楽しくなりますな。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:立ち飲み じんべえ
場所:大阪市北区曽根崎2-14-7 グランデ曽根崎1F
時間:17:00~24:00 日休
電話:06-6367-4300

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2016-01-09 10:50 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「もんきち」

阪急石橋駅東口を出て、まっすぐ歩いた右手にある立呑処「もんきち」
たこ焼きを販売する傍ら、立ち飲み店を営業している。もう営業も長い老舗だよね。過去に何度か足を運んだことがある。

e0173645_20490753.jpg

引き戸を開けて中に入ると、そのまま奥へと続く横一のカウンター。
瓶ビール(大480円)をもらおうかな。
メニューは結構豊富で、おでん(90円~180円)、串カツ(130円~200円)の他、一品ものが250~480円の価格帯で並ぶ。
へー、もん吉おまかせ料理ってのもあるのか。惣菜の盛合せみたいなもんかな。3品(380円)、4品(450円)とあるな・・・

何にしようか悩んでいると、
たこ焼きを焼いていたはずの大将がこっちを向いて、「ブリええよ。氷見ブリや」。まじか、メニューには書いてないけど、それにしよう。
氷見ぶり造り
滲み出る脂でギラギラと輝くブリちゃん。また、ごっつい切り身で出てきたなぁ、おい。ひと切れ口に放り込むと、それだけで口の中一杯だ。ん~濃厚な味わい。

e0173645_20491030.jpg

おでんももらっとこうかな。
こんにゃく(90円)に、大根(90円)ね。よーしゅんどる。

e0173645_20491230.jpg

せっかく、店先でたこ焼き焼いてるなら、それをもらっても良かったかな。
ま、サクッと呑みだから、またの機会にするか。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:もんきち
場所:池田市石橋2-18-2
時間:16:00~23:00 日休
電話:072-761-9191

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-01-08 00:45 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

西九条の居酒屋「大黒」

先日、USJに行くことがあったんだけど、
なかなか、そんなことでもなければこのあたりに来ることがないので、こりゃ、西九条で一杯引っ掛けないわけにはいかないな・・・と、JR西九条駅に降り立った。

駅のすぐ近くに・・・あったあった、ここにしよ。
居酒屋「大黒」だ。

e0173645_22323540.jpg

えー外、そんなに人歩いてたか?と思うくらい、どこからともなく、この店に次々と人がやってくる。30~40人クラスのキャパの店内だけど、気が付けば、すぐに満員御礼だ。

んーそれにしても、魅力満載なメニューだな・・・かなり魚介が充実してますな。
ぎっしりと書かれたメニュー・・・じっーと眺めていると、不思議な絵でも浮かび上がってきそうだな(笑)

e0173645_22324372.jpg

さてさて、生ビール(500円)をもらってと。
んー何にしようかなぁ・・・あじなめろう(400円)と、お・・・くえがあるな。和歌山産くえ造り(580円)をもらおう。
別々の器で出てくるのかと思いきや、大皿に一緒に盛って出てきたぞ。

e0173645_22325356.jpg

なめろうは、ねっとり感が強め。ふんわりと生姜の風味、醤油かしら・・・塩分と甘味をもつ絶妙な味わい。くーウメ~

e0173645_22325165.jpg

そして、くえ。
この値段でくえが食べられるとは有難いですな。味は淡白なんだけど、噛むほどにじんわりと甘味が出てくるんだよな。それに、このもちもちした弾力もたまらんわね。フグと同じで、紅葉おろしとポン酢でいただく。

e0173645_22325664.jpg

豊富なメニューとかなり良心的な価格設定。魚介料理を楽しみたい人にオススメですな。
気になる人は是非!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:大黒
場所:大阪市此花区西九条1-33-5
時間:16:30~23:00(土は22:00)日祝休
電話:06-6461-4659

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-01-04 23:10 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「石橋らんぷ」 oishii

阪急石橋、ダイニングバー「NU」が昨年8月に閉店したんだけど、この場所に年末、「石橋らんぷ」がオープンした。

e0173645_10030900.jpg

雰囲気からして、イタリアンな感じだけど・・・ほう、和バルだって。和の肴でお酒がいただけるということですな。
ということで、年末にさっそく行ってみた。

店内は落ち着いた空間で、全部は見渡せてないけど、少なくとも20人以上は入れるキャパだ。この日も満員御礼で、後からきた数組のお客さん、入れずに帰っていってたね。

e0173645_10163484.jpg

さてさて、どんなものがあるのかなぁ。
なるほど、確かに、魚介系、牛もつや揚げ物など和な居酒屋メニューが並ぶ。価格は、500~800円台がメインかな。定番メニュー以外に、「今日のおすすめ」もいくつか。

では、まず「今日のおすすめ」から、丹波地鶏のたたき(590円)から。
もちもちっとして、しっとり美味いですな。

e0173645_10232213.jpg

お造りもあるな・・・盛り合わせはないようなので、ハマチ造り(700円)をもらおうかな。わお、なかなかの大振りカットで華やかですなぁ。
脂がほどよくのってるけど、とてもあっさりした後味で美味い。

e0173645_10232596.jpg

まぐろの葱まみれ(600円)。
たっぷりの青葱がかかっているんだけど、ここに醤油をたっぷりかける。ネギトロみたいな食べ方だけど、醤油が甘めでいい肴になる。

e0173645_10565958.jpg

牛もつの味噌煮込み(680円)、もつがよく煮込んであって柔らかいこと。焼き目がつけてあって、味噌の香ばしさがグー

e0173645_11080757.jpg

地酒メニューもありますな。6種あっていずれも500円。
「澤屋まつもと」「みむろ杉」「松の司」「楯野川」「寫楽」「豊香」といい感じ。今回は、奈良桜井は今西酒造「三諸杉」特別純米酒 辛口 露葉風27BY
三輪山の伏流水に、奈良唯一の酒造好適米「露葉風」と、奈良にこだわった素材で仕込んだ、まさに奈良の酒。辛口の酒なのでシャープな感じはするんだけど、安心感のある味わいで、ついつい飲み進めてしまう。

e0173645_11240197.jpg

facebook経由で教えてもらった情報なんだけど、もともと、蛍池にあった「CACHETTE DINING K」というお店だったとか。それが、少しスタイルをかえて、この石橋でオープンをしたようだ。じゃあ、その前の店で提供されていたものもあったりするのかしら・・・
それがあるんだね、厚切り牛タン焼(1500円)。
少し時間がかかるので、早めに注文しよう。
ごっつい分厚い牛タンがやってきた。しっかり焼き上げてあるんだけど、いい弾力で柔らかく仕上がってるなぁ。美味い。

e0173645_12530887.jpg

じゃがいものスパイス揚げ(500円)。
うん、ホックホク。ん?この紫の芋はさつま芋かな・・・干し柿みたいな甘味と食感なんだよな。

e0173645_12531133.jpg

鹿児島霧島高原豚と地野菜サラダ(900)。サラダは3~4人前はあるかな。あら、この豚肉、滋味でコクもあって美味いな。野菜もシャキシャキ新鮮でグー。地野菜は、岡山美作産を中心に扱ってるそうな。へー、トマトなどに紛れて柿もあるじゃん。石橋らんぷのだし巻きもいただいて、と。ほわっとした質感に卵の香りがやさしいわぁ。

e0173645_12531323.jpg
e0173645_12531661.jpg

あー食べた食べた。
この狭い石橋エリアの中に、「らんぷ」の含まれる店が重なるもんですな。「らんぷ亭」「らんぷや書店」・・・それぞれのお店を間違わないようにね。

気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:石橋らんぷ
場所:池田市石橋2-16-3
時間:11:30~14:00、17:30~23:00 不定休
電話:072-743-7244

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-01-03 14:22 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

京橋の居酒屋「山葵」 oishii

以前から行きたいなぁと思っていながら、なかなか段取りつかなくて・・・
今回、ようやく立ち寄ることができた。
京橋にある立ち飲み「山葵」だ。目立ったネオン看板があるわけでもないが、いい佇まいが酒飲みを誘っちゃってる。

e0173645_11241892.jpg

この空間の取り方がそう思わせるのか、飲み屋というよりはお酒を販売してる店みたい。中に入ると、立ち飲み用の丸テーブルがいくつかと、店の奥に横一のカウンターがある。カウンターへどうぞと案内され、腰をかける。6席は座れるカウンターだ。

まあ、この時点でテンション上がるわね。だって、カウンターには、20種類は超ええる惣菜がずっら並んでるわけ。しかも、どれもうまそ~。一品は300円~かな。

e0173645_11243207.jpg
e0173645_11243902.jpg

目の前の惣菜たちに加え、頭上の黒板には、びっしり今日のオススメあたりが書かれている。なるほど、魚介も楽しめそうじゃないか。いいぞ。

e0173645_11260246.jpg

早速、赤星なサッポロラガー(500円)をもらおう。
何にしようかなぁ、悩んじゃうなぁ。あ・・・あかん、また見てもた。頼も。
生カキ(600円)。
へー珍しい、広島産の生牡蠣か。広島産だと蒸しか焼きが多いからね。結構大きな粒で、なかなかの食べ応えだ。こりゃ価値あるな。ウメー

e0173645_11245603.jpg

んーこれも目に入ってしまったからお願いするか。
タモリ。このタモリだけは入れてもらって、おまかせ3種(1200円)を注文。
お、なかなか立派な造り盛りが出てきたぞ。

e0173645_11250735.jpg

タモリ、天然ぶり、マナガツオ
この、皮を松笠焼きにしているのがタモリ。セトダイ、地域によってはコショウダイとか呼ばれたりする。ま、見た感じもそうなんだけど、肉質しっなかりな鯛のような味わい。

e0173645_11252240.jpg

ブリは牛肉のようなアニマルなビジュアルですな。脂がいい感じにのっているんだけど、非常にあっさりして嫌味が全くない。
マナガツオは、見た目淡白ながら、実はこの中では一番甘みがある。

色んな惣菜の中から何を食べようかなぁ。
お惣菜ちょこっと盛り(400円)というのが嬉しい、好きなものを3点選んでちょこっとずつ盛ってくれる。
お~これまたええ感じで盛ってくれはるね~

e0173645_11253746.jpg

選んだのは、ポテトサラダ、イワシの梅煮、筍と鯛の子煮
ポテサラは、しっとり質感、マヨネーズより芋の風味が勝つひと品。イワシは柔らかく煮込んであって、梅のふんわり程度の酸味がいい仕事をしている。
筍の歯ごたえもいいし、鯛の子のつぶつぶウメー

来てる客みんなが、嬉しそうに惣菜やメニューを眺めるわけだわ。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:山葵
場所:大阪市城東区蒲生1-8-10
時間:11:30~13:30(月~金)、17:00~23:00 日祝休
電話:06-6933-1935

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-12-23 15:59 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

尼崎の居酒屋「スタンディング酒場 SAWA」

なかなかこっち方面は来ないなぁ・・・JR尼崎駅の北側は、大型商業施設もあって来ることはあるんだけど、南側はこんな雰囲気になっているのか・・・思ったよりも、静かな感じなのね。
駅南側のロータリーに出ると、西側に数軒居酒屋が見える。その中にある1軒、
「スタンディング酒場 SAWA」にやってきた。

e0173645_17203853.jpg

「一番搾り」のフラッグがなければ、間違いなく通り過ぎてたぞ・・・
その場所には「珈琲館ボン」

実はここ、午前から昼間の時間は「珈琲館ボン」として営業、そして、夕方17時から、「スタンディング酒場SAWA」として営業しているのだ(「珈琲館ボン」は今は少しお休みをしている模様)。

昼夜でお店が変わるスタイルはちょこちょこ見かけるけど、この店いいなぁと思ったのは、外観に劣らず、店内の雰囲気がウッド調で懐かしさも醸し出されているわけ。椅子・テーブルを全部とっぱらって、ちょっとした立ち飲み用の丸テーブルを立てただけで、アイリッシュパブですな。く~渋い。

いや~それにしても、ギャップが面白いな。

レコード、壁にかかるポストカードなどがいちいちお洒落で、パブな雰囲気によく溶け込んでいるんだけど、カウンターには焼酎や梅酒の一升瓶がずらっとならぶ。

e0173645_17233320.jpg
e0173645_17233538.jpg

それに、カウンターの中の棚には、こだわりの日本酒の張り紙もあるんだよね。

そして、何よりもギャップに追い打ちをかけるのが、酒好きにドンピシャな肴メニューだ。それを堪能しないわけにはいかない。

e0173645_17240213.jpg

じゃあ、生ビール(350円)をもらって、お造り盛り合わせ(500円)を。
お造り盛り合わせは、3種盛(300円)もあるんだけど、今回トーンと5種盛いっちゃお。5種盛で500円とは泣ける。造りは、するめいか、あじ、たこぶつ、まぐろ・・・ん、この炙りは戻りかつおかしら。脂がのって、しっとり美味しいわー
満足な盛り合わせですなぁ~

e0173645_17242183.jpg

こりゃ、日本酒いっとかなあかんな。
張り紙に書かれている、福島は榮川酒造の純米酒「榮川(えいせん)」(450円)を。

e0173645_17243466.jpg

地元にこだわり、会津産の米を使用している。グラスに注ぐと、うっすら黄色がかっている。酸がしっかり目ながら、嫌味が全くなく後も引かないな。全体的にはふわっと米の香りもして、柔らかい口当たりで美味い。

こういうのあると頼んじゃうんだよな・・・生湯葉の刺身(300円)。
生湯葉は、ひんやり冷やしてあって、この上にこんもりたっぷり目にとびっこをトッピング。生湯葉は、ホント何もかけずにこのまま食べても、大豆の味が濃くてグー。
とびっこのちょっとした塩味との相性も抜群だ。

e0173645_17250860.jpg

あかん、酒が足りん・・・
もう1杯いこ。

「仙禽」でおなじみ栃木のせんきんから、「霧降(きりふり)」 特別純米無濾過生原酒(450円)。

e0173645_17252512.jpg

精米歩合が60%であることは公開されているんだけど、余計な前知識にとらわれる事なく、この仕上がった日本酒を味わってほしいという考え方から、原料米や酒度が非公開になっている。
生原酒ならではの甘味やどっしり感はあるんだけど、最初に優しい甘味が来て、後を追うようにいい酸がくるのね。これも、後味よろしく、さわやかな口当たりで締まるお酒だ。

あれ、今度は肴がなくなったな・・・じゃ、もう一品だけ。
最後は、徳島産の煎りぎんなん(250円)を。

しばらく待っていると、「お待たせしました~めっちゃくちゃ熱いので・・・」のあとに、「頑張って食べてください」ときたので、しっかり頑張って食べます!
銀杏好きやわぁ。銀杏って、他の居酒屋でも出すところは結構あるけど、ブランド系の粒の大きいのが出てくると、実は、密かにテンションが上がっている。

e0173645_17254844.jpg

とても、居心地がよく安くて美味しいもんが楽しめるいいお店でしたな。

その日その日に、何があるかは行ってからのお楽しみ!
気になる人は是非~


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:スタンディング酒場 SAWA
場所:兵庫県尼崎市長洲西通1-2-23
時間:17:00~23:00 日祝休
電話:06-6489-3890

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2015-12-05 18:06 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

蛍池の居酒屋「一文銭」

一文銭・・・あの銭形平次の投げ銭でおなじみの寛永通宝のことですな。
投げ銭の対象になるくらいの貨幣だから、「まあ少々投げ道具に使ってもええか」的な価値というところで、一般大衆に広く流通した貨幣という扱いになっている。

店に「一文銭」という名をつけているところは、先の背景から大衆居酒屋・大衆割烹だったりすることが多い。
蛍池にもあるよね。今回は、そこに行ってみるか。

蛍池の居酒屋「一文銭」だ。
店は、国道176号線沿いにある。
主だったメニューが入口に掲げられているので価格帯は確認できるんだけど、外から中の様子が分からないから、雰囲気が掴めないな、小さい店なのかしら・・・

e0173645_22185574.jpg

ブツブツ言いながら中に入ってみると、おっ、広いやんかいさ。
カウンター席が12席に、写真には写ってないけど、カウンター席後ろには座敷席がある。

e0173645_22211892.jpg

店に入ったときは、カウンターも座敷も結構賑わった感じで、近所の常連さんが多いのかなという印象だった。
カウンターが結構いっぱいだったので、入口そばの座敷席へ。

とりあえず生ビール(中500円)もらおうか。
付きだしには・・・これは鯛だな。皮部分を炙って松笠仕立てにしてある。これをポン酢でいただく。

e0173645_22195241.jpg

造りは単品も色々あるんだけど、造り盛合せ(1000円)を。
5種盛りでいい感じですな。まぐろに、サーモン、カンパチ、ヒラメ、イカ。ベーシックなラインナップだとは思ったけど、わ~ヒラメが噛むほどに甘味が出て美味い!味が濃いわー。サーモンも、ふあっと柔らかい質感で舌触りグー

e0173645_22202730.jpg

タラ白子(700円)をポン酢で。
この店では、湯がきで出される。湯気立つホカホカ状態で頬張ると、とろけっちゃうね。

e0173645_22203516.jpg

焼き物から、カマ塩焼(450円)を。
カマ塩焼きに出来る魚をいくつか挙げてもらったとは思うんだけど・・・シマアジだったかな、にしてもらった。大きなカマではなかったけど、いい肴になるな。

e0173645_22204225.jpg

焼き物いったし、揚げ物を頼んでみるか。
ホワイトボードに書かれたメニューの端っこに・・・本日のサービス品か。こういうのそそられるよね。お、海老天ぷらか。いいね~
海老天ぷらは通常だと700円だが、この日は500円だ。
海老が2尾くらい揚がって出てくるのかなぁ、と思ったら、海老も含めた盛り合わせじゃないか。こりゃ、お得だ。
ふかっサクッの衣がカラリと揚がって美味いですな。海老もなかなかの大ぶりだ。

e0173645_22205004.jpg

角ハイボール(400円)をぐびぐびっといきながら、ホーレン草ベーコン(450円)をつまむ。
ほうれん草の茎部分が、シャキシャキしてウメー
バターで炒めているんだけど、ベタベタしてなくて、素材の持ち味がうまく引き出されている感じ。ベーコンも結構いいボリュームで入ってるね。

e0173645_22205888.jpg
e0173645_22210559.jpg

メニューがなかなか豊富で、魚介だけでなく鶏料理や、ミンチカツ・カキフライなどのがっつり揚げ物系、茶碗蒸しや焼きなす等の和食系一品料理など色々。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:一文銭
場所:豊中市蛍池東町2-5-1
時間:17:00〜25:00 水休
電話:06-6844-0570

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-12-03 23:36 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)