タグ:韓国 ( 2 ) タグの人気記事

 

激旅!釜山2泊3日2017(8)

激旅!釜山2泊3日2017、最終回。

3月22日(水)最終日。
ホテルのチェックアウトを済ませ、荷物だけホテルに預け朝御飯を食べに出る。
9時半過ぎにやってきたのは、
今回毎日来ている南浦洞・チャガルチエリア、国際市場にある「トルゴレ」だ。
朝とはいえ、周辺の店は閉まり、この先に動きがあるのかないのかが全く分かならない、この狭い中を入っていくのか。この道路に出ている自立式看板だけがかろうじて、「営業してますよ」的なサインを送っている。

e0173645_14224259.jpg

中に進もうとすると、
あ、中庭みたいなのをすぎて、あの奥の階段を上がっていくのか。この黄色い看板がさらに緊張感を高めるぜ。

e0173645_14262648.jpg

狭い階段を上がると、すぐに店の入口が。
おいおい、中の様子がまったく分からない・・・

e0173645_14265412.jpg

が、ご安心あれ。
中は、とっても庶民的な雰囲気の食堂で、おかあちゃんが忙しそうに動いている。
写真は他の客がいない間に撮ったけど、入れ替わりお客さんがやってくる。お店は意外と広く、テーブル席だけでも50席くらいあるかな、奥には座敷もある。

e0173645_14265842.jpg
e0173645_14532136.jpg

今日の朝飯は、スンドゥブチゲだ。
スンドゥブチゲと白飯というメニューがあって、W5,000(約500円))と激安。美味しくて安いとくれば、それは有名店になるわね。
パンチャンのキムチがきた後、ガンガンに煮立てたスンドゥブチゲがやってきた。思ったよりも小さな器ではあるんだけど、意外とたっぷり食べられる。

e0173645_14474840.jpg
e0173645_14474338.jpg

このスンドゥブチゲ、
まず豆腐がおぼろ豆腐が如く、柔らかくてふわっふわで美味い!
そして、このスープ、いい感じの辛さがありつつも甘味と深みがあるぞ。スープに牛骨を使っているらしいけど、豆腐も大豆100%など、随所にこだわりがある逸品だ。
ご飯にたっぷりかけて、熱々のところをかきこむ。ウメー
あとね、ここのキムチが美味い。辛さといいコクといい絶妙だ。
いい朝飯になったぜ。

とにかく食べないと。
この後、ロッテ百貨店で1時間ちょっと土産を見た後、今度は昼飯だ。
同じ、南浦洞・チャガルチエリアにある「ハルメカヤミルミョン」にやってきた。
メイン通りからちょと路地を入ったところ。あら、新しい感じで、気軽に入れる雰囲気がいいですな。

e0173645_15332673.jpg
e0173645_15334711.jpg

ここで食べるのは店名にもあるんだけど、ミルミョンだ。
昨日、焼肉で冷麺食べたけど、蕎麦粉ではなくて小麦粉で作る冷麺のことをミルミョンというんだよね。
さっき朝御飯を食べたところ・・・と思うところだけど、がっつりでもなかったので、引き続きいける感じ。ただ、ボリュームだけ気を付けないとな・・・
ミルミョンの小(W5,000(約500円))にしとこー

やかんが来たから、お茶入れよーと思って注いで飲んでみると・・・

「!」

ん?・・・これ、スープやん。え?飲んでいいやつやんな・・・
後から調べて分かったんだけど、牛骨と韓方薬剤をじっくり煮詰めた温かいスープなんだって。もちろん飲んでええやつ。

e0173645_15340924.jpg

きたきた。
ここも、麺は最初にハサミでザクザクっとカットね。
細麺は細麺だけど、昨日の冷麺よりは気持ち太め。半透明な白い麺で・・・お、なるほど、つるっと喉越しがいいですなぁ。
牛骨スープベースであっさり&旨みがウメー、ここにニンニクがきいた唐辛子味噌を合わせることで、全体の味がしまる。

e0173645_15335649.jpg

色々食べ続けてきたけど、そろそろ帰路に向けて移動しないとな。
一旦ホテルに戻り、荷物の整理と休憩をして、金海国際空港に向かう。

e0173645_15353154.jpg

チェックインは列ができてしまうと時間がかかるので、開始時間すぐに手続きができる様に少し早めに空港に到着。
開始前の段取りとか、手続きをしてくれたお姉さんのカジュアルさに笑ってしまうところもあったけど、基本、親切でてきぱき対応してくれる。
おかげで、すぐに手続き完了。

e0173645_15353644.jpg

全然関係ないけど、
あら、この空港内にあるゴミ箱がスーツケースの形してるー

e0173645_15355142.jpg

出国手続きをして、搭乗までの時間に土産を買う作戦だったんだけど、すんなり行き過ぎて時間に余裕ができるくらいになった。
ま、1つあったとすれば、手荷物検査でひっかかる。ロッテ百貨店で買った味噌ですわ、あの焼肉とかにつける味噌・・・そうか、これも液体になるのか。
今回、荷物を預けていないのね(ジンエアーは一定量なら持って入っても無料なんだよね)。だから、捨てるか、もう1回外へ出て手荷物を預けてくるかという選択を迫られる。スーパーで数百円だったから諦めるか。
で、諦めて中に入って免税店とかに入ると、同じの売ってやんの。

搭乗口は間違わないように・・・
どこ行くか想像つかない名前もあるからな

e0173645_16153978.jpg

飛行機が小さいというのもあるかもしれないけど、
往路と同様、お客さんが早めに全員揃うので、ばっちり定刻で出発できる。

e0173645_15353954.jpg

快適な空の旅で無事、関空に到着。
まあ、観光ほぼなしで食べっぱなしやったな・・・

今回の釜山の旅でわかったことは、

・トイレは、地下鉄の駅・デパート・商業施設に普通にある
 (タイの時はめっちゃ大変だったからな)
・ホテルにはタオルとかはあっても、ハミガキセットはない。
 なかったら韓国で買えばいいやと思って持って行かなかったんだけど、
 コンビニとかで買おうとするとあまりないのと、あっても結構高い。
・コンビニやスーパーは基本袋には入れてくれないので、ちょっとした
 買い物バックがあると便利(店によっては入れてくれることも)。
・ホテルはある程度考えてチョイスした方がいい(ディスってないぞ(笑))
・日本語対応がすごい

これにて、釜山旅終了~

激旅!釜山2泊3日2017、完。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-04-02 16:41 | 激旅!釜山2泊3日2017 | Trackback | Comments(0)  

激旅!釜山2泊3日2017(3)

激旅!釜山2泊3日2017。

新東亜市場を後にし、そのまま北上しBIFF広場アリラン通りあたりを少し散策。
BIFFとは釜山国際映画祭のことで、映画祭の主な会場の一つになる。ハリウッドのように、道には監督や俳優の手形が並んでいる。
ここに来ると、屋台がいくつも並んでいて賑やかなことになっている。すごい繁盛している屋台もあったな。
アリラン通りは、さほど広くない通りの中央に露店が続き、どっさり服を盛っている隣りでは、何やら食わしてくれる屋台だったり・・・アジアらしい光景ですな。

e0173645_22341660.jpg
e0173645_22342845.jpg

とりあえず雨だし、ここでは飲み食いせずに帰ることに。ホテル近くまで戻り、コンビニでビールと肴を買って1日目は終了~
ちなみに、ホテルそばにコンビニが2軒あって、どちらもミニストップだった。

明けて2日目。おー、曇ってはいるものの雨は上がっているな。
ホテルの部屋からは、操車場が一望できる。すぐ近く(右方向)には国鉄釜山駅があり、ゆっくりとムグンファ号が入線している。

e0173645_00220457.jpg

さて、朝飯。
釜山鎮駅から地下鉄に乗って、西面(ソミョン)にやってきた。若い人達が集まる繁華街だ。デパートやブランドショップなどがあるメイン通りから、少し路地を入ったりすると、雰囲気のある横丁が続いていたりするのが面白い。
時間は9時、テジクッパ通りにやってきた。名前のとおり、通りにテジクッパのお店が並んでいるんだよね。店先の大きな鍋と、立ち上がる湯気がたまらんわね。

e0173645_07373662.jpg

この通りにある「松亭3代クッパプ」に入ってみることに。創業から60年以上の老舗だ。入口のところで、豚骨でダシをガンガンにとっている白濁のスープが気になる。

e0173645_00220069.jpg
e0173645_00215438.jpg

お店の中に入ると、町の食堂~って感じ。なかなかの繁盛ぶりで日本人観光客もいるけど、あまり観光チックな雰囲気はないな。

e0173645_00532686.jpg

壁にメニュー。ここも、写真と日本語表記があるな。
中国人観光客もいたんだけど、お店の人は韓国語しかできないので、話していることが分からなければ、メニューを指して「指差しして注文して」的な素振りを見せる。

e0173645_00533458.jpg

発注したのは、ここの名物テジ・クッパプ(W6,500(約650円))。テジなので豚肉のクッパということですな。

e0173645_00534211.jpg

クッパ以外に、いつものようにパンチャンがでるんだけど、ここは要注意。
ニラキムチとアミエビの塩辛、この2つはパンチャンというよりは薬味で、このクッパの中に入れて味を調える役割。
一方、青唐辛子・にんにくは味噌につけてぱくつくアイテムだ。白菜キムチはどっちで使ってもいいかも。

e0173645_00535199.jpg

クッパの中には、ラーメンのチャーシューが如く、薄切りの豚肉がわんさか入っている。これはクッパから出して、酢醤油みたいなタレにつけて食べる。お~やわらかぁ。
スープは臭みがなく、豚骨らしいとろみやコクがあるんだけど、味そのものはあっさりだ。一見、朝からパンチがあるようにみえるけど、ぺろっといける一杯だ。

あー食った食った。にんにくも全部食べたった。

「!」

店の外に出ると、キムチ作りをするお母ちゃんたち・・・なんだけど、その規模がすごいわ。

e0173645_23252146.jpg

朝食後は西面を少し離れ、海雲台エリアに向かう。
海雲台はヘウンデと読むんだけど、昔、石橋に「海雲台」という韓国料理屋があったので、読み方は知っていたんだけど、釜山の、しかも、こんな雰囲気の街であることは想像もしてなかったな。
西面駅から地下鉄2号線1本で、冬柏駅へ。駅から南に数100m歩くと水営湾にでる。ここから東に広がるのが海雲台海水浴場だ。大きな砂浜が続く。さらに奥には迫る勢いの高層ビル群が林立している。

e0173645_23390750.jpg
e0173645_23211080.jpg

ま、夏じゃないので、あまりこれ以上盛り上がりもなく・・・海辺の散策ですな。
海水浴場から北へ向かい、地下鉄海雲台駅を目指しながら歩く。途中、右手に市場みたいなのが目に入ったので、寄り道をしてみる。

e0173645_07151637.jpg

ずらっと軒先から丸い看板が出ているのが特徴的な海雲台市場だ。
C級呑兵衛は全く知らないんだけど、韓国映画「海雲台」で、この市場もロケに使われているとか。
水槽に魚介が入り、海鮮を食べさせるお店もあるが、色んなジャンルのお店がある感じだな。さっき、クッパを食べて、昼飯のことも考えないといけないのに、魅力なお店ばかりだ。

e0173645_07153461.jpg

通り過ぎるつもりだったんだけど、どうしてもこの饅頭屋が気になる・・・
もうもうな湯気に引き寄せられ、このスタンバッている饅頭と目が合ってしまった。中入ってみるか。
ノホンマンドゥカルグクス」だ。

e0173645_07252403.jpg
e0173645_07252708.jpg

日本人観光客も一部いたけど、さっきからお客さんが結構入ってきてるんだよね。有名なお店なのかな。

e0173645_07255007.jpg

キムチギョーザ(W4,000(約400円))を1人前お願いすると、つやっつやの蒸しあがりでやってきた。包み方がキュートですな。

e0173645_07260008.jpg

饅頭はもちろん手作りで、
薄皮なんだけどねっちりもちもちした食感、中にはニラや春雨も入っている。
小ぶりだが、意外とキムチの辛さがパンチきいている。美味い。

もう一つ、店に入る時から注文しようと思っていた、海老の尻尾が出ている饅頭。
メニューに書いてなかったんだけど、他の客が食べているのを指差しで発注。
あ、ここも各テーブルにメニューはなくて、1箇所壁にメニューが掲げられているので、それを指差しで注文することになる。
おー、これもぷりんぷりんで美味し。海老も小さいものだけど、ぷりっとしたところが薄皮とよく合う。これは、辛くないぞ。

e0173645_07260814.jpg
e0173645_07261184.jpg

さ、満足したところで、次の観光スポットに行ってみるとするか。
激旅!釜山2泊3日2017、続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-03-30 07:48 | 激旅!釜山2泊3日2017 | Trackback | Comments(0)