タグ:難波 ( 1 ) タグの人気記事

 

難波のうどん「千とせ」

大阪の食べ物というか、二日酔いのおっさんが店にお願いした産物というか・・・
肉吸い

お恥ずかしい話、比較的最近まで肉吸いというものを食べたことがなかった。
確か、1年半くらい前の新世界の居酒屋「ぎふや本家」 が初めてなんだよね。その時も、たまたま肉吸いというメニューがあることに気づいてテンションが上がったのを記憶している。
同時に、「千とせ」の肉吸いはやはり食べておきたいと思った。

で、ようやくやってきた。
吉本新喜劇でおなじみのなんばグランド花月の近くにある、うどんのお店「千とせ」。何気なく外観撮ってるけど、この行列をいかに避けて撮るのが大変か(笑)
ま、もはや観光スポットみたいにもなってるしね。

e0173645_23221477.jpg
e0173645_23221611.jpg

しばらくして、店内に案内される。
ホント、吉本新喜劇に登場する舞台のごとく、昔ながらの食堂感が渋い。
4人がけテーブルが4つに、2人がけテーブルが1つ。

そもそもはうどんのお店なので、
きつねや天ぷらなどのうどん・そばはもちろんあるんだけど、客のほとんどが注文するのは、やっぱり肉吸いなんだね。

冒頭に「二日酔いのおっさんの産物」と書いたけど、
有名なお話、吉本新喜劇の花紀京が、
二日酔いだけど軽く食事をしたいから、「肉うどんのうどん抜き」を注文するといううどん屋泣かせな話なんだけど、これが広まっていったんだよね。
C級呑兵衛も酒飲んだとき、「うどんはいらないけどダシだけほしい」時があるわ(笑)

花紀京は二日酔いだったから肉吸いなんだけど、
普通に食べに行くと、ダシだけだと物足りない?と思うでしょ。うどん入れたら肉うどんに戻るだけなんだけど、それとは別に、とうふ入り肉吸い(700円)というのがある。せっかくだから、それにしてみようかな。
おー、これぞ、ザ・うどん屋の器・・・に、結構なみなみに肉吸いが入って出てくる。
こりゃ美味そうだ~

e0173645_23222110.jpg

肉吸いの肉は、もちろん牛肉。結構なボリュームで入ってるんだね。
おダシはうどんのものなので、カツオや昆布を使った落ち着く味わい。ここに、ボンと中央に青ねぎ。

とうふだけでは心もとないということであれば、卵かけ白飯がある。
玉子かけごはんの小玉(210円)をもらおうかな。へー、お店でオリジナルな玉子かけごはん用の醤油も出してるし。

e0173645_23222243.jpg
e0173645_23221828.jpg

あら、酒飲みに嬉しい系のええ塩梅の塩加減がたまらんな。
肉も柔らかいわぁ、肉のボリュームも相当なもんだけど、負けじと予想以上にとうふもたっぷり入ってるから、食べごたえ十分だ。

気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:千とせ 本店
場所:大阪市中央区難波千日前8-1
時間:10:30~14:30 火休
電話:06-6633-6861

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-05-19 07:23 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)