タグ:酒 ( 348 ) タグの人気記事

 

石橋の居酒屋「酒感処きらり」

なるほど、こういうスタイルのお店ね。
「金まる屋」が入るビル、ちょうど「金まる屋」の下にあるお店、阪急石橋にある「きらり」。外から少し店内の様子が見えるんだけど、カウンター数席ほどの店内に、いつも、お客が絶えない感じ。

e0173645_07102435.jpg

酒が飲めることは何となしに分かるけど、どういう店か分からないなぁ。1回ちょっと覗いてみるか・・・7名ほどが座れるカウンターで、この時は、ママが1人で切り盛りしていた。

なるほど・・・いま、ママと書いたけど、そのイメージ通りかな。
料理を楽しむというよりは、酒を楽しむ・・・スナックではないけど、そんな雰囲気を醸し出しつつのバーという感じ(笑)
なので、メニューは一品ものがほとんどで、ご飯物などお腹にたまりそうなものは・・・ピザとかくらいかな。

さて、生ビール(450円)をいただいて。付きだしには、筍煮。

e0173645_07103158.jpg

ママがもともと他の店にいて、このお店を始めたよう。他のお客さんをみた感じだと、ママ目当てに来てる感満載だな(笑)確かに、なんでしょうなぁ・・・お店が和やかな雰囲気になっているのも、リピートに繋がっているかもね。C級呑兵衛は勝手に一期一会なので、その時に感じたイメージで書くけど、もっといいリピート理由があったらごめんちゃい。

肴は、ホワイトボードに手書きで書かれている。最初にお願いしたのが、クリームチーズの酒盗のせ(450円)。

e0173645_07103482.jpg

酒はビールから焼酎に変更。
鹿児島酒造の黒麹な芋焼酎「倉津」(600円)。ロックなみなみで有難うございます。芋は甘藷とあるけど、黄金千貫を使っている。ただ、この酒は、芋より麹仕込みの技を前面に出している。あっさりな風味かなと思いきや、後追いで香ばしさとコクがやってくる。

e0173645_07103624.jpg

ここで、宇和島のじゃこ天焼き(380円)。
こんがりと表面に焼き目をつけて、あつあつをいただく。ほんま、宇和島のじゃこ天好きやわぁ。

e0173645_07103827.jpg

さ、サクッとのみ終了~
気になる人は是非!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:酒感処きらり
場所:池田市石橋2-1-8 イーストゲートビル1F

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-09-05 08:58 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

四条大宮の居酒屋「庶民」

大衆居酒屋や立ち呑みってのは、安くて、自分の食べたいもの飲みたいものだけ頼んで、さっと帰ることができる・・・ホント、それこそ庶民の味方なわけで。
そうした庶民に、喜んでもらいたいということから、店名が「庶民」になっているという興味津々な店に行ってみる。

e0173645_07372676.jpg

京都、四条大宮の交差点南東にある立ち呑み「庶民」

e0173645_07372921.jpg

うわっ!猛烈に人が入っているじゃないか。
入口扉かつかつまで客が入っていて、ひょっとすると何かの勢いで、外に人が溢れ出るんじゃないかと思うくらい(笑)

もちろん、すぐに入れるわけでもなく、ちょっと外でスタンバイ。

ようやく中に入れたわけだけど、
どうだろう10数人立てるくらいの、奥へと続く直線カウンター。カウンターを背にした壁側にも、少しカウンターがあるのかしら。
こういうレイアウトから、メインカウンター側に1列、壁側に1列、そして、その間にさらに1列という3列横隊の迎撃態勢だ。

人気の理由はすぐに分かる。
注文した生ビール中は250円。ご丁寧に括弧書きで「(一番搾り)」。発泡酒ちゃいまっせ。「(ラガー)」だと300円だ。

おひたし(150円)に茄子揚げ煮(150円)から。
よー味がしゅんで美味い。おひたしは少し味がしっかり目なんだけど、これが酒飲みにグー。また、茄子が美味いんだよなあ~
一品のお安さだけでいうと、この単価は他でもあるといえばあるんだけど、ちゃーんと手間隙かけた料理を、惜しげもなく盛り付けてくれるのはなかなかないよん。

e0173645_07571241.jpg

そして、出てきた造り3種盛り(500円)。本まぐろ、あおりいか、〆さばですな。
これ・・・厚みがすごいな、ブロックじゃん。3人で行ったんだけど、3人前でなく盛り合わせなので、これ1人で行ってたらこれだけで満足だぜ。

e0173645_07571425.jpg

揚げウインナー(150円)。あっつ!表面のカリッと香ばしいところがグ~

e0173645_07571961.jpg

ちょっと、ご飯ものもということで、鉄火(400円)。
やっぱり、まぐろがしっとり美味い。

e0173645_07572159.jpg

牛すじ煮込み(300円)は、他の店とちょっと違う。
もっと、どて煮な感じなものが出てくるかと思ったんだけど、汁気がほとんどない。一瞬、コンビーフを想起させるけど、し~っかり甘辛く煮込んだ一品だ。ネギとの相性がよく、ついつい箸が伸びる。

e0173645_07572365.jpg

ちなみに、造りは単品でもあるんだけど、こちら、例えばサーモン(250円)。とにかく、この厚みでカットしないと気が済まないようだ。お!このサーモン、臭みもなく味が濃くて美味い。

e0173645_07572583.jpg

せっかく京都に来たんだし、地元の酒でも飲むか。
伏見の酒、山本本家から「神聖」(300円)を。300円で入れすぎじゃあないですかぁ。有難いの一言につきますな。お~甘ったるすぎることはないけど、濃醇ですなぁ。

e0173645_07572741.jpg

なるほど、リピーター率が高いわけだ。偽りなしの庶民の味方「庶民」ですな。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:庶民
場所:京都市下京区四条大宮町
時間:11:00~23:00(L.O.22:45)水休

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-08-27 09:44 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「赤瓦」

この間、良妻と待ち合わせのため、
阪急石橋駅に到着してからも、少し時間調整が必要になった。
んー、サクッと立ち飲みレベルでどこかに入るか。

・・・そういや、まだ入ったことなかったな。
石橋駅西口改札を出たところにある「赤瓦」。立ち飲み「ふじさわ」の後にオープンして久しいが、小料理・おでんの白提灯が目に入るものの、石橋の人ならご存知、沖縄料理の店ですな。国道176号線沿いにある、あの「赤瓦」だ。ま、駅前出張所だね。

e0173645_07253067.jpg

「ふじさわ」からの居抜きだけど、立ち飲みではなく座って飲める。あと、外にあったメニューで知ったんだけど、ここ2階があって、15人程度の客席があるんだね~ちょっとした宴会ができそうだ。

さてさて、
サクッということで、1000円くらいでちょい飲みセットみたいなのがあったので、それにしようかな。食べ物は同じものが出るんだけど、酒を何にするかで値段が変わるセットだ。

酒は・・・おかわりできるほどの時間はないと踏んでいたので、泡盛をもらう。これは、甕仕込み30度かな・・・お、飲みやすくて美味い。
まず出てきたのは、ジーマミ豆腐
こちらは、わさび醤油でいただく。プルプルもちもちでひんやりウメー

e0173645_07253290.jpg

何をどうして、こういうラインナップになるのかは分からないけど、次に登場したのは、しいたけ串。沖縄料理じゃないんだ・・・ま、シンプルにしいたけ美味いんで文句はないんだけどね。

e0173645_07253489.jpg

それでいてさ、しばらくして次に出てくるのが、鯛のお頭塩焼きだぜ。
ちょい飲みにしては、なかなかなものが出てきますなぁ。
小振りの鯛とはいえ、そこは、やっぱり鯛。身がしっかりついて、酒飲みおっさんにはいいアイテムになるんだよなぁ。また、塩加減がええ。

e0173645_07253606.jpg

物静かだが人柄のいいおやっさん、山羊汁の話とかしたりしてると結構面白そうだったんだけど、時間がなくて、ホントすぐに出ちゃったので、また、ゆっくり、おやっさんと話をしに来ようかな。店の情報もちゃんと聞けなかったし。

沖縄料理もドリンクも充実しているので、気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:赤瓦 石橋駅前店
場所:池田市石橋1-2-15

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-08-27 07:14 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「洋風ダイニングてつ」

阪急石橋、ダイニングバー「M’s-1」に行く機会がないままに、7月にリニューアルオープン。そのリニューアルと同時に店の名前も「洋風ダイニングてつ」と変わっている。
ちょっと入ってみるか。

e0173645_07240861.jpg

カウンターとテーブル席があるんだけど、ゆったりとした広さの店内。
生ビール(500円)に、付きだしは豆腐とトマトの和風カプレーゼ。和風というよりは、ピリ辛中華な感じ。

e0173645_07244142.jpg

まずは…生ハムでも食べようかな。
川西産いちじくと生ハムの原木ハモンセラーノ(900円)。地産池消ということで、川西産いちじくを使うお店ってちょこちょこあるんだよね。生ハムをメロンなど果物と合わせて提供されるのは珍しくないけど、いちじくはメロンほど甘さが濃くないので、生ハムのいい引き立て役になっているよん。

e0173645_07245407.jpg

トマトと水牛モツァレラのカプレーゼ(600円)。
ちょっと、ふかっとしたチーズが食べたかったんだよね。

e0173645_07245878.jpg

自家製ライスコロッケ(600円)。
ライスコロッケ食べるの久しぶりだな。きめ細かい衣がサクサクっと気持ちがいい。中にはもちっとした米粒、これがチーズと相まってこってりが強調され、見た目よりも食べ応えがある一品。

e0173645_07250075.jpg

そして、ポテトとベーコンバジルマヨピザ(800円)。生地の上に、ぎっしりジャガイモが敷き詰められている。バジルはマヨネーズと和えてピザ一面にかかる。

e0173645_07252450.jpg

生ビールは生ビールであるんだけど、ベルギービールまつりか何かをやっているということで、モンヒスホーフ ボックビール(1000円)をもらう。
麦の香りが濃いわ~

e0173645_07252581.jpg

背中にずっと視線を感じるなと思っていたら、「鹿肉あります。」の張り紙…
もものステーキとローストディアがあるのね。がっつりステーキってのもなぁ・・・ここはローストディア(600円)にしてみるか。
あ、もっと固い肉を想像したけど、予想以上に、しっとり肉肉した食感だな。美味い。

e0173645_07260025.jpg
e0173645_07252746.jpg

ソーセージ盛り合わせ(800円)に、ハモと夏野菜のアヒージョ(バケット付700円)。アヒージョにハモ入ってるのは初めて食べるな…思ったよりも、さらさらっとしてるのね。

e0173645_07255069.jpg
e0173645_07255218.jpg

Jr.はフレンチトースト。

e0173645_07255473.jpg

ビールがまだ少しあったので、自家製スモークから、とりハム(400円)を。スモークの香ばしい風味に、この柔らかでさっぱりした鶏が合うねーちょこっとつまむにはいいアイテムですな。

e0173645_07255611.jpg

あかん、食べ過ぎた。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:洋風ダイニング てつ
場所:池田市石橋2-13-3 フォレスト石橋101A
時間:18:00~26:00 月休
電話:072-763-2272

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-08-17 07:56 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「とんたん。」

そもそも豚がそんなに好きじゃないんだよねー…そんなことを言って、いざ東京に転勤してみると、豚の消費量がぐっと上がったりして。牛より豚文化だからだけでなく、豚を刺身で食べるなど、関西では考えられなかったものがあったり、「あら、これいける」アイテムもあったりするんだよね。ホントなんでも食べなあかんねー

で、石橋の話に戻って。
冒頭の話から、石橋でわざわざ豚料理を食べに行くとすれば、それは「BUTASAN」のサムギョプサルだけだったんだけど、先日、初めて豚串専門店に入ってみることにした。
「とんたん。」だ。
店の名前も存在も以前から知っていたつもりだけど、まさかの体言止めだったか…

e0173645_11532584.jpg

奥で左に折れるL字カウンターのみだけど、空間が広く落ち着く。
豚串専門店だけあって、焼き物は豚串か野菜のみなんだけど、珍味をはじめとする一品ものもあったりする。

さて、と…タン(200円)は塩で。
しっかり焼いてあるんだけど、噛むほどに旨味が出てくる。この弾力がいいのかな。

e0173645_11532897.jpg

ハイボール(350円)をグビグビやってると、コメカミ(200円)がやってきた。東京でしこたま食べてきたカシラだ。
あらら、これまた柔らかいこと。お上品なこめかみですなぁ。

e0173645_11533114.jpg

タレがおすすめということだったが、脂でいいコクになるからタレいらんかも。東京では唐辛子で食べることも一般的だけど、この肉なら塩がいいな。

テッチャン(200円)。
特製串タレってのがあって、案外さらっとした味噌だれ。これはニンニクなしだな。ニンニクダレの方は、いかにもニンニク入ってますーって感じで…ニンニクくっさ。味にインパクトは出来るけど、素材の味が吹っ飛びそうだな(笑)。
テッチャンは、じっくりカリッと焼き上げているので、そのまま塩もいいし、にんにくなしのあっさりタレも合うかな。もっと臭みがあるかと思ったけど、全然。

e0173645_11533339.jpg

最後はガツ(200円)。ガツは胃ですな。
弾力しっかりのムニムニした歯ごたえがいいねぇ。いいつまみになるわ。

e0173645_11533534.jpg

仕事帰りのサクッと呑みにはいいかもね~
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:とんたん。
場所:池田市石橋2-2-8
時間:18:00~23:00 日祝休
電話:072-747-4957

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-08-12 07:25 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(2)  

石橋の居酒屋「日常酒飯事 わこう」

先日、久々に石橋の居酒屋「わこう」を訪れた。
以前訪れた時も、バラエティに富んで、豊富なメニューだったなぁという印象があったんだけど、今回もやはりそうだったね。

さて、まずは馬肉からいくか。
馬肉刺しは他の店でもちょいちょいあるけど、ここは加えて燻製もあるのね。
馬肉の燻製造り合わせ(680円)を。タン、ふたえご、赤身、さいぼしだ。ふたえごは、あばら辺りにある3層肉ですな。さいぼしは、以前、蒲田の「串カツ田中」で触れたけど、馬肉の燻製のこと。「だったら、この盛合せ全部がさいぼしじゃないか」と思ってしまうんだけど、羽曳野を筆頭に河内の郷土食としての「さいぼし」だとすると、他と製法が異なったアイテムなのかもしれないね。
ま、いずれにしても、刺身とはまた違って、風味、そして、しっとりしっかり食感が、酒をチビチビやるにはいいのよね。

e0173645_07264603.jpg

酒のみには嬉しい、珍味3種盛り(680円)。
もずく、ミミガーポン酢に、ウニイカそうめんのラインナップ。

e0173645_07264946.jpg

こら、日本酒か焼酎に変えんと…
あ、久々に「前割り」の文字が見えたので、今日は焼酎にしてみるか。本日の前割り&黒千代香をお願いすると、焼酎は国分酒造の「さつま国分」だ。前割の水は仕込み水ではなく、六甲の軟水を使っている。
まろやかな口当たりに、芋の香りがシャープに刺さってくる。

e0173645_07300846.jpg

そして、お造り盛り合わせ(5種2貫980円)。サーモン、タコ、真鯛、キズシ、カツオたたき。きずしの鯖がいい感じですな。

e0173645_07312249.jpg

愛媛のじゃこ天(380円)。
この噛みしめるたびに、魚の骨かしら、じゃりじゃりとくる、この食感がたまらないんだよね~ホント、愛媛のじゃこ天好きやわぁ。

e0173645_07314199.jpg

メニューの中に、三田ポーク特集があったので、ちょっといただこうかしら。三田牛は知られたブランド牛だけど、三田ポークというのもあるんだね。お茶が特産の母子地区、ここで生産されているブランド豚だ。
三田ポークと温野菜(680円)を。あら、大掛かりな感じで、ここで火をかけて蒸すんですな。昆布と鰹だしで蒸しあげるのか…
こちらを梅味噌かごまだれでいただく。柔らかい肉質と脂が甘くて美味。

e0173645_07315687.jpg

国分酒造からもう一つ「安田」(500円)をロックで。
麹も含めて芋100%なんだけど、絶滅危機を脱した100年昔の芋「蔓無源氏」を使っているレアな酒。ネーミングがシンプルだけど、杜氏の名を前面に出すほどに力を入れた商品ということですな。お芋さんのいい甘みがきいてるねー

e0173645_07315930.jpg

ちょっと、焼きものが欲しかったので、タイカブト塩焼(580円)を。
結構、身がぎゅっと詰まってて、最後にちょっとつまもうかなというには、意外とボリューミーで食べ応え十分だったな。

e0173645_07320118.jpg

今回、日本酒飲まなかったけど、日本酒も色々ありそうですな。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:日常酒飯事 わこう
場所:池田市石橋1-22-15 TMビル1F
時間:11:30~15:00(2日前までの要予約)、17:00~24:00 不定休
電話:072-763-3345

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-08-11 11:45 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

野田の居酒屋「上田温酒場」

何かの雑誌で見て、以前から行ってみたいなぁと思っていたんだよね。
お店の名前にも構えにも興味津々だ。

阪神野田駅から西へ、商店街を数分歩いた先にある「上田温酒場」だ。サッポロビールの白い暖簾と、「かんとうだき」と書かれた赤提灯。

e0173645_07351318.jpg

いやあ、いい雰囲気だわあ。

e0173645_07365806.jpg

この「温酒場」という表現がまず珍しいよね。
実は、この表現で営業している店は、大阪には3軒しかない。うち1軒はここと同じく年季の入った店のようで、C級呑兵衛も今回が温酒場デビューだから、次はそこへ行かなくちゃ(「白雪温酒場」)。もう1軒は、比較的新しい店のようだ(「梅乃宿温酒場」)。
簡単に言えば、酒を温めるだから「燗」のことだよね。燗酒が美味い日本酒は確かにあって、燗酒にこだわったお店はあったりするんだけど、ニ・二六事件や日中戦争の頃に創業してるから、ここは。

コの字のカウンターは10席ちょっと。その中で、お母さんが一人で切り盛りする。
赤提灯に書いてあったけど、濃い色のダシの関東煮が、目の前でええ感じで食べてもらおうとスタンバッている。

何にしようかなぁ。壁にメニューが貼ってあるんだけど、これいつからのものなのか、変色してかなり年季が入っている。んーここに書いてある値段も当初のものだったりして・・・いや、このままだった

暑いからビールで喉を潤したいんだけど、せっかく来たんだし、ここは燗をお願いしよう。酒(250円)は「忠勇」、足元にあった一升瓶から酒をちろりに入れ、熱燗器で温める。
受け皿とコップが先に置かれ、そこに、温まった「忠勇」がちろりから、さっと注がれる。

肴は、まずどて焼き(350円)を。
どて焼きも店によって味が異なるけど、ここのは味噌が甘ったるくなくていい。

e0173645_07391814.jpg

まろやかで非常に飲みやすい「忠勇」をついーっとやりながら、関東煮を物色。
おし、大根(100円)とたけのこ(150円)にしよ。

e0173645_21594699.jpg

ずーっと追い足し追い足しで、店の味を守っている。
ダシの色が濃い~けど、見た目とちがって、意外と味は濃くないんだよね。この種のダシのしみ方がたまらんわね。

ゆどうふ(150円)をお願いすると、一品としての湯豆腐がでてくるんじゃなくて、関東煮の豆腐がどーんと出てくる。ダシがしっかりしゅんで、胡麻豆腐みたいな色になっている。ここに、青ネギと花鰹をたっぷりと乗せてくれる。

e0173645_07392377.jpg

酒の口直し?じゃないけど、ビール(550円)も欲しくなっちゃった。
他のお客さんが結構注文しているので、たまご(100円)をもらおう。これは、注文をしてから、卵をダシの中に入れた。
温めるって感じかしら、適当なところで引き上げて、縦に2つに切って器に入れてくれた。
どうよ、この半熟具合。わーこれ美味いわ。半熟具合の滑らかさもあるけど、このダシとの相性が抜群やな。

e0173645_07392545.jpg
BGMも流れず、お客さんの会話だけが聞こえる店内。妙に静かだ。
いやあ、ここだけ時間の流れ方が違うよう、気持ちが落ち着くお店ですな。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:上田温酒場
場所:大阪市福島区大開2-11-4
時間:17:30~20:00頃 木・土日祝休
電話:06-6462-3489

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■●
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-07-02 07:54 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(2)  

石橋の居酒屋「居酒屋さくら」

大阪に戻ってから、「石橋でまた新規開拓しよ~」ということで、
4月に入ってからいくつかの店を巡り、すでにブログで書いたものもあるけど、やっぱり、初めての店は緊張するわね。
初めてとはいっても色々あって、新規オープンの店だと全く問題ない。
①何年も営業していて、②表にメニューが出ていなくて料金不明、③店内の様子が全く見えない、これに加えて、④まったくネットで情報が出てこない、これは勇気いるって。

その4つをフルスペックで兼ね備えた店にひっさびさに突撃。
阪急石橋駅西側の「MAhiro」などがある一角、「居酒屋さくら」だ。
外観から分かるのは、家庭料理をキーに、色んなものが食べられそうだというところまでだ。この草色の渋い暖簾のおかげで、「ひょっとすると、割烹だったりする?」という余計な想像まで駆り立ててくれる。

e0173645_11505544.jpg

カラカラと引き戸を開けて中に入る。
店内左手には、手前から奥へと続く調理場とカウンター席。カウンターは8席ほどかな。そして、店内右手手前に4人がけテーブルが2つと、奥に4人がけの座敷が1つ。予想をしていたよりは、広めだった。

先客は3人。うち2人はC級呑兵衛が入ってから、さほど時間が経過しないうちに勘定を済ませ、ご機嫌な感じで店を出て行った。後の一人は・・・どこかの店の主人、顔は見たことがあるな・・・常連かどうかは知らないが、店のママと、ありがちな誰それがどうしたこうしたの井戸端会議的な話で盛り上がっていた。
ま、そんなシチュエーションで始まった。

恒例、入口に近いカウンター席に腰をかけ、とりあえず、生ビールを注文する。
肴に何を注文するか悩み始める訳だが、注文をするまでに、付きだしにおからが出てきた。

e0173645_11505710.jpg

なかなかのボリュームで出てきたおからは、少し甘めでしっとり。

調理場の背にある食器棚に、いくつかのホワイトボードがかかっていて、手書きのメニューを見ると、刺身、炒め物、天ぷら、一品ものなどバラエティに富んでいる。ちぢみ、お好み焼きや焼きそばのようなコナモンもあるのね。
キムチや冷奴などの軽い一品は300~400円、あなご天や鳥肉ピリ辛炒めなどの炒め物などが400~680円の価格帯。全体的には良心的な感じだね。

今日は、雰囲気だけ分かればいいので軽くで・・・
角ハイ(400円)に、つぶ貝(500円)だけもらおうかな。

e0173645_11505901.jpg

こうしたお店には、昔から来ている常連さんが結構あったりするんだろうね。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:居酒屋さくら
場所:池田市石橋1-12-18
電話:072-761-0727

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-06-29 07:53 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

中津の居酒屋「大阪はなび」

しばらく月日が経つと、妙に足を運びたくなる・・・
大阪中津にある「大阪はなび」。相変わらずのアジア感がハンパない。

e0173645_07382953.jpg

店内に入り、座る場所に案内される。そこには、ビールケースの上にただ置いた感満載の木板の長テーブル。あれ?椅子は・・・とか思っていたら、その木板の下から、さらにビールケースが出てくる。

ビールケーススタイルの居酒屋というだけでなく、この至るところに貼られている豪快な文字で書かれた短冊メニュー、天井からぶら下がる駄菓子・・・あー!ごちゃごちゃしてるー!っていうところがアジア感なんだよねー

e0173645_08035202.jpg

あ、そして、店の中にいても、ほぼ外にいる感じとね(笑)

e0173645_08194316.jpg

アーンド、誰かが炒めもんを注文した時の店内充満な煙もなんのその。

e0173645_09263912.jpg

こんな感じなので、いったいどんなものが食べられるんだろう・・・と思うよね。
メニューだけど、びっしりと短冊メニューに囲まれているわけで、定番メニューの段階で既に不満はない。むしろ、ここにないものがあるのか?というくらいだ。
これに加えて、店先にあるホワイトボードには、その日のおすすめがギューギューに書いてある。

e0173645_08513282.jpg

全体的に雑い感じだから、食べ物も雑い感じで出てくるんじゃないの~?とか思うでしょ。でも、ここって食材にはこだわっていると思う。トマト1つ頼んでもええ感じなのよ。トマトスライス(350円)。

e0173645_08201335.jpg

そして、泉州水なす(450円)は、少しだけ切り目を入れて出てくるので、あとは自分で裂いて一気に頬張る。茄子の一番楽しみたい食感を最大限活かしてくれるよね~これを辛子でいただく。
美味いに決まっとるやないか!

e0173645_08201517.jpg

「?」
焼酎というメニューがあるんだけど、それとは別に「ええ焼酎」という短冊を発見・・・何やねん、ええ焼酎って(笑)
焼酎にもいくつかグレードがあるのはわかるけど、50円くらいの微妙な差なのね。じゃあ、そのええ焼酎(350円)もらおうかな。「白霧島」(もともとは「霧島」)勧められたので、それを。

e0173645_08592291.jpg

「白霧島」の段階で、「ええ」の定義を再確認したいところだが(笑)、
それでも350円という価格で、かつ、ロックにするとグラスなみなみで出てくるわけで。

e0173645_08590422.jpg

今回も注文してもた、厚切ベーコン(600円)。
この分厚いベーコンにテンションがあがる。肉肉した食感を存分に堪能~噛むほどにじゅわっとジューシーに旨味が広がる。

e0173645_08190912.jpg

あーすっかり堪能したな。また、来よー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:大阪はなび
場所:大阪市北区中津1-18-7
時間:17:00~26:00(土日祝は~24:00)
電話:06-6376-4648

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■●
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-06-27 09:32 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

新世界の居酒屋「マルフク」

大阪は西成でございます。
JR新今宮駅、地下鉄動物園前のすぐ南側。超こってこてのエリアだが、ここの堺筋沿いにある「マルフク」にやってきた。

店の看板にも書いてあるけど、ホルモンメインの立ち飲み店だ。

e0173645_07114173.jpg

昼間っから、なかなかの客入り。歩道側でも座って飲んでる人いるし・・・
ま、そこにわざわざ飲みに来てるわけだから、C級呑兵衛も人のことは言えない。
L字カウンターと、その背面の壁側に、立ち飲み用のテーブルがいくつか。

e0173645_07120669.jpg

なるほど、300円までくると高額商品になるな(笑)
ホルモン以外に、少し一品ものもあるのね。

e0173645_07122094.jpg

ビール大瓶(400円)に、ホルモン(140円)をまずもらおうかな。
値段からして、ホルモンは串で出てくるのかなと思いきや、豆腐を入れるようなプラスチック容器にわらわらーっと入って出てきた。
なるほど、これで140円は激安やな(笑)
濃い目の甘辛な味付けが、ビールに合うわ。

e0173645_07123048.jpg

シマチョウ(240円)は、塩焼きで。
今度は、ちりめんじゃこ販売に使いそうな発泡トレイに入ってやってきた。
ぷにぷにコリコリ食感がウメー。このパラパラっとかかっている白ネギもいい仕事してるわ。

e0173645_07124117.jpg

タレの味が濃いので、ちょっと箸休め。オロシ(100円)。
あ、これは陶器の小皿なのね(笑)

e0173645_07125006.jpg

どうしても、目に飛び込んでくるオレンジのワンカップ「神戸カップ」
「福寿」でおなじみの神戸酒心館の商品だ。おっさんが飲むワンカップも、懐かしいハイカラなデザインでキュートになる。

e0173645_07130425.jpg

「神戸カップ」のアテには、牛ハラミびっく盛(300円)。
豆腐を入れるようなプラスチック容器が再び登場。なかなか柔らかくて、肉肉した味がええ。そんなに「びっく」な盛りには思わないけど、300円でこの量なら良心的だよね。

e0173645_07131115.jpg

わ、気づいたら店内満員御礼じゃないか・・・

e0173645_07132082.jpg

朝8時からの営業・・・朝飲みが出来る店なのよね。
8:00~10:00はモーニングサービスタイム、ドリンクに一品つくんだって。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:マルフク
場所:大阪市西成区太子1-6-16
時間:8:00~22:30
電話:06-6641-8848

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-06-20 10:49 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)