タグ:酒 ( 351 ) タグの人気記事

 

新橋の居酒屋「野焼」

「・・・だって、宮城でだってそうなんだから。」
新橋駅前で人垣を作り、笑いの一つでもとってんだもの。その人垣の先に見えるのは、浅野史郎氏だった。

e0173645_12004910.jpg

それを横目に狭い路地へと急ぐ。
軽く立ち呑みのできるところがあればいいが・・・

そんな中、見つけたのが「野焼」だ。
「いやあ、ここなら」と安心して外カウンターに手をおいたが、「あ、何だ店内もあるんじゃん。」
というよりも、明らかに店内の方が人がいっぱいだし、シェア的には立ち呑みは完全にヤラれている

e0173645_12011453.jpg

ま、でも本当にサクッと終わりたいし、このシチュエーションを求めていたからこれでいいや。

炭火で焼く串から、モクモクと煙が夜空へと舞っていく。
大将の慌しさとこの雑然とした空間が、かえって食欲をそそるねえ。

瓶ビールに砂肝とネギマ(1本110円で2本より)を頼んだ。

e0173645_12015698.jpg

ふと見ると、「新橋は人情あふれる路地裏か」
いいね、関西のノリもそんな感じなんだけど、東京のいなせな感じの中で繰り広げられるコミュニケーションも好きだ。

横にはおやっさん二人が立ち呑み。常連なんだろうね。
一人が店の大将に、
「熱燗おかわり。さっきのあれ常温だよ。全然熱くなかったし。」
すると、大将、
「あれ?おっかしいなあ~」と言いながら徳利を下げる。
その後、燗をするんだけど、湯からあげるとき、わざとその客に向かって「ア、アツ!」とプロモーション活動。
それから客に出していた。その白々しさに客もクスッとくるわけ。
でも、それは「常温だよ」の投げから始まっているコミュニケーションだ。客は酒を待つ間、大将からの返りを楽しんでいるのだ。

さらにかわとてっぽう(腸)を注文して、隣の客の会話をBGMに新橋の夜を楽しんだ。

e0173645_12015866.jpg

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:野焼
場所:東京都港区新橋2丁目8-16 石田ビル1F
電話:03-3591-2967
営業:15:30~22:30 日祝休

by nonbe-cclass | 2007-03-23 23:35 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback(1) | Comments(2)  

新橋の活魚「浜んこら」

「そうや。あんたインターネットに載せよったじゃろ」
久々に店の敷居をまたぐと、おかあちゃんから開口一番ツッコミが入った。

年末、イニシャルK氏、イニシャルH氏と共に新橋「浜んこら」を訪れた

少し遡るが、イニシャルK氏が別件だがこの店で予約をとろうと電話をした時だった。
「それはそうと」とおかあちゃんが切り出した。
何でも大阪からの客が店にやって来たらしく、その人曰く「この店インターネットに載ってたので来た」と、わざわざプリントアウトしてきたのだそうだ。
「あれ?インターネットなんかに情報あげてないけどなあ」とみると、「あっ!あの時、大阪から来た兄ちゃんの仕業やな」、C級呑兵衛と紐付いたそうだ。

ブログを読んで実際に足を運んでもらって、店に貢献できるなんて有難いことよね。ブログの書き甲斐もあるわさ。
だけど、
雑誌取材は少し受けるものの、とにかくテレビ取材は嫌うおかあちゃん。
マスコミに流されて来るひやかし客よりも常連客を大切にしたい(それでかつて痛い体験をしてるからね)ポリシーがある。
だから、ネットなんかに無断で書いちゃったことに怒っちゃったかなあ。

ところが・・・
「また、ええように書いといてよ」とお墨付きをもらうことができた。
加えて「そういや初めてこの店来た時、たまたま見つけて入ったんじゃってな」とブログの内容も読んでくれていた。

さて肝心の料理だが、「わ、でか!」としょっぱなからインパクト。
「もう全部出てしもて、残り揚げたんじゃけど」、これがご~っついおこぜ
それでも、「ちょこっとだけ残っとったわ」と造りを出してくれた。
歯ごたえと甘味が絶妙。

e0173645_12054727.jpg
e0173645_12054596.jpg

あと、お造りではアジとカワハギ
カワハギは肝を醤油でとかして白身の旨みと肝のコクを一気に口へ運ぶ。

e0173645_12062259.jpg
e0173645_12062451.jpg

あとね~荒煮とタコ、鮑のステーキ。

e0173645_12064272.jpg
e0173645_12064512.jpg
e0173645_12064781.jpg

あと貝なんだけど、これは「たかせみな」かしら。前にも「みな貝」を出してもらったが、それよりも全然粒が大きんだよね。コリコリと歯ごたえよろしく、酒の肴&箸休めにぴったり。そりゃ、日本酒進むって。
どれもねえ、美味いに決まってるでしょ。

e0173645_12070684.jpg

毎日、熊本直送といっても鮮魚ばかりじゃない。今回は馬肉も出てきた。
まあ、きれいな馬肉なんだけど、それ以外にもたてがみと、あまり馴染みのないレバも一緒に盛られてきた。
「馬レバ」は恐らく初めてかな・・・
食べると、あっさりはしているんだけど、弾力性は牛や鶏よりもある。歯ごたえがあるって感じだだね。いけるね~

e0173645_12073815.jpg

いやあ、今回も贅沢なものを色々と食べさせてもらったね。
あと、やっぱりおかあちゃんの人柄がいいわ。ホント田舎に帰ってきたみたいだもの。

「あんた今日もかいな。前んときも慌てとったじゃろ。忙しい人じゃなあ」

あのさあ、毎度毎度お願いしてるわけ。東京出張は日帰りだから「最終ののぞみには間に合わないといけない」って。
これがねえ、イニシャルK氏、イニシャルH氏は分かっていて知らんふりするからね。

「時間ね、お願いしますよ」って言ってるのに、

「は?」

これだけの接近戦でしゃべってんでしょー。聞こえないわけないじゃん!


そ、いつもね帰り小走りなんだよ。
新幹線に乗り込んで、席着いて息切れてるの自分だけなんだよ。


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:浜んこら
場所:東京都港区新橋3-14-1

by nonbe-cclass | 2007-01-06 09:23 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(2)  

浜松町の「八吉」

このブログを休止している間、毎週の勢いで東京出張が続いていた。
仕事が順調に終わらなければ、急遽大阪に戻れないなんていうこともあった。

そんな中でも、仕事終わりに飲みに行ったりもするわけ。
結構時間に追われるので、ま、こういう時間が少しあると気持ちの切替も出来たりするのよね。

そんな中から一つ。
いつも新橋が多かったりするが、今回はそのお隣「浜松町」。
一六堂グループの居酒屋「八吉(やきち)」だ。
とても客で賑わっているはずだが、テーブル席には各々囲いがあり、プライベート感が演出されている。
照明も落とし気味なので、「大人の居酒屋~」という雰囲気満載だ。

最初に付き出しが出されるが、いくつかの小鉢が運ばれてきて好きなものをチョイスする。「ほたるいかの沖漬け」や「いかの塩辛」など「おいおい、選べるのは一つだけかよ」と思わせる酒の肴が並ぶ。

e0173645_12095979.jpg

やはりお造りあたりをと思いメニューを眺めると、「特選造り盛り」なんてあるんだけど、何が盛られるのかが分かんないなあ。
オススメってなんだろう・・

すると、店員がワゴンを押してきた。「こちらのものがオススメで・・・」。
おー、氷の上で「いかがですかー」と目で訴えかける魚たち。それぞれの魚には木札が添えられており、水揚場所と魚の名前が書かれている。これいいね。

e0173645_12095705.jpg

ま、それで造り盛りを注文したんだけど、よくよく考えると「切り身になっちゃったら、どれがどれか分からなくなるなあ」・・・そんなことを思っていると、造り盛りにもきちんと木札が添えられていた。
ちょっとしたことだが、例えば「平子」なんて何もなけりゃ、言葉だけで「ん?それってどれ?」になるからね。

e0173645_12100081.jpg

言葉だけだと「平子」は真いわしを指すが、冒頭の写真見て。写真の下側にあるのが「平子」なんだけど、どうみてもハマチ系でしょ?
実はこれ、良く知るところの「ヒラマサ」なんだけど、松江あたりでは、これを「平子」(成長しきっていない魚を指すようだ)と呼ぶのだそうだ。
いやあ、魚の呼び方にも色々地域色があって面白いね。

この日は大阪には帰ることが出来なかったので、美味い料理を堪能した後、日本橋のアパホテルで一泊。
・・・が、次の日も議論が長引きまたもや戻れず。

次の日の朝一の飛行機で大阪へ戻るため、JR蒲田駅前のビジネスホテルに泊まることになってしまった。
部屋から夜中の駅前を眺めながら、「俺はいったい何をしてるんだ?」。

本当であれば、「よっしゃ、せっかく蒲田へ来たんだ。夜中でもやっている焼き鳥屋にでも出かけるぞ。」くらいの勢いがあってもいいのだが、さすがに疲れてしまい、そのまま寝てしまった(っていうか、次の日6:30の飛行機に乗らないとダメだったから)。

もう~酒呑んで気持ち切り替わるどころか、業務の合間に酒を呑んでる感じ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:八吉 浜松町店
場所:東京都港区芝大門1-16-3 芝大門116ビル 1F
電話:03-3459-8813
営業:17:00~24:00 不定休

by nonbe-cclass | 2006-12-10 09:43 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback(1) | Comments(0)  

石橋のBar「辻」

石橋を歩いていてチェンバロの音色がもれ聞こえるなんてことがあるんだね。
石橋歩いていつも耳に入るのは「♪今日は何の日、おはこ市~い~しば~し、いしばし、商店街~」で、ええ加減覚えたくらいの勢いだ。

チェンバロに驚いたこともあるが、「え?こんな所にBarがあるの?」と店の存在にも驚いた。
場所はパチンコ「アイゼン2」の通り、立ち呑み「しんちゃん」(旧:いしばし)の隣りだ。
Bar「辻」
e0173645_18564656.jpg

店の前には魚屋があるが、この情景の中でクラシックが流れているから凄い。意図的に入口の扉を開けて、店内への誘導を図っている。
・・・最初、「え?ライブじゃないよな?」くらい大きめの音だったが、幾らなんでもチェンバロが店内にあるわけないか。店内の様子が外から一切わからないなぁ・・・。

何度か店の前を行ったりきたりしたが、やっぱり気になって思い切って入ってみることにした。

おー、ブラックを基調とした店内に薄暗い照明、そして客層の年齢層の高さからして、んでもって、流れるのはクラシックでしょ。カウンター7席だけの大人の空間だ。
手元にメニューがないので何があるのかも、値段の相場も分からない。マスターも積極的に話しかけてくることはなく、静かに時間が流れる感じだ。

ぱっと目に入ったのがジャックダニエルだったので、ひとまずはロックでもらうことにした。
e0173645_18563860.jpg


酒は呑むがC級呑兵衛、実はクラシックも聴くわけ。中でも、バッハ。最近はゆっくり聴く時間がないけどね。「4台のチェンバロとバイオリンによる協奏曲」なんか好き。
何でバッハの曲が好きなんだろうね。
ああ、きっと懺悔しないといけないことがたくさんあるからか・・・がっかりだよ!

だから、チェンバロに反応したわけだが、流れている曲は「ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのソナタ」。音楽を聴かせるBarもいいね。棚にはかなりの数のCD、そしてアナログのレコードプレーヤーもある。

他にも男性1人客がいて、静かに耳を傾けていた。そ、C級呑兵衛もじっとプレーヤーを眺めながら曲を聴いていた。

2杯目にバランタイン(17年)のロック、まろやかな口当たりがチョコレートとよくあう(甘いものダメなんだけど、たまに食べたくなるわけ)。

あまり長居しないつもりだったので、この2杯で店を出ることにした。夜は24時までやっているそうだ。
2杯(とチャージかな)で4400円だった。予想以上にした感はあるが、このスタイルの店は好きだね。何か、そっとしてくれそうだし。

静かに店に入り、そして、静かに店を出た。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2006-09-07 07:27 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

恵比寿の居酒屋「大吉」

イベント初日を無事終えた。1日立ち尽くめだと何もしていなくても腰が痛い。
今日は、有明の東京ビッグサイトからりんかい線に乗り恵比寿に出る。5月にも行った徳之島料理の店「大吉」だ。長寿世界一が愛飲する黒糖焼酎の店でもあるそうな。

タイミングが少しでも遅れていれば店に入れなかった。既に満員御礼状態だ。

前回に引き続き、おススメの玉子焼きなども注文したが、砂肝の炒め物やさばの昆布〆など、違ったものも頼んでみた。いずれもボリューム満点で、しかも美味い。砂肝の歯ごたえとしめさばの酸味が酒にあうねえ。


e0173645_12170921.jpg
e0173645_12165203.jpg

たださあ、この店はあの「笑って見送れない最終電車」の舞台となったところなわけ。
イニシャルK氏はひたすら、「あれは、イニシャルH氏があおった」と自分の否を一切認めようとしないが、
こっちからすりゃ「あんた達二人ともなんだよ!がっかりだよ!」だ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:居酒屋 大吉
場所:東京都渋谷区恵比寿西1-7-11
電話:03-3496-8904
営業:16:30 ~ 23:00 日祝休

by nonbe-cclass | 2006-06-14 23:34 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback(2) | Comments(0)  

新橋の居酒屋「金陵本店」

「芋蔵」でどれだけ焼酎を呑んだか覚えていないが、店を出るとあちらこちらで提灯がぶら下がり、オープンスペースで酒を呑む人達で活気づいているじゃあないかあ。庶民的な雰囲気が、C級呑兵衛の千鳥足を惑わせる。

「まま、もう1軒」と向かった先は、ホッピーの赤提灯がともる、庶民的な居酒屋で賑わう「金陵本店」だ。

e0173645_12203094.jpg
e0173645_12203108.jpg

うわっ!賑わってるなあ。この雑な感じがいいねえ。
さっそく、ホッピーだね。

e0173645_12204717.jpg

ホッピーは、アルコール度0.8%のノンアルコール飲料だ。そのまま呑むよりは、焼酎と割る飲み方が主流だ。
もともと、本物のホップで作るノンビアというところからホッビーと名づけられたが、言いにくいことからホッピーとなった。
我々おっさん組からすると昔ながらの懐かしい飲み物という感があるが、ホッピーのホームページでも分かるが、非常に女性サイドのプロモーションに驚く

e0173645_12212533.jpg

ほたるいかやちくわの磯辺揚げなど適当につまみながら、「餃子ソーセージ」(470円)など微妙なメニューにもチャレンジする。
形状はソーセージだけど味は餃子なのね。どうなんだろうね、ソーセージを食べたかった人は複雑な心境になるぞ。
ま、でもね、こういう微妙系メニューで会話もはずむってなもんで、積極的に注文いただきたいアイテムだ。

e0173645_12210834.jpg

ま、会話が弾むって、もう何しゃべったか覚えてないんだけどね

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:金陵本店
場所:東京都千代田区有楽町2-1-20 JR高架下
電話:03-3503-4994
営業:16:00~00:00 無休

by nonbe-cclass | 2006-06-13 23:30 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

新橋の居酒屋「芋蔵」

さてさて、今日からイベント出展のために東京入りだ。
イベントは明日から3日間開催されるが、会場での準備のため前日から入る(ブログの日付は遡っているものの、暫く更新できなかったのはこのためだ。おまっとさん)。

今回はイニシャルK氏がいる会社との共同出展だが、こうなると期間中の体調管理をしておかないと、呑みが続くに違いない

果たして、会場の準備は順調に終了した。
予想通りの展開として「前夜祭」と称して、新橋へと繰り出すことになった。・・・ま、今回、期間中呑むつもりできてるから、宿も新橋にしてるんだけどね

向かった先は、新橋駅から有楽町方面へ歩き、JR沿い、首都高高架下にある居酒屋「芋蔵」だ。

e0173645_12231173.jpg

ん~名前からして焼酎メインの店かと推測したが、予想をはるかに超える300種以上の焼酎が取り揃えられている店だった。焼酎は580円がメインで、プレミアム900円、森伊蔵あたりは超プレミアムとして1300円で呑むことができる。

「お、佐藤の黒があるじゃん」と注文したら、いきなり「品切れです」と返され、「本当に300種あんのかよ」と疑ってしまう

・・・が、この店では九州の郷土料理が味わえる
結構、酒呑み好みのアテが充実していたので、違う焼酎・・・「舞香」を皮切りに、ちびちびやりながら郷土料理を楽しんだ。

変わったところでは、がん漬け(蟹の塩辛:700円)で、殻を細かく砕き、かに味噌と一緒に塩や唐辛子と漬け込み、ペースト状になったものだ。口に入れると細かく砕いた殻のカリカリ感が新鮮だ。塩辛いので、大根おろしとあわせて食べる。いや~酒が進むねえ~

e0173645_12235938.jpg

あと、鰹の酒盗カマンベール(680円)だ。
枕崎産の酒盗にごろごろと大きく切ったカマンベールチーズを和えたものだ。これ、結構相性いいねえ。美味い。

e0173645_12240069.jpg

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:芋蔵 銀座店
場所:東京都中央区銀座8-3 東京高速道路西土橋ビル2F
電話:03-3569-3111
営業:17:00~04:00、日祝16:00~23:00

by nonbe-cclass | 2006-06-13 23:04 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(2)  

新橋の居酒屋「磯っ子」

ホテルを予約していなかったので、新橋のビジネスホテルに直接行きチェックイン。
夜は、イニシャルK氏とイニシャルH氏の3人で飲むことになった。
前回、ヒットだった「浜んこら」に行ってみたが、すでに一杯で入れず。

仕方なしにぶらついて決めたのが、青い暖簾が酒呑み気分をかりたてる大衆割烹「磯っ子」だ。
写真の外観からも分かるが、店内も日本の居酒屋という感じで味わいがある。

isokko4.jpgisokko2.jpgメニューにも興味津々だ。するめいか刺身(700円)を筆頭に、春野菜の天ぷらやげその塩焼きなどを注文する。するめいかのみずみずしさはグー。

かわったところでは、のびる(500円)。
「のびる」は野蒜というユリ科の多年草で、なんだろう、島らっきょうみたいなものだ。球根部分を味噌をつけてカリカリいわすのだ。春野菜で今が旬のものだ。あまり食べ過ぎると、かなり口にねぎの香りが残るぞ・・

途中から焼酎に切り替える。
いくつかの焼酎がある中で「貴匠蔵」を呑んでみる。本坊酒造の芋焼酎で、原材料は南薩産のコガネセンガンだ。

病み上がりのイニシャルH氏には1軒目からきつかったかな。結構呑んだぞ・・・
しかし、イニシャルH氏もただ者ではないので、次の場所へと移動するのであった。

isokko3.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:磯っ子
住所:東京都港区新橋3-13-8
電話:03-3431-1717
営業:17:30 - 23:00 土日祝休

by nonbe-cclass | 2006-04-12 23:30 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(2)  

新橋の居酒屋「活魚 浜んこら」

東京の夜、イニシャルK氏と合流し雨の新橋へ向かう

イニシャルK氏もあまり店を知らないようだったが、幾つか大通りから横道にそれてみる。
うまい魚や手料理を食べさせてくれる小料理屋が好きなイニシャルK氏は、「宇和島」など店名に惹かれて店をのぞくが、満員だったりちょっとイメージが違ってたり・・・

「おっ」と、どこぞのラウンジのお気に入りだったお姉さんの名前と同じ店名に足を止めたイニシャルK氏。「主旨違うところで足止めるの止めなさいよ」と言おうと思ったが、すぐ隣の店がホワイトボードでメニューを書いていたのを見て、「こっちでいいか」と傘をたたみだした。
素もぐり漁師、熊本からの直送」は確かに惹かれる。

e0173645_21405325.jpg

店の名は「活魚 浜んこら」
正直、このブログで書いてしまっていいのかなあ。悩むほど隠れ家的お店だ。

気さくなおかあさんが一人で切り盛りするお店で、熊本直送の旬の魚貝が存分に味わえる。
どう見てもここにしかない居酒屋な雰囲気なのだが、九州にも店が1店あるという。以前は九州に6店ほど展開していたそうだ。その時は民放各社のテレビ番組でよく取り上げられたそうだ

ただ、テレビの影響で客が一時的に増えたものの常連客からの不満がでたために、以降はテレビ取材は受けていないという。
唯一、雑誌「東京人」の取材には応じたそうだ。
我々はどうやらその雑誌をみて来たと思われていたようだ

その流れを汲んでいるのかどうか、この店、制作会社やタレントを含むテレビ業界の常連客が多いようだ。
実際、我々の後から来た人も制作会社の人で、少し話しを聞くと皆が知る有名番組の制作をしていた。
おかあさんに偶然入った話をしてからというもの、お互い話しっぱなしになった。もう、我々二人とおかあさんの共通話題「チャングムの誓い」になったら、もうおかあさん黙ってないもの。

さてさて、肝心の料理の方だがまずは造りをお願いした。出てきたのがアワビとセミエビだ。特にセミエビはなかなか手に入らないとのことで、おかあさんイチオシだ。シャコというのか草履みたいというのか愛嬌のある活きたセミエビで、食べ終わるまで生きていた。イセエビよりも小さいが身はプリプリでかなり甘い。造りを食べた後は殻を最後に味噌汁に入れて出してくれた。

e0173645_21420801.jpg

この後、ヒラメの造りがでる。ヒラメは4kg級の大物でいいものでなければ仕入れないという。

e0173645_21422141.jpg

そして、小ぶりの地牡蠣ポン酢。たくさん入った牡蠣ポン酢をスプーンで掬って食べる贅沢。

e0173645_21423554.jpg

そして、このしろの造り。これは手作り柚子胡椒とポン酢でいただく。この柚子胡椒が美味いんだ。

e0173645_21430957.jpg

この後に、ムラサキウニを殻の状態で出してくれた。テレビでしか見たことないもん・・中身を取り出しながら食べる。

e0173645_21431194.jpg

最初はビールだったが、浦霞の燗で楽しむ。いやあ、ビールより日本酒だわ。
そして、落ち着いたところで潮味とほろ苦い味がクセになる「みな貝」を一つ一つ楊枝でつつきながらを食べる。

e0173645_21431464.jpg

そして、最後に先程のセミエビの味噌汁、たっぷりのめかぶでご飯を頬張った。

e0173645_21435190.jpg

おかあさん、心配してくれて「時間大丈夫?」。そうなんだ、今から大阪へ帰らなきゃならないんだ

「お客さんはテレビ業界の人が多いの?サラリーマンは?」
という問いに対しては、あまりこないという。何故か。
「新橋はサラリーマンご用達の安酒店がたくさんある。例えば、一人3000円で飲み食いしたいというなら、その条件でこられるとこの店は無理」なのだそうだ。

今日出てきたものを食べて、その話を聞くと「それはそうですよね」と相槌を打ったのだが、
「あれ?ちょっと待てよ。俺はサラリーマンだよな。ん?一体幾らするんだ?」と違う回路が働き出した。

トイレに行っている間にイニシャルK氏がまとめて支払ってくれていたが、帰りの電車の中で一人9000円であることが判明した(だいぶイニシャルK氏におごってもらっちゃったけど)。
一瞬、「あれ?今、俺は飲んでたんだったっけ?」と真っ白になったが、でも今日のあの店は良かったなあ。
絶対に価値ある名店だと思う。気さくなおかあさんと本当に鮮度の良い魚貝。是非、また足を運んでみたい。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:活魚 浜んこら
場所:東京都港区新橋3-14-1

by nonbe-cclass | 2006-02-24 23:50 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback(1) | Comments(0)  

石橋の居酒屋「居酒屋1丁目」

石橋商店街の中に、シンプルだが美味いお好み焼きが味わえる「芳月」がある。今日話をしたいのは、その下の1Fの居酒屋、「1丁目」だ。

以前から存在にはもちろん気付いていたが、「呉春あります」の張紙以外には中の雰囲気が全く分からないため、いつも通り過ぎていた。

が、先日初めて入った。
これまでの居酒屋とは内容全く異にする、ある種特化した店だった

入った瞬間、既にいた客に暫くながめられる「洗礼」があったが、何とか客の間に空いていた席に着くことができた。カウンターだけの小さな店で、惣菜や食材が並ぶ。無口なお母さんが切り盛りしている。

・・が、心苦しい雰囲気もここまでだった。

いきなり、左隣の常連客が堰を切ったように話しかけてきた。
「今日初めて?」「ここのシステムわかる?」「あの人のことママ言われるのが一番嫌いやねん」・・一瞬、居酒屋でのやり取りとは思えないセリフ回りだったが、おかげでこの店のシステムが即座に飲み込めた。

メニューには一切値段が書かれていない。ここでは、飲み物でも食べ物でも何を注文しても500円均一なのだ
そうなると問題になるのは、「板わさ」や「ふぐの一夜干し」なども他と同等となると割高ではないか?ということ。

だが、そんな心配はなかった。「ふぐの一夜干し」を注文した際、でてきたのが写真の内容だ。一夜干し以外にも惣菜が色々とついているのだ。これだと、少しずつ色んなものをつまみながら、ゆっくりと酒が呑めるというものだ。

e0173645_20233897.jpg

落ち着いて呑めるメニューではあるが、客はそうはさせてくれなかった。まあ、とにかく色々としゃべるわ聞かれるわで、挙句の果てには熱燗もご馳走になった。

この店の客の年齢層は高く、中小企業での役員クラスが多そうだ。あと、70歳を超えるシニア(男女共に)が多く、喫茶店でたむろするが如く、純粋に酒と人とのコミュニケーションを楽しみに集まっているようだ。

私の年齢を言ってからというもの、皆のことを「お父さん」「お母さん」と呼ぶことになった。30代の客が入ってくることはあまりないようだ。最初に洗礼と感じたのも、実は珍しかったのだ。

が、今度は逆に「わが息子」人によっては「孫の次男と同じくらいだ」と色々と気を遣ってくれた。
「来たければまた来ればいいし、今日の状況をみて判断すればいい」。客が客を判断するのはおかしいとは感じつつも、それが「気軽に来たらええよ」であることは理解に難くなかった。

また、足を運んでみたいと思う。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:居酒屋1丁目
場所:池田市石橋1-4-6
電話:072-762-1059

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2005-11-21 18:25 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(2)