タグ:遊びスポット ( 344 ) タグの人気記事

 

日生の「ひなせかき祭」

「あれーこの時期なのに、C級呑兵衛が牡蠣の話題を出さないぞー」
と、思っていた人もいるかもしれないね。
実はずっと行きたいと思いながら毎週末バタバタで、ようやく今回イベントに足を運ぶことが出来たぞ。
毎年恒例の赤穂線沿線「かきまつり」リレーの最終、「ひなせかき祭」だ。

e0173645_08015195.jpg
リレー会場の中では、赤穂沿線の中でも関西から最も遠く、岡山は備前市日生(ひなせ)だ。
午前中には会場入りしたんだけど、それはもうかなりの盛況ぶりだ。
人が多すぎて、一体何処で何を売っているのやら・・・
e0173645_08014835.jpg


他の会場だと、漁港や公園などでテント設営で運営されるんだけど、
ここも確かにこのイベントに関しては一緒なんだけど、
それを囲むように、新鮮な魚貝を販売する「五味の市」や、魚貝をその場で味わえる「海の駅・しおじ」などの施設があるため、イベント以外にも楽しめるところが魅力だ。
e0173645_08032738.jpg
e0173645_08032896.jpg

とにかく、特設会場は熱気ムンムン・・・
雰囲気だけじゃなくて、実際にその場で牡蠣の網焼きが出来るから、それを食べる人たちで、その勢いと炭の熱さでもムンムンだ。
C級呑兵衛ファミリーは、揚げたてのカキフライ(500円)と、具沢山でぷりぷりの牡蠣が入った味噌汁(300円)をいただく。

その後は、「五味の市」に入る。
うお~
いたるところで、殻つき牡蠣が販売されてるー
もうねえ、透明のゴミ袋みたいなのに、わんさか持って帰る人がいっぱい。
「どんだけ、牡蠣食べるんですかー」って、持ってる人みんなに聞いてみたいよ。
e0173645_08033438.jpg
e0173645_08033262.jpg

でも、確かに安いんだよな。2500~3000円くらいだと、かなりの量だわ。

殆どが加熱用って書いてあったので、販売のお姉さんに聞いてみたら、「こうしたご時勢だから」とのことだったが、本音部分では「ここの牡蠣は新鮮でホントは大丈夫なんよ。真水でしっかり洗ったらええから。ほらあ生で食べてみたら分かるけど、そりゃあ美味しいよ」
C級呑兵衛が、家に持って帰っても生で食べたいことを伝えると、嬉しそうだった。
ボリュームありすぎても食べきれないから、2000円分だけお願いしますって伝えたんだけど、「こんなけおまけしとくから」とえらい量になっていた。

「ん?なんだありゃ?あ・・・」
テレビで見たことありますよーカキフライソフト(250円)だ。
バニラソフトあるでしょ、その両サイド・・・耳つけてるんですかー状態で、カキフライを2つモソモソっとのせる。
で、その上から、刺身醤油をかけるというもの。
e0173645_08033650.jpg


ま、目にしてしまったからには食べるしかないでしょ。
・・・あのね、ないことはないのよ確かに。バニラと揚げ物の衣との相性はいいかも。
ただ、バニラはバニラ、カキフライはカキフライという感じなんだけどなあ。
でも、面白いよなあ。醤油までかけるんだもの。これもおかしくなかったね。

当日夜は、もちろん牡蠣づくし。
また殻とるので指怪我しちゃったよ・・・
何も味付けせず、生をそのまま。粒がとても大きくて美味いじゃん!
やっぱり牡蠣王としては、牡蠣サイコー

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ●C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2009-02-23 21:34 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback(1) | Comments(2)  

浅草橋の銭湯「弁天湯」

この間の東京出張、
「浅草橋に泊まるなら、近くに銭湯あるんじゃないの」
と予め探しておいた。宿泊先から歩いて5分ほどの「弁天湯」だ。

結果的には銭湯に入れたんだけど、恒例の曖昧な情報収集のおかげで現地で苦労してしまった。

いやね、Yahoo!で地図から検索したら最寄りが「弁天湯」、ここまではいいわけ。
で、その地図の下に「弁天湯」の検索結果が並ぶから、一番上にあったものをクリックしたわけ。
すると、破風造りのなかなかいい雰囲気の銭湯じゃあないかあ。

で、当日、「弁天湯」に向かう・・・
「あれ~地図だとこの辺なんだけどなあ」
そう、写真でみたあの立派な破風造りだったら、どう考えても目立つからすぐ分かるだろう。

「?」
あれ、道路沿いに「弁天湯」のノボリが・・・ん?どこにあるんだ?

e0173645_16394138.jpg

「えー、ここマンションじゃん!ここ入るのかい?」
おいおい、完全に怪しいおっさんになっとるやないか・・・

あ・・・こんなところに銭湯の入口が。

e0173645_16394349.jpg

ま、とにかく銭湯には辿り着いたわけだし、妙なモヤモヤ感は残りつつも、早く温まることにした。
入口・番台は1箇所、お金を払った後、それぞれの湯に分かれる。

浴室はシンプルなんだけど、なんとなしに懐かしい感じ。
「おかしいなあ、何であの外観じゃなかったんだろう。建て替えしたのかなあ・・・」
ぶつぶつ考えながら、浴槽に足をつけると激熱がお見舞いされた。
熱くて、すぐに体をつけられない・・・

もーゆでだこ状態であがり、番台前の休憩スペースでぐったりする。
アルコールの販売がないから、ここは一発コーヒー牛乳いっとくか。腰に手をあてて飲んでやる。
銭湯の人に話を聞くと、以前からこの形で営業をしているとのこと。

e0173645_16394502.jpg

後から調べて分かったんだけど、破風造りの弁天湯は両国でしたー
ややこしい、検索結果表示するなよー、ま、ちゃんと調べなかったのが悪いんだけどね。

マンションの中にある銭湯なんだけど、脱衣場で寄席なんかもあったりするみたい。
ビルの合間にもこうした風情があるもんなんですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:弁天湯
場所:東京都台東区浅草橋1-33-6 浅草橋シティハイツ1F
電話:03-3864-7100
営業:15:00~24:00 第2・4月休

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2009-02-08 23:22 | 銭湯・温泉 | Trackback | Comments(2)  

爆走!芝政ワールドへ

この間の日曜日、久々に「思い立ったら」シリーズでしたなあ。
いやね、C級呑兵衛ファミリーが揃って、久々に1日ゆっくりできる日だったわけ。
そうすると、前日からどこかに遊びに行こうという話になるんだけど、いつもの如くパッと決まらないんだなあ。

・・・で、当日。
何でそうなったのか分からないんだけど、鈴鹿サーキットにするか、芝政ワールドにするかになった。
どちらにしても、すぐにレンタカー借りれるのかよ。

結局、レンタカーは9時半以降であればということで借りることが出来た。
何だかんだで10時前。向かった先は・・・芝政ワールドだ。おいおい、この時間からの移動で福井かよ・・・
名神高速をひたすら走り米原にさしかかるも、ここからでもまだ100km以上あるというから涙がちょちょ切れる。

12時半頃に現地到着。
遊園地のようにアトラクションもいくつかあるものの、どちらかというとパットゴルフや芝生広場などアウトドア的な要素の方が強いかな。
芝生広場は日本一広大なんだそうだ。

e0173645_22461232.jpg
e0173645_22461512.jpg

ジェットコースターの海賊島タイフーンやゴーカートに乗った後は、パターゴルフに挑戦だ。
敷地内にゴルフが出来る場所が3箇所あって、それぞれが72ホールとか36ホールとか規模が大きい。
パターゴルフだけど、結構振らないと距離ありますぞー

e0173645_22475994.jpg
e0173645_22480212.jpg

空振り炸裂
「おいおい、隣のホールにボールが・・・」
「その至近距離から5打も打つか普通・・・」
広ーい敷地の静かなところで、C級呑兵衛ファミリーだけがわーわー叫んでいた。18ホールきちんと回って、結構歩いたなあ。

一通り見て回って芝政ワールドを後にし、「三国温泉ゆあぽーと」へと向かう。
芝政ワールドのすぐ近くには、芦原温泉と東尋坊そばの三国温泉がある。
今回、芝政ワールドに決めた要因の一つに「温泉も近くで入れる」も実はあったのだ。

e0173645_22491019.jpg

露天風呂はないんだけど、荒々しい日本海をみながら温泉に入ることができる。
写真は風呂上りの休憩スペースで、ここからも海を一望できる。
高い波を目指して、サーファーが頑張ってるねー

e0173645_22491246.jpg

あーぬくもった。
もっと癒されるんだけどね、今から大阪へ帰ることを考えなければ。

レンタカーは20時に返すことになっている。
時間的には殆ど余裕が無い中で、アクシデント発生。
何とか大津まで戻ってきた時だ。ガソリンメーターが点滅し始めたので補給しないと・・・大津SA目前なので何とかいけるか。
と、SAに入ってみると、スタンドがないじゃないかあ!

「時間がない」「ガソリンがない」というダブルの衝撃が刺激的。

しょーがない、一旦高速を降りるか。
料金所で聞くと「あー2月でなくなりましたね」、まったくさらっと言ってくれるよ。
1号線に出てガソリンを入れた後、再度高速に乗ってラストスパートだ。

・・・5分遅れちゃったけど、無事返すことができた。
毎度毎度慌しい日帰りツアーだ。

by nonbe-cclass | 2008-10-01 23:33 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

渋谷のスポーツバー「M-SPO」

渋谷2軒目で訪れたのはスポーツバー。
ここで後追いのX社イニシャルK氏と合流だ。

「M-SPO」、ダーツとゴルフが楽しめるわけ。
この間、同じメンバーで呑んだときは確かダーツ対決だったなあ。
今回は、会社対抗ゴルフ対決ときた。
大きなスクリーンのバーチャルゴルフマシンですなあ。お、ちゃんとゴルフバックにクラブが揃っている・・・

e0173645_11574062.jpg

C級呑兵衛はゴルフをしないので、足を引っ張りそうだ・・・
と思ったら、全体的にどうだい・・・これはゴルフになってるのかい?
いや、イニシャルK氏もイニシャルS氏も実際のコースではバンバン飛ばしてるんだとは思うんだよ、思うんだけど・・・
ま、バーチャルゴルフにあったアプローチが難しいということにしときますか。

e0173645_11573809.jpg

C級呑兵衛はブンブン空振り・・・ってことまではないけど、あまり飛ばないわね。
この間、鍼灸院でようやく調子の悪いところを直してもらったところだというのに、今度はありえない格好して、普段使わない筋肉使って痛いよ。

およよ、25時になるんじゃあないですかあ。
皆さん、帰りますよー

で、チョット寝て、また朝がやってくるわけ。
おいおい、また幕張まで行かなきゃ。

もうねえ、やっぱり東京駅の京葉線乗換えが腹立つわけ。
でね、もう特急「わかしお」乗っちゃったよ。自由席なら500円追加だけだし。
これ東京駅を出ると、次の停車駅が海浜幕張だから快適快適。

帰り、飛行機は伊丹行きの最終便。
搭乗までは問題なかったんだけど、乗ってからがなかなか動かない。
機内アナウンスによると、滑走路で部品落下があり全面封鎖中とか。
おいおい、どの飛行機だ部品落とした奴あ~(後からニュースで状況は分かったけどね)。
以前の日帰り北海道の帰りを思い出させるなあ・・・でも何とか今回は、伊丹には門限5分前に到着できてホッとした。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:amusement&sports bar M-SPO
場所:東京都渋谷区宇田川町12-3 2F
電話:03-3464-5566
営業:11:30~5:00

by nonbe-cclass | 2008-06-12 22:59 | 居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(2)  

激旅!セブ3泊4日2008 ~その2~

e0173645_12363007.jpg

セブ2日目。
まあねえ、何ら計画を立ててないわけ。
まあ、リゾートホテルだからプライベートビーチもあるし、食事もショッピングも出来るんだけど。
因みに冒頭の写真、綺麗な海でしょ。ここ、プライベートビーチね。

実は昨日の夜、現地ガイドのイニシャルR氏に相談していた。
オプショナルツアーじゃなく、自分達の行きたいところへ案内をしてほしい、と。
「ジャア、明日一緒ニイキマショウ」ということで、今朝は朝から車の中だ。恒例の悪巧みコンビ、イニシャルT氏との2人旅だ。
とにかく、普通の街並みがみたかった。

e0173645_12394435.jpg

ま、その要望が叶ったかどうかは分からんが、いきなり街中の両替所
こんなもん、パッと見分からんぞ・・・

とりあえず、セブ市内、山手から攻めますか。
セブを一望できる道教寺院へ。
山手は高級住宅街で、いま来たような雑然とした街並みとは完全に別世界だ。
そこを抜けると、また・・・おもちゃのような色使いの寺ですなあ。テーマパークみたい。
階段を昇ると、緑とブルーのコントラスト、アジアな景色が鮮やかだ。

e0173645_12394634.jpg

ロータリーになっているオスメニャサークルを通り抜け、マゼラン・クロスへ。
八角堂の中に十字架と鮮やかな天井画。

e0173645_12431397.jpg
e0173645_12431697.jpg

この八角堂に向かう途中、ガイドのイニシャルR氏がイニシャルT氏に「ギター売ッテルヨ」
イニシャルT氏が小さいギター欲しいなあなんて言ってたから、イニシャルR氏が声をかけると、「おっ」と足を止めてギターを手に取った。

これきっかけで、イニシャルT氏は売り子に包囲される
木片に彫り物をした工芸品を手にしたおっさん、しきりに早口で何かを言ってるが結局何がしたいのか分からんにいちゃん、ペットボトルの水を腕に押しつけて「ツメタイ、ツメタイ、ミズ、ウォーター」とつきまとう小さな女の子。
「えーい」と振り切って、八角堂に入り込む。
この中にはさすがに入ってこない・・・が、鉄格子越しに売り込みは止まっていない。格子の間から手を入れて、ペットボトルを差し出してくる。
ギター売ってるにいちゃんまで、「後でもう1回寄るから」と言っているにも関わらず、ギター持って八角堂の外で出てくるのをずっと待っていた。

サント・ニーニョ教会堂は、フィリピンで一番古い教会。
立ち寄ると、たまたまミサの最中。人が凄くて中まで入れなかったけど、こういうのが見られるのもいいもんだ。

e0173645_12442080.jpg
e0173645_12442258.jpg

賑やかな市場で色々みたいと思って、ガイドにも載っているカルボンマーケットに行きたいとお願いしていたが、車でマーケットの中を通り抜けるだけで、降ろしてもらえなかった。
「ニオイガキツイノト、危ナイデスカラ。」がその理由だった。
確かにこの人混みと雑然と並ぶ店、人一人いなくなっても分からないかも・・・結局、写真も撮れずその場を離れることになった。残念。

屋台で色々と食べてみたいと思っていたが、
「屋台デ食ベルノハ危ナイデス。焼イテル、安心デキナイネ。腐ッテル、生焼ケトカヨク見ナイトイケナイデスカラ。」
んー、確かに昨日の晩の魚にしても・・・

「タダ、屋台デモ比較的キレイナ所アリマスデスカラ、ソコゴ案内シマス。」
で、着いたところが、「NEO NEO'S GRILL HOUSE」だった。
チェーン展開してるのかな、他にも店舗があるようだ。

e0173645_12475465.jpg
e0173645_13034004.jpg

ここも、食材を自分で選んで調理してもらうタイプだ。

e0173645_12483066.jpg
e0173645_12483459.jpg

イカはAdobao(192.5P)・・・炒めもんですな。

e0173645_12481993.jpg

fried hokkien mee(165P)はシンガポール料理で焼きそばみたいなもの。
T.NYLON(99P)は貝のスープ。
うん、うまいうまい。

e0173645_12482485.jpg
e0173645_12482685.jpg

これにビール「サンミゲル」を3本あけて2人で1400円くらい。

サン・ペドロ要塞も観た後、イニシャルT氏のニーズにお応え。
どこに行ってもイニシャルT氏は必ずマッサージ。
案内されたのは、ホント街外れにある一軒家みたいのところ、「Serenity Spa」だ。

e0173645_12504563.jpg

マッサージの前にシャワーを浴びるように言われたのはいいんだけど、
電気つかないし、「おい、水かい!」癒し空間の前に、貧乏実体験だわ。
でも、1時間のオイルマッサージは気持ちよかったね。

夜は「MARIBAGO GRILL」へ。
オープンスタイルで、風に当たりながらのディナー。

e0173645_13001096.jpg

フィリピン料理の店なんだけど、ここではマグロ料理を楽しむ。葉っぱの皿も雰囲気ありますなあ。

e0173645_12584110.jpg
e0173645_12585159.jpg

豪快にグリルされたマグロを頬張る。
香ばしくて食べ応え十分。

e0173645_12585335.jpg

あかんあかん、食べ過ぎやわ・・・

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2008-05-16 22:25 | 激旅!セブ3泊4日2008 | Trackback | Comments(2)  

小樽の活魚料理「日野亭」

最近、仕事がうまく進められなくて時間だけ追われる日々が続き、正直つらいわけ。誰に愚痴いうでもなく、ストレスだけ溜めてね。
今日、悩んだんだよなあ・・・数ヶ月前から予約していた飛行機のチケット。
忙しすぎる中で、休むかあ~って。

でも・・・行っちゃう?
tokyobookmarkのCMを思い出しながら、ここは気分転換するか、と決めた。

「え?北海道に昼飯食べに行くの?」企画第2弾だ。
日帰りで北海道に行くおバカな企画と思われるかもしれないが、「いや、これは昼飯だから。」
会社に行くいつもの時間に家を出て伊丹空港に向かう。

気がつけば新千歳空港。
快晴で清々しいんだけど、結構雪が積もってるね~
e0173645_75812.jpg

ここからJRの駅に向かい、快速エアポートで札幌を越して小樽へ向かう。
途中までは天気も良かったんだけど、小樽に近づくにつれ寒々しい雰囲気になってくる。
海沿いを走る、その風景。男前な荒波と列車が蹴散らし舞う雪粉。
この時はさすがに思ったね、「俺は何でここにいるんだ?」
e0173645_758246.jpg

小樽へは観光で来たことがあるから、別段運河に興味があるわけじゃなかった。
折角、北海道へ来たんだから美味しいもん食べよう、そう思って決めた店が小樽にある。

店に向かって歩き始めると、雪が降ってきた。もともと、かなり雪が積もっていて足場が悪いや。
あった、あった。それにしても、この通りの積雪すごいな・・・
店を見つけた瞬間、閉まってるかと思ったけど大丈夫だった。
e0173645_75907.jpg
e0173645_759827.jpg

活魚料理「日野亭」だ。

今回は完全にストレス食いになるのでしょうか。
迷うことなく、ここの名物「エゾバフンウニ丼」(5000円)を注文した。
「ウニ丼」ってのは勿論何度も食べたことがあるんだけど、その殆どがムラサキウニ(白ウニ)。それも、ちょろっとのった程度だわね。
ウニの中でも最高級品といわれるのが、このエゾバフンウニ(赤ウニ)で、ムラサキウニの3倍の値はするとか。

でね、その貴重なエゾバフンウニを丼一面、あふれんばかりにのせてるわけよ。他の魚貝まじりっけなしのウニだけ丼なわけ。
e0173645_7595555.jpg

・・・言っとくけど、めちゃくちゃ甘くて濃厚だわよ。
一緒に出してもらったかじかの味噌汁も、魚の味がよく出て美味かったぞ。

大将に話を聞いてみると、エゾバフンウニも時期(解禁)によって産地を変えているそうで、
今、C級呑兵衛が食べているこのウニは、厚岸産のものだそうだ。この時期は高いらしく、この丼に使ったウニの仕入れ原価は1万円だそう。2折くらい入ってるからね。

「だとすると、えらい赤字ですね」
と言うと、これだけで商売をしているわけではないから大丈夫、とのことだった。
加えて、ロシアあたりのウニだと、もっと安くで仕入れることも出来るんだけど、うちは国産にこだわってるから、とさらっと語ってくれた。

さてさて、店をでて、運河だけは見とこうかな。
・・・運河も凍ってるじゃん。
e0173645_802211.jpg

あたたた・・ちょっと、雪が激しくなってきたな。駅に戻るか。

「ん?」
途中に見かけたアーケード商店街、風で雪が入るのは分かるんだけど、どこまで雪入り込んでるのよ・・・
e0173645_804085.jpg

次の店へと続く・・・

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:活魚料理 日野亭
場所:小樽市花園1-7-7 ごっとビル1F
電話:0134-27-1851
営業:12:00~23:00 不定休
e0173645_81761.jpg

by nonbe-cclass | 2008-02-27 23:24 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(2)  

表参道の銭湯「清水湯」

出張中、同タイミングで東京に出張していたイニシャルH氏と食事をすることになり、表参道で待ち合わせることにした。
思ったよりも早く現地へ来てしまったので、そこはC級呑兵衛、既に赤提灯を探して通りを歩いていた。
ところがねえ、ここ表参道でしょう。期待する赤提灯が見つかるわけないのよね。

「・・・お、こんなところにあるか。」

それは居酒屋ではなく、銭湯だった。
赤提灯同様、こんなところに銭湯がある、その意外性に惹かれた。

e0173645_16331261.jpg

石橋の銭湯は、何かと設備が充実していたり建物がリニューアルしていたりと、比較的今風なんだよね。
けど、この清水湯は「懐かしい」、いや昔から変らない時間が流れていると感じた。
気がつくと男湯の暖簾をくぐっていた。

e0173645_16333269.jpg

全くの手ぶらだったんだけど、そういう客向けにタオルとシャンプー・ボディーソープをセットにしたものも用意されている(100円)。
入浴料金は430円。小銭をジャラっと番台におく。

客は他に2人程度でほとんど貸切状態だった。
浴場に入ると、大きな天井に、奥の壁面には細かいタイルで描かれた山の画(富士山じゃなかったね)。
男湯女湯も完全に区切っているわけでなく、天井は一つ、洗い場の壁を適度に高くしている程度なので、お互いの声が近い距離で聞こえる。

「ぬあっ!アツ!」
ちょっと熱めの湯船にゆっくりと浸かり、ぼーっと天井を眺める。

昔、池田西本町に住んでいた頃、家に風呂がなくて毎日家族で銭湯だった。
風呂あがりのジュースを楽しみにして、風呂からあがるタイミングを「もうあがるかー」「わかったー」なんてやり取りしてたなあ。懐かしい。

風呂からあがり、ラムネを飲む。瓶にあたるビー玉がカランカランとにぎやかだ。

e0173645_16345896.jpg

・・・ふと、縁側を見つけた。
年季の入ったガラス戸を開けると、小さな池があった。涼みがてら縁側に腰をかける。

e0173645_16351355.jpg

表参道は華やかな時間を楽しむ人たちで溢れているんだけど、
その同じ時間で、こうして静かに時間を過ごしている自分が何となく優越感に浸っている気がした。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:清水湯
場所:東京都港区南青山3丁目12-3
電話:03-3401-4404
営業:16:00~24:00 月休

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2007-04-30 09:44 | 銭湯・温泉 | Trackback | Comments(4)  

鶴見の中国朝市

いやあ、相変わらずアジアの怪しい雰囲気好きだねえ。

今日は、ハワイ・チャイナタウン以来の緊張感を味わってきた。
鶴見の中国朝市だ

名前の通りなんだけど、地元に住む中国人が集まって出来た朝市だ。だから、観光用でも何でもなくて、どちらかというと闇市のようだ。

地下鉄鶴見緑地駅から20分くらいは歩かないといけない(大東鶴見ICそば)が、朝市の場所に近づくに連れて、中国人とすれ違うことが多くなる。
現場に到着すれば、もう中国語が飛び交っている。というか、日本人があまりいないじゃあないか
e0173645_1311052.jpg

あと、市に並ぶ食材や屋台などに掲げられている看板等の文字はみんな中国語。
少し日本語を話せる人もいるが、ほとんど通じない。
e0173645_1421587.jpg
e0173645_1422244.jpg

路上のほぼ地べた状態で肉が売られている
アバラ肉まるごと~とか、それ豚足だよね~、わっ鶏の足、ん?何の肉?・・・そこには円柱型の木があって、それがまな板になっていて、その上に大きな中華包丁。・・ここで少し細かくさばくのね。
e0173645_1335175.jpg

あとは、やはり揚げパンや饅頭だね。セイロから湯気が立ち込めるイメージではなくて、学校の給食みたいにトレイにわさーっと並んでいる。
e0173645_1341785.jpg

それに、怪しいDVDやCD。音楽モノから子供向けのものもありそうだが、いかんせん中国のものなので中身が分からない。
e0173645_1358514.jpg

さて、せっかく来たのだから何か食べないと。・・・と言っても、あまり種類がなかったなあ。
まずは、「豆腐脳」(200円)。ざるどうふ状態で豆腐を器に入れた後、あんかけをとろーっとかけたもの。温かい食べ物だ。パクチーをのせて渡してくれる。あとは、テント下のテーブル席で、ザーサイのみじん切りやごま油と唐辛子をあわせたものなどを好みでトッピングする。
e0173645_1352356.jpg

も一つ、今度は「水煎包(スイジェンボー)」(100円)。見た目は大きな餃子。蒸し焼きまんじゅうだが、中は小籠包と同じ味。皮が厚いから肉汁がそのまま残る。美味しいぞ、激熱だったが。
e0173645_1353311.jpg

これは少し買いにくい雰囲気だったが、羊の串焼き~(1本100円)。
おっちゃん二人がコンロを囲みしゃべりながら、ひたすら焼いてるわけ。1本いくらなのよ・・・
e0173645_13583590.jpg
しょうがない・・・とりあえず指で「1本」と意思表示した。
串を1本差し出してくれたが、料金が分からなかったので手のひらに200円おいてみた。
すると、串を2本差し出そうとしたので「あ、1本100円か」とわかった。
串自体は柔らかい肉で臭みも無くグー。

少し食べたら、また通りをぶらついてみた。

「このテレホンカードみたいなのはどう使うんだろう・・・」
「ん?この中国の地名が一杯書いてあるのは何だ?」
「あ、フナが・・」
e0173645_1411542.jpg
e0173645_1412331.jpg

発泡スチロールにあふれるフナの写真を撮ったら、「何だよ、撮るだけじゃなくて買えよ」みたいなことを言われたようだが、
全く理解できなかったので、そそくさとその場を去った

いや~短い時間だったが、アジアを堪能した。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 ぶらり旅

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2006-05-28 22:26 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

年越し銭湯で「石橋温泉」

買い物を終え、大掃除系の掃除(めっさ大掃除というわけでもない。というか年末のゴミ回収は終わっているので、あまりゴミを出しすぎると具合が悪い)をある程度こなしたところでゆっくりし、あとは銭湯に出かけることにした。

我家は思いつきで動くことが多い。
「風呂入りにいく」という話になったときに、「箕面スパーガーデンなら21:00入りすればいけるし、その後で瀧安寺参詣もできる」とふんで、見ると時計は20:15

準備をして石橋駅へ向かったが、ホームに止まっている電車に寸前で乗れず、この時点で間に合わないと判断し、駅員さんにお願いをして駅を出る。

で、結果向かった先が、阪急石橋駅西口を出て南へ少し歩いたところにある「石橋温泉」だ。たまにお世話になる銭湯だ。
平和温泉よりもお湯の温度が低く丁度良い塩梅なので、子供もすんなりと入ることが出来る。

今回有難かったのが、幾つかの湯がある中でヒマラヤ岩塩を入れた湯だ。どの程度の岩塩が含まれているのかは、ちゃんと読まなかったので分からないが、入っているとポカポカしてくるし汗が良く出る。それに、出てからの肌のスベスベ感があり、今でも手がサラサラしている。

風呂上りにはビール。
丁度、NHKの紅白歌合戦が流れていたのでそれを眺めながらの1杯だ。

1月11日までらしいので、また行ってみたいところだ。

by nonbe-cclass | 2005-12-31 23:50 | 銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)  

激旅!韓国3泊4日2005 (8)

韓国
~仕事でも美味しいものは食べさせてよ3泊4日~
(2005.8.24~8.27)

■帰路へ
8月27日7:00起床、天気は曇り。朝食後、部屋に戻り昨日買って飲めなかった缶ビールを8時頃に飲んで、8:30にホテルを出発する。
しかしバスが空港へまっすぐ走るわけがなかった。空港へ向かう途中で、ツアー旅行恒例、土産物店へ向かう。
e0173645_18265041.jpg
e0173645_18295384.jpg

着いた先は、『名品館』。中に入ると、もうそれは戦場だ。やかましい。
とりあえず、一行はあるカウンターに連れて行かれ、まずそこでキムチレクチャーをうけることになった。とにかく商品の説明なのだが、料理番組の材料の説明みたくひとつ一つ説明をした後、試食をとりあえずさせるのだ。T氏には拷問以外の何ものでもない。
で、この説明が一通り終わると、その場で「で、どれにしますか?」ということで、その場で即決させるシステムだ。他と比較する間を与えないとは。安いのかどうかも判断できない・・それにしても、限られた時間でこのパフォーマンスは真に迷惑千万だ。
e0173645_18273778.jpg
e0173645_18274561.jpg

そう思いながら、「じゃあ、それとそのセットをもらえますか?」って言っている自分が情けなかった。

■うっそ~ん!
昨日、ソウル駅となりの『ロッテマート』で土産に韓国のりを買っていた。さっきの『名品館』より内容は充実しているし安いし、絶対ここで買うべきだと思う・・が、よく見てから買うことをお奨めする。
e0173645_1832429.jpg
e0173645_18321360.jpg
e0173645_18322271.jpg

ま、大したことではないが、ある商品が値段的にも内容的にも良さそうだったし、更に増パックになっていたので喜んで買った。写真のように上下2段でテープでくくられていたので、いざテープを外してみると下段が違う韓国のりじゃん!しかも、全体に占める割合高くない?
6:4で4は違うのりだった。昨日夜、酒のアテにたまりかねず一つ開けた時には気づかなかった…。
e0173645_18354622.jpg

■空港にて
e0173645_1842514.jpg
e0173645_18421426.jpg

空港について搭乗手続きをするが、結構な列ができている。ただ、ラスベガスとロスに行った時とは全然違って、厳しい感じが無い。
とりあえず、荷物を預けてチケットをもらうと、少し時間があったので、空港内の免税店などを見て回った。
e0173645_18365487.jpg

残ったウォン紙幣を使いきろうというレベルだったので、あまり買い物はしなかったがブラブラしていると「天津甘栗的栗羊羹」という菓子を見つけた。余計なお世話だが、この「的」はやはり「の」と読み替えるべきなのだろう。韓国なだけに「天津甘栗風栗羊羹」でもおかしくないだけに見入ってしまった。
e0173645_183732.jpg

昼食に空港内のファーストフードの店に入った。あまり空腹というわけでもなかったが、とりあえず若大根冷麺 (7000W:約700円)を注文した。写真でもスープが赤かったのが気になったが、実際はより赤かった。
e0173645_1838485.jpg

実際に食べてもやはり辛かったのだが、この冷麺には日本でも御馴染みの黄色いたくあんが付いていた。時々このたくあんをぽりぽりやっていると、確かに口の中の辛さは幾分ひいた。これは日本でも辛いものを食べるときに活用するとしよう。
e0173645_1839125.jpg

■ゲート前
一通りのことは終え、搭乗を待つばかりとなった。帰りの飛行機がJALであることは諦めていたが、また旧塗装かよ。ま、きっと行きと同じ機体に違いない。

椅子に座って待っていると、どうも怪しい動きをしている女性が目に付いた。ぼーっとしているかと思えば、いきなり動いて、人の隣にすわり何やら話しかけている。宗教活動か?

後で、T氏も話しかけられていたことが分かった。聞くと、「仁川空港の利用は初めてですか?」と聞かれたらしい。それに対し「初めてです」と答えると、すぐにひいたという。

この後、同行者のK氏が同様の質問を受け「複数回ある」と答えると、「空港利用調査」であることが分かった。つまり、リピーターに対して、空港の快適さや利便性などをアンケートしているのだ。
・・が、このアンケート、結構質問項目が多く設問数は30問程度だが、1つの設問に5~6つの項目があり、それぞれに回答をしなければならないので、それでいくと軽く100問を超す調査票だったのだ。結局、K氏は搭乗開始の時間になっても、まだアンケートに答える始末だ。もう少し適量に考慮していただきたいものだ。あと、調査員も調査員らしいのを頼む。
e0173645_1843342.jpg
e0173645_18424554.jpg

■関空到着
飛行機は10分ほど遅れて出発した。乗車口で搭乗チケットを手でもぎるから時間がかかるんだよ。最新の空港のわりにはアナログだ。天候はよく、順調な飛行だった。途中、飛行機の下に別航路の飛行機が交差した。
e0173645_1847121.jpg

14:00。飛行機は関空に到着した。
手荷物を待っていると、キムチを持ち込む人が多いのか、この周辺何かくさいぞ。
空港内のウイングシャトルに乗っていて思ったが、一行は午前便で日本に戻ってきたが、普通、観光客なら午後便で帰ってくるはず。同じ飛行機に乗っていた人はほとんど韓国の人のようだった。ウイングシャトル車内が韓国よりも韓国っぽかった。

外に出ると、じめっと暑い・・15:00のリムジンバスで蛍池へと向かった。
何かとバタついたが、無事日本まで帰ってくることができた。今度、行く機会があれば、グルメ旅としてじっくり巡ってみたいところだ。

- 完 -

by nonbe-cclass | 2005-08-27 18:14 | 激旅!韓国3泊4日2005 | Trackback | Comments(0)