タグ:遊びスポット ( 349 ) タグの人気記事

 

実家でのんびり in 淡路島

ゴールデンウィークの過ごし方、
C級呑兵衛ファミリーは、淡路島の実家へ行くことが決まっていた。
んー、ETC割引の話もあるし、移動はよく考えないと撃沈しそうですなあ。メディアがETC割引に絡めて、しきりに讃岐うどんを取り上げているから。

2日、8:30頃出発。
もっと壮絶な情景を想像していたんだけど、意外とマシだった。
10時すぎには津名一宮には着くことができたからね。

Jr.はしきりに遊びたがるが、
ここに来れば、畑の世話や近所の犬の散歩など、仕事が色々とあるようで、勝手に忙しくなっている。
e0173645_12285662.jpg

「この時期でもか」
ウグイスがえらい近くで、いい声を披露してくれる。長閑ですなあ~
トイレから出てきたJr.が口笛でウグイスのマネをするんだけど、これは頭をはたいて黙らせる。
花も含めて緑に囲まれていること、そのものが癒しだね。

わらび採りにも出かける。
時期的には本当はこれからなんだろうけど、このあたりは暖かいのか、もう終わりかけ。探すの大変じゃん。
「ぬおっ!危ね、この木うるしじゃん」
「イタタタ・・・なんで、ここにバラがあるのよ」
それでも、今日の夕食にありつけるくらいのものは採ることができた。
e0173645_12285063.jpg

実家と同じ区画にいる家におじゃまし、コーヒーのつもりが竹酒をだしてもらう。
何をどうしたら、竹酒が出てくるのよ・・・思うわね。
何でも、近々に仲間を集めて竹酒パーティをするようで、予行演習の残り物だからと出してもらう。
e0173645_12285828.jpg

本当は竹ごと炙って風味を出すみたいなんだけど、C級呑兵衛は酒であればどのような状態でもいただきますよー最高の昼酒ですな。
基本的に、どこへ行っても酒だから。

帰って夕食は家の前でバーベキュー。
先ほどのわらび、そして竹の子もあわせて炊いたものも。酒の肴にはもってこいですな。
地の物ということで、大きいさざえがあるかと思えば、肉は淡路牛ときた。
e0173645_122949.jpg
e0173645_1229890.jpg

こりゃ、食べないわけにはいかない。
C級呑兵衛ファミリーは、甘え100%モードでゆっくりさせてもらうんだけど、この時期、実家に帰る人多いよね、みんなどんな過ごし方するんだろうね。

by nonbe-cclass | 2009-05-02 23:21 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

ゴールデンウィークに入りますか。
普段、仕事でバタバタして1日終わっちゃうから、ちょっとはゆっくり出来そうか・・・

・・・という発想を、まずもってはいけないわけ。

もーJr.が、ここぞとばかりに遊んでもらおうと纏わりついてくる。
纏わりつかない仕上がりになる洗剤で、C級呑兵衛を洗っておいてやろうか。

とりあえず、今日は知人ファミリーと共にUSJになっていた。
何でも、アトラクションのE.T.がもうすぐ終わるとかで、それ行っとこうという話。
C級呑兵衛は特にいいですけど・・・あ、はい、一緒に行くのね。

USJ自体、そんなに激混みという感じではなかった。
じゃあ、最初にE.T.行っとくかとなって向かってみると、そこだけは180分待ちだった。
e0173645_15113056.jpg

いやあ、出鼻くじくねー
何もしない間から3時間待ちぼうけかよ。ま、実際のところそこまでひどくはなく乗れたんだけどね。大変だわ。

キャーキャーいうJr.を見て
「お前は楽しいか知らんけど・・・」
よーし、いっちょお見舞いしてやるか。
C級呑兵衛も乗ったことがなかった、あのでっかい急流すべりジュラシック・パーク・ザ・ライドに乗せてやろう。
・・・結果、顔ひきつったのはC級呑兵衛だけだった。

・・・これ、この時期だけなのかなあ。
いやね、USJは何度か来たことがあるんだけど、園内のレストラン、いつも決まった店舗しか開いてなくて、どうなってんだよーと思ってたんだけど、中華や和食など、今回は全部開いてたなあ。
年間パスは別だけど、再入場ができなくなったからかな。
再入場できると、外の方が安く食事ができちゃうもんね。
e0173645_15113614.jpg

今の時期、それとは別にマジカル・スターライト・パレードもやってたりする。
キャラクター好きなら、見ごたえあるんじゃないかな。

by nonbe-cclass | 2009-04-29 23:34 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

景勝地 池田「五月山」

グルメ・酒にまつわるネタは山積みになってるんだけど、
阪急沿線から外れていて、どうも披露できん・・・(泣)

ま、それはそれとしても、
じゃあ、池田マイスターとして何か紹介しようかな(その適当な感覚がまたC級呑兵衛だったりする)。
「何か紹介」というのは実は適当でなくて、池田(石橋含む)については、色々と知って欲しいことはあるんだよねー

直近、桜で五月山を取り上げたんだけど、
これから季節もいいし、角度を変えて五月山を紹介するかな。

池田も箕面もそうなんだけど、それはそれは昔っから、交通の要衝というだけでなく、景勝地としてもその名を知られてるのね。
歴史上の有名な人達も、多く足を運んでいる。
箕面はさ、やっぱり滝があるから目立つわけ。今でもいい観光地になってるよね。
五月山から望む平野も素晴らしいんだけど、高い建物がなかった頃に同じ位置から見渡せば、それはそれは風光明媚だったんでしょうなあ。
猪名川だけでなく、海まで十分見渡せるしね。

今の人達は、その眺望に写真を撮ったり、「景色がいいから宴会でもするかい」になりがちなんだけど、
昔の人は、その景色と自分の思いなどを織り交ぜながら歌を詠むんですな。いやあ風流ですなあ。C級呑兵衛は、まずA級にならないと無理だわ。

この周辺には百人一首をはじめ、多く歌が残ってるし、色んな人達が足跡を残してるんだよね。
中でも、五月山で歌を詠んだ我らがスーパースターといえば、紀貫之だ。
e0173645_1016723.jpg

小学校で習ったんだっけ?あの「土佐日記」でご存知、紀貫之だ。来てるんですよ~池田に。

五月山 木の下闇にともす火は 鹿のたちどの しるべなりけり

狩の話で、暗闇で鹿を射るために火を炊いて、それに反射した鹿の目を頼りに矢を放つ。その暗闇に浮かぶ照火を歌ったもの。
・・・歌も凄いんだろうけど、その話自体が凄いよね。

by nonbe-cclass | 2009-04-21 23:00 | 池田/石橋の話題 | Trackback | Comments(0)  

歴史と落語のまち「池田」

少し前から気付いてはいたんだけど、
石橋商店街のアーケード入口の看板が新しくなっている。
「石橋商店街」というアピールよりも、「ここは能勢街道」が全面に出ている。
そこに、「歴史の道」「落語の道」か。
e0173645_10553980.jpg

C級呑兵衛も、実は能勢街道沿いに住んでいたりする。

C級呑兵衛は出張で飛行機に乗ると、必ず落語を聴くことにしている。
爆笑したいところもあるんだけど、飛行機だからニヤニヤをこらえるのが必死だ。
あと、仕事きっかけで桂ちょうばとの接点もあり、スケジュールがあえば落語会に足を運んでたりする。
池田を落語で盛り上げる、是非、頑張ってほしいところですなあ。池田を舞台にした落語もあるしね。

池田検定を受けてさらに色んなことを知ったんだけど、古代から現代まで池田にも色んな歴史があるんだよねー

街道でいえば、西国街道・有馬街道などもあり交通の要衝だわね。
人でいくと、小林一三(阪急電車造っちゃいました)、安藤百福(インスタントラーメンを池田から世界に)の他にも、
松村月渓(後の呉春:地酒の名の方で知られていたりする)、田村駒治郎(通天閣のビリケンでご存知)、日野草城(俳人)、東くめ(童謡「鳩ぽっぽ」や「お正月」を作詞した人ですな)など、「へーこの人も池田に住んでたんだあ」と驚かされる。

このブログでも、また機会があれば、少し掘り下げて紹介していくことにしよう。

by nonbe-cclass | 2009-04-15 23:20 | 池田/石橋の話題 | Trackback | Comments(0)  

池田の五月山公園「桜まつり」(2009年)

e0173645_12322797.jpg

前回のブログdeバーチャル駅長の終了間際に取得したんだけど、
C級呑兵衛は「IKEDA Meister」でございます。

え?それ何かって?
さあ、何でしょうなあ。池田のことをちょっと知ってる?」みたいな。
だったら、池田のこともっと書きなさいよってなもんだね。

今の旬はやっぱり桜。
池田の桜といえば、五月山を外すわけにはいかない。
昨日今日と、五月山公園では「桜まつり」やってるんだけど、
来た人が口を揃えて言うのが、「こりゃ来週やなあ」

阪急池田駅から歩いてみる。
商店街を抜け中西酒店近くまでくると、満開の桜がお目見えする。
まだ、公園の敷地に入ってないんだけど、ここで写真撮る人も多いわけ。冒頭の写真もここで撮ったもの。
e0173645_1229938.jpg

で、さらに公園にあがる狭くて急な坂を上る。
すると、かなりの人で賑わっている公園を横にすることができるんだけど、「おっと、咲き具合がイマイチ」
木によってはかなり咲いていたりするんだけど、んーまだ蕾の方が目立つかなあ。
e0173645_12311734.jpg

そこから公園事務所に向かう。
公園内、ドライブウェイへの車が行き来するところが桜並木で、
ここが満開だとかなり綺麗なのよね。
・・・が、ここももうちょいかなあ。
公園内にある動物園(日本一小さい動物園)、この中で咲いているものが満開だったりする。
e0173645_12314826.jpg
まあ、それでも花見シーズンということもあって、宴会炸裂ですなあ。
あと、動物園が凄い人気。
おいおい、そこのヤギ、客が多いからって自分をアピールしすぎやろ。

ちなみに、五月山公園から少し離れたところに、池田文庫があるんだけど、
ここで咲く桜は満開近く、桜が咲きすぎでモコモコしてる。

「あ、あんなとこで阿波踊りやってる」
「おいおい、そこで宴会するかあ」
「お前、無表情すぎるって(鹿に対して)」
一通り、ツッコミを入れた後、メイン会場へ向かう。

メイン会場では色々と販売されているんだよねー
C級呑兵衛は・・・酒、酒やー
川辺酒造の純米酒「池田城」を買って帰るとするか。

by nonbe-cclass | 2009-04-05 12:19 | 池田/石橋の話題 | Trackback | Comments(0)  

日生の「ひなせかき祭」

「あれーこの時期なのに、C級呑兵衛が牡蠣の話題を出さないぞー」
と、思っていた人もいるかもしれないね。
実はずっと行きたいと思いながら毎週末バタバタで、ようやく今回イベントに足を運ぶことが出来たぞ。
毎年恒例の赤穂線沿線「かきまつり」リレーの最終、「ひなせかき祭」だ。

e0173645_08015195.jpg
リレー会場の中では、赤穂沿線の中でも関西から最も遠く、岡山は備前市日生(ひなせ)だ。
午前中には会場入りしたんだけど、それはもうかなりの盛況ぶりだ。
人が多すぎて、一体何処で何を売っているのやら・・・
e0173645_08014835.jpg


他の会場だと、漁港や公園などでテント設営で運営されるんだけど、
ここも確かにこのイベントに関しては一緒なんだけど、
それを囲むように、新鮮な魚貝を販売する「五味の市」や、魚貝をその場で味わえる「海の駅・しおじ」などの施設があるため、イベント以外にも楽しめるところが魅力だ。
e0173645_08032738.jpg
e0173645_08032896.jpg

とにかく、特設会場は熱気ムンムン・・・
雰囲気だけじゃなくて、実際にその場で牡蠣の網焼きが出来るから、それを食べる人たちで、その勢いと炭の熱さでもムンムンだ。
C級呑兵衛ファミリーは、揚げたてのカキフライ(500円)と、具沢山でぷりぷりの牡蠣が入った味噌汁(300円)をいただく。

その後は、「五味の市」に入る。
うお~
いたるところで、殻つき牡蠣が販売されてるー
もうねえ、透明のゴミ袋みたいなのに、わんさか持って帰る人がいっぱい。
「どんだけ、牡蠣食べるんですかー」って、持ってる人みんなに聞いてみたいよ。
e0173645_08033438.jpg
e0173645_08033262.jpg

でも、確かに安いんだよな。2500~3000円くらいだと、かなりの量だわ。

殆どが加熱用って書いてあったので、販売のお姉さんに聞いてみたら、「こうしたご時勢だから」とのことだったが、本音部分では「ここの牡蠣は新鮮でホントは大丈夫なんよ。真水でしっかり洗ったらええから。ほらあ生で食べてみたら分かるけど、そりゃあ美味しいよ」
C級呑兵衛が、家に持って帰っても生で食べたいことを伝えると、嬉しそうだった。
ボリュームありすぎても食べきれないから、2000円分だけお願いしますって伝えたんだけど、「こんなけおまけしとくから」とえらい量になっていた。

「ん?なんだありゃ?あ・・・」
テレビで見たことありますよーカキフライソフト(250円)だ。
バニラソフトあるでしょ、その両サイド・・・耳つけてるんですかー状態で、カキフライを2つモソモソっとのせる。
で、その上から、刺身醤油をかけるというもの。
e0173645_08033650.jpg


ま、目にしてしまったからには食べるしかないでしょ。
・・・あのね、ないことはないのよ確かに。バニラと揚げ物の衣との相性はいいかも。
ただ、バニラはバニラ、カキフライはカキフライという感じなんだけどなあ。
でも、面白いよなあ。醤油までかけるんだもの。これもおかしくなかったね。

当日夜は、もちろん牡蠣づくし。
また殻とるので指怪我しちゃったよ・・・
何も味付けせず、生をそのまま。粒がとても大きくて美味いじゃん!
やっぱり牡蠣王としては、牡蠣サイコー

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ●C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2009-02-23 21:34 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback(1) | Comments(2)  

浅草橋の銭湯「弁天湯」

この間の東京出張、
「浅草橋に泊まるなら、近くに銭湯あるんじゃないの」
と予め探しておいた。宿泊先から歩いて5分ほどの「弁天湯」だ。

結果的には銭湯に入れたんだけど、恒例の曖昧な情報収集のおかげで現地で苦労してしまった。

いやね、Yahoo!で地図から検索したら最寄りが「弁天湯」、ここまではいいわけ。
で、その地図の下に「弁天湯」の検索結果が並ぶから、一番上にあったものをクリックしたわけ。
すると、破風造りのなかなかいい雰囲気の銭湯じゃあないかあ。

で、当日、「弁天湯」に向かう・・・
「あれ~地図だとこの辺なんだけどなあ」
そう、写真でみたあの立派な破風造りだったら、どう考えても目立つからすぐ分かるだろう。

「?」
あれ、道路沿いに「弁天湯」のノボリが・・・ん?どこにあるんだ?

e0173645_16394138.jpg

「えー、ここマンションじゃん!ここ入るのかい?」
おいおい、完全に怪しいおっさんになっとるやないか・・・

あ・・・こんなところに銭湯の入口が。

e0173645_16394349.jpg

ま、とにかく銭湯には辿り着いたわけだし、妙なモヤモヤ感は残りつつも、早く温まることにした。
入口・番台は1箇所、お金を払った後、それぞれの湯に分かれる。

浴室はシンプルなんだけど、なんとなしに懐かしい感じ。
「おかしいなあ、何であの外観じゃなかったんだろう。建て替えしたのかなあ・・・」
ぶつぶつ考えながら、浴槽に足をつけると激熱がお見舞いされた。
熱くて、すぐに体をつけられない・・・

もーゆでだこ状態であがり、番台前の休憩スペースでぐったりする。
アルコールの販売がないから、ここは一発コーヒー牛乳いっとくか。腰に手をあてて飲んでやる。
銭湯の人に話を聞くと、以前からこの形で営業をしているとのこと。

e0173645_16394502.jpg

後から調べて分かったんだけど、破風造りの弁天湯は両国でしたー
ややこしい、検索結果表示するなよー、ま、ちゃんと調べなかったのが悪いんだけどね。

マンションの中にある銭湯なんだけど、脱衣場で寄席なんかもあったりするみたい。
ビルの合間にもこうした風情があるもんなんですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:弁天湯
場所:東京都台東区浅草橋1-33-6 浅草橋シティハイツ1F
電話:03-3864-7100
営業:15:00~24:00 第2・4月休

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2009-02-08 23:22 | 銭湯・温泉 | Trackback | Comments(2)  

爆走!芝政ワールドへ

この間の日曜日、久々に「思い立ったら」シリーズでしたなあ。
いやね、C級呑兵衛ファミリーが揃って、久々に1日ゆっくりできる日だったわけ。
そうすると、前日からどこかに遊びに行こうという話になるんだけど、いつもの如くパッと決まらないんだなあ。

・・・で、当日。
何でそうなったのか分からないんだけど、鈴鹿サーキットにするか、芝政ワールドにするかになった。
どちらにしても、すぐにレンタカー借りれるのかよ。

結局、レンタカーは9時半以降であればということで借りることが出来た。
何だかんだで10時前。向かった先は・・・芝政ワールドだ。おいおい、この時間からの移動で福井かよ・・・
名神高速をひたすら走り米原にさしかかるも、ここからでもまだ100km以上あるというから涙がちょちょ切れる。

12時半頃に現地到着。
遊園地のようにアトラクションもいくつかあるものの、どちらかというとパットゴルフや芝生広場などアウトドア的な要素の方が強いかな。
芝生広場は日本一広大なんだそうだ。

e0173645_22461232.jpg
e0173645_22461512.jpg

ジェットコースターの海賊島タイフーンやゴーカートに乗った後は、パターゴルフに挑戦だ。
敷地内にゴルフが出来る場所が3箇所あって、それぞれが72ホールとか36ホールとか規模が大きい。
パターゴルフだけど、結構振らないと距離ありますぞー

e0173645_22475994.jpg
e0173645_22480212.jpg

空振り炸裂
「おいおい、隣のホールにボールが・・・」
「その至近距離から5打も打つか普通・・・」
広ーい敷地の静かなところで、C級呑兵衛ファミリーだけがわーわー叫んでいた。18ホールきちんと回って、結構歩いたなあ。

一通り見て回って芝政ワールドを後にし、「三国温泉ゆあぽーと」へと向かう。
芝政ワールドのすぐ近くには、芦原温泉と東尋坊そばの三国温泉がある。
今回、芝政ワールドに決めた要因の一つに「温泉も近くで入れる」も実はあったのだ。

e0173645_22491019.jpg

露天風呂はないんだけど、荒々しい日本海をみながら温泉に入ることができる。
写真は風呂上りの休憩スペースで、ここからも海を一望できる。
高い波を目指して、サーファーが頑張ってるねー

e0173645_22491246.jpg

あーぬくもった。
もっと癒されるんだけどね、今から大阪へ帰ることを考えなければ。

レンタカーは20時に返すことになっている。
時間的には殆ど余裕が無い中で、アクシデント発生。
何とか大津まで戻ってきた時だ。ガソリンメーターが点滅し始めたので補給しないと・・・大津SA目前なので何とかいけるか。
と、SAに入ってみると、スタンドがないじゃないかあ!

「時間がない」「ガソリンがない」というダブルの衝撃が刺激的。

しょーがない、一旦高速を降りるか。
料金所で聞くと「あー2月でなくなりましたね」、まったくさらっと言ってくれるよ。
1号線に出てガソリンを入れた後、再度高速に乗ってラストスパートだ。

・・・5分遅れちゃったけど、無事返すことができた。
毎度毎度慌しい日帰りツアーだ。

by nonbe-cclass | 2008-10-01 23:33 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

渋谷のスポーツバー「M-SPO」

渋谷2軒目で訪れたのはスポーツバー。
ここで後追いのX社イニシャルK氏と合流だ。

「M-SPO」、ダーツとゴルフが楽しめるわけ。
この間、同じメンバーで呑んだときは確かダーツ対決だったなあ。
今回は、会社対抗ゴルフ対決ときた。
大きなスクリーンのバーチャルゴルフマシンですなあ。お、ちゃんとゴルフバックにクラブが揃っている・・・

e0173645_11574062.jpg

C級呑兵衛はゴルフをしないので、足を引っ張りそうだ・・・
と思ったら、全体的にどうだい・・・これはゴルフになってるのかい?
いや、イニシャルK氏もイニシャルS氏も実際のコースではバンバン飛ばしてるんだとは思うんだよ、思うんだけど・・・
ま、バーチャルゴルフにあったアプローチが難しいということにしときますか。

e0173645_11573809.jpg

C級呑兵衛はブンブン空振り・・・ってことまではないけど、あまり飛ばないわね。
この間、鍼灸院でようやく調子の悪いところを直してもらったところだというのに、今度はありえない格好して、普段使わない筋肉使って痛いよ。

およよ、25時になるんじゃあないですかあ。
皆さん、帰りますよー

で、チョット寝て、また朝がやってくるわけ。
おいおい、また幕張まで行かなきゃ。

もうねえ、やっぱり東京駅の京葉線乗換えが腹立つわけ。
でね、もう特急「わかしお」乗っちゃったよ。自由席なら500円追加だけだし。
これ東京駅を出ると、次の停車駅が海浜幕張だから快適快適。

帰り、飛行機は伊丹行きの最終便。
搭乗までは問題なかったんだけど、乗ってからがなかなか動かない。
機内アナウンスによると、滑走路で部品落下があり全面封鎖中とか。
おいおい、どの飛行機だ部品落とした奴あ~(後からニュースで状況は分かったけどね)。
以前の日帰り北海道の帰りを思い出させるなあ・・・でも何とか今回は、伊丹には門限5分前に到着できてホッとした。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:amusement&sports bar M-SPO
場所:東京都渋谷区宇田川町12-3 2F
電話:03-3464-5566
営業:11:30~5:00

by nonbe-cclass | 2008-06-12 22:59 | 居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(2)  

激旅!セブ3泊4日2008 ~その2~

e0173645_12363007.jpg

セブ2日目。
まあねえ、何ら計画を立ててないわけ。
まあ、リゾートホテルだからプライベートビーチもあるし、食事もショッピングも出来るんだけど。
因みに冒頭の写真、綺麗な海でしょ。ここ、プライベートビーチね。

実は昨日の夜、現地ガイドのイニシャルR氏に相談していた。
オプショナルツアーじゃなく、自分達の行きたいところへ案内をしてほしい、と。
「ジャア、明日一緒ニイキマショウ」ということで、今朝は朝から車の中だ。恒例の悪巧みコンビ、イニシャルT氏との2人旅だ。
とにかく、普通の街並みがみたかった。

e0173645_12394435.jpg

ま、その要望が叶ったかどうかは分からんが、いきなり街中の両替所
こんなもん、パッと見分からんぞ・・・

とりあえず、セブ市内、山手から攻めますか。
セブを一望できる道教寺院へ。
山手は高級住宅街で、いま来たような雑然とした街並みとは完全に別世界だ。
そこを抜けると、また・・・おもちゃのような色使いの寺ですなあ。テーマパークみたい。
階段を昇ると、緑とブルーのコントラスト、アジアな景色が鮮やかだ。

e0173645_12394634.jpg

ロータリーになっているオスメニャサークルを通り抜け、マゼラン・クロスへ。
八角堂の中に十字架と鮮やかな天井画。

e0173645_12431397.jpg
e0173645_12431697.jpg

この八角堂に向かう途中、ガイドのイニシャルR氏がイニシャルT氏に「ギター売ッテルヨ」
イニシャルT氏が小さいギター欲しいなあなんて言ってたから、イニシャルR氏が声をかけると、「おっ」と足を止めてギターを手に取った。

これきっかけで、イニシャルT氏は売り子に包囲される
木片に彫り物をした工芸品を手にしたおっさん、しきりに早口で何かを言ってるが結局何がしたいのか分からんにいちゃん、ペットボトルの水を腕に押しつけて「ツメタイ、ツメタイ、ミズ、ウォーター」とつきまとう小さな女の子。
「えーい」と振り切って、八角堂に入り込む。
この中にはさすがに入ってこない・・・が、鉄格子越しに売り込みは止まっていない。格子の間から手を入れて、ペットボトルを差し出してくる。
ギター売ってるにいちゃんまで、「後でもう1回寄るから」と言っているにも関わらず、ギター持って八角堂の外で出てくるのをずっと待っていた。

サント・ニーニョ教会堂は、フィリピンで一番古い教会。
立ち寄ると、たまたまミサの最中。人が凄くて中まで入れなかったけど、こういうのが見られるのもいいもんだ。

e0173645_12442080.jpg
e0173645_12442258.jpg

賑やかな市場で色々みたいと思って、ガイドにも載っているカルボンマーケットに行きたいとお願いしていたが、車でマーケットの中を通り抜けるだけで、降ろしてもらえなかった。
「ニオイガキツイノト、危ナイデスカラ。」がその理由だった。
確かにこの人混みと雑然と並ぶ店、人一人いなくなっても分からないかも・・・結局、写真も撮れずその場を離れることになった。残念。

屋台で色々と食べてみたいと思っていたが、
「屋台デ食ベルノハ危ナイデス。焼イテル、安心デキナイネ。腐ッテル、生焼ケトカヨク見ナイトイケナイデスカラ。」
んー、確かに昨日の晩の魚にしても・・・

「タダ、屋台デモ比較的キレイナ所アリマスデスカラ、ソコゴ案内シマス。」
で、着いたところが、「NEO NEO'S GRILL HOUSE」だった。
チェーン展開してるのかな、他にも店舗があるようだ。

e0173645_12475465.jpg
e0173645_13034004.jpg

ここも、食材を自分で選んで調理してもらうタイプだ。

e0173645_12483066.jpg
e0173645_12483459.jpg

イカはAdobao(192.5P)・・・炒めもんですな。

e0173645_12481993.jpg

fried hokkien mee(165P)はシンガポール料理で焼きそばみたいなもの。
T.NYLON(99P)は貝のスープ。
うん、うまいうまい。

e0173645_12482485.jpg
e0173645_12482685.jpg

これにビール「サンミゲル」を3本あけて2人で1400円くらい。

サン・ペドロ要塞も観た後、イニシャルT氏のニーズにお応え。
どこに行ってもイニシャルT氏は必ずマッサージ。
案内されたのは、ホント街外れにある一軒家みたいのところ、「Serenity Spa」だ。

e0173645_12504563.jpg

マッサージの前にシャワーを浴びるように言われたのはいいんだけど、
電気つかないし、「おい、水かい!」癒し空間の前に、貧乏実体験だわ。
でも、1時間のオイルマッサージは気持ちよかったね。

夜は「MARIBAGO GRILL」へ。
オープンスタイルで、風に当たりながらのディナー。

e0173645_13001096.jpg

フィリピン料理の店なんだけど、ここではマグロ料理を楽しむ。葉っぱの皿も雰囲気ありますなあ。

e0173645_12584110.jpg
e0173645_12585159.jpg

豪快にグリルされたマグロを頬張る。
香ばしくて食べ応え十分。

e0173645_12585335.jpg

あかんあかん、食べ過ぎやわ・・・

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2008-05-16 22:25 | 激旅!セブ3泊4日2008 | Trackback | Comments(2)