タグ:讃岐うどん ( 124 ) タグの人気記事

 

讃岐うどんツアー~谷川米穀店・山越・たむら・なかむら

先週の金曜日、C級呑兵衛ファミリーは一路、香川を目指した。
Jr.が学校行事の都合上休みになったので、これを利用して、一泊讃岐うどんツアーを敢行しようという恒例の目論見だ。

「この間、日帰りで行ってきたとこじゃん。」
というセリフは我家にはない。

「この間は、ゴールデンウィークで人が多く、回りきれなかったから消化不良よね~も一回行く?」

朝8:30までには石橋を出た。
今回は平日ということもあり、いい店を効率よく回りたいところだ。
本当は坂出・善通寺エリアを集中的にと思っていたんだけど、早く四国に入れたので予定を変更することにした。

1軒目は、前々回に行ったのに食べることが出来ず、辛酸をなめた「谷川米穀店」だ。
今回は列もしれてるし、車も駐車場内に普通に止めることができた。
e0173645_15421872.jpg

坂を下りたところにある一軒家で、店の看板もない。
カウンターで「冷たいの大(2玉で210円)。」
暫くすると、麺の入ったどんぶりを渡される。ネギや醤油などは各テーブルにおいてあるので好みで入れる。
唐辛子の薬味は柚子胡椒をイメージさせる風味と辛さ。これを少しだけ入れて醤油をかける。
e0173645_1542724.jpg

あー、これは程よい柔らかさ。言うに及ばずコシはしっかりとあるんだけど、「コシあります!」という主張の麺じゃなくて、スルスルっと喉に入る食感の中に光るものがあるって感じ。
e0173645_15423251.jpg

しまった、みんな結構「小」を頼んでるのね。これは「冷たい」「ぬくい」を両方食べるためなのだ。
良妻と相談し、結局さらにおかわりで「ぬくい小」をおかわりしてしまった。一発目からハードルをあげてしまった・・・
でも、行く人は両方食べてみて。

次に向かったのが、こちらも超有名「山越」だ。

ここでは「釜玉うどん(150円)」を頼む。
釜からあがった麺がすぐに器に入り、ネギと玉子を落とした状態で渡される。
すぐ横にはトッピングの天ぷらなどが並ぶので好きなものをチョイス。
ちくわ天をのせてみた。
ここにかけつゆをかけて、店横の庭園風広場に向かう。ここでみんな、適当に腰をかけてうどんをすするわけ。
e0173645_15444899.jpg
e0173645_15445437.jpg

讃岐うどんツアーで実は釜玉食べるのは初めて。これ、美味いねー。釜揚げされた麺の柔らかさに玉子が絶妙!それでもこのコシかあ。いやあ脱帽。
e0173645_1545139.jpg


3軒目は「たむら」。道路沿いなんだけど、パッと見、うどんが食べられるとは思わない構えだ。
e0173645_15463032.jpg

閉店時間ぎりぎりだったから、
「ひょっとしたらダシなくなって、しょうゆにしてもらわんとあかんかも。」と言われたが、ギリギリセーフ。
ここでは「大」か「小」だけ伝える。すると、ここも麺の入ったどんぶりを渡される。ただ、ここから先、湯通しするところからはセルフだ。
e0173645_154640100.jpg

さっと温める感じで、麺を湯につける。もう1回、器に戻しネギと生姜をまぶして、その上から温かいダシをかける。麺もいいんだけどダシがおいしー。
e0173645_15464783.jpg

今日最後は、「なかむら」
何でもセルフの走り的存在で、ネギがなければ「裏からとってきて」が有名だそうな。最近はないらしいし、行ったときもそんなことはなかったけど、店内中央には、玉子などのトッピングと並んでネギ。但し、その横にはまな板と包丁があった。
e0173645_1549242.jpg

店の横には川があって、この沿いの道路から来る場合は、こいのぼりが上がっているのでこれが目印だね。
ここもあぶなくって、もう少し時間が遅かったら、麺が切れるところだった。
e0173645_15485998.jpg

ここでは、麺だけもらって、しょうゆをかけて食べることにした。
外に座るところが用意されているので、のーんびりした雰囲気でうどんをほおばる。
e0173645_15502688.jpg

これだけ、連続でうどんを食べてるんだけど、やっぱり店ごとの個性あるよなあ。
飽きないわー。

by nonbe-cclass | 2007-05-18 22:14 | 食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

恒例の讃岐うどん日帰りツアー~

ゴールデンウィーク中、またやってしまった。
我家の恒例行き当たりばったり企画、讃岐うどん日帰りツアーだ。

ゴールデンウィークだって分かっているのに我ながら勇気あるよなあ。
8:30に石橋を出発する。
いつもなら、淡路島経由で四国に入るんだけど、今回のターゲットは坂出・善通寺方面なので、瀬戸大橋経由で四国に入る。

今回のメインターゲットは、一度は行ってみたかった「日の出製麺所」だ。
ここは営業時間が昼間1時間(11:30~12:30)しかない。一応、インターネットで調べると、12:30の段階で並んでいれば食べることが出来るとあったので、これを信じて現地に向かった。
11:00、現地に到着したが既にモーレツな行列になっていた。店の外には数人、車と人の誘導係もいる程だ。
まあ、きっちり2時間待たせていただいたね。
e0173645_15571328.jpg

製麺所なので、そもそもあまり食べるスペースは広くない。
並んでいる間に注文をしておく。麺は「あつい・ぬるい・冷たい・釜玉」の4種。
C級呑兵衛は「冷たいの大」(200円)。順番がきて店内に通されると、すぐに打ちたての輝いたうどんが出された。
ネギは自分ではさみで切って入れ、その上からダシをかける。一気にすする。美味いとしかいいようがない。
e0173645_15573951.jpg

ここで時間を要したこともあり、これから回るところは夕方までは営業している店を選ぶことにした。
結構14時くらいで終了という店が多いのよね。

2軒目は、「長田in香の香」だ。ここは釜揚げうどんで有名なんだけど、つけダシが美味しいの。
ダシはテーブルの上にあるので、蕎麦湯なみに何杯もお替りしちゃった。
女性スタッフが釜で麺を茹で上げ、そのまま器に入れてもってくる。ソフトな食感ながらコシもある麺はグー。
釜揚げ(小)は250円。
e0173645_15592114.jpg
e0173645_1559274.jpg

そして最後が、ちょっとネタ的な要素もあるかな、「ビニールハウスでうどん」ということで、「岸井うどん」だ。
おー、ここも並んでるなあ。
社員食堂っぽく、トレイをもって並んで注文する。うどん以外の揚げ物系が充実しているようだが、残念ながらタイミングが悪くって、あまり選ぶ余地がなかった。
ここのうどんは、手打ちの中でも男前系で、太さもまちまちでねじれているのもあったり
ずずっとすするとコシとはべ別にモチモチした食感が特徴だ。
e0173645_1603437.jpg
e0173645_1604162.jpg
e0173645_1604632.jpg

いつもの調子でいけば5軒くらい回りたいところなんだけど、渋滞も考慮し16:30には四国を後にした(案の定、中国道で渋滞し戻りは20時を回ってしまった)。

by nonbe-cclass | 2007-05-09 09:14 | 食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

相生の讃岐うどん「万亀食堂」

相生かきまつり会場で腹いっぱい食べるというのも出来ないので、会場を後にし相生市役所近辺で遅めの昼ご飯場所を探した。
ま、牡蠣をいくらか食べているので、がっつりいかなくていいんだけどなあ。

決めた先は「万亀食堂」
コープなども並ぶ旭センター街の中にある。いやあ、この佇まい懐かしムードたっぷりだ。
青い暖簾には「うどん そば」、看板には「寿し」なんてかいてあるのだが、気になったのは入口左手にあった麺を打つ場所。
「手打ちか・・・ここにすっか。」
e0173645_1684230.jpg

中に入ると、より一層レトロな感じ。カウンターに連なる小さな赤い提灯がいい味を出している。
そもそも通りに人の行き来がなかったが、中に入ってももちろん客はおらず、
雰囲気的に「あ、ジャッジミスったかな?」
e0173645_1685632.jpg

しか~し、麺に期待して、あえて冷たい「ざるうどん」(530円)を注文した。
店内を見回したところ、店主による讃岐うどんの由来が書かれた額がかかっていた。
「あ、讃岐うどんなのか」

暫くして「ざるうどん」が運ばれてきた。
「お、シンプルながらなかなか良さそうじゃん。」

喉越しは滑らかでコシがしっかりした讃岐うどんだ。うまいじゃん。Jr.も「うまかったうまかった」とご機嫌だった。
ざるうどんのダシって少し醤油や鰹の辛めイメージが先入観としてあるんだけど、ここのは少し甘めであたりが柔らかかった。
e0173645_1691290.jpg

腹の具合も頃合いになり、一家は一路大阪へ戻ったのだった。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:万亀食堂
場所:兵庫県相生市旭3丁目8-14
電話:0791-22-0646

by nonbe-cclass | 2007-02-03 09:43 | 食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

讃岐うどんツアー2~やまうち・宮武・小縣家・山田家

ブログ休止期間にも色々と動きはあったんだけど、旅の話題として一つ。
「思い立ったら四国・うどん三昧」の第2弾を10月中旬に敢行したわけ。今回は何とか5軒回ってきたぞ。
旅にはハプニングがつきもので、まいど何かあるんだよね。今回も一発目からやらかしてくれたよ。

第1弾の時よりも早く大阪を出、11時を少し回る頃には1軒目「谷川米穀店」(琴南町)に到着した。
この店は他の店と違い、少し山奥にあるのだが、写真左見て。それまで山しかなかったところに、急に道路両サイドに路上駐車の嵐。「おいおい、今日は祭りでもあるのかい?」と思いきや、目指すは「谷川米穀店」のうどんだったのだ。
一瞬嫌な思いが頭を過ぎったが予想以上の行列に驚いた。

列最後尾でおばさんがしゃもじ形の「本日分は終了しました」看板をもって立っていた。「もうちょっと早く来てたらなあ」・・・冗談じゃあない、地元から来てるんじゃないんだから。そもそも開店時間11時でしょう。
e0173645_16124714.jpg

腹を空かせていたJr.の口はすっかりうどんだったようで、諦める旨を伝えるとぐずってしまう最悪のスタートを切ることになった。

すぐに頭を切り替えて次に移動だ。
「やまうちうどん」。背景は竹やぶ、店の前には薪が積まれている風情ある店構え。
うどんは、麺とだしそれぞれが冷たい・温かいを選べる。例えば、麺もだしも冷たければ「ひやひや」、麺が冷たくだしが温かければ「ひやあつ」等。
C級呑兵衛は生醤油を楽しみたかったので、別メニューの「しょうゆうどん」の大(250円)にゲソ天婦羅をトッピングした。
いいコシしてるわ。ぜひ麺を楽しんでみて。あとトッピングだけど、普段C級呑兵衛は揚げ物をとらない。が、ここの大きなゲソ天はグー。
e0173645_16134296.jpg
e0173645_16134890.jpg


3軒目はご存知「宮武」
「谷川米穀店」の場合は最初から断念したから良かったものの、ここは結構待ったね。車止めるだけでも時間かかったけど、うどんにありつくまでに1時間以上かかったぞ。
e0173645_16162136.jpg

まあ店内も人で溢れてるね~何か勢いだけで「大盛りで」って言っちゃいそうなエネルギッシュな空間。
「宮武」ではだしも味わいたかったので、しょうゆ(200円)を注文することにした。何も飾らないシンプルなうどんが運ばれてきた。熱いだしなんだけど、麺のコシはだれないね。あ~でも、だしが美味いや。
e0173645_16163414.jpg
e0173645_16164261.jpg
e0173645_16164790.jpg

お次は「小縣家」
何でも、うどんに醤油をかけるだけの「しょうゆうどん」の元祖だそうだ(というか、「しょうゆうどん」の登録商標もってるわけ)。
インパクトは、大根おろしの大根。自分で好きなだけおろすんだけど、半分に切られた大根がデーンとやってくる
しょうゆうどん小は420円、大は525円。今日、訪れた中では最も強いコシをもつ。
e0173645_16193898.jpg
e0173645_16194310.jpg


最後は、一応お決まりということでやはり「山田家」へ行くことにした。
今回は昼時でなく夕方にかかっていたので、比較的空いていてすぐに案内された。
やはりここは「ざるぶっかけうどん」(530円)だね。
「山田家」のいいところは、製麺所とかセルフではなく、大きなお屋敷で落着いて食べられるところ。確かに100円、200円では食べられないけど、この雰囲気でこの価格であれば文句なしだ。
e0173645_16212293.jpg
e0173645_16212988.jpg

日帰りだから、毎度毎度時間には追われるんだけど、「あーまた行きてーなー」とか「今回行けなかったから今度こそ」と思わせる魅力があるんだよね、讃岐うどんツアーは。

「そんなに回って・・・Jr.もいるんでしょ?」と思うでしょ。
もちろん一緒に行ってるんだけど、Jr.もいずれの店のうどんも食べてるから
「さっきのより麺が良かった感じ」等といっちょまえなことを独り言のようにつぶやいていた。

by nonbe-cclass | 2006-12-03 10:09 | 食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(4)