タグ:蕎麦 ( 54 ) タグの人気記事

 

石橋の蕎麦「嵯峨野」

阪急石橋駅西口を出、商店街を南へ歩く。
焼肉「牛若丸」や、スーパー「アプロ」を抜けた所にある「嵯峨野」に入ってみる。
うどん・そばの麺類を中心とした食事処だ。石橋の中では、比較的年季の入った店じゃないかな。石橋って、こういう懐かしい感じの食堂が点在している。
e0173645_20251812.jpg

さて、何食べようかなぁ・・・最初、寒いし鍋焼きにでもすっかなとメニューを見てたんだけど、この店にちなんでいるのか、「嵯峨野」というメニューが目に入った。
嵯峨野(600円)は、うどん・そばのチョイスもできるし、温冷のチョイスもできる。どんなことになっているのか分からない中でのチョイスには幾分勇気がいるが、これにしてみるかな。
うどん・そばのチョイスについては、一応、そばに合わせて考えたメニューということだったので、今回は、冷たいそばでお願いをした。

おー、何か見た目華やかなのがきたぞ・・・
e0173645_2025121.jpg

そばの周りに、椎茸・蒲鉾・トマト・筍、真ん中には生卵の黄身が落してある。ねぎと大根おろしもあるので、ここにつゆをかけてぶっかけで食べるタイプですな。
出石蕎麦な感じで、生卵と絡ませて食べるので、滑らかな舌触りで蕎麦の適度な歯ごたえを楽しむことができる。
e0173645_20253575.jpg

ちょっと、蕎麦でも食べようかな・・・そう思った時には是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:嵯峨野
場所:池田市石橋1-16-1
電話:072-762-2777

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2012-12-30 10:01 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(0)  

堺の蕎麦「ちく満」

先日、堺市で午後から仕事ということで、少し早めに現地入りすることにした。
せっかくなら、ご当地もんを食べたいところだ。

実は、堺ということもあって歴史の街でしょー、「発祥」ものがいくつもあるので、それにちなんだ食べ物がいいかな。
なるほど・・・せいろ蕎麦の発祥も堺なのか。じゃあ、それを食べさせてくれるという老舗に行ってみるか。南海電車の堺東駅からてくてくと西へ歩いて、阪堺電車とぶつかる宿院の交差点そばにある、「ちく満」だ。

実は、一度は完全に見過ごしてしまった。だって、イメージと全く・・・いや、想像を絶する敷地・建物だったからだ。一見すると、ちょっとした工場だ。
e0173645_22271832.jpg

駐車場を横切り、建物に近づくと、申し訳ない感じで暖簾がかかっている。
e0173645_22274268.jpg

暖簾をくぐり、薄暗い感じの通路を歩くと、右手にこれまた渋い入口が。中に入ると、座敷で蕎麦をたぐるお客さんの姿が見える。でも、一人だと伝えると、「お2階へどうぞ」と案内された。
e0173645_22272810.jpg

2階にあがると、そこにも店員さんがいて「34番へどうぞ」。靴を脱ぐところにも番号が振ってあって、案内された番号のところに脱いで座敷にあがる。
いやいやいや~、いい雰囲気の広間ですな。テーブルも個別のお膳のようになってるのね。これから、宴会でも始まりそうだ。
e0173645_22274758.jpg

メニューは、せいろそばのみなので、注文の聞かれ方は、1斤でよろしいですか?1.5斤にされますか?
大盛りにしたいから、1.5斤(1000円)でお願いするかな。
暫くすると、ん?かわった形で運ばれてきたな・・・こんな感じ。
e0173645_2228134.jpg

この木箱のようなものがせいろですな。
さて、ここのせいろ蕎麦の特徴は、せいろに蕎麦を盛っているということだけでなく、「あつもり」、つまり、そばをせいろ蒸ししているわけですな。
生卵をといてダシを入れ、ねぎやわさびを薬味に、これに絡めて食べるということか。
e0173645_2228733.jpg

蓋をとった時の風味はいいけど、蒸してあるので蕎麦はフカフカした食感、なので、歯ごたえを楽しむタイプではないのでご注意を。でも、この食べ方美味いよなぁ。ペロッといっちゃうわ。
e0173645_22281818.jpg

様子を見計らって蕎麦湯が出てくる。残ったダシに入れていただく。ウメー
e0173645_22282834.jpg

老舗と書いたけど、店そのものは江戸期、元禄8年創業だそうで。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ちく満
場所:堺市堺区宿院町西1-1-16
時間:10:30~21:00 月休
電話:072-232-0093

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」

「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!
にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2012-10-29 23:36 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

渋谷の蕎麦「富士そば」

先日、東京出張で、久々に朝っぱらから渋谷にやってきた。
一緒に動くメンバーを待つまでの間、腹ごしらえでもしとくか・・・本当は、近くにサブウェイがあったからそこに行くつもりだったんだけど、ちょっと、途中で足を止めてしまった。
ファストフード、もしくは、お洒落な店が林立する中、ここだけ、時間が止まったような感じだったんだよな。
e0173645_81758.jpg

関東の人達にとっては、おそらくご存知、立ち食いそばの「富士そば」だ。キャッチフレーズが、「あなたのそばに、富士そば」はまさにその通りで、東京にくると至る所でみかける。いま、iPhoneでゲーム「マイタウン」やってて、その中に「富士そば」も登場するから、C級呑兵衛としては今、距離の近い存在だ。

せっかくだし、食べてみるか・・・にしても、この「富士そば」の文字がすごい威圧感(笑)
外で食券を・・・なるほど、朝だからモーニングサービスとして、朝そば(300円)というのがあるのか。これにしよ。

店を斜め切りするかのような、いびつで狭いカウンター。5人入れば満員御礼みたくなりそうだ。
食券を店の人に渡すんだけど、作業に入るまでに色々聞かれる。

 ・うどんか、そばのチョイス
 ・きつねか、たぬきのチョイス
 ・冷たいのか、温かいのかのチョイス
 ・大盛りにするかしないか

そばを注文したのに、きつねかたぬきを問われるのは、どうにも関西の人間には違和感がある・・・
入口にもデーンと張ってあったが、大盛無料なのか、じゃ大盛で。
・・・わ、麺多い!
e0173645_813897.jpg

「富士そば」って立ち食いなんだけど、パッとは出てこない。何故なら、生そばを茹でて、その後、水で締めるから。そして、ダシは、焼津のかつお節と日高の昆布。この一番だしだけを使うんだって。

面白いなぁと思ったのは、テイクアウトが出来ること。カップヌードルみたいなカップに入れて、食べ歩きできるようにしてるみたいですな。
それと、カウンターにあるポット・・・これ、お茶でなく、そば湯。立ち食いそばでそば湯も珍しいよなぁ。
関西は、どちらかというと駅そば文化だよね。街中で立ち食いってあまり見かけない気がするんだけど。

いかん、腹いっぱいだ・・・
あ、この店って、「富士そば」の本店(1号店)だったのか・・・

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:名代 富士そば 渋谷店
場所:東京都渋谷区宇田川町26-6
時間:24時間営業

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2012-10-20 09:23 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

新大阪のそば「浪花そば」

昼頃に新幹線に乗り込むために新大阪にやってくると、何かとお世話になる立ち食いの「浪花そば」。在来線ホームから階段を上がったコンコース内にある。コンコースの端にあるので、ちょっと分かりにくかったりするんだけど、サラリーマンを筆頭に、ひっきりなしに客が訪れる。
e0173645_1031721.jpg

C級呑兵衛は、「阪急そば」でもなんでも、概ね月見うどんを注文することになっている。「浪花そば」でも、基本は月見うどんを頼むことにしている。

ま、「浪花そば」も「阪急そば」も、「そば」って書いてあるのに、うどんを注文するところがC級呑兵衛だ。というか、こうした駅そばって、「駅そば」と総称するように、うどんではなくみんな「そば」だよね?

おーし、じゃあ、そば食べてみるか、と一度注文したことがあるのが、新大阪ソバ(460円)だ。
店舗外に写真付きメニューパネルがあるんだけど、一番右下にさりげなくある。
果たして、ソバはソバでも中華麺!
e0173645_10314040.jpg

お出汁は、うどんそばのあのお出汁、でも麺は中華そばという一品。トッピングは、天かす、青ねぎ、牛肉、ゆで卵に蒲鉾。
実は、この写真そのものを以前にfacebookで掲載したところ、コメントで「黄ぃそば」というワードが出てきた。「黄そば」のことで、どうにも関西ご当地グルメのようだ。黄が中華麺を指しているんだね。関西では、この「黄そば」を発音すると、「黄ぃそば」となるんだとか。ただ、あまり、この「黄そば」というメニューそのものを見かけることってあまりないよなぁ。

麺、ダシそれぞれが馴染みのある味なので、マージをかけても違和感はないわね。
話題の一つにどうぞ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:浪花そば
場所:大阪市淀川区西中島5-16-1 JR新大阪駅構内コンコース
時間:6:30~22:00
電話:06-6305-6196

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2012-09-09 11:30 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

東京の蕎麦「豊月」

先日の東京出張、
なんか食欲が微妙だし、あまり歩きたくもないし・・・なんか近くで蕎麦でもあったら食べたいな、と思っていたら、紫の渋いのぼりが目に入る。「八重洲名物か。」

ホント、東京駅の道路挟んだ向かい、ビル街の中にある店、蕎麦の「豊月」だ。
地下へと狭い階段を下り、こんなとこに店があるのかよ・・・と思った、地下階奥に入口がある。
e0173645_22433035.jpg

おやおや、ここは夜、酒を呑むのにいい店じゃないか・・・一品料理や日本酒の銘柄が書かれたメニューがわさわさーっと壁に貼られている。
ま、気にはなりつつも、ここは蕎麦を。お・・・どれもなかなかいいお値段しますなぁ・・・じゃあ、小天せいろ(1500円)いただくかな。
e0173645_22393940.jpg

このせいろ、年季が入っていい感じですな。3段重ねで来ましたよ~
驚くのは、この天ぷら・・・かき揚げですな。小天だから、通常のかき揚げよりは小さいんだけど、大き目の海老をふんだんに使ったボリューミーな逸品。衣のサクッと感よりも、これだけ具材の味を楽しめるとは・・・
e0173645_2240882.jpg

蕎麦は適度な歯ごたえよろしく、つるつるっと軽快な喉越しの良さがグー
e0173645_22395241.jpg

「世の中で めでたいものは うどんそば はじめ鶴鶴 後は亀亀」という色紙を眺めながら、蕎麦をたぐる・・・静かな時間が流れてますな。ま、夜はおっさんサラリーマンで賑やかなのかもしれないけど。


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:豊月
場所:東京都中央区八重洲1‐3-19 辰沼ビル地下
時間:11:00~13:45 17:00~22:00 土日祝休
電話:03-3275-2779

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2012-08-16 23:26 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

新宿の蕎麦「かめや」

先週の話。

なんやねん・・・もーどの店も一杯じゃん。。
ブツブツ言いながら、新宿は、夜の「思い出横丁」をふらふら。赤提灯が迫り来る狭い路地、これでもかと店が並ぶ。
e0173645_20382157.jpg

この店いい感じかなぁと思いきや、やっぱり満員御礼でなかなか腰を落ち着けることが出来ず。ま、結局は、ホテル近くの別の店で軽く飲んだんだけど、次の朝。
大阪へ帰るために、ホテルから新宿駅に向かう途中、静寂の「思い出横丁」を通ってみる。
すると、朝っぱらからえらい人が集まる店が・・・

あっ、そういや昨日もここ、ちょっとした待ちの列が出来てたな。
うどん・そばの「かめや」だ。
e0173645_203759100.jpg

移動しながら、どこかで朝食は摂ろうと思っていたから、いっちょ、ここにしてみるか。何がいいんだ?あ、この「元祖」ってある天玉そば(380円)にするか。

どわっ!このかき揚げ、でか・・・確かに天玉だな。その上に白葱かけるかなぁ・・・マウンテン。
e0173645_20364332.jpg

天玉なんだけど、限られた厨房スペース、その場で天ぷらも揚げてるんだよね。揚げたてサクサクがいただけたぞ。それに、温泉玉子がトロッと美味い。
ダシは、関東風の濃い目だけど、C級呑兵衛はウェルカム。
朝からパンチのきいた蕎麦を有難う。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名: かめや 新宿店
場所:東京都新宿区西新宿1-2-10
時間:24時間営業 (土は0:00~翌3:00) 日休
電話:03-3344-3820

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」に出演中!各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

by nonbe-cclass | 2012-07-02 22:56 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

長野の蕎麦「藤木庵」

この間の長野、泊まった次の朝、仕事までにひとっ風呂行こうと、ホテルを出た。
銭湯ではなく、源泉かけ流し豊野温泉「りんごの湯」だ。信州といえば「りんご」だけど、この豊野という町もりんごが特産で、かつ、この「りんごの湯」は、りんご畑に囲まれている。
e0173645_14224932.jpg
e0173645_14224191.jpg

「あーっ!」
ろ、露天風呂が・・・楽しさ半減だが、ナトリウム泉で黄色い湯、痛い肩甲骨内側を温める。
「なんだ、りんごが入っている温泉かと思った」という人もいるかもしれない。実は、日によっては、りんごが入った日もあるようだ。
e0173645_14225729.jpg

さて、その後、長野に戻り、善光寺参道にある蕎麦「藤木庵」の暖簾をくぐる。文政10(1827)年創業だから、徳川家斉の時代ですな。
e0173645_147014.jpg

え・・もうないの?あちゃー・・・十割早くも売り切れか。じゃあ、この辛味おろし(そば焼味噌付)(1300円)の二八にするかな。
e0173645_1444351.jpg

そば焼味噌って美味しいよね~ホクホクのところをいただく。
e0173645_147156.jpg

蕎麦のエッジのきいた歯ごたえがたまらんね、喉越しもいいや。
曲者はこの辛味大根。これがまた辛いんだ。だから、最初に全部つゆ入れに入れてしまうと、その味で終わってしまう。出石蕎麦じゃないけど、最初はつゆだけで食べてみるのがいいかも。
e0173645_1471437.jpg

これは蕎麦湯ね。あっさりとしたとろみ。全部いただきました。
e0173645_1472436.jpg

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:藤木庵
場所:長野市大門町67番地
時間:11:00~16:00(L.O.15:30)
電話:026-232-2531

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています~
「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」は、各地のグルメやおすすめスポットを紹介!みてね~

by nonbe-cclass | 2012-02-18 15:08 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

谷町の蕎麦「自家製粉石臼挽手打蕎麦 守破離」

この間、石橋の「やまざき屋」で呑んでいたら、隣のお客さん、勤務先が谷町で、C級呑兵衛のブログを参考にお昼食べに行ったことがあるというのを聞いてびっくり。谷町ランチシリーズも役に立つことがあるんだ(泣)

ということで、久々に谷町ランチシリーズ。

C級呑兵衛は人間出来てないから、成長の仕方がおかしなことになってんだろうね。
そういう意味では、伝統(師の教え)を受け継ぐ、精神を鍛える・視野を広げる、オリジナルで独自に生み出す力・・・学ばんといけませんなぁ。
武道などの教えとして、「守破離(しゅはり)」というのがそうした教えですな。師の教えを守り、学んだら他のものを取り入れ発展させる(殻を破る)、守・破にとらわれない独自の境地を求める。
まぁ、びっくりするほど縁がないわ(笑)

そうしたコンセプトで蕎麦を楽しませる店がある。
谷町四丁目にある、名もそのままに「守破離」だ。何だか、外観から期待させるよね~
e0173645_22363480.jpg

中に入ると、木を基調とした和テイストながら、洋楽が流れる、ちょっとおしゃれな空間。いい感じ。
さーて、何食べようかなぁ。
冷たい蕎麦にはしたいけど・・・お、これにしよ、鴨つけ汁そば(1100円)。十割チョイスだと、200円プラスか・・・えーい、じゃそれトーンとお願いするか。
十割だから、もっと目が粗い蕎麦かなと思ったら、意外とシュッとした蕎麦が出てきた。盛るざるが平べったくて、テーブルと同化しそうだ。お蕎麦は、手打ち手ごねだよん。
e0173645_22363068.jpg

焼ねぎに、たっぷりの鴨が・・・程よい濃さの汁に、焼ねぎの香ばしさと、ひりりと山椒がたまらん。
蕎麦も歯ごたえよろしく、さわやか~美味い。
e0173645_22362587.jpg

実は肴メニューが気になったんだよね~日本酒も扱っているから、夜も楽しめそうだ。是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:自家製粉石臼挽手打蕎麦 守破離
場所:大阪市中央区常盤町1-3-20 安藤ビル 1F
時間:11:30~14:00、17:30~22:30 日休
電話:06-6944-8808

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています~
「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」では、各地のグルメやおすすめスポットを紹介!みてね~

by nonbe-cclass | 2012-02-13 23:28 | ・谷町でランチ | Trackback | Comments(0)  

長野のそば「信州戸隠 そば味処 ぼっち 」

なかなかブログを更新する時間がとれんな・・・
さて、少し時間を遡って、1月23日。関東地方が夜にかけて、えらく雪が降った日ですな。
この日、偶然に東京で仕事、その後呑みに行ったんだけど、帰る段になって、外が銀世界になってるもんだから、びっくりしちゃった。まあ、以前の名古屋事件など、そこそこ規模の雪トラブルには、どうにも巻き込まれる傾向があるようだ。
e0173645_1214142.jpg

明けて次の日は、路面がでこぼこのアイスバーンで最悪。慎重に歩きながら、東京駅へ向かう。それでも長野新幹線は、今回の雪の影響では全くダイヤには影響なかった。
長野駅に到着して、雪はちらついてはいるものの積もっていることもなかった。東京からやってきたのに、あべこべですな。

さて、時間は少し早いんだけど、この段階で昼食をとっておかないとな。
JR長野駅そばの長野プラザホテルにある蕎麦屋「ぼっち」に入る。
e0173645_1147914.jpg

本当は十割いっときたかったんだけど、時間的に準備出来てなかったみたいなので、天丼と蕎麦のセット(980円)を注文。蕎麦のボリュームが結構あるんだね~嬉しいな。
お、この歯ごたえと瑞々しさがたまらん。
e0173645_1147351.jpg
信州そばと一口にいっても色々あるんだね。このお店は、戸隠そばだ。このブランドをうたうにはいくつかの条件があるみたいだけど、この蕎麦の盛り方もその一つですな。
e0173645_11474348.jpg

上の写真をみてもらうと分かるけど、円形のざるに、いくつか束を分けて蕎麦を馬の蹄のように盛る、これを「ぼっち盛り」と言うんだそうな。店の名前もここから来てるわけか。
いやぁ満足満足。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:信州戸隠 そば味処 ぼっち
場所:長野市大字南長野南石堂町1326 長野プラザホテルB1F
時間:11:30~14:15(L.O.)、17:30~21:00(L.O.) 日祝休
電話:026-223-5630

【C級呑兵衛からのお知らせ】●HDC「おつまみコンテスト」で審査員やってます~
e0173645_224065.jpg
C級呑兵衛facebookでは飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています~
「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」では、各地のグルメやおすすめスポットを紹介!みてね~

by nonbe-cclass | 2012-02-04 13:12 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

まさかの久美浜・神鍋1泊2日(1)

実のところ、年末、プリンターの不調で年賀状作成にキレていた。結局、30日までかかってようやく段取りがついたんだけど、一息ついたのも束の間、家では「次の話」に移っていた。

「え?今から段取りして?」

出たっ・・・昨年の同じ時期、同じようなことがあったよな。
「正月にどこかで年越しを迎える」企画勃発だ。
前回は、そう羽咋だよ、しかも特急サンダーバードで。えらい雪と年越しパニック。
その反省がまったく活かされることなく・・・

えーい、今回は車にするぞ。金沢は車なくて大変だったからな。
そう、そうすれば、レンタカーの手配が出来なければ企画は終了だ。手配もハードルを上げて、スタットレス装備を必須にしてみた。30日に連絡して31日には間に合うまい。

「・・・。」
はたして、車が手配できてしまった。ネット経由や電話を入れた段階では満車の状態だったんだけど、有難いことに営業所が融通をきかせてくれたようだ。
んー車が手配できてしまったか・・・宿探すか。この時期だから、やはり日本海側で美味しいもんは食べたいよなぁ。
今からで宿取れるのかよー

12月31日、車は北に向かって走り出していた。
「走り出した」とはなっているんだけど、実は、今回手配できた車がプリウスだったのね。いつも通り「ハイハイ―」なんてな感じで借りたまでは良かったんだけど、エンジンのかけ方やパーキングブレーキなど、最初に説明書見とかないと、「何やねん、このパソコンの電源みたいなボタンは」となるし、まさに、出だしでちょっと考えてしまった。

11時頃になると、車は出石に入った。昼食をとるにはもってこいですな。
出石城あたりには雪が積もってますな。でも、ここまでは全くスタットレスタイヤ必要なかったのよね。
e0173645_81029.jpg
e0173645_82844.jpg

出石蕎麦は何度と食べているけど、今回はどの店にしようかな・・・
有名どころだけど、「近又」にするか。お、すぐに入れた!
e0173645_812665.jpg

最初に、つゆ、大根おろし、ねぎ、わさびの薬味にとろろ、生卵。
e0173645_81885.jpg

5皿でワンセット(1人前780円、追加1人前550円)だから、一人15枚とか20枚とか注文すると、だいたいこういうことになる。
薬味などは最初全部入れずに、つゆだけで食べて、次にネギだけ入れて・・・と少しずつ味を変えて食べていく。とろろや生卵を最初に全部入れてしまうと、その味しか楽しめないからね。
ん!美味い!
e0173645_811494.jpg

因みに大人は20皿、小学生以下は15皿食べると、そば通という事で、皿そばの証(木札)がもらえる。また、男性30皿、女性20皿、小学生以下15皿で、永久登録ということで、店内の「御腹八分目近又番付表」に名前が掲示される。今回、Jr.は15皿食べたので、この番付表にも掲示される。
e0173645_812225.jpg

くー食べた食べた。
お、店を出る時には、外でえらい待ちの行列が出来ていた。

さ、出石を出発し、さらに北へ向かうか。
「まさかの久美浜・神鍋1泊2日」 続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】
●HDC「おつまみコンテスト」で審査員やりますのでよろしくお願いします~
e0173645_224065.jpg
C級呑兵衛facebookでは飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています~
「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」では、各地のグルメやおすすめスポットを紹介!みてね~

by nonbe-cclass | 2012-01-05 20:04 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)