タグ:蒲田 ( 7 ) タグの人気記事

 

蒲田の中華料理「味の横綱」

蒲田満喫時代シリーズ。
今回は、バーボンロードサイドなんだけど、居酒屋ではなくて晩ご飯ね。

蒲田へ引っ越してきた時に、「この辺の名物ってなんだろうなぁ」と、色々と調べたときに出てきた「大田汐焼きそば」。大田区のいくつかの店舗で食べられるということで、蒲田「寳華園」で美味しく頂いたことがあるんだけど、その「いくつかの店舗」の中に「味の横綱」が入っていた。それ以降、存在が気になっていた。

仕事帰りでもう21時前・・・営業時間ギリギリに滑り込んだ。

e0173645_18460552.jpg

奥へと続く赤いカウンターが、いかにも大衆中華料理屋という感じ。厨房にいるお父さんお母さんの雰囲気もなんだか、ほっとする。

あらまぁ・・・メニューが多いですなぁ。悩むわぁ。時間も時間だし、あまりがっつりすぎるのも良くないか。じゃあ、タンメン(550円)を注文するか。タンメンが来るまでに、瓶ビールもらうか。

「!」

注文して間もなくして、餃子が出てきた。

e0173645_18460662.jpg

もちろん注文はしてない。後から調べて分かったんだけど、この店、何か注文すると付きだし的な感じで、無料で餃子が2個出てくるんだそうな。
たまたま、瓶ビール頼んでいたのでラッキーという結果だったが、「タンメン食べる前にギョーザとビールにするか」って餃子頼んでたら、2個増量みたいなことになっていたんだろうか。

しばらくして、タンメンがやってきた。あ、結構いいボリュームだな。野菜もたっぷりだ。キャベツ、もやし、人参、きくらげなど・・・

e0173645_18460879.jpg

麺がちぢれの細麺で、スープと共に一気にずずずっといける。
あ、このスープ、ヒリリと胡椒がよくきいてまっせ。この塩胡椒加減・・・酒飲んだ後のシメにもよさそうだな。

e0173645_18461065.jpg

C級呑兵衛よりも、後に滑り込んできた一人の若めのサラリーマンがいた。
営業時間は過ぎたはずなんだけど、店のお父さんは快く受け入れた。どうやら、よく顔を出す客のようで、まるで、一日の疲れをここに取りに来ているかのようにみえた。店のお父さんも、疲れをほぐすような会話を交わしながら鍋を振っていた。

普段遣い出来るお店があるってやっぱりいいね。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:味の横綱
場所:東京都大田区西蒲田7-63-5
時間:11:00~21:00 火・第3水休
電話:03-3736-6463

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-12-06 11:23 | 蒲田めぐり | Trackback | Comments(0)  

蒲田のカレーライス・支那そば「インディアン」

蒲田でも東急多摩川・池上線沿い、
バーボンロードをフラフラしていれば目にするお店、「インディアン」

e0173645_11085673.jpg

蓮沼に本店を構える「インディアン」なんだけど、今回おじゃましたのは蒲田西口店だ。前から気にはなっていたんだよね・・・というのも、

 ・ラーメンとは言わずに支那そばと言っている
 ・カレーライスと支那そばの店である
 ・武田流はいいとして、カレーライスに「古式」とついている
 ・蒲田名物って書いてある

十分でしょ?
カレーライスと支那そば・・・これ、両方ウリだとすると、両方食べたいと思うんだけど、量多くなるよなぁ。
と思いながらお店に入ると、よーできた話で、サービスセットというのがあって、支那そばと半カレー(1000円)というのがあった。カレーもフルでいく場合は、1150円だ。ただ、カレーがフルで、支那そばが半分というのはない
それにしても、ホント、支那そば、焼豚そば、カレーライスのみのラインナップなんだね。

「武田流」とあるのは、創業者が武田さんということね。
銀座資生堂パーラーから独立した洋食コックの武田氏が創業したそうで、昭和28年創業というから老舗なんだよね。「もやもやさまぁ~ず」で取り上げられたり、著名人も多く訪れている。蓮沼・池上・蒲田に店舗を構えているから、ま、蒲田名物は間違いないか。

さてさて、支那そばと半カレーを注文すると、先に支那そばがやってきた。
おーこの澄み切ったスープが美味そうだな。あっさり鶏がらスープなんだけど、滋味ある旨みに加え、焦がし玉ねぎで、甘味と香ばしさがよく出ている。
全体的にあっさりとまとまっているので、普段、ガンガンにラーメンを食べているような人にとっては、ひょっとすると薄いと感じるかもしれないね。

麺は細麺の縮れで、いい弾力があってグー

e0173645_11085891.jpg

それにしても、どうして「支那そば」という名にこだわっているんだろうね。
戦前から営業しているなら分からないでもないんだけど、でも、創業当時はまだ「支那そば」って言ってたのかな・・・因みに、ラーメンも支那そばも同じで、時代によって呼び名が違うだけなんだよね。

ラーメンをある程度食べたところを見計らって、カレーライスが出される。絶妙なタイミングで出てくるな。

e0173645_11090036.jpg

かなり、色の濃いルーですな。見た目だけでなく、チョコレートを溶かしたような質感もたまらんわね。辛さはそんなに感じない。それ以上に、このロースト感がガンガンに前に出てくる味わいがグー。創業当時の味を守り続けているから、古式なのかしら。

一緒に食べてどうなのかな・・・と思ったけど、アリですな。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:インディアン 蒲田西口店
場所:東京都大田区西蒲田7-63-10
時間:11:00~21:00 月休
電話:03-3734-1775

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-11-22 13:03 | 蒲田めぐり | Trackback | Comments(0)  

蒲田の居酒屋「鉄板串焼 嵐」

油断してるとダメだぞ(笑)
まさかのこのタイミングで、蒲田ネタ出すぞ。
ちょっと時間空いてるのでどうかなぁとは思うんだけど、やっぱり色々と紹介したいもんね。

JR蒲田駅西口から200mほどのところにあるお店、「鉄板串焼 嵐」だ。
普段、ウロウロしていたエリアなので、すごい流行ってるなぁと横目に通り過ぎてたんだよね。
ホントいつも満員御礼だな。

e0173645_20520308.jpg

カウンターに腰をかけて、と。とりあえず生ビール(450円)ね。
鉄板串焼かぁ。鉄板焼よりも、よりカテゴリーを絞ってますな。そういえば鉄板焼スタイルのお店って、行ってるようで行ってないかもなぁ。どんなもんがあるんかな・・・

まずは、ホタテしょうゆバター(280円)。
シンプルに、帆立貝柱がひとつ串に刺さって出てくるんだけど、貝柱の大きいこと。酒飲みには有難い。

e0173645_20523483.jpg

次に来たのは、しょうが豚巻(210円)。
あ・・・これ美味いな。焼き上げた豚の香ばしさと、豚そのものの旨みのなかに、ゴリゴリっとした歯ごたえで生姜が割り込んでくる。「豚の生姜焼きじゃないか」と思われるかもしれないが、別モンだわ。これ、おすすめ。

e0173645_20523506.jpg

お店の人気鉄板串焼の中でも、No.1という人気を誇るアスパラ豚巻(250円)。アスパラを丸々1本に、豚スライスを巻いてある一品。味の想像は出来るけど、アスパラのホクホク感がやっぱりいいね。

e0173645_20525136.jpg

豚だけでなく、牛もいっとこ。牛ハラミ(280円)を。
お、柔らかいながらも肉肉してウメー

e0173645_20530200.jpg

鉄板焼きで、卵料理って何かいいよね~鉄板に卵を落としてから、てこでシャカシャカやりながら形になっていく・・・カウンター席だと、それを目の前で見ることができる。

鉄板で作った、だし巻き玉子(480円)。
あの、てこでのシャカシャカで、ふんだんに空気が混ざり合っているのか、ふわっふわだ。

e0173645_20531615.jpg

串でない、おすすめメニューもあるので食べてみようかな。
大山鶏の鶏ももステーキ(680円)。
鉄板焼きなので、表面の部分がいい塩梅でカリカリっと焼きあがっている。鶏身は程よい弾力で旨みがじゅわってくる感じ。いいね~

e0173645_20532537.jpg

トマト豚巻(270円)。
トマトとお肉って合うよなぁ。この塩胡椒加減がたまらんな。

e0173645_20533521.jpg

明太もちチーズ(240円)。
餅の上にもったりと明太子がのっかり、それをチーズでコーティング。明太子が辛くないのかしらと思ったけど、そこはチーズがうまく調整してくれてる感じで、チーズのまろやかさとコクがバランスを取っているのね。これもグー。

e0173645_20535290.jpg

串焼は100円からで、200円台のバリエーションが一番豊富かな。オススメ料理の他に、おつまみ的な一品、わざわざワインによく合うおつまみメニューもあったりするぞ。ガーリックチャーハンやそば飯オムライスなどの〆の逸品も魅力。

気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:鉄板串焼 嵐
場所:東京都大田区西蒲田7-6-7 蒲田西口村上ビル1F
時間:17:30~翌4:00(金土・祝前日は~翌6:00)日祝休
電話:03-5711-7050

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2015-11-22 11:03 | 蒲田めぐり | Trackback | Comments(0)  

蒲田の銭湯「幸の湯」(大田区の銭湯12)

東京銭湯のお遍路巡礼スタンプラリーやってるから、色んな銭湯に行かなきゃ。
大田区は都内で一番銭湯が多いので、大田区制覇だけでも大変だ。

今回は、幸の湯
京急蒲田からだとちょっと距離あるかな、最寄りは糀谷駅。

e0173645_09372451.jpg

住宅街の中にある銭湯というか、マンションの下にあるんだよね。
営業時間が朝の6時からというのがすごい。東京でも関西でも、銭湯といえば、だいたい14時や15時からというのが相場だ。東京都内でも、早朝営業は御徒町の燕湯以外には、この幸の湯くらいしかないんじゃないかな。

浴場内は、それほど広いわけではないんだけど、何だかわくわくする構造だな。入ってカランがあり、奥右手に浴槽。ん、階段もあるな。
モザイクタイル画が印象的で、渓流に、虹と鹿…ちょっと画のタッチがエキゾチック。そのタイル画の下に、広めの白湯に、ジェットバスとでんき風呂。その隣に、温泉。階段の上にはサウナがあるのか。

温泉、そう、ここの銭湯にも温泉があるんだよねー
湯には、うっすら黄色っぽい色がつくくらい。泉質はナトリウム・カルシウム・マグネシウム-塩化物冷鉱泉。大田区は、黒湯の銭湯がメジャーだけど、ここは少し違うのか…面白いね。熱めなところも気持ちがいいや。

そして、露天風呂もあるという素晴らしさ。ここも結構熱めなので、寒い日でもしっかり温まるぞ。

e0173645_09372691.jpg

フロント前には、カウンター、テーブル席にテレビ。風呂上がりには、コーヒー牛乳を一杯。
いやー気持ちよかった。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:幸の湯
場所:東京都大田区糀谷1-25-15
時間:6:00~11:00、14:00~23:00 月休
電話:03-3741-4321

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-01-12 12:54 |  L 大田区の銭湯 | Trackback | Comments(0)  

蒲田の銭湯「ゆ~シティー蒲田」(大田区の銭湯71)

うちから一番近い銭湯になるのかな。
JR蒲田駅から大森に向かって、少し歩いたところにある銭湯「ゆ~シティー蒲田」。もう、何度も訪れている。

e0173645_14162060.jpg

駅そばで、ちょっとしたビルにもなっているんだけど、ここも天然温泉の黒湯が楽しめる。

e0173645_14162535.jpg

昔ながらの情緒を楽しむという銭湯ではないが、快適なんだよね~

浴場に入ると、カランは19。手前に洗い場があって、奥に浴槽がある。
バイブラ風呂(細かい泡がジョワーって出てる)に、円形浴槽は深めのジャグジーでジェット水流が出る。あと、座風呂電気風呂。それらの奥には有料のサウナがあり、すぐ横には水風呂もある。さらに扉を2つ開けた奥には、露天風呂(黒湯)があるなど、なかなか充実した銭湯なわけ。

内湯の温度は、少し高めで42~44度くらい。
ペンキ絵はなく、男女湯の境のところに、モザイクタイル画がある。どこか、外国の山なのかしら。

露天風呂の黒湯は、40度程。
少し照明を落としているから、黒湯が一層濃くみえる。
しっかり風呂に浸かって、のぼせそうになると水風呂へ。この水風呂、24度程度で頃合い。

風呂上り、フロント前の休憩スペースはテレビもあって6人座れる。しかし、ここにはさらに上のフロアがあり、ステージ付の大広間がドーン、食事休憩もできるようになっている。上から演歌が炸裂しとるな…

いやぁ気持ちよかった!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ゆ~シティー蒲田
場所:東京都大田区蒲田1-26-16
時間:11:00~24:00(ホールは11:30~22:30) 火休
電話:03-5711-1126

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-12-23 14:58 |  L 大田区の銭湯 | Trackback | Comments(0)  

蒲田のカレー「松家カレー」

自炊もするけど、たまに「今日はちょっと、もう外で済ませたいなぁ」という日もあるわけで、そうなるとそうなるで、店選びに頭を悩ませる。
今回は、このブログでよくコメントをいただく、バーボンさんからの情報で、蒲田にある「松家カレー」に行ってみることにした。

e0173645_17210660.jpg

チキンカレーが、キャンペーンで700円か(訪問月当時)。じゃあ、それにしようかな。ライス大盛りでね。
店内は、カウンター、テーブル席があるんだけど、店奥の壁面やカウンター前にはマンガがぎっしり。

きたきた。
何だか、懐かしい感じのするカレーだな。辛味も塩分も控えめなまろやなか味わい。チキンカツもサクサクに上がって美味い。

e0173645_17210928.jpg

福神漬は、上野池之端の老舗「酒悦」のものだそうな。「酒悦」の創業は、江戸期1675年で、実をいうと、福神漬そのものを考案した店として知られている。

e0173645_17211077.jpg

もともと、蒲田駅東口に「松屋カレー」というのがあったらしく、その暖簾分けでこの店が平成8年にオープンしたそうな。ただ、定食チェーンの「松屋」と間違えられないように、「屋」を「家」に変えているとのこと。

時々、前を通るんだけど、いつ通ってもなかなかの人気ぶり。
蒲田のソウルフード的な存在なのかもね。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:松家カレー
場所:東京都大田区西蒲田7-5-4
時間:11:00~23:30
電話:03-3737-3141

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-11-25 08:22 | 蒲田めぐり | Trackback | Comments(0)  

蒲田の銭湯「蒲田温泉」(大田区の銭湯5)

うちからはちょっと遠いのは遠いんだよな…
でも、ちょっとした中毒みたいなもんで、あの激アツにお見舞いされたい衝動に駆られることがあるんだよなぁ。

JR蒲田、京急蒲田から線路に沿うような形で南へ下って…どうかなぁ15分はあるくかな。蒲田本町というエリアに入ると、アーケードのない商店街に入っていく。そうは言っても住宅街で、飲食店が林立しているようなところじゃない。
静かで暗い夜道なれど、急にぼわっと赤い明かりが…蒲田温泉に入る路地に、門型の看板がお出迎え。銭湯に来たんだけど、地方の温泉地にやってきた心地だ。

e0173645_11242614.jpg

今でこそ、何度と足を運んではいるが、
大阪からの出張の際に、ここを訪れたことはあるんだよな。ホテルに泊まって、恒例の銭湯巡りってやつで。

その時にも書いたけど、入口から昭和ムードたっぷりな感じが何ともたまらない。やっぱり、完全な温泉地色満載だ。
その名も「蒲田温泉」

e0173645_11242901.jpg

脱衣場はロッカーが50ほどはあると思うんだけど、天井が低いので空間的には狭く感じる。でも、老舗の貫禄というのか、妙に落ち着いた空気感がある。

浴場に入ると、天井は高くなり、左手壁面と浴場中央に島がありカランがある。全部で30ほどはあるかな。ボディソープやシャンプーの備えはない。

浴場右手にはサウナと水風呂がるんだけど、ここのサウナは大田区南エリアらしく、追加料金なしで利用できる。
右手奥には、白湯槽があり、底面からのボコボコと電気風呂とに区切られているる。何やら鉱物を通した湯だしで、ラドンと同様の効果が得られるそうな。

で、やはり、ここは浴場左手奥の黒湯槽だな。
半円を描いた茶色いタイル槽で、3人くらい入ったら満員でーすくらいの大きさだ。
黒湯も、銭湯によって色がまちまちだけど、ここはもはやコーヒーだ。
中で区切られていて、湯温が異なっている。それぞれに、湯の温度が何度か分かるようにデジタル表示されている。
ぬるい方でも40度をきることがないので比較的熱い方なんだけど、
高温湯は少なくとも45度程度はあるので、何も考えずに足を突っ込むと、一度ヒリヒリした足を冷やすために、ヘリの部分で三角座りをすることになるぞ。

はじめはやはり熱かったが、何度も体験していると、風呂上がりの爽やかさや身体の温まり感などがクセになっちゃって、逆にぬるいのが頼りなくなってくるから不思議だ。

蒲田に来たなら、まずはおすすめしたい銭湯だ。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:蒲田温泉
場所:東京都大田区蒲田本町2-23-2
時間:10:00~25:00
電話:03-3732-1126

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-09-27 23:00 |  L 大田区の銭湯 | Trackback | Comments(0)