タグ:石橋 ( 543 ) タグの人気記事

 

石橋の居酒屋「参丁目」

22:30頃、一軒の店の暖簾をくぐってみた。
甲子園で阪神vsオリックスを観戦しながら、たらふくビールを飲んだので腹は減っていなかったが、何か物足りなさを感じて、石橋を降りると自宅とは真逆の方向に足を向けていた。

大衆酒房「参丁目」がずっと気になっていたのだ。

時間的にどうかなあと思い尋ねてみると、「23:30まではいけますよ、どうぞ」と快く迎えてもらえた。案内されるままカウンターに腰をかけた(ホントは23:00までだったんじゃないかなあ)。

この店を知ったきっかけは他とはちょっと違う。
何故なら銭湯での壁広告だったからだ。風呂桶の「ケロリン」みたいなもんだ
はじめて「参丁目」の広告を見たとき、「あれ?この店どこにあるんやろ。あったっけなあ」と妙に見入ったのだ。
石橋の居酒屋といえば、駅周辺に集中しているので、トーエイよりも西向こうにあるという発想がそもそもなかったのだ(石橋分からない人にとっては「あんた何言ってんの?」ってなるよね)。

この広告&実際、店に来た時の看板「大衆酒房」からして立ち飲みか何かんだと思うでしょ。これがね、違うの。鍋や懐石料理が楽しめるお店なわけ。すっぽん料理なんてのも書いてあるぞ

とにかく瓶ビールを注文し、つぶ貝(800円)造りを頼んでみた。
1個まるまる出てくるが、刺身とは別に、さざえと同様にある「わた」の部分は甘辛く荒炊き風にしてアツアツで出てきた。
e0173645_12035625.jpg

刺身を口にした瞬間にまず思ったのが「このつぶ貝、甘い」だ。これまで何度も食べてきたはずなのに・・・こんなに甘味があるのかあ。
大将が「今が一番美味しい時」と太鼓判の逸品だ。

次、何か注文しようかなあと思っていると、
「これ、ちょっと食べてみませんか?」と差し出されたのが、甘えびの塩焼きと真竹だ。
e0173645_12035800.jpg

もうねえ~甘えび、香ばしい風味と頭の部分のお味噌が甘くてグー。
真竹は素焼きにしたものをかぶったが、歯ごたえがありながらも、えぐみが全くない。先の方だけほろ苦い感じだ。
真竹は今日たまたま入ったものだそうで、それを味見させてもらえるとは有難い。

酒を「緑一」に変えた。
池田は「呉春」が有名だが、この「緑一」も池田栄本町、吉田酒造の銘酒だ。

大将から色んな話を聞くことが出来た。
食材に対するこだわり、30年営業をしてきた中での石橋の姿、石橋の居酒屋事情等々。

最後に活きのいいすっぽんをみせてもらった。
e0173645_12035901.jpg

大将が持ち上げると、かなり暴れ放題。こっちまであわててシャッター切ったので、ブレちゃった。きっと美味いすっぽん料理が味わえるんだろうなあ。

最後に、泉州で摂ったわかめを佃煮にしたものを土産にいただいた。
短い時間だったが、とても楽しかった。
また、足を運ぶことにしよう。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:酒席 参丁目
場所:池田市石橋1-16-18
電話:072-762-3465
営業:17:00~23:00 日休

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2006-05-22 23:30 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(2)  

石橋のインド料理「チャチャ」

石橋にもインド料理の店がある
今日のランチに、と国道171号線と176号線が交差する阪大交差点へと向かう。この交差点から大阪大学へ向かう道沿いにある「チャチャ」だ。

オレンジの窓枠と緑の扉が目立ちすぎてすぐ分かる。
外から見ると、店内は奥に縦長くさほど大きくないように見えるが、奥でL字になっており案外と広い。

この店のうれしいところは、セットメニューがA~Fと6種あり、ランチ・ディナー、平日土日関係なく同じ料金で食べることができることだ。
ほとんどの店は、土日だと料金上がるんだけどね。

いちばん手頃なランチがAセット:ナンセット(650円)で、サラダ&パパダにカレー(チキンか野菜)、ナンとライス、マンゴージュースがついてくる。
いつもインド料理を食べに行くとタンドリーチキンが食べたいので、それが入っているセットF:タンドリーセット(1200円)を注文した。カレー(チキンか野菜)、タンドリーチキン、サラダ&パパダ、ナンとライス、マンゴージュースがついてくる。

大きなナンは食べ応え十分。カレーは、他の店に比較するとあっさりしているかな。
あっさりって言っても味が薄いんじゃなくて、スパイスはよく効いて美味しくて、口にした後味がさっぱりしてるんだよね。

店に入ったときにはBGMが流れず静かだったが、途中から「そうそう、やっぱりインド音楽がないと」の気持ちが分かってくれたのか、ミョ~♪と音楽が流れ出した。
店の入口付近にはテレビがあり、インド映画が流れていたぞ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:インドレストラン「チャチャ」豊中店
場所:豊中市待兼山町21-6山口建設ビル1F
電話:06-6848-2120

by nonbe-cclass | 2006-04-23 23:31 | ・阪急石橋駅周辺の店 | Trackback | Comments(4)  

石橋の居酒屋「居酒屋1丁目」

石橋商店街の中に、シンプルだが美味いお好み焼きが味わえる「芳月」がある。今日話をしたいのは、その下の1Fの居酒屋、「1丁目」だ。

以前から存在にはもちろん気付いていたが、「呉春あります」の張紙以外には中の雰囲気が全く分からないため、いつも通り過ぎていた。

が、先日初めて入った。
これまでの居酒屋とは内容全く異にする、ある種特化した店だった

入った瞬間、既にいた客に暫くながめられる「洗礼」があったが、何とか客の間に空いていた席に着くことができた。カウンターだけの小さな店で、惣菜や食材が並ぶ。無口なお母さんが切り盛りしている。

・・が、心苦しい雰囲気もここまでだった。

いきなり、左隣の常連客が堰を切ったように話しかけてきた。
「今日初めて?」「ここのシステムわかる?」「あの人のことママ言われるのが一番嫌いやねん」・・一瞬、居酒屋でのやり取りとは思えないセリフ回りだったが、おかげでこの店のシステムが即座に飲み込めた。

メニューには一切値段が書かれていない。ここでは、飲み物でも食べ物でも何を注文しても500円均一なのだ
そうなると問題になるのは、「板わさ」や「ふぐの一夜干し」なども他と同等となると割高ではないか?ということ。

だが、そんな心配はなかった。「ふぐの一夜干し」を注文した際、でてきたのが写真の内容だ。一夜干し以外にも惣菜が色々とついているのだ。これだと、少しずつ色んなものをつまみながら、ゆっくりと酒が呑めるというものだ。

e0173645_20233897.jpg

落ち着いて呑めるメニューではあるが、客はそうはさせてくれなかった。まあ、とにかく色々としゃべるわ聞かれるわで、挙句の果てには熱燗もご馳走になった。

この店の客の年齢層は高く、中小企業での役員クラスが多そうだ。あと、70歳を超えるシニア(男女共に)が多く、喫茶店でたむろするが如く、純粋に酒と人とのコミュニケーションを楽しみに集まっているようだ。

私の年齢を言ってからというもの、皆のことを「お父さん」「お母さん」と呼ぶことになった。30代の客が入ってくることはあまりないようだ。最初に洗礼と感じたのも、実は珍しかったのだ。

が、今度は逆に「わが息子」人によっては「孫の次男と同じくらいだ」と色々と気を遣ってくれた。
「来たければまた来ればいいし、今日の状況をみて判断すればいい」。客が客を判断するのはおかしいとは感じつつも、それが「気軽に来たらええよ」であることは理解に難くなかった。

また、足を運んでみたいと思う。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:居酒屋1丁目
場所:池田市石橋1-4-6
電話:072-762-1059

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2005-11-21 18:25 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(2)