タグ:焼肉 ( 136 ) タグの人気記事

 

元町の焼肉「肉の入江」

この間、須磨離宮公園に遊びに行った帰りのこと。
夕食をどうするかという話になって、石橋まで戻るとまた遅くなるから、新開地か三宮あたりで食べる帰るべ、と決まった。
新開地にしても三宮にしても、魅力なお店が数多くあるエリア・・・のはずなんだけど、また焼肉探してたりする。神戸って、焼肉激戦区というイメージもあるしねー
で、向かったのは、元町にある「肉の入江」だ。
e0173645_12252384.jpg

カジュアルな感じで、若い元気なスタッフが頑張ってるーという雰囲気。
家族でも、友達同士でも、会社帰りでも、オールマイティに使えそうですな。

さてさて・・・お、全体的にお肉安いんですな~早速、いつもな感じで楽しますか。
生レバー(580円)から。
お、おっさりいただけますな。
生肉出して死者出す店がニュースで話題になっているけど、自分で目利きしていない店の、生ほど怖いものはないよね。「安さ」(コスト)だけを追求する結果だよね。
この「肉の入江」は、仕入れの目利きアーンド、肉の熟成を考えた上でこの値段だからね。凄いわ~
e0173645_84810100.jpg

タン(870円)は入江塩で。
入江塩とは、テーブルにある荒削りの塩胡椒のことなんだけど、これで肉の味を一層引き立てようというわけですな。肉に自信があるのか最初っから、「塩でどうぞ」といえるところがニクイですな。
おー、柔らかいタン。えーこのクオリティでこの値段は良心的だわ。
e0173645_8475918.jpg
e0173645_84857.jpg

今日のおススメということで、はねした(1180円)を推すので、じゃ、じゃあそれいただこうかな。
「とにかく、めっちゃいいお肉なんで、くれぐれも焼きすぎないようにお願いしますね」と念押しされたけど、確かに炙る程度で充分。
くーやわらけー
e0173645_8482598.jpg

この店にきたなら、食べておくべきは、つぼ漬けはらみ(880円)。
壺の中に、ごっついハラミが入ってますねん。
なんでも、「つぼ漬け焼肉」の発祥だそうで。もともと、保存の効くまかないから生まれたメニューだそうな。
これについては、スタッフが「良かったら焼かせていただいてもいいですか?」
そりゃもー絶妙なところをお願いしますよー
e0173645_8481946.jpg

壺の中で、も一度タレをよく絡めて、ベロベローッと出てきたハラミをそのまま網の上へ。
網の直径くらいか、それ以上の大きさのハラミ。
でね、スタッフが焼くのは「焼きすぎないため」だ。
このハラミ、少し炙る程度に焼きはするけど、半生状態で、これでどうぞといわれる。知らないと、絶対に焼きすぎてしまう。
少し、ニンニクの風味がきいたハラミ、酒の肴ってな味付けでビールがついつい進んでしまう。
e0173645_8483276.jpg

ホルモンは単品どれも400円台か。塩上ミノ(480円)を。
e0173645_8484423.jpg

シメに冷麺を食べたんだけど、最初からある程度酢が入っているから、酢を足さずともしっかりした味で楽しめる。
e0173645_8485381.jpg

今回は予約なしでうまく入れたんだけど、常時、満員御礼だったので、予約していく方がいいかも。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:肉の入江
場所:神戸市中央区下山手通3-15-19 三石ビル1F
時間:17:00~24:00
電話:078-391-2915

by nonbe-cclass | 2011-05-08 13:17 | 食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)  

有楽町の焼肉「叙々苑 游玄亭」

この間、東京は有楽町に仕事でやってきた。
お昼食べなきゃ、と思いながらも「慌てて掻き込むのもやだしなぁ」と駅近くでキョロキョロしていると、見慣れた店名が目に飛び込んでくる。
「叙々苑」だ。

メディアでガンガン紹介されるから超有名、芸能人御用達みたくなっている。
ランチでは利用したことがあるんだけど、夜はないですなあ。
我々が普段食べるカルビあたりは2000円を下らないし、ハラミやロースも1500円以上する。
ま、一部店によって違うにしても、基本、肉はホルモンを含めても単品で1000円は下らない。
それだったら、近場でリーズナブルでクオリティ高い焼肉店はいっぱいあるから、それで十分だわーって思っちゃう。どこかで、一度は食べておきたいけどね。

阪急百貨店も入る有楽町マリオン、ここの上に「叙々苑 游玄亭」がある。
おし、歩くのも面倒くさいからここにしよ。
エレベータで11階へあがり、フロアに出ると、ほーほー高級感漂う店構えですな。
e0173645_1219821.jpg

店内はおそらく広いんだろうけど、実は各テーブル席、他の客が気にならないように高めの仕切りがあるから、何がどうなっているのかあまり分からない。
テーブル席に着いて、注文したのは焼肉ランチ(1300円)。
国産牛とだけ書いてあるんだけど、和牛でない可能性もあるってことか・・・

人の話は最後まで聞かないとあかんね。
肉が出てくるまでに、店員がドレッシングを2つもってきた。
「2つありまして・・・」と説明を始めたもんだから、「その辛口のやつで」って言ったんだけど、
そのまま説明し続けて、「どうぞ両方お試しください」。おーおーチョイスじゃなかったのか。こっぱずかしいじゃないか。
e0173645_12184943.jpg

トレイにご飯、スープ、サラダ、キムチ・・・そして、白い四角い器で肉がやってきた。
肉はタレで来るんだけど、この味は嫌いじゃないですな。
「叙々苑」は炭火ではなくロースタータイプ。
e0173645_12185784.jpg
e0173645_121916.jpg

人目を気にせずとか、匂いが服につかないとか、夜遅めまで営業している、落ち着いた店内、そんなことから利用しやすい店になっているのかもしれませんな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:叙々苑 游玄亭 有楽町マリオン店
場所:東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F
時間:11:30~22:45(L.O.)
電話:03-3218-8989

by nonbe-cclass | 2011-04-24 15:33 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

「五色亭」でカンジャンケジャン

3月後半のお話。
石橋「五色亭」で焼肉という話は、ま、何度も足を運んでるし、このブログでも紹介はしてるんだけど、
なるほど、この「五色亭」は、周辺の他の焼肉店と違って、韓国料理の店なんだよね。
それは、もちろん以前から分かってはいたんだけど、焼肉目的で行ってるから、肉以外のメニューにはあまり目がいってなかったわけ。
今回もお肉はしっかりいただくんだけど・・・
e0173645_955328.jpg

何時からだったか、
テーブルにある定番メニュー表以外に、その日のオススメを書いたホワイトボードが注文の時に出されるようになった。
いつもなら、焼肉メニューがざっと書いてあったりするんだけど・・・ん?
カンジャンケジャンに、ヤンニョンケジャン

あれ?これっていつもあるメニューだったかなぁ。
なんか、今回はそこに目がいったので、「いっちょ頼んでみるか」となり、カンジャンケジャン(1500円)を注文してみた。
ケジャンは、生のかに(ワタリガニね)をタレで漬けたものなんだけど、カンジャンは醤油、つまり、かにの醤油漬けですな。
因みに、もう一つのヤンニョンケジャンは、ヤンニョンがキムチの素ともいえる唐辛子などが入った調味料のことなので、こっちは辛いタイプですな。
e0173645_9551092.jpg

しっかり付け込んであるから、味が濃いね~酒の肴かご飯のお供に最高ですな。
かにを丸々漬けこんでるから、エラの部分も付いたまんまなんだけど、これも食べれるんだって。
足の部分は、ちゅーちゅー身を吸い出す感じで食べて、味噌部分はかぶりつきですなぁ。

韓国料理に興味ある人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:焼肉 五色亭 石橋店
場所:池田市石橋1-22-18 パークプラザビル
時間:17:00~26:00(日祝は~25:00)
電話:072-762-0429

by nonbe-cclass | 2011-04-09 11:04 | 阪急石橋駅周辺の店 | Trackback | Comments(0)  

石橋の焼肉「焼肉小倉優子」

この間、久々に「行ってみるか」と、石橋の「焼肉小倉優子」を訪れた。

ま、システムが分かっているだけに安心は出来るんだけど・・・
とにかく、何となくこっぱずかしい
e0173645_825725.jpg

え~もう小倉優子本人は、コリン星卒業したんじゃなかったっけ?
ま、いいんだけど(笑)

2時間食べ放題。
全品135種食べ放題で2999円(シニア2399円、小学生1499円、小学生未満は無料)。
165種食べ放題で、3333円だ。
あと、全ドリンク飲み放題が1499円だ。
全品は、牛肉以外に豚や鶏、一品なども含まれる。

おーし、メニューメニュー・・・とにかく、何となくこっぱずかしい
文字が多いなあ、と思えば、全部語尾に「りんこ」がついてる
e0173645_19205020.jpg

ただ、注文の時に、律儀に「上カルビりんこ」という必要はないぞ。

さてさて、まずは、こちらを平らげないと次に進めないシステム。
e0173645_824746.jpg

このシステムやだー好きなの頼ませなさいよ~
だって、牛肉以外も入るんだもの。ただ、フォローするわけじゃないけど、ここのはすぐに平らげることができるから大丈夫!

キムチ盛合せも、食べ放題に入ってるぞ。
e0173645_82526.jpg

とにかく、ハラミや中落ちカルビを中心に注文。ホルモンはミノやコリコリあたりを。
今回は、ひとつひとつ感想は書かない(やっつけ仕事ではありません)けど、画像のせとくね、こんな感じ。
e0173645_83266.jpg
e0173645_83882.jpg
e0173645_831324.jpg
e0173645_831829.jpg
e0173645_832335.jpg
e0173645_832913.jpg

やっぱり、シメはクッパ。これも食べ放題に含まれてるぞ。
e0173645_833491.jpg

まあ、いつ行ってもそうだけど、人気ぶりは相変わらずで、
家族連れから、兄ちゃんグループから、サラリーマンからと賑賑やかやかですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:焼肉小倉優子 豊中清風荘店
場所:豊中市清風荘2-4-23
時間:17:00~26:00 不定休
電話:06-6850-1003
e0173645_834172.jpg

by nonbe-cclass | 2011-04-07 21:31 | 阪急石橋 焼肉 | Trackback | Comments(0)  

蛍池の焼肉「焼肉ハウスたかみ」

この間、久しぶりに蛍池の焼肉「たかみ」の暖簾をくぐった。
相変わらずの人気ぶりですな~

さーさー早速食べるぞー
まずは、エッジのきいた新鮮なレバ刺し(900円)を。
e0173645_19323775.jpg

ねっとりと濃厚な味わい。うめー
そして、このきれいな盛り付けをしているのは、ミノ造り(900円)ですな。
このピンク色の花盛りつけがミノね。
生ゆえのひんやり感としゃくっとした歯触りが、酒飲みにはたまらんね。
e0173645_1933752.jpg

たかみ風ネギ巻きということで、ネギタン塩(1100円)を。
白髪ねぎとニンニクチップが添えられてますな。塩ダレの味がしっかりきいて、いくらでも食べられそうだな・・・
e0173645_19435851.jpg

くーいい白赤のコントラスト、黒毛和牛上ハラミ(1300円)。
この厚みが・・・美味いに決まっとるやろ!(別に怒るこたぁないね)
e0173645_19465895.jpg

肉盛り合わせ(1980円)というのを注文したんだけど、これは、ロース・ハラミ・バラ・ツラミに焼野菜というラインナップ。2~3人前くらいのボリュームかしら。
どれも柔らかくて美味いんだけど、特にツラミが柔らかくてええ感じ。
これらを、わさーと盛られたチシャに巻いて一気に頬張る。
e0173645_1947757.jpg
e0173645_19552280.jpg

最近、注文するアイテムとして定番化している上ミノ(980円)。
ミノならではのこりこり感をもたせつつも、全体的には柔らかいのね。
ビールが進むわー
e0173645_19472599.jpg

オイキムチをつまみつつ、シメにクッパ(並700円、小450円)を。
e0173645_19473278.jpg
e0173645_1947429.jpg

いかん・・ミノの他、牛刺しなどの生ものもいくつかあるし、他の店に比べてついつい注文する品数が増えてしまう。
今回も食べ過ぎてしまった・・・

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:焼肉ハウス たかみ
場所:豊中市蛍池北町3-2-8
電話:06-6844-0200
営業:17:00~3:00

by nonbe-cclass | 2011-03-30 19:19 | 食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)  

梅田の焼肉「河童」

焼肉の店って、肉のクオリティも様々だし、店のスタイルもバラエティ豊か。
C級呑兵衛は、焼肉はにぎにぎやかやかと食べたい派なので、あまり、高級な雰囲気は苦手だったりする。
そんな中、先日行って来たのは、お初天神通りにある「河童」だ。

ビルの地下にあり、細い階段を下りると青い大きな暖簾が迎えてくれる。
暖簾が「昭和の庶民的な雰囲気」をたっぷり醸し出している。
e0173645_10181086.jpg

ど演歌が流れる店内・・・昭和の雰囲気に加えて、こってりおっさん系ですな。
なんだけど、不思議と若いカップルなどで女性の姿もあるわけ。

C級呑兵衛の焼肉の食べ方は、大方ストーリーがあって、
塩タンを皮切りに塩ものを食べて、その後タレものに進むんだけど、この店ではそうはいかない
「この店に来たら」ってな感じで、この店の名物がある。テッチャンだ。
何も知らないから、はじめ注文してなかったんだけど、一通り注文した後に、「てっちゃんは?」とわざわざ聞かれたから、「じゃ、それも」と加えた(800円)。
何よりも先に、このてっちゃんがやってくる。で、そのまま店の人が、鉄板にどどーっと全部のせちゃう。
e0173645_10174520.jpg

秘伝の甘辛いタレに漬けたもので、10分以上はじっくりと焼き上げる。
カリッとした食感に仕上がって、これがタレと相性をよくしていますな。ビールが進む一品。
因みに、ビールは生はなく瓶のみを扱っている。
e0173645_11184480.jpg

特上ハラミをもらうかな。
タレのインパクトがあるけど、肉そのもののクオリティは良さげ~
e0173645_10174942.jpg

生キモ(850円)は、小鉢でやって来て、タレに浸かってキモが見えない。
箸を入れてみると、キューブカットされた新鮮なキモがコロコロと入っている。
e0173645_1018132.jpg

ハラミ(1100円)・バラ(1100円)・上ミノ(1100円)が一皿に盛られてやってきた。
バラやわらけー、上ミノもグー
e0173645_10175575.jpg

最初がてっちゃんスタートなので、塩ものが・・・
店の人ももちろん出す順番は考えてくれていて、塩タンは最後
鉄板を最後替えてくれる。
e0173645_1018586.jpg

すべてオリジナルタレがかかってくるので、塩で食べたい人には向かないかもしれないけど、
お肉は美味しい、特にホルモンがいいので、興味のある人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:焼肉 河童
場所:大阪市北区曽根崎2-10-15  曽根崎センタービルB1
時間:16:00~23:30 (日祝~21:00)
電話:06-6314-0246

by nonbe-cclass | 2011-03-15 23:35 | 食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)  

岡山の焼肉「虎屋」

あかんわ、ネタがたまる一方でblog更新があんまり出来てないな。
えーと、この間(2月中旬)、尾道・直島行ったときの話。
岡山に泊まったんだけど、ホテルが岡山駅からは少し離れていて山手だったのね。
で、夕食と・・・あと、風呂行きたかったもんだから、夜、車を走らしたわけ。

ホントは焼鳥を食べようと思って、店を探していたんだけど、結構どこもいっぱいだったんだよね。「もーなんでもええか」なんてぐったりしているときに、「焼肉」ワードが目に飛び込んでくる。

「虎屋」だ。ここにしょ。備前黒毛和牛ですか。
店内にメニューが色々張り出されているんだけど、結構、マニアックな部位もあるようだ。
ホルモンが充実してるなー

ささ、まずはネギ塩タン(980円)から。こちらは、片面焼きで。
e0173645_12123851.jpg

この店で一番人気の塩ギアラ(390円)。
ギアラは、胃ですな。アカセンというと知っている人もいるかもね。プニコリ感がたまりませんなあ。
e0173645_12124439.jpg

生レバー刺し(650円)は、がっつりカットで食べ応え十分。
e0173645_12125071.jpg

あぶらミノ(700円)。
これは、ミノサンドですな。これも、見た目以上に結構ボリュームあって、美味いですな。
e0173645_12125570.jpg

ホルモンなんだけど、他にはチレ、プップギ、リードボー、チチカブなどもあったな。

和牛中落ちカルビ(780円)。
e0173645_1213532.jpg

全体的にそうなんだけど、値段の割に結構ボリュームがあるところが嬉しいですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:焼肉 虎屋
場所:岡山市北区中山下2-5-7
時間:17:00~24:00
電話:086-221-8668
e0173645_1213118.jpg

by nonbe-cclass | 2011-03-05 13:05 | 食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)  

十三の焼肉「牛蔵」

あれ?何度と前通っているはずなのに・・・こんなところにあったか。
十三に、肉の卸問屋が経営する焼肉屋があるんだよね。
「牛蔵」だ。
落ち着いた感じの店構えだけど、店内はどっちかというとカジュアルだと思うよ。
2Fは板の間に座布団スタイルだ。

水菜のサラダががっつりなのがありがたいですな・・・
さて、まずは・・・いつもなら、塩タンいくところだけど、今回は厚切りタン元(1280円)にしよ。
お、分厚いタン元できましたなあ。ローストで焼くの難しいな・・・でも、柔らかくてこりゃ美味いや。
e0173645_2281432.jpg
e0173645_2282466.jpg

単品メニューは色々あるんだけど、ここは肉盛りA(2380円)を。
2~3人前と書いてあるけど、何が盛られてくるんだろ。
e0173645_2283389.jpg

ほーカルビ、ロースに・・・ミスジが入ってますな。
ちゃんと、何かわかるように札がついてますな。
お!ビジュアルからもわかるかなあ、ミスジやわらけー

ユッケ(780円)は、肉の旨味が堪能できるほどの短冊で食べ応え十分。
e0173645_2284111.jpg

カイノミ(1080円)は、バラの一部でヒレ肉の近くにある部位。
希少部位なんだけど、お手頃価格。他にもイチボ(1280円)、くらした(1480円)、ざぶとん(1380円)などがラインナップしてますぞー
e0173645_2284818.jpg

こちらは、上ミノ(780円)ね。酒はマッコリにかえて、と。
e0173645_2285450.jpg
e0173645_229154.jpg

え~ロース(980円)。
C級呑兵衛のブログでは特にややこしいんだけど、メニューが「え~ロース」。大阪以外の人には分かりにくいかもしれないけど、えーロース(良いロース)ということですな。他にも、え~カルビがある。
e0173645_229766.jpg

良心的な価格とクオリティで、気軽に美味しいものを食べるにはいいんじゃないかな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:焼肉屋 牛蔵
場所:大阪市淀川区十三東2-11-1
時間:17:30~23:30(L.O.23:00) 火休
電話:06-6885-2951
e0173645_2275749.jpg

by nonbe-cclass | 2011-02-07 23:33 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

曽根の焼肉「百済」

まだまだ阪急宝塚線沿線には、焼肉の店がありますなあ。
今回は、曽根に来てしまいましたー

駅から少し歩くと交差する国道176号線、この沿いにある店「百済」だ。
店内に入るまでに、外観でメニューがドカーンと確認できますな。
ここの嬉しいのは、メニュー。
この部位がどの部分なのかなあって、メニューとは別に絵で説明している店はよくあるんだけど、
ここはメニューの段階で、腹肉、もも肉、背肉で大別されていて、部位によって赤身や霜降りなどの説明が入っているのね。逆に言うと、肉肉した感じがいいなあとか霜降りバリバリがいいなあとか、部位を詳しく知らなくても安心して注文できるわけ。
んでもって、黒毛和牛。
e0173645_19564033.jpg

いつもの感じで、生レバー(850円)から。濃厚な色合いにねっとりとした舌触り。
e0173645_1954549.jpg

そして、塩タン(1000円)。
e0173645_19545956.jpg

塩タンの皿の右手、何やらハンバーグのような形の肉・・・これが、ランプステーキ(1280円)。もも肉の中で一番柔らかいとされる希少部位ですな。
この間の「一斗」もそうなんだけど、
もともと、脂身の少ない肉肉した感じが好きな中で、最近、特にモモ肉赤身にはまってたりする。
ちょっと厚めなので、焼くの気を遣うわ。
一瞬、「あ、ちょっとパサった感じ?」とか思ったら、なんのなんの野性味ある肉の味わいが後からやってくる。
e0173645_1955370.jpg

あとは、今日のおススメということで三角バラ(1400円)、これに上ハラミ(1000円)を。いやん、三角バラやわらか~
上ハラミも厚めのカットで食べ応え十分。
e0173645_1955823.jpg

普通のハラミ(750円)や上ミノ(800円)も注文したんだけど、このお肉でこの値段だと良心的だと思うよ。
e0173645_19551684.jpg


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:本格焼肉 百済
場所:豊中市曽根東町2-12-13 ルモンド曽根BF
時間:17:00~25:00(L.O. 日祝は~24:00) 第2・3火休
    8月・12月は無休、1月・5月・10月の第3火水木は連休
電話:06-6864-4545
e0173645_19544481.jpg

by nonbe-cclass | 2011-02-04 08:04 | 食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)  

天下茶屋の焼肉「一斗」

この間の日曜日、夜。
堀江の、あるドラマ撮影現場。
なーんでか、友情出演みたいな感じで、ちょろっと顔だけ出演をすることになったわけ。
それが20時過ぎくらいに終わったのかな。

そこから、C級呑兵衛ファミリーと合流し、さらに南下。
下りた駅は動物園前。ここから、阪堺電車の線路に沿ってさらに南下。
ほー、途中、あの有名な飛田新地の入口なんてのもあるんですな。ま、でもこれと、パチンコ屋みたいなスーパー玉出以外にはなにもない、静かな道を歩く。
e0173645_19554898.jpg

阪堺電車の今船駅そば、今回やって来たのは、焼肉の「一斗」だ。
黄色のテントに、イラストが目立ちますなあ。
e0173645_19553160.jpg

カラカラと入口を開けると、はい、いきなり肉ドーン。
しかも、その肉のクオリティが・・・
e0173645_19551862.jpg

店入ったところだと分かりにくいんだけど、奥に通されると、広くて明るい座敷がある。
時間が遅いこともあって、比較的空いていて助かった。

さあ・・・
メニューが壁にずらっと並んでいるんだけど、座った場所からだとちょっと見えにくくて・・・
まずは、塩たん(1380円)を。
おーこの厚みと肉質がたまりませんなあ。ここまでくるとタンステーキみたいですな。
しかも、焼いても柔らかいんだよね~
e0173645_19532593.jpg

生レバー・・・お、久々にキューブ系をみたぞー
エッジがきいてますなあ。美味いに決まってるわね。
e0173645_19533024.jpg

ハラミなんだけど、ハラミ(980円)と上ハラミ(1480円)を頼んでみる(さらにその上もあったんだけど)。写真左手が、上ハラミね。普通のハラミでも十分美味くて、写真見ても肉肉した感じ伝わるでしょ。上ハラミなんて、これにさらに脂の甘みも加わって最高ですな。
e0173645_19533646.jpg

箸休め(なのかどうか)に、自家製ひっぱりチャンジャ。白髪ねぎとの相性がいいねー
e0173645_195458100.jpg

今回、これを食べようと思ってたんだよね。ラムシン(1280円)。
赤身の美味いのを食べたいと思って頼んだんだけど、もも肉の一部ね。
ラムシンはイチボの隣りにある希少部位で、脂身が少なくて肉本来の旨味が堪能できる逸品。
e0173645_19534278.jpg

網に置いても、この肉の厚さ。くーたまらんですなあ。
アニマルな味わい、最高。
e0173645_19545291.jpg

そして、もう一つ。マルシン
これも、もも肉なんだけど、ユッケなどに使われることが多いそうで、ももの中でも柔らかい部分。
で、これを注文しようとしたら、「金賞のマルシンもあります」ときた。
通常のマルシン(1180円)とは別に、熊本県の品評会か何かで金賞とった牛のマルシンがあるそうな。300円アップ(1480円)なのね。じゃ、せっかくだし、それにしよ。
アートな肉がやってきましたな。ビジュアルからして柔らかそう。
e0173645_1955369.jpg

上ミノは、また違うもみダレで。おー柔らかいし臭みなしですな。美味い美味い。
e0173645_1955966.jpg

よく行くような焼肉屋と比較したときに、値段だけを見てしまうと高いイメージがあるかもしれないけど、いい肉があの値段で味わえるというのは恐るべしだ。ここへ来たなら、色んな部位を楽しみたいところ。
C級呑兵衛は赤身系が好みなんだけど、肉の美味いところを知り尽くした店って感じがしたね。赤身系を是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:板前焼肉 一斗 天下茶屋本店
場所:大阪市西成区天下茶屋東1-23-18
時間:17:00~24:00頃 月休
電話:06-6659-8618

by nonbe-cclass | 2011-01-27 23:37 | 食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)