タグ:梅田 ( 39 ) タグの人気記事

 

梅田の居酒屋「お魚くわえたどら猫」

♪お魚くわえた どら猫 おっ~かけ~て~

国民的アニメでおなじみの「サザエさん」、日曜日の夜にはかかせない番組ですな。
一方、酒呑みにかかせない店としては、阪急東中通商店街にある「お魚くわえたどら猫」だ。

イニシャルM氏が、仕事にデートに使いまくっているという店なんだそうだ。
そういや、以前にも来たことがあるよなあ。
炭火焼の店で、全国から取り寄せた食材を網焼き、煙モーモーは覚悟だ!

生ビールはメガジョッキ(780ml)で。その後、七輪がテーブルの上にセットされる。
e0173645_22322571.jpg

食材が盛られた大きなざるがやってきた。
長芋のぽたぽた焼き(380円)、沼津産イカの丸干し(480円)、活はまぐり(580円)、小さい玉ねぎ、明太子に厚揚げ。
長芋のぽたぽた焼きは最初に、刷毛で甘めの醤油を塗るのね。
香ばしく焼きあがってウメー
小さい玉ねぎは、そのまま焼いて、食べる時に皮をむいて食べる。
e0173645_22323226.jpg

炭火焼以外に、もちろんお造りも。特に、白身(ヒラメ)が美味いわ。
e0173645_22324087.jpg

活ホタテ醤油焼(500円)、なると金時(360円)、焼しいたけ(380円)、活大あさり(580円)等々
はまぐりに、大あさり、ホタテといい、とにかく貝王としてはたまりませんなあ。
酒が進みますなあ~
以前、来た時にも頼んだ、麦焼酎の「隠し蔵の三悪人」、また頼んじゃったよ。
e0173645_22324574.jpg

シメは釜飯で。ホタテ釜めし(850円)を。
e0173645_22324910.jpg


なんでか、この後に・・・

●近くのダーツバーで、店の人も巻き込んで競争
e0173645_23115181.jpg

●バッティングセンターで100㎞20球
e0173645_231255.jpg

●サッカー(スーパー9ゴール)は、靴そのままっていかないから、素足で蹴って足の甲が撃沈。
●漫画喫茶レースルームで、絶品ミックスジュース
e0173645_23122275.jpg


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:七輪焼 お魚くわえたどら猫
場所:大阪市北区堂山町15-12
電話:06-6367-5177
営業:17:00~24:00(金土は~翌5:00)
e0173645_2232864.jpg

by nonbe-cclass | 2010-11-02 23:19 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

梅田の居酒屋「三起」

新梅田食堂街で酒を呑むのは久々だ。
先日の話、夕方の中途半端な時間に暖簾をくぐる。

「三起」(みつおき)だ。
焼鳥をはじめ、立ち飲みなどの大衆居酒屋が並ぶ中、ちょっと敷居高めの雰囲気が漂う季節料理の店だ。
敷居が高いとはいっても、カウンターだけでなく、テーブル席も充実の広い店内なので入りやすいぞ。

さ、造り盛合わせ 五種盛(1980円)からいくかな。
さざえコリコリしてウメー
e0173645_201599.jpg

そして、これ何か分かりますかなあ~
はも湯葉あん掛け(780円)ですな。はもが柔らかくて上品な味わいだ。
e0173645_2011395.jpg

おすすめは、鶏団子唐揚(580円)。
焼鳥でいうつくねとは違い、すり身ではなく鶏身が団子のようになっているわけ。
野菜などと共に唐揚になってやってくる。
e0173645_2011971.jpg

「こんなとこで、頼むかー」とか思われるかもしれないけど、
メニューにあるなら、何か食べたくなるんだよなあ。
ベトナム料理ではおなじみ、空心菜。空心菜塩炒め(780円)だ。
おー、この味つけええわ~ご飯ほしくなっちゃう。やっぱり、食べといてよかった。
e0173645_201269.jpg

せっかくおすすめの今日のメニューもあるわけだし・・・甘鯛塩焼(980円)もらうかな。
e0173645_2013935.jpg

おーホクホクジューシーな白身が、絶妙な塩加減で味わえる。
今回は魚と鶏ですな、阿波地鳥もも塩焼(980円)もいただこう。
これがまた旨みたっぷりで、しっかりした歯ごたえと噛むほどに肉の旨みがあふれ出る。
e0173645_2014897.jpg

おいおい、軽く呑んで出るつもりだったのに、本気食いしてる・・・

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:季節料理 三起
場所:大阪市北区角田町9-25 新梅田食堂街
時間:15:00~23:00(休日は14:00~)
電話:06-6315-9441
e0173645_2005091.jpg

by nonbe-cclass | 2010-05-28 21:00 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

梅田の焼肉「肉やくねん」

先週の話。
ネーミングに惹かれて北新地にやってきた。
北新地とは言っても呑んだくれにきたんじゃなくて、焼肉。
(北新地は金曜日に、帰宅が夜中3時になるほどに呑んでるけど)

「肉やくねん」

2Fの座敷に通される。
いつもは「焼肉食べるぞー」ってな感じの庶民的な店が多いんだけど、今回はちょっとおしゃれで明るい感じ。

まずは、生レバ(740円)。シャクっとした弾力と食感が美味い。
e0173645_1420890.jpg

これはオススメだけど、上塩タン うす切(1370円)。
厚切りもあったんだけど、塩タンは薄切りが好きなもんで。
ただ、薄切りとはいっても、他の店よりも少し厚めな気がする。それに、この肉肉した味わいは何だろう。
e0173645_14202471.jpg

たまラン盛り(2300円)は、赤身のええとこ3種盛り。今日は何か聞いてみたところ、ハネシタ、上カルビ、ヒウチだった。
e0173645_14203522.jpg

e0173645_1420447.jpg
赤身の野生的な味わいならヒウチだな。
細かいサシは入っているものの、しっかりした肉質と味わいは「肉食ってる感」満載だ。
そして、和牛ハラミ(1360円)。他の肉もそうだけど、基本厚めにカットされているから、食べ応え十分。
そういう意味では、このハラミは是非たべておきたい一品だ。
e0173645_14205070.jpg

しめは冷麺(750円)。
良妻はクッパ(750円)、へー玉子スープと違うクッパか。
e0173645_14194481.jpg
e0173645_14195132.jpg

スタッフの対応もとてもよく、気持ちよく肉をかっつりいただきました。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:肉やくねん
場所:大阪市北区曽根崎新地1-11-5
時間:17:00~5:00(土祝は~25:00) 日休
電話:06-6451-0141
e0173645_14193027.jpg

by nonbe-cclass | 2010-04-11 18:12 | 食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(2)  

梅田の居酒屋「大御所酒坊」

「おにいちゃん、よかったらこれつまんでな」

今日はバレンタインデーですな。
C級呑兵衛は、「季節を居酒屋で感じる」といつも言ってるんだけど、今日もそんなところ。
冒頭のセリフがそう、どう結びつくかって?

昼間に少し仕事があって、その帰りのこと。
梅田で昼酒、「一杯ひっかけて帰るか」と、「ホワイティうめだ」を歩く。

久々だ、ネーミングに惚れる居酒屋「大御所」の暖簾をくぐる。
酒(350円)と湯豆腐(300円)をもらう。
酒は月桂冠の上撰1合瓶。これに大きな猪口を出してくれる。
湯豆腐は、豆腐にたっぷりのダシをかけて、さらにたっぷりのねぎとトロロをまぶす。
ん~温まるし、この味落ち着くわー
e0173645_1684185.jpg

これだけでもお腹一杯になりそうなんだけど、お酒おかわりして、いかぶつ切り(400円)をもらう。たこぶつと聞くと刺身をイメージするけど、こちらはボイル。
e0173645_16173196.jpg

小鉢に入ってるんだけど、いかは確かに大きくぶつ切り。これを、たっぷりのしょうが醤油でいただく。

明るくて、客との会話に忙しいおかあちゃん。
そんな中で、さりげなくこっちに来て、器をおいていく。
「おにいちゃん、よかったらこれつまんでな」
湯豆腐に使うそれと同じ器の中に、チョコレート。
e0173645_1623568.jpg

「チョコレートつまんでな」か・・・らしいなあ。
だから、居酒屋探訪は止められない。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名: 大御所酒坊
場所:大阪市北区角田町梅田地下街2-8 ホワイティうめだ ノースモール1
時間:10:00~21:00 毎月第3木休
電話:06-6312-0282

by nonbe-cclass | 2010-02-14 16:42 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

阪急うめだ本店周辺の通行規制

2011年から2012年は百貨店戦争、各所で建替えや増床が進んでおりますなあ。
大阪梅田だけでもどうよ、既存の百貨店はもちろんのこと、JR大阪駅リニューアルに伴い、新たにJR大阪三越伊勢丹も進出してくる。大阪の中心が、これだけ一気に工事にかかってるって凄いことだよね。

で、こうしたこともあって、この一帯、通行規制や通行止めなどがあるんだけど、C級呑兵衛的には、あの阪急百貨店のメイン通りからホワイティうめだへ降りる階段のところが通行止めになっていたのがインパクト大きかったんだけど、これがいよいよ通行できるようになった。少しずつ、生まれ変わる梅田が楽しみになってくる。
e0173645_12451275.jpg
楽しみといえば、人の動き。
ムービングウォークとその横の歩道、阪急神戸線寄りがいよいよ通行止めに入った。
サラリーマンをはじめ、普段から歩きなれている道が通行止めになったとき、どう歩くか迷ってしまう。
阪急梅田駅からムービングウォークを抜けると、JR方面、阪急百貨店方面、HEP方面からの人が交差する。
普段は、互いに避け合うことで、一定のリズムがあるような気がするんだけど、ちょっと普段と違う道を通らされることで、この交差ポイントはもうベトナムの交差点状態だ。「そう歩いてくるか」なんて。

近々、阪急とJRを結ぶ秒読みする横断歩道に向かう阪急側が通行止めになる。
工事の間は、普段あまり歩かない道も歩いて、梅田を楽しむことにしよう。

by nonbe-cclass | 2009-08-14 23:08 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

梅田のカレー専門店「上等カレー」

ランチにカレーを食べる時の話なんだけど、
C級呑兵衛はエスニック料理が好きなので、カレー専門店のものよりも、インド料理やタイ料理のさらっとしたカレーばかり。

ただ、そんな中でも、C級呑兵衛がお気に入りのカレー専門店があるのね。
最近、会社の近くにも出来てラッキーなことになっている。

「上等カレー」だ。
大阪市内を仕事で回ったりする人は「ああ、あれね」だろうね。
大阪市内には多くの店舗を構えているんだけど、北摂は吹田、あとは、東大阪・堺・奈良にしか店舗がないから、阪急沿線に住む人にはあまり馴染みがないかも。

これが、Whityうめだは泉の広場近くにあるじゃあないかあ。
言ってくれないとおー、早速入りましたよー
e0173645_1645321.jpg

ところで、うどんの「得正」はご存知?
こちらも大阪市内を中心に全国展開してるんだけど、カレーうどんが有名なのね。
冷凍食品にもなっていて、石橋の「楽市」でも売ってるぞ(そこまでピンポイントに話すことでもないけど)。
「上等カレー」は、実はこの「得正」と同じ会社が経営しているので、同じカレーが味わえる。

「上等」というのはこだわりのルーのことですな。
贅沢に黒毛和牛と玉ねぎを使ったルーをベースとして、何種類ものスパイスをあわせた完全オリジナルなカレー。
e0173645_1663287.jpg
一口食べると、「お、甘いな。」玉ねぎの甘味がとても利いている。
・・・が、後からビリビリと辛さがやってくる奥行きのあるカレー。甘いキャベツのピクルスと合わせて食べる。
オススメは、サクッとした食感がいいトンカツカレー(800円)だ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:福島・上等カレー Whityうめだ店
場所:大阪市北区堂山町3-3 梅田地下街B-16
営業:11:00~21:30

by nonbe-cclass | 2009-05-16 23:16 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

梅田の居酒屋「とり平」

久々に暖簾くぐらせてもらうよ。
「いらっしゃいませ!あっ、どうも」

ここ暫く来てなかったからなあ。でもなあ、やっぱり恋しくなるあの焼鳥の味。
新梅田食堂街にある焼鳥の「とり平」だ。
e0173645_13323426.jpg

新梅田食堂街を普段横目に通り過ぎている人は、要チェックですぞ~
蕎麦屋ができたり、タイ料理の店がが出来たりしてるんだから。

おっさんのたまり場的な店が並んでるんだろうと思う人もいるかもしれないけど、
この「とり平」、創業50年以上続く老舗中の老舗だ。
カウンターだけの小さな焼鳥店、暖簾はあってもオープンだから、通る人通る人が「おっやってるやってる」てな感じで様子を確認しながら通り過ぎる。

席に座ると、まず付出しとして焼鳥がでてくる
e0173645_13311868.jpg

これは、合鴨の身と皮ですな。
あと、口直しに大根おろしにポンズがかかったものが出てくる。

この店のタレ焼、創業以来の秘伝のタレなんだって。
付出しのねぎまの後には、やはり・・・ネオポンポン(1皿2串500円)だな。
三角(ヒップ)のことなんけど、これが絶妙な歯ごたえなんだよね。
e0173645_13312652.jpg

普通は柔らかくて脂っぽいものが多いんだけど、ここはシャクシャクとした固めの歯ごたえがいい。あと、挟んでいるものが玉ねぎで、こいつとセットなことで、とてもあっさりいただける。お替りしちゃったよ。

あと、ネオドンドン(心臓:1皿3串450円)ね。
この柔らかさとプリプリ感は素晴らしい。
e0173645_13422089.jpg

おっと、いつの間にか席が埋まってる。
通りすがりに横目で見ながらも気にしてるでしょーそこのあなた、席空いてますよーそんな人が多いぞ。入りゃいいのに。

若鳥手羽先(500円)、これがまた美味いんだな。
外側パリっとした感じで焼き上げてあるんだけど、中がジューシーで酒が進むっての。
e0173645_13313050.jpg

ゴールデンウィーク中でも営業してるんだ・・・
ささ、適度に昼酒を切り上げて、次の人に席を譲るかな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:大阪一とり平 本店
場所:大阪市北区角田町9-10(新梅田食道街)
電話:06-6312-2006
営業:平日15:30~22:30、土曜日12:00~22:00 祝12:00~21:00 日休

by nonbe-cclass | 2009-05-05 13:45 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

梅田のベトナム料理「BIA HOI」

日曜日、朝っぱらから東大阪大学とやらに資格試験を受けに行った帰り、
梅田で遅めのランチをとることにした。

妙にエスニックな音楽が流れてるなあ・・・
音楽につられてやってきたのは、
ベトナム料理「越南酒飯BIA HOI」(ビアホイ)だ。

e0173645_07281176.jpg

バイキングというキーワードで入ったんだけど、
バイキングというのは食事じゃなくて、デザートがバイキングだった。
でもね、これが人気なのかしら、店は若い人で満載だ。

店内はいい感じのエスニックムード。
ベトナムのお面が飾ってあったり、スゲ傘が照明に使われたり。
カジュアルな感じがいいんだけど、あ、表でも食べられるんだ。
スイーツバイキングには味のあるワゴン使ってるねえ。

e0173645_07263667.jpg

何か開放的な雰囲気だと思ったら、店名「ビアホイ」というのが、そもそも大衆酒場という意味だそう。
じゃあ、定食が出てくるまでに、サイゴンスペシャルでも飲むか。

e0173645_07274125.jpg

ミートム定食にしてみるかな。
定食なんだけど、いくつかのベトナム汁麺の中から好きなのをチョイスして、これに煮豚御飯をつけたセット(バイキングなしの定食900円)があるわけ。
ちょっと太目の縮れ麺、これがミーと呼ばれるもので、あとはトム。これトム・ヤム・クンで御馴染み、海老ですな。

e0173645_07271480.jpg

ココナッツの入ったコクのあるピリ辛な味わいのスープがいいですな。
高菜も合わせ甘辛く炒めた煮豚御飯も、御飯がすすむ。

C級呑兵衛は甘いものをあまり積極的に食べないので、デザートバイキングにはしなかったんだけど、
果物やジュースも色々楽しめそうで、後から「しまった」と後悔するC級呑兵衛だった。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:越南酒飯 BIA HOI(ビアホイ)
場所:大阪市北区角田町2-15 城口ビルB1F
電話:06-6292-2345
営業:食堂&甘味11:30~17:30、酒&飯17:30~23:00

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2008-06-16 23:54 | 食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

梅田の焼肉「味門」

幾度と通る道、紫の暖簾に赤提灯がどうしても頭から離れなかった。
ガード下で長年営業している感じの店構えなのよね。

居酒屋の話をしているようだけど、焼肉屋の話。
ガード下というのは、阪急梅田駅のこと。

「味門」(みかど)だ。
昭和の懐かしい香り満載の店内だ。

肉は、ガスコンロで焼くスタイル。

さて、生レバ(580円)からいただくかな。
臭みが全くなく甘い。このかかっている胡麻だれ美味いなあ。
e0173645_1649139.jpg

あと塩もので、たん塩(990円)につらみとはらみ(840円)にするか。
ここのメニューをみると、焼き物一つ一つの下側に括弧書きで、一言コメントがあるんだけど、
たん(話上手に)、つらみ(男前になる)、骨付きウインナー(ワンパクに)・・・ちょっとした茶目っ気もあるぞ。
女性がつらみ食べて男前になるとややこしいけどね。
e0173645_16492725.jpg

e0173645_16504764.jpg

e0173645_16493375.jpg

タレものはバラ(950円)にするか・・・全体的に価格は安めだよね。
ガスコンロでしみじみ焼いてると、家で焼肉やってる感じだね。
e0173645_16513724.jpg

時間が少し早めだったので店内は静かだったけど、頭上で梅田駅を出入りする阪急電車のゴトゴト音が、庶民的な感じを醸し出しグーだった。


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:味門
場所:大阪市北区芝田1-7-11
電話:06-6372-9857
営業:17:30~23:00 日祝休
e0173645_16514736.jpg

by nonbe-cclass | 2007-08-26 23:04 | 食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)