タグ:梅田 ( 36 ) タグの人気記事

 

梅田の居酒屋「おでん 八重福」

休憩といえば「ビールに串かつ」、時間調整といえば「おでん」だ(びっくりするほど、全くなんの根拠も信頼性もないわね)。30分程度くらいで、ふらっと入ってちょっと呑んでさっと帰れる店があると有難いよね。

今回、おじゃましたのは、梅田豊崎にあるおでんのお店「八重福」だ。
e0173645_22135576.jpg

入口に近いカウンターに腰を掛けて、瓶ビールを注文する。
おでんの注文は、テーブルにある白紙にちょちょいと書いて渡すタイプ。
メニューは、充実したおでん以外にも、良さげなお造りや一品メニューもホワイトボードに並ぶ。

おでんわね~こんにゃく(100円)、大根(180円)にしいたけ(230円)もらおうかな。
e0173645_22141324.jpg

ほんのり甘めのおダシが何とも落ち着くね~美味い!
厚切りの大根も、しっかり味もしゅんで柔らかいや。

そして、剣いか造り(650円)。ハリのある身がコリコリしてウメー
e0173645_22141959.jpg

ビールの後は、「黒霧島」をロックにして、と。
「八重福」のおでんは、他ではあまり見かけないようなおでん種もちらほらなんだけど、野菜も結構充実してるんだよね。トマトなんてのもあるな。

葉ものが食べたかったので、春菊(280円)いただくかな。少しとろろ芋が落としてあるね。
これがまた、美味いんだよなぁ。春菊に期待する茎の食感が絶妙やな。ダシとよく絡む中、ほんのり苦みが心地いい。このボリューム感も嬉しいよね。
e0173645_221453100.jpg

そしてやっぱり、かき(280円)いっとこ。
このかきがまた柔らかいんだわ。煮込むと身が縮んで硬くなるのが多い中、ここのは一粒口に入れると、生の食感と同じ、繊細な軽ーい柔らかさが保たれている。美味い!
e0173645_22155424.jpg

一番最初に注文していたんだけど、最後にしいたけ登場。絶妙なタイミングで出してもらえるんだわ。
肉厚でプリッとしたしいたけ、噛みしめるとジュワーとダシが溢れだす。煮込みすぎてないから、コロンコロンしたもともとの形状を崩さず、椎茸そのものの食感を最大限に活かしてるよなぁ。
e0173645_22145960.jpg

おっと、そろそろ移動しないとまずいな。
寒いこの季節におでん最高ですな、また行こう。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:おでん 八重福
場所:大阪市北区豊崎3-10-2 アイ&エフ梅田ビル1F
時間:11:30~14:00、17:30~24:00(土は~23:00)
電話:06-6376-2878

【C級呑兵衛からのお知らせ】
●HDC「おつまみコンテスト」で審査員やりますのでよろしくお願いします~
e0173645_224065.jpg
C級呑兵衛facebookでは飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています~
「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」では、各地のグルメやおすすめスポットを紹介!みてね~

by nonbe-cclass | 2012-01-08 09:42 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

梅田の居酒屋「串かつ 鳥の巣」

年末に色々と買い物に出かけるわけよ。
年末年始だから必要な買い物ってあるでしょ、それに加えて、家電で「おいおいこのタイミングで壊れちゃう?」ってのが次々出てきて、てんやわんや。

もー途中で休憩でもしなけりゃ、やっとれんな・・・
と、立ち寄ったのが、ホワイティうめだの中にある、「串かつ 鳥の巣」
え?何?
休憩といえば、ビールに串かつでしょ。
梅田ど真ん中で、昭和の大衆居酒屋満載ですな。タイル壁面に、しぶい串かつメニュー。
e0173645_9381316.jpg

誤解してもらっちゃあ困るけど、まあ、客層・味・雰囲気何もかもが全体的に雑だわ(笑)
これぞ、こってこて居酒屋って感じ。
キャベツがごつい切り方のまんまで、ぼっさーってラーメン鉢にもられているかと思えば、
ソースもどんなけたっぷり・・・
e0173645_9384525.jpg
e0173645_104725.jpg

一通り注文したら、その一通り分が一気に運ばれてくる。
運んできたおばちゃんが、中身を確認しながら別の皿に置いていく。
たまねぎを皿に移す途中で楊枝がとれてテーブルに落とすわ、全部置ききった後に、なぜか手元に残る1本の串かつ、その行き場に困り、「もしあれやったら、もらうで」と言わせるわで、
いやでもコミュニケーションをとるハメになるところがおちゃめだ。そういうの嫌いじゃない。

串も、「繊細さってなんですか?」ってなくらい男っぽい仕上がり。
串かつの原点ともいえる、「安い具材でお腹いっぱい食べる」スタイルをキープしていると思う。
衣がごつごつ荒い系で、ざっくりと頬張る感じ。見た目ほど、油っこくないや。
e0173645_9382129.jpg
e0173645_939159.jpg

串かつは100円から。紅しょうが(160円)もあるよん。
e0173645_9382599.jpg
e0173645_9383291.jpg

ちょっと箸休めに、じゃこおろし(330円)。これも、なかなかたっぷりですな。
でも、焼鳥や串かつの時って、大根おろしが結構有難い存在なのよね。
e0173645_9384958.jpg

えび(160円)、きす(160円)にホタテ(200円)など魚介もしっかりといただいて。
e0173645_9385847.jpg

精算はおばちゃんを呼んで、食べた串をテーブルに並べて勘定するのね。
そういや、この光景も最近見なくなったな。

ビール飲んで顔赤くして、昼間のホワイティうめだに再び飛び出す。
あ・・・まだ買い物途中か。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:鳥の巣
場所:大阪市北区角田町2-5 ホワイティうめだノースモール
時間:10:00~21:30
電話:06-6312-0817

e0173645_9372790.jpg

【C級呑兵衛からのお知らせ】
●HDC「おつまみコンテスト」で審査員やりますのでよろしくお願いします~
e0173645_224065.jpg
C級呑兵衛facebookでは飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています~
「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」では、各地のグルメやおすすめスポットを紹介!みてね~

by nonbe-cclass | 2012-01-02 12:59 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

梅田のうどん「きしめん あまの」

冬になると食べたくなるものって色々あるんだけど、その一つが牡蠣。
もー生牡蠣なんか最高だわね。

今回は、生牡蠣ではないんだけど、寒くなると食べたくなるものがある。
梅田は、ホワイティうめだの中にあるお店、「あまの」だ。このあたりでは、めずらしく名古屋名物きしめんを楽しめる老舗だ。
e0173645_23444676.jpg

名物の味噌煮込うどんが美味いんだけど、ここでこの時期に楽しめるのが牡蠣入り。
店先にも、「本日、牡蠣入荷しました」の張り紙が出てるわけ。

先日、ひっさびさにあっつあつをハフハフしてきた。
煮込んで鍋まで熱くなった牡蠣入り味噌煮込うどん(1550円)がやってきた。
e0173645_23445256.jpg

ご当地愛知産の八丁味噌で太麺をしっかり煮込んで、最後に生卵を落とす。
濃厚だけど、嫌気が来ないんだよね。ここに、ニラやねぎのしゃきしゃき感、ん~相性がいい。
また、麺がもちもちでうめー
そして、メインの牡蠣、けちけちせんとゴロゴロ入ってるぞ(下の写真は一部寄せただけ)。
e0173645_23445697.jpg

寒くなってきたこの時期、あったかい煮込みうどん是非!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:きしめん あまの
場所:大阪市北区角田町2-5 ホワイティうめだノースモール1
時間:11:00~21:30 不定休
電話:06-6312-3470

~お知らせ:審査員やりますのでよろしくお願いします~
e0173645_224065.jpg

by nonbe-cclass | 2011-12-08 00:19 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

梅田の居酒屋「荒磯水産」

阪急梅田駅高架下、かっぱ横丁の中にある居酒屋「荒磯水産」
繁盛する居酒屋が軒を連ねるかっぱ横丁で、大漁旗や木箱などが目を惹く。
e0173645_834818.jpg

調理場を囲むようにカウンターがあり、それをさらに外側から囲むのがテーブル席。
寿司でおなじみの民芸茶屋「友栄」などのブランドをもつ会社が経営している。

店名からも魚介が楽しめそうなわけだけど、全国朝一で採れた食材を産地直送で仕入れているそうな。
カウンターに腰掛けて、と。
Jr.が枝豆を注文するときに合わせて、ゆずホタテ(380円)を。
ひもの部分をたっぷりの柚子と和えて。コリコリの歯ごたえがいいですなぁ。いい酒の肴~
e0173645_815860.jpg

造り盛は・・・荒磯盛(1980円)を。
サーモン、ひらめ、ぶり・・・これはトロに車海老ですな。
車海老甘いね~活けなので、食べて尻尾だけになっても、ピクピク動いてたぞ。頭の部分は塩焼きにしてある。
e0173645_82439.jpg

店長おまかせ鮮魚の天ぷら(680円)をお願いしたら、アカハタが出てきた。
名前の通り、ハタなんだけど小振りながら高級魚なんだそうだ。
切り身をみると、鯛のように見えるんだけど、身がふわふわであっさりしている。頭の部分も揚げてあるので、まるかぶり出来たぞ。
e0173645_823295.jpg

寿司好きのJr.は、単品で握り頼んでたな。
魚料理メインなので、他の居酒屋のように茶漬けや焼きおにぎりがないところが残念だけど、であれば、せっかくなので握りを楽しもう。
e0173645_823711.jpg

さて、酒は酒田酒造「上喜元」、超辛純米吟醸
めちゃすっきり、キレのある酒ですな。美味い~
グラスの高さが枡より少し高いくらいなので、枡一杯に酒を入れると、なみなみ入ったグラス持ちにくいんですけど(笑)
e0173645_832730.jpg

イカ王としては、日本酒の肴にイカは外せない。いかのわた焼き
たっぷりのねぎと、こってりコクのあるイカ焼きを頬張る。うめー
e0173645_83297.jpg

これは、新鮮魚の生春巻(780円)。
サーモンやまぐろなどをぎゅっと詰めてあり、食べ応え十分。
e0173645_831651.jpg

アカハタは天ぷらに、刺身も色々といただいたので、何か塩焼きを・・・
店の人に聞いてみると、「あと1つだけ鯛のかまいけますね」ということだったので、店長おまかせ鮮魚のかま焼き(580円)を鯛でお願いした。
身の福々しいこと、ぷりぷりですな。かま焼きでもたっぷりいただけますな。
e0173645_833252.jpg

ちょうど、調理場のまな板がよく見えるところだったんだけど、ピシピシ跳ねる魚をみながらの食事でしたな。
調理場の人達も気さくな人たちばかりで、客と、魚(食材)のことを丁寧に説明したり、Jr.にも気軽に声をかけてくれたり、終始、フレンドリーな感じでしたな。

梅田ど真ん中なので、仕事帰りの一杯にでも是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:海鮮居酒屋 荒磯水産 梅田店
場所:大阪市北区芝田1-7-2 かっぱ横丁内
時間:11:30~14:30、17:00~23:00
電話:06-6372-6806

by nonbe-cclass | 2011-11-26 12:01 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

梅田のうどん「釜たけ流うめだ製麺所」

もう結構な人達が行ってるとは思うけど、
先日、梅田の「釜たけ流うめだ製麺所」で、会社のメンバーと出先帰りにお昼を食べることになった。
e0173645_17301833.jpg

わー何にしよ~かなー
ちく玉天ぶっかけだと面白くないかしら・・・鶏天ぶっかけ(780円)にしてみるかな。
入口入ってすぐ右手に食券の券売機。

「え?なんで?だって、写真見たら全部のってるやん」
一緒にいたメンバーが、鶏天ぶっかけだから鶏天はあるにしても、天ぷらは好みで、トッピングだから別に頼まないと、というのだ。
そうなの?とか思いながら、麺は大盛り(100円)にして、とうもろこしの天ぷら(100円)を買ってみた。

で、しばらく待っていると・・・
e0173645_17301937.jpg

しっかり、写真通りに天ぷら乗っとるやないか(怒)
しかも大盛りが、かなりボリューミーな形に見えるのですが、気のせいでしょうか。

で、若干ショックを受けているところに、
「お待たせしましたー」と、とうもろこし天ぷらの追加分がやってきた
e0173645_17302737.jpg

まったく・・・ま、いいや。早速、いただこう。

あまり薀蓄好きじゃない(そもそも語れないし笑)ので、感覚で表現すると、
なんばの「釜たけうどん」とは、麺がまったく違うと思っていい。
もともと、C級呑兵衛は、どちらかというとエッジのきいたハード系の麺が好きなんだけど、それと比較するとかなり、のど越しの良い滑らかな麺だ。コシはしっかりあるけど、大きく主張することなく、どちらかというと、麺のモチっとした食感が勝つ。ツルモチッですな。
喉越しがかなりいいので、ズズズッといける。今回、冷のぶっかけで食べてるんだけど、温かいダシでもいただいてみたいなぁ。美味い!!
天ぷらもアツアツでサックサク・・・おいおい、このとうもろこしや人参の甘いこと。

いやあ、美味かった。讃岐うどんというカテゴリではないのかしら。ま、気にせず、今度、あったかいの食べに来よう。
皆さん、ガセ情報には注意して注文をしよう。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:釜たけ流 うめだ製麺所
場所:大阪市北区角田町5-1 OS楽天地ビル1F
時間:11:00~23:30(麺切れ終了まで)
電話:06-6360-6037

by nonbe-cclass | 2011-10-22 18:17 | ・食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

梅田の居酒屋「ひょうたんや」

新梅田食道街には、いいお店がいくつもあることを知っていながら、全然足を運べていない・・・ま、これもC級呑兵衛ならでは、ですな。
そんな中で、ようやく入ることができた1店、「ひょうたんや」だ。

立飲み屋で、10人入れば結構きついかなーって感じ。
日曜日の夕方で、ちょっと空いてる感じだったので入ってみることにした。
e0173645_7553716.jpg

とりあえず一杯目は生ビールをもらうんだけど、スーパードライにするか、プレミアムモルツにするか黒にするかのチョイスから。というか、日本酒・焼酎の充実ぶりもすごいが、隣の人はワイン飲んでるよな・・・
狭い厨房ではあっても、日本酒の入る冷蔵ショーケースがビシッとある。

「わーこれは悩むわ・・・」

外からだとメニューの一部しか分からなかったんだけど、中に入って、大将の背後にある棚に、ここぞとばかりに手書きのメニューが炸裂する。
それがさぁ、枝豆ーとか乾きものーとかじゃなくて、いちいち酒飲みを悩ませる一品ばかりだ。
さっき、飲み物の充実度合いを書いたけど、ワインならワインに合うアイテムもちゃーんと用意されている。

とりあえずきずし(400円)からもらおうかな。
うおっ!何これ・・・こんなに脂ののったきずしとは。口に入れるととろけますなあ。
e0173645_7551942.jpg

こちらは、レンコンといんげんの柚子コショウマリネ(350円)。
柚子コショウの風味がさりげなくきいた一品。お野菜のしゃきしゃき感がたまらんね~
e0173645_7552453.jpg

これあかんわ・・・ビールから日本酒に切り替えよう。
「雁木」(600円)をもらって・・・

活けの魚貝メニューがいくつかあるんだけど、
さっき向こうのお客さんが頼んでいた活つぶ貝造り(750円)を注文しようかなと思ったら、さっきので終わりだった。「活けでないつぶ貝造り(350円)もあるけど」ときたが、「だって、さっき見みちゃったもん、活けを。」と返すと大将も笑いながら、「せやな見てしもたらな」。
で、日本酒も「呉春」にしたところだったし・・岩牡蠣もあるけど・・・・じゃあタコにしようかなー

さっと、湯くぐりさせた活たこつくり(700円)。
梅ソースとの相性ばっちりだね。
e0173645_755311.jpg

後から来たお客さんが、それみて「じゃあ、タコ」。
さっきの活つぶ貝もそうだけど、隣の人が食べているものが欲しくなることあるんだよね。

立飲みなんだけど、立飲みのクオリティは遥かに超えてる魅力あるお店。
是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ひょうたんや
場所:大阪市北区角田町9-25 新梅田食道街1F
時間:16:00~23:00(土日祝~22:00) 不定休
電話:06-6362-7087
e0173645_7554398.jpg

by nonbe-cclass | 2011-07-05 20:14 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

梅田の居酒屋「釣りバカ」

先週金曜の話。
えらい雨なのに、呑みに行くことになったわけ。
向かった先は、北新地。

北新地となると、「お、なんかゴージャスな感じですな」と思われるかもしれないが、
やってきたのは「釣りバカ」

え?間違ってないよ、居酒屋「釣りバカ」。

L字カウンターに10人も入れば満員御礼という小さなお店だが、美味しい魚が楽しめる。
店内には、魚拓と焼酎がならぶ。店名、魚拓からして大将が釣り好きなのは分かるよね。
e0173645_22301347.jpg

店に入った時、すでに他のお客さんで大将がバタバタとしていた感じだったんだけど、
「悪いな、今日は一人でやってるからちょっと待ってくれるかな」
待つのは全然いいんだけど・・・
何度か来たことあるけど、いつも一人じゃないかなぁ
ま、あまり深く考えないでいよ。

マカロニサラダ(470円)をとりあえず、つつきながら・・・
酒は、芋焼酎「幻の露」を。これは、メルシャン、つまりキリンビールが販売しているもので、お酒の製造そのものは鹿児島の白露酒造だ。黄金千貫を使った味わいある酒だ。
e0173645_22293977.jpg
e0173645_22294440.jpg

あ、辛!なかなか根性すわった辛子明太子やな。これ酒にあうなー
e0173645_22295483.jpg

お、きたきた。ボリューミー~
盛り合わせ(2600円)。タコ、平目、カンパチ、アオリイカ、マグロですな。
平目、カンパチあたりが脂のって美味いな。
e0173645_2229492.jpg

これ・・・最近、立て続けに他のお店でもメニューにあった魚で、気になるから頼んでみよ。

タモリ(580円)。

聞いたことないわ・・・
これね、セトダイという魚で、名の通り、兵庫から中四国にかけての瀬戸内でこう呼ばれるんだそうな。タイとはなっているんだけど、真鯛などのタイ科ではなくイサキ科なんだね。
15cmほどと小振りなんだけど、塩焼きで。これがまた、あっさり淡白で美味い!
e0173645_2230068.jpg

こちらも、あまり居酒屋メニューではみかけないかな・・・コチ(580~1050円)。
砂地のところにペターといる感じで、見た目・・・ハゼの大きいのん、みたいな。
これも興味があったので、同じように焼いてもらうことに。

あ・・・腹の面を上にして、こんがりと仕上がってきましたな。
お、これ美味いな。
さっきのセトダイと同じように淡白な白身なんだけど、さっきより弾力のあるしっかりした身なわけ。
ついつい、箸を伸ばしてしまう味わいだ。
e0173645_2230762.jpg

店内の客が一通り落ち着いたところで、大将との釣り話で盛り上がる。
普段は店があるので、当然、店の魚も仕入れになるけど、釣りに出掛ければ釣果が店に反映されることもあるんだろうね。よく、伊勢方面に出掛けるそうな。
興味のある人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:家庭料理 釣りバカ
場所:大阪市北区曽根崎新地1-5-13
電話:06-6343-8722

by nonbe-cclass | 2011-06-18 10:36 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

梅田の居酒屋「お魚くわえたどら猫」

♪お魚くわえた どら猫 おっ~かけ~て~

国民的アニメでおなじみの「サザエさん」、日曜日の夜にはかかせない番組ですな。
一方、酒呑みにかかせない店としては、阪急東中通商店街にある「お魚くわえたどら猫」だ。

イニシャルM氏が、仕事にデートに使いまくっているという店なんだそうだ。
そういや、以前にも来たことがあるよなあ。
炭火焼の店で、全国から取り寄せた食材を網焼き、煙モーモーは覚悟だ!

生ビールはメガジョッキ(780ml)で。その後、七輪がテーブルの上にセットされる。
e0173645_22322571.jpg

食材が盛られた大きなざるがやってきた。
長芋のぽたぽた焼き(380円)、沼津産イカの丸干し(480円)、活はまぐり(580円)、小さい玉ねぎ、明太子に厚揚げ。
長芋のぽたぽた焼きは最初に、刷毛で甘めの醤油を塗るのね。
香ばしく焼きあがってウメー
小さい玉ねぎは、そのまま焼いて、食べる時に皮をむいて食べる。
e0173645_22323226.jpg

炭火焼以外に、もちろんお造りも。特に、白身(ヒラメ)が美味いわ。
e0173645_22324087.jpg

活ホタテ醤油焼(500円)、なると金時(360円)、焼しいたけ(380円)、活大あさり(580円)等々
はまぐりに、大あさり、ホタテといい、とにかく貝王としてはたまりませんなあ。
酒が進みますなあ~
以前、来た時にも頼んだ、麦焼酎の「隠し蔵の三悪人」、また頼んじゃったよ。
e0173645_22324574.jpg

シメは釜飯で。ホタテ釜めし(850円)を。
e0173645_22324910.jpg


なんでか、この後に・・・

●近くのダーツバーで、店の人も巻き込んで競争
e0173645_23115181.jpg

●バッティングセンターで100㎞20球
e0173645_231255.jpg

●サッカー(スーパー9ゴール)は、靴そのままっていかないから、素足で蹴って足の甲が撃沈。
●漫画喫茶レースルームで、絶品ミックスジュース
e0173645_23122275.jpg


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:七輪焼 お魚くわえたどら猫
場所:大阪市北区堂山町15-12
電話:06-6367-5177
営業:17:00~24:00(金土は~翌5:00)
e0173645_2232864.jpg

by nonbe-cclass | 2010-11-02 23:19 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

梅田の居酒屋「三起」

新梅田食堂街で酒を呑むのは久々だ。
先日の話、夕方の中途半端な時間に暖簾をくぐる。

「三起」(みつおき)だ。
焼鳥をはじめ、立ち飲みなどの大衆居酒屋が並ぶ中、ちょっと敷居高めの雰囲気が漂う季節料理の店だ。
敷居が高いとはいっても、カウンターだけでなく、テーブル席も充実の広い店内なので入りやすいぞ。

さ、造り盛合わせ 五種盛(1980円)からいくかな。
さざえコリコリしてウメー
e0173645_201599.jpg

そして、これ何か分かりますかなあ~
はも湯葉あん掛け(780円)ですな。はもが柔らかくて上品な味わいだ。
e0173645_2011395.jpg

おすすめは、鶏団子唐揚(580円)。
焼鳥でいうつくねとは違い、すり身ではなく鶏身が団子のようになっているわけ。
野菜などと共に唐揚になってやってくる。
e0173645_2011971.jpg

「こんなとこで、頼むかー」とか思われるかもしれないけど、
メニューにあるなら、何か食べたくなるんだよなあ。
ベトナム料理ではおなじみ、空心菜。空心菜塩炒め(780円)だ。
おー、この味つけええわ~ご飯ほしくなっちゃう。やっぱり、食べといてよかった。
e0173645_201269.jpg

せっかくおすすめの今日のメニューもあるわけだし・・・甘鯛塩焼(980円)もらうかな。
e0173645_2013935.jpg

おーホクホクジューシーな白身が、絶妙な塩加減で味わえる。
今回は魚と鶏ですな、阿波地鳥もも塩焼(980円)もいただこう。
これがまた旨みたっぷりで、しっかりした歯ごたえと噛むほどに肉の旨みがあふれ出る。
e0173645_2014897.jpg

おいおい、軽く呑んで出るつもりだったのに、本気食いしてる・・・

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:季節料理 三起
場所:大阪市北区角田町9-25 新梅田食堂街
時間:15:00~23:00(休日は14:00~)
電話:06-6315-9441
e0173645_2005091.jpg

by nonbe-cclass | 2010-05-28 21:00 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

梅田の焼肉「肉やくねん」

先週の話。
ネーミングに惹かれて北新地にやってきた。
北新地とは言っても呑んだくれにきたんじゃなくて、焼肉。
(北新地は金曜日に、帰宅が夜中3時になるほどに呑んでるけど)

「肉やくねん」

2Fの座敷に通される。
いつもは「焼肉食べるぞー」ってな感じの庶民的な店が多いんだけど、今回はちょっとおしゃれで明るい感じ。

まずは、生レバ(740円)。シャクっとした弾力と食感が美味い。
e0173645_1420890.jpg

これはオススメだけど、上塩タン うす切(1370円)。
厚切りもあったんだけど、塩タンは薄切りが好きなもんで。
ただ、薄切りとはいっても、他の店よりも少し厚めな気がする。それに、この肉肉した味わいは何だろう。
e0173645_14202471.jpg

たまラン盛り(2300円)は、赤身のええとこ3種盛り。今日は何か聞いてみたところ、ハネシタ、上カルビ、ヒウチだった。
e0173645_14203522.jpg

e0173645_1420447.jpg
赤身の野生的な味わいならヒウチだな。
細かいサシは入っているものの、しっかりした肉質と味わいは「肉食ってる感」満載だ。
そして、和牛ハラミ(1360円)。他の肉もそうだけど、基本厚めにカットされているから、食べ応え十分。
そういう意味では、このハラミは是非たべておきたい一品だ。
e0173645_14205070.jpg

しめは冷麺(750円)。
良妻はクッパ(750円)、へー玉子スープと違うクッパか。
e0173645_14194481.jpg
e0173645_14195132.jpg

スタッフの対応もとてもよく、気持ちよく肉をかっつりいただきました。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:肉やくねん
場所:大阪市北区曽根崎新地1-11-5
時間:17:00~5:00(土祝は~25:00) 日休
電話:06-6451-0141
e0173645_14193027.jpg

by nonbe-cclass | 2010-04-11 18:12 | ・食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(2)