タグ:旅行 ( 441 ) タグの人気記事

 

讃岐うどんツアー19 上田製麺所

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー19」

塩江エリアから、国道193号線、県道280号線でひたすら北に進んで、高松自動車道とクロスする手前、太田エリアに入った。道路と並行して、プリティなことでんも走る。

e0173645_07275085.jpg

ことでん琴平線の太田駅そば、踏切のすぐ横にあるうどん店にやってきた。
「上田製麺所」だ。

e0173645_07191294.jpg

外観は、大阪でもよくあるような街中のうどん屋さんなんだけど、中に入ると、明らかに「うちは完全セルフだよー」的な設備が構えられている。
店内左手に厨房、お店に入ったらこの左手のカウンターで注文する。小さなショーケースの中に天ぷらもあるから、このタイミングでお願いしよう。

うどんにはメニューがなく、玉数、つまり小(200円)・大(280円)・特大(300円)だけを伝える。ただし、冷たいダシが欲しい場合は、注文の時に合わせて言おう。
器にうどんを入れてもらったら、この目の前にあるステンレス製の蓋を開ける。湯が敷いてあるので、てぼを使ってここでうどんを湯煎する。

e0173645_07191438.jpg

湯煎する隣に寸胴というかタンクというか、ここの蛇口をひねると熱いダシが出てくる。青ねぎ、しょうが、揚げ玉は好みでトッピング。

e0173645_07191636.jpg

クリアな黄金色のダシがいいね~
お、ここのダシはあまからで個性的だな。麺は、気持ち細めながら、しっかりめの弾力とコシ、味が濃い(小麦の風味)のが楽しめる。美味いですなぁ~

まだ続けて食べられるかなぁ・・・ちょっと移動しながら考えるか。
次行くぞ、次。
「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー19」続く。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:上田製麺所
場所:高松市太田上町763-3
時間:9:00~15:00 日休
電話:087-865-8037

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-10-22 07:25 | ・食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

讃岐うどんツアー19 佐藤製麺

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー19」

「丸木製麺所」「うどんや」からようやく高松市へ戻ってきた。
ま、とはいっても徳島県境近く、塩江温泉もある塩江エリアなので、街中というよりは、ちょっと郊外な感じ。次に向かおうとしているのは、「佐藤製麺」だ。

今回、事前に調べていたので迷うことはなかったんだけど、外観上には「佐藤製麺」の看板は一切出ていない。

e0173645_07362668.jpg

茶色い建物であることと、バス通りの塩江街道沿いなので、「中学校前」バス停が目印だ。バス停のすぐそばだ。バスは、1時間に1本あるかないかの本数なのね・・・

e0173645_07421310.jpg
e0173645_07421671.jpg

建物に向かって右手、アーケードのある方の入口が開いていて、そこから「佐藤製麺」の文字を刻んだ木箱が見えた。

e0173645_07445995.jpg

その入口から中に入ると、積まれた木箱に囲まれ、黙々と製麺作業が行われていた。営業時間がよく分からなかったんだけど、8:30くらいから営業している感じなのかな。今回、9:30頃に着いてこんな感じだった。

e0173645_07483601.jpg

玉売りをお願いすると、湯掻きたてを水で締めてマイ丼に入れてくれる。1玉75円。
出来立ての美味さももちろんあるんだけど、この滑らかでつやつやな麺が気持ちよくて、すすすーっと口に運べる。
程よい弾力とコシで硬すぎることなく、絶妙な食感。

e0173645_07483881.jpg

そろそろ、お腹も落ち着いてきたので、あと1軒くらい食べて、1回休憩挟むとするか。
次行くぞ、次。
「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー19」続く。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:佐藤製麺
場所:高松市塩江町安原上258-1
時間:8:30~14:00頃 火休
電話:087-893-0230

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-10-19 08:20 | ・食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

讃岐うどんツアー19 うどんや

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー19」

東かがわ市の「丸木製麺所」で空振りしたんだけど、ある程度予想は出来ていたので、東かがわ市で他の店もチェックしていた。
もうあと数100mで徳島県との県境というところ、4軒目は、東かがわ市の「うどんや」だ。本場讃岐うどんのエリアで、なかなかストレートなネーミングだな。しかも、大きな建物だ。

e0173645_08540172.jpg

8時頃に到着、8:30の開店には少し早かったんだけど、待ちの列ができたので15分前には客を中に入れ始めた。
中に入ると、すぐ右手に美味そうで大きなお揚げさんと天ぷらがぎっしりならぶ。

e0173645_08540616.jpg
e0173645_08540480.jpg

うどんを注文して、席に向かうんだけど、ここが勝負どころ。せっかくなら、カウンター席を確保したいところだ。
そう、この店の特徴は、「海を見ながらうどんを食べられる」なんだだよね。普通なら、後の客を待たせないために、ささっと食べて出る感じなんだけど、この店もその考えは基本変わらないにしても、このスローな時間を是非楽しみたいところだ。

e0173645_08584885.jpg
e0173645_22582795.jpg

うどんは、ぶったまうどん(340円)を。
ぶったまげたうどんではなく、卵入りぶっかけだ。ちくわ天ももらおうかな。

e0173645_08591061.jpg
e0173645_08591502.jpg

ツヤのあるビシッと引き締まった麺が、見た目から気持ちいい。ここにこの生卵を落として、美味くないわけがないよね。
この風格からして、くるかくるか・・・きた~この強いコシー
たまらんなぁ~美味い!釜玉と違って、生卵を絡めたうどん美味いんだよなぁ。
海を眺めながら美味いうどん、最高ですな。

ささ、次行くぞ、次。
「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー19」続く。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:うどんや
場所:東かがわ市坂元236-1
時間:8:30~15:00(土日祝は~16:00)
電話:0879-33-6883

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-10-16 23:38 | ・食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

讃岐うどんツアー19 丸木製麺所

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー19」

やっちまった・・・

今回は日帰りって言ってるのに、高松市をどんどん離れているC級呑兵衛ファミリー。
2軒目でさぬき市「野原製麺所」をチョイスした後、さらに東へ向かうことに。
向かった3軒目は、東かがわ市の「丸木製麺所」だ。東かがわ市と言っても、もう、ほとんど徳島県なんだよね・・・

e0173645_09474947.jpg

場所に迷うことはなかったんだけど、
ちょっとここは難しくて「食べられるかどうか分からない」まま、現地入りしてしまった。というのは、不定期製麺で営業時間もわからないんだよね。

とりあえず、「販売はココよ」と可愛く書いてくれているし、入口も開いているから営業はしているみたいだ。

e0173645_09475180.jpg

そもそも開いているかどうかも不安だったので、扉が開いていることにわずかな期待を寄せたが、残念ながらダメだった。
中に入った瞬間、いきなり、テレビの前で食事をしている夫婦に出くわしてしまったのだ。どうみても、製麺をしている状態じゃあない。

絶望的な状況にはあるものの、念のため、「玉売りしてしますか?」と問いかけてみる。食事の手を止めて、今日は製麺をしていないのと、土産用のうどんであればここにありますが・・・という回答だった。

これはもう仕方がないので、お土産に生麺を買って帰ることにした。
後日、家で湯掻いて食べたんだけど、結構湯掻いても、コシがしっかりあって、喉越しのいい麺でしたな。これは、現地で出来立てを食べたかったなぁ。

e0173645_09481419.jpg

マイ箸・マイ丼持参の製麺所めぐりは、どうしてもこういうことがあるので難しいところではあるんだけど、そういうことも含めて楽しんでいるC級呑兵衛ファミリーだった。
次行こう、次。

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー19」続く。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:丸木製麺所
場所:東かがわ市松原1318-2
電話:0879-25-9141

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-10-15 08:48 | ・食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

讃岐うどんツアー19 野原製麺所

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー19」

朝5:30に「手打十段うどんバカ一代」に並んで冷かけを食べた後、車は一旦高松を離れ、東へ向かう。さぬき市の田畑が広がる長閑な風景を横目に、細い道に入っていく。

ん?どこや・・・この辺のはずなんだけど。

・・・あ、見過ごして行き過ぎてたわ。だって、ほとんど戸建てなんだもの。
やってきたのは、「野原製麺所」だ。

e0173645_19085648.jpg

戸建の横に作業場な構えがあって、表札のような控えめな看板だけが目印だ。
この看板したの扉をあけるのかな・・・いや、とりあえず、ガレージから奥へ進んでみよう。
すごい普通に書いてるけど、時間はまだ6:45。一般家庭にこの時間におじゃましたらしばかれるタイムだ。

すると、奥では湯気が立ち込める中、製麺作業をする人を発見。

e0173645_19090222.jpg

見ると、奥で湯掻いた麺を大きなざるを使って水で締め、お椀1杯ずつにとりわけケースに並べていく作業の真っ只中だった。

e0173645_19090039.jpg

「すみません、玉売りお願いしたいんですけど。」、お椀を持って「3玉」をお願いする。この目の前のものを入れてくれるのかと思ったら、「奥で渡します」と言われたので、麺を湯掻いているところまで進んだ。

おー!グツグツ沸いている釜の中でうどんが踊っている・・・

e0173645_19090366.jpg

ご主人が、様子を見ながら麺をあげるんだけど、
この釜から直接、3玉をマイ丼に入れてくれた。納品のための作業をしている忙しい最中に対応をしてもらったんだけど、「量はわからんわ、適当やから」という一言が、なかなか他の店ではないことで、とっても、親しみの沸く地元の製麺所だったなぁ。

製麺所の前は車も止められないので、田畑の見えるところまで出ようか。「ええ天気や」と改めて確認して、ここでうどんをすする。

e0173645_19090624.jpg

麺は1玉75円。湯掻きたてのところでアツアツだ。
食べ応えのある太さの麺、表面はざらざらしてほわっとした仕上がり。でも、おーコシがしっかりしてるね~
あと、他の店よりも塩味があるな。何もかけずにこのままでもいけるな。
量適当って言ってたけど、なるほど、結構入ってるね(笑)。嬉しいじゃないか。

e0173645_19090574.jpg

出来立てほやほやは、やっぱり美味い!
ほんと製麺所の厚意でこうして玉売りしてもらえるのが有難いし嬉しいよね。
マイ箸・マイ丼必携だぞ。

次行こう、次。

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー19」続く。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:野原製麺所
場所:さぬき市大川町冨田西2903
時間:6:30~
電話:0879-43-2164

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-10-14 09:30 | ・食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

讃岐うどんツアー19 うどんバカ一代

9月下旬、また出かけてしまった。
「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー19」

今回は、日帰りバージョンなので、現地入りをできるだけ早くして時間を有効に使いたいところ。ところが、シルバーウィークの間だったので、前日入りしようとしても宿泊施設は軒並み満室、ジャンボフェリーも空きがない状態だった。

仕方がない・・・徹夜で走るか。
24時を回った頃に家を出発し、サービスエリアで休憩しがてら四国へ向かうことにした。
もう少しで26時になろうかというところで小腹が減ったので、淡路島SAで淡路玉葱平天うどん(590円)を食べることに。淡路島のタマネギを使った平天、器いっぱいの大きさでほとんど麺が見えない・・・やっぱり、甘味があって玉葱がおいしい。
あ・・・讃岐うどん食べる前に、うどん食べちゃったよ。

e0173645_08130268.jpg

さて、夜も白々と明け始めて、時間は朝の5:30
今回は日帰りなので、高松市を中心に巡ろうと思い、最初にやってきたのが「うどんバカ一代」だ。人気店で混雑するのは分かっていたので、これまで近寄らなかったんだけど、さすがにこの時間だからマシだろうと1軒目にチョイスしてみた。

まじか・・・
開店前でこんなけ並ぶんか。早朝から何しとんねん!(ま、うちも含めて)

e0173645_08454781.jpg

開店までに、行列はさらに伸びていたんだけど、幸い、C級呑兵衛ファミリーは1巡目で店に入ることが出来た。6時開店。

e0173645_08493421.jpg

店に入ると、奥に注文カウンター。店内はL字カウンター、中央にテーブル席。サイン色紙もたくさん掛かってますな。
この直後すぐに満員でごった返す。

e0173645_08493686.jpg

さて、注文は・・・
冷かけ小(210円)にしよう。この店では、ぶっかけと釜バターうどんが売れ筋のようだけど、とりあえずダシが欲しい。

あ、小でも結構麺の量多いんだね。

e0173645_08493702.jpg

あ、この麺、滑らかな表面でつるっとしているんだけど、コシもしっかり強い。どれかに偏ることなく、喉越しにしてもコシにしても、バランスよくええとこどりしていますな。うまい!
くーおダシもウメー。いりこがよくきいているんだけど、雑味なく爽やかな味わいだ。

良妻は・・・お、まじか。朝からこってりいくねー
ブログのことを気にしてくれたのか、釜バターうどん(490円)だ。

e0173645_08493926.jpg

そういや、以前、難波の「JUN大谷製麺処」で、かまたまーラを食べたけど、ちょっとカルボナーラ的な感じですな。バターと黒胡椒が入るだけで、釜玉うどんとはまったく違う、パスタな洋食を食べているようだ。これはこれでまた美味いんだ。

さ、いい出出しをきったところで、これから先も、どんなうどんに出会えるか楽しみだ。次行こう、次。

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー19」続く。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:手打十段うどんバカ一代
場所:高松市 多賀町1-6-7
時間:6:00~18:00
電話:087-862-4705

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-10-13 09:21 | ・食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

ボンバって福岡・佐賀1泊2日(10)~安全食堂

ボンバって福岡・佐賀1泊2日、最終回。
その場の思いつきで呼子「いか本家」でイカをつまんだけど、その後、もともとお昼に予定していた店に向かう。

「!」

呼子港周辺の観光客の出入りよりも、インパクトあるこの車の長い列・・・

e0173645_23070899.jpg

しまった、「いか本家」に立ち寄ったことで、出遅れちゃったかな・・・
やってきたのは、いかしゅうまい発祥の店「萬坊」だ。

e0173645_23071096.jpg

呼子なので、もちろんイカ料理が楽しめることは間違いないんだけど、それ以上に、ここが超人気なのは海中レストランだからだ。この写真から見える建物、海中部分にも席があるわけ。食事をしながら、窓をみると海の魚が泳いでいるという趣向だ。
週末など休みの時は予約ができないこともあり直接行ったわけだけど、少なくとも2時間はかかりそうな勢いだ。海上側の席なら、もう少し早いかもしれないけど意味ないし。んーそこまで待つかぁ・・・いや、諦めよう。さっき、「いか本家」のイカの姿造り食べたし。

結局、「いか本家」のつまみ食いが実質的に昼飯か・・・ま、しょうがない、博多に戻っていくか。ただ、ちょっと寄り道を。それは、福岡市の西区、九大学研都市の国道202号線(唐津街道)沿いにある「安全食堂」だ。

e0173645_23071135.jpg

なかなかインパクトのある店名だけど、ラーメン店だ。13時を回ったところだが、駐車場は車いっぱいだし、待ちの列も出来てますなぁ。でも、回転は早そうだ。
カウンター、テーブル席共にある比較的大きなお店だけど、満員御礼であいせきしながらの、にぎにぎやかやかな空間だ。

e0173645_23071324.jpg

ラーメン、ちゃんぽん、焼き飯というシンプルならラインナップで、どれも人気らしい。でも、今回は、オーソドックスにラーメン(600円)を。

e0173645_23071579.jpg

博多の豚骨をイメージすると、あっさりした仕上がりに感じる。見た目も濁り感が少し浅めでしょ。でも、しっかり豚骨な味わいで旨みがギュって感じ。塩加減も絶妙で、スープに選ばれた食材が見事に一体感を創り出している。
麺は固めでお願いしたんだけど、加水の少ないぱらっとした細麺。スープとの相性もよく、ホント、違和感のないバランスのいいラーメンじゃないか、と。美味い。

このあと、少し時間があったので、福岡空港の着陸側にある公園へ。大きな旅客機はなかなかこないけど、次から次へと飛行機が下りてくるので、面白い。視界もいいから写真も撮りやすいや。

e0173645_07532948.jpg

帰りの飛行機は、B767-300。
日中も快晴だったので、窓から見える景色もばっちりだ。
ま、毎回慌ただしい旅だけど、今回も無事大阪へ。

e0173645_07533133.jpg
e0173645_07533296.jpg

もう少し色々食べてみたかったけど、それは次回のお楽しみとするか。
ボンバって福岡・佐賀1泊2日、完。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:安全食堂
場所:福岡市西区徳永1059-1
時間:11:00~16:00 水休
電話:092-806-2511

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-10-01 08:08 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

ボンバって福岡・佐賀1泊2日(9)~呼子「いか本家」

ボンバって福岡・佐賀1泊2日、
呼子の朝市を散策した後、さ、イカ食べないと。

ランチに決めている店はあったんだけど、その前に朝市やっているそばに、すでにオープンしているお店があったので、ここで軽く食べていくことに。
その名も「いか本家」だ。妻夫木聡や深津絵里が出演する映画『悪人』でも使われたお店だそうな。

e0173645_10201603.jpg

2階に広々した客席があるんだけど、オーシャンビューなので、窓際の座敷席に腰を掛けるとこんな景色が待っている。

e0173645_10202160.jpg

やはり、呼子まで来たのであれば、いかの活け造り(2500円)を食べないわけにはいかない。定食メニューがメインそうなんだけど、ここでは単品でいただく。
「イカのお造り」は全国どこででも食べられるんだけど、生きているイカを食べるってのがなかなかないんだよね。最近でこそ流通も良くなり、他のエリアでも食べられるようにはなったとは思うけど、それでも珍しいわね。

はい、どーん。

e0173645_10344561.jpg

写真では伝わらないけど、まず、まだ動いているのと、この透明の部分、赤い斑点が点滅するように出たり出なかったり。

呼子ってイカが有名だけど、ここだけでそんなにイカが漁れるのか・・・って話だよね。別に港に、ウヨウヨ泳いでいるわけじゃないよ。港の北側には、それこそ玄界灘が広がっているわけで、ここからの水揚げだ。
ストレスに弱いイカを、鮮度を保ちながら活け造りでも出すためには、この距離感に加え、海水を利用した生簀だったり・・・提供する側の努力も相当だと思うね。

呼子のいか活け造りに使うイカは、ケンサキイカ。でも、地元ではヤリイカと呼ぶんだって。じゃあ、ヤリイカのことは何て呼ぶんだろうね・・・

造りが出るのと一緒にハサミが出てくるので、まずは下足をチョキチョキして、ウニョウニョ動いているところをいただく。コリコリっと筋肉質な食感がたまらないわけだけど、同時に、この細かい吸盤が口の中でひっつきまくる。
胴の部分も身に張りがあって、瑞々しくていくらでも食べられるな。美味い。

e0173645_07185331.jpg

イカ以外に、この日のおすすめということで、いさき煮付け(1500円)ももらう。見た目よりも甘さが抑えてあり、飽きのこない味付けだ。ふっくらした白身がお目見えする。思ったよりも身があって、食べごたえも十分だ。

e0173645_10344955.jpg

そして、いかぎょうざ(500円)。
カリサクッと揚がった餃子の中には、たっぷりの餡が入っているんだけど、イカ墨も入っているので黒い~
ぎょうざの餡にイカを使うのは、他ではなかなか見ないですな。

e0173645_10344788.jpg

なんだかんだ言って、色々食べてしまった・・・
さ、次いくか!

ボンバって福岡・佐賀1泊2日、続く。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:いか本家 本店
場所:唐津市呼子町呼子3086-2
時間:11:00~18:00(土日祝は10:00~19:00)
電話:0955-82-5511

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-09-29 07:53 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

ボンバって福岡・佐賀1泊2日(8)~呼子朝市

ボンバって福岡・佐賀1泊2日、
博多駅「因幡うどん」で朝飯の後、レンタカーで呼子に向かう。
1時間ほどで、青空の下、呼子港に到着だ・・・2日目もいきなり福岡からでて佐賀県じゃないか。

e0173645_17594924.jpg
e0173645_17595275.jpg

呼子といえば、言わずと知れたイカの町ですな。
早朝から、観光バスや車がひっきりなしにやって来る場所ではあるけど、基本、こじんまりとした静かな漁港。海沿いを歩いてみると、イカ釣り漁船に、潮風にはためくイカ干しがいい雰囲気を醸し出している。

e0173645_09265867.jpg

イカ干しの方法にも色々あるんですな。
でました、イカ干し回転マシーン。動画にすべきだったな・・・イカが吹っ飛ぶんじゃないかと思うくらいの、なかなかの高速回転だ。

e0173645_08472393.jpg

イカを食べるつもりでもちろん来ているんだけど、その前に名物朝市もぜひ散策しておかないと。イカ干しやイカしゅうまいなどイカ系アイテム以外にも、新鮮な魚介や野菜がずらっと並ぶ。

e0173645_08480108.jpg
e0173645_08492637.jpg
e0173645_08492226.jpg

新鮮な魚を販売しようと、陳列頑張っているお父さんがいたんだけど、クーラーボックスから出された小アジが、暴れん坊将軍でじっとしていない。トレイに並べても、道端に飛び跳ねちゃって、その対応に終始し販売が始められないでいる(笑)

e0173645_09465859.jpg

土産物の物色もいいけど、せっかくならナウで何かいただきたいところ。
お!ウニがありますなぁ。大きさによって1個400円とか500円、この朝市の通りの中に、ウニを売っている露店がいくつもある。
「1個ちょーだい」とお願いすると、「はい、手出して」とおかあちゃんが、ウニを殻から手に落としていく。何もつけずに、そのまま贅沢に口に放り込む。潮の香りと、ウニのコクのある甘味と味わいがたまらんわね。

e0173645_09470248.jpg
e0173645_09470456.jpg

さあ、一通り朝市も堪能したので、イカを食べに行くか!
ボンバって福岡・佐賀1泊2日、続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-09-27 10:09 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

ボンバって福岡・佐賀1泊2日(7)~「因幡うどん」

ボンバって福岡・佐賀1泊2日、
初日は、薬院「とり田」で水炊きを食べたあと、中洲を少しウロウロしたんだけど、もうお腹に入らないということで、結局ホテルに戻ることに。ま、それでも23時は回ってたんだけどね。
その後、「どっか風呂は行きたいな」って話になって、確か空港の向こう側に「月の湯」ってのがあったなってことで、ここに向かうことにした。
今回、ホテルが博多駅前で、地図でみると真東に3km弱くらいの距離なので遠くないと思ってタクシー使ったんだけど、伊丹空港みたいに空港下の道がないから、空港の輪郭に沿ってぐるっと回ったりなんかして。

スーパー銭湯「月の湯」、ここの何が嬉しいって夜中ずっと営業してる(10:00~翌7:30)んだよね。しかも、なかなか大きな施設で、大きな金屏風を背景に大きな浴槽をはじめ、ジェットバス、サウナ、ラドン風呂、ラジウム風呂などもあるぞ。
電車で来るところではないけど、24時前後でもバンバン、タクシーが乗り入れている人気ぶり。

e0173645_09341511.jpg

明けて2日目。
今日も天気良さそうだ。部屋から景色をみると、改めて、びっくりするほど駅前だな。んー昨日は、思ったほどあれこれ食べた感じがないので、今日は頑張らんと(笑)

e0173645_09271367.jpg

今日の夕方便で大阪に戻るとなると、単純に考えて朝飯と昼飯の2回か・・・あれもこれも食べたいのに難しいな。
とりあえず、車で移動する前に駅ビルで朝飯や。ここで逃すと、うどんを食べるタイミングを逃しそうだ。博多来たらラーメンもそうだけど、うどん食べな。

朝8:30、駅ビルの博多1番街の中にある「因幡うどん」

e0173645_09230867.jpg

やっぱり、ここは丸天(450円)いっとこ。
C級呑兵衛のブログで何度か書いてるかもしれないけど、うどんの発祥は博多で、博多もラーメン店よりうどん店の方が多い。
発祥が博多と言っておきながら、説明的が関西目線になって申し訳ないんだけど、博多のうどんは、ダシ・麺ともに関西のものに近い。
というのは、麺はコシの弱い柔らかいのんで、ダシは魚介と昆布の合わせなんだよね。関西と違うのは、ダシにいりこマストであごやうるめなどの魚介を使うところと、味付けに使う醤油が九州ならではの甘口なところ。「因幡うどん」は、羅臼産天然昆布に、五島・島原産の煮干いりこ等の天然ものにこだわっている。

e0173645_09230946.jpg

そして、丸天。
こういう、おでんに入ってそうな練り物なんだけど、博多では天ぷらって言うんだよね。丸い形の天ぷらだから丸天なんだけど、うどんの器に合わせて丸く作られたそうな。ふかっと柔らかく、かぶりついた瞬間に、染み込んだダシとともに魚介の旨みが口の中に広がる。

あーおダシが体中に染み入るわぁ。それに、魚介の風味がよくきいてるわー美味い。
さあ、腹ごしらえも出来たところで、次の目的地に向かうか。

ボンバって福岡・佐賀1泊2日、続く。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:因幡うどん 博多1番街店
場所:福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティB1F 博多1番街内
時間:7:00~23:00
電話:092-481-2085

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-09-26 11:03 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)