タグ:旅行 ( 462 ) タグの人気記事

 

実家でのんびり in 淡路島

ゴールデンウィークの過ごし方、
C級呑兵衛ファミリーは、淡路島の実家へ行くことが決まっていた。
んー、ETC割引の話もあるし、移動はよく考えないと撃沈しそうですなあ。メディアがETC割引に絡めて、しきりに讃岐うどんを取り上げているから。

2日、8:30頃出発。
もっと壮絶な情景を想像していたんだけど、意外とマシだった。
10時すぎには津名一宮には着くことができたからね。

Jr.はしきりに遊びたがるが、
ここに来れば、畑の世話や近所の犬の散歩など、仕事が色々とあるようで、勝手に忙しくなっている。
e0173645_12285662.jpg

「この時期でもか」
ウグイスがえらい近くで、いい声を披露してくれる。長閑ですなあ~
トイレから出てきたJr.が口笛でウグイスのマネをするんだけど、これは頭をはたいて黙らせる。
花も含めて緑に囲まれていること、そのものが癒しだね。

わらび採りにも出かける。
時期的には本当はこれからなんだろうけど、このあたりは暖かいのか、もう終わりかけ。探すの大変じゃん。
「ぬおっ!危ね、この木うるしじゃん」
「イタタタ・・・なんで、ここにバラがあるのよ」
それでも、今日の夕食にありつけるくらいのものは採ることができた。
e0173645_12285063.jpg

実家と同じ区画にいる家におじゃまし、コーヒーのつもりが竹酒をだしてもらう。
何をどうしたら、竹酒が出てくるのよ・・・思うわね。
何でも、近々に仲間を集めて竹酒パーティをするようで、予行演習の残り物だからと出してもらう。
e0173645_12285828.jpg

本当は竹ごと炙って風味を出すみたいなんだけど、C級呑兵衛は酒であればどのような状態でもいただきますよー最高の昼酒ですな。
基本的に、どこへ行っても酒だから。

帰って夕食は家の前でバーベキュー。
先ほどのわらび、そして竹の子もあわせて炊いたものも。酒の肴にはもってこいですな。
地の物ということで、大きいさざえがあるかと思えば、肉は淡路牛ときた。
e0173645_122949.jpg
e0173645_1229890.jpg

こりゃ、食べないわけにはいかない。
C級呑兵衛ファミリーは、甘え100%モードでゆっくりさせてもらうんだけど、この時期、実家に帰る人多いよね、みんなどんな過ごし方するんだろうね。

by nonbe-cclass | 2009-05-02 23:21 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

ゴールデンウィークに入りますか。
普段、仕事でバタバタして1日終わっちゃうから、ちょっとはゆっくり出来そうか・・・

・・・という発想を、まずもってはいけないわけ。

もーJr.が、ここぞとばかりに遊んでもらおうと纏わりついてくる。
纏わりつかない仕上がりになる洗剤で、C級呑兵衛を洗っておいてやろうか。

とりあえず、今日は知人ファミリーと共にUSJになっていた。
何でも、アトラクションのE.T.がもうすぐ終わるとかで、それ行っとこうという話。
C級呑兵衛は特にいいですけど・・・あ、はい、一緒に行くのね。

USJ自体、そんなに激混みという感じではなかった。
じゃあ、最初にE.T.行っとくかとなって向かってみると、そこだけは180分待ちだった。
e0173645_15113056.jpg

いやあ、出鼻くじくねー
何もしない間から3時間待ちぼうけかよ。ま、実際のところそこまでひどくはなく乗れたんだけどね。大変だわ。

キャーキャーいうJr.を見て
「お前は楽しいか知らんけど・・・」
よーし、いっちょお見舞いしてやるか。
C級呑兵衛も乗ったことがなかった、あのでっかい急流すべりジュラシック・パーク・ザ・ライドに乗せてやろう。
・・・結果、顔ひきつったのはC級呑兵衛だけだった。

・・・これ、この時期だけなのかなあ。
いやね、USJは何度か来たことがあるんだけど、園内のレストラン、いつも決まった店舗しか開いてなくて、どうなってんだよーと思ってたんだけど、中華や和食など、今回は全部開いてたなあ。
年間パスは別だけど、再入場ができなくなったからかな。
再入場できると、外の方が安く食事ができちゃうもんね。
e0173645_15113614.jpg

今の時期、それとは別にマジカル・スターライト・パレードもやってたりする。
キャラクター好きなら、見ごたえあるんじゃないかな。

by nonbe-cclass | 2009-04-29 23:34 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

ブルートレイン「はやぶさ」

こてっちゃん(電車好きだけど詳しいところまでは知らない)だから、情報疎いんだよなあ、相変わらず。

移動の途中でJR博多駅も通るので、10分15分だけ電車見ていこうと行き先表示板みたら、
すぐに寝台特急「はやぶさ」が到着することが分かった。

そうかそうかED76だし、見ていくか。
それくらいの気持ちでホームに上がったわけ。
そうすると、平日のこの時間だというのに、ホームにはカメラをもった人達が随分といるのね。

そうか、営業終了するんだった・・・
「銀河」や「なは・あかつき」に続いて、東京発のブルートレインはこの「富士・はやぶさ」を最後に姿を消す。
この博多駅に入ってくるタイミングでは、「富士」は既に分かれていて「はやぶさ」だけになっている。

入線と同時にフラッシュの嵐。
同時に乗客も一杯で、この名残惜しい感じで、色々とシャッターを切っていた。
渋い警笛を一発鳴らすと、ゆっくりと「はやぶさ」が動き出す。
車両を追っかける人、車内から手を振る人さまざまだ。
e0173645_14584090.jpg

ホント偶然に「はやぶさ」を見ることが出来てよかった。
最終は13日だったかな。
C級呑兵衛はこれで見納めになるんですな。やっぱり寂しいもんだ。

by nonbe-cclass | 2009-03-11 23:51 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)  

日生の「ひなせかき祭」

「あれーこの時期なのに、C級呑兵衛が牡蠣の話題を出さないぞー」
と、思っていた人もいるかもしれないね。
実はずっと行きたいと思いながら毎週末バタバタで、ようやく今回イベントに足を運ぶことが出来たぞ。
毎年恒例の赤穂線沿線「かきまつり」リレーの最終、「ひなせかき祭」だ。

e0173645_08015195.jpg
リレー会場の中では、赤穂沿線の中でも関西から最も遠く、岡山は備前市日生(ひなせ)だ。
午前中には会場入りしたんだけど、それはもうかなりの盛況ぶりだ。
人が多すぎて、一体何処で何を売っているのやら・・・
e0173645_08014835.jpg


他の会場だと、漁港や公園などでテント設営で運営されるんだけど、
ここも確かにこのイベントに関しては一緒なんだけど、
それを囲むように、新鮮な魚貝を販売する「五味の市」や、魚貝をその場で味わえる「海の駅・しおじ」などの施設があるため、イベント以外にも楽しめるところが魅力だ。
e0173645_08032738.jpg
e0173645_08032896.jpg

とにかく、特設会場は熱気ムンムン・・・
雰囲気だけじゃなくて、実際にその場で牡蠣の網焼きが出来るから、それを食べる人たちで、その勢いと炭の熱さでもムンムンだ。
C級呑兵衛ファミリーは、揚げたてのカキフライ(500円)と、具沢山でぷりぷりの牡蠣が入った味噌汁(300円)をいただく。

その後は、「五味の市」に入る。
うお~
いたるところで、殻つき牡蠣が販売されてるー
もうねえ、透明のゴミ袋みたいなのに、わんさか持って帰る人がいっぱい。
「どんだけ、牡蠣食べるんですかー」って、持ってる人みんなに聞いてみたいよ。
e0173645_08033438.jpg
e0173645_08033262.jpg

でも、確かに安いんだよな。2500~3000円くらいだと、かなりの量だわ。

殆どが加熱用って書いてあったので、販売のお姉さんに聞いてみたら、「こうしたご時勢だから」とのことだったが、本音部分では「ここの牡蠣は新鮮でホントは大丈夫なんよ。真水でしっかり洗ったらええから。ほらあ生で食べてみたら分かるけど、そりゃあ美味しいよ」
C級呑兵衛が、家に持って帰っても生で食べたいことを伝えると、嬉しそうだった。
ボリュームありすぎても食べきれないから、2000円分だけお願いしますって伝えたんだけど、「こんなけおまけしとくから」とえらい量になっていた。

「ん?なんだありゃ?あ・・・」
テレビで見たことありますよーカキフライソフト(250円)だ。
バニラソフトあるでしょ、その両サイド・・・耳つけてるんですかー状態で、カキフライを2つモソモソっとのせる。
で、その上から、刺身醤油をかけるというもの。
e0173645_08033650.jpg


ま、目にしてしまったからには食べるしかないでしょ。
・・・あのね、ないことはないのよ確かに。バニラと揚げ物の衣との相性はいいかも。
ただ、バニラはバニラ、カキフライはカキフライという感じなんだけどなあ。
でも、面白いよなあ。醤油までかけるんだもの。これもおかしくなかったね。

当日夜は、もちろん牡蠣づくし。
また殻とるので指怪我しちゃったよ・・・
何も味付けせず、生をそのまま。粒がとても大きくて美味いじゃん!
やっぱり牡蠣王としては、牡蠣サイコー

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ●C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2009-02-23 21:34 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback(1) | Comments(2)  

青春18きっぷで坂出へ

今回の年末年始は、久々に休みが長いこともあって、
それこそ、旅行でも行くか!なんて言ってたんだけど、
C級呑兵衛も年末までバタバタして何ら企画も出来ず、結局は何もなし。

だからと言って、このアトラクションはどうか・・・
後から微妙に後悔したりなんかして。
買っちゃったよ、青春18きっぷ

でね、今日jr.と2人、日帰りで出かけたわけ。
朝9時の新快速で大阪駅を出発し、西へ西へと向かう。
新快速は、播州赤穂行き。
これを相生で降り、三原行きの普通電車に乗り換える。

姫路駅が高架駅になっていることにも驚いたんだけど、
三原行きの普通電車が115系で湘南色だったことに新鮮味を覚えてしまった。

やってきましたのは岡山駅。
ここまで来ると、普通電車からして大阪とは違う車両だからJr.は大喜びだ。
ちょうど、上郡からきた特急スーパーいなばが入線してきた。
e0173645_1511731.jpg

おやおや、どうみてもあれは117系ですなあ。
茶色でも緑のラインでもない・・・サンライナーとしてオレンジを基調としたお洒落なデザインになってるねー
e0173645_152892.jpg

そして、岡山といえばやくもだね。
帰省もあってか、四国方面、山陰方面共に乗客で賑わっている。
e0173645_1522264.jpg

Jr.は今回、1つ叶えたいことがあったそうな。
それは、マリンライナーに乗ること。それで、瀬戸大橋を渡りたいんだそうだ。
ま、確かに四国うどんツアーで、高松駅でいつも眺めてるだけだもんなあ。

マリンライナーは1両目以外は、普通の快速電車だが、1両目は2階建てになっていてグリーン車と指定席だ。
しかも、一番前の特等席、グリーンの4席だけはパノラマシートになっている。
e0173645_1532196.jpg

一応、みどりの窓口で聞いたんだけど、パノラマシートは夕方まで空いてない。
しょうがない、せめて指定席にしてやるか。おっと1階席か。
このホームと目線が同じなところが、なんとも感慨深い。

限られた時間だから、電車は坂出まで。
ここで降りて昼食だけとったら、また岡山へ引き返す。
まあ、ハードなこと。
帰り、Jr.は2階席に座りたいという。
坂出のみどりの窓口で2階席をお願いすると、2階席は全てグリーン席ということが判明した。
えー、グリーン席を選ぶと、青春18きっぷは使えないので、別途乗車券が必要になるんだよなあ。・・・仕方ない、ここは奮発するか。
瀬戸大橋を渡り海を見てると、悲しいかな、1階と2階の差がどこにあるのか分からなかったぞ。
e0173645_1544344.jpg

岡山に戻ってくると、向こうに2両編成の車両が。
キハ47、このガラガラ音久々に聞いたぞ。
愛嬌たっぷりだなあ。大阪では、見れないものね。
e0173645_154560.jpg

良妻に土産を買うのもそこそこに、
15時頃には岡山を出発し、一路大阪へ。
また途中の相生で、播州赤穂からの新快速に乗り換え。
乗り換え時間は1分、この時に席取りバトルが繰り広げられるが、何とか2人は座ることができた。
Jr.は目的が達成できたこともあって、芦屋まではぐっすり眠っていた。

ま、12月30日にすることかどうかは問わないように。

by nonbe-cclass | 2008-12-30 23:13 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)  

京阪電車「中之島線」

C級:「ただいまー」

良妻・Jr.:「おかえりー」

C級:「今日、京阪の新しいやつ乗ったで」

Jr.:「へー乗ったんやー!」

良妻:「あれ?昨日も乗ったんとちゃうの?」

C級:「昨日、中之島線には乗ってるけど、新しい車両じゃなかったから」

良妻・Jr.:「・・・」

C級:「・・・」

おいおい、会話が成り立ってるかと思えば、途中から俺の独り舞台で、
表現を変えればC級呑兵衛は放置されてる状態じゃないか!
無視とかじゃなくて、ありえないくらい自然な形でフェードアウトしやがって。まるで、いま会話してましたっけ?みたいな。
それもさ、組織ぐるみ・・・いや家族ぐるみの犯行じゃないか。
後半、C級呑兵衛がはりきって話していたのは残念ながら独り言だ。

そんな虚しい話を切り出すネタか?と思うわね。
そ、新しく出来た京阪電車の中之島線。

C級呑兵衛は昨日から利用している。
中之島駅が会社の最寄り駅になるからね。写真は中之島駅の表示板と大江橋駅切符売り場。中之島駅も大江橋駅も、コンビニや本屋が出来てたりする。
まだ、開通して間が無いから、色んなところでデジカメ片手にシャッターを切る人が多い。
e0173645_1594479.jpg

e0173645_159328.jpg

南北ラインとの連絡がどうかなあと思ったが、
御堂筋線淀屋橋駅の最寄中之島線は、大阪市役所前の大江橋駅だ。双方の駅が、橋を挟んで両端にある。

昨日は、本線でもともと走る恒例の緑色車両でわくわく感が半減したが、今日はブルーの最新車両だ。
2シートと、通路はさんで1シート。
e0173645_15113111.jpg

「新しいの乗ったぞ」という感を家で伝えようとしたんだけど、
文頭の通り、「ワクワク」みたいな擬態語を必要としない静かな空間がただ流れるだけだった。

by nonbe-cclass | 2008-10-21 22:59 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)  

サンライズ出雲・瀬戸

この間、午前中に東京から大阪へ戻るときの話なんだけど、
東京駅構内、在来線から新幹線のホームに向かおうとしたときのこと。

いつもはこのルートだと、最終ののぞみに慌てふためいて乗ることが多いんだけど、
今回は朝の間に移動だ。

すると、既に乗客をおろし回送で出発を待つ「サンライズ出雲・瀬戸」が停車しているのが見えた。
ちょっとだけ、そばに行って見よ。

サンライズ(285系)自体は、存在も知ってるし何度か遠め(田町の車庫)には見たことがあるんだけど、
こうしてホームに停車しているものを間近でみたことがないんだよね。
そもそも、寝台特急だから、そうみられるものでもないしね。
e0173645_15134140.jpg

e0173645_15143369.jpg

今は「出雲」と「瀬戸」が併結しているけど、最初「え?何でこの二つが?」と思ったなあ。
だって、一方は山陰に、一方は高松(もっと前は宇野)でしょ。しかも、ブルートレインだったときの「出雲」は、京都から山陰本線で北へ向かっていた。

どっちも、なかなかカメラに収められなくて悔しい思いをしたもんだ。
結局、「出雲」は一人旅のとき(もう18年くらい前かよ)に、米子駅でDD51重連と出会いシャッターを切り、今でも記憶と共に写真が残っている。
当時はまだ電化されていない区間があったからね。

・・・間近でみると、どっしりと重量感のある電車だなあ。
きっと「銀河」と違って、寝心地がいいんだろうなあ。

by nonbe-cclass | 2008-10-11 23:32 | 鉄道 | Trackback(1) | Comments(0)  

爆走!芝政ワールドへ

この間の日曜日、久々に「思い立ったら」シリーズでしたなあ。
いやね、C級呑兵衛ファミリーが揃って、久々に1日ゆっくりできる日だったわけ。
そうすると、前日からどこかに遊びに行こうという話になるんだけど、いつもの如くパッと決まらないんだなあ。

・・・で、当日。
何でそうなったのか分からないんだけど、鈴鹿サーキットにするか、芝政ワールドにするかになった。
どちらにしても、すぐにレンタカー借りれるのかよ。

結局、レンタカーは9時半以降であればということで借りることが出来た。
何だかんだで10時前。向かった先は・・・芝政ワールドだ。おいおい、この時間からの移動で福井かよ・・・
名神高速をひたすら走り米原にさしかかるも、ここからでもまだ100km以上あるというから涙がちょちょ切れる。

12時半頃に現地到着。
遊園地のようにアトラクションもいくつかあるものの、どちらかというとパットゴルフや芝生広場などアウトドア的な要素の方が強いかな。
芝生広場は日本一広大なんだそうだ。

e0173645_22461232.jpg
e0173645_22461512.jpg

ジェットコースターの海賊島タイフーンやゴーカートに乗った後は、パターゴルフに挑戦だ。
敷地内にゴルフが出来る場所が3箇所あって、それぞれが72ホールとか36ホールとか規模が大きい。
パターゴルフだけど、結構振らないと距離ありますぞー

e0173645_22475994.jpg
e0173645_22480212.jpg

空振り炸裂
「おいおい、隣のホールにボールが・・・」
「その至近距離から5打も打つか普通・・・」
広ーい敷地の静かなところで、C級呑兵衛ファミリーだけがわーわー叫んでいた。18ホールきちんと回って、結構歩いたなあ。

一通り見て回って芝政ワールドを後にし、「三国温泉ゆあぽーと」へと向かう。
芝政ワールドのすぐ近くには、芦原温泉と東尋坊そばの三国温泉がある。
今回、芝政ワールドに決めた要因の一つに「温泉も近くで入れる」も実はあったのだ。

e0173645_22491019.jpg

露天風呂はないんだけど、荒々しい日本海をみながら温泉に入ることができる。
写真は風呂上りの休憩スペースで、ここからも海を一望できる。
高い波を目指して、サーファーが頑張ってるねー

e0173645_22491246.jpg

あーぬくもった。
もっと癒されるんだけどね、今から大阪へ帰ることを考えなければ。

レンタカーは20時に返すことになっている。
時間的には殆ど余裕が無い中で、アクシデント発生。
何とか大津まで戻ってきた時だ。ガソリンメーターが点滅し始めたので補給しないと・・・大津SA目前なので何とかいけるか。
と、SAに入ってみると、スタンドがないじゃないかあ!

「時間がない」「ガソリンがない」というダブルの衝撃が刺激的。

しょーがない、一旦高速を降りるか。
料金所で聞くと「あー2月でなくなりましたね」、まったくさらっと言ってくれるよ。
1号線に出てガソリンを入れた後、再度高速に乗ってラストスパートだ。

・・・5分遅れちゃったけど、無事返すことができた。
毎度毎度慌しい日帰りツアーだ。

by nonbe-cclass | 2008-10-01 23:33 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

近鉄電車で生駒へ

阪急電車のブログで近鉄電車のネタって・・・

仕事で、朝から生駒に出かけたんだけど、
どうも、どうやって行くかいつも悩んでしまう。

普段、会社から出かける時は、阿波座から生駒までは中央線一本で行けるので、それに乗ってるんだけど、地下鉄だから各駅停車でしょ。
妙に時間がかかってる感じがするのね。

難波からだと、急行や準急などが出てたりするので生駒までの移動時間は少ないと思うのね。
ただ、北摂エリアからの移動だと、難波まで出るのがおっくうなんだよなあ・・・でも、中央線乗るにも本町だからそんなに変わんないか。
あーもう、近鉄沿線の土地勘が未だにつかめないや。

結局、難波にやってきた。
他の関西私鉄と違って広域の営業範囲、奈良行きがある一方で名古屋行きがある。
間違って乗った日にゃあ、その時点から「遠くに行きたい」だ。ま、特急に乗らなけりゃパニックにはならないだろうけど。

最初の頃は、上本町・阿倍野・難波の駅の違いというか、それぞれの駅からどこへ向かうんだろう、目的地に行くにはどの駅に行けばいいんだろうと悩んだ。鶴橋駅に立てば、時刻表の見方から悩んだものだ。
e0173645_15175367.jpg

それが、今は景色を楽しむ余裕ぶりだ。
特に、東大阪から生駒山の麓に差し掛かる所、瓢箪山から石切にかけてかな。山手を走るところからの車窓、高台から市街地が一望できるのが圧巻だ。
その直後に長い生駒トンネルをくぐることになる。

by nonbe-cclass | 2008-09-22 23:16 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)  

激旅!セブ3泊4日2008 ~その4:最終日~

セブ最終日。
今日は朝からとにかく移動。9時にはホテルを出発する。

空港に着いて簡単な手続きを済ませると少し時間が出来たので、土産店を見て回ることにした。C級呑兵衛みたいなのには、乾き物が充実しているので、それを酒の肴に買っていく。

e0173645_14214400.jpg

ん?なんじゃあれ?
結局、今回の旅行ではイメージしていた屋台での飲み食いが出来なかったんだけど、
そうしたところで売られていそうなファーストフードを見つけた。

e0173645_14253648.jpg

この串は何の肉かなあ・・・
おやおやあ、この隣りは、茄子を平たくして卵と炒めたもんですなあ。
まあ、深く考えずに食べてみるか。悪くはないけど、温めてもらえばよかったなあ。

e0173645_14233316.jpg

あとね、「FRUIT MAGIC」で、その場で果物をジューサーにかけてシェイクにしたものを飲む。

e0173645_14291949.jpg

案内された時刻に集合し、搭乗ゲートまで進む。
搭乗時刻は10:45、L04ゲートまでやってきたまでは良かった。

「あれ?」
ゲートの先、目の前には小さな飛行機、A319が止まっていた。

・・・10:45になってもいっこうに案内される気配なし。
「まだですかねえ~。それにしてもあれ小さいですよね。」

・・・うん、小さいのは小さいでいいのかもしれない。
それよりもまず、航空会社が違うから
みんなフィリピン航空のデザインくらい覚えとかないと。あのA319はセブ・パシフィック航空だぞ。

だから、「と、なると」ってなるでしょ?

でね、「この前にいる飛行機じゃなくて隣のそれらしいよ。」
ん?隣?
あっ、確かにさっき入ってきて、今作業してるよね。だとしたら、もうちょっと時間かかるんじゃない?

そうこうしていると、セブ・パシフィック航空は、ゲートを離れそそくさと飛んでいった。そして、その後にフィリピン航空が入ってくる。
「あれ?この今、入ってきたのに乗るのかなあ・・・。」
憶測が憶測を呼ぶほど、ほとんどアナウンスもなく、皆ボケーっと待ち続けるだけだった。怒る人なんてこの国にはいないみたいだ。

11:30は軽く回って、何とか飛行機に乗り込むことが出来た。
「隣のそれらしいよ。」の飛行機が正解だった。
「・・・で?いつ動くの?」

おえおえ、12:00回っとるんちゃうんか!
しかも、
「おりゃー、隣の飛行機の方がゲート離れだしとるやないか!」
セブ・パシフィックの後に入ってきたフィリピン航空の方が、先に誘導路まで移動してるよ。

e0173645_14313755.jpg

こっちは、もう動くかと思われた頃に、また、荷物搬入の扉が開いた。
「荷物間違って入れたんちゃうん・・・」

あながち間違っていなかった。
機内アナウンスで、
「ビジネスクラスの乗客の荷物しか入っていない。他の荷物は間違って違う飛行機に載ったかも。マニラで確認してね。」

「・・・。」

そのショックはあったんだけど、
隣の誘導路まで移動していた飛行機がもう一度ゲートに戻ってくる光景を目にした時に、自分達の方がまだマシだと思うことにした。

とりあえず、飛ぶだけ飛んでマニラには到着したんだけど、
着いた段階で関空行きの搭乗時間になってるわけ。関空行きは14:25発。
買物も何もできやしないよ。どっちかと言うと欽ちゃん走りだね。
セブから乗る人は事情分かってるからいいんだけど、そうでない人達は、飛行機乗ったまま待ちぼうけ。
結局、14:25→15:40となり、ようやくフィリピンの地を後にした。

アジアの旅は直行便に限る。何が起こるやわからん・・・
ま、でも荷物はあんなけ待たせて飛んだ分、ちゃんと載っていた。

~セブ旅行シリーズ 終~

by nonbe-cclass | 2008-05-18 23:55 | 激旅!セブ3泊4日2008 | Trackback | Comments(3)