タグ:居酒屋 ( 948 ) タグの人気記事

 

梅田でハシゴ酒

鳴門から知人イニシャルT氏が連休を利用し大阪へ戻ってくるというので、梅田で待ち合わせ飲むことになった。いやあ久々だなあ。

torihei.jpgそもそもの待ち合わせ時間が少し遅めだったので、こちとら仕事を終わらせて梅田で酒前酒を始めた。やっぱり、気軽に楽しめる新梅田食堂街の「とり平」だ。時間によっては売切れてしまうので意外と口にしていないせぎもも楽しむことが出来た。やっぱり、ここの特製タレは味わいがあって美味いねえ。ハツや三角、手羽先などお決まりのものを一通り食べて店を出ることにした。

この後、イニシャルT氏と合流し店探しにお初天神あたりを散策した。イニシャルT氏が「ここしまひょか」と入った店は、うめだ花月前のビルにある「鶏鳥Kitchenゆう 曽根崎店」だ。また焼鳥かよ!がっかりだよ!

tukune.jpg金曜日ということもあってか、店内は一杯だ。とりあえず焼酎の一升瓶が並ぶカウンターに腰をかける。兼八もあるねえ
この後、イニシャルO氏とも合流することになるが、これ以上は席がないからすぐに出られる体制だけにはしておこう。

この店は、名古屋コーチンを出す店だが、店の自慢は「つくね」だそうだ。チーズやおろしポンズなど幾つかのバリエーションがあるようだが、とりあえず「自信満々のつくね」とやらを注文してみるか。
ハンバーグのようにこねたつくねに、卵黄がのった一品だ。卵黄が後押ししているのもあるが、モゴモゴとせず柔らかくいただいた。この他に串盛り合わせを注文したが、酒のアテにはこの塩焼き串の方がお似合いだなあ。

イニシャルO氏と合流し、夜遅めまでやっている店ということで、東通り商店街にある「割鮮 吉在門」に入った。この高級感のある店構えとリーズナブルな料金設定のギャップにいつも笑わされる。

kichi1.jpgkichi2.jpg「付出しでございます」とでてきたのは、いきなりマグロとウニのにぎり
色んなメニュー(フォアグラ料理なんてのもあるんだけどお)があるが、ここはやはり魚料理で楽しんでいただきたい。造り盛合せを頼んだところ、生ガキがのってきたよ

もうねえ、最近疲れてるのか年なのか知らないけど、眠気に勝てないわけ。酒は呑みたいし話もしたいんだけど身体がついてこないわ。
いやあ、ホント徹夜するのはもう無理なのかもしれないねえ(何考えてんのよ)。

とりあえず、「この夏にお泊り呑みを開催しよう」と決めて、26:30頃店を出た

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:鶏鳥kitchen ゆう 曽根崎店
場所:大阪市北区曽根崎2-16-22 アメリカンビル3F
電話:06-6311-6308
営業:月~木・日 17:00~25:00、金土17:00~05:00 第3月休

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:割鮮 吉在門 東通り店
場所:大阪市北区小松原1-16 モコビルB1F
電話:06-6312-3610
営業:17:00~5:00、土日祝は16:00~5:00 無休

by nonbe-cclass | 2006-07-15 23:30 | ・食べ歩き(焼鳥) | Trackback | Comments(2)  

石橋の「とり竹」でくじら料理

石橋の居酒屋と言えば「とり竹」グループだが、今日はその本店「とり竹本店」に行ってみる。
本店というと、とかく大きな店をイメージしがちだが、ここは「とり竹」グループの原点を思わせる、こじんまりとした居酒屋だ。

寿司「安兵衛」横の狭い階段を上がったところに入口があるが、開けたら開けたですぐカウンター、そこに加えて座敷に上がる人の靴でいっぱいだ

他の「とり竹」グループは店舗自体が大きいので気づきにくいのかもしれないが、この本店は常連客がかなりの割合を占める

料理については、寿司や鍋・一品各種などが充実しているが、ここではくじら料理が味わえる。
おばけやくじらベーコンなどの他に、刺身(写真)も楽しめる。

メニューにはなかったが、「ちょっと漬物食べますか?」と店長が差し出してきたのは水ナスの漬物だった。ナスの味そのままに、ほのかにあっさりと漬かった感じがグー。

Jr.を何かといじる店長、気さくで楽しい人だぞ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:とり竹 本店
場所:池田市石橋2-12-11
電話:072-761-6475
営業:16:00~24:00 月休

by nonbe-cclass | 2006-07-08 23:41 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

石橋の立ち呑み「歩歩」

何だかね、一人で呑みたい時もあるわけ。
「何かしょっちゅう一人でぷらぷらしている感じがするけど」って思ってない?そんなことないですよおお。

立ち呑みで軽く、と考えて石橋を少しぶらついたが、最終的には「歩歩」(ぽぽ)に落ち着いた。

e0173645_09041030.jpg

L字カウンターと入口扉(&壁面)の間隔が狭く、カウンターに向いて酒を呑んでいる分にはいいが、少し動くと扉に当たってしまう。

ここのシステムはドリンク・フード共にオール350円。小さな籠に予め自分の予算を出しておき、注文ごとに差し引かれるバージョンだ。

自分以外は、常連客のようで店のママとしゃべりっぱなしだ。
ビールにうるめを注文し、一人うるめをもさもさいわしながら、小さなテレビで流れる映像をぼんやり眺めていた。

e0173645_09040797.jpg

ふとメニューに目を戻すと「オイルサーデン」が気になった。あまり、ほかではないような気がする。
瞬間的に缶詰をイメージしたのだが、普段買って食べないので、
一つここは注文をしてみようとしたらママから、
「ごめんね~鰯が高騰して手に入らないのよ、何処行ってもないのよ」

e0173645_09040845.jpg

一瞬、「ここに本日のおすすめって書いてるじゃん」とは思ったものの、そうかあ鰯が急騰しているのか・・
後から聞くと海遊館のマイワシも採れなくて大変みたい。観賞にも食にも影響してるのね。

変わりに、手料理の酢の物を頼んだ。しゃきしゃきと野菜の歯ごたえよろしく、あっさりと美味しくいただいた。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:歩歩
場所:池田市石橋2丁目2
営業:12:00~23:00 第1・3日曜日休

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2006-06-29 22:06 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

恵比寿の居酒屋「大吉」

イベント初日を無事終えた。1日立ち尽くめだと何もしていなくても腰が痛い。
今日は、有明の東京ビッグサイトからりんかい線に乗り恵比寿に出る。5月にも行った徳之島料理の店「大吉」だ。長寿世界一が愛飲する黒糖焼酎の店でもあるそうな。

タイミングが少しでも遅れていれば店に入れなかった。既に満員御礼状態だ。

前回に引き続き、おススメの玉子焼きなども注文したが、砂肝の炒め物やさばの昆布〆など、違ったものも頼んでみた。いずれもボリューム満点で、しかも美味い。砂肝の歯ごたえとしめさばの酸味が酒にあうねえ。


e0173645_12170921.jpg
e0173645_12165203.jpg

たださあ、この店はあの「笑って見送れない最終電車」の舞台となったところなわけ。
イニシャルK氏はひたすら、「あれは、イニシャルH氏があおった」と自分の否を一切認めようとしないが、
こっちからすりゃ「あんた達二人ともなんだよ!がっかりだよ!」だ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:居酒屋 大吉
場所:東京都渋谷区恵比寿西1-7-11
電話:03-3496-8904
営業:16:30 ~ 23:00 日祝休

by nonbe-cclass | 2006-06-14 23:34 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback(2) | Comments(0)  

新橋の居酒屋「金陵本店」

「芋蔵」でどれだけ焼酎を呑んだか覚えていないが、店を出るとあちらこちらで提灯がぶら下がり、オープンスペースで酒を呑む人達で活気づいているじゃあないかあ。庶民的な雰囲気が、C級呑兵衛の千鳥足を惑わせる。

「まま、もう1軒」と向かった先は、ホッピーの赤提灯がともる、庶民的な居酒屋で賑わう「金陵本店」だ。

e0173645_12203094.jpg
e0173645_12203108.jpg

うわっ!賑わってるなあ。この雑な感じがいいねえ。
さっそく、ホッピーだね。

e0173645_12204717.jpg

ホッピーは、アルコール度0.8%のノンアルコール飲料だ。そのまま呑むよりは、焼酎と割る飲み方が主流だ。
もともと、本物のホップで作るノンビアというところからホッビーと名づけられたが、言いにくいことからホッピーとなった。
我々おっさん組からすると昔ながらの懐かしい飲み物という感があるが、ホッピーのホームページでも分かるが、非常に女性サイドのプロモーションに驚く

e0173645_12212533.jpg

ほたるいかやちくわの磯辺揚げなど適当につまみながら、「餃子ソーセージ」(470円)など微妙なメニューにもチャレンジする。
形状はソーセージだけど味は餃子なのね。どうなんだろうね、ソーセージを食べたかった人は複雑な心境になるぞ。
ま、でもね、こういう微妙系メニューで会話もはずむってなもんで、積極的に注文いただきたいアイテムだ。

e0173645_12210834.jpg

ま、会話が弾むって、もう何しゃべったか覚えてないんだけどね

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:金陵本店
場所:東京都千代田区有楽町2-1-20 JR高架下
電話:03-3503-4994
営業:16:00~00:00 無休

by nonbe-cclass | 2006-06-13 23:30 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

新橋の居酒屋「芋蔵」

さてさて、今日からイベント出展のために東京入りだ。
イベントは明日から3日間開催されるが、会場での準備のため前日から入る(ブログの日付は遡っているものの、暫く更新できなかったのはこのためだ。おまっとさん)。

今回はイニシャルK氏がいる会社との共同出展だが、こうなると期間中の体調管理をしておかないと、呑みが続くに違いない

果たして、会場の準備は順調に終了した。
予想通りの展開として「前夜祭」と称して、新橋へと繰り出すことになった。・・・ま、今回、期間中呑むつもりできてるから、宿も新橋にしてるんだけどね

向かった先は、新橋駅から有楽町方面へ歩き、JR沿い、首都高高架下にある居酒屋「芋蔵」だ。

e0173645_12231173.jpg

ん~名前からして焼酎メインの店かと推測したが、予想をはるかに超える300種以上の焼酎が取り揃えられている店だった。焼酎は580円がメインで、プレミアム900円、森伊蔵あたりは超プレミアムとして1300円で呑むことができる。

「お、佐藤の黒があるじゃん」と注文したら、いきなり「品切れです」と返され、「本当に300種あんのかよ」と疑ってしまう

・・・が、この店では九州の郷土料理が味わえる
結構、酒呑み好みのアテが充実していたので、違う焼酎・・・「舞香」を皮切りに、ちびちびやりながら郷土料理を楽しんだ。

変わったところでは、がん漬け(蟹の塩辛:700円)で、殻を細かく砕き、かに味噌と一緒に塩や唐辛子と漬け込み、ペースト状になったものだ。口に入れると細かく砕いた殻のカリカリ感が新鮮だ。塩辛いので、大根おろしとあわせて食べる。いや~酒が進むねえ~

e0173645_12235938.jpg

あと、鰹の酒盗カマンベール(680円)だ。
枕崎産の酒盗にごろごろと大きく切ったカマンベールチーズを和えたものだ。これ、結構相性いいねえ。美味い。

e0173645_12240069.jpg

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:芋蔵 銀座店
場所:東京都中央区銀座8-3 東京高速道路西土橋ビル2F
電話:03-3569-3111
営業:17:00~04:00、日祝16:00~23:00

by nonbe-cclass | 2006-06-13 23:04 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(2)  

福島の居酒屋「ひなた」

イニシャルK氏というと、何かと東京出張の際にはイニシャルH氏と結託して、ロクなことを考えない人としてよく登場するが、先日、別のイニシャルK氏と会うことになった
じゃあ、このイニシャルK氏はまともなのかという話だが、ん~かなり言動は個性豊かだね。じゃがいもみたいな顔してる。

大阪福島にある「ひなた」に入った。福島でも朝日放送寄りになると、お洒落だったり隠れ家的な店がいくつもある。

hinata2.jpghinata3.jpg決して安いとはいえない店だが、店の雰囲気は落ち着いているし、食材にもこだわりがみえる。

最初にアジのたたきを注文すると小鉢で出てきた。
ねぎ、みょうが、たまねぎなどがたっぷりのったタタキで、手作りのポン酢も嫌な酸味がなくて美味い。
アジも含めてだがタタキや造りは、800円台後半から1000円強の価格帯だ。

あと、焼鳥串に、野菜の焼き物(アスパラとなす)を頼んでみる。備長炭での炭火焼だ。このアスパラ太いね~。でもやわらかく甘くて美味い。焼き物は300円台後半から500円あたりだ。

仕事の話で会ったので、ひたすらしゃべっていると、時間的にはいたが、殆ど飲み食いせずに店を出てしまっていた。
ま、しっかり飲み食いしていると金額的にとんでもないことになっていたかもしれないが(笑)

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:炭火旬膳「ひなた」
場所:大阪市福島区福島7-13-7 福島ビル北館
電話:06-6456-1162
営業:17:00~24:00

by nonbe-cclass | 2006-06-01 23:50 | ・食べ歩き(焼鳥) | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「参丁目」

22:30頃、一軒の店の暖簾をくぐってみた。
甲子園で阪神vsオリックスを観戦しながら、たらふくビールを飲んだので腹は減っていなかったが、何か物足りなさを感じて、石橋を降りると自宅とは真逆の方向に足を向けていた。

大衆酒房「参丁目」がずっと気になっていたのだ。

時間的にどうかなあと思い尋ねてみると、「23:30まではいけますよ、どうぞ」と快く迎えてもらえた。案内されるままカウンターに腰をかけた(ホントは23:00までだったんじゃないかなあ)。

この店を知ったきっかけは他とはちょっと違う。
何故なら銭湯での壁広告だったからだ。風呂桶の「ケロリン」みたいなもんだ
はじめて「参丁目」の広告を見たとき、「あれ?この店どこにあるんやろ。あったっけなあ」と妙に見入ったのだ。
石橋の居酒屋といえば、駅周辺に集中しているので、トーエイよりも西向こうにあるという発想がそもそもなかったのだ(石橋分からない人にとっては「あんた何言ってんの?」ってなるよね)。

この広告&実際、店に来た時の看板「大衆酒房」からして立ち飲みか何かんだと思うでしょ。これがね、違うの。鍋や懐石料理が楽しめるお店なわけ。すっぽん料理なんてのも書いてあるぞ

とにかく瓶ビールを注文し、つぶ貝(800円)造りを頼んでみた。
1個まるまる出てくるが、刺身とは別に、さざえと同様にある「わた」の部分は甘辛く荒炊き風にしてアツアツで出てきた。
e0173645_12035625.jpg

刺身を口にした瞬間にまず思ったのが「このつぶ貝、甘い」だ。これまで何度も食べてきたはずなのに・・・こんなに甘味があるのかあ。
大将が「今が一番美味しい時」と太鼓判の逸品だ。

次、何か注文しようかなあと思っていると、
「これ、ちょっと食べてみませんか?」と差し出されたのが、甘えびの塩焼きと真竹だ。
e0173645_12035800.jpg

もうねえ~甘えび、香ばしい風味と頭の部分のお味噌が甘くてグー。
真竹は素焼きにしたものをかぶったが、歯ごたえがありながらも、えぐみが全くない。先の方だけほろ苦い感じだ。
真竹は今日たまたま入ったものだそうで、それを味見させてもらえるとは有難い。

酒を「緑一」に変えた。
池田は「呉春」が有名だが、この「緑一」も池田栄本町、吉田酒造の銘酒だ。

大将から色んな話を聞くことが出来た。
食材に対するこだわり、30年営業をしてきた中での石橋の姿、石橋の居酒屋事情等々。

最後に活きのいいすっぽんをみせてもらった。
e0173645_12035901.jpg

大将が持ち上げると、かなり暴れ放題。こっちまであわててシャッター切ったので、ブレちゃった。きっと美味いすっぽん料理が味わえるんだろうなあ。

最後に、泉州で摂ったわかめを佃煮にしたものを土産にいただいた。
短い時間だったが、とても楽しかった。
また、足を運ぶことにしよう。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:酒席 参丁目
場所:池田市石橋1-16-18
電話:072-762-3465
営業:17:00~23:00 日休

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2006-05-22 23:30 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(2)  

新橋の居酒屋「磯っ子」

ホテルを予約していなかったので、新橋のビジネスホテルに直接行きチェックイン。
夜は、イニシャルK氏とイニシャルH氏の3人で飲むことになった。
前回、ヒットだった「浜んこら」に行ってみたが、すでに一杯で入れず。

仕方なしにぶらついて決めたのが、青い暖簾が酒呑み気分をかりたてる大衆割烹「磯っ子」だ。
写真の外観からも分かるが、店内も日本の居酒屋という感じで味わいがある。

isokko4.jpgisokko2.jpgメニューにも興味津々だ。するめいか刺身(700円)を筆頭に、春野菜の天ぷらやげその塩焼きなどを注文する。するめいかのみずみずしさはグー。

かわったところでは、のびる(500円)。
「のびる」は野蒜というユリ科の多年草で、なんだろう、島らっきょうみたいなものだ。球根部分を味噌をつけてカリカリいわすのだ。春野菜で今が旬のものだ。あまり食べ過ぎると、かなり口にねぎの香りが残るぞ・・

途中から焼酎に切り替える。
いくつかの焼酎がある中で「貴匠蔵」を呑んでみる。本坊酒造の芋焼酎で、原材料は南薩産のコガネセンガンだ。

病み上がりのイニシャルH氏には1軒目からきつかったかな。結構呑んだぞ・・・
しかし、イニシャルH氏もただ者ではないので、次の場所へと移動するのであった。

isokko3.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:磯っ子
住所:東京都港区新橋3-13-8
電話:03-3431-1717
営業:17:30 - 23:00 土日祝休

by nonbe-cclass | 2006-04-12 23:30 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(2)  

「鳥小屋」の上焼鳥

急遽、東京から仕事でイニシャルK氏がやってきた
今日中に東京へ戻らなければならないらしいが、最終の新幹線まで呑みに行こうとなった。
そこで、C級呑兵衛とイニシャルT氏の3名は雨の中、西天満へタクシーを飛ばした。
向かった先は「鳥小屋」だ。焼鳥と焼酎のお店だ。

ここの上焼鳥(写真)が美味しいので必ず注文する。半生状態なのと味のアクセントに柚子胡椒が絶妙。

普通の焼鳥屋なら次々と串を注文するが、この店ではオススメのものを色々とだしてくれるので、それだけで十分。
釣り好きの大将なので、タイミングがよければ魚料理も味わえたりする。

ところで、イニシャルK氏に注意された
「あのさあ、C級呑兵衛のブログで俺と呑みに言ってることを書くなよ。あれ結構読んでる人がいてさあ、「この間○○行っただろ」とか言われるんだよ。」
おごってもらったなんてことを書くと、「C級におごったんだって?じゃあ俺もおごれよ」なんてたかられたりもするとか。

「人のこと書いて自分に都合の悪いことは書かないだろ?」
「当たり前じゃないの。何で自分に都合の悪いことを書くのよ。そもそも、都合の悪いことなんてないの。だいたい、突っ込まれ要素をもってるからだよ。あんたに問題あるんじゃないの?

モメモメトークで酒がすすんだ
ん~確かに「酒」の好きな人だけが読んでいるわけじゃない。
特に会社関連では、C級呑兵衛とその周りの人の動きをこのブログでチェックし、リアルな場でネタに使っている人もいるようだ。

で、それを知ってC級呑兵衛はどうするか・・・
「このままだよ。ますますリアリティを追求して面白おかしく書くぞ」

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:鳥小屋
場所:大阪市北区西天満6-6-2
電話:06-6365-8481
営業:11:00~14:00 16:30~24:00

by nonbe-cclass | 2006-03-16 23:32 | ・食べ歩き(焼鳥) | Trackback | Comments(0)