タグ:寿司 ( 12 ) タグの人気記事

 

石橋の寿司「文吾寿司」

ちょっとした時間に、立ち飲みでもいいんだけど、落ち着いて小腹サポートも含めて飲みたい時は、やっぱり「文吾寿司」
阪急石橋駅東側、国道176号線高架沿いで飲食店が並ぶ一角にある。夕方から夜遅くまで営業しているから、仕事が遅くなった時とかにも重宝するんだよね。

e0173645_23280020.jpg

Facebookでは、行く都度に寿司をアップしているものの、ブログで改めて書くのは久々かしら。C級呑兵衛のブログは、「こんなお店あるよ~」「こんなイベントがあるよ~」等、どちらかというと読む人にとっての気づきを意識してUPしているから、あまり同じお店や場所を何度も書くことがないわけ。
ただ、他のお店もそうなんだけど、
石橋にあるお店は色々紹介していながら、時の経過とともに情報が古くなっているものも多いのは確か。原点回帰、また改めて紹介をしていくことも考えなきゃな。

話それちゃったけど、
もともと、一般的にはハードルが高いイメージの寿司屋。「文吾寿司」はそこに加えて、カウンター7席のキャパというのが常連の聖地な感じがして、ますます遠い存在に思えてしまう。ところが、一歩先には昭和の香り漂うええ空間が待っている。

暖簾をくぐると、ご主人がいつもの感じで「お、いらっしゃい。」、お母さんがいつもの感じで「まいど。」

このお店に最初来たときから、今でも好きなんだけど、席に着くと、お母さんが目の前に置く笹葉。ご主人が寿司を握ると、ここに置いてくれるんだけど、笹葉ってのが何となく粋な感じがして。

ここ直近、最初にお造りの盛り合わせ(1500円くらいだったかな)をお願いしている。その日の仕入れで内容は異なるけど、これなかなかのお得感があるんだよね~
今回もトロ、ホタテ、ひらめが入ってまっせ。それぞれが分厚く切ってあり、まさにお造りを満喫できる時間だ。ウメー

e0173645_23280435.jpg

瓶ビールの肴にお造りを堪能・・・お造りボリュームあるから、これだけでもいい小腹サポートになるんだけど・・・握り、ちょっとだけ食べようかな。握りは2貫単位で出てくるけど、短冊やボードに書かれている料金は2貫分だよ。

造りを食べなければ、間違いなく最初にひらめを発注するんだけど・・・
「あれ?これいっつも、あったけな。」
関西では珍しい、小鰭(こはだ)があるじゃん。これは発注アイテムだな。

小鰭(2貫250円)。
まぶしーねー、きらきら輝いてますな。
小鰭は酢で〆てある。小ぶりの魚ながら肉厚感のサクっとした食べごたえ、酢でしめているから後味さっぱり。

e0173645_23280782.jpg

そして、鯵(2貫250円)。
小鰭に続きあっさりした魚ではあるんだけど、よく脂がのってしっとりとした舌触りがなんともグー。鯵のたたきのように、ネギ・生姜を散らしているところも、爽やかさを助長している。美味し。

e0173645_23281033.jpg

しょっちゅう食べてるんだけど、富山産のあの大ぶりプリプリ感はホントいいよねぇ・・・水揚げエリアで全然大きさが違うんだよな、今が旬のホタルイカ。
握り、お願いするか。
胴部分が肝たっぷりでパンパンに張ってますな。お~イカらしい食感と風味がたまりませんな。

e0173645_23281346.jpg

いかたこ系食べると、貝王としては貝も食べたくなってくるな。
鳥貝(400円)もらお。毎度、このムニムニした食感と噛むほどに出てくるほのかな甘味がたまらんわね。大きな鳥貝だから食べごたえ十分。

e0173645_23281520.jpg

いやぁ、お腹がいい塩梅。
身近にあるお店でホント有難い存在だわ。

気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:文吾寿司
場所:池田市石橋2-1-9
時間:17:30~25:00 日休
電話:072-761-2831

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-05-14 08:10 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

塚本の寿司「ととすし」

実は、以前から気になっていたJR塚本駅エリア。
1つは、こてっちゃん(浅ーい鉄道ファン)として、全ての普通電車が止まるわけではない駅に興味津々。もう一つは、この駅の周辺はどういうことになっているのか、安くで酒が飲める店が色々あるのではないかという妄想。

そんな中、
ひょんなことから、塚本で飲む機会が訪れた。へー結構乗り降りが多い駅なんだなぁ。
おー、アーケード商店街もあるんですなぁ。

e0173645_21305356.jpg

さて、やってきたのは駅の東側、大きな道路沿いにある「ととすし」だ。

e0173645_21305697.jpg

厨房を囲み、しの字を描くようにカウンターがある。どうだろう、12席ほどあるのかな。
手元に定番メニューはあるんだけど、壁面のホワイトボードに目が釘付け。今日のオススメの一品がずらっと書かれている。お寿司屋さんだけど、酒肴、焼き物や小鍋もあるんだね。そして、その横にもホワイトボードがあって、こちらには地酒銘柄がつらつらと。

魚食べるし、最初からお酒にしようかな。
おなじみの「神亀」純米(600円)をぬる燗で。ん~ほんわか口当たりは優しいけど、芯はしっかりしてうまいですな。

e0173645_21312040.jpg

寒ブリにぎり(400円)から。
にぎりは一皿2貫なんだけど、この値段、一皿の値段なんだよね。すんごいお得だなぁ。これ天然ものかしら…脂はしっかりのっているが、天然だとブリ独特の風味が浅くあっさりさっぱりなんだよね。美味しー

e0173645_21313143.jpg

そして、平目にぎり(500円)。お大振りなネタが嬉しいね。
お~、いい弾力と甘味だわぁ。

e0173645_21313499.jpg

お、これもいいな。
皮はぎにぎり(500円)。ひらめも美味しいけど、皮はぎって薄造りでも男前な弾力があって旨みもあるから好きなんだよね~
皮はぎといえば肝、こちらもネタの上にのせ青葱を散らせる。もちろん、これはポン酢で。くーウメー

e0173645_21315113.jpg

ここのきずしがまた美味い。
鯖の鮮度と酢に浸かりすぎないところは簡単にクリアしてて、この酢そのもののパンチなのか合わせ具合なのかは分からないけど、酢の酸味と塩味がいい具合にきいた逸品。こりゃ、日本酒がほしくなるわ。

e0173645_21320317.jpg

酒は…山口は酒井酒造「五橋」純米吟醸(650円)を。
先日、プーチン大統領が来日した際、大谷山荘で提供される酒として名前が挙がってたみたい。
あっさりしているようにみせかけて、しっかり。だからあっさりとした料理にも合うんだよね。これは飲みやすいわぁ。

e0173645_21321912.jpg

おいおい、穴子白焼きにぎり(600円)が激ウマだな。
焼きの香ばしい風味と表面のカリサク感、その後にふわっふわがやってくる。ここにまた、塩振りがいい仕事してるんだよなー

e0173645_21323566.jpg

巻物も美味しいと聞いたので、お土産にとと巻(900円)を。海鮮がぎゅーぎゅーにつまった巻き寿司で、そりゃ食感も味も満足だっせ。

e0173645_21324781.jpg

いやぁ、満足満足。
良心的な価格で美味いときたら、そりゃ人気店だってのは分かるわね。
気になる人は是非!

…ちなみに、JR宝塚線(福知山線)の普通電車は、一部停車するけど一部は停車しないんだよね。あと、塚本駅を少し西へ行くと、そのまま神戸方面に続く線路と、交差する新幹線に沿うように車庫に入る線路(新大阪方面にも出るけど)によるデルタゾーンがあるんだけど、塚本駅の構内としてはここまで含まれるんだって。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ととすし
場所:大阪市淀川区塚本1-9-8
時間:17:00~24:00 月休(月祝の場合翌日休)
電話:06-6390-8111

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-01-18 23:44 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

石橋の寿司「流れ鮨三代目おとわ 池田総本店」

音羽鮨といえば、池田・石橋エリアではお馴染みのお寿司屋さんで、ちょっとした会合や慶弔事での食事でも重宝するんだよね。今では、京都・京阪神エリアで何十店舗と展開しているが、池田生まれのお寿司屋さんだ。

その音羽鮨の中でも、
比較的最近登場した形態が、今回、行ってきた「流れ鮨三代目おとわ」だ。
阪急石橋駅から、池田に向かう途中、阪急電車の高架沿いにあり、電車からも大きな看板を目にする。

e0173645_08220526.jpg

なっかなかの人気ぶりで、ちょっと待たないと。
カウンター席、テーブル席とあるんだけど、今回はJr.と2人だったので、カウンター席に。
目の前には板前さんがいて、寿司も握ればお造りの段取り・・・と、手際よく作業が進められていく。
・・・なんだけど、注文はこの目の前にあるタブレットなのね。まあ、回転寿司と同様のシステムで、寿司が回転しないバージョンか。
カウンター席の場合、タブレットで注文すると、注文したものは、目の前の職人さんから直接出される。ん?何が「流れ鮨」なんだろう・・・

なるほど。
カウンター席では分からなくって、テーブル席をみると回転寿司と同じレーンがあるな。「流れ鮨」というのは、回転はしないけど注文した寿司がレーンで流れてやってくるということね。つまり、作り置きがなくて、注文してから作ってますよーってことだ。

とりあえず、角ハイボール(410円)をもらってと。
寿司いく前に造り盛り頼むかな。三代目おとわ名物造り(842円)から。
あら、おゴージャスに舟盛りで出てきたぞ。マグロ、鯛、はまち、甘えび、いか、サーモンにホタテまでついた7種盛り。こりゃ、お得ですな。

e0173645_08220990.jpg

びっくり枝豆(486円)。
とりあえず一品な枝豆に、なんで「びっくり」がつくのかなと思ったんだけど、木桶にどっさり&枝付きで、なかなかの迫力(笑)

e0173645_08221334.jpg

イカ王としては外せないな・・・イカ三昧(291円)。
甲イカ、ヤリイカに真イカソーメンの握りセット。塩でいただくことで、イカの甘みを感じながらモグモグ。ウメー
イカ三昧の他に、まぐろ三昧や貝三昧などもあるぞ。

e0173645_08221626.jpg

あればもれなく発注、好物のつぶ貝(172円)も。
んー瑞々してくて、コリコリがグ~

e0173645_08222004.jpg

白魚(172円)は、紅葉おろしと青ネギをぱらっと。こちらはポン酢で。
稚魚なんだけど甘味が濃くて、塩気もいい塩梅。

e0173645_08222247.jpg

価格帯も手頃だし、うどんやデザートなどもあるので、ホント回転寿司の回転しないバージョンだな。少し落ち着いた雰囲気なので、色んなシチュエーションで使い勝手いいかもね。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:「流れ鮨」三代目おとわ 池田総本店
場所:池田市井口堂1-13-12
時間:11:00~14:30(L.O.14:15)、17:00~22:00(L.O.21:45)
   土日祝は11:00~22:00
電話:072-761-5581

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-09-21 09:20 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

服部天神の寿司「ひょうたん寿司」 oishii

阪急服部天神駅から西へ歩くと、活気のあるお寿司屋さんが目に止まる。
外から中の様子が少し見えるんだけど、カウンター席、テーブル席ともに満員御礼ですな。そして、店を出る人がいるかと思えば、次々とお客さんがやってくる。
「ひょうたん寿司」だ。

e0173645_00061090.jpg

予約せず飛び込みで行ったんだけど、タイミングがめちゃよく、さほど待つことなく入ることができた。いやぁ、ほんといい感じで賑やかなので、気兼ねすることなく美味しいもんがいただけそうだ。

とりあえず、ビールをもらってと。
テーブル備え付けのメニューの他に、ホワイトボードにも本日のおすすめがずらっと書かれている。お寿司屋さんだけに、魚介造りが充実している…ん~どれも魅力。

せっかく来たんだし、ここはオススメの造り盛合せをもらうか。

…おっと、豪勢に舟盛りで出てきたよ~
しかも、ウニが殻付きだっせ。
ウニに赤貝、生たこ、天然まぐろ、ぼたんえび、車えび、甘えび、中とろ、鯛、剣先いか、白とり貝、カツオ…贅沢な顔ぶれがこんなに盛りだくさん。
マグロ群の超ビックカットに、白とり貝の食感、ぷりぷりで甘い海老群…満足度の高い造り盛りだ。

e0173645_00061168.jpg

お酒を日本酒に切り替えて、と。
酒は、高山の平瀬酒造「久寿玉」純米吟醸。花酵母を使った香り、キレのいい味わいがグー。

e0173645_00061498.jpg

ホワイトボードを見たときに頼むと決めていた、岩牡蠣(1200円)。
この岩牡蠣は、仙鳳趾産の岩牡蠣だ。年中、真牡蠣が食べられるエリアであえての岩牡蠣。大きなごつい岩牡蠣ではないけど、この風味豊かな濃い~味わいと、超クリーミーさは格別。美味い!

e0173645_00074923.jpg

天ぷら盛り合せ(1500円)は、カニや車海老など魚介メインというのが嬉しいね。かぼちゃ、たこ、ししとう、さつまいも、鯛、穴子…ふわっと軽い衣も美味しいし、ついつい箸が伸びる。

e0173645_00080516.jpg

さてさて、シメ的に握りもつまんどこうかな。
この白身は、和歌山産のたまめ。いわゆる、フエフキダイですな。あっさり淡白ながら、ヒラメのようなもっちもち食感が楽しめる。
そして、ここのところ接触率が高い、つぶ貝。相変わらずのコリコリがたまらんわ。

e0173645_00082265.jpg
e0173645_00083883.jpg

のどぐろ炙り(500円)。
これは唸るね~、口に入れた瞬間、のどぐろがふわ~っと溶けてなくなってしまう。激ウマ。

e0173645_00085876.jpg

あとは、鮮度が命というところで、いわしとさより。
いわしはお店のオススメでもあって、脂がいい感じにのってる〜滑らかな舌触りを楽しむも、後味が後を引かないさっぱりした着地がお〜ってなる。
そして、シャリが透過するさよりちゃん。とても甘みがありクセもないから、いくらでもパクつけそうだ。

e0173645_00091392.jpg
e0173645_00091670.jpg

いやあ、超満足な時間でしたな。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ひょうたん寿司
場所:豊中市服部豊町1-2-6
時間:17:00~24:00
電話:06-6868-3990

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-09-02 08:23 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

梅田の寿司「江戸寿司」

あ、しもた・・・外観撮るの忘れてたな。

3月後半に激旅タイが入ったもんだから、
ブログもタイ一色になっちゃったけど、通常ブログ追いついていかなあかんな。
ちょっと前の話なんだけど、ホワイティうめだでのお話。

仕事の話で夜、取引先より電話があり、会って少し話をすることになったんだけど、軽く食事をしながらで・・・ということで、ここにいるからと言われ向かった場所は、
ホワイティうめだにある「江戸寿司」だ。
この店、以前から気にはなっていたけど入ったことないんだよなぁ。楽しみ。

ホワイティうめだの通りに沿う形で、カウンターがあり7席・・・かな、くらいのキャパだ。
日本酒をいただこうかしら。
徳利に「酒豪」って・・・
実は、これ本当に銘柄としてあるんだよね。灘の酒、豊澤酒造「酒豪」だ。

e0173645_18461973.jpg

この店、会った取引先の人の行きつけみたいで、大将とも仲が良さそうだ。
寿司を握ってもらう前に、お造りを少しいただくことに。
おまかせでお願いすると、おー嬉しい~赤貝あるわ。あと、赤身、鯛、カンパチね。赤貝、瑞々しくてウメー

e0173645_18461380.jpg

とても気さくに大将と話をさせてもらっていたんだけど、
話のやり取りを横で聞いていると、どうやら大将は「へんこなおやっさん」的な感じみたい(笑)でも、こだわりの美味しいもの食べさせて欲しいし、マナー守らない客はヤだから注意してほしいし、そういう点では、C級呑兵衛にとっては有難い存在なんだよね~

寿司なんだけど、お値打ちなのがあって、江戸にぎり10貫で1000円
握り終えたものから、順番に目の前に出てくる。
その日の仕入れによって、ネタは変わるのかもしれないけど、ひとつひとつの握りが大きめで、食べごたえがある10貫なのよね。

e0173645_18461508.jpg
e0173645_18461743.jpg

実際食べ進むと、なんだろう「もう1貫ほしくなる」衝動にかられる。
しゃりが美味いのもそうだし、ネタの持ち味がぐっと口の中で広がるのもそうだし・・・ホワイティうめだで、気軽に入れてこの美味さがお手軽につまめるのは有難いなぁ。

この日のおすすめが鳥貝ということで、
江戸にぎり10貫とは別にお願いしちゃったよ・・・
これがまた、しゃりが隠れるほどの大振りで、しゃくしゃく食感が存分に楽しめる逸品だ。
美味い!

e0173645_18462173.jpg

途中で、もう1組のお客さんとも話が盛り上がり、そのまま閉店時間へ。
いや~美味しかったし、楽しかったな。

気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:江戸寿司中店
場所:大阪市北区小松原町梅田地下街4-5
時間:11:00~21:00
電話:06-6361-4497

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-05-01 09:52 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

大宮の寿司「東鮨」

この間の火曜日。
さいたま出張で大宮にやってきた。
いつもな感じで、少し早めに大宮入りし昼食のために店を探すことにした。
大宮駅の東側の雰囲気が好きで、すぐに商店街や路地に入り込む。

今回も少しウロウロした後に、さくら小路名店街へ。
ま、夜の方がこの小路の良さが出るのかもしれないけど、酒飲みには絶妙な道幅ですな。
e0173645_22533378.jpg
e0173645_22532794.jpg

で、この小路に、緑の暖簾で昼間も営業する寿司屋「東鮨」に入ることにした。
あっさりとしたものがいいなあと思っていたのもあるんだけど、理由はもう一つ。
e0173645_22452524.jpg

ランチには海鮮丼のようなものもあるんだんけど、ここはやはりにぎりで。

「14貫で」

最初にサラダが出て、寿しが出る直前で味噌汁。そして、手際よく握られた鮨が大皿に盛られて出てきた。
e0173645_22451347.jpg
e0173645_22451972.jpg

ランチでも、うにやいくら、ほたて、鯖、カニ身など嬉しいラインナップ。
見てもらっても分かると思うけど、特段、小さいこともないし、ネタは脂も乗って美味いわけ。

これで、1000円。素晴らしいね。

お昼時、結構客でいっぱいな感じではあるんだけど、全体的にてきぱきした感じで、特段待たされることもなかったね。それどころか、客とのコミュニケーションもあって、おすすめのネタの話もしてたね。
「イシガキ貝がいいですよ。」
石垣貝(本当は石陰貝なんだって)のことなんだけど、誰かそれ聞いて単品で握ってもらってたな。こっちも頼めばよかったな・・・貝王だからねー
いやね、貝が良さげと思ったのは、先に出してもらっていた味噌汁なんだけど、これしじみ汁だったのね。
いいダシでてるわーってのもあったんだけど、しじみの身が「お、大きいしじみやな」と思うくらい大きくて、ぷりってしてたのね。この店で貝頼んだらいいかもって思ってたところだった。

是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:東鮨 新店
場所:さいたま市大宮区大門町1-14
時間:11:30~22:30 日休
電話:048-644-4400

by nonbe-cclass | 2011-01-29 23:59 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(1)  

石橋の寿司「文吾寿司」

おー久々、久々。
やっぱり、ここにくると落ち着くわ。

石橋は「文吾寿司」
7~8人座れば満員御礼のカウンターのみの小さな寿司屋。
残業で深夜帰りになると、ここで少し寿司をつまんで帰ることが多い。
敷居の高い寿司屋がある一方で、本当に庶民の寿司屋
ビールに・・・必ず、最初は白身のヒラメから。もー甘みがあって美味しいねん。
e0173645_9121986.jpg

大将が、手際よく握る。「あいよ」と、次々と笹の葉にのせる。
アジに海老・・・ぷりぷりの赤貝。
e0173645_9122631.jpg
e0173645_9123567.jpg

ところで、店の前の高架道路をはさんだ向こう側に新しい店が・・・
あれ?あそこ、文吾寿司が倉庫みたいに使ってたはずなんだけど・・・
大将に聞いてみると、息子さんが店をオープン、和食の店だそうだ。
「うめちゃん」
お、文吾寿司別館なのか。ここでも、文吾寿司の寿司を頼めるそうな。
話を聞いた日は、プレオープンだったようで、こりゃ近々行かないと。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:文吾寿司
場所:池田市石橋2-1-9
時間:17:30~25:00 日休
電話:072-761-2831

by nonbe-cclass | 2010-05-29 09:45 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

石橋の寿司「鉄砲寿司」

さてさて、いい感じのメニューがあったので紹介しとこうかな。
この間の日曜日、Jr.と夜二人だったので、石橋温泉に行く前に寿司を食べていこうということになった。
Jr.の寿司好きも尋常じゃない。

行ったことのない店にしよう、と今回は「鉄砲寿司」におじゃました。石橋は結構、寿司屋多いんだよね。
中に入ると、右手がカウンターで左手はオープンの座敷テーブル。
かしこまった感じでなく、どちらかというとアットホームな雰囲気が落ち着く。

鉄砲寿司Jr.はお手拭で手を拭きながら、とりあえずっといった趣と慣れた感じで「玉子とまぐろのわさび抜き。」
お前は会社の部長クラスか。

すると、大将が気を遣ってくれて、プチ握りにしてくれていた。
握ってから半分に切ってるんじゃなくて、わざわざ最初からプチで作ってくれているのね。
玉子も手間なのに、わざわざ海苔巻いてくれて。Jr.、喜んで食べるよね。

鉄砲寿司鉄砲寿司C級呑兵衛は寿司を食べるというよりは、一杯やりたかったのでお造りセット(1800円)にした。
セットってあるんだ?って思ったね。寿司屋にしては珍しくない?
このお店は、色んな一品もあって料金も良心的だ。

お造りセットもね、造り5種盛りと付き出しが2品、天ぷら盛り、茶碗蒸しに手巻き2種がつくお得さ。

付き出しは肉じゃがとおでんだったぞ。
お造りがまた大きく身が切ってあって、これだけでもお腹が落ち着きそうなくらいだ。

これは日本酒にしないと・・・扱う酒は「呉春」だ。
ちびちびやってると、後から天ぷらがやってきた。塩であっさりと、野菜の歯ごたえを楽しみながら味わう。
手巻きはまぐろとたらこですな。満足満足。
鍋もあるから、ちょっとした宴会もできますなあ。

鉄砲寿司■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:鉄砲寿司
場所:池田市石橋2-2-3
電話:072-762-7363

by nonbe-cclass | 2008-01-21 23:16 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

石橋の寿司「鮨虎」

良妻が出かけるということで、Jr.と二人で銭湯に行くことにした。
その前に少しだけ腹ごしらえを・・・

Jr.が寿司を食べたいというので、石橋温泉に行く途中、石橋商店街の中にある「鮨虎」に入ることにした。
商店街を抜けたところにある「鮨虎」の支店だ。
ここは、よく店の外で、ワンコイン(500円)で巻き寿司を売っている光景を目にする。

sushit2.jpgJr.は玉子やまぐろを頼んでいたが、C級呑兵衛はあまりしっかり食べるつもりじゃなかったので、熱燗に酢の物を頼んだ。

背の高いシュッとした徳利が出てきた。
酢の物は、海老、きす、たこの盛り合わせだ。
綺麗に盛られた鮮やかな酢の物。酢はほのかに甘い感じだが、素材の味を壊すほど邪魔しない。
蛸が柔らかくみずみずしくて美味しいなあ。

鮨虎鮨虎いかと焼き穴子。

この「鮨虎」、にぎりは単品だと500円以上~と少々高めだが、それ以外の棒寿司や巻物が良さそうな感じだ。
普段、あまり棒寿司や巻物を頼まないから、今回も頼まなかったんだけど、
穴子は食べてみたかったので、にぎりでもらうことにした。
いかもそうだけど、穴子も柔らかいね~

酢の物がヒットだったので、美味しくいただこうと思ったが、そんな時Jr.は絶対に見逃さない。
一口食べて、「あっ美味しい」と言ったが早いか、C級呑兵衛が手をつけることもなく、全体の7割を食べてしまった・・・

「おい、俺はこの添え物の胡瓜しか食べられへんのか!。」
と言うだけむなしかった。あー胡瓜おいし。


鮨虎■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:鮨虎 駅前支店
場所:池田市石橋1-13-5
電話:072-761-8919
営業:10:00~21:00 木休

by nonbe-cclass | 2007-12-12 22:09 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

築地の「魚河岸千両」

e0173645_12211175.jpg築地での昼飯。今回はどうするかな・・・先週の木曜日のことだ。

いつもの感じで少し場外市場をウロウロしたが、
入口では乾物あたりを販売している、その奥でカウンターに寿司職人。
「ん~気になるなあ。ここにすっか。」

どうやら有名な店のようで、「魚河岸千両」だ。
「海鮮ひつまぶし」(冒頭写真)が名物だそうだ。一人前1,800円だ。
ひつまぶしと言うと鰻をイメージしてしまうが、海鮮の「櫃まぶし」なので、風呂桶のような櫃に色とりどりの魚貝をちりばめた、ちらし寿司のようなものだ。
まぐろ・ウニをはじめ12種類以上の魚貝が入っているそうな。茶碗3膳分くらいだね。

ここからは、鰻のひつまぶしと同じような食べ方をするわけ。

まずは、そのままだよね
ま、海鮮丼状態になるから、わさび醤油を好みでかけてガツガツっとかきこむと、海の香り満載でございます。

でね、次に椎茸・蓮根・かんぴょうあたりの甘煮が出されるので、これをまぜるんだけど、C級呑兵衛は要領があまりよく飲み込めなかったので、あわせただけみたいな感じになっていた。
それをみていた職人さんが、「失礼しますね」と櫃を取って、残っている寿司の一部をコネコネしだした。ご飯がウニで色が変るくらい混ぜるんだね。
あのねえ、ウニの甘味もそうだし、これと甘煮の相性がいいこと。蓮根の歯ごたえもいいねえ。
これ、一膳目でウニ食べ過ぎると災難だね

そして、頃合でダシを出してもらって3膳目でお茶漬けだね。
ご飯はほんの少し。これにダシをしっかりかけてサラサラっといく。

いやあ、ひとつのアイテムで色んな食べ方が出来るのも面白いね。
余談だが、途中で店のブレーカーが落ち、一部の照明が消えちゃった。なーんとなしに薄暗い感じで、櫃のご飯をカサコソやっていた。

e0173645_12213654.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:魚河岸千両
場所:東京都中央区築地4-10-14 樋泉ビル1F
電話:03-5565-5739
営業:月~金 11:00~14:30、17:00~23:00
土 11:00~23:00(日祝 11:00~21:30)

by nonbe-cclass | 2007-03-06 12:16 | 食べ歩き(その他) | Trackback(1) | Comments(0)