タグ:寺社 ( 4 ) タグの人気記事

 

激旅!タイ4泊5日2016(9)

激旅!タイ4泊5日2016。

国鉄アユタヤ駅を降りると、すぐに声をかけてくるトゥクトゥク野郎がいるが、無視して、駅前の道路を跨いだ先にあるお店へ。

「ノン・ナイン・サービス」だ。
ちょっとした食事も出来るし、飲み物などの販売もしているお店なんだけど、ここで自転車やバイクがレンタルできるんだよね。すでに、自転車を借りる先客の対応に追われてるな。

e0173645_07245320.jpg
e0173645_07245603.jpg

アユタヤを巡る手段としてトゥクトゥクやタクシーがあるんだけど、
今回は、レンタサイクルを利用することに。

10:30過ぎにお店で借りる手続きをした後、11:30頃にワット・プラ・マハタートに到着。チケット売り場前では、賑やかに土産物屋が並んでいる。

e0173645_07420978.jpg
e0173645_07421322.jpg

チケットを買って(50B(150円))中に入る。
世界遺産アユタヤの中でも14世紀を代表する寺院遺跡で、代表的な見所がここにある。木に覆われた仏頭だ。破壊された後に、自然の力が仏頭をもち上げているんだね。
それにしても、ことごとく仏像の頭がなくなっているのがどうにも生々しい・・・

e0173645_08464996.jpg
e0173645_08505677.jpg

寺院内にはトウモロコシ・・・いや、クメール様式のチェディ(仏塔)と先がシュッととんがっているスリランカ様式のチェディがあるんですな。

e0173645_08503617.jpg
e0173645_08434951.jpg
e0173645_09035141.jpg

んーそれにしても野良犬が多いな(笑)
まぁ大人しいし、いるのは別にいいんだけど、このあとも、観光スポットのベストショットを収めようとする中に、わりかし映り込むんだよね(笑)

e0173645_11130550.jpg

次にやってきたのが、ワット・プラ・マハタートの隣にあるワット・ラチャブラナ
12時20分か。
1424年に建てられたクメール様式の寺院だ。

e0173645_11152898.jpg

もーねー、
ここも修復工事してるわけ。

e0173645_11253382.jpg

でも、ここはまだ仏塔に上がれるだけいいわ。
あ、さっき歩いてきた道に沿った壁面は、上から見るとこういう建物になっていたのか。

e0173645_11270204.jpg

あと、この仏塔の中にも入れたんだけど、何やら奥深く底へと続く激急な階段を発見。降りてみると、狭い空間に四方びっしりと壁画が描かれていた。

e0173645_11282245.jpg
e0173645_11282590.jpg

ワット・ラチャブラナから自転車でさらに西へ進み、ワット・プラ・シー・サンペットへ。道路から敷地内に入ると、正面に大きな建物が見える。この大きな建物は、ウィハーン・プラ・モンコン・ボピットで礼拝堂だ。

e0173645_12505301.jpg
e0173645_12165562.jpg

ただ、そこへ向かうことなく、その手前右手に入口がある。
ここも50B(150円)ですな。

e0173645_12171062.jpg

中に入ったとたんに、野良犬が点々と・・・

e0173645_11380676.jpg

あ、思ったより大きいなぁ。3基のスリランカ様式の仏塔が素晴らしい。ここに3人の王が眠るんですな。

e0173645_11380972.jpg
e0173645_12402501.jpg

そして、ワット・ロカヤ・スター。もうすぐ14時か。
ここにはかつて寺院があったらしいんだけど、当時の姿を想起させるものはないく、遺跡として広場みたいになっている。
で、その広場にデーンと涅槃仏が・・・全長28m高さ5mの石仏なんだよね。すぐそばまでいけるんだけど、なかなかの迫力だ。

e0173645_12525399.jpg
e0173645_12572064.jpg

さぁ、そろそろお昼を食べないとタイミング逃してしまいそうだな。
疲れもピークにきてるしね。

激旅!タイ4泊5日2016。続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-04-24 13:14 | 激旅!タイ4泊5日2016 | Trackback | Comments(0)  

激旅!タイ4泊5日2016(6)

激旅!タイ4泊5日2016。

ワット・ポーの観光は・・・11:45位に入って拝観とマッサージ含め、出たのが14時前。2時間ちょっとか。
さて、ター・ティアン停留所(#8)を見つけたまではよかったけど、
おーまじか!めちゃ混んでるー

e0173645_13055088.jpg

ここの乗り場は、チャオプラヤーエクスプレスと、対岸のワット・アルン行きの2つある。これ、チャオプラヤーエクスプレスで並んでるのかなぁ・・・と思ったら、逆で、ほとんどがワット・アルン行きだと分かった。しゃーないな。
対岸に行くには、3B(90円)ね。

e0173645_13055484.jpg

金を払って先に進むと、あら、川沿いの食事処、いい雰囲気ですな。
少し待っていると、対岸から船がやってきた。思ったより大きな船なんだ。しかも、結構人が乗っているぞ。

e0173645_13055661.jpg
e0173645_13055968.jpg

川を行き来する船の中には、エンジンをふかしまくる暴走野郎もいたりして面白いんだけど、その煽りを受けて、乗ってる船の足元に川の水が流れ込んでくる一幕も。

e0173645_13355322.jpg

何かあったとき、これが助けてくれるのかな。
どうも、助けてくれなさそうな気がしてならない(笑)

e0173645_13354941.jpg

正直なところ、ワット・アルンへ行くかどうか悩んでいた。
ワット・ポーの寝釈迦仏の足の裏が見れなかった事件もショックだったけど、ワット・アルンも・・・最初に乗ったチャオプラヤーエクスプレスからも見えてたんだよなぁ。

なんで、補修工事やってんのよ
というか、本来であれば完了している筈なんだけど、遅れてんだな。

e0173645_13590204.jpg

船を降りて左手に進むと、チケット売り場がある。一人50B(150円)。

e0173645_14120181.jpg

まあ、何度見ても、大仏塔は足場が組まれているわけで。
ワット・アルンといえばこの建造物なだけに残念。タイ仏教とヒンドゥー教が融合した尖塔だ。本来であれば、登れるんだけどなぁ。
麓まで行ってみると、陶器の細かい装飾がよく分かる。

e0173645_07261057.jpg
e0173645_07320099.jpg

大仏塔の四方を囲む小仏塔。これも、陶器片の装飾が煌びやか。基調の白もまぶしいや。

e0173645_07353965.jpg
e0173645_07354188.jpg

裏手に回ると、トイレやお土産の店が少し並んでいる。暑いしのんびりしているから、ベンチで寝ている店員もいたり。

e0173645_07431826.jpg
e0173645_07432152.jpg

あれ?本堂も改修しちゃってる?
何人かのブログに、「お寺めぐりをしていると飽きてくる」というのがあったんだけど、少しわかる気がする(笑)立て続けに3つ見ようとすると、それなりに体力がいるんだよね。思った以上に歩いていることと、やっぱり、このまとわりつく暑さだよね。
だから、こういう場面に会ってしまうと、「まぁもういいかー」みたいになってくる。

e0173645_07475267.jpg

戻りの船を待つ少しの間、
乗り場のすぐ前にある休憩所でコーラでも飲むか。ココナッツジュース飲んでいる人も多いけどね。コーラやアクエリアスなどのペットボトルは20B(60円)。

e0173645_07535008.jpg
e0173645_07534899.jpg

少し涼んだら船がやって来た。
今日の観光はここまでにして、ホテルに戻りまずはチェックインしよう。そこそこ疲れも出てるから、近場で夕食を考えることにするか。

激旅!タイ4泊5日2016。続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-04-12 00:38 | 激旅!タイ4泊5日2016 | Trackback | Comments(0)  

激旅!タイ4泊5日2016(5)

激旅!タイ4泊5日2016。

ワット・ポーに入るとすぐにチケット売場があるので買って、と。100B(300円)ね。
あら親切、ミネラルウォーターが無料でもらえるみたい~

e0173645_09411836.jpg

すぐ横に大きな建物があるので中に入ってみると、
博物館のようにも感じるレイアウトで、小さな仏像が並ぶ。もちろん、お寺なので参拝をする人も後を絶たない。

e0173645_09511413.jpg
e0173645_09511967.jpg

大きなドラがあって、観光客が時々鳴らす。でっかい音が出るのかと思いきや、低くて渋い、ジーンとくる音が出るんだな、これが。

e0173645_09511698.jpg

先に進むと、狭い入口があり、ここへ入るために皆、靴を脱いでいるシーン。他のお寺でもそうだけど、お堂に入る際には、靴を脱いで入ることが多い。

e0173645_09444638.jpg

で、中に入るでしょ。
そうすると、柱の間から見えてくる・・・

はい、ドーン。
大きいし近いからカメラに収めるのが・・・というくらい大きい顔がヌーンと突然現れる。

e0173645_10041695.jpg

C級呑兵衛が訪れてみたかった場所、ワット・ポーの寝釈迦仏
黄金の仏像に加え、とにかくでかい・・・寝釈迦仏の大きさは46mだそう。大きさの比較として奈良東大寺の大仏、これも大きいよね。でもあれで、台座含めて頭の先までで20mいかないから、その倍はあるわけ。
建物の柱がこまめにあるので、全体像を眺めることは出来ない。胴のところで写真を撮っても何のこっちゃ状態だ(そういう写真をわざわざ撮るかという話もあるけど)。

e0173645_10124606.jpg

「!」

まじか・・・そんなことある?
この寝釈迦仏の見所の1つ足の裏なんだけど、修繕で養生シートで覆われとるやないか!

e0173645_10175954.jpg

反対側に回ったときにちょっと見えたけど、こんなことあるかな、しかし。
間近で螺旋細工で描かれた絵を見たかったな・・・ちなみに足の裏だけでも、高さ3mの幅5mもあるそうな。

e0173645_10180202.jpg

寝釈迦仏の背面に回って・・・
ホント、観光客多いですな。結構、欧米系の人が多いんだよね。

e0173645_10390822.jpg

そうそう、肌の露出度が高いとお寺に入れないことあるよ、と書いたけど、ガイド誌にはそれはきちんと書いてあって、基本それはみんな理解して来てるのかと思いきや、意外と欧米系は守っていない。「それは無理やで」と思ったら案の定止められている。
下の写真、グリーンの纏っている人いるでしょ?この人たちは「案の定止められた人たち」で、羽織るものを借りて入っている。逆に言うと、そういう対応はしてくれるわけですな。

e0173645_10521382.jpg

ずらっとならぶ鉄鉢。托鉢のときにお坊さんが持ってるやつね。
C級呑兵衛はしなかったけど、20Bを1Bのコイン20枚に変えて、この鉄鉢に1枚ずつ入れていく。ワット・プラケオの時に書いたけど、これも参拝の際の徳を積む1つの方法なんですな。

e0173645_10442494.jpg
e0173645_10442786.jpg

建物を出て敷地内を回ってみるか。
これは、4基の仏塔で、ラマ1世~ラマ4世までの遺骨が納められているそうな。これも、きめ細かい陶器の装飾で見ごたえがあるなぁ。

e0173645_11041409.jpg

あっ、そうだ水もらえるんだった。
タイは暑いし、結構歩くから水分補給はこまめにしないと。ビールでお馴染みのチャーンって水も出してるのか・・・忘れずにもらおう。

e0173645_11095529.jpg
e0173645_11095742.jpg

敷地内にはお土産も売ってるぞ。水分補給の休憩がてら、立ち寄ってみるのもいいかもね。

e0173645_11151407.jpg
e0173645_11151577.jpg

本堂の周りを回廊が囲むんだけど、顔の違う仏像がずらっと並んでいる。

e0173645_11222934.jpg

本堂の中に入ってみるか。
入口のこの階段の重厚な装飾すごいな。中に入ると・・・おー、壁一面に描かれている絵も細かくてすごいや。

e0173645_11271710.jpg
e0173645_11272209.jpg

本尊の前では、参拝客というよりも観光客が、「本当は休憩してんだろ」的に座り込んで、静かな時間を過ごしている。

e0173645_11272056.jpg

高い天井がより荘厳さを助長しているな、なかなか立派な本尊だ。見守られている感が半端ない。しばらくこの前で座って時間を過ごしたい気持ちがわかる気がする。

e0173645_11272513.jpg

さてさて、お寺の散策を一通り終えたあとは、敷地の一番奥へ向かう。ワット・ポーって、タイ古式マッサージの総本山なんだよね。ここに、マッサージ学校があって、ここの人たちが施術してくれる。
ワット・ポー・タイ・トラディショナル・マッサージ

e0173645_11453628.jpg
e0173645_11453865.jpg

混んでるかも・・・と思いながら、中に入る。
まあ、そりゃ混んでるわね。

e0173645_11510064.jpg

ここでは、フットマッサージ、タイ古式マッサージができて、それぞれ、30分か1時間コースが選べるようになっている。
今回、まだ観光があるから、タイ古式マッサージの30分でお願いすることにした。260Bだから・・・780円か、激安だな。
30分くらい待ちだったら全然待つわ。順番待ちの番号札を渡される。

e0173645_11505550.jpg
e0173645_11510339.jpg

この建物だけでなく、隣にある建物でも施術できるんだ・・・順番待っていると、隣の建物に案内される。女性には女性が施術を担当するみたいだね、C級呑兵衛には若いお兄ちゃんが担当に。オープンなところでみんなマッサージを受ける。ここは安心して利用できますな。
くー兄ちゃん、なかなか力強くて気持ちいいぞ~。あたたた・・・とか思っていると、眠気が来たりして。しまった、1時間コースにすればよかった・・・いや、ここいいわ。
終わると、マルベリーティをくれた。

e0173645_11510434.jpg

あら、ワット・ポーに入った時の出入口と違うところから出ちゃったな。
一瞬どこにいるのかしら?と思ったが、マハラート通りからタイ・ワン通りへ向かう。
この通りにも土産店などが並んでるんだ。
買うにはちょっと勇気がいりそうな、バナナ焼いてるのんとか、屋台も少し出ているな。

e0173645_12343521.jpg
e0173645_12343888.jpg

あ、あった。
タイ・ワン通りと交差するところの左手に、ター・ティアン停留所(#8)を発見。さ、あとは3大寺院の3つ目、ワット・アルンに向かうか。

激旅!タイ4泊5日2016。続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-04-10 12:47 | 激旅!タイ4泊5日2016 | Trackback | Comments(0)  

激旅!タイ4泊5日2016(3)

激旅!タイ4泊5日2016。

チャオプラヤーエクスプレスのター・チャン停留所からそのまままっすぐ進む(ナ・プラ・ラン通り)と、三大寺院の1つワット、プラケオの入口が右手にみえる。その手前ぐらいから飲食・雑貨のお店が並び、観光客で超賑わっている。

e0173645_07334856.jpg

通りに白い門があったので、ここから入りワット・プラケオへ。
あ、ガイド誌で見た光景だ(笑)

e0173645_07531985.jpg

「おーっ」とはなるんだけど、感動をかき消すほどの人・人・人。
この写真を撮っている場所が道になっていて、これより芝生の方には入れない。集合写真のスポットにもなっているので、中国人団体だらけ。

とりあえず、中に進んでいこう。
門(ウィセーチャシー門)をくぐると、左手に芝生と奥にワット・プラケオ(上の写真のとこね)、右手に長い行列。あ、柵で仕切って左手は出口専用になってるな。適当に入っちゃったけど(笑)・・・戻って、右手の行列の後ろに並ぶ。
これチケット購入で並んでいるんではなくて、敷地内に入るために、服装・バッグなどのチェックがある。カバンの中身を見せて問題がなければ、白いリボンをつけてくれる。

e0173645_16195265.jpg

さらに奥へ進むと、正面にまた大きな白い門(ピマンチャイシー門)があるんだけど、その手前に入場チケットの売場があるんだよね。

さて、チケット売場。
入場料は500B(約1500円)。さっきのチェックといい、肌露出の高い服装はNGと注意書きもあるので気をつけてね(有料で上に羽織るもの借りれそうだけど)。

e0173645_07373860.jpg

チケットを買うと、あ・・・この門を通るんじゃないのね。売り場から左手の少し狭目の道を進むと、すぐに入口があった。後から分かったんだけど、ピマンチャイシー門って出口だってよ。

e0173645_07374603.jpg

チケットもぎりを通過すると、やっとこさワット・プラケオに入る。
入口は本堂の側面になる。入ったとたん、一気にタイに引きずり込まれた雰囲気になるな。ものごっつい繊細な装飾と、なんといっても金ピカ。

e0173645_07374989.jpg

お寺の中での重要度は抜きにして、目にしたものを順番に出していくね。
まずは、どう考えても目に飛び込んでくるこのオールゴールド・・・プラ・シー・ラッタナ・チェディ。日本でも見かけるフォルムだよね。仏舎利を納める仏塔ですな。なんでも、アユタヤのワット・プラシー・サンペットを真似て造られたんだとか。

e0173645_16330152.jpg

そして、プラ・モンドップ(手前)とプラサート・プラ・デープビドーン(奥)。
プラ・モンドップは、ラマ1世の仏教教典が納められている王宮内でも初期の建物。尖塔のあるプラサート・プラ・デープビドーンは「ロイヤル・パンテノン」とも言うそうで、歴代国王の像のほか、どうやら貴重なものが納まっているようだ。すんごいきらびやかな装飾。

e0173645_16384866.jpg
e0173645_18553628.jpg

C級呑兵衛みたいな胡散臭い奴からの侵入を守るヤックとモックがビシッと配備。

e0173645_18272513.jpg

これは、ウィハーン・ヨート
白壁というだけで他の建物とは少し毛色の違う建造物、ラマ4世期の創建。王家の遺灰とかがあるんだって。よーく見ると装飾が細かくてきれいだぞ。

e0173645_18325272.jpg

建造物というか・・・アンコールワットの模型
模型といっても、ラマ4世が造らせた本物そっくりの精度の高いものだ。

e0173645_18371230.jpg

それにしても広いなぁ・・・というのと、意外と近くまで行けるものなのね。
ま、まぶしい・・・

e0173645_18395160.jpg

先程紹介したプラサート・プラ・デープビドーンの正面と、手前に2塔ある黄金の仏塔がプラ・スワナ・チェディ。実をいうと、この仏塔がこのお寺の中では一番古い建造物なんだよね。よく見ると、台座部分で、ヤックとモックが必死のパッチで支えている。

e0173645_18463534.jpg
e0173645_18514511.jpg

タイで参拝して得度を積むパターンの1つ、金箔の奉納。こうして、仏像に金箔をはっていくんですな。

e0173645_19041635.jpg

これは8つの仏塔。大きいのが8つも並ぶと見ごたえありますなぁ。それに、綺麗だよね。奥の方、CGとかじゃないよな(笑)すごい。

e0173645_18582642.jpg

モダンな装飾がお見事、ウィハーン・ガンダーラ。これも仏舎利塔なんだけど、モザイクタイルなんだね。青・黄・白のコントラストが清々しい~

e0173645_19020158.jpg

そして、忘れちゃいけない本堂
スコータイ様式に、西欧の要素も組み合わさった建造物だ。大きいー
この中に、エメラルド仏がいるんだけど、中に入って撮影はできない。外からも奥の方に鎮座しているのが分かる。

e0173645_19122363.jpg
e0173645_19151645.jpg

だいたい見れたかなぁ。
敷地内に、違う様式の建造物がいくつもあるし、装飾が煌びやかだから圧倒されるな。彫刻・装飾も実に繊細。回廊の壁画もすごかったな。

e0173645_19192481.jpg
e0173645_19193958.jpg
e0173645_19192666.jpg

ワット・プラケオの敷地を出ると、あ・・・これらは王宮の建造物なのか。
出てすぐ目の前にあるのが、アマリン・ヴィニチャイ宮殿。謁見も間として使われていたというなんとも贅沢な建物だ。

e0173645_19320868.jpg

これもすごいな・・・チャクリー宮殿。シンメトリーで威厳があるなぁ。中には入れないので外観だけね。

e0173645_19260678.jpg

この・・・人を寄せつけなさそうな刺々しい装飾がまた・・・
こちらは、ドゥシット宮殿。十字型の建造物というのも珍しいね。7層もの屋根を乗せるきわものだ。

e0173645_19273803.jpg

あれ?この門・・・
あ、これチケット売り場の先にあったピマンチャイシー門だ。なるほど、そのままこの門くぐってたら、ワットプラケオの敷地に入ることなく外に出てたわけだな(笑)

e0173645_19370601.jpg

このワット・プラケオと王宮に来たのが9時過ぎで、ここを出ようかなと思っている時間が10時半。1時間半くらいですな。宮殿の中に入ったり、細かく見たい人はもう少し時間欲しいかもね。

あかん、喉渇いた。ビールビール。どっか店行こ。
激旅!タイ4泊5日2016。続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
●にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-04-09 19:57 | 激旅!タイ4泊5日2016 | Trackback | Comments(0)