タグ:十三 ( 60 ) タグの人気記事

 

十三の焼肉「昭和大衆ホルモン」

旧知の酒呑みメンバーから久々の連絡があり、とんとん拍子で呑むことが決まった。
予告通り、C級呑兵衛は十三に降り立った。

今回は、阪急十三駅西口をでてすぐ、「昭和大衆ホルモン」だ。
e0173645_1373836.jpg

ここのところの経済事情を反映してか、また、女性のホルモン焼きニーズが高いことからなのか、この「昭和大衆ホルモン」も急展開で店舗を広げているようだ。
メニューや店の感じから「情熱ホルモン」を引き合いに出すとイメージしてもらいやすいのかもしれないけど、それとは大きく違う点があるとすれば、「昭和大衆ホルモン」の母体は精肉店であることかな。

だから、メニュー見るとわかるけどその多さ、あまりお見かけしない希少部位も勢ぞろいって感じだ。

その日のおすすめで内容がかわる新鮮ホルモン6種類(1580円)はいっときましょ。
なかでも、食感とじゅわーっと広がる肉汁が美味い丸腸はオススメ。
e0173645_1383528.jpg

酒飲み集団なので、酒の肴系を頼もうと思いつつも、最初はがっつりタイプのハラミ(490円)を注文。ハラミだけでもいくつかメニューがあったな。
e0173645_1393333.jpg

酒呑みだすと、どうも塩もの(塩ダレ)に走りがちですなあ。ていうか、全体の呑むペースがやはり速い・・・

塩ねぎタン、塩コリコリ(490円)、塩上ミノ(790円)あたりが続く。コリコリあたりはまさに酒のお供にぴったりでしょ、おかわりしちゃったよ。
e0173645_1394820.jpg
e0173645_1395946.jpg
その他には気になるメニューをいくつか頼んだね。
「辛いんかなあ・・・」と、炎のハチノス(390円)に、注文すると「~ちゃんと~ちゃんとどっちがいいですか?」と聞かれた、おっぱい(490円)などなど。豊富なメニューに良心的な価格、そして味良しなら文句ないわね。

それにしても、焼肉メインの酒はよくあるけど、酒メインの焼肉は久々にきたな・・・
とか言っときながら、その後、しょうべん横丁の「平八」で、串かつ肴に飲み直してるんだけどね。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:昭和大衆ホルモン 十三店
場所:大阪市淀川区十三本町1-1-16
時間:13:00~4:30(日祝~23:30)
電話:06-6302-8929

by nonbe-cclass | 2009-10-09 23:55 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

十三の焼肉「しいちゃん姉妹店 しづ」

十三の繁華街を抜けたところにある焼肉の店。喧騒から離れ、昭和の下町を色濃く残した趣がいい。

焼肉「しいちゃん姉妹店 しづ」だ。

路地角にあって、白い暖簾「しいちゃん」の奥に数人座れるカウンター。横山やすしをはじめとする吉本芸人やウルフルズなど著名人も訪れている。かつて、豪快で面倒見のよかった名物おかあちゃん(通称しいちゃん)を慕って、ここで色んなコミュニケーションが生まれたみたい。

C級呑兵衛ファミリーは、そのカウンター横の入口(ここには「しづ」の暖簾)から2階へ上る(2階はテーブル席のみ)。
e0173645_1532974.jpg

生キモ(600円)に生ビールね。あと、塩タン(1000円)に、バラ(700円)とテッチャン(500円)も。バラは薄めにカットされているので、炙る感じでサッといただく。柔らかー
テッチャンがこれまた脂つきがよろしいですなあ。もこもこしてますけど。あー、これコリコリ感とジュワー感がたまりませんなあ。
e0173645_1541199.jpg
e0173645_1544914.jpg

写真では分かりにくいんだけど、ハラミ(1050円)を別に1人前注文。こちらはバラと違って、大きめなカット。しかーも、赤白コントラストがくっきりと鮮やか。うめー、この少し濃い目のタレも加わって、肉食ってますーの充実感だ。
e0173645_154337.jpg
「?」

焼肉のメニュー以外に、店内の壁には何故か魚介のメニューも。お造りや塩焼きができるんだね。ホタテが殻付でものごっつい大きいのは、隣の客が注文しているのをみて分かっていた。明石の蛸もありますなあ・・・

「食後のお造り」みたいな感じになったけど、肉を食べた後に、酒の肴でヤリイカのお造り(1000円)を注文。
これがまた、瑞々しいだけでなく甘いわけ。
e0173645_1554946.jpg

店の方も親切で、満足な時間でしたなー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:しいちゃん姉妹店 しづ
場所:大阪市淀川区十三本町1丁目14-7
電話:06-6308-4583

by nonbe-cclass | 2009-09-22 09:00 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

十三の寿司「丸三寿司」

さてさて、十三でございますよお。
場所だけ確認したい店があったので、散策がてら十三にやってきた。

ま、せっかく十三に来たんだから、サクッと呑んで帰りたいところなんだけど・・・
昼間で、かつ行ったことがない店をブラブラと探す。普段はあまり歩くことがない歓楽街もテクテクと・・・

「お!安っ、ここ入ってみるか」
にぎりの「丸三寿司」だ。
e0173645_1434957.jpg

店の外にメニューがあって、にぎりの値段も書いてあるなんて良心的ー。L字カウンターに客はおっちゃん2人。静かで気兼ねしないベスト環境。酒と一品の肴で、ゆっくりとした昼の時間を楽しんでいる姿をみると、こっちまで幸せな気分になるもんだ。

さてと・・・じゃ、まず瓶ビールを。メニューを見ると・・・にぎりは「一皿」の値段を書いてる。たまにあるんだよね、値段は書いてるんだけど一貫なのか一皿なのか分からないとき。

にぎりの前に、かつおたたき(500円)でもいただくかな。手際よく、さっと出てきたかつおたたき。分厚く食べ応え十分。
e0173645_1441152.jpg

にぎりは、と・・・鳥貝(220円)とさば(220円)にするかな。鳥貝えらい安いな。貝王のC級呑兵衛としては有難い限りですな。さばはシメの状態で出てきたんだけど、ネタが大きいですよぉ。
e0173645_1442739.jpg
e0173645_1443187.jpg

店を見回すと、妙にの文字が目に飛び込んでくる。普段、寿司ネタであまり食べることがない鰻なんだけど、ちょっと食べてみようかな。にぎりとあぶりがあるのか・・・鰻あぶり(470円)にしよ。
e0173645_1445365.jpg

ぬおっ、でか。
にぎりとあぶりの違いは分からずに注文したんだけど、しゃりが見えないじゃあないかあ。肉厚でふわ柔らかいネタに満足ですよー

十三でのサク呑みにいい店ですな。また来よ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:丸三寿司
場所:大阪市淀川区十三本町1-9-1
電話:06-6308-1941

by nonbe-cclass | 2009-09-12 12:05 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

十三の居酒屋「せんいちや」

イニシャルF氏の送別会では、黄金千貫のふんわりやわらかい風味が心地いい黒麹かめ貯蔵「薩摩古秘」(雲海酒造)と、口当たりはいいけどガツンとくる、琉球泡盛「南風」43度古酒(沖縄県酒造協同組合)で結構いい感じになっていた。

JR野田駅から帰ろうとしたところ、帰りが同じ方面のイニシャルI氏曰く、「十三いこか」
横にいたイニシャルM氏、「え?十三ですか?え・・ええ」
巻き添え食った感じで、3人はタクシーで十三に向かった。

やってきたのはご存知、しょうべん横丁。
「C級呑兵衛が入ったことがない店にしよ」ということで、結果的にはカウンターだけのこじんまりした居酒屋「せんいちや」に入ることになった。
e0173645_9484847.jpg

イニシャルI氏、横丁を歩いている時も・・・
「明らかにそこぼられる店じゃないですかあ」、呼び込みしているおねえちゃんに「入るんかいな」位の勢いで話しかけるし、「せんいちや」に入ったら入ったで、他に客がいないことをいいことに「あれ?店やってんの?客おらんから」とのっけから、きつい一発を店の大将に放つし。
「ぼられる店であること」も「たまたま客がいない」ことも分かってやってるからたちが悪い。ハラハラどきどきの気の遣いようだ。

さてさて、年季の入った店内・・・なんかね、妙にお安いわけ。まず、ドリンクがオール295円。

そして、お手軽一品は各200円ときた。でも、その中身は他の居酒屋と少し違ってて面白かったりする。
煮こごりなんてあるんですか・・・とり皮ポン酢はわかるけど、サーモンあらポン酢、海そうさしみ・・・
e0173645_9532421.jpg
e0173645_9494588.jpg
e0173645_9495221.jpg

C級呑兵衛の前には炭焼き網があるんだけど、串焼は110~160円。

いりぎんなん(100円)。酒飲み必須のアイテムですな。ビールをがんがん呑んで、さすがにお腹一杯だしいい気分だわ。ま、2軒目だからね。
e0173645_9503458.jpg

え?まだ塩焼そば(450円)出てきてますけど。どんなけ食べるんですか~

23時頃に解散となったんだけど、阪急電車の中では寝ていたのだろうか・・・覚えてない。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:焼物 せんいちや
場所:大阪市淀川区十三本町1-2-12
電話:090-5903-2668
時間:17:00~26:00 不定休

by nonbe-cclass | 2009-08-24 09:43 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

十三のラーメン「らーめん担担」

十三でちょくちょく酒を呑んどりますと、この店がよー繁盛しとるのが分かります。

「らーめん担担」だ。
阪急十三駅西口出てすぐ右手。数歩でたどり着いてしまう。きりっと引き締まる白い暖簾が目印。
酒呑んだ後にシメのラーメンというのはよく聞くんだけど、ここは決してその流れだけでなく、純粋にこのラーメン食べたさに列に並ぶ人も多いようだ。
e0173645_1159122.jpg

C級呑兵衛はどちらかというと、純粋にラーメン食べたさ・・・はい、呑んだ後でございます。
厨房を囲むようにカウンター、店内はさほど広くないから店主との距離もかなり近いですな。

セルフで水を入れて席に着くんだけど、注文を聞かれることも言うこともなく・・・というのは、メニューがラーメン(800円)しかないから、座れば出てくるというわけ。C級呑兵衛は頼まなかったけど、ご飯は2杯まで無料というのがすごい。
e0173645_11591836.jpg

カウンターには大きな鉢に白菜やニラのキムチ、ラーメンに好みで入れるんですな。
ラーメンは豚骨ベースの醤油。ラー油の風味、酒飲みにぴったりな塩分が・・・こってりに見せかけて、その旨みだけを引き継ぎながら仕上げあっさり。これが麺とよく絡まって一気にずずっと。
 
■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:らーめん担担
場所:大阪市淀川区十三本町1-2-26
時間:18:00~24:00 日休

by nonbe-cclass | 2009-07-25 15:08 | 食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

十三の居酒屋「ゆきや」

久々だな、こういう飲みは。
以前から、一度一緒に呑みましょうということで誘われていながら、C級呑兵衛の仕事の都合で延び延びになっていた。
イニシャルA氏、イニシャルS氏との待ち合わせは十三西口だった。特段、互いに店を決めていたわけではなかったので、以前、C級呑兵衛が行った「ゆきや」に入ることにした。

まあ、入ったらわかるけど、壁一面にびっしりと張られた焼酎・日本酒のメニューにびっくりするわね。

海ぶどうに造り盛り合わせ。海ぶどう、鮮度がいいのかしっかりしたプチプチ感に頬が緩む。
イニシャルS氏も酒を飲むのが好きだそうで、出出しから十三談話で盛り上がる。
e0173645_13111791.jpg
e0173645_13112532.jpg

最初だけビールにして、次は焼酎「農家の嫁」に切り替える。黄金千貫の炭火焼・焼き芋焼酎だ。この風味がたまりませんなあ。

そして、黄金千貫つながりで、「杜氏潤平・朝掘り」(小玉酒造)をいただく。
黄金千貫と紅芋のブレンドですな。あっさりとした感じだけど、ほのかな甘みがじわじわっとくる酒だ。
e0173645_13114834.jpg

お、久々じゃん「甑州(そしゅう)」。
鹿児島は甑島、字で書くと難しいけどこしき島ですな。こちらも芋なんだけど、あっさりと飲みやすい逸品。この一升瓶のラベルが力強くて、格好いいんだよな。

「?」

隣の客はいったい何を食べているんだ?
店の人に聞いてみると、この店の名物だそうで、モズクとヒジキのカキアゲ(650円)。かりっとしっかり揚がったカキアゲに、大根おろしがたっぷり入ったダシがやってくる。このカキアゲにこのダシをたっぷりとかけていただく。
こりゃあ絶品!
この香ばしい風味とサクサク食感、これとダシとの相性が抜群ですな。
e0173645_13122388.jpg
e0173645_13123146.jpg

後半、店の人達とのトークに切り替わり酒談義炸裂。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:楽食・楽飲 ゆきや
場所:大阪市淀川区十三本町2-1-10
電話:06-6301-4953
営業:18:00~23:30 日休

by nonbe-cclass | 2009-07-11 14:55 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

十三の居酒屋「大乃助」

店の看板には大きな文字でおでん・串かつ・・・
でも、店先では魚貝類が魚屋の如く並べられ、網焼きもしてますなあ。
いや、むしろそっちが気になるから入ってみることにするか。

十三はフレンドリー商店街にある「大乃助」。
e0173645_1324689.jpg

カウンター席は、木を基調とした落ち着いた雰囲気。
でも、メニューをみるとかなりびっくりする。
おでんや串などの定番もあるんだろうけど、そこに目が行く前にこの魚貝のメニューに釘付けだ。

付き出し・・・お、これかに身やな。ひんやり山芋の刻みと一緒にいただく。これだけで酒随分と行きそうだわ。おかわりしたいくらいやな。
e0173645_1331250.jpg

お造りが単品だと380~480円なわけ。せっかくだから、お造里の3種盛り合わせにしようかな。
まった、一切れ一切れ分厚いのがきたぞー
写真ではサーモンが目立つんだけど、あとはしまあじ。右端にひらめの縁側がべろんとあるんだけど、実は、サーモンとサーモンの間、大根の下にひらめがあるんだよね。これで、580円。
e0173645_1332516.jpg

造りだけでもボリュームあるんだけど、
やっぱり貝王としては、大あさりしょう油焼き(380円)は逃せない。ぬお~このエキスはたまりませんなあ。
e0173645_1334658.jpg

ちょっと日本酒に切り替えよ。
お、久々に「浦霞」。お兄さん、入れすぎ入れすぎ。受けの枡がナミナミすぎて・・・くー美味い。

今日のおすすめ、紀州丸あじの塩焼き(380円)もらお。丸々一匹どーん。焼きたての香ばしさ、肉厚でジューシー。食べ応え十分。
e0173645_1341556.jpg
価値あり、じゃないですか。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:大乃助
場所:大阪市淀川区十三本町1-8-11
電話:06-6838-7107
営業:11:00~22:30

by nonbe-cclass | 2009-07-07 23:45 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

十三の居酒屋「十三屋」

もーいっつも人が満載ですなあ。
他の店が空いていても、ここだけには人が集まってるんだよな。
e0173645_1641297.jpg

十三はしょうべん横丁、その名も「十三屋」
いいタイミングで入ることが出来た。
カウンターに腰をかけ、まずは生ビールを頼む。

「んー」

壁の至るところに一品メニューが貼ってあるんだけど、目移りしちゃって何にするかすぐに決められないや。
目の前に、南蛮漬けがタッパに入っていたので、「これ下さい」と時間を稼ぐことにした。

これで最後かなって感じで、タッパをさらえて器に盛ってくれる。
レモンもたっぷりだ。
「ぬおっ!すっぺー!」
南蛮漬けって、ホント店によって味が違うんだけど、ここはレモンと酢の酸味がよくきいたタイプだ。
甘味が勝つタイプが多いけど、C級呑兵衛はこのすいータイプの方が好みだったりする。
e0173645_16412415.jpg

「ほー常連客は、麦焼酎の水割りを『麦水』って注文するんだあ」
「意外と女性客もいるなあ」
「お、あのおっさん酔ってる酔ってる」
メニューを眺めながら、店内を観察。
店内は照明も結構明るくて、オープンな感じ。

「ん?あれ?」
さっきから、気になるんだよなあ。メニューには見当たらないのに、 「上まぐろ造り」があちこちで注文されている。大きめの短冊(もーキュービック)が美味そうだ。

「あ!」

向こうの壁、ここからいい感じで見えにくい位置にホワイトボードを発見。そこに、オススメ書いてるじゃん!
チクショー、100%確認は出来ないわけ・・・これ以上無理すると、ここで器械体操かイリュージョンを披露することになるから。
でも、確認できる範囲でかなりテンションがあがった。

つぶ貝あるじゃん・・・天然つぶ貝造り・活(500円)をもらおう。
貝が好きなC級呑兵衛、つぶ貝の食感には目がありませんからなあ。
このボリュームで、この料金はいいんでないかい。
e0173645_16413584.jpg

あと、子持ちしゃこエビの造り(500円)ときたか・・・
これは外せないな。しゃこの造りもあまり見かけないけど、そこに子持ちときたもんね。
しゃこが苦手だという人が結構いるけど、C級呑兵衛は好きですなあ。
ほー、鉛筆の芯みたいに身の真ん中に卵が詰まっているのね。
e0173645_16413874.jpg

しゃこって、どちらかといえばべチャッとした食感なので、ここに細かいつぶつぶが加わり和え物食べてるみたい。
んー日本酒がほしくなるなあ・・・
「すいません、お酒ひやで」「常温?」「うん、常温で」
コップになみなみと注がれた酒をチビチビやりながら、しゃこの潮臭さとつぶつぶ食感を楽しむC級呑兵衛だった。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:十三屋
場所:大阪市淀川区十三本町1-2-3
電話:06-6308-1778
営業:10:00~22:30

by nonbe-cclass | 2009-05-19 17:17 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(2)  

十三の居酒屋「イバタ酒店」

以前から行ってみたいと思っていたんだよねー
「くれは(中島酒店)」「イマナカ」と並ぶ、十三の居酒屋銘店の一つ「イバタ」
いずれも、酒屋がやっている立ち飲みなんだけど、
今回「イバタ」に行ってみて、「いやあ、それぞれに個性あるなあ」と改めて思ったね。

国道176号線の高架下に「イバタ」はある。
中に入ると、高架の柱や底面がそのまま露出した空間。天井が高いので広く感じる。
e0173645_16284973.jpg

カウンターは微妙に一杯だったので、
販売用の酒が陳列されている棚の前にある、樽テーブルに陣を構えた。

メニューがあるようでないようで・・・カウンターに並ぶ惣菜をさっと見て、おかあさんに「酢の物とあと野菜が食べたいんだけど」と尋ねてみた。
すると、「帆立ときゅうりの酢のもの、野菜・・・ポテトサラダあるけど、それにしよか」
常連客が多い中でも、おかあさん気を遣ってくれて生ビールと注文したものをさっと出してくれる。
e0173645_1628378.jpg

帆立ときゅうりの酢の物はポン酢だね、いや~ん美味しい~
ビールに合いますなあ。
たっぷり目に盛ってあるポテトサラダは甘味たっぷりでやさしい風味。
e0173645_16284039.jpg

店内を見回すと興味津々・・・
阪急電車の十三大橋での写真が飾ってあったり、
「ん?イバタ音頭?」歌詞が飾ってあるんだけど、どんな節なんでしょうなあ。
「あれ?女性はご遠慮願います?」ここ女性はダメなのかあ。

生ビールをおかわり、メニューに「げそ」とだけあるので、
「げそあります?」「げそ天あるけど、それする?」
「何かかける?そのままでも味ついてるけど」
そのまま、かぶりつく。ん~香ばしくていい感じ。
e0173645_16284676.jpg

値段が全く分からなかったんだけど、以上の注文でしめて1090円なり。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:イバタ酒店
場所:大阪市淀川区十三本町1-3-16
電話:06-6301-8106
営業:17:00~21:00

by nonbe-cclass | 2009-05-18 23:52 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

十三の居酒屋「むつき」

「まだ始めてから1ヶ月ほどですか」

居酒屋がひしめき合う十三、
今回は、阪急十三駅東側の立ち呑み屋の暖簾をくぐってみた。

「むつき」だ。ネット初登場かしら。
e0173645_16152716.jpg

10人は入れないか・・・くらいの小さな空間だけど、安いし、おねえさんとのトークが続くアットホームな店だ。
ビール(350円)に、高菜の田舎漬(120円)と、ほたるいかしょうゆ漬(180円)をもらおうかな。
ホワイトボードにメニュー、料金は3種類で120円、180円、240円と泣ける。
e0173645_1615209.jpg
e0173645_1615259.jpg

おねえさんの話によると、
現在でも、川西能勢口駅近くでたこ焼きの店をしているそうで、常連が多く地元にすっかり溶け込んでいるみたい。そこに加えて今回の出店なんだけど、阪急沿線で色々物件を探したところ、ここが手頃だったという。

十三、ここ周辺のオススメや、川西の居酒屋事情などで会話が続く。
「あ、酒がなくなった・・・焼酎を」「わ、安!」
焼酎は240円。

日曜日は十三の居酒屋が軒並み定休日という中、
「むつき」では日曜日の営業も始めたという。是非、頑張ってほしいところですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:立呑・喰 むつき
場所:大阪市淀川区十三東2-11-11
営業:16:00~21:00(日は14:00~)

by nonbe-cclass | 2009-05-17 23:13 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)