タグ:ラーメン ( 152 ) タグの人気記事

 

十三のラーメン「らーめん担担」

十三でちょくちょく酒を呑んどりますと、この店がよー繁盛しとるのが分かります。

「らーめん担担」だ。
阪急十三駅西口出てすぐ右手。数歩でたどり着いてしまう。きりっと引き締まる白い暖簾が目印。
酒呑んだ後にシメのラーメンというのはよく聞くんだけど、ここは決してその流れだけでなく、純粋にこのラーメン食べたさに列に並ぶ人も多いようだ。
e0173645_1159122.jpg

C級呑兵衛はどちらかというと、純粋にラーメン食べたさ・・・はい、呑んだ後でございます。
厨房を囲むようにカウンター、店内はさほど広くないから店主との距離もかなり近いですな。

セルフで水を入れて席に着くんだけど、注文を聞かれることも言うこともなく・・・というのは、メニューがラーメン(800円)しかないから、座れば出てくるというわけ。C級呑兵衛は頼まなかったけど、ご飯は2杯まで無料というのがすごい。
e0173645_11591836.jpg

カウンターには大きな鉢に白菜やニラのキムチ、ラーメンに好みで入れるんですな。
ラーメンは豚骨ベースの醤油。ラー油の風味、酒飲みにぴったりな塩分が・・・こってりに見せかけて、その旨みだけを引き継ぎながら仕上げあっさり。これが麺とよく絡まって一気にずずっと。
 
■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:らーめん担担
場所:大阪市淀川区十三本町1-2-26
時間:18:00~24:00 日休

by nonbe-cclass | 2009-07-25 15:08 | ・食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

川西能勢口の食堂「おがわ」

酒を呑むシチュエーションは様々。
居酒屋で呑むのは当たり前だとしても、
いや~たまには吉本新喜劇に登場するような食堂にでも行ってみるか。

ん~味のある店を発見。
「食堂」と堂々と看板を掲げている。
「おがわ」だ。
e0173645_12154718.jpg

「中華そば」「カレーライス」がウリなのかなあ、なかなか目立ってますよー
ま、それに負けじとノボリと看板で「うどん」もあるんだけど。

暖簾をくぐって、カラカラと入口を開ける。
4人席が4テーブルのこじんまりとした店だが、圧迫感のないのんびりとした時間が流れる店内。
丁寧なご主人が水を運んできて注文をとる。

とりあえず、瓶ビールね。
ビールはあるんだけど、それこそ呑み屋ではないので酒の肴があるわけじゃないのね。
麺類や丼のメニューが壁に並ぶ。
e0173645_1215537.jpg

「んー、カレーライスにすべきか中華そばにすべきか」
悩んだ揚句、中華そば(430円)に決めた。

暫くすると、絵に描いたような中華そばが出てきた。
うまそー
大きなシナチクが食べ応えありそうだ。
e0173645_1215575.jpg

「あー昔ながらの味ー」
麺は中細麺で、少しモチモチっとした食感。
スープはあっさりしてるんだけど、なんだろう深みというか旨みがありますなあ。

一人客がきた。どうやら、常連のようだ。
「猪名川沿いの桜で十分だよ」と桜の話題で、店の主人と頃合の間で会話が続いていた。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:食堂 おがわ
場所:川西市小戸1-4-11

by nonbe-cclass | 2009-04-06 21:11 | ・食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

川西能勢口のラーメン「和喜亭」

「昼飯どっか出るか?」

良妻とのやりとりで石橋駅まではやってきた。
が、ここからがC級呑兵衛恒例の無計画行動に。

「とりあえず、宝塚方面に向かうか」
石橋駅を離れて阪急電車に乗ろうというのに、降りる駅を決めていないわけ。
結局、池田も川西能勢口もちょくちょく行くから、冒険して雲雀丘花屋敷で降りてみよう、となった。
e0173645_1254734.jpg

「雲雀丘花屋敷」という文字は、それこそ毎日のように目にするんだけど、実際に降りてみるのは極めてまれ。
今回含めても5回とないんじゃないかなあ。

駅前にはどうも店はなさそうですなあ。
少し南に下ってみますか。
静かな住宅街を歩くとすぐに下り坂になり、景色もいいなあと思いきや、
「あっ、あれJRちゃうん」
近くに、JR川西池田駅がみえている。すでにゲームオーバーな予感が走り出した。

・・・結局、アステ川西まで戻ってきちゃったよ。何やってんのよ。
少し歩いて、色々見て回ったんだけど、力尽きて、結局「あのラーメン屋にするか」と店先に向かった。

「和喜亭」だ。こう書いて「やわらぎてい」と読む。
この店の特長はなんといっても、値段の安さだろうね。
塩ラーメンやしょうゆラーメンなどが390円に始まり、最高値のチャーシューワンタン麺で650円。

C級呑兵衛は、とにかくビールが呑みたかったので、
ギョウザ(200円)に生ビール(中ジョッキ:380円)を注文する。
それに、ラーメンかあ・・・じゃあ、つけ麺(1.5玉:480円)にするか。

ギョウザは少し大きめのが4つ。
鉄板部分で焼かれた餃子の底面はカリカリに香ばしい。でも、それ以外の部分はもっちりと仕上がっている。
餡の風味もあっていいんじゃないかな。
e0173645_12495417.jpg

つけ麺は・・・
ん?これは、スープと麺・具財を分けてるだけじゃあ・・・いや違うな。
C級呑兵衛は韓国冷麺がすごく好きでよく食べるんだけど、酢を結構たっぷりかけるわけ。
それと同じくらい、このスープも酢が利いてるんですけど。初めての味わいで「正解」かどうか分からないや(笑)
e0173645_12494918.jpg

それにしても・・・どう考えても安いよなあ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:和喜亭
場所:川西市栄町11-3-3 パルティK2-1
電話:072-755-5214
営業:11:00~15:00、17:00~22:00 月休
e0173645_1249401.jpg

by nonbe-cclass | 2009-04-04 23:39 | ・食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

池田のラーメン「尊鉢ラーメン」

池田といえば、焼鳥激戦区であると同時にラーメンの店が多いことでも有名だね。
ま、多くなったのは、インスタントラーメン発祥の地として広くプロモーションをかけ始めてからだとは思うけどね。

そんな中で、すっかり街中に溶け込んでいるラーメン店を紹介しとこうかな。
「尊鉢ラーメン」だ。
e0173645_20293853.jpg

尊鉢(そんぱち)は、尊鉢厄神(釈迦院)のことだと思うんだけど、
ここにちなんで、どうしてこの店名になったのかまでは分からん・・・

因みに尊鉢とは、「釈尊の三宝の一つ鉄鉢」を指すと思うんだけど、
戦国時代の戦火をくぐり抜けて、他は灰となってもこの鉢だけは残ってきたようだ。厄を振り払ってきたんですかな。

「これ専門」というのはなく、
しょうゆ、味噌、とんこつにカレー・・・どれでもいけまっせ状態だ。
じゃあ、みそラーメン(600円)にしようかな。

注文してから、メニューをもう一度眺めていたら・・・
「あっ、しまった。これにしとくべきだったかな」
池田の伝統行事にちなんで、がんがら(600円)なんていうメニューがあったんじゃあないかあ。

みそラーメンがやってきた。
ネギの緑、きくらげの茶色がモヤシの上にのって色鮮やか。
味噌ベースのスープには黒ゴマがつぶつぶと浮いている。
あーなんか懐かしい感じがするなあ。
e0173645_20291684.jpg

人が入れ替わり立ち替わりやって来る。
地元の人が足しげく通う店なんでしょうなあ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:尊鉢ラーメン
場所:池田市菅原町6-7
電話:072-752-1577
営業:11:00~15:00、17:00~22:30 月休

by nonbe-cclass | 2009-03-03 20:37 | ・阪急池田駅周辺の店 | Trackback | Comments(0)  

石橋のラーメン「ラーメン道 天神」

昨年末にオープンしたラーメン店を訪れてみますか。

我家からほどなく近い、「ラーメン道 天神」だ。
黄金の塩らぁ麺(780円)をはじめ、塩ラーメンに力を入れるお店なんだけど・・・

「あら?限定メニューがあるのね」
それもC級呑兵衛好み「海老」のキーワード。

海老味噌麺(850円)。
特製味噌と海老油が入ったラーメンなんだけど、期間数量限定ということもあり、これにしてみよ。
あ、それと生ビールね。

このお店、マッキー情報で訪れたんだけど、偶然にもマッキー来店。
お互い、「あっ、どうもどうも」なんて。地元密着感があっていいですなあ。

きたきた。
優しい色合いの味噌ラーメン。
コーン、ねぎ、もやしなどのトッピングに、ボリュームのあるチャーシュー。
コクのある濃厚な味わいなんだけど、こってりしてるわけじゃないんだよね。だから、飽きがこない。
麺は細麺で、スープと絡ませながらズズズっといっちゃう。

ロール状態の輪切りチャーシュー、これがまた美味い。
柔らかく煮込んであるから、分厚いのに、ホロホロホロ~とくずれる。旨みも十分。

焼鳥に同じく、ラーメン激戦区の池田&国道171号線。
ビシバシ(石橋にかけて)と先手先手でオリジナル&ユニークで活躍して欲しいですな。

ラーメン道 天神■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ラーメン道 天神
場所:池田市天神1-2-5
電話:072-763-4140
営業:11:30~26:00

by nonbe-cclass | 2009-01-07 23:50 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(4)  

石橋のラーメン「博多ラーメン げんこつ」

すっかりおなじみの「博多ラーメン げんこつ」なんだけど、
石橋にもお店があるわけ。
今日、久しぶりに暖簾をくぐった。

「げんこつ」というほどだから豚骨、これと鶏がらで仕込んだスープは、
あっさりはしてるんだけどコクある仕上がり、これがここのラーメンの特徴だわね。

で、その中で今回紹介したいのは、石橋店と川西店にしかないメニュー。
「煮干醤油ラーメン」(700円)だ。
限定20食か・・・

博多ラーメンげんこつたっぷりの白葱に、のり、げんこつ特製あぶり焼き豚、トロッとした黄身がくせになる煮玉子がトッピング。
豚骨ベースの醤油なんだけど、少し黒を主張する濁りスープ。これが、特製たまご麺とよく絡む。

餃子とビール頼んじゃお。
・・・ビール頼むと、枝豆ついてくるのね。

暫くすると、鉄板面の焦げ目がまだら模様の餃子がやってきた。
餃子の大きさに比較して餡の割合が高いのかな、一粒一粒に食べ応えがあるし旨みが口の中に広がる。

あー昼間からのビールは美味い。

genkotu3.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:博多ラーメン げんこつ 石橋店
場所:池田市井口堂1-13-5
電話:072-761-3310
営業:11:00~23:00

by nonbe-cclass | 2008-12-01 23:25 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(3)  

大森海岸の居酒屋「浜の母や」

全国の色んなケーブルテレビ局の人達と新橋で呑む機会があって、
もう後半、名古屋のケーブルテレビの人と番組流通の話で盛り上がっちゃって、勢いでちょっと呑みすぎちゃったかな。

で、2軒目に流れようというところで、珍しいことにC級呑兵衛はぐれちゃった。
というのも、行こうとしていた店が一杯だったようで、待つのか他探すのかで動きが止まってしまったのね。
その時に、ふとみると烏森神社があって、雰囲気がいい感じだったので、ちょっと観にいってたら、戻ると誰もいなくなっちゃってた。

それはもう仕方がないから、ホテルに戻ろうと電車に乗り込んだ。
明日、また朝から東京ビックサイトなので30分くらいでいける大森というところに宿をとっている。

ん~新橋出るときは酒はもういいかあなんて思ってたんだけど、
大森に着くと、ちょっと何か中途半端な感じになっちゃって、1軒寄り道していくことに決めた。

「どっさり魚市場 浜の母や」だ。
普段はこじんまりとした店に入ることが多いんだけど、ここは比較的大きいし、他にも店舗があるようだ。

e0173645_11453378.jpg

ホントはね、小腹が空いていたのでラーメンあたりが食べれたら良かったわけ。
でも、酒を頼んでおいて何も食べ物頼まないのも具合が悪いので、やん衆盛り(1380円)という造盛りを注文した。
おっと、結構なボリューム・・・2~3人前あるじゃん。

e0173645_11463265.jpg
e0173645_11463442.jpg

ありがたいことに、居酒屋なんだけどここにはラーメンがあるわけ。
浜のラーメン・塩(680円)ね。
白濁したスープが酒の後にいい感じ。

e0173645_11463851.jpg

あーこれで満足して、ゆっくり眠れそうだ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:どっさり魚市場 浜の母や 大森店
場所:東京都大田区大森北1-2-1 徳原ビル地下1F
電話:03-3764-0212
営業:17:00~4:30

by nonbe-cclass | 2008-06-19 23:40 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

札幌のラーメン「味の三平」

「え?北海道に昼飯食べに行くの?」企画第2弾 ~その2~

小樽の雪が、視界が悪くなるほどに本格的に降り始めた。
えらいこっちゃ。

どちらにしても時間が限られているから、すぐに小樽を経つことにした。
すぐに出発する快速エアポートが、ホームで静かに停車していたんだけど、雪に埋もれてるみたいになっちゃってる。
e0173645_7502486.jpg

ダイヤ乱れると帰りまずいからね~(実は小樽へ向かうとき20分程度遅れたんだよね)

さて、何とか札幌に戻ってきた。
さっき丼を食べたところなんだけど、もう1回昼飯だから

向かった先は「味の三平」だ。
ラーメンなんだけど、実は悩んだんだよね。
札幌ラーメンを食べようと色々調べていたんだけど、確かに自分好みかなと思われる店は他にあったんだよね。
でも、折角の機会だし、札幌ラーメンの元祖の暖簾はくぐっておきたかったのね。
正確に言うと、札幌ラーメンの元祖ではなくて、「札幌ラーメン=味噌ラーメン」を全国に知らしめた、味噌ラーメン発祥の店だ。

元祖なんてキーワードがあるもんだから、勝手なイメージで屋台に毛が生えたくらいの店構えかと思ったら、繁華街のビルの中にあるんだもの。
しかも、文房具のフロアの端に「あれ?軽食コーナー?」みたいな感じであるんだもの。
e0173645_7504439.jpg

14時回ってるから、客は数名だった。
カウンターと厨房との敷居が低いから、店員から見られてる感じだね。
でも、厨房ではてきぱきと作業が進んでいるので、食べてる間気になることはない。

「ちょっと待ってもらってる間に、これ食べとって下さい。」
と大将が、まかない飯を小皿に出してくれた。チャーシュー細切れとネギ、ヘタ飯ですな。
e0173645_751980.jpg

さてお目当ての味噌ラーメン(850円)が出てきた。
まあ、最初は驚くわね。ビジュアルからして、イメージしている色じゃないんだもの。
e0173645_7512930.jpg

味噌は味噌でも白味噌なんだよね。

そうすると味噌味そのものはあっさりすることになるんだけど、野菜を煮込んでるから野菜の甘味がぐっと引き立ってる感じ。
麺の上には、メンマ、挽肉、玉ねぎ、もやしにカイワレがトッピング。

麺は太い縮れ麺で、西山製麺のもの。
札幌でのラーメンが屋台に始まり、「味の三平」が味噌ラーメンで札幌ラーメンをイメージづけたとすれば、太くコシのある縮れ玉子麺という札幌ラーメンの麺の原型を創り上げたのが、この西山製麺だ。モチプリっとした食感が心地いい。

食べてみて思ったんだけど、味噌ラーメンを食べているというよりは、八宝菜の味でラーメンを食べてる感じ。中華料理みたいな感覚だったな。
札幌ラーメンも今は多様になっているようだけど、「昔ながらの」という札幌ラーメンは、やっぱりここのようだ。

おー、食った食った。

冬の北海道の味を堪能した後は、土産でも買って大阪へ帰ることになるんだけど・・・

この後、C級呑兵衛に悲劇が待っていた。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:味の三平
場所:札幌市中央区南1条西3 大丸藤井セントラル4F
電話:011-231-0377
営業:11:00~18:30 月休

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 ぶらり旅

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2008-02-28 23:39 | ・食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(2)  

石橋のラーメン「ラーメン 一大事」

細い路地の奥に「博多ラーメン」の赤提灯
数年前は石橋にもラーメン店が乱立していたんだけど、自然淘汰される所も多く、結局、今あるところで落着いたんだろうね。

石橋に住んでいれば、見たことあるでしょ。
「ラーメン 一大事」だ。

石橋駅前アイゼン横にある、カウンターだけの小さな店だ。

焼きめしなどもあるがラーメンで勝負している。博多ラーメンなので、もちろんとんこつ
一大事ラーメン(700円)がベーシックタイプで、白濁したスープにネギと紅しょうがが添えられる。
見た目あっさりそうなんだけど、意外と脂のこってりさが後から追いかけてくる。
関西は特にギトギト系(香りと味ともに)が苦手みたいなんだけど、C級呑兵衛は、この店のあっさりしすぎていないくらいのが合っている。
そもそも博多ラーメンは酒呑みに合うラーメンなのよね~。

C級呑兵衛自身は、一大事特製ラーメン(850円)を注文した。
ベースはとんこつなんだけど、その上に炒めた豚キムチなどがのったピリ辛ラーメンだ。
ベーシックと食べ比べたけど、個人的にはこのピリ辛の方が好きかな。
e0173645_1541933.jpg

え?何で店の名前が一大事なんだって?
脱サラしていきなりラーメン屋始めるわけよ、そりゃ人生にとって一大事でしょ。

今日も赤提灯が光る。
もう随分と営業しいてる店だ。一大事もひと段落しているといいが。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ラーメン 一大事
場所:池田市石橋2-2-1
電話:072-763-2710
営業:12:00~23:00 月休
e0173645_15405181.jpg

by nonbe-cclass | 2007-04-20 23:27 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(0)  

築地のラーメン「井上」

e0173645_12145447.jpg気がつけば築地場外市場にまた来ていた。

今回は何を食べようか・・・
気分的には海鮮系、そうねえ寿司にでもするかと思ってやってきたんだけど、
いつもはかなり列をなしている店が、今回はそうでもなかったので急遽予定を変更して、列に並ぶことにした。
ホント、ここだけは道を塞ぎかねないくらい列ができるからね。

ラーメンの「井上」だ。

おやっさんが客の動きを確認しながら、狭いスペースながら鉢をカンカンと並べ、要領よくラーメンを盛っていく。

「おいおい・・・えらく、チャーシュー入れるんだねえ。」
4枚も5枚も入れていくぞ。大雑把な動きだなあと思う反面、豪快なわけ。

一人ずつ手渡される中華そばは600円。このボリュームで600円は安いね。実際チャーシューメンになってるわけだし。

「アツツッ、スープなみなみ入ってるじゃん。」
チャーシュー以外にも、メンマ、ねぎにカイワレがトッピングされている。

そーっと移動して、立ち食い台へ。
並んでいる間は気がつかなかったけど、この時点では、もう結構列ができちゃってたね。
下に写真あるでしょ。店の前にいる人達は、通行人ではなく並んでいる人達だから
隣の店のじゃまにならないように、折り返し折り返しさせながら並ばせている。

個人的には麺固めが嬉しいところだが、ここは少し柔らかめ。
細麺の縮れ麺で、一気に頬張る感じかな。ここで働く人達への配慮かもしれない。
スープは醤油ベースであっさりタイプ。

ま、能書き云々よりも、この市場の喧騒の中でシンプルな中華そばを慌しく頬張る、それ自身が楽しいわけよ。

e0173645_12152457.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:井上
場所:東京都中央区築地4-9-16
電話:03-3542-0620
営業:4:30~13:30

by nonbe-cclass | 2007-03-17 09:00 | ・食べ歩き(ラーメン) | Trackback(1) | Comments(0)