タグ:ランチ ( 321 ) タグの人気記事

 

石橋の蕎麦「権八」

「軽く蕎麦でも食べてから買物に出かけるか。」
とC級呑兵衛ファミリーがやってきた店は、石橋の蕎麦「権八」だ。
石橋在住の人はすっかりおなじみだね。
メイン通りから微妙に外れた路地に店がある。

広くない店内とはいえ、そこそこに客が入っているのにとても静か。
テーブル席について、巻物を・・・
え?ドロンするわけじゃないよ。お品書きが巻物になってるからね。
天ぷら食べたいし、天ざる(1300円)にするか。
e0173645_151676.jpg

注文してから、ふとテーブルに目をやると妙に小さい鍋が・・・鍋蓋を開けると・・あっ七味ね。
e0173645_15162425.jpg

そんな暇つぶしを地味にやりながら暫く待っていると、まずは蕎麦がやってきた。
その後を追って天ぷら盛り合わせが運ばれてくる。
e0173645_15163449.jpg

蕎麦は少し歯ごたえが柔らかいものの、香ばしいつけ汁と合う。
天ぷらも軽い衣がサクッと心地いい。
e0173645_1516424.jpg

少し肴もあったので、次に来るときは蕎麦が出てくるまでに酒でも呑んでみるか。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:権八
場所:池田市石橋1丁目8-15
電話:072-762-3585
営業:11:00~19:30 水休
e0173645_15165745.jpg

by nonbe-cclass | 2007-12-24 23:30 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(2)  

谷町の焼肉「地之蔵」

タイトルは焼肉となってるんだけど、店がそうなだけで今回はランチの話。

仕事で谷町まで来たんだけど、とにかく近くでお昼御飯を食べないと・・・と、見つけたのがこのお店。
「芸術和牛と美人野菜 地之蔵(つちのくら)」だ。「芸術和牛」も「美人野菜」も凄いインパクト。

和食の店にしようと探して見つけて入ったんだけど、中に入って焼肉の店であることが初めてわかった。
パッと見、焼肉屋の感じがしないから。創作料理の店かなんかだと思った。

でも、テーブルに案内されると、テーブル中央には大きな石板が。
明らかにここで肉焼くよなあ~

ただ、ランチはジュージューするものではなくて、和牛を使ったカツやハンバーグになる。
和牛おろしハンバーグは、スープとライスがついて1080円。
e0173645_1549231.jpg

深めの器にポタージュ。木のスプーンでいただく。
続いて、サラダや野菜が添えられたハンバーグがやってきた。

このハンバーグ、九州和牛100%らしいけど、
それを知る知らない別にして、箸でハンバーグを割った瞬間にじわーっと出る肉汁がたまらない。
ハンバーグは中まで焼きすぎず、まだ赤い状態だ。

これをあっさりとしたポン酢で食べるわけ。そりゃ美味しいさ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:地之蔵
場所:大阪市中央区谷町2-8-3
電話:06-6945-1121
営業:11:30~14:00、17:00~23:00 日休
e0173645_15484954.jpg

by nonbe-cclass | 2007-11-09 23:53 | ・食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)  

築地の「かんの」

久しぶりに築地にやってきた。
今日は、何を食べる気分だろうなあ・・・天ぷらか海鮮丼あたりかしら。

あまり、時間がとれる環境でもなかったので、今回は恒例の立ち食いに決める。
やっぱり、ラーメンの気分じゃあないんだよなあ・・・海鮮丼にするか。

e0173645_15332688.jpg少し並んでいたが、威勢のいいおかあちゃんの声につられて、ここで待つことにした。
「菅野商店」だ。

うおがしどんぶり(900円)に、シジミ汁(100円)をつけてもらおうかな。
暫くすると、彩り鮮やかな丼が目の前に置かれる。
ウニたっぷりのまぐろ、イクラの3色丼だ。

ラーメンの時はそうでもないんだけど、この丼を立ち食いしていると、通行人が覗き込むようにみるわけ。
「店の看板にウソ偽りはないな。」なんてね。
・・・というよりは、みんな昼ごはんを何にしようか悩んでるときに、何かきっかけがほしいんだろうね。「ここなかなか良くない?」なんて。

立ち食いだと、もれなくその店の広告塔になっちゃうから。
あー、そこの外人さん写真撮らないで~

e0173645_15335799.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:菅野商店
場所:東京都中央区築地4-8-7
電話:03-3546-0300
営業:4:30-14:30

by nonbe-cclass | 2007-10-16 23:51 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

門真市の讃岐うどん「讃岐一番」

最初に謝っておこうかな。
ごめんなさいね、先週ずっと東京にいた関係でブログの更新が大幅に遅れてるわけ。
ネタはたまる一方で、更新できてないからC級呑兵衛としても頭が痛いところ。
で、過去に遡って記事を順番に書いてるんだけど、追いつかないから、ちょっと前後させてもらうね。
毎日見てもらっている人には「おいおい、いきなり更新日がとぶね~」とおもうかもしれないけど、随時遡るから安心して。

で、土曜日、門真市にC級呑兵衛は出没した
目指す先は、讃岐うどんの店「讃岐一番」だ。地元でも美味いと評判のようだ。

讃岐うどんの店は関西にいろいろとあるんだけど、
この店に行こうとおもったのは、本場香川と同じようなシチュエーションで讃岐が楽しめると知ったから。
ここのところ高松にたて続けにうどんツアーをしに行っているので、店構えといいセルフさといい、「いっちょ見に行ってみるか」ってなとこだ。

店に入ると確かにプレハブ的な空間がグー。入口でおぼんをもって、麺の注文だ。
かけ(200円)、しょうゆ(200円)、ぶっかけ(200円)、釜あげ(300円)、湯だめ(300円)、ざる(300円)、釜玉(350円)
見てもらってわかると思うけど、料金も本場なみ。麺も温・冷をチョイスできる。
e0173645_1516160.jpg

とりあえずしょうゆを注文した。
すると麺だけ入ったどんぶりを渡される。さて、目の前には天婦羅が並んでいる。一つ100円だ。おおきなかき揚げをとってみる。
あとは、ねぎやしょうがも、セルフで入れる。そして、ここで精算。
e0173645_15163788.jpg
e0173645_15164382.jpg

お、麺美味いじゃん!
しっかりしたコシなんだけど、表面は滑らか。一杯目はぜひ「しょうゆ」で。

すぐに食べちゃって、何だか物足りなくって、「釜玉」を追加で頼んじゃった。
「底に卵があるので、かき混ぜてどうぞ。」
湯掻きたてで、卵の甘さと相性ばつぐん!何もいれずに、そのままズルズルといっちゃった。
e0173645_1517027.jpg

えー、良妻・Jr.もお替りしてたぞ。美味いことは間違いないね。
味よし、雰囲気よしで満足満足。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:讃岐一番
場所:門真市殿島町7-12
電話:06-4252-7752
営業:10:30~21:00(第2・4水曜日は15:00まで)第1・3・5水休
e0173645_15171691.jpg

by nonbe-cclass | 2007-06-23 23:47 | ・食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

築地の天婦羅「黒川」

e0173645_7275591.jpg雨の中、店を見つけるのに少してこずった。
築地場外市場の端のほう、細い路地を入ったところに静かに暖簾がかかる。

天婦羅の「黒川」だ。

忙しそうな感じだったが並ばずに入ることが出来た。
注文したのは、かき揚げ天丼(1300円)。
本当はカウンターで主人がこだわる野菜をカラッと揚げて欲しいところなんだけど、ランチで時間的にもあまり余裕がなく惜しみつつ・・・

しばらく待っていると、これまたごっつい厚みのあるかき揚げがボカーンとのった丼がやってくる。

おーー、胡麻油で揚げた香ばしい衣がサクサクでウマウマ。

何が凄いって、海老と帆立がナンボほど入ってるのよ
ホタテなんて小粒のやつじゃないよ。大きなホタテ貝柱が程よい大きさにカットされて、食べても食べても出てくるんだから。

これだけサイズが大きいと、胃にもたれそうな感じがするんだけど、タレが絶妙なのも手伝ってあっさりと、そしてペロッと平らげてしまった。

e0173645_7281689.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:黒川
場所:中央区築地6-21-8
電話:03-3544-1988
営業:9:00~14:00、17:00~21:00(土は9:00~15:00)日祝休

by nonbe-cclass | 2007-05-17 09:12 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

石橋のラーメン「ラーメン 一大事」

細い路地の奥に「博多ラーメン」の赤提灯
数年前は石橋にもラーメン店が乱立していたんだけど、自然淘汰される所も多く、結局、今あるところで落着いたんだろうね。

石橋に住んでいれば、見たことあるでしょ。
「ラーメン 一大事」だ。

石橋駅前アイゼン横にある、カウンターだけの小さな店だ。

焼きめしなどもあるがラーメンで勝負している。博多ラーメンなので、もちろんとんこつ
一大事ラーメン(700円)がベーシックタイプで、白濁したスープにネギと紅しょうがが添えられる。
見た目あっさりそうなんだけど、意外と脂のこってりさが後から追いかけてくる。
関西は特にギトギト系(香りと味ともに)が苦手みたいなんだけど、C級呑兵衛は、この店のあっさりしすぎていないくらいのが合っている。
そもそも博多ラーメンは酒呑みに合うラーメンなのよね~。

C級呑兵衛自身は、一大事特製ラーメン(850円)を注文した。
ベースはとんこつなんだけど、その上に炒めた豚キムチなどがのったピリ辛ラーメンだ。
ベーシックと食べ比べたけど、個人的にはこのピリ辛の方が好きかな。
e0173645_1541933.jpg

え?何で店の名前が一大事なんだって?
脱サラしていきなりラーメン屋始めるわけよ、そりゃ人生にとって一大事でしょ。

今日も赤提灯が光る。
もう随分と営業しいてる店だ。一大事もひと段落しているといいが。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ラーメン 一大事
場所:池田市石橋2-2-1
電話:072-763-2710
営業:12:00~23:00 月休
e0173645_15405181.jpg

by nonbe-cclass | 2007-04-20 23:27 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(0)  

築地の「浜茂鮨」

e0173645_15252053.jpg居酒屋を探す時もそうだが、メイン通りだけでなく、ちょっとした路地や雑居ビルの中などをウロウロするのも楽しい。

せっかく市場内でお昼を食べようと思ったら、市場が休みで店も殆ど休みときた。人気のない市場は寂しい・・・・

しょーがない、いつものように場外市場を散策するか。
ちょっと前から気にはしていたんだけど、
「寿司は、どこで食べても同じと思っている方はご遠慮ください」というキャッチを堂々と掲げる店がある。

「浜茂鮨」だ。

他の店に負けず劣らず、メニューを写真つきで店先にガンガン立て掛けている。
店は2Fなので様子が分からないが、ここは一つチャレンジしてみるか。
細く狭い階段をトントンとあがると、オープンカフェ(そんなオシャレなもんじゃないんだけど)のようにテラスでのテーブル席、その隣に店の入口があった。
何か、寿司屋じゃないみたい。

店に入ると、めっちゃ寿司屋だった。
しかも、下の通りからは分からないが、店内は客で一杯だった。どうやら人気店ね。

注文したのは、ばらちらし(1000円)だ。
ちらし寿司というよりも、海鮮丼だね。
豪勢にさ、うに・いくら・とびっ子・なかおち・玉子・かまぼこ・のり・ごまなどがふんだんに盛られているのよね。
ネタが新鮮で美味いね~。で、しかも安いときた。

やっぱり築地に来たら海の幸だね。

e0173645_1525373.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:浜茂鮨
場所:東京都中央区築地4-9-5 山一漁業ビル2F
電話:03-3541-9206
営業:11:30~14:00、17:00~22:00 日休
土は11:30~14:00、17:00~21:00

by nonbe-cclass | 2007-04-20 07:26 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(2)  

築地の「魚河岸千両」

e0173645_12211175.jpg築地での昼飯。今回はどうするかな・・・先週の木曜日のことだ。

いつもの感じで少し場外市場をウロウロしたが、
入口では乾物あたりを販売している、その奥でカウンターに寿司職人。
「ん~気になるなあ。ここにすっか。」

どうやら有名な店のようで、「魚河岸千両」だ。
「海鮮ひつまぶし」(冒頭写真)が名物だそうだ。一人前1,800円だ。
ひつまぶしと言うと鰻をイメージしてしまうが、海鮮の「櫃まぶし」なので、風呂桶のような櫃に色とりどりの魚貝をちりばめた、ちらし寿司のようなものだ。
まぐろ・ウニをはじめ12種類以上の魚貝が入っているそうな。茶碗3膳分くらいだね。

ここからは、鰻のひつまぶしと同じような食べ方をするわけ。

まずは、そのままだよね
ま、海鮮丼状態になるから、わさび醤油を好みでかけてガツガツっとかきこむと、海の香り満載でございます。

でね、次に椎茸・蓮根・かんぴょうあたりの甘煮が出されるので、これをまぜるんだけど、C級呑兵衛は要領があまりよく飲み込めなかったので、あわせただけみたいな感じになっていた。
それをみていた職人さんが、「失礼しますね」と櫃を取って、残っている寿司の一部をコネコネしだした。ご飯がウニで色が変るくらい混ぜるんだね。
あのねえ、ウニの甘味もそうだし、これと甘煮の相性がいいこと。蓮根の歯ごたえもいいねえ。
これ、一膳目でウニ食べ過ぎると災難だね

そして、頃合でダシを出してもらって3膳目でお茶漬けだね。
ご飯はほんの少し。これにダシをしっかりかけてサラサラっといく。

いやあ、ひとつのアイテムで色んな食べ方が出来るのも面白いね。
余談だが、途中で店のブレーカーが落ち、一部の照明が消えちゃった。なーんとなしに薄暗い感じで、櫃のご飯をカサコソやっていた。

e0173645_12213654.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:魚河岸千両
場所:東京都中央区築地4-10-14 樋泉ビル1F
電話:03-5565-5739
営業:月~金 11:00~14:30、17:00~23:00
土 11:00~23:00(日祝 11:00~21:30)

by nonbe-cclass | 2007-03-06 12:16 | ・食べ歩き(その他) | Trackback(1) | Comments(0)  

築地のラーメン「大一」

e0173645_12265229.jpg最近、東京へ出張の際は少しだけ早めに行き、築地で昼食を摂っている。
活気ある市場、あのゴミゴミした感じがアジアンテイストで好きだ。外国からの観光客も多く、あちこちでシャッターを切っている。

昼間にがっちりかかってしまうと、メインどころの店は行列になってしまう。今回はそのパターンだった。
「ん~さかなにするか、この立ち食い系にするか・・・。」

e0173645_1227766.jpg築地場外市場には、それこそ「まぐろ丼」「寿司」などの店がひしめき合っているが、
もう一つ、新大橋通り沿いにある「もんぜき通り」には、立ち食いメインの店が、これまたひしめき合っている(写真左)のだ。
市場で働く人達向けなんだろうね。でも、すっかりサラリーマンや観光客にも定着している。

今回は悩んだが、あまり時間もないことだし立ち食い系に決めた。
それにしたって、丼、カレー、うどん、ラーメン・・・ん~色んな店があるなあ。
既に立ち食いしている人を見ていると、どれも美味そうでね。
とにかく「井上」というラーメンはダントツで列をなしていたね。

さて決めた先は、ラーメンの「大一」
しょうゆラーメン(600円)を注文してみた。一応、気持ち程度、店にカウンターがあるが、やはり基本は立ち食いかな
店の人も注文するやいなや、「出来たらお持ちしますんで」と返ってきたし。でも、ここは立ち食いの方が雰囲気出ていいぞ。

この通り、店と通りを挟んで道路沿いに立ち食いゾーンがある。だから、さっきの写真、左右に人が分かれてるでしょ。
別にC級呑兵衛が通るからといって、道が自然と出来たんじゃないから

「お待たせしました~」と出てきたのが、あ~何か懐かしい、「中華そば」って感じかな。大きなチャーシューと煮玉子が入っている
この卵美味しいなあ。少し濃い目の味付けにしてあるんだけど、半熟で中の黄身がトロッとしてるぞ。

あっさりしたスープが麺とよく絡んで、結構一気にズズッと食べちゃった。いい感じ。

e0173645_122720100.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:大一
場所:東京都中央区築地4-9-16
電話:090-8870-2953
営業:8:00~15:00 築地市場休場に同じ

by nonbe-cclass | 2007-02-04 11:39 | ・食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

築地の海鮮丼「たねいち」

e0173645_12362267.jpg築地の賑わいがいい
・・・ま、年末に訪れた時、人の多さに撃沈したけどね。

通りの両側に海産物をメインにした店が並ぶ。
物色する通行人は知らず知らずのうちに歩くスピードが落ちる。
もう通りがすし詰め状態だったね
それほど通りの距離はないはずだが、通り抜けるには相当の勇気が必要だった。

そんなわやくちゃな中、
通りから更に狭い路地に丼を食べさせる店があって、妙に並んでいるなと思ったわけ。
激混みだったので、「今度来るときはココへ。」と心に決めていた。

そして、16日再び、築地を訪れた。

「へ~、平日でもやっぱり人は多いんだな。」
そうは感じつつも、向かう先は決まっていた。

e0173645_123733.jpg少し薄暗い路地の奥に見える暖簾。こういうのたまらないね。
すすっと奥へ入ると、複数のカウンターの店がいくつも連なっていた。いずれも「まぐろ丼」「海鮮丼」などの看板が揚がっている。

「どうぞ、いらっしゃい。どこも同じですよ」
と、声をかけてきたのが「たねいち」だ。
全部同じ店というのは言いすぎだが、確かに複数のカウンター店があっても、「あ、なんだ隣も「たねいち」か」てな感じだった。

注文したのは「海鮮丼」(900円)。どうやら、ここのイチオシのようだ。「味噌汁もつけますか?」と尋ねられたので追加でお願いした(100円)。

でーんと出てきた「海鮮丼」。
うに、いくら、まぐろ、いか、たこ、玉子、サーモンなどのネタがみっちりのった豪華どんぶりだ。おー、うにがいいねえ。
また、岩のりがわさーと入って風味ある味噌汁も美味い
ぞ。

昼は少し早めに入ったので、すぐに座れたが行列必死の店だ。
大将の鯔背(いなせ)な言動が小気味いいところも魅力。
ちゃきちゃきだね。

e0173645_12364532.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:たねいち
場所:東京都中央区築地4-9-5
電話:072-762-4129
営業:6:30~14:30 日祝日、休市日

by nonbe-cclass | 2007-01-18 12:43 | ・食べ歩き(その他) | Trackback(4) | Comments(4)