タグ:エスニック料理 ( 44 ) タグの人気記事

 

難波のシンガポール料理「宏亜楼」

何か久々な感じでエスニック料理。

この間、生まれて初めて吉本新喜劇を観に行ったのよ。テレビでは、ほぼほぼ毎週見ているというのに。我家のマイブーム、松浦真也が出演するところを狙って、まあ、爆笑してきましたよ。

で、その帰り。ランチにするか、と色々考えていたんだけど、
今回は、久々にアジア系にしてみるか。シンガポール料理か・・・「宏亜楼」だ。
e0173645_1965338.jpg

エスニック料理ってだけで、色んなメニューにテンションがあがるんだけど、
そういえば、シンガポール料理っていうものを意識して食べたことってないかもなぁ。中華系のメニューもあったりはするし、もともと中華料理との関係は深いんだろうね。
せっかくなら、シンガポール料理というものを食べてみたいもんですな。

そこで、海南鶏飯をチョイス。
シンガポールの名物料理なんだって。
鶏そのものは、朝引きのつくば鶏なんだけど、これをボイルして冷製にし、色んなソースでいただく逸品。

注文したのは、海南チキンライスセット(1080円)。
炒め物、揚げ物、スープに、鶏スープなどで炊きこんだチキンライスがセットになっている。
e0173645_197859.jpg

鶏には最初から、海南ソースがかかっていて、ここからチリソース、ジンジャーソースを好みでつけていただくのね。

わお~鶏が柔らかいー。
鶏も調理の仕方によってはパサついたり硬くなったりするけど、これはしっとりしているし旨味たっぷいですな。で、このソース・・・ここが、やっぱりエスニックですな。うまいー
あと、このさりげなくあるチキンライスが、これまたあっさりしてるんだけど、しっかり味がついて美味いなぁ。
e0173645_1050723.jpg

Jr.はフカヒレ入小龍包(680円)を。
熱いところに、うまくレンゲにとれずスープがもれたりと悪戦苦闘してたね。
e0173645_1971721.jpg

シンガポール行ったことないんだよなー
このお店は、シンガポールやマレーシアに人が好む味にしているとのことで、シンガポール政府公認レストランでもあるんですな。日本では手に入りにくい食材を、現地から送ってもらっているんだとか。
お店は満員御礼で、みんな同じものじゃなくて色んなものを注文してるから、どれも美味しそうで・・・
また行こー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:シンガポール料理 宏亜楼
場所:大阪市中央区難波3-7-3
時間:ランチ(金土日のみ営業)11:00~14:30、ディナー17:00~23:00(定休日以外営業) 月休
電話:06-6643-5788
e0173645_1982067.jpg

by nonbe-cclass | 2011-06-12 11:25 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

池田のネパール料理「Kathmandu」

うちの近所、まあ大阪北摂の中で美味いエスニック料理とくれば「Kathmandu(カトマンドゥ)」でしょうな。カトマンドゥという店名からも分かるように、ネパール料理の店ですな(カトマンズはネパールの首都)。京橋、蛍池、池田に店舗があって、前者2店舗は何度か訪れているんだけど、先日、初めて池田店に行ってきた。

で、ランチで行くと、セットメニューが4つあるんだけけど、考えどころ。

A.タルカリセット(900円)
B.タメルセット(1100円)
C.ダルバート(1100円)
D.スペシャルセット(1300円)

ネパール料理の店なんだけど、ネパール料理を食べようと思うんだったら、アラカルトが充実する夜なんだよね、ホントは。
ランチにはみなナンがつく。ナンがある時点で北インド料理なんだよね。ネパールはナン文化じゃないから(ネパールにインド料理の店がたくさんあるというややこしい話は別にして)。
ま、ただ後でも書くけど、ここのナンは美味くてこれはこれで食べたいから、これを横に置いてそれ以外のものがどうかですな。

Aのタルカリとは、「おかず」というネパール語なんだけど、このセットではカレーのチョイスはできるけど、日本でいう「おかず」的な一品はないので、結果的には北インド料理だわね。
Bのタメル、これはネパールの地名。カレー以外に、マライティカやフィッシュティカが加わる。Aよりタルカリな気がするけど、こちらもインド料理だね。
先にD、タンドリーチキン食べたかったから本当はこれ頼もうと思ってたんだけど、営業時間カツカツだったので、これは注文できなかった。タンドリーチキン、フィッシュティカにネパリタルカリなどがセットになっている。ネパリタルカリがネパール料理になるかな。

そんなこんなで、C級呑兵衛が注文したのはC(自分に重ねているつもりはなくて・・・)のダルバート。
要は定食なんだけど、日本人の「ご飯、味噌汁、一品、漬物」みたいな感じで、ネパールの一般的な食事スタイルだそうな。豆スープ、ご飯、おかず、漬物4つ揃ってダルバートなんだって。
この店のダルバートは、チキンチリ、アチャール、ダルスープ、ハーフナンにサラダ、スープ、ライス、ドリンクがつく。チキンチリ、アチャール(漬物)、ダルスープ(豆カリー)はネパール料理ですな。
ナンはハーフになっているんだけど、C以外は30円プラスでフルサイズにできるぞ。Cはフルにできないので、タルカリセットを頼んだJr.のナンをフルにして、取り替えてもらう戦法を考えた。

料理の前に先にスープがやってくる。
これがね、胡椒かな・・・スパイスがめちゃきいたうまうまスープ。
e0173645_9411312.jpg

そして、プレートがやってきた。
おいおい、ハーフナンでしょー
なのに、すでにプレートはみ出てますけど・・・
e0173645_9411919.jpg

で、Jr.のタルカリセットが来たので、ナンを交換してもらったんだけど、

「・・・。」

で、でかすぎる。
テーブルいっぱいの大きさになっとるやないか。
でもね、ここのナンはやっぱり美味しくて、もちもち感も絶妙だし、ほんのりした甘みがいいのよね~
e0173645_9412468.jpg

カレーはチキンにしたんだけど、さほど辛くなくてマイルド。
あと、このチキンチリ。見た目は辛そうだけど、味付けはそこまで辛くないぞ。ご飯とあう一品って感じ。美味い。アチャールは、日本の漬物というイメージよりはスパイスの和え物のような感じ。これ、ジャガイモですな。
e0173645_9413126.jpg

ん~やっぱり、「Kathmandu」は美味いですなあ。
店内も満員御礼だったぞー

最後に誤解のないように書いとくけど、「ネパール料理の店なのにインド料理がでる」というスタイルは、それがいいとか悪いじゃなくて、日本ではそれが主流なんだよね。たぶん、ネパール料理って?という知名度もあるだろうしね。
だから、「ネパール料理を食べに行った」つもりが、実は「インド料理でした」とならないように、この店に来たなら、色んなネパール料理(モモ等のチベット料理も)を楽しんで~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ネパールキッチン Kathmandu(カトマンドゥ) 池田店
場所:池田市室町1-3 井関ビル1F
時間:11:00~14:30、17:00~23:00
電話:072-751-0033
e0173645_9414626.jpg

by nonbe-cclass | 2011-01-29 11:49 | ・阪急池田駅周辺の店 | Trackback | Comments(0)  

新橋のペルー料理「荒井商店」

先週の話。
東京出張だったので、いつもの如く少し早めに東京へ出て、昼食をとることにした。
んーやっぱり、新橋にするか。

どうするかなぁ・・・魚の定食が多い気もするしなあ。
おし、久々にエスニックにするか。ペルっちゃお。
・・・とか言いながら、やってきた店の名は「荒井商店」

え?

ペルー料理の店なのよ、これが。
e0173645_21213426.jpg

なかなかの人気店のようで、並びすらしなかったものの店内は満員御礼だ。

さてさて、ランチメニューから、
じっくりコトコト 完熟トマトと牛肉の煮込み(890円)にしよ。サラダ・ライス付きね。
e0173645_2121229.jpg
e0173645_21212844.jpg

プレートにライスが可愛く盛りつけられ、たっぷりのトマトソースがかかって出てきた。
牛肉が、ごろっと入ってますな。
ぱっと見た感じ、ちょい辛なのかなーとか、味濃いのかなーとか思うんだけど、
トマトの味がしっかりベースになった、あっさりソース。
これで十分美味しいんだけど、
ここに、「こちらをつけながらどうぞ」と何やら黄色いものが出される・・・イエローホットペッパーペースト。
黄色い唐辛子(アヒアマリージョ)ということですな。
これがねーハマるわ。ピリッとは来るんだけど、何だろう果物チックな甘さというか後を引かないんだよね。
だから、スプーンにご飯をのせるたびにガンガン入れちゃったよ。
肉もほろほっと柔らかいねー

店内には軽快なリズムの曲がずっと流れていて、気分も軽く心地よい雰囲気でグー

ん?あんなところに三国清三氏のサインが・・・
どうも、この店の名にもなっている荒井シェフは、フレンチ「オテル・ドゥ・ミクニ」で修行経験を積んできた人みたい。ここに、南米の要素を加えることで、今のスタイルが確立されたんだね。知らんと入ってすんません。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:創作料理レストラン 荒井商店
場所:東京都港区新橋5-32-4 江成ビル1F
時間:11:30~15:00、18:00~23:00 土日休
電話:03-3432-0368

by nonbe-cclass | 2011-01-24 22:16 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

少路のスントゥブ専門店「OKKII」

少し前の話。

わざわざ病院には行かないし、ゆっくりするつもりもないけど、鼻声・微熱が続くなあ。
こんな時は、ちょっと温かいもの、辛いものでも食べたいところ。

で、前から行ってみたい店に足を運ぶことにした。
北摂では有名ですな、少路の「OKKII」(オッキー)だ。
このあたりではめずらしい、スンドゥブ専門店だ。
e0173645_16201664.jpg

もはや定着したメニューだとは思うけど、
スンドゥブとは韓国料理に登場するんだけど、要は豆腐のこと
ただ、固まった豆腐ではなくて、おぼろ豆腐というとイメージが沸きやすいかしら。
豆乳ににがりをいれて、完全に固まるまでに引き上げたもので、口当たりが柔らかい。
漢字表記になると、「純豆腐」と書くことが多いわね。

で、このスンドゥブを鍋(チゲ)でいただくわけ。この鍋まで込みで、スンドゥブということも一般的ですな。
この「OKKII」は、もちろん韓国料理なんだけど、オーナーはL.A.でのスンドゥブ専門店仕込みというのが面白い。アメリカンスタイルですな。そうは言っても、奇抜なとかそういうことではなくて、食材や調理にこだわる店なわけ。

さて、ランチメニューは10種類弱かな。色んなスンドゥブがあるんですな。
おし、海鮮スンドゥブにするか(1680円)。えび、広島産かき、あさりが入る。
ランチメニューを注文すると、スンドゥブのほかにおかず3品、石釜ご飯にドリンクがセットになってるぞ。

辛さは5段階で、今回は3辛いに。
0辛だと、辛みなしのスープになるらしく、子供たちでも大丈夫なようだ。

おかず3品がやって来た。おかずが、おかわり自由なところも嬉しい。
特に、オイキムチが美味い(オイはきゅうりね)。見た目辛そう、ま、辛くないわけじゃないんだけど、どちらかというと、味噌の甘みのような部分が強調されているので、ついつい口に運んでしまう。
e0173645_16214499.jpg
e0173645_16215050.jpg

お、韓国石釜きたきた。
おースンドゥブがぐっつぐついってるべ。
e0173645_16263338.jpg
e0173645_1626431.jpg

最初に、釜のご飯をお茶碗に全部よそおって、ここに、スンドゥブチゲをかけて食べる。
・・・釜で炊いてるから、おこげというか、釜にご飯が随分とひっついてるな。
しかーし、ご心配なく。
このおこげは、とうもろこしのお茶を入れてお茶漬けのようにして食べるわけ。ヌルンハプって言うんだって。これも、香ばしくて美味い!
e0173645_16281499.jpg

チゲうめー!
かきやあさりの具材がたっぷりなのも嬉しいし、このスープのコクがクセになるね。
平日のランチ、しかも前の時に行ったんだけど、満員御礼でしたな。
年齢層関係なく女性客の比率が圧倒的に高かったな。

是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:純豆腐チゲ・スントゥブ専門店 OKKII 豊中店
場所:豊中市上野西3-17-18
時間:11:00(土日は11:30)~15:00(L.O.14:15)、17:00~23:00(L.O.22:15) 水休
電話:06-6852-0110
e0173645_16282536.jpg

by nonbe-cclass | 2010-12-01 16:49 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(2)  

激旅!上海2泊3日2010 (6)~愛辣 i love

外灘から南京東路までやってきた。
何度も言うけど、めっさ歩いて足だけでなく腰に影響が・・・イタタ。
昼間とは違う顔を見せる南京東路、建物はライトアップされ、ネオン看板がギラギラ。
結構な人の賑わいですなあ。
e0173645_22244996.jpg
e0173645_22245729.jpg

夕食は、「火鍋でも食べるか」と、一緒にいたメンバーで決めていた。
やってきたのは、中李寧專門店。スポーツウェアの店が入る商業施設なんだけど、低層階と高層階とエレベータが違って、最初「どうやったら上に行けるんや?」とウロウロ。
低層階にもレストランがあるんだけど、エレベータのドアが開いたらもうそこが店だから、愛想笑いでもしてすぐにドアを閉める。
ようやくのことで、1Fの奥にエレベータを発見。
これで10Fにある「愛辣 i love」に到着~。
e0173645_22251814.jpg

ここは四川料理で有名な川国演義が、鍋専門店として始めたところだそうな。
広くて、清潔感漂う店内ですな。
若いスタッフが対応してくれるんだけど、日本語はもちろん通じないんだけど英語もビミョーな感じ。
とにかく、最初にスープの種類をチョイス。何種類かあったんだけど、白湯はきのこが入るあっさりタイプ(菌湯)、そして、もう一つの紅湯、カレーとかもあったんだけど、これはやはり四川風(愛辣)で。
で、これについては辛さが選べるんだけど、★表示。一つ星、三つ星、五つ星。ポピュラーなところを聞くと、三つ星だということで、これをお願いする。
これで鍋のベースが決まる。菌湯と愛辣の組合鍋底(28元)。
e0173645_2225439.jpg

そして、具材。これを選ぶのが楽しいんだよねー
いろんなつみれの珠圓玉潤丸子拼(28元:369.6円)、牛肉は・・・鮮牛展肉(18元)、お野菜もしっかりと。
豆苗(6元:79.2円)、菠菜(6元)、大白菜(6元)、きのこ美味そうやなあ平菇(10元)ね。
ほかにも芝士牛肉丸(20元)や海老、しめじ、椎茸、油條・・・
写真ぶれちゃったけど、こんな感じ。
e0173645_22293747.jpg
e0173645_22294366.jpg
e0173645_22295746.jpg
e0173645_2230789.jpg
e0173645_22304153.jpg

取り皿の方にも自分の好きなタレを。
店内の入口近くの一角に、タレの他にも香草やナッツなどもありますな。
e0173645_22315999.jpg

酒は、やはり青島ですな。瓶の純生で。あと、老酒ね。
e0173645_222947.jpg
e0173645_22291353.jpg

とにかく具材をドワーッと入れてグツグツ。
e0173645_2230238.jpg
e0173645_22303568.jpg

紅湯・・・お、確かに辛い。けど、行けるねー食欲が増すわ。
酒のアテに海老あたりがグー。

さんざん呑んで食べて、397元。
5人で行ったから、一人あたり1000円ちょっとですな。かなりがっつり食べても2000円もあれば十分でしょうな。満足満足。

by nonbe-cclass | 2010-11-27 12:08 | ・激旅!上海2泊3日2010 | Trackback | Comments(0)  

大阪南港のレストラン「ワールドビュッフェ」

この間、南港に出かけることがあって、
ランチもしなきゃ、とトレードセンター前駅周辺をうろうろしてたんだけど、
WTCの高層階に、バイキングレストランがあることを発見。

WTCコスモタワーの48階、バイキングレストラン「ワールドビュッフェ」だ。
おー広い店内ですなあ。
e0173645_22294890.jpg

窓際の席だと足元までガラス張り、とにかく景色はいいわね。
窓際の席でなくとも、これだけのロケーションなので開放感は味わえると思うよ。
e0173645_22301053.jpg

ビュッフェは「ワールド」ともあるように、色んな料理が食べられるのね。
50種類以上の料理が食べ放題となれば、文句ないわね。
フランス料理にタイ料理・・・
e0173645_22295359.jpg
e0173645_2230538.jpg
e0173645_22295774.jpg

おやおやぁ、たこ焼きまで。
e0173645_22302110.jpg


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:バイキングレストラン ワールドビュッフェ
場所:大阪市住之江区南港北1-14-16 WTCコスモタワー48F
時間:11:00~15:00(最終入店14:00、L.O.14:30)、17:00~22:00(最終入店21:00、L.O.21:30)
電話: 06-6615-7017

by nonbe-cclass | 2010-10-26 20:15 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

石橋の中華料理「彩七」

この間、新店オープンで訪れた店での天津飯がどうしても許せなかった。
オープンしたてだから、スタッフの動きが悪いのは仕方ないし、注文したのに結果的に出てこなかったものがあっても、それ以上に、あの天津飯がどうしても許せなかった。

でね、それがあって次の日、
「あかん、口直し・・・いや食べなおしや」

前から行きたいなと思っていたお店に行くことに。
石橋にある、中華料理の「彩七」だ。これで、「ちゃいな」と呼ぶ。
フランチャイズかどうかは分からないけど、個店にみえながら、同ブランドで浪速区や今里でも営業されている中華のお店。

Jr.と2人で夜、足を運んでみたんだけど、満員御礼。
主人が一人、厨房で頑張って作っている。あとは、奥さんかしら・・・が、お客さん対応だ。

さてさて・・・えーえらく良心的な価格だなあ。
とにかくも、まずはビールに焼き餃子(6個:220円)。
あ、にんにくかしら、餡がとっても風味がよくて、味がしっかりしていて美味い!
焼面はカリッとしてるけど、皮そのものはぷるんとした瑞々しい食感。
e0173645_2184125.jpg

Jr.はちょっとラーメンが食べたいということで、色んなラーメンの中、もっともシンプルなちゃいなラーメン。290円って。確かにシンプルだけど、290円にまで謙虚にならなくても良かったんじゃないかな。
e0173645_2183531.jpg

Jr.と「これ美味いなあ」とつついたのが、小龍包(3個:490円)。
スープがしっかり入って、このもちもち感のある生地美味いなあ。
e0173645_2184668.jpg

そして、天津飯(490円)。
いやん、美味しそん。
ご飯を覆っている玉子が、きめ細やかな舌触りでふわっとした感じー
う、う・・・ようやくちゃんとした天津飯にありつけた(泣)
e0173645_2185190.jpg

Jr.が最後にデザートとして、ゴマ団子(1個100円)を注文。
そう、一つから注文できるのね。
一つ一つ揚げてくれるから激アツをお見舞いしてくれるぞ。
e0173645_218562.jpg


いやあ、この価格と味だと、そりゃ人気あるでしょ。
お客は、ファミリー、夫婦、ソロ、仕事帰りの人達・・・なんか、地元の人達に根付いてるなぁ、そう思える店ですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:中国小皿料理 彩七 石橋店
場所:池田市天神1-1-16
時間:11:30~14:30、17:00~22:00(L.O.21:30、日祝は21:00) 月休
電話:072-763-1147
e0173645_217501.jpg

by nonbe-cclass | 2010-10-23 07:49 | ・阪急石橋 中華 | Trackback | Comments(2)  

中津のタイ料理「ラチャスキタイ」

辛いもんでも食べようと梅田から中津に向けて歩く。
ラマダホテルから近い、タイ料理「ラチャスキタイ」だ。

広めの店内なんだけど、昼間なのに少し薄暗い感じが現地っぽくてグー。
何にするかなあ、やっぱりカレーかな。
SetA(750円)を。レッドカレーかグリーンカレーの定食ですな。
今回は、レッドカレーにしてみる。
ま、そのまえにシンハビールをば。
e0173645_21501284.jpg

鶏肉に野菜がたっぷりのカレー。
「ぬおっ!辛い」系ではなく、「じわっ、じわじわっと」系だ。
ココナッツミルクなどでまろやかさがあり、平然と食べられるんだけど、
目の下、鼻の頭あたりが無意識に汗が出てくる。うめー
e0173645_21502275.jpg
e0173645_21503378.jpg

良妻は、ガイパッドプリックゲーン(850円)。
これもカレーの一種かな、鶏の唐辛子炒めというところだ。
ビジュアル的に、味噌炒めっぽいから油断しているとお見舞いをしてくれる。
e0173645_22212245.jpg


梅田周辺でランチにタイ料理を食べようとすると、意外とないんだよね。
是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ラチャスキタイ
場所:大阪市北区中津1-17-25 中津インタービル1F
時間:11:30~14:30、17:30~24:30
電話:06-6371-7757
e0173645_2151047.jpg

by nonbe-cclass | 2010-10-03 22:44 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

梅田の韓国料理「やさい村 元気」

常々思ってんだけどね、
韓国行ったときに、焼肉を食べに行った(店は「韓国八道」)んだけど、
その時に、日本とずいぶん違うなと思ったんだよね。
その頃は、今みたいにそんなに焼肉ばっかり食べてなかったけど、
焼いた肉をこれだけの野菜と一緒に食べるなんてのは、ちょっと驚きだった。

でね、それを知ってから焼肉食べ歩きするでしょ。
韓国と同じようなスタイルはほとんどないね。サンチュやチシャを頼んでも、肉の量に合わないから、何回頼ませる気ってなもんだ。

本当は焼肉かっつりの野菜たっぷりが理想なんだけど、
まず、野菜かっつりな店があるというところを紹介しとこうかな。
北新地にある「やさい村元気」だ。
サムギョプサルの専門店なので、いろんな部位の牛肉が食べられる店とは違うんだよね。
それに、野菜を食べることに重きを置いてる感じだ。
e0173645_13101858.jpg

さあ、注文は・・・サンパ(3000円)にするか。とりあえず、野菜を食べに来たからな。
サンパは、肉1人前(150g)に、包み野菜。この包み野菜がおかわり自由なのだ。
野菜がやってきた、おっ、いい感じ。
サンチュ、エゴマの葉以外にもマスタードグリーン、チンゲンサイ、水菜など10数種類。
e0173645_1392046.jpg

一応、韓国に行ったときの野菜の出方も参考までに出しときましょか(2005年当時)
最初、これ見たとき感動したわ。
e0173645_17234378.jpg

さて話もどって、肉は、サムギョプサルなので豚肉。
分厚い肉を目の前で網焼き。店員さんが焼いてくれるのね。
e0173645_1393824.jpg

焼けて来たら、ハサミでさらに細かく切っていく。
これでできたら、好きな野菜で巻いて頬張る。味噌は甘口・辛口があるぞ。
あと、この生野菜以外に白髪ねぎもあるぞ(これがまたいいわけ)。
ここにキムチなども挟んじゃえー
がっつり野菜を使えることが嬉しいし、思いっきり頬張ってやるー
うん、ウメー
e0173645_1394569.jpg

野菜をおかわりすると、丸いざるでこんな感じで出てくる。
e0173645_1310227.jpg

野菜食べたいから?肉追加(1800円)しちゃったよ。

レジの周りにはたくさんの色紙。へータレントもたくさん来てるんですな。
サムギョプサルを食べたい方は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:やさい村 元気 北新地
場所:大阪市北区堂島1-4-20 第2ロイヤルビルディング2F
時間:17:00~3:00(土は~25:00) 日休
電話:06-6345-8466

by nonbe-cclass | 2010-09-26 13:12 | ・食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)  

上新庄のインドネシア料理「チチャバリ」

「ドリンク先イイデスカ?」

人懐こい黒い顔が、決して流暢とはいえない日本語で注文を聞いてくれる。
店内には民族楽器や雑貨が所狭しと並び、つい店内をぶらついてみたい感じ。
おいおい、お客の子供が楽器を適当に鳴らしてるし・・・あ、でも、音色がエスニックやわあ。
阪急上新庄、インドネシア料理の店「チチャバリ」だ。

何にするかな・・・
これにするか、ナシチャンプルランチ(950円)。
えび・豚・鶏など、おかず盛り合わせってとこですな。

あ、さっきの「ドリンク先イイデスカ?」は、
「ドリンクを先に持ってきていいですか?」ということではなくて、
「ドリンクは先がいいですか?食後がいいですか?」ということを伝えている。

先にサラダと胡椒のきいたスープ。
スープはつみれも入ってるんだけど、台湾を思い出すなあ。
e0173645_23263552.jpg
e0173645_23264590.jpg

そして、プレートがやってきた。
甘めのタレで串焼鳥(サテ)、海老の揚げ物、豚肉の炒め物、鶏の香味炒め、クルプック(せんべい)、ピクルス、サラダ。これらの中央にライスがボン。
e0173645_2326541.jpg

沖縄料理でもあるよね、例えば、ゴーヤチャンプル。意味は同じ。
ナシチャンプル、ナシはご飯、混ぜるがチャンプル。
ただ、全部最初からごちゃまぜということではなく、ライスに自分の好きなおかずを混ぜて食べるというのがナシチャンプル。
久々のエスニックに大満足。

C級呑兵衛が訪れた時には、家族だったり、夫婦で来てたりと、なんだかほんわかした空間でしたな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:CICAK BALI(チチャバリ)
場所:大阪市東淀川区瑞光1-8-12
時間:11:00~14:30、17:00~23:30 第2、3水休
電話:06-6323-6677
e0173645_23261468.jpg

by nonbe-cclass | 2010-09-09 22:04 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)