タグ:まち歩き ( 337 ) タグの人気記事

 

川崎のラーメン「ラーメン 鳥竹」

ちょっと前の話。

この一画、大きなマンションでも建つのかなぁ。結構な敷地なので、再開発かな。
みると、周辺にはマンションが建ち並んでいるんだけど、ここだけ、一部古い建物が残っている。敷地を囲うように目隠しがされてはいるが、具体的に工事が進んでいる気配はない。

e0173645_08473538.jpg

その敷地を分断するように歩行者道路が確保されているんだけど、その入口部分に「ラーメン鳥竹」の案内が…

その歩行者道路を歩くと、どこをどうとっても不自然な形でラーメン店があった。明らかに、この土地をめぐってモメモメしている感じだよな。
その佇まいにも驚くが、ラーメンの価格が220円という破格値…

e0173645_08473801.jpg

入るの勇気いるな…ま、チャレンジしてみるか。
京急川崎にある「ラーメン鳥竹」だ

外観からも想像に難くないが、店内はカウンター5席のみ。

e0173645_08474178.jpg

入ってしまえば全然普通の感じで、へんこなおやっさんでも出てくるのかと思えば、若いお兄さんが切り盛りをしている。
ま、一つ、すんごい気になるところがあるとすれば、カウンターから厨房がまったく見えないように、布で完全シャットアウト状態にしているところかな。

さて、メニューはラーメンのみ。
他には、缶ビール・缶チューハイ、つまみにベビースターラーメンがある。
ラーメン(220円)を注文しよう。

e0173645_08474210.jpg

220円ではあるけど、ちゃんとしたラーメンが出てくる。
どうなんだろう、インスタントなのかなぁ…麺は多加水の丸麺。スープはしっかり醤油で、ごま油がきいてるぞ。この黒胡椒もアクセントだ。
トッピングには、ゆで卵、青梗菜、もやしに海苔。これ、仮にインスタントだとしても、これで220円は安すぎるよな。

e0173645_08474418.jpg

ここからは全部は見えないんだけど、「公示書」がいくつも壁に掲げられている。
細かいことは分からないけど、要は、この場所の所有なのか営業の権利なのかが、きちんと認められているという内容だな。外の雰囲気、この立地状況からして、相当揉めている感じはしたが、果たして、そんなところだったな。
調べてみたら「川崎案件」と称される、かなり泥沼な地上げ係争地なようですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ラーメン 鳥竹
場所:川崎市川崎区東田町9-3
時間:11:30~20:00 土休

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-12-10 21:39 | ・食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

池上本門寺・くず餅食べ比べ!

東京にやって来て最初の週末、
まだ土地勘も全くないし、近場でも散策するかと、家から池上本門寺へてくてく歩いて出かけた。蒲田からは、東急池上線だと2駅目が池上だ。
朝10時半前に家を出て、どうだろう30分くらいで着いたね。
どっしりとした構えの総門。江戸元禄期の建築で、安藤広重の『江戸百景』にも描かれている。この本門寺の文字、日本史でも習った、本阿弥光悦の筆だそうな。
この地は、日蓮が最期を迎えた場所で、寺院が寄進され池上本門寺になった。

e0173645_08210362.jpg

門をくぐったところで、おいおい…いきなり心臓破りの急階段此経難持坂(しきょうなんじざか)と呼ばれる96段ある石段。これ、あの戦国武将加藤清正が寄進したものだ。もー、お前の体力基準で物造るなと言いたい。

e0173645_08302249.jpg

フガフガ言いながら階段を上がりきると、立派な仁王門がありその先に、でっかい大堂がある。写真では伝わりにくいけど、迫って来る感じ。この入母屋造りの瓦屋根がすごいわ。これも、加藤清正が建てたんだって。

e0173645_08352142.jpg
e0173645_08382274.jpg

へー建物も歴史あるけど、歴史上の人物のお墓も充実してるなぁ(言い方おかしいな)。紀州徳川家狩野探幽、文学では幸田露伴、俳優・歌舞伎界では、市川雷蔵7代目松本幸四郎…。プロレスラーの力道山のお墓もあるんだけど、墓石の横には、腕組みをする力道山のブロンズ像。

e0173645_08545460.jpg

さて、境内を一通り巡ったところで、今度は食べるほうにいくか。普段なら、酒にすぐ走るところなんだけど、今回はくず餅だ。
c級呑兵衛は関西の人間なので、何ら疑うことなく、葛粉で作られた半透明の和菓子「葛餅」を思い浮かべるんだけど、これ全然違う。
文字で書くと「久寿餅」で、小麦粉の澱粉を発酵させ2年かけて作られる。江戸時代から受け継がれているもので、久寿餅は、この池上が発祥なんだそうな。だから、周辺に数店舗、久寿餅を食べさせるところがある。
食べ比べしてみよ。

まずは、「池上池田屋」から。江戸時代創業の老舗なんだよね。店頭販売もしているが、店内で食べよう。

e0173645_09065831.jpg

久寿餅(きなこかけ:600円)。
はんぺんのように白っぽく、三角形にカットされた久寿餅。ここに、わさわさっときな粉がかかっている。ほーなるほど、ねっちりもちもちした質感なのね。
久寿餅そのものには、それほど味があるわけじゃないんだけど、このきな粉にほのかな甘さがあり、上品な甘さの黒蜜を加えることで、きな粉がより久寿餅と絡んでグー。

e0173645_09070136.jpg

次に、東急池上線池上駅から北に伸びる道、池上本門寺通り商店会にある「浅野屋本舗」。製造直売の文字がそそるねー

e0173645_09151730.jpg

ここの自家製くずもち(380円)は、もちもちした食感よりも、プリンプリンな食感で弾力がしっかり目。黒蜜はやや甘めながら、きな粉がこれまた非常に香ばしい風味が強くって、いいバランスを保ってるわー

e0173645_09152039.jpg

普段さぁ、こうして甘いものを食べないでしょーそれをハシゴして…
ではあるんだけど…ここでもう一つ、寒天食いたいなぁ。えーい!クリームあんみつ(670円)をオーダー。
キューブ上にカットされた寒天、エッジがきいて固そうに見えるんだけど、口に含んだ途端のホロホロと崩れ、この食感が何とも気持ちいい。伊豆の上質天草100%を使ったこだわりの手作り寒天なんだって。

e0173645_09152298.jpg

最後は、東急池上線池上駅前「浅野屋本店」。まぁ、貫録のある店構えですな。
あ…店の看板に「葛餅」って書いてるじゃん。混乱するねー
ただ、この店は久寿餅発祥の店といわれていて、宝暦2(1752)年創業の老舗。ここは、お客さん一杯だな。

e0173645_09320960.jpg

小倉くずもち(480円)にするか。あ…久寿餅差し置いてなんだけど、餡がウメー
あら、ここの久寿餅は先の2店と全く違うぞ。出出し生麩を思わせる、軽くもっちり感とほどよい弾力。それに、何の味だろう…独特な風味を感じるぞ。

e0173645_09321668.jpg

あー食べた。
たまには、こういうのもいいな。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-12-06 09:57 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

戸越の銭湯「富士見湯」

この間、戸越銀座に行った時のこと。まあ活気のあるいい雰囲気の商店街で、一杯飲みにも最高のシチュエーションだ。
ま、この時は一杯飲みに来たのではなく、温泉銭湯に入ろうと思ってやって来た。この商店街の中にあるんだよね、「戸越銀座温泉」が。

わ、銭湯だけど、お洒落感満載だな。高松の「仏生山温泉 天平湯」などを想起させるロゴ。こりゃ、期待できそうだ。

e0173645_23334776.jpg

「!」

ま、まさかの…設備点検で休みになっとるやないか!

あちゃー、近くで銭湯探さなきゃ。

で、結局、中延方面へ少し南へ歩いたところにある「富士見湯」へやって来た。

e0173645_23105807.jpg

「銭湯」ののぼりがあるから、ここに銭湯があるというのが分かりやすいけど、現代の街中にある銭湯という感じだ。
おっと、入るとすぐに下駄箱、即フロントか。脱衣所のロッカーも40ほどなので、他の銭湯よりは少し狭い感じを受ける。

でも、浴場がちょっと他の銭湯とは違う。
浴場内は、レンガ壁・モザイクタイル、そして、アーチのガラス窓など大正モダンな雰囲気。曲線を描くアームの丸電灯もいい感じ。

浴場の中央に浴槽があり、そのサイドにカランが17。桶はケロリン。ここは、ボディソープ・シャンプーの備えつけがあるんだ。
カランのある鏡が続きで横一面になっているのと、男湯女湯の敷居低いから、空間が広く感じる。ホント、いい雰囲気だわ。

真ん中に浴槽が2つ。
入口から見て手前が古代檜風呂、奥が北投石風呂
2m四方くらいの古代檜風呂は、さいたまの「稲荷湯」以来かな…やっぱり、木ってぬくもりがあっていいよな。古代檜は、樹齢が1000年を超すような巨木なんだけど、神経を休める森林浴作用に優れているんだそうな。檜の香りもいい。

もう一つの北投石風呂だけど、北投石という文字をみた途端、「ん?台湾に温泉で有名な北投という所があったよな」と思ってしまった。
が、それは合っていた。この北投石は、世界で2か所、台湾と日本では秋田の玉川温泉でしか発見されていないもので、ラジウム放射線をもつ石なんだよね。人がそもそも備えている自然治癒力のバランスが崩れた時に、そのバランスを整える効果があるそうな。

いやぁ、温まった~気持ちよかったー!

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-12-02 22:48 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

蒲田の居酒屋「渡商店」

居酒屋じゃないんだよな…

京急蒲田駅から、糀谷の方に向かって住宅街をてくてく歩いていく。すると、突然に大きな看板が目に飛び込んでくる。
酒屋の「渡商店」だ。

e0173645_07453750.jpg

パッと見、酒も扱っているか分からない外観だけど、店内にはずらっと酒が並んでいる。宮内庁御用酒「惣花」もあるねー

e0173645_07461662.jpg

さて、そのずらっと棚に酒が並んでいる手前には、腰より少し低いガラス張りの陳列ケースがあり、ここにも、ワンカップなどが置かれている。

e0173645_07482740.jpg

そう、この陳列ケースのところで、酒が飲めるんですな。正真正銘の角打ちだ
店の主人に、「ここで飲みます」と瓶ビールをお願いすると、冷蔵庫から出してくれた。大瓶355円

e0173645_07480256.jpg

ただ、その後が続かない…居酒屋じゃないから、どうにもシステムが分からない。ビールだけ飲むわけにもいかないし…
テーブルと化している陳列ケースの上には、駄菓子のように、入れものに煎餅や韓国海苔などのつまみが入っている。これを勝手にとって、食べるか…
韓国海苔は65円

e0173645_07480974.jpg
e0173645_07481661.jpg

他の客の動きを見ていると、冷蔵庫を開けて何やら持ってきたな。あー、ソーセージとかもあるのか。
というか、完全に店内がセルフサービスじゃないか

店内には、あと何があるんだ…店内をうろつくと、缶詰も発見。これも、勝手にとって食べていいのかな…

e0173645_07493930.jpg

結局、有明赤貝味付(220円)を手に取って、元の場所に戻って飲み続ける。

e0173645_07482459.jpg

赤貝、意外と量あるのね。ビールが足りなくなったじゃないかぁ。ワンカップでも飲むか。
あ!富山の「若鶴」(230円)があるんだ。これにしよ。
柔らかい口当たりで、ついつい飲んじゃう系。

e0173645_07482827.jpg

いやーいい気分。昼酒はいいねぇ。
駅前の飲み屋街ではなく、閑静な住宅街にある酒屋での一杯。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:渡商店
場所:東京都大田区西糀谷2-17-22
電話:03-3744-0005

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-11-26 23:50 | ・蒲田めぐり | Trackback | Comments(2)  

成田国際空港と「空の駅 風和里しばやま」

少し月日が経ってしまったけど、Jr.が夏の連休を利用して東京に来たんだけど、ずっと飛行機三昧。横田・羽田・成田にいくはめに。

中でも、一番充実したのがやっぱり成田空港。
蒲田からの移動にどうしようかと考えたんだけど、往路は羽田空港からのリムジンバスにした。これで、乗り換えなしで小一時間だ。

9時頃には空港について、早速に慌ただしい…ちょうど、Polarが飛び立つところだった。ヴァージン・アトランティックは、4発エンジンのA340-600。
それにしても、分かっちゃいるんだけど、離発着時はいいが、駐機しているものを撮るのは、成田の展望デッキはやはり、やさしくないんだよなぁ。

e0173645_08133737.jpg
e0173645_08124615.jpg

この後、スカンジナビア航空、アリタリア、NCAあたりでシャッターを切り、場所を移動する。
タクシーで、空港の南側にある航空科学博物館にやってきた。この航空科学博物館そのものに用事があったのではなく、ここから少し空港に沿って西へ歩き、「さくらの丘」という、ちょっとした公園が目的地だ。
Jr.情報によると、ここから結構接近した写真が撮れるという話だったが、写真を撮るには少し遠いし、もう少し近寄れるかなと思った道は、工事で立ち入りが出来なくなっていた。

結局、来た道を戻り、道沿いで一番飛行機に近寄れそうなポイントで撮影することに。ここには、他にも数名のカメラマンがいたね。離陸直前の飛行機を追える。
それにしても、伊丹と違って、4発エンジンがバンバン飛んでいるのがうらやましい…

e0173645_08144232.jpg
e0173645_08144718.jpg
e0173645_08144447.jpg
e0173645_08151436.jpg
e0173645_08151702.jpg

スターアライアンス塗装のジャンボって初めて見たな。これは、タイ国際航空ですな。

e0173645_08151939.jpg
e0173645_08152118.jpg

ここへ来るまでの道すがら、近くに道の駅があることが分かった。
そこに行けば、何か昼ごはんを食べることが出来るかも知れない…ちょっと歩いたけど。
あ、道の駅ちゃうわ、「空の駅 風和里しばやま」だ。
土産物や工芸品の他、へ~農産物直売所になっていて、地のものが色々と販売されているんだぁ。

e0173645_08155831.jpg
e0173645_08165801.jpg

それに、この芝生の広場も気持ちいいなぁ。まだ、オープンしてそれほど月日が経っていないのか、設備もきれいだ。

e0173645_08155295.jpg

「!」


おいおい、着陸する飛行機がばっちり捉えられるじゃん、ここ!
遮るものもないし。

e0173645_08160070.jpg

お腹すいた…
ここにある「レストラン フワリ」、ランチが1500円でバイキング形式になっているんだけど、地元の新鮮な野菜ががっつり食べられるのが魅力。
生野菜もしっかり摂れるし、一つ一つの料理も素材を生かしていてグー。地元、芝山名物ヤンキなんてのも楽しめる。

e0173645_08164963.jpg
e0173645_08165245.jpg
e0173645_08165474.jpg

あー来た!
アシアナ航空のA380だ。ここだと、こんな感じで撮れるぞ。

e0173645_08161591.jpg

かなり歩いたし、ぐったりしちゃったよ…
成田国際空港まで戻ってきて、帰りは京成スカイライナーで帰ることに。あー快適。

e0173645_08173126.jpg

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-11-21 15:23 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(2)  

加太の食堂「満幸商店」

2ヶ月ほど前になるかしら。
日帰りドライブで、和歌山に出かけたんだよね。
どこにやって来たのかというと、和歌山の加太だ。夏の海水浴で有名なんだけど、今回は海じゃあ~ない。

e0173645_23584341.jpg

やってきたのは、加太湾を眺める淡嶋神社だ。
非常に歴史のある神社で、仁徳天皇によって創建された。女性の病気回復や、安産・子授け祈願として知られるが、なんといっても人形供養で有名ですな。ものごっつい数の人形が供養のために納められている。

e0173645_00061680.jpg

色んな人形があるんだけど、日本人形が並ぶと、うなされそうな気分になる。確か、霊現象をお披露目する人形もいるらしく心霊スポットとしても知られる

e0173645_00062188.jpg

人形といっても、ぬいぐるみやフランス人形があったりと多種多彩。
あ…こっちでは、招き猫だらけになっとるやないか

e0173645_00061927.jpg

さて、淡嶋神社は是非訪れてほしいところだが、ここに来たなら、この店を外すことは出来ないぞ。淡嶋神社の入口にある「満幸商店」だ。
さざえなどの海産物もあつかう土産物店でありながら、中で食事も出来るわけ。

e0173645_23472114.jpg
e0173645_23471891.jpg

こってり香ばしい昭和の香り漂う店内。サイン色紙もたくさんあるねー
ホワイトボードには、魚貝メニューが細かく書かれている。どれも、美味そうだなぁ。

e0173645_23470117.jpg

初めて来た人には、色んなものが楽しめるコース料理も用意されているから、迷ったらそれもいいぞ。
実はここ、海鮮丼が有名なんだけど、お店の人は、わさびスープ(800円)がイチオシだと言っていたので、これをまず注文してみる。

e0173645_23470579.jpg

え?ガスコンロ…あ、小鍋で来るのね。
煮えるまでしばし。これ、加太の海で採れた鯛のあらでとったスープで、かなりいい味が出ている。鯛の味が濃い~

そのままで十分美味いんだけど、ここに生山葵を入れると、爽やかさと味がしまって、また違った美味さになる。

e0173645_23470885.jpg

Jr.オーダーで、貝柱あぶりさしみ(1000円)。これまた、でかいなぁ…レモンと岩塩でいただく。美味いに決まってるよな。

e0173645_23471184.jpg

さて、メインの海鮮丼・大(3500円・お味噌汁付)を人数分注文しようとしたら、「いやいや、1人前で十分だから分けて食べて」ときた。大盛りくらいなら、全然一人で食べれますけど…と思っていたが、危なかった。

はい、ドーン。

e0173645_23471284.jpg

これ…ボリューム感伝わるかな。ちょっと、予想をはるかに上回るインパクト。
加太は鯛で有名だから、鯛がふんだんに入ってるんだけど…鯛湯引きに、ホタテ、ホタテ醤油漬け、はも、たこ、たこのたまご、キャビア、シラスが盛られている。
盛っているというか、積んでいる感じですな。
そうねー3人で食べたんだけど、それでも苦しかったから4人前以上はあるね、こりゃ。

ネタはどれも大振り・豪快で、見た目は男前なことになっているけど、どれも美味いぞ。鯛のいい弾力がたまらん。キャビアなんて、いつ振りだよ…
食べても食べても減らない…食べ切ったときは、お腹パンパン。

気になる人は、是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:満幸商店
場所:和歌山市加太118 淡嶋神社境内
時間:9:00~17:00
電話:073-459-0328

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-11-11 08:18 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

御徒町の銭湯「燕湯」

JR御徒町の朝。
駅を降りると、ラーメンの香りが広がってるな…

駅の南西方向、東京メトロ銀座線上の中央通りまで行かない近場に、いい構えの銭湯がある。

「燕湯」
だ。

昭和25年の建物だが、営業はそのさらに5年前、老舗の銭湯だ。
入母屋造りの入口が渋い。東京都の銭湯では、唯一となる国の登録有形文化財に登録されている。

e0173645_07545005.jpg
e0173645_07545511.jpg

銭湯ってだいたい15時頃から営業するところが多いんだけど、ここは有難くも朝6時から。恐らく、商売人さんも多いし、夜勤明けの疲れを癒す場になってるんでしょうな。

もちろん、昔ながらの番台タイプで、脱衣場は高い格子天井だ。設備は年季が入っているんだけど、木床もぴかぴか、きれいに掃除されていて気持ちがいい。

浴場に入ると、天井はさらに高くなる体育館タイプ。水色に塗られた高い天井に、奥の壁面には、摩周湖のペンキ絵
手前にカランが26あり、奥に浴槽が2つある。

ペンキ絵にかぶるように、岩風呂が如く、黒い岩が壁面にごつごつとある。
この岩山…実は、富士山の溶岩だという。富士山は国立公園に指定されているから、今同じものを作ろうと思っても不可能だよね。なので、この岩山も実は、国の登録有形文化財に指定されている。

「!」

おい!(怒)…と、思わずキレそうになる程、激熱の湯じゃないか。
蒲田温泉の黒湯の熱いほうで45度程度だけど、それよりは全然熱いな。50度近いぞ、こりゃ。すぐに、ぱっと入れない…
が、一度、馴れてしまうと、この熱さにハマるのは、野沢温泉で66度で体験済だ。

「岩山に触らない」、「お湯に浸かってからは体をさすってはいけない」など、この銭湯ならではのルールに則り、ゆっくり入る。くーっ!熱いが気持ちいい。

高校生くらいかなぁ、熱くて入れない若い兄ちゃん2人。
そこに、いかつい感じのもんもんのお兄さんが近づいてきた。すると、熱いのは分かるが我慢をして入ると慣れてくるから…と、色々とアドバイスしていた。いい光景ですな。

いやーいい湯だった。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-11-08 09:24 | ・銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)  

蒲田の銭湯「ヌーランドさがみ湯」(大田区の銭湯4)

東京であれば一度、高尾山には行ってみたいと思い、
朝早くから出かけ、1日仕事で帰ってきた。途中、だんご屋があったりして楽しいなぁとか思ったけど、まー、山にあれだけの人がいると興ざめするね。
頂上なんか、街中の風景くらい人がわーってなってるし。

ほどよく、身体も疲れたところで、家まで戻ってきたけど、
最後は銭湯で締めなきゃな。

今回の場所は、蒲田駅というよりは雑色かな…
「ヌーランドさがみ湯」だ。

e0173645_10404294.jpg

銭湯というよりは、ちょっとしたスーパー銭湯な感じなんだよね。
風呂だけでなく、宴会場があったり、カラオケルームがあったり…

e0173645_10404895.jpg

ここのことは以前より知っていたんだけど、
銭湯という感じじゃなくて、入場するのにお金を取られるイメージがあったんだよね。実際に、全館利用だと1000円以上するって案内も見てるし。
ところが…あ、なんだ、入浴だけだと460円で利用できるんじゃん。良かった~

e0173645_10404585.jpg

カランは全部で27ほどあったかな。
ありがたいことに、ボディソープ・シャンプーは備えつけありなんだよね。
浴槽はいくつかあって、でんき風呂やジェットバスもあるんだけど、主浴槽からして黒湯なのがうれしい。それでもって、40度ちょい越しあたりの気持ち熱めなのがグー
ここ、露天風呂もあって、これも黒湯だ。
いくつも浴槽があり、しかも温泉が沸いてて、かつ露天風呂まであるなんて、ホント、スーパー銭湯だよな。
水風呂があるんだけど、これ…凍えるくらいビエビエだったのが印象的だったな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:黒湯天然温泉ヌーランドさがみ湯
場所:東京都大田区仲六郷2-7-5
時間:10:00~23:00
電話:03-3739-1126

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-10-25 23:00 | 銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)  

蒲田の銭湯「第二日の出湯・大田黒湯温泉」(大田区の銭湯1)

JR蒲田駅から、北西の方角にてくてくと。
完全な住宅街で、車のある通りから外れると、本当に静かなところだ。道が色々と入り組んで、地図がないと道に迷いそうだ。

「…。」

あ…道に迷ってる。おいおい、どこだぁ。
暫くウロウロしていると、「あっ、あった!」、煙突を発見。

e0173645_20193034.jpg

今回、やってきた銭湯は「第二日の出湯・大田黒湯温泉」だ。
「大田黒湯温泉」の看板が、街の銭湯な雰囲気とはちょっと違うよね。

e0173645_20193377.jpg

中に入ると、フロントがあるんだけど、この赤い床と、ステンドグラスな感じがレトロでいいね。

e0173645_20194068.jpg

入口とは異なり、脱衣所は高天井に格子目、いくつか花の絵が描かれている。
体重計なども年季ものだ。

浴場は、洗い場の奥に浴槽があるタイプで、白湯2つに、黒湯。カランが23、シャワーコーナー3つ、サウナはないようですな。黒湯がえらく透明度が高くきれいだ。

ここで、何が一番びっくりしたって、銭湯の醍醐味ともいえる背景画。そう、富士山などが描かれる、あの大きなキャンバスだ。
「大田黒湯温泉」では、日本ではなくカナダの大自然が描かれている。雄大な、山、川、緑…ん~いい感じ。確かに、日本の風景ではないことも驚きの一つかもしれないが、驚いたのはその絵の中に、

「絶景だ!圧巻だ!大自然だ!カナダ!大氷原とエメラルド色に輝く絶景カナディアンロッキー6日間249000円~」

って、書き込んである…なんと、まさかのコマーシャル。
旅行会社などのスポンサーがついているとも思い難いが…

もう一つ、露天風呂もあるんだよね。
露天風呂は白湯なんだけど、なかなかの大きさだ。庭には灯篭、小さい滝や池もあって、気持ちが安らぐ。
露天風呂は入れ替え制になっているぞ。月の前半毎月1日~15日が女湯、16日~末日が男湯だ。

しっかり温まって、風呂上がりには、縁側でフルーツ牛乳。

e0173645_20193645.jpg

いやー気持ちよかった~
露天風呂がなかなか広めなので、せっかくなら入れるタイミングを狙って行こう。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
第二日の出湯・大田黒湯温泉
場所:東京都大田区西蒲田6-5-17
時間:15:00~24:30 水休
電話:03-3731-7761

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-10-20 07:38 | 銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)  

六郷土手の銭湯「六郷温泉」

都内には、約750軒程の銭湯があるという。このうち、もっとも銭湯の数が多いのが、蒲田のある大田区だ。しかも、天然温泉の銭湯があるエリアでもある。

京浜急行の六郷土手駅。
「土手」というワードを駅名に使うってのは、なかなかないよな。全国でここだけじゃない?まぁ、土手の上に駅があるから間違っちゃいないけど。武庫川の上にホームがある阪神電車の武庫川駅みたいなもんだ。

e0173645_23242496.jpg
e0173645_23243697.jpg

この六郷山手駅を降りて、徒歩1分くらい、目と鼻の先の所に六郷温泉がある。
街中の銭湯なんだけど、佇まいがちょっと「温泉出てます」的な雰囲気を醸し出している。「一日御静養」というショルダーが泣けるね。

e0173645_23204808.jpg
e0173645_23205177.jpg

ん?
考えさせられる下駄箱だな。
1番の上に9番…下一桁が9の下駄箱が上乗せされているのか。全体をちゃんと見なかったのが悔やまれるが、これでいくと、一番下の数字はどうなるんだろう。

e0173645_23210124.jpg

中に入ると、すぐにフロントがあるタイプ。
脱衣所は広めで、休憩スペースに丸テーブル、洗濯機や乾燥機まであるのか。そういや、ランナーがどうとか書いてたが、土手…多摩川を走る人が多いのかな。スポーツの後にも優しい銭湯というわけですな。

浴場内、カランは25程度で、サウナ後のシャワーも完備されている。
おー学校の体育館のように、天井が高い。白と水色の色調。
昼間だと、天井から差し込む光で十分明るい。夜は、男女仕切り部分の蛍光灯で勝負をかけるので、若干薄暗くなるが、それも味があってグー。
ここは、銭湯ならではの壁画はない。

浴槽は、低温・高温の白湯に、低温・高温の黒湯2つ。そして、水風呂も源泉100%。サウナは追加料金なく利用できる。

高温とはいっても、40度ちょい越しくらいじゃないかしら、そんなに熱い感じではなかったな。黒湯の一つは、腰掛に座った状態で肩まで浸かれるから楽ちん。源泉の水風呂も、結構冷たいが、滑らかな質感が気持ちいい。
適当なところで風呂を出るんだけど、自分が思っている以上に身体は温まっているようだ。

あーええ湯やった。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
六郷温泉
場所:東京都大田区仲六郷4-19-2
時間:10:00~22:50 月、第4月火休(祝日の場合は翌日休)
電話:03-3731-0024

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-10-15 08:15 | ・銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)