タグ:まち歩き ( 352 ) タグの人気記事

 

池田の散策スポット「星の宮」

「あ・・・石碑だけじゃないんや」

池田の歴史の中でも古く、池田という街に非常に関わりの深いところ。
「星の宮」ですな。
e0173645_11425093.jpg

星の大神を祀っているところなんだけど、星を祀るなんてロマンチックなことが、どう池田につながんのよってな話だね。
え?C級呑兵衛の口から星というキーワードが出ること自体がおかしいって?
んー、確かにオチが純米酒「星の宮」だったりして。

池田に住んでいる人達は、詳しくは知らなくとも、漢織(くれはとり)・呉織(あやはとり)という言葉はどこかで耳にしたことがあるはず。
実は古代、日本に技術を伝えるために中国から渡来した、織物の職人さん達なんですな。「はとり」は機織(はたおり)のことなんだね。もっと一般的に表現すると、七夕でおなじみ織姫さんなわけ。

1年に1回しか会えないはずの織姫さんが、この池田で、その昔は毎日夜遅くまで機を織ってたわけ。
・・・夜は暗いわね。
これが天から多くの星が降ってきて、昼のように照らしてナイスフォローって話。えー話やないですか。
ナイスフォローの部分はもちろん伝説だし、中国の史書にもそれこそ七夕につながるような記述があるから、星との関連性は中国譲りじゃあないかとは思うんだけど、こうして織物・染色技術が池田をはじめ日本に伝わっていったんですな。

池田市の市章って、外側が井桁(いげた)になってるのね。
これ井戸なんだけど、織姫さん達が糸を染めるために水をくんだ井戸(染殿井)を表している。

これだけ建物があると、なかなか星もみえない時代になったけど、
C級呑兵衛は、呑んでどっかでぶつかって・・・いらんこと言って良妻に殴られて・・・星は昼夜問わず随時出てくるから。

by nonbe-cclass | 2009-05-28 22:44 | 池田/石橋の話題 | Trackback | Comments(0)  

池田文庫「阪急の電車いまむかし」

あれ?いつの間にやら人増えてるんですけど・・・
ビデオ上映を観ているので、静かにしてもらえますかなあ。

いま、池田文庫で展示「阪急の電車 いまむかし」が開催されている。
池田文庫へは、第74回展示の「阪急100周年記念展」以来だなあ。
e0173645_11261582.jpg

池田文庫は演劇・文芸に関する書籍資料が充実し、よく「東の早稲田、西の池田文庫」と耳にしますな。
昔、ダイヤモンドクロスの一部も建物外で展示されてたと思うなあ。
e0173645_1130373.jpg

今回は車両の歴史がメインで、
1形から現在までの車両の紹介(模型、パネルなど)がずらっとされている。
あわせて、記念切符やポスターの展示、DVD放映などなど。

一番見入ってしまうのは、やっぱり、一番電車に関心があった子供の頃にみた車両だわね。
箕面線は800系、900系が全盛。
宝塚本線も1000系がバリバリ活躍している頃だわ。それこそ、まだ7000系は登場してないですな。

パネルの写真をみると、撮影は「池田車庫」。
池田駅もまだ高架じゃなくて、駅前にボーリング場もあった頃、確かに車庫あったよなあ。
「雲雀丘駅」「花屋敷駅」の統合、ダイヤモンドクロス、旧梅田駅、新幹線開通前の線路を先に阪急電車が走る光景・・・いやあ、楽しいですなあ。

いつの間にかフロアにたくさんの人が・・・50名くらいいたかな。
見る年代によって、思うところも違うんだろうね。

この展示は6月7日まで。休館日を確認して行こう!
受付でもらえるパンフレット、おー1形から9000系に至るまでの写真が勢ぞろい・・・

以下の写真は展示とは関係なく、C級呑兵衛が撮ったもの。
一つは現役当時の1300系、
e0173645_11224018.jpg

も一つは正雀のイベントで撮ったものですな。
e0173645_11212769.jpg

by nonbe-cclass | 2009-05-25 23:15 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)  

尼崎の焼酎「尼の雫」

お酒アーンド伝統野菜の話。

この間、尼崎に行ったんだけど、
その帰りに、尼崎ブランド「メインドインアマガサキ」にちなんだものを買って帰ろうとショップに立ち寄る。
この「メインドインアマガサキ」、結構気に入っていて以前にも、「尼ノ生醤油」を買ったことがある。
昔、尼崎って醤油醸造が盛んだってことを知ってびっくりしたのよね。

今回は焼酎を手にした。ブルーの瓶が目を惹いたのね。
「尼の雫」だ。
e0173645_1534727.jpg

この焼酎のどこが尼崎かというと、その使用してるサツマイモ。
「尼藷(あまいも)」というもので、江戸時代には、南部を中心に栽培が盛んだったみたい。
これが、時代を経て臨海部に工場がどんどんと進出してくると、栽培地は減るし、加えて1950年のジェーン台風でほぼ全滅しちゃったそうな。

この「尼藷」を復活させ、少しずつ収穫量を向上させ、そこから出来たのがこの「尼の雫」なわけ。
姫路にあるヤヱガキ酒造が製造し、尼崎酒販協同組合が地元中心で販売している。

これがね~、口当たりが柔らかくて、すっきりしているんだけど、
いもの香りがとても良くでて美味しいの。

by nonbe-cclass | 2009-05-12 23:38 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

阪神なんば線の連結作業

みなさんはラッシュ時間帯に阪急電車に乗ることはあるのかしら。
C級呑兵衛は朝、通勤急行を見送って次の準急に乗るんだけど、これまた混むんだ。
急行の場合は、電車が石橋に着いた段階で既に混んでる状態なわけ。
これが準急の場合は、曽根まで各駅に止まるから、曽根でぎゅうぎゅうの状態になる。
結局、急行を見送る必要性があるのかどうかも毎日悩みながら、また準急に乗っている。箕面発の通勤準急ならもっと楽かもしれないんだけど。

で、準急は昼間と同じ8両編成なんだけど、
朝のラッシュ時、一部の列車は10両編成になるのね。先の通勤急行なんかだと10両になっている。
たまにだけど、9000系8両の前に7000系2両が増結だったりする。
初めて見た時、「え?それってありなんや」と心の中で叫んだものだ。

こうした増結車両はどこかで切り離されることになるんだけど、
通勤急行宝塚行きなのに、増結分の後ろ2両は、行先表示幕は「宝塚」なんだけど、その下に「この車両は雲雀丘花屋敷まで」なーんて書いてある。
写真は新開地行きだけど「この車両は西宮北口まで」バージョンですな。
e0173645_151002.jpg

C級呑兵衛は何度も見てるけど、阪急電車の切り離しや増結は、見る人は毎日のように見てるんだろうけど、そうでなければとことん見ることがないんだろうね。

ここからは阪神電車の話になるけど、尼崎駅での話し。
e0173645_1584685.jpg

阪神なんば線で切り離し、増結が頻繁に起こっている。
奈良方面から来た列車は尼崎で4両ほどかな・・・切り離し、逆は尼崎で増結。
e0173645_1584364.jpg

駅のホームで旗を振る駅員が、運転手に次の作業を指示。
私鉄でこうした作業って、やっぱり珍しいと思うんだけど、
尼崎駅では鉄道ファンだけでなく、一般の人もわざわざ降りてきて、じーっと観察している人もいたぞ。

by nonbe-cclass | 2009-05-10 23:29 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)  

ファッションセンターしまむら

淡路島滞在中なんだけど、沿線にも関連ある情報を書いてみるかな。

みんなで買物に出かけている車中での会話。

「シマラーっていうんやで」

また新しいアーティストでも出てきたのか?
そのわりには、どことなしにアイドル性に欠ける呼び名だなと思っていたら、全然違った。
「ファッションセンターしまむら」へよく行く人のことをそう呼ぶのだそうな。

「ファッションセンターしまむら」自体の存在は以前から知っていた。
讃岐うどんを食べに、たまに四国に行ったりするんだけど、
そういうところではよく見かけてたのね。
関西では見かけないから、ホント申し訳ないけど、地方にしかない店だと思っていたわけ。

ところが、思いっきり全国展開しているし、近くでは能勢電鉄平野駅近くにもあるんだって。茨木も、駅からは離れているけどあるのね。

どうも「シマラー」という表現は比較的よく使われているようで、メディアを通してそう表現するタレントもいるようだ。

ま、それだけ話題になっているのは、
とにかく安いということと、着こなしをうまくすれば、ブランドではなくとも、イマドキのファッションになるようなラインナップが充実しているというのが特長のようだ。

で、「淡路島にもあるから先に行くか」ということで、買物前の買物ということで、南淡店になすがままに車を進めることになった。
大学通っている頃は、「DANIEL CREMIEUX」というブランドが好きで、それなりに服にもお金をかけていたけど、今は完全に、金は服から酒に流れている。

大きな店舗で明るい店内・・・お、確かに安いかも。
川西店の店舗情報を載せとくね。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ファッションセンターしまむら 川西店
場所:川西市平野3-20-13
電話:072-790-1011
営業:10:00~19:00

by nonbe-cclass | 2009-05-03 23:41 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

そこで「阪神なんば線」か

e0173645_1555423.jpg

久々に仕事で生駒へ出かけることになったんだけど、
いつものように難波まで出て、近鉄電車に乗ればいいやーと思っていた。
難波発だと座っていけるしなー
全く意識することなく、難波駅のホームに立った。

「あ、そうか、阪神電車乗り入れたんや」
阪神なんば線ですな。難波の次が桜川になってるし、おっ阪神電車入ってきたな。

阪神なんば線だと気付いているのに、まだわかっていなかった。
始発ではないので、座れないことを。

生駒で先方の方と話をしていても、この阪神なんば線開通によって人の流れが随分と変っているようだ。確かに乗って分かったけど、神戸方面から奈良へのお出かけ組みが多そうだ。逆もしかりなんだろうね。
普段、京阪中之島線を利用しているんだけど、スタイルが異なって面白いですなあ。

帰り、生駒駅のホームで。
次の電車は三宮行きか・・・なんか、ここで三宮って文字みると、やっぱりまだ違和感がありますな。

冒頭の写真は、桜川駅のホームね。

by nonbe-cclass | 2009-04-30 23:11 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)  

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

ゴールデンウィークに入りますか。
普段、仕事でバタバタして1日終わっちゃうから、ちょっとはゆっくり出来そうか・・・

・・・という発想を、まずもってはいけないわけ。

もーJr.が、ここぞとばかりに遊んでもらおうと纏わりついてくる。
纏わりつかない仕上がりになる洗剤で、C級呑兵衛を洗っておいてやろうか。

とりあえず、今日は知人ファミリーと共にUSJになっていた。
何でも、アトラクションのE.T.がもうすぐ終わるとかで、それ行っとこうという話。
C級呑兵衛は特にいいですけど・・・あ、はい、一緒に行くのね。

USJ自体、そんなに激混みという感じではなかった。
じゃあ、最初にE.T.行っとくかとなって向かってみると、そこだけは180分待ちだった。
e0173645_15113056.jpg

いやあ、出鼻くじくねー
何もしない間から3時間待ちぼうけかよ。ま、実際のところそこまでひどくはなく乗れたんだけどね。大変だわ。

キャーキャーいうJr.を見て
「お前は楽しいか知らんけど・・・」
よーし、いっちょお見舞いしてやるか。
C級呑兵衛も乗ったことがなかった、あのでっかい急流すべりジュラシック・パーク・ザ・ライドに乗せてやろう。
・・・結果、顔ひきつったのはC級呑兵衛だけだった。

・・・これ、この時期だけなのかなあ。
いやね、USJは何度か来たことがあるんだけど、園内のレストラン、いつも決まった店舗しか開いてなくて、どうなってんだよーと思ってたんだけど、中華や和食など、今回は全部開いてたなあ。
年間パスは別だけど、再入場ができなくなったからかな。
再入場できると、外の方が安く食事ができちゃうもんね。
e0173645_15113614.jpg

今の時期、それとは別にマジカル・スターライト・パレードもやってたりする。
キャラクター好きなら、見ごたえあるんじゃないかな。

by nonbe-cclass | 2009-04-29 23:34 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

池田の酒蔵「吉田酒造」

池田には、歴史的な建物が色々とあるんですよー
と、いう話はこれまでにもしたけど、中でも特にいい感じなのが「吉田酒造」だ。

酒造というところでは、阪急池田駅から五月山公園に向かう途中に、ご存知「呉春」がある。
これは見たことがある人も多いと思うんだけど、「吉田酒造」はそこから少し西寄りで、住宅街の中にあるのね。
e0173645_11542413.jpg

さほど広くない道沿いにあるんだけど、これがいい存在感なわけ。
重厚な構えと緑のコントラストが清清しい。
「凄いなあ」と思ってたら、国登録有形文化財でした・・・

今の建物は明治期に再建(火災のため)されたものらしいんだけど、
元禄時代から続く酒蔵、再建されても当時の栄華を誇る大型酒造業の主屋形式をそのままに残している。
e0173645_11542925.jpg

まあそれにしても・・・
実は、C級呑兵衛としては情けないことに、この吉田酒造の銘酒「緑一」を口にしたことがないわけ。
呉春と違って、近くの店先に流通してないんだよなあ(ネット通販はしてるぞ)。
いくつかのバリエーションがあるようだけど、基本辛口のお酒のようですな。
ちょっと近々、手に入れて呑んでみようかな。

by nonbe-cclass | 2009-04-26 23:12 | 池田/石橋の話題 | Trackback | Comments(0)  

景勝地 池田「五月山」

グルメ・酒にまつわるネタは山積みになってるんだけど、
阪急沿線から外れていて、どうも披露できん・・・(泣)

ま、それはそれとしても、
じゃあ、池田マイスターとして何か紹介しようかな(その適当な感覚がまたC級呑兵衛だったりする)。
「何か紹介」というのは実は適当でなくて、池田(石橋含む)については、色々と知って欲しいことはあるんだよねー

直近、桜で五月山を取り上げたんだけど、
これから季節もいいし、角度を変えて五月山を紹介するかな。

池田も箕面もそうなんだけど、それはそれは昔っから、交通の要衝というだけでなく、景勝地としてもその名を知られてるのね。
歴史上の有名な人達も、多く足を運んでいる。
箕面はさ、やっぱり滝があるから目立つわけ。今でもいい観光地になってるよね。
五月山から望む平野も素晴らしいんだけど、高い建物がなかった頃に同じ位置から見渡せば、それはそれは風光明媚だったんでしょうなあ。
猪名川だけでなく、海まで十分見渡せるしね。

今の人達は、その眺望に写真を撮ったり、「景色がいいから宴会でもするかい」になりがちなんだけど、
昔の人は、その景色と自分の思いなどを織り交ぜながら歌を詠むんですな。いやあ風流ですなあ。C級呑兵衛は、まずA級にならないと無理だわ。

この周辺には百人一首をはじめ、多く歌が残ってるし、色んな人達が足跡を残してるんだよね。
中でも、五月山で歌を詠んだ我らがスーパースターといえば、紀貫之だ。
e0173645_1016723.jpg

小学校で習ったんだっけ?あの「土佐日記」でご存知、紀貫之だ。来てるんですよ~池田に。

五月山 木の下闇にともす火は 鹿のたちどの しるべなりけり

狩の話で、暗闇で鹿を射るために火を炊いて、それに反射した鹿の目を頼りに矢を放つ。その暗闇に浮かぶ照火を歌ったもの。
・・・歌も凄いんだろうけど、その話自体が凄いよね。

by nonbe-cclass | 2009-04-21 23:00 | 池田/石橋の話題 | Trackback | Comments(0)  

池田のインテリア専門店「河村商店」

ちょくちょく東京出張があるC級呑兵衛なんだけど、
JRの東京駅、おなじみレンガ造りの西洋建築ですな。これ今、大掛かりな改修をしているのね。

この東京駅をみると、いつも思い出すんだけど、
中学校の社会の授業で、「池田にも東京駅を造った人による建物が・・・」という断片的ながらも記憶がずっと残っている。
「でも、それは日本人じゃなくて、カタカナだったんだけどなあ。ライトだったかコンドルだったか・・・いや、何だったかなあ」

とっとと調べりゃ済む話なんだけど、比較的最近になって全貌が明らかになった。

まず、「池田のどの建物よ?」だけど、
これは栄本町にある河村商店だ。
カーテンなどのインテリア商品、給食着などの白衣を扱う店だ。
この通りは昔、アーケードのある商店街だったんだけど、それがなくなっても、この建物は何も変わらない。
e0173645_10445565.jpg

次に「で、誰が建てたのよ?」だけど、
辰野金吾ってご存知?
日本初の建築家としてその名を知られている人なんだけど、東京駅、日本銀行本店や中央公会堂なども彼の設計だ。
辰野金吾と片岡安による建築事務所が、加島銀行の池田支店として建築した。
それを今、河村商店として利用しているわけ。
国の登録有形文化財なんですよお。

「じゃあ、カタカナの人って何なのよ?」ってなるんだけど、
中途半端な記憶も、意外と外れていなかった。
コンドルが辰野金吾とつながった。
イギリスの建築家ジョサイア・コンドルで、辰野金吾が大学時代に学んだ造家学教師だった。
断片的に記憶したら、どっかでまざちゃったのね。

by nonbe-cclass | 2009-04-17 23:09 | 池田/石橋の話題 | Trackback | Comments(0)