タグ:まち歩き ( 343 ) タグの人気記事

 

共栄温泉 池田市銭湯シリーズ④

阪急石橋駅から西へ、中国自動車道の中国池田I.C.の南北一帯、豊島北・豊島南エリアが広がる。池田に住んでいる人でもちょっとややこしい地名で、「とよしまきた・とよしまみなみ」と読む。他の地域の人からすると、「いや、普通に読んでるじゃん」となるんだけど、
ここのエリアにある北豊島小学校・北豊島中学校は、いずれも「きたてしま」と読む。最近では、この2校に神田小学校を加えた3校が、施設分離型の小中一貫校「きたてしま学園」として運営されていて、もはや、読み間違わないようにか「きたてしま」がひらがな表記になっている。だから、学校名から入った人は、地名まで「てしま」だと思っているんだよね。
もひとつややこしいことを言うと、池田市の前身、豊島郡(豊中、箕面、吹田も入るけど)は「てしま」と読んだんだよね。

いやいや、豊島の話をしてるんじゃなかった・・・
この住宅街の一角に、共栄温泉がある。住宅街なんだけど、この周辺だけ少しお店があったり病院があったりと商店街な感じだ。

e0173645_00023040.jpg

外観からして、どこかのタイミングでリニューアルしているなというのは分かるんだけど、昔ながらの雰囲気も残っているのがええ感じ。

フロントタイプで、フロント前には休憩スペースがあり、テレビ・ソファ等等なかなかゆったり。
脱衣所のロッカー番号は1から56まであって、後から追加されたのか101、102番というのもある。おっと、こちらの天井、格子天井ですな。コインタイマー式ドライヤーが2つ(20円)に、マッサージチェア、喫煙所、自販機を備えている。

浴場は昔ながらの懐かしいスタイルだ。天井が高い体育館タイプで、白タイルベースの壁で広告はついていない。床はベージュのタイルで、奥に向かって途中で段差があり、そこから先はピンク色のタイルに。女湯との仕切りには、雲のある空が描かれている。浴場内は、蛍光灯のみの照明だ。

カランは、浴場内両サイドの壁面とその間の島にあり、全部で13。両サイドのシャワーは固定タイプだ。シャンプー・ボディソープの備えはなし。

さてさて、浴槽は・・・
浴場内中央に主浴槽の白湯が2つ。1つは深さ100cmほどで、もう一つは浅くて膝くらい。そして、浴場奥の壁面に沿って寝風呂(ブクブク)、腰掛風呂(ジェットバス)、塩風呂、電気風呂と充実のラインナップ。
塩風呂ってのが嬉しいね。透明なお湯なんだけど、入ると肌が滑らかスベスベ~。他の浴槽に比べ、塩風呂と電気風呂は湯がちょいと熱めだ。

ん?あれ?2階あるやん
おっと、3mくらいあるかな、広めの露天風呂じゃん。
後は、水風呂とサウナもありますな。
お風呂上りに・・・アルコールやアイスもあるけど、みかん水(110円)いっとこ。

e0173645_00023257.jpg

あー時間が経っても身体がポカポカしてええわー
みんなも是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:共栄温泉
場所:池田市豊島北2-4-4
時間:15:00~24:00 金休
電話:072-761-9212

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2015-11-21 19:40 | ・池田市にある銭湯 | Trackback | Comments(0)  

城南温泉 池田市銭湯シリーズ③

池田市役所と池田市民病院の間、国道176号線から少し北にそれた住宅街。
それこそ街灯が少なくちょっと暗い中・・・そこで、ガンガンに電光案内版が、周辺の家の壁をチカチカと赤く照らす。
お、建物上に大きな「ゆ」、この静かな住宅街に城南温泉はあるのか。

e0173645_00022852.jpg

暖簾をくぐり下駄箱の上を見ると、昭和28年4月、城南温泉の前で撮られた横綱照國、羽黒山、鏡星の白黒写真。そう、リニューアルしてとても綺麗な建物だけど、昭和27年創業の老舗銭湯だ。

中に入ると、フロントとロビーのスペースなんだけど・・・なんだなんだ、居酒屋みたいな感じで、カウンターと掘りごたつのある板間。手前には地元の野菜や果物を販売してる。ちょっと、他の銭湯とは雰囲気が違い、和やかで親しみやすい空間を演出してますな。

脱衣場は、籐か竹あたりの床タイプ、ロッカーは50ほどで、貸しロッカーも同じくらいある。地元の常連さんが多いんだろうね。真ん中に椅子と灰皿テーブルが置かれていて、テレビも備え付けてある。ドライヤーは2つあるね。

浴場に入ると・・・
カランは全部で12、向かって右に8、左に4。左手のシャワーは固定タイプ。
椅子は大きめの白、桶は無地の黄色。シャンプー・ボディソープなどの備え付けはない。

白を基調とした塗装に、水色のモザイクタイルの壁。天井高めのプチ体育館タイプ。広告掲示物はなく、ライトがカランごとにあって明るい浴場。水風呂の上には、ステンドグラスもある。
ここには、男女湯にまたがって壁画があり、山々が描かれ、その奥にある一番大きな山に大文字。五月山をイメージしてるのかな。モザイクタイル画なんだけど、大文字の部分は赤く光っている。

バラエティに富んだ浴槽も楽しい。お湯は、炭酸泉を使っている。
入って左にドリームバス。ジャスミンオレンジのあわあわ寝風呂ですな(足伸ばすと、C級呑兵衛は足が微妙にでちゃうんだけど笑)。中央には、約2m四方の浴槽の白湯があり、80cmくらいの深さがある。
さらに奥、左手にでんき風呂。なかなかのきつ目な電気で、腕を入れると勝手に腕が動くほどだ。右手には、すわり湯。面積は狭いながらも足が入る堀があり、すわり湯はもちろんよしなんだけど、身体を寝かせることで寝湯にもよし。

そして、まだ奥があり右から水風呂、ジェットバス(一人用)がある。自分でボタンを押して、ジェット水流で身体をマッサージだ。
サウナも大きめできれいでいいですなぁ。

こりゃ、リラックスできるわ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:城南温泉
場所:池田市城南1-2-14
時間:14:30~24:00 第1・3月休
電話:072-751-7489

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2015-11-20 23:31 | ・池田市にある銭湯 | Trackback | Comments(0)  

箕面激歩き散策(2)

箕面ビジターセンターを堪能した後、その景色の良さそうなところに行ってみることにした(前回までのお話はこちら)。箕面川ダムというところで、地図を見ると、箕面ビジターセンターのすぐ北側にあるんだよね。

箕面ビジターセンターから、こっちかな・・・と、すぐそばのトイレもある駐車場に出る。駐車場入口から見て右手、箕面川ダムへの入口的な門があるんだけど、実は、ここを歩いていってもダムには行けず行き止まりになる。だから、みんな戻ってきては、案内板の地図をもう一度見直すことになる。どうも、ここはダムの下に位置するようで、水が溜まっている上部に行くにはどうすりゃいいんだ?

ウロウロすると、駐車場の左手に山へと続く道を発見。自然研究路って書いてあるな。ここから箕面川ダムにいけそうだ。おし、ここいくぞ。

思いっきり山の中に入って、「箕面のふるさとの森」か・・・「古代の日本人の多くはこのような森に住んでいた」のは分かる。分かるけど、普通のスニーカーにジーンズで歩いて大丈夫でしょうかぁ・・・

e0173645_12224418.jpg
e0173645_12225948.jpg

サバイバルな状態ではないにせよ、なかなかな登り坂で、天気がいいはずなのに、妙に薄暗い。自然研究路で、自然に打ちのめされて研究できないC級呑兵衛。
それでも、この森の中の空気の良さが勝るんだよね。

e0173645_12224418.jpg
e0173645_12231367.jpg

ハーハーゼーゼーと、適度な運動で「しっかり呼吸してるなぁ」と感じながら、とにかく、この森の上り坂をひたすら歩く。
あ、道路に出たぞ。ここが、ダムの上になるのか。

e0173645_12234205.jpg

道標が右を指して「箕面川ダム」「遊歩道」とあるので、右へ歩くと確かにダムの天端がある。ただ、ここからだと、フェンスや木々でほとんど見えない。なので、逆に左手のカーブを曲がった先へと向かう。

おー!これは絶景ですな。
ビジターセンターから歩くと、どうだろう40~45分くらいかしら。静かな水面ですなぁ。紅葉には微妙に早いものの、鮮やかな黄色の葉がまぶしいぜ。

e0173645_12241005.jpg
e0173645_12241925.jpg

来た道を戻り、駐車場から府道に出る前に、勝尾寺方面に向かう自然研究路があったので、ここを歩いて勝尾寺を目指すことにする。これ間違って、左の東海自然歩道歩いたらとんでもないとこに行きそうだ。

e0173645_07320114.jpg

まあ、歩き始めは秋の気配を感じながら余裕だったんだけど、どんどんと山に入っていくと、足が重くなってくる。所々で、逆から向かってくるハイカーと挨拶を交わしながら、「俺だけ服装おかしいよな」と再認識する。
この鬱蒼とした森の中を一人とぼとぼ歩いていると、「おいおい、俺は家に帰れるのか」と不安になるな。

e0173645_07320440.jpg
e0173645_07320506.jpg

どうだろう、30~40分歩き続けたかな。
途中、自然研究路から府道に出て、そのまま府道を歩いて勝尾寺に到着。
せっかく来たんだし、中に入ろうかな(入山400円)。大きなだるまが迎えてくれる。

e0173645_07493965.jpg
e0173645_07501481.jpg

まぁ、それにしてもここに来たら毎回思うのが、だるまみくじ。小さなだるまにおみくじが入っていて、そのだるまをみんな境内に置いて帰るのね。まあ、いろんな所に置いてるわー

e0173645_07574745.jpg

階段に。

e0173645_08051356.jpg

本堂に。

e0173645_08051788.jpg

御神木まわりに。

e0173645_08073563.jpg

鎮守堂のインテリアに。

e0173645_08091182.jpg

石灯篭を雨よけに。

e0173645_08091757.jpg

絶景ポイントで、みな絶景を見ない形で。

e0173645_08092051.jpg

こらこら、木の枝にさすんじゃない。

e0173645_08092457.jpg

帰りは府道をひたすら下り、滝道まで戻ってきた。
14時半くらいに勝尾寺を出発して、1時間くらいかかったかな。
久しぶりに、もみじの天ぷらを買って帰るか。

e0173645_08175909.jpg
e0173645_08092946.jpg
なんだかんだ15km以上は歩いたから、もー足がクタクタだ。
石橋に戻ったら、こりゃ銭湯にいかなきゃ。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-11-04 08:22 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

箕面激歩き散策(1)

あかん、関西に戻ってからまた食べ出したから、ぶーちゃんになってきた。
こりゃ、ちょっと歩くなりして運動せな・・・と思い、この間の土曜日、久々に箕面に向かった。

e0173645_11300872.jpg

石橋から箕面まで電車で移動し、とりあえずは、箕面の滝を目指して滝道を歩いていくか・・・おしゃれな店も出来てるし、滝ノ道ゆずるの露出も半端ないな。

e0173645_11314054.jpg

ぼちぼち紅葉の時期だけど、ちょっとまだ早いかな。でも、緑の紅葉も清々しくて、好きなんだよねー

e0173645_11362873.jpg
e0173645_11351021.jpg

ま、ピンポイントで少し赤くなっているものもあるにはあるけどね。

e0173645_11361984.jpg
e0173645_11362186.jpg

どうだろう、写真を撮りながら小一時間で、滝に到着。
東南アジア系の観光客が結構多いなぁ。これは、結婚式用の写真なのかわからないけど、この和の景色をバックにドレス姿で写真を撮る人もいたり。

e0173645_11375270.jpg
e0173645_11380031.jpg

いやーやっぱり気持ちいいなぁ・・・あかん、箕面ビール飲も。滝の前で600円で販売されておるではないか。
健康のために歩いてきたはずなんだけど、無理です。飲みます。

e0173645_11411752.jpg

箕面駅からみのお大滝まで約2.8kmか。ここで帰るのも面白くないな・・・もうちょっと上を目指してみるか。
滝の上の道沿いでも、ところどころ紅葉が赤く色づいていたりする。

e0173645_12001516.jpg
e0173645_11591515.jpg

府道43号線をてくてくと1.5kmほど北に歩いてくと、箕面ビジターセンターに到着。箕面駅を10時ちょうど位に出発して、滝でビール休憩して、いま12時過ぎか。
初めて来たなぁ。

e0173645_11591967.jpg

箕面の地形や地質、動植物などの標本や写真がたくさん展示されている。なかなか見ごたえがあって面白い。昆虫やっぱ宝庫だな、すごいわ。キノココーナーもいいわぁ。

e0173645_11592147.jpg

さあ、どうしよう、ここで引き返すか、さらに進むか。
勝尾寺まで歩いちゃう?

「ん?」
あれ、これはどこかな・・・展示室の中にある写真で、綺麗な風景が目に止まった。これも箕面なんだ。ここから近そうだな。足を伸ばしてみるか。

続く。


【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-11-03 12:13 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

蒲田の銭湯「天神湯」(大田区の銭湯9)

京急蒲田駅から東に向かって歩いて5分くらいかな。
住宅街に、そうねぇ車が10台くらい止められる駐車場が現れ・・・あ、ここが銭湯か。3階建てのビルじゃん。

e0173645_14251824.jpg

「天神湯」だ。
このロゴ、「Mr.Boo!」のタイトルで出てきそうで、おちゃめだな。

e0173645_14252160.jpg

建物の1階正面はコインランドリーなので、右手入口から2階へ。
あら~なかなか活気のある銭湯ですな。老若男女、家族づれと客層も広い。
いま、2階に上がってきたところなんだけど、この日、男湯は1階。浴場は1階と2階で独立していて、日によって男女湯が入れ替わる。脱衣所は少し広めだ。

浴場は・・・カランは23、通常天井で、ホテルの大浴場な感じですな。
壁はタイル。モザイクタイル画ではなく、絵はタイルに写真プリントされたもので、段々の滝だ。
浴槽は、でんき、座湯、ハイパワージェット、ブラックシリカ風呂、水風呂。
サウナは別料金、カラン周りはシャンプーなどの備えなし。
あと、4m四方の露天風呂があり、わずかながらではあるけど空が見える。

e0173645_14252368.jpg

超軟水使用とあったけど、湯あたりが非常に柔らかい。
あと、ブラックシリカ風呂って初めて聞いたな・・・北海道の天の川上流でしか採れない鉱石だそうで、疲労回復や美肌効果があるそうな。数億年の間に海底で珪藻類が堆積してできたものと「推定される」ところがおっかないけど(笑)

お風呂上がり、休憩場所とは別にビールや軽食を食べることができるフロアもある充実ぶり。

e0173645_14252561.jpg

バラエティに富んだお風呂に、充実した設備がいいですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:天神湯
場所:東京都大田区蒲田1-7-23
時間:14:00~24:00(土は12:00~、日は9:00~)木
電話:03-3731-7069

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-06-03 07:29 | 銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)  

新蒲田の銭湯「秀の湯」

蒲田は蒲田なんだけど、ちょっと鉄道の駅からは離れているな・・・
JR蒲田駅から南へ。JRの蒲田車庫があるその西側、多摩川沿いの新蒲田エリア
ちょっとした商店街もあって、街灯には「道塚富士見通り商店会」と記されている。
この住宅街にある銭湯が「秀の湯」

e0173645_09294951.jpg

このどっしりと構えた姿がいいね~、ザ・昔ながらの銭湯ですな。

e0173645_09295134.jpg

他の銭湯でもよく見かける注意書きなんだけど、下足札を持っていくメリットって一体何なんだろうね。

e0173645_09295311.jpg

入口から男女別れる、番台タイプ。

e0173645_09295563.jpg

脱衣所の天井、柱は年季の入った木材。格子天井ではないけど高天井もいい味を出している。浴場に入る扉が透明なガラスなので、開放感もある。清潔で綺麗な印象が残ったな。

浴場は、カランが36、シャワーが2つ。シャンプーなどの備え付けはなし。
奥に浴槽があるタイプで、ジェット水流、下からボコボコのボディマッサージ、黒湯ボコボコの3つ。お湯は40度くらいかしら。サウナはなし。
男女湯の敷居が低く、自分の身長くらいの高さというのも、いかにも昔からの銭湯という感じでほのぼのしてしまう。

それにしても、水色が眩しい浴場だ。富士山の青が超鮮やかで惚れ惚れする。湯に浸かると、浴槽の湯と富士山の手前の湖とつながってるみたいに感じる。
カラン部分にもモザイクタイルの絵があって、茅葺家がある山合いの風景が描かれている。色使いが鮮やかなので、この空間まで明るく感じる。

ドライヤーは10円、妙に弱々しくて乾かすの厳しかったけど(笑)、風呂上がり、縁側もあっていい感じで涼めるんだよね~

あー気持ちよかった。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:秀の湯
場所:東京都大田区新蒲田3-26-1
時間:15:30~23:00 土休
電話:03-3738-4384

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2015-04-13 07:53 | ・銭湯・温泉 | Trackback | Comments(2)  

雑色の銭湯「隆の湯」(大田区の銭湯3)

京急雑色駅西口を出ると、いきなりの賑やかな商店街。この雰囲気いいんだよね~
改札を出て西に向かって歩くと、アーケードはすぐに終わるんだけど、活気のある商店街はまだまだ続く。

その商店街から一筋南側の通りにある銭湯「隆の湯」にやってきた。タイル張りのがっしりした建物ですな。

e0173645_08192701.jpg

さてさて、浴場は・・・
お、天井が高い体育館タイプだ。白ベースのペイントが清々しい。
カランは21あって、シャンプーなどの備えはない。

壁画だけど、絵はモザイクタイルで、これは・・・近所の山々な感じがする風景だが、手前は海なのかしら、船が描かれている。なんだろう、壇ノ浦合戦でお馴染みの香川の屋島を思わせる。
そして、カランがある壁面にも、ナイアガラの滝?な絵が。これは、タイルに写真プリントされている。

浴場は右手がメイン。
水風呂、備長炭風呂、ポイントマッサージ、エレキマッサージ、ハイパワージェットと、なかなかバラエティに富んだラインナップだ。サウナも追加料金なしで利用できるぞ。
そして、ここの銭湯のウリは草津湯。群馬の草津温泉から湯を運んできているという。白濁の源泉をぬるめで楽しめる。長めにゆっくり浸かれるのが有難い。

「隆の湯」に行った時期や、他の銭湯の記事とも前後しているからややこしいんだけど、ちょうど、この時、銭湯×羽田ヴィッキーズ企画『大田区銭湯めぐり2014スタンプラリー』が開催中で、指定されたエリアの銭湯を巡ると、オリジナル景品がもらえるということで、大田区の12の銭湯を巡ったよ・・・で、この「隆の湯」でコンプリートということで、ミニチュアのぼりと羽田ヴィッキーズのシールをゲット。

e0173645_08192548.jpg

風呂上り、近くの「竹沢商店」で焼鳥立ち食いできるし最高やな。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:隆の湯
場所:東京都大田区仲六郷2-27-12
時間:15:00~24:00 土休
電話:03-3739-2644

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-04-11 09:50 | 銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)  

【お知らせ】大阪に戻ってまいりました

C級呑兵衛、大阪に戻ってまいりました。

昨年7月より仕事の都合で東京蒲田に移ったのですが、この4月、再び大阪に戻ることになりました。すでに4月1日から大阪で仕事を始まり、東京生活9ヶ月という超ド短期単身赴任。

大阪での勤務場所は以前とは異なるのですが、もちろん、「石橋」がホームグラウンドになります。
関西のみなさま、またよろしくお願いします~

e0173645_14242657.jpg

一方、蒲田を中心に東京のネタもまだまだブログにアップしきれてなくて、引き続き情報をあげていきますが、
関東方面のみなさま、短い間でしたが有難うございました。

あと、もう一つ、
関西に戻るタイミングで、偶然にもぐるなびさんからお声がけいただき、
食通の厳選グルメキュレーションマガジン「mecicolle(メシコレ)」のキュレーターとして参加し、関西での居酒屋めぐり情報を上げていくことになりました。
合わせてご愛顧の程を。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



by nonbe-cclass | 2015-04-04 14:36 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(2)  

浅草の喫茶店「ミモザ」

お洒落なカフェでスイーツもいいが、街中の喫茶店で、たまにはコーヒーを飲んでゆっくりするのも悪くない。
今回は、浅草寺や花やしき遊園地の北側に広がる閑静な住宅街、この店を知らずに、たまたま通りがかって見つけるという場所にはないお店。
喫茶店「ミモザ」

e0173645_16242491.jpg

店内は明るく清潔感があるので、初めてでも気兼ねなく入れる。この場所にこれだけの客がいるのか、なかなかの人気店だな。
ブレンド(450円)でほっと一息。

e0173645_16242641.jpg

ホットケーキをもらおうかな~パンケーキじゃなく、ホットケーキね。普通じゃ面白くないので、とーんと、Bighotcake(720円)を。

注文すると、あまり大きくない平たい銅板の上に、量を少しずつ変えて、生地を次々と落としていく。様子を見ながらひっくり返して、じっくりと焼き上げる。

そして、しばらくして目の前に出てきたのは、5段重ねのビックサイズ。頂上にはカルピスバター、そしてホイップクリームとシロップが添えられる。

e0173645_16242780.jpg

この重みのある、もっさりした昔ながらのホットケーキが、妙に懐かしく気持ちが落ち着くんだよなぁ。美味い。
浅草散策の休憩がてらにどうぞ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ミモザ
場所:東京都台東区浅草4-38-6
時間:8:00~19:00(土日祝は~17:00) 月休
電話:03-3874-2933

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-03-17 07:52 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

糀谷の銭湯「小町湯」(大田区の銭湯14)

京急糀谷駅の南、
ちょくちょく買い物にやってくる糀谷商店街を抜け、魚介が安い「魚悦」の交差点を東へ折れる。すると、今度は萩中通り商店街が賑わいをみせる。ホント、東京って商店街がたくさんあって、しかも賑わいをみせてますな。
この通りを少し歩いて、萩中2丁目の交差点を左にまがると「小町湯」がある。
何だか、唐破風でなくこういったトタン屋根タイプもなかなか味があっていいですなぁ。

e0173645_22551218.jpg

建物の横に回ってみると煙突があるんだけど、他の銭湯と違って低めどっしりな煙突がキュートだ。
そして、この入口の妖しく昭和ムードたっぷりの看板もいい。

e0173645_22550967.jpg
e0173645_22551990.jpg

オリジナルマットで靴をぬいで中へ。フロントタイプなんですな。

e0173645_22551522.jpg

脱衣場には、壁沿いと島にロッカー。天井は格子天井だ。

浴場に入ると、奥に浴場、手前にカランの構図。桶はケロリンだ。
カランは24、島カランも2列あるけど、ここはシャワーがないから壁側のカランを利用しないと。シャワーは固定タイプ。島も壁もカラン部分に鏡があるんだけど、それが全て丸いのがキュートだ。

天井は体育館タイプの高天井、そして、奥壁面一面にドーンとペンキ絵。
富士山ではないけど、山間の渓流が清々しくていい。あの銭湯絵師の中島盛夫氏の作品だ。
浴槽は、左手が広め、右手が深めになっている。奥行があるから他よりもゆったりしているな。左手は浅めで一部バイブラになっている。シンプルな湯なんだけど、激アツだ。45度近くあるぞ、こりゃ。

この周辺は結構多いんだけど、サウナは追加料金なしで利用できるのが嬉しい。
キャパは4人くらいかなぁ・・・かなり高温をお見舞いされるぞ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:小町湯
場所:東京都大田区萩中2-5-9
時間:15:00~23:00 月休
電話:03-3742-0518

【2015年12月 残念ながら廃業】

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-03-15 23:00 | 銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)