今年は浦霞から

毎年、正月には好きな日本酒の一升瓶を買って飲むことにしている。
昨年は富山の銘酒「立山」だった。

私の四大好きな日本酒は、新潟「八海山」、富山「立山」、宮城「浦霞」、そしてわが街の誇り池田「呉春」だ
「八海山」と「立山」はその土地が誇る名山、「浦霞」は源実朝がこの地で詠んだ句からとったもの、「呉春」は人名からつけられている。

今年は「浦霞」にした。
柔らかい口当たりが、グイグイと酒を進めてしまう。やはり、正月は日本酒があう。ビールも買い込んではいるのだが、酒の肴がどーしても日本酒よりになっちゃってる
もう、「昆布さば かぶら漬け」なんて食べようものなら・・・

全然別の話だが、わが子が生まれた時、そりゃあ名前は色々考えたさ。
色んな本からインターネットから、その名前の画数などから運勢をみたわけよ。
でも、なかなか「これはいい!」というのが意外とないのだ。

そんな中、唯一最高に良かったのが「呉春」だったのだ。はじめ、冗談抜きで「呉春」とつけようかと思ったくらいだ

「呉春」は日本酒のイメージが強いが、池田にゆかりのある俳人、松村呉春のことで、この「呉」という文字も池田に非常に密接に関連しているワードなのだ。
「教養ある、しかも池田にゆかりのある名前」が良くて名づけたかったが、やはり、ここは現実問題を考えるわけだ。

子供が学校に通い始めたら、「お前は酒か!」(ツッコミがそのままやな)、「お前は自分でも呑んどけ!」(ん~大人になったら笑えるけど)、「お前が酒にのまれてどうすんねん」(これはヤだな)・・・どう考えても、突っ込みどころ満載の名前になってしまうではないか。

で、泣く泣く(泣く泣くかよ)違う名前をつけたわけだが、今でも密かに「惜しかったなあ」と思う一コマだ。

# by nonbe-cclass | 2006-01-01 23:55 | C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

わが家の雑煮

正月は、わが家でも雑煮を食べることにしているが、この「雑煮」は地方によって入る食材や食べ方が異なる非常に興味深い代物だ。

わが家の場合だが、まず元旦は白味噌ベースと決まっている。
里芋、牛蒡、金時人参、雑煮大根がゴロゴロと入ったもの。画像がそうなのだが、ちょっと写真では分かりにくいし見場が地味だな・・・

そして、1月2日は醤油ベース
シンプルに水菜と餅の澄まし汁タイプだ。そもそも鍋でもサラダでも水菜が好きなので、白味噌と澄まし汁では後者の方が好みだ。

私の両親は、母親は大阪出身、父親は佐賀出身(とはいっても殆ど関西)なので、結果、それを継ぐような形で、わが家は上記のような食べ方・食材となっている。

聞くと、妻の実家では、日によって味噌ベースが変わることはなく、澄まし汁一本で、その代わり、水菜以外にも人参や鶏肉など他の食材が入っているそうだ。

皆さんの雑煮ポリシーを是非、お聞かせいただきたいものだ。

# by nonbe-cclass | 2006-01-01 23:35 | C級呑兵衛 | Trackback | Comments(2)  

酒の肴の仕込み

あけましておめでとうございます
年明け早々から酒にまつわる話、地元の話題で飛ばしていくぞ。

この阪急電鉄さんのホームページのトーンからすると明らかに異色系だが、
この「微妙やなあ」「わ、マニアック」「めちゃくちゃ地元やな」にお付き合いいただける方は、今年もどうぞよろしく。

ブログを見て色んな人から「酒呑みすぎやで」と体を気遣ってくださる方が多いが、ご心配なく。
ここまで呑んでいると、呑むことを止めるほうが体を悪くするので、呑み続けることで健康を維持していきたいと思っている今日この頃。

正月からは暴飲モードにスイッチが入るが、酒には肴が不可欠だ。
豊南市場で買ってきた数の子・・・早く食べたいところだが、塩抜きに時間がかかる
塩水に浸し、何度か水を入れ替えて塩のえぐみを取る地道な作業を現在も展開中だ。

地道でも、酒のあてのためなら労力をいとわない。酒の肴は自分で選んで、必要であれば自分で調理もする。

・・・あ、しまった赤なまこを買うのを忘れてるではないか。水の入れ替えしているときに思い出したわ。

# by nonbe-cclass | 2006-01-01 01:48 | C級呑兵衛 | Trackback | Comments(2)